2014/08/04/20:00 | M☆G☆Mコラム

ガラパゴス化が進むPSVITA市場にどんなゲームを出せば良いのか迷っているSCE

190

SCE(ソニー・コンピュータエンターテイメント)

プレイステーションプラットフォームを発売しているゲームメーカーで、
ゲームソフトでは「みんなのGOLF」、「グランツーリスモ」、
「クラッシュバンディクー」、「アンチャーテッド」シリーズなどで有名です。

そんなSCEですが、2014年8月4日現在では
PSVITA向けに発売を予定しているタイトルが1本も無い事はみなさんご存知でしょうか?
※グラビティデイズ2は正式発表では無いので除外。
自分が作ったゲーム機に今後1本も出す予定が無いとは、異常な事だと思います。

これがハード末期だったらまだ分かるんですが、
PSVITAは日本国内に限ると現在は登り調子のゲーム機です。
この勢いをさらに加速させるため、SCEはさらなるヒット作をPSVITA向けに供給する必要があります。
にも関わらず何故なかなかPSVITA向けにタイトルを出そうとしないのでしょうか?
それは、SCEの方針とPSVITAが海外で大苦戦している事が大きいと思います。

57132

最近のSCEはワールドワイドを重視した販売戦略を取っており、
日本でしか売れないようなゲームはなかなか企画を通さないようです。
SCEジャパンスタジオでさえも、最近開発したゲームは「KNACK/ナック」、
「パペッティア」、「rain/レイン」と、パッと見海外産タイトルのような作風だったりしますから。

例外で「俺の屍を超えてゆけ2」といういかにも日本向けのゲームを最近PSVITAに出しましたが、
このゲームを世に送り出すのも相当大変だったようで、
前作をゲームアーカイブス向けに配信→1作目のリメイクと相当な遠回りをして、
尚且つ販売実績をあげた事でようやく続編を発売出来たようです。

じゃあワールドワイドで売れるゲームをPSVITAで出せば良いのか?
と言われるとそんなに簡単な事では無いんですよね。
日本では好調なPSVITAですが、海外では非常に厳しい状況となっています。

VGチャートによると、2014年7月第3週は北米では週に2,500台、
欧州では週に5,000台程度しか売れていないようです。これはWii Uを大きく下回る売上の低さで、
もはや海外でのPSVITA市場は崩壊したと言っても良いくらい。
こんな状況では海外を意識したゲームを出したところで売上はたかが知れています。
SCEにとってPSVITAはもうそれほど旨みのない市場と思っているのかもしれませんね。
だからこそ今はPS4に主力しているんだと思います。

▼開き直って日本に重きを置いた作品を出すのも十分アリ!

53

ここからは個人的な意見になってしまいますが、
もうSCEはPSVITAでは開き直って日本に重きを置いた作品を出しても良いと思います。
そこまでしてワールドワイドに拘らなくてもね・・・。

せっかくPS1、PS2時代に日本ウケする沢山のシリーズを生み出した訳なので、
もう一度それらのシリーズが活躍できそうな場所である
PSVITA市場を有効に使っても良いと思うんですよね。

まずは「ワイルドアームズ」、「アークザラッド」、「ポポロクロイス」辺りを現代風に復活させて、
ある程度ユーザー層が広まって行ったら「ぼくのなつやすみ」、「パタポン」、
「サルゲッチュ」、「ロコロコ」などのライト向けを発売して行けば良いと思います。
もちろん、「フリーダムウォーズ」のような日本向けの新規タイトルを出すのも良いと思いますけどね。

この夏、SCEは「フリーダムウォーズ」を約30万本。「俺の屍を超えてゆけ」を約15万本販売して、
珍しく自社のハード市場を率先して盛り上げました。これがクライマックスだったなんて言われないよう、
今後もPSVITA市場をSCE自身が盛りあげて行って欲しいです。

これからgamescom/ゲームズコム、東京ゲームショウ2014と、
例年SCEが力を入れているゲームイベントが続々と開催されます。
海外で好調なPS4だけではなく、PSVITA向けの新作も色々発表して欲しいと思います。

▼実はSCEが頑張らなくても十分やっていけるPSVITA

6566

こんな記事を書いてしまいましたが、
実は日本のPSVITA市場ってSCEが頑張らなくても十分やっていけるんですよね。
PSVITAは美少女ゲーム、深夜アニメゲーム市場によって確固たる市場が出来上がっていて、
その手のゲームを得意とする中小企業が今後も続々と新作を発売しようとしています。

また、PS3ユーザーがPSVITAへ少しずつ移行している事も注目です。
PS3とPSVITAのマルチタイトルは最近ますます増えてきていますが、
最近はPSVITA版の方が売れるようになってきています。今後もこの流れは続くと思われ、
少しずつPS3で発売されている一般向けタイトルがPSVITAに完全移行していくと思います。
こんな状況なのもあってSCEはPSVITAに力を入れなくなるんだと思いますが、
やっぱりハードメーカーとしてのプライドは持って欲しいんですよね。

※これまでに公開したコラム記事の一覧はこちら

俺の屍を越えてゆけ2
俺の屍を越えてゆけ2

posted with amazlet at 14.08.04
ソニー・コンピュータエンタテインメント (2014-07-17)
売り上げランキング: 118

フリーダムウォーズ
フリーダムウォーズ

posted with amazlet at 14.08.04
ソニー・コンピュータエンタテインメント (2014-06-26)
売り上げランキング: 189

※何か分からないゲーム用語を見かけたらこちら をご覧ください。

【人気ブログ】( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)【ランキングへ】
6646e5e1.gif

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

内容をご確認の上、送信してください。

この記事の反響(24)

  1. めがねぃ より:

    グラビティデイズ2は発売してくれよ…頼むから…
    それはともかく、共闘ゲーム以外のゲーム、特に共闘じゃない3Dアクション系をもっと出して欲しいんですけどね。

  2. koji より:

    ワイルドアームズ、アークザラッド、ポポロクロイス物語、ぼくのなつやすみあたりは、もう一度リリースしてみてもいいと思うんですけどねぇ。
    待ってる人多いと思いますよ。
    あと売れないでしょうけど、やるドラシリーズももう1回やってみてもいいのよ?w

  3. 伯爵 より:

    PSvita、良いハードだと思うんですけどSONYがファーストにしてはやる気なさそうなのが残念ですね(^_^;)
    ただ、他社はvitaに注力してきてますし、これからも伸びしろのあるハードだと思います。
    これでメモリーカードの値段さえもう少し安くなってくれば…笑

  4. ahusa より:

    ソニー製RPGには復活して欲しいですが、
    気になるのは、「〇年の沈黙を破りあのシリーズが復活」って感じのゲームって、
    支持を得られないゲームが多いってことですね。
    思い出補正もあると思いますが、
    ファンとの隔離が起きてしまうのかなと思ってます。
    それにあまり指摘する人はいませんが、
    ワイルドアームズ、アークザラッド、ポポロクロイスとかって、
    売り上げ、評判共に振るわなくなって、
    必然的に新作が出なくなったシリーズですからね。
    そもそも、スタッフに面白いゲームを作る実力が残っているのか疑問だったりします。
    ソニーががんばらなくても、
    中小企業のおかげでVitaがやっていけるのは確かでしょうが、
    個人的にはまだミリオンタイトルの誕生を願ってるんですよね。
    Vitaカードの容量を8GBにして、
    他タイトルとは一線を画す大作狩りゲー出せばあるいは・・・と思ってますが。
    市場が小さすぎるんでしょうかね。
    それと、ブログを引っ越したため、
    お手数をかけますが、相互リンク&RSSの登録を変更してもらえるとありがたいです。
    kenntworldさん同様、ライブドアへの移転です。
    ・Ahusaの独断アニメ&ゲームレビュー
    http://blog.livedoor.jp/ahusahum/
    「真・流行り神」の発売を機に移転しました。
    秋以降、購入予定のゲームは多いですしね。
    内容的にはゲームとアニメが半々になると思います。
    これまではゲームをプレイしてない時はブログが適当になっていたため、
    安定を考え、ゲームとアニメをメインにしました。
    よろしくお願いします。

  5. あたまかなや より:

    そこそこ売れてはいますが正直もう、モンハンを追いかけるのはやめてほしいです。ジャンルが偏り過ぎてます。
    あとグラビティや俺屍にしても力入れるのは良いんですが
    もっと大衆向けのソフトに力入れて欲しいですねテラウェイのような
    (グラビティはビジュアル、俺屍は元々大衆向けでは)
    このままではいつまで立っても一部の人には満足でもそれ以外の人には「ハードは良いけどソフトが…」「◯◯の為に買ったけど他に欲しいソフトが…」状態が

  6. ゲンコツ より:

    個人的にはPSPではまったみんなのテニスの続編をだしてほしいです
    プラス、RPGが好きなので萌えに偏らないRPGなんかもだしてほしいんですけどね〜
    このご時世新作をだすのも勇気が必要なんでしょうけどね…

  7. 名無しマニアックス より:

    北米のVITAは今年に入ってから、ずっと品薄ですよ
    VITA2000発売された5月も売り切れでした
    だから今年のNPDの数字だけで判断するのは間違ってると思います
    確かに不調は不調ですが、数字よりは需要があると思われます
    あと、VGの数字ってのは完全に妄想なのでそれを根拠にするのは論外だと思いますよ
    数字で分かるのは4~6月の出荷数で、
    Vita+PSPが75万台。うち日本で、VITAが25万、PSPが3万。なので残りの47万が海外。
    WiiUが51万台。うち日本で12万台。なので残りの39万が海外。
    VITAが海外で品不足、WiiUが一番のマリカ発売しているというのを考慮すると、
    VITAの方が海外で売れてる可能性は高いと思います
    12月に任天堂は強いのでトータルだとどうなるかは分かりませんが

  8. 名無しマニアックス より:

    SCEJタイトルは日本のみでも、20万本はコンスタントに売れるので、
    それだけで十分採算取れると思うんだけどなあ
    さらにPS+としてフリープレイの客寄せにも使えるのに
    なんで近年こんなに作らなくなったのか意味が分からないですね
    VITAはギャルゲーにばかり偏ってるところがあるので、従来のゲーマー向けを補っていくのがSCEJの役目だと思うけど
    コンスタントに年間4本くらいは出して欲しい

  9.   より:

    バンナムのキャラゲーや中小メーカーのADV、3DダンジョンRPGみたいに比較的低予算のゲームならともかく気合を入れて作ってるであろうファーストタイトルが国内市場だけで利益を生むことができるのかな
    ソウサクも続編は無印版じゃなく今春に発売された完全版の売り上げ次第だと稲船氏が言ってたし1作だけで利益を回収するのはきついんじゃないでしょうか

  10. みっこ☆ より:

    kentさん、お疲れ様です。
    残念ながらPSVitaのファンとして個人的には今回の記事
    には少し違和感を覚えました。
    海外では売れてないことは確かですが、それを根拠に
    まるでSCEがPSVitaに力を入れてないように見えて
    しまう記事だと思います。
    昔のようにポンポンと中堅以上の作品を出せる時代
    でもないですし、フリーダムウォーズと俺屍2を
    出したばかりなんですから、こういう記事を上げる
    ならせめて今年のgamescomや東京ゲームショウの
    発表まで待ってあげてほしいです。
    しかもフリーダムウォーズはご存知のように
    ソーシャルゲーム風な要素もふんだんに取り入れてるので、
    定期的なイベントで盛り上げようとしている、
    つまり同じタイトルで長く遊ばせる工夫も試みている
    ことも合わせて取り上げるべきだと思います。

  11. kazu より:

    据え置きとのマルチを念頭に入れて、ハードが少し大きくなっても構わないので、L2R2とL3R3を付けて欲しいですかね。現状だとボタンが足りないことで、快適に遊べるとは言えないですからね。

  12. ダベット より:

    SCEはごく一部のグローバルで売れる看板タイトルを除いて
    ソフト単体で儲ける気はあまりないイメージですね。
    最初は泥もかぶるけどそれでハードが売れたらあとはサードに任かせてそのロイヤリティで儲けるイメージ。
    例外的にフリーダムウォーズと俺屍が出たのは、開発決定は発売の2年以上前の筈だから
    モンハンを3DSへ逃げられて、あまりの不調に泥かぶってでもテコ入れせざる得なかったのではないかと。
    変わり種の多いSCEにしては発売されたのが日本で売れる定番である共闘ゲーとRPGってあたり危機感が強かさがうかがえますし
    明らかに未完成だったフリーダムウォーズは納期や予算の厳しさを物語ってますから。
    そして最低限度土台が出来た今となってはもういいやと思ってんじゃないかな。
    すでに得意とする逸般層は商売出来る程度には固めたし、一般層はSCEの手持ちの弾じゃどうにもならんしで
    これからは年に数本、プレゼント的に変わり種が出るくらいじゃないかな。
    ある意味任天堂のゲーマー向け枠と同じ扱いw
    更にここから上を目指すとなると売上げミリオンクラスの普段ゲームを主たる趣味としない人も買う規模のゲームが必要になるけど
    それは狙って出せるもんでもないですしね。
    というかモンハンや任天堂系を除いて比較的客層が合って、かつそれが可能なシリーズはほぼ据え置き向き(海外向き)なんですよね。
    ただいくら堅調といっても、共闘、深夜アニメ枠、マルチとモンハンブレイク前のPSP+α状態なんで
    個人的にその枠に入らない、俺屍はすごくありがたかったな。
    あとは重力を早くお願いします。
    でも確かにPS3とのマルチでもPSP時代と違って敢えて携帯を選ぶユーザーが増えてるのはVITAにとっては明るい兆しですよね。
    まあその分PS4が割食ってそうですがw
    少なくとも国内だけは当分大丈夫そう

  13. kentworld より:

    >めがねぃさん
    グラビティデイズ2はタイミング的に発表直前だと思います。
    ここからさらに待たされそうですけどね^^;
    早くて年度末かなぁ。

  14. kentworld より:

    >kojiさん
    その辺りのシリーズは現代のPSVITA層とマッチしていると思います。
    キャラデザを現代風にして発売したら、
    俺屍2よりも売れそうな気がします。
    やるドラもアプローチ次第ではw

  15. kentworld より:

    >伯爵さん
    最近のSCEはE3ではスッカリPSVITAを推さなくなりましたよね。
    せっかくPSVITA市場が日本だけ伸びてきているので、
    もっと日本に特化したタイトルを出して欲しいです。
    メモリーカードは同感です。
    未だに発売日に買った8GBで我慢していますよw

  16. kentworld より:

    >ahusaさん
    確かに復活したシリーズって、
    あまり良い評判を聞かない事が多いですね。
    サモンナイト5、そして今回の俺屍2。
    ユーザー側のハードルが上がり過ぎているってのはあると思います。
    >ワイルドアームズ、アークザラッド、ポポロクロイス
    この辺りのシリーズはもう傷が納まったんじゃないかな?と思っています。
    かつてのファンもそろそろ許してくれたんじゃないかなと。
    100万本のヒットを生み出すには、
    PSVITA市場を根本的に変えて行かなければならないと思います。
    以前も話したようにPSVITAユーザーの多くはコア層だけど
    趣向は細分化されていて、ストライクゾーンが狭いと思うんですよね。
    例えば勇者が魔王を倒す王道RPGが
    ゲームファンからしたら一番売れるイメージがあると思うんですが、
    実際には細かい理由によって購入を見送る人が多いと思っています。
    狩りゲーに関しては、
    フリーダムウォーズ以上売るにはブランド力が必要だと思います。
    新規タイトルで100万本はなかなか・・・。
    妖怪ウォッチのようにクロスメディアプロジェクトで
    社会現象を起こさないと難しいでしょうね。
    変更の件、了解しました!
    あとで変更させていただきます!

  17. kentworld より:

    >あたまかなやさん
    これ以上PSVITAにモンハンフォロワーは必要ないとは思います。
    それぞれのシリーズ作品が次から次へと
    バージョンアップ版を出していますし。
    大衆受けのタイトルは、
    今のPSVITA市場ではなかなか厳しいんでしょうねぇ。
    特定の層にストライクゾーンじゃないと、
    振り向いてくれないんじゃないかと。

  18. kentworld より:

    >ゲンコツさん
    みんなのテニスは最近展開が無いですもんね。
    そこそこ人気のシリーズなので、
    PSVITAで新作を出すのもアリだと思います。
    王道RPGは確かにもっと欲しいです。
    最近のRPGは女性比率が高かったりと、
    大衆受けは難しくなっていますもんね。

  19. kentworld より:

    >名無しマニアックスさん
    >北米のVITAは今年に入ってから、ずっと品薄ですよ
    あ、そう言えばそんな話も聞いた事がありました!
    何らかのテコ入れが行われるんでしょうかね?
    ただ、実際の数字よりは需要があったとしても、
    肝心のソフトでヒット作は全然聞かないんですよ。
    PSVITAソフトが向こうのヒットチャートに入った事。
    最近は全くと言って良いほど見ていません。
    ハード売上はWii Uとドングリの背比べだと思いますが、
    ソフト売上になるとかなり厳しいんじゃないでしょうか?

  20. kentworld より:

    >名無しマニアックスさん
    現状のPSVITA市場は堅調ですが、
    ユーザー層に偏りがあるのは確かです。
    その状況を改善するのがSCEの仕事ですよね。
    そう言う意味でフリーダムウォーズ、俺屍2は良かったと思います。
    この調子で次に続くタイトルを
    これから行われる発表会でどんどん発表して欲しいですね!

  21. kentworld より:

    > さん
    もしSCEがかつて出していたRPGの新作を出すとしたら、
    製作費は少なめにしないといけなさそうですね。
    海外でのヒットが狙えない状況なので・・・。
    あるいはリメイク作品を出すか。
    ソウル・サクリファイスの完全版はあの売上で大丈夫なんでしょうか?

  22. kentworld より:

    >みっこ☆さん
    フリーダムウォーズの
    オンラインプレイを楽しまれているみっこ☆さんからしたら、
    「SCE頑張っているのに何で?」という記事だったかもしれませんね(汗)
    ただ、これを任天堂やマイクロソフトに置き換えるとどうでしょうか?
    発売3年目の3DSで、任天堂の発売スケジュールがゼロだったとしたら。
    おそらく、各個人ブログでもっと色々言われると思います。
    例え水面下で作っていたとしても。
    少なくとも僕はブログで色々書くでしょうね(汗)
    gamescomや東京ゲームショウでは、
    最低でもグラビティデイズ2は発表されると思います。
    それ以外にPS4やPS3とのマルチタイトル以外の
    PSVITA独占タイトルをSCEが色々と発表するようであれば、
    「SCE、見直したぞ!」と記事にしますw
    フリーダムウォーズは運営型の側面はあると思いますし、
    アップデートの対応も早いなと思ったんですが、
    一方では製品版に最初から入れるべきものを入れていなかったりして、
    プラスマイナスゼロに感じています。

  23. kentworld より:

    >kazuさん
    PS4のリモートプレイをやっている時にそれは感じますね。
    もちろんそういった取り組みも必要だと思いますが、
    それ以上にPSVITAならではのタイトルを増やして欲しいと思っています。

  24. kentworld より:

    >ダベットさん
    SCEは海外産ではいくつかの人気シリーズを持っていますが、
    国産になるとかなり限られてきているんですよね。
    フリーダムウォーズに関しては
    モンハンの穴埋めの役割が強いんだと思いますが、
    俺屍2はリメイクの結果を出せて、
    タイミング的にPSPよりPSVITAの方が良かったから出したんじゃないかと。
    確かにこの2作はSCEにしては真面目なタイトルですけどねw
    SCEが年内にPSVITA向けの弾があるのか気になります。
    PS4やPS3とのマルチ。インディーズタイトルは除いて。
    グラビティデイズ2は年内に来るのかな?
    本音としてはSCEがこれからも
    PSVITAに肩入れすると思いたいんですが、
    E3での軽視を見ていると厳しいんですよねぇ。
    もう少し日本のPSVITA市場が成長してくれたら、
    日本向けのタイトルを出してきそうですが。
    携帯機志向のユーザーが日本で増えてきているのは、
    PSVITAにとっては好都合だったと思います。

コメントする

内容をご確認の上、送信してください。