2016/01/16/12:00 | M☆G☆Mコラム

横スクロールアクションが時代遅れに感じていた時代

121219-1814-35

ファミコン時代からずーっと続いている横スクロールアクション
未だに高い人気を誇っており、「Newスーパーマリオブラザーズ」、
「星のカービィ」、「ドンキーコング」、「ヨッシーアイランド」など、
任天堂製タイトルは横スクロールアクションでも大ヒットを連発しています。
しかし、そんな横スクロールアクションも時代遅れと感じていた時代はありました。

プレイステーション1/セガサターン/ニンテンドウ64といった32~64ビット機が活躍していた時代は、
物凄い勢いで3Dポリゴンを使った作品が増えて行ったものです。
これからの時代は3D!立体的な空間を動き回れる事が素晴らしい!
平面移動しかできない作品は時代遅れ!なんて風潮があったくらい。

スーパーファミコン時代はあれだけ横スクロールアクションを発売していた任天堂も
ニンテンドウ64、ゲームキューブ時代になるとほとんど発売しなくなり、
発売したとしても携帯機向けに過去作品を移植したものばかりでしたしね。

それから時は流れて10年後。その頃にはファミコン世代が大人になり、
「ファミコンミニ」やニンテンドーDSの登場によってゲーム回帰層が増えていました。
そんな中で発売されたDS「Newスーパーマリオブラザーズ」は爆発的な売上を記録。
バージョン違いの合算を除くと日本では歴代2位の売上を記録しました。

その影響からか横スクロールアクションというジャンルが再評価されて
「ロックマン9」、「悪魔城ドラキュラ」などがダウンロードタイトルとして配信され、
「Newマリオ」の大ヒットによって任天堂も横スクロールアクションを連発。

さらに2Dアクションを得意とするヴァニラウェアのタイトルも伸びてきて、
「朧村正」、「ドラゴンズクラウン」などのヒット作を連発。
海外産でもダウンロード配信を中心に良質な横スクロールアクションが続々と出て来ました。

気が付けば横スクロールアクションは時代遅れという声は無くなり、
今は3Dアクションゲームと肩を並べる存在になっています。
プレイステーション1/セガサターン/ニンテンドウ64が活躍していた時代を思うと、
横スクロールアクションの巻き返しには驚くばかりです。

▼とは言え以前よりは売り出しにくくなっている横スクロールアクション

507

とは言えゲームユーザーの金銭感覚がマヒしている近年は、
ブランド力が無い横スクロールアクションはフルプライスで売り出しにくくなっていると思います。
実際、横スクロールアクションゲームシリーズを
未だにフルプライスで売り出せて結果を残しているのは任天堂だけです。

もし、「Newスーパーマリオブラザーズ」や「ドンキーコングリターンズ」と同じ内容で
キャラクターをオリジナルに変えたらフルプライスではさっぱり売れないと思います。
エロ要素などを含めたら、一部の層には売れるかもしれませんけどね。

ブランド力の無い横スクロールアクションゲームシリーズは
任天堂を除くとほとんどダウンロード系に逃げてしまっています。
フルプライスのパッケージタイトルで2Dアクションゲームが出るのは本当に貴重な事なんですよ。

※これまでに公開したコラム記事の一覧はこちら

シャンティ -海賊の呪い-
インターグロー (2015-11-19)
売り上げランキング: 477

なげなわアクション!ぐるぐる!ちびロボ!
任天堂 (2015-10-08)
売り上げランキング: 664

※何か分からないゲーム用語を見かけたらこちら をご覧ください。

【人気ブログ】( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)【ランキングへ】
6646e5e1.gif

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

内容をご確認の上、送信してください。

この記事の反響

  1. 街毛 より:

    ウィンドランみたいに自動で走ってジャンプだけ操作するゲームで満足する人もいますね。実際ブランド力がないと2Dアクションってワクワクできないんですよもはや。
    ヴァニラウェアはグラフィックでここまでブランドを作ったのはすごいと思います。基本完全新規作ばかり作り続けていること、絶妙なファンタジー作品なのも理由でしょうね。

  2. MGMの名無し より:

    以前ほど力の入った2Dアクションは本当に出にくくなりましたよね。任天堂もそのあたりの市場の変化は理解してるのか、いつもなら3DSあたりに2Dメトロイド新作一本くらい投入していてもおかしくない頃ですが、その代わりと言えなくもないインディーズのスワッパーを紹介していたのが印象的でした。
    ゲームが単純なものとリッチなものに二極化し過ぎてる今こそ求められていると思えますけどね。

  3. ダベット より:

    いや今でも充分、特に有名ゲームメーカーからは時代遅れと思われてる気がする、だってそういうゲームが好きな俺からしたら実際力の入ったと感じる新作殆ど出てねえと感じるもん。
    カプコンだって結局ロックマン新作出さないしね。
    まあこうこというとまた異議ばかり唱えやがってといわれそうだけどさ。
    でも実際、支持層的にも懐古層が多いジャンルでもあるし思われてても不思議は無い気もする。
    ブランド力がより物をいうようになったのも、積極的に先端を追わなくなったユーザー的にはどうしても自分が遊んでた物くらいしか物差しがないからというのもあるんじゃないかな。
    Kentさんみたいに一周回ってまた横スクアクションにも興味が戻ってきてくれるゲーマーが増えるといいんだけどね。
    シャンティちゃんなんか3000本だもんな、その1000倍は売れてもいいと思うんだが(それはいいすぎ)
    皮肉な話、やっすいDLでもソコソコ遊べてしまうのが逆に難しいんだろうね、極端な話マリオメーカーでもソコソコの物はつくれちゃうもんな。
    でもやっぱり横スクでも手間と時間かけて職人がきちんと調整した作品はまた違うんだけどなあ。
    あとスマホだとランアクション系は多いんだけどあれはまたちょっと違う気がするんだよね。
    それはそうと話ころっと変わるがKentさんがプレミアつくつく煽りまくるから、ひぐらし買ったよ、VITA版がよかったけどもう無かったからPS3版だけど、本当に俺とVITAは相性悪いな^^;
    でも新品だからなんかあけるのがもったいないぜ(をい)

  4. 笹島 より:

    >気が付けば横スクロールアクションは時代遅れという声は無くなり、
    >今は3Dアクションゲームと肩を並べる存在になっています。
    結局、今のアクションゲームのほとんどは3Dアクションで2Dが時代遅れ、
    あるいはローコスト(良い・悪いどちらでも)ではあると思いますね。
    特に洋ゲーにおいては、自由に歩き回れて作り込まれたグラフィックで
    遊べることが未だにトレンドであって、2Dより3Dでこそ映える要素ですからね。
    それはともかく、オーディンスフィア面白いですね!wVITAで初めて遊んでます。
    無双ゲーとは呼ばないと思いますが、簡単な操作で割となんでもできるので
    ちゃんと立ち回れれば攻撃も回避もうまく動けて楽しいです。
    まあ、普通に進めると敵が弱いので1周目なのにノーマルより上の難易度で遊んでますが^^;
    体験版は遊ばず、本編から遊んでますがKentさんが物足りなかったのもここかも。
    ボスは色々な動きをしてきますし、設置系の攻撃や雑魚が左右から襲ってきたり
    まだ3時間程度ですが熱中してます。やはり3Dとは立ち回り方が180度違いますよね。
    ヴァニラウェアは、ドラゴンズクラウンも遊びましたが2Dゆえの表現も面白いですね。
    3Dだと過剰だったりおかしい動きも2Dだとアニメ的というかハマりますし、
    ドットは特に手作り感が大きい点で感心してしまうというか。
    ヴァルキリーことグウェンドリンを始めとしたファンタジーデザインも
    めっちゃ好きですが、十三機兵防衛圏のノスタルジー感じる背景や
    女子高生(?)も楽しみなので、こちらも早く発売しないかな。

  5. tanu より:

    回帰層の恩恵を一番受けているのは任天堂でしょうが一番悔しいのも任天堂でしょうねぇ。
    一般層に敬遠される3Dゲーを浸透させようとマリギャラなどで意欲的に遊びやすい3Dゲーを作り続けていたのに売上は100万程度で
    その後のニューマリは500万オーバーの大ヒットですから開発者は複雑な想いだったのではないかと。
    私としてはマリオ64のような探索系も作って欲しいのですが望みは薄そうです。

  6. (ノ ・◡・)ノ❤❤ より:

    2Dアクションゲームのフルプライスは
    なかなか手出しにくいですね。
    最近だとオーディンスフィアになりますが
    自分はもっと手の出しにくい
    シューティングのフルプライス
    ダライアス攻めちゃいましたww

  7. 二本のしっぽきゅうだん より:

    2Dと3Dを混ぜたら面白いのでは?と生まれたのがロックマンX7ですねぇ。
    2Dの良さってまず迷わない事ですね。
    3Dだと矢印などでルートを教えないとですし。
    あとは簡単そうに見えるのもポイントですね。
    ただ3Dと比べると派手さはないかもしれないですねぇ。
    2Dは出過ぎて進化が止まっちゃてますからダウンロード系ばかりになるのも仕方ないかな。
    ある意味ドットと一緒ですよ。
    そこまでして売れる訳でもない時代になったと言う意味でもね。
    そういった意味ではクロノアなどの新作は3Dにしないときついだろうなぁとか思っちゃう。

  8. kentworld より:

    >街毛さん
    最近は自動でキャラクターが動いて
    ジャンプするタイミングをつかむだけの
    2Dアクションゲームもありますね。
    あれは1作やっただけで満足です。
    ヴァニラウェアはここ10年で徐々に株を上げてきました。
    2Dアクションゲームの歴史を語るうえでは外せなくなっています。

  9. kentworld より:

    >MGMの名無しさん
    >以前ほど力の入った2Dアクションは本当に出にくくなりましたよね。任天堂もそのあたりの市場の変化は理解してるのか、いつもなら3DSあたりに2Dメトロイド新作一本くらい投入していてもおかしくない頃ですが、その代わりと言えなくもないインディーズのスワッパーを紹介していたのが印象的でした。
    最近は2Dのメトロイドっぽいゲームが色々出ていますね。
    だからこそ本家も意地を見せて出して欲しいものですが。
    変に凝って3D化しなくても良いから。

  10. kentworld より:

    >ダベットさん
    >Kentさんみたいに一周回ってまた横スクアクションにも興味が戻ってきてくれるゲーマーが増えるといいんだけどね。
    この記事は僕の気持ちが先行し過ぎてしまいました。
    世間で時代遅れなのかどうかは置いといて、
    個人的にはまた手を出すようになってきたんですよね。
    コマンドバトルのように古典的なジャンルではあるので、
    クラシックな印象はまだ持っていますが。
    ランアクションはリズムアクションゲームのようなもので、
    見た目は似ていてもゲーム性は全然違います。
    ひぐらし買いましたか!?プレミアつかなかったらすみませんw

  11. kentworld より:

    >笹島さん
    やはり、ノーマルだとちょっと簡単なんですね(^_^;)
    体験版ではノーマルしか選択出来なかったんですよー。
    ハードに難易度変更できるのであれば
    また印象は変わるのかなと思っていました。
    このゲームは違うキャラクターで
    同じステージ、ボスと戦っていくそうなので、
    また、ある程度プレイして印象が変わってきたら教えてくれると嬉しいです!
    アニメーションだからこそ感じられる独特の動きってありますねー。
    ヴァニラウェアのゲームだと個別にパーツを描いているからか、
    それぞれの関節が回転して絵が生きている感がします。
    ドラゴンなんかは典型的な例ですね。

  12. kentworld より:

    >tanuさん
    作り手としては圧倒的に3Dの方が手間かかりますからねぇ。
    手間がかかればかかるほどそれに見合った
    結果が付いてきてほしいものですので、
    作り手としてはそれが比例しないのは悔しいです。
    それは僕もブロガーなので分かります。

  13. kentworld より:

    >(ノ ・◡・)ノ❤❤さん
    シューティングゲームのフルプライスは手を出してしまいますかw
    一般的にそちらの方が価値を見出しにくいものですが、
    そこは個人の好きなジャンル次第ですもんね。

  14. kentworld より:

    >二本のしっぽきゅうだんさん
    2Dには2Dならではの利点はありますね。
    コメントで挙げられている迷いにくいなんてまさにその通り!
    ゲーム初心者の入り口としては最適なので、
    今後も続いて行って欲しいものです。
    クロノアは2.5Dで出しても良いと思うんだけどなぁ。
    なんでも良いから出てほしいものですね。

コメントする

内容をご確認の上、送信してください。