2015/04/11/12:00 | M☆G☆Mコラム

キャラクターに思い入れを持ってしまうシリーズを続ける大変さ

WiiU_screenshot_TV_0110E

ゲームに登場するキャラクターに思い入れを持ってしまう人は少なからずいると思います。
キャラクター性が強く、愛着を持ってしまう要素が多かったら尚更。
しかし、そういった作品ほどシリーズとして続けるのは大変なんだと思うようになりました。

例えば「ポケットモンスター」シリーズ。
このシリーズの場合は多くのモンスターがキャラクター展開をされていますから、
みんなそれぞれ愛着を持っているモンスターがいると思います。
そんなモンスターが次回作でリストラされたら、不満を感じますよね。

なんであのモンスターをリストラさせたんだ!開発者何を考えているんだ!?って。
下手をしたら、リストラされたショックで自殺をする人が出て来るかもしれない。
実際、漫画業界では好きなキャラクターが死んでしまったショックで、
後追い自殺された方がいるようです(リストラとは意味が変わりますが)。

話がそれてしまいましたが、同じような事を対戦アクションゲームシリーズでも言えると思います。
対戦アクションゲームではキャラクターによって操作感覚が違いますので、
次回作で好きなキャラクターがリストラされた時はどうすれば良いか困ってしまうでしょうから。

開発者もそれを分かって極力リストラは避けており、
次回作でも出来る限り続投させていると思います。そうなってくると新作が発売される度に
プレイアブルキャラクターが増えてしまい、肥大化していくと思うんですよね。

「大乱闘スマッシュブラザーズ」シリーズは、
12→25→35→49+αと、新作を発売するごとに10体以上キャラクターが追加されています。
「ポケットモンスター」シリーズに至っては、
151→251→386→493→649→719と新作を出すごとに100単位で増えています。

単にキャラクターやモンスターが追加されるだけだったら良いんですが、
新作が発売される度に既存のモンスターも画像やステータスなどを微調整していますから、
これ以上新作が増えたら作業が膨大になってますます大変になるのではないでしょうか?
ゲーム機の進化に伴い、グラフィックのクオリティもだんだん上がってきていますし。

ユーザーの声を拾う姿勢は素晴らしいと思いますが、
やっぱり人気が無いキャラクターをリストラする必要はあると思います。
好きだった人には申し訳ない事だと思いますが、
作業が膨大になって新作が発売出来なくなるよりはね・・・。

※これまでに公開したコラム記事の一覧はこちら

ポケットモンスター オメガルビー
任天堂 (2014-11-21)
売り上げランキング: 111

大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U
任天堂 (2014-12-06)
売り上げランキング: 91

※何か分からないゲーム用語を見かけたらこちら をご覧ください。

【人気ブログ】( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)【ランキングへ】
6646e5e1.gif

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

内容をご確認の上、送信してください。

この記事の反響(0)

コメントする

内容をご確認の上、送信してください。