2014/12/10/17:30 | M☆G☆Mコラム

グラフィックを書き込むほどライトユーザーに敬遠されるジレンマ

aa9f7d22.jpg

ゲームファンからしたらグラフィックが書き込まれて本物に近い映像になるのは魅力的に感じます。
より高い等身で、リアルなテクスチャーが貼られたグラフィックによって、
臨場感や没入感がアップしますからね。
しかし、一方ではグラフィックを書き込む事によってライトユーザーからは敬遠されてしまいます。

何故敬遠されてしまうのでしょうか?それは、大きく分けて2つあると思います。
1つは多くの日本人がアニメ・ファンタジー思考だから。
漫画やアニメで育った世代は色鮮やかでアニメ調の絵柄を好む傾向にあり、
リアルな映像を見ると堅苦しく感じられてしまうんです。

もう1つは難しそうに見えてしまうから。
グラフィックを本物に近づける事によって、大人っぽくなってしまいます。
それはそれでクールになるんですが、一方では大人しか楽しめない物と勘違いしてしまう人も多く、
「自分には出来ないのではないか?」と躊躇してしまうんですよね。

コアなゲームファンとライトユーザー。
どちらが多いかと言われたら圧倒的に後者なので、
グラフィックを本物に近付けると逆に売上がダウンしてしまうんです。

それは年間ゲームソフトランキングを見ても分かる事です。
上位にランクインしているゲームの多くはデフォルメ系で、決してリアルではありません。
「モンスターハンター」など一部例外はありますが、
それらの作品は特殊な現象によって売れているだけです。
基本的に日本ではリアルなグラフィックは受け入れられません。

これって凄くもどかしい状況だと思うんですよ。
デフォルメ系、リアル系。どちらが作りにくいのかと言われると、圧倒的に後者だと思います。
それなのに多くのユーザーから敬遠されるって・・・。
幸いにも海外では全く逆の流れが出来上がっているのでワールドワイド展開をすれば大丈夫ですが、
日本だけで売るとなったらもうリアル系は労力の無駄に感じられてしまいます。

▼ファイナルファンタジーXVの不安

7

そう言う意味で気になるのがPS4/XboxOne「ファイナルファンタジーXV」です。
このゲームの背景は海外ゲームと錯覚するくらいリアルで、
ゲームファンの間では非常に話題になっています。

しかし、一方ではリアルな見た目によって難しく見えるんですよね。
これまでの作品もリアルテイストでしたが、今回はアクションRPG。
あの綺麗な映像を直接動かせるという事でこれまでの作品とは事情が違うので、
ライトユーザーがどう感じているのか気になっています。

「自分には出来るのだろうか?」と思われているような?
「ファイナルファンタジーXV」に関してはワールドワイドでも売って行けるので、
多少日本での売上が落ちても大丈夫だとは思いますけどね。

※これまでに公開したコラム記事の一覧はこちら
 何か分からないゲーム用語を見かけたら
こちら をご覧ください。

【人気ブログ】( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)【ランキングへ】
6646e5e1.gif

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(20)

  1. 名無しのプログラマー より:

    自分の身近にいる人は難しそう派です
    もともとゲームの謎解きとかが嫌いでアクションならアクション、RPGならストーリーと割り切って味付けにある他の要素が邪魔っていう認識なんですよね
    まあ案の定スマホに流れてますね

  2. MGMの名無し より:

    ライトユーザーに好まれないのはリアルなグラフィックというより洋ゲーと言えるような?
    フォトリアルでも洋ゲーと和ゲーってだいぶ違いますからね・・・

  3. アサヒ より:

    FF15は間違いなく日本ではそこまで売れないでしょうけど、海外でも人気が高いので問題は無いでしょうね。
    デフォルメ調だから日本では売れるとは特に思いませんが、フォトリアルだと難しいと思われているところはあるでしょうね。
    というか、3Dアクションが難しいと思われている気がします。
    まあ、市場もグローバルになってきましたし、絶対に日本で売れないとダメという時代も終わったと思うので、日本特有の事情に縛られずノビノビとゲームを作って欲しいです。

  4. こめた より:

    自分は絵柄はどうでもいいけどシステム上のデフォルメはキツイ方が好みです。ルールが明確というか
    自分が遊ぶのはカートゥーンなゲームに偏りがちですが、キャッチーな見た目は半ばどうでもよくて、それよりゴテゴテした宝箱が落ちてたり回復に合わせて光ったりしてくれる事が重要で、かつそれらが嘘臭くちゃダメなんですね。それらと相性が良いのがデフォルメされた絵柄って感じです。
    モンハンは絵柄はリアル調だけどかなりデフォルメ強いゲームだと思ったなぁ。
    多分自分がゲームにシナリオや主人公の人生の追体験よりもアナログゲーム的なものを求める傾向が強いんだと思います。ルールの遊びと言いますか。

  5. ナギ より:

    分かる!1、2とも分かるなぁ~
    スポーツ系や操作系でいえばグラフィックがリアルならきっと操縦もホンモノみたいに違いない!という感覚がありますからねぇ
    実際にそういう方が好きな人もいますし。
    欧米からだとやはりアニメ調は子供っぽいと思うのでしょうか
    あとは‥ライトユーザーの多いゲームってリアル画だとムリな設定が多そうな気も。
    想像してみてください、リアル画な塊魂‥リアル画なケロケロキング‥売れなさそうです
    リアルグラでシュールなゲームもありますけど日本人が受け入れられるシュールと違うのかもです
    ま、卵と鶏どっちが先かの話にもなりそうですけど

  6. kentworld より:

    >名無しのプログラマーさん
    今のゲームは絵柄問わず複数のジャンルの味付けがあるだけに、
    それでしたら厳しいですね。確かにスマートフォンの
    シンプルな味付けのゲームの方がそのお方には向いていそうです^^;

  7. kentworld より:

    >MGMの名無しさん
    >ライトユーザーに好まれないのはリアルなグラフィックというより洋ゲーと言えるような?
    個人的にはアニメ・デフォルメ調、リアル調の中間に、
    CG調という物が存在します。
    日本のゲームはリアル志向になるとCG調のものがまだ多い気がしますね。
    そう考えると、確かに海外のフォトリアル系が敬遠される傾向にありそうです。

  8. kentworld より:

    >アサヒさん
    日本でもFFXV、売れてくれないと
    日本の据え置き機市場的には困ってしまうんですけどね。
    海外では前作を上回ったら良いのですが。
    ゲーム内容、見た目を凝るほど売れなくなってしまうのは、
    見ていて凄くもどかしく感じてしまいます。
    頑張れば頑張るほど見返りが少なくなってしまうってね。
    普通は逆であるべきと思うんですよ。

  9. kentworld より:

    >こめたさん
    確かにパッと見はリアル調だけど、
    表現はデフォルメされている作品って多いですよね。
    コメントで挙げられている事もありますし、
    攻撃がヒットした時、血を出すのか、
    エフェクトで食らった感じを表すのか等など。
    モンハンは複数の狭いエリアで構成されたフィールドといい、
    達成条件が明確に用意されている事といい、
    確かに明確なルールが存在する作品ですよね。
    僕も明確なルールはゲームであるからには欲しいです。
    そこに選択肢が色々用意されていると、より嬉しいですね!

  10. kentworld より:

    >ナギさん
    >スポーツ系や操作系でいえばグラフィックがリアルならきっと操縦もホンモノみたいに違いない!という感覚がありますからねぇ
    そう!そんなイメージをしている人が多いと思います。
    実際には操作面でもデフォルメされている事は多くて、
    やってみると簡単な場合が多いと思うんですけどね。
    >あとは‥ライトユーザーの多いゲームってリアル画だとムリな設定が多そうな気も。
    想像してみましたw
    絶対に売れないでしょうねw
    デフォルメされているからこそ違和感が無いゲームって、
    言われてみるとかなり多いんだなー。
    それだけデフォルメは自由な発想でゲームを作れるという事か。

  11. 隣の飼いケルベロス より:

    フォトリアルな『どうぶつの森』…!
    絶対に売れませんねw
    それはそれでやってみたい気もしますが…w

  12. 笹島 より:

    絵柄がリアルであることより、3Dアクションゲームは総じて操作を覚える必要がありますね。
    その点、自分の知ってるタイトルなら操作も似たようなものだから
    買っても大丈夫だろうって先入観もあるかもしれないですね。
    FFXIIIが変わらず売れたのは、やっぱりブランド力が大きいと思いますし
    FFXVもやっぱりある程度は売れるんじゃないかなーと思ってます。
    そうしたブランド力が背景にあるタイトルは置いておくとして、
    確かに日本においては、グラフィックがリアルなほど敬遠される傾向がありますが、
    やはり据え置きから携帯機へ主戦場がシフトしていることも関係してそうですね。
    書き込まれたグラフィックより、同じシリーズで手軽に遊べるタイトル訴求?
    そういう意味では、海外の方はグラフィックを頑張った分は正当に
    評価されているような気がします。
    まあ、日本のようにデフォルメ系のタイトルが爆売れする環境ではないですが…

  13. MGMの名無し より:

     自分も、グラフィックが緻密でリアルになればなるほど「これって難しいのかもしれない」と思ってしまいます。
     アサシンクリードやダークソウルなど、ぱっと見てすごく難しそうだけれど遊んでみたら楽しかったというソフトは沢山あるんですけどね。
     また、9番目のコメントでkentworldさんがおっしゃっているように、リアル調であれば例えば敵を攻撃したら敵から血が出るなど、こちらの行動を結果として表現しないとリアル感のバランスがとれないんじゃないかと思うんですよ。
     それで、最終的にレーティングが上がって、ますます自分を含めたライトが触りづらくなってくるということもあるのではないでしょうか。
     特に、親が子供にゲームを買い与えるときに、絵柄はまず初めに飛び込んでくる情報ですよね。これを安心して遊ばせられるか、という判断の元になっているはずです。
     日本の場合は、ライトも含めたゲーム人口のうち子供の割合が高いというのもデフォルメ調に人気が集まる理由かもしれませんね。
     いずれにせよ、リアル調もデフォルメ調も、表現のバリエーションとしてどちらも得意なことを伸ばしてほしいと思います。

  14. kentworld より:

    >隣の飼いケルベロスさん
    間違いなくそうした方が手間はかかるでしょうけど、売れないでしょうねw
    まさにそんな話を記事でしたかったんですよ。

  15. kentworld より:

    >笹島さん
    絵柄がリアルになって難しそうに感じるゲームの代表格が3Dアクションゲームですね。
    リアルになった分、より細かな操作を要求されるという
    先入観を持って敬遠してしまうんだと思います。
    このあたりの話は別の記事でもう少し掘り下げていきたいですね。
    FFXVがFFXIIIから大して本数落とさず粘ったとしたら、
    月曜日の記事で書いた日本人のブランド志向がさらに露呈しそうです。
    現時点ではその可能性も否定できず、どうなるのか楽しみですね。
    >やはり据え置きから携帯機へ主戦場がシフトしていることも関係してそうですね。
    これも影響していると思います。
    携帯機がメイン市場になっているという事は、
    高度なグラフィックよりもお手軽性を重視していることの表れだと思います。
    海外では変わらず据え置き機が主戦場で、
    2000年代前半まで続いていた日本市場の流れを変わらず引き継いでいる印象です。

  16. kentworld より:

    >MGMの名無しさん
    >自分も、グラフィックが緻密でリアルになればなるほど「これって難しいのかもしれない」と思ってしまいます。
    これは、人間の本能なのかもしれませんね。
    考えれば考えるほど興味深いテーマだと思っています。
    >また、9番目のコメントでkentworldさんがおっしゃっているように、リアル調であれば例えば敵を攻撃したら敵から血が出るなど、こちらの行動を結果として表現しないとリアル感のバランスがとれないんじゃないかと思うんですよ。
    この辺りのバランスは難しいところですねー。
    等身が高くてフォトリアルなのに、血が出ないとおかしいと感じる事は確かにあります。
    >特に、親が子供にゲームを買い与えるときに、絵柄はまず初めに飛び込んでくる情報ですよね。これを安心して遊ばせられるか、という判断の元になっているはずです。
    あぁ、それはあると思います。
    自分達がゲームを選択する時だけではなく、
    親が子供に買い与える時は、デフォルメ系の方が圧倒的に有利ですね。
    うーん、考えれば考えるほど、日本市場って特殊なんだなぁと思います。

  17. クマゴロー より:

    グラフィックを凝ると敬遠される、という前提は、本当でしょうか?
    3DSとvitaでマルチのソフトがでると、たいていvitaのほうが売れるから、美しいグラフィックは評価されてると思いますが。
    日本の一般的な人が知っているゲームはここ最近は任天堂携帯機でしか出てないから、性能上、グラフィックを凝ることが出来ないので、日本人は凝ったグラが嫌いなように見えているだけではないでしょうか

  18. kentworld より:

    >クマゴローさん
    記事の本文は読まれましたか?
    デフォルメ系のグラフィックを綺麗にする事と
    より本物そっくりのグラフィックにする事を同義にしていませんか?
    理解出来ていないのであれば、もう少し分かりやすくここに表記していきますね。
    マリオにシワを増やして、顔パーツもリアルにして、
    色使いを暗くしたゲームが日本で売れるでしょうか?

  19. KA より:

    ゲームのグラフィックがドット絵主流だった時代はパッケージがバタ臭いリアル調でもゲームはドット絵で書き込まれているのでプレイするのにあまり抵抗はありませんでしたけどハードの性能が上がってきてゲームの中でもリアルになってくるとドット絵の時より抵抗感が強くなってきます。
    ある意味ドット絵の場合だとドット絵ならではのデフォルメみたいな感じがします。

  20. kentworld より:

    >KAさん
    確かにドット絵だったら解像度にも寄りますが、
    リアル系でも抵抗は無いですよね。
    3Dポリゴンになって本物そっくりになった弊害って、やっぱりあると思います。
    昔よりも頑張って作られているハズが、
    避けられる要因にもなってしまうって残念ですね・・・。

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。