2015/01/16/12:00 | ゲームレビュー

レゴムービーザ・ゲーム【レビュー・評価】ストーリー主導でアクションの平凡さが際立ってしまった作品

112111
LEGO (R) ムービー ザ・ゲーム/PS4 / PS3 / Wii U / 3DS

2014年11月に発売されたPS4/PS3/Wii U「レゴムービーザ・ゲーム」を今回はレビューします。

PS4/PS3/Wii U「レゴムービーザ・ゲーム」は、映画「レゴムービー」を題材にした3Dアクションゲームです。3DS版もありますが、そちらは別内容となっています。

良いところ

映画を追体験できる!

151

本作は映画「レゴムービー」とストーリーがほぼ同じで、基本的には映画版に沿ったステージ構成となっています。

映画版ではレゴシティから砂漠、雲の世界、水中、敵の基地など様々な場所へ訪れただけあってゲームとの相性は抜群で、本作でも様々なロケーションへ訪れる事が出来ました。

事前に映画版をチェックする事で「あ!このシーン覚えている!」、「あぁ、こんなシーンもあったよなぁ」と振り返る事が出来るでしょう!

キャラクターを切り替えて謎を解く楽しさ

155

今作では能力が異なる操作キャラクターを切り替えて謎を解いて行くのがメインになっています。

前作でも能力が異なる職業を切り替えて先に進む事になっていましたが、今作では操作出来るキャラクター全員が共に行動するので、ちょっと違うんですよ。

先に進むには全員を連れて行かないといけないので、ジャンプ力が高いキャラクターが高い段差を登ってはしごを降ろすなどをしないといけません。先へ進むには全員の特殊能力を使い分けないと難しいでしょう。

探索する楽しさ

LEGO®ムービー ザ・ゲーム_20141106233919

前作はオープンワールドマップを採用していましたが、今作はステージクリア形式のゲームになっています。

各ステージは奥へ奥へ進んで行く感じなのでステージ攻略中の自由度はさほどありませんが、ステージ間のエントラス的なフィールドはそれなりに広く、そこでは収集アイテムなどを探したり、サブイベントをこなしていく楽しさがありました。

よく考えてみたら前作も超広大なオープンワールドマップがあってメインミッションを探して行く感じだったので、形式自体はそんなに変わらないのかも?

オープンワールドマップがスケールダウンしたような物と思ったら良いと思います。マップの広さが普通になった分、遊びやすさは増していますよ。

それとステージ攻略中にも探索要素はあって、一定数のレゴブロックを集める。収集アイテムの説明書のページを集める。といったサブ要素もあるので、完全攻略するには奥へ奥へ進みながら探索をする必要もあります。

LEGO®ムービー ザ・ゲーム_20141108004816

↑ある条件を満たすと行ける巨大な部屋の中。「ちびロボ!」、「ボクは小さい」を思い出しますね。

ここではゴールドのレゴブロックが10個隠されており、それを探す楽しさがあります。

ここだけはまんま探索型箱庭3Dアクションなので、それはもう楽しかったですよ!本作は基本的にはステージクリア形式なので、こういったステージがもっと欲しかったなぁ。

レゴブロックによる表現

LEGO®ムービー ザ・ゲーム_20141107170442

本作は前作よりも背景がレゴブロックで作られている個所が多く、よりレゴのゲームらしくなっています。

レゴブロックによる水中の表現。床の表現。バラバラになったブロックを組み立てていく表現など、他のゲームでは見られない表現が満載で面白いですよー。

ちなみに大半のオブジェクトは攻撃する事によって破壊出来ます。破壊する事でお金が手に入るので、無我夢中で破壊するのも面白いです。

スポンサーリンク

悪いところ

メリハリに欠ける

LEGO®ムービー ザ・ゲーム_20141107180012

本作は難易度が非常に低いです。体力の概念こそはあるものの、ゼロになってもすぐにその場から再開可能。ミニゲームや戦闘の難易度も総じて低く、基本的にはワンボタンで対処可能。

なので、難易度が低い事によるメリハリ感の無さは相変わらず健在です。

前作よりもギミックが強化されてはいるものの簡単なアクションパズルを淡々とこなしていく感じで、様々な具が揃った薄味料理を食べているかのような印象が相変わらず強く感じられました。

前作の場合はオープンワールドでアイテムを探す楽しさがったからまだ良かったものの、本作の場合はその部分が弱く、基本的にはストーリーに沿って奥へ奥へ進んで行くタイプなだけに、やらされている感じがします。

子供への配慮だと思いますが、個人的には退屈に感じる事が多かったです。

唐突過ぎるストーリー

LEGO®ムービー ザ・ゲーム_20141107220839

本作のムービーシーンは、映画版のシーンを切り取った物になっています。

そこで気になってくるのがゲームプレイシーンとの乖離(かいり)感

ゲームプレイシーンも映画に合わせて作られてはいるんですが、エントランスで探索が出来る関係上いきなりムービーシーンが入ると「あれ?」と思う事が多く、無理やり映画のムービーを挿入しているかのように感じてしまいます。

その映画のムービーシーンも早口言葉で話す展開の早いノリで、映画版をチェックしていない方は置いてきぼりにされてしまうんじゃ?

端折っている部分も多いですしね。とりあえず伝説のヒーローに間違われた普通の青年エメットがレゴシティを救う物語という事だけは頭に入れておきましょう!

1回目では収集アイテムをすべて取れない!

LEGO®ムービー ザ・ゲーム_20141107130650

各ステージには収集アイテムが隠されています。

しかし、困った事に初見では絶対に入手出来ない収集アイテムがそこそこあるので、ある程度進めてから再び同じステージをプレイしないといけないんです。

こういった事は他のゲームでもやっているし、リプレイ性の向上には繋がるんですが、本作の場合は気が付いたら新しい能力を持ったプレイアブルキャラクターが追加されている印象でストーリー主導でどんどん先のステージへ進んで行く作りなので、新しい能力を身に付けた事によって感じられる行動範囲の広がりよりも1回目では絶対に入手出来ない事による理不尽さの方が勝っているように感じました。

全体のまとめ

映画版に合わせてストーリー主導にしたレゴのゲーム。

そのコンセプトは良いと思いますが、いかんせんメリハリの無さは変わっていないので、アクションの平凡さが際立ってしまった印象です。

こんな人には特におススメ。
・レゴムービー好き。
・アクションゲーム初心者。

こんな人にはおススメできない。
・淡々としているゲームが苦手な人。

レゴムービーザ・ゲーム/評価 ★★★★★★☆☆☆☆ 星6つ
プレイした時間・・・約12時間

※何か分からないゲーム用語を見かけたらこちら をご覧ください。

↓人気ブログランキングに参加中!
1日1クリックしてくれると「M☆G☆M+etc…」の順位がアップします!

↓Twitterで更新通知をしています。
Twitterやっている人はフォローよろしくお願いします。

A52

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

内容をご確認の上、送信してください。

この記事の反響(2)

  1. mame より:

    最近これの映画見たんですけど、世評に違わずとても面白かったです。
    見終わった後しばらくあのテーマソングが頭から離れませんでしたw
    ゲームの方も評判が良かったら迷わず遊んでみたかったんですが…。
    プレイアブルキャラが豊富なのはファンアイテムとして魅力的ですね。
    時間とお金に余裕が出来たら購入を検討しようかなと思っています。

  2. kentworld より:

    >mameさん
    映画版は僕も楽しめました。
    あのテーマソングはオリジナルがあるのか?
    と思うくらいキャッチーな曲ですよね。
    ゲーム版はゲーマーだと簡単すぎるかなぁ。
    プラチナトロフィーは簡単だと思いますけどね。
    あとはファンアイテムとしても良いと思います。

コメントする

内容をご確認の上、送信してください。

関連記事

アスラズラース【レビュー・評価】開発者が大暴走した作品
成長要素も存在する、昔ながらの骨太アクションゲーム!光神話 パルテナの鏡 レビュー
マーダード 魂の呼ぶ声【レビュー・評価】化ける可能性はあったコスパが低い意欲的なアドベンチャーゲーム
親切さと粗さが融合したゼルダ カメオ:エレメンツ オブ パワー レビュー
マリオカート8 デラックス【レビュー・評価】従来型マリオカートの決定版!
メタルギアソリッド ピースウォーカー【レビュー・評価】悪い意味でモンハンの影響を受けたゲーム
IA/VT-COLORFUL-【レビュー・評価】譜面はやや洗練されていないが、フォロワータイトルとしては十分な出来!
KNACK(ナック)【レビュー・評価】10時間以上遊ばせるには味付け不足
アサシンクリードIII レディリバティ【レビュー・評価】見かけ倒しの凡作
ファイアーエムブレム覚醒【レビュー・評価】現代のユーザー向けに覚醒!