2014/12/29/20:00 | 年末年始特別企画

2014年を振り返る!個人的に今年印象に残ったゲームニュースTOP20

2014年も大量のゲームニュースを取り扱いました。
そこで、今回の記事では個人的に印象的だったゲームニュースを
ランキング形式で紹介していきたいと思います。
果たして1位になったのはどんなゲームニュースだったのか!?

7
20位 「ロデア・ザ・スカイソルジャー」が再始動!

2011年に発表されて以来音沙汰のなかったWii/3DS「天空の機士ロデア」。
発表当初から気になっていましたが、一向に続報が公開されず、お蔵入りになる可能性がありました。
しかし、11月に「ロデア・ザ・スカイソルジャー」として再始動することが発表。
無事に発売日も決まって、発表から4年経ってようやく発売されそうです。

87f4eaee.jpg
19位 絶体絶命都市が復活!

2011年の東日本大震災によって発売中止が発表されたPS3「絶体絶命都市4」。
シリーズ最新作だけではなく、過去作品の販売も停止され、シリーズが完全に終了してしまいました。
ところが今年の12月に突如復活を遂げ、来年秋にシリーズ最新作の発表。
過去作品の販売再開が発表されました。
個人的には特別思い入れがあるわけではありませんが、シリーズの復活は嬉しい限り。

105
18位 日本マイクロソフトXbox事業の泉水さんが退任

日本のXbox市場で顔と言われていた泉水さんが11月に退任を発表しました。
8年間もXbox事業を仕切っていた人で、
インタビュー記事でも度々顔を出していただけに、寂しい気持ちでいっぱいです。
XboxOneも絶不調ですし、来年以降のXbox市場が心配でなりません。

45
17位 岩田社長が体調不良に

任天堂の岩田社長が体調不良によりE3や決算発表会など重要なイベントを欠席してしまいました。
それから3ヵ月ほどして復活を遂げたものの、
お顔を見る限りではやせ細っており、心配せずにはいられません。
任天堂の業績は一向に改善されませんし、
2014年は任天堂にとってあまり良い年ではありませんでした。

170
16位 フロム・ソフトウェアがKADOKAWAの子会社に

手堅いヒットを連発しているフロム・ソフトウェアが、
KADAKAWAに買収されて100%子会社化しました。
現時点では大きな変化を感じられませんが、
コーエーテクモ&ガストのようにそう遠くないうちに両社のコラボが見られそうです。

152
15位 SCEとフロム・ソフトウェアのタッグ再び!PS4「ブラッドボーン」が発表!

SCEとフロム・ソフトウェアがタッグを組んだ作品として有名なPS3「デモンズソウル」。
あれから5年、再びタッグを組んだ作品としてPS4「ブラッドボーン」が発表されました!
「デモンズソウル」の流れを組んだ作品としては「ダークソウル」シリーズがありますが、
こちらにはSCEは関わっていません。それもあってか「デモンズソウル」ほどは評価されていません。
今回の「ブラッドボーン」はどうなるのでしょうか?

103
14位 小島監督による「サイレントヒル」シリーズ最新作が発表!

かつて人気だったホラーゲームの「サイレントヒル」。
最近は海外外注になってしまい、あまり高く評価されていませんでした。
このまま他のコナミシリーズのように消えてなくなってしまうのか?

そう思われた時に「メタル ギア ソリッド」の
小島監督による「サイレントヒル」新プロジェクトが発表されました!
詳細はまだ不明ですが、本作のティザー体験版となる「P.T.」がPS4向けに配信され、
その難解なゲーム内容は全世界で話題になったものです。

3
13位 3DS「ポケットモンスター オメガルビー/アルファサファイア」が発表&発売

2002年に発売されGBA最大のヒット作となった「ポケットモンスタールビー/サファイア」。
以前からリメイクの噂がありましたが、今年の5月についに発表!
11月には発売され、大ヒットを記録しました。
前作以上に大人ユーザーをターゲットにしたプロモーションも印象的でしたね。

165
12位 Newニンテンドー3DSが発表!

ニンテンドー3DSの2年ぶりとなるマイナーチェンジハードが8月に発表。
10月には発売され、マイナーチェンジハードとしてはDSシリーズ最高のスタートとなりました。
今回のマイナーチェンジ機は3Dブレ防止、専用/対応ソフト、きせかえプレート、
処理能力の向上、ボタン追加などパワーアップポイントが多く、それが売上アップに繋がったようです。
専用ソフトが発売される来年以降の展開も注目ですね!

130905-0742-36
11位 任天堂が健康事業参入を発表

今年の1月、任天堂が健康事業参入を発表しました。
第1弾は睡眠計測デバイスになるようです。まだ具体的な発表はあまりなく、ピンと来ませんが、
ピークを過ぎたWii Uや3DSの穴埋めを果たさなければならない事業のハズで、
本格的に始動する来年以降の動向に注目したいところです。

大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U
任天堂 (2014-12-06)
売り上げランキング: 7

ポケットモンスター アルファサファイア
任天堂 (2014-11-21)
売り上げランキング: 4

ここからはTOP10を発表します!





206
10位 3DS「ポポロクロイス牧場物語」が発表!

PS1~PS2時代に人気を博した「ポポロクロイス物語」シリーズ。
長年シリーズ展開がありませんでしたが、
9月に「牧場物語」とのコラボレーションタイトルを発表!
しかも対応ハードはニンテンドー3DSということで、非常に意外性がありました。
個人的に「ポポロクロイス物語」には思い入れがないけど、意外性によってこの位置にランクイン。

168
9位 「デビルズサード」がWii Uで発売決定!

2010年にE3で発表された「ニンジャガイデン」シリーズの
板垣さんによるプロジェクト「デビルズサード」。
その後紆余曲折によってなかなか発売することが出来ず、
開発中止になる恐れもありましたが、任天堂が拾ってくれたようで、
対応ハードをPS3/Xbox360からWii Uに切り替えて発売されることが決定しました。

非常に残虐描写が強いタイトルで、
Wii Uや任天堂のイメージとは似ても似つかないだけに、
このニュースも非常に意外性がありました。
果たして全世界のWii Uユーザーにどう受け入れられるのでしょうか?

69
8位 サガシリーズ最新作がPSVITAで発売決定!

かつてはスクウェア・エニックスの看板タイトルとして人気を博していた「サガ」シリーズ。
最近はずーっとリメイクばかりで、そのリメイクも発売が途絶えていました。
そのためファンからはずっと新作を切望する声が止みませんでしたが、
今年の12月にシリーズ最新作がPSVITAで発売されることが決定。

このシリーズも特に思い入れはありませんが、
シリーズ最新作が発表される前にはブラウザゲーム、ソーシャルゲーム、
そして佐賀とどうでも良い企画が発表されていただけに、この復活劇は印象的でした。

150
7位 3DS「ゼルダの伝説 ムジュラの仮面3D」が発表!

2000年にN64で発売され大ヒットを記録した「ゼルダの伝説 ムジュラの仮面」。
本作が15年の時を超えてニンテンドー3DS向けにリメイクされることが決定しました!
「時のオカリナ」が3DS向けにリメイクされていたので既定路線でしたが、
4年も期間が空いていただけにこのタイミングで発表されるとは!?
シリーズで一番好きな作品だけに、嬉しかったですね。

161
6位 Wii U「ゼルダの伝説」シリーズ最新作が発表

当初から発売されると言われていたWii U向けの「ゼルダの伝説」。
今年の6月、ついにその姿を表しました!
シリーズ最新作はオープンワールドになるようで、次世代のゼルダを楽しめそうです。
発表自体は既定路線ですが、オープンワールド化は嬉しい発表でテンションが上がったものです。

192
5位 XboxOneの発売日が決定!国内展開も明らかに

海外では2013年末に発売されているのにも関わらずなかなか国内展開が見えてこなかったXboxOne。
春頃から徐々に国内向けの展開が発表され、9月4日に発売されました。
しかし、Xbox360時代のような攻めの姿勢はほとんど感じられず、
日本向けの有力タイトルはニッチなアドベンチャーゲーム数作のみ。販売本数も非常に厳しく、
各メーカーの対応も良いものではなくて、非常に肩身の狭い状況となっています。

198
4位 PS4/PS3「ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城」が発表!

ここ最近は任天堂ハードで展開されていた「ドラゴンクエスト」シリーズ。
そんな「ドラゴンクエスト」シリーズのアクションRPGがPS4とPS3で発売されることが決定!
派生作品とは言え、最先端のグラフィックで描かれている点。
最近は手薄だったPSハードで発売される点。それによる「おかえりなさい」発言。
PS4の限定本体が発表された点など、話題性は本編並だったと思います。
果たしてPS4のキラータイトルになれるのか注目したいところです。

134
3位 PS4が発売!序盤は良かったものの…

海外に遅れること約3ヵ月。日本でもようやくPS4が発売されました。
発売週の売上はWii Uをやや上回る出足で好調でしたが、その後すぐに失速。
現在はPS3すらも下回る販売ペースで、好調な海外とは対照的に厳しい状況となっています。
しかし、来年は国内メーカーも積極的にPS4向けの新作を発売するだけに、
PS4にとってはまだまだこれからといっても良いでしょう。果たしてどれだけ巻き返せるのかどうか。

146
2位 3DS/Wii U「大乱闘スマッシュブラザーズ」が発売!

2011年に発表されて以来、なかなか発売されなかった3DS/Wii U「大乱闘スマッシュブラザーズ」。
春頃にようやく大まかな発売スケジュールが明らかになりました。
スマブラシリーズは元々任天堂据え置き機の起爆剤として展開されていただけに、
Wii U版を少しでも売って行くのかと思いきや、まさかの3DS版先発でWii U版は後発という結果に。

これによってWii U版は売れなくなってしまうのでは?
と当ブログのコメント欄では議論になってしまいました。
結果的には3DS版がシリーズ最大級のヒットになった反面、
Wii U版は予想通り需要を取られてしまい、本体を牽引することも出来ず、
任天堂自らがWii Uの足を引っ張ってしまいました。

222221
1位 3DS「妖怪ウォッチ2」が発表&発売

1月に放送が始まったTVアニメによってジワジワと人気が上昇していた「妖怪ウォッチ」。
春頃からは社会現象となり、そんな中で続編の3DS「妖怪ウォッチ2」が発表されました。
当然のように前作とは比べ物にならないくらいの大ヒットを記録。
あの「ポケットモンスター」シリーズすらも上回る勢いを見せました。

その後も勢いは衰えることなく、年末には劇場版の公開。
妖怪ウォッチ2」の別バージョンを発売してブームはさらに加熱。
ゲームだけではなく、アニメ、映画、音楽業界すらも支配しました。


こうして振り返ってみると、今年は復活を遂げたシリーズが多いですね!
中には思い入れのないシリーズもありますが、日の目を見られるのは嬉しいことです。
まだまだ眠ってしまったシリーズ作品は多いだけに、2015年になってもこの流れが続いて欲しいですね!

※何か分からないゲーム用語を見かけたらこちら をご覧ください。

【人気ブログ】( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)【ランキングへ】
6646e5e1.gif

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(16)

  1. Ryou より:

    >Newニンテンドー3DSが発表!
    あれ?このニュースは意外と低いんですね。
    個人的には専用タイトルに期待してるので
    その先陣を切るゼノブレを早く発売しておくれ。
    >3DS「ポポロクロイス牧場物語」が発表!
    今年はこれに全て持ってかれたなーw何てたって関連作が10年もの間
    (家庭用で)何にもでてなかったもんですからね。
    (おかえり云々はこっちに言うべきことだと思う。)
    発売は決算から来年3月になるとみられてますけど、
    現段階での情報の少なさをみると来期(4月)以降になるのかも。
    >「デビルズサード」がWii Uで発売決定!
    ベヨ2やもそうですがこういった流れは続いてほしいもんですね。
    長らくシリーズが途絶えてるゲームとかもありますしね。

  2. koji より:

    今年はポポロクロイス牧場物語の発表が自分にとってはナンバーワンのゲームニュースでした。
    しかもピノンじゃなくピエトロ主人公だっていうんだから、期待度はさらに上がっています。
    ムジュラの仮面3Dは、時のオカリナが3DSでリメイクされているので、順当といえば順当ですね。
    我が儘を言わせてもらうと、時のオカリナもムジュラの仮面も、どちらもWii Uでリメイクしてもらいたかったというのはあります。
    ドラクエヒーローズの発表も大きなニュースでしたね。
    こうなると、ナンバリング最新作がどのハードになるかが俄然気になります。
    ドラクエナンバリング最新作がどのハードになるのかがブックメーカーの賭けの対象になるのも近そうです。
    妖怪ウォッチは2作目で大爆発しましたね。
    真打はうちの甥っ子も欲しがっていますけど、まだ買えていないようです(^_^;)

  3. ファニー より:

    サガ新作発表された時、本当に驚きました!
    ニコ生で視聴してたんですけど、
    最後に、今までのシリーズの振り返る映像が
    流れてきてみんなもう、新作の発表は無いな
    と思ってた所にそしてと言う文字がその後に
    SAGA2015仮称PSVITAて出て感動しました!
    まだ、ニコ生のタイムシフトで見れるので、
    皆さんも観てみたらどうでしょうか。

  4. MGMの名無し より:

    個人的に一番印象的だったのはドラクエヒーローズでしたね
    例えば新ハードが発表されるっていうのは周期的に予測が付く出来事ですが、
    ドラクエヒーローズに関しては全く突然でビックリしました。
    もう二度とPSハードで出ることのないタイトルだと思ってたので。
    妖怪ウォッチは子供とか子を持つ親が盛り上がるのは分かるんですけど、
    そこに乗っかる大人はTVとか見てても何か違うような気がしちゃいます。
    予想がつかない出来事で言ったらデビルズサードがWiiUで発売は衝撃的でしたw
    任天堂もコアゲーマー層が欲しかったのは分かるんですけど何でコレなんだw

  5. MGMの名無し より:

    自分は子供向けのゲームはあんまり興味ないので妖怪ウォッチとか正直全くわからず ランキングみても???って感じでしたw
    業界として一番の驚きはやっぱりDQHですかねー

  6. KUMA より:

    PS4/XB ONEの両新ハードが出た割にはまるで盛り上がりがなく、WiiUはマリカ・スマブラのいずれもが殆ど本体普及に貢献できず、順当にシリーズ物新作は楽しめましたが前述のマリカ8やVitaの俺屍2など個人的に楽しみにしてた新作には出来の面で期待を大きく裏切られガックリ…。
    妖怪ウォッチ・ポケモン・モンハンなど局所的に爆発してはいますけど売れる売れないの二極化が進み、全体的にはソフトのリリース数が順調に(?)右肩下がり。売れなきゃ新作も出てくれませんのでゲーム好きにとってはあんまり良い一年とは言えなかった気が。
    2015年は特定のソフトだけでなく、もうちょっと幅広く盛り上がってくれると良いんですけども。
    余程のゲームマニアでないとそもそも据置機を買わない…といった流れが定着してしまった現在、WiiU/PS4/XB ONEのいずれもが『国民機』の域はおろか前世代のWii/PS3の数字さえ到達は困難な気がしますんで、2015年以降も暫くは明るい話題はなさそうです…けど、期待してない分、予想外の盛り上がりを見せてくれると嬉しいですね。

  7. MGMの名無し より:

    やはりドラクエHの発表でしょう
    後から見たら、ゲーム機シェア戦争はこの発表がターニングポイントだった、と言われてるかもしれませんね

  8. kentworld より:

    >Ryouさん
    Newニンテンドー3DSは気になったニュースを
    入れ替えてランキングを作っていたらこの位置になってしまいました。
    専用ソフトの話題、全然聞かなくなったなぁ。
    ポポロクロイス牧場物語はRyouさんにとっては超朗報でしたね!
    発売はいつになるのでしょうか?なんか少し延びそうですよね。
    マーベラス的にはカグラがありますし、
    来年度のタイトルになってもおかしくはありません。
    デビルズサードは驚きました。
    ベヨネッタ2を購入した層を囲い込めるかに注目ですね。

  9. kentworld より:

    >kojiさん
    ポポロクロイス牧場物語は良かったですよね!
    個人的にもピエトロ王子がこのシリーズではしっくりくるので、
    イメージイラストを見て本当に帰ってきたんだなと思いました。
    ゼルダリメイクはいずれもリマスターに近いですよねぇ。
    N64ソフトなので3DS向けの方が違和感無いんだと思いますが、
    HDで再現されたバージョンも気になりますね。
    ドラクエヒーローズは外伝作なのに、
    本編のナンバリングがどうなるのかも含めて話題になりましたね。
    来年には本編の対応機種もわかると良いのですが。
    妖怪ウォッチは個人的にはさほど楽しめていませんが、
    記事で紹介する機会が多く、嫌でも印象に残っています。

  10. kentworld より:

    >ファニーさん
    サガシリーズの新作発表はすごかったですね!
    発表のタイミングが非常にファンをやきもきさせることも含めて印象的でした。
    あれはファンだったら涙ものですよ。
    もう一度チェックしてみようかな、情報ありがとうございます。

  11. kentworld より:

    >MGMの名無しさん
    ドラクエヒーローズはかなり意外な発表でした。
    話題性もかなりあるだけに、これがどれだけ売れるのか気になります。
    この盛り上がりを見ていると、50万本程度では物足りないです。
    妖怪ウォッチは意外と大人も楽しめるネタが多いのですよ。
    思わず「これ、懐かしい」と感じてしまう要素が色々あるので、
    隠れ大人ファンがいても無理はないと思います。
    でも、イベントなどで子供の邪魔をしてはいけませんね。
    デビルズサードは本当に予想外でした。
    あまり売れないでしょうが、衝撃度は凄かった。

  12. kentworld より:

    >MGMの名無しさん
    >自分は子供向けのゲームはあんまり興味ないので妖怪ウォッチとか正直全くわからず ランキングみても???って感じでしたw
    このブログは個人的な趣向以外にも
    業界の動向をゲーム情報やランキングなどで追っているので、
    そんな中で「妖怪ウォッチ」は無視したくてもできない状況なのですよ。
    それだけ、今年はこのコンテンツが市場を支配していました。
    多角的に見た結果、このようなランキングになりました。

  13. kentworld より:

    >KUMAさん
    今年は据え置き機にとって厳しい一年でしたね。
    ですが、来年はようやく本領を発揮したタイトルが色々出ますので、
    市場の売上はともかく、いちユーザーとして楽しみたいです。
    出来れば売上もついてきてほしいところですけどね・・・
    日本ユーザーの元気もなくなってきているだけに、
    期待に応えられる売上が出てくるのかどうか。
    ソフトの発売本数に関してはそろそろ歯止めがかかっても良い頃だとは思っています。
    でも、セガなどはさらに発売タイトルを減らすという話もあって、
    まだこれからも減っていくのかなー?と思ったりも。
    インディーズゲームによって少しでも壁を低くして欲しいんですけどね。

  14. kentworld より:

    >MGMの名無しさん
    >やはりドラクエHの発表でしょう
    予想以上にこれを挙げる人が多いですね!?
    本当に本編並みの話題性だったと思います。

  15. みっこ☆ より:

    Kentさん、お疲れさまです。
    個人的に今年一番のニュースだったのはやはりSAGA2015でしたね。このシリーズは本当に好きなので、放送の最後の最後にVita新作と発表されたときと視聴者の拍手コメントの嵐は非常に印象的でした。
    その放送でも宣伝がありましたが、ファミ通をSAGAの特別小冊子目的で久しぶりに購入しましたよ。ちなみに小冊子の内容は思い出に残ったキャラやイベントのランキング等も乗っていて楽しめました。
    他のコメントを参考にするとやはりポポロクロイスとドラクエに人気が集中していますね。
    ポポロクロイスはこれでもかとばかりに特大の手提げ袋をTGSとジャンプフェス両方で配っていましたが、潜在ユーザー層は多そうな3DSで売れると良いですね。
    ドラクエの方はジャンプフェスのプレイアブル体験版が30分待ちと意外とも言えるほど閑散としてました。(私も体験してきました。)ゲームに対して直接的な関心の薄そうな人も集まるイベントでも注目されてこそのドラクエですから、もう少しPS3版が出ることもアピールしても良かったかも?と思えてしまいます。

  16. kentworld より:

    >みっこ☆さん
    スクエニは最後の最後で大きな爆弾を投入しましたよね!
    GB世代のみっこ☆さんにとって、
    サガシリーズには大きな思い入れがあると思います。
    それが好きなゲーム機で発売となったらたまらないでしょう!
    ファミ通でも小冊子で特集を組んでいましたね。
    今まであまりスポットが当たっていなかったシリーズだけに、
    あの特集は貴重なものになると思います。
    ポポロクロイスは東京ゲームショウで
    大きな宣伝効果になったと思います。
    あれは何気に費用対効果が良いプロモーションなんじゃ。
    ジャンプフェスタって意外と空いているんですよね。
    ゲームファンにとっては大きな穴場イベントだと思います。
    僕も去年参加したんですが、
    人気タイトルでも意外なくらいアッサリと並べました。
    ですので、ここでの混み具合によって
    前人気を計るのは難しいと思っています。

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

関連記事

IA、シャンティ、クワイエット、アリーシャ、シオカラーズ、他2015年マイベストゲームヒロイン
2015年を振り返る!個人的に今年印象に残ったゲームニュースTOP20
隠れた良作の宝庫!2015年マイベストダウンロードゲーム
なんと1位が2タイトル!?2015年マイベストゲームランキング(パッケージタイトル編)
パルテナ様、キトゥン、伏見 雛 、焔、他2012年マイベストゲームヒロイン
自分の中では大きな移行があった1年だった!2014年に購入した新作ゲームを振り返る!
Wii Uゼルダ最新作、アンチャーテッド最新作、FFXV、他2015年期待のゲーム
今年もやります!2014年の年間ゲームソフトランキングTOP100レビュー
ニンテンドースイッチの発売日は3月18日?年内に180万台を販売?2017年のゲーム業界を大予想
大激戦を制したのはあのタイトル!2013年マイベストゲームランキング