2016/05/15/12:00 | 隠れた名作・良作発掘!

これはこれで面白い!風のクロノア 夢見る帝国をやってみた!

175

風のクロノア 夢見る帝国

2001年7月にゲームボーイアドバンスでひっそり発売された作品です。
風のクロノア」シリーズといえば据え置き機版の印象が強く、
立体的な2Dアクションゲームとして知られています。
それだけに3D描写を苦手とするゲームボーイアドバンス版は劣化版と見られがちですが・・

いや~、これはこれで面白いですよ~!

今回の記事ではGBA「風のクロノア 夢見る帝国」の感想を書いていきます。

▼パズルアクションゲームに変貌!

54

「風のクロノア」シリーズ本編は、立体的なグラフィックが特徴的な2.5Dアクションでした。
一方、ゲームボーイアドバンス版は完全に2Dアクションとなっており、
その代わりパズル要素が強まっています。

元々「風のクロノア」シリーズってパズル的な要素はあったけど、
本作では各ステージに隠された3つのアイテムを
探さなければゴールの扉が開かないルールが追加されており、
迷路のようなフィールドをグルグル回って探索するような形になっていました。

▼敵を利用したアクションは健在!

55

「風のクロノア」シリーズといえば、敵を利用したアクションが特徴となっています。
敵を持ち上げた状態でジャンプして地面に叩きつけると二段ジャンプが出来たり、横に投げたり。
通常ジャンプでは届かない足場へ飛ぶ時や遠くのスイッチを作動させるには
これらのアクションが必要不可欠で、頭を使うのですよ。

先のステージになっていくとこれらのアクションを応用したギミックが色々出てきて、
例えば持ち上げた状態で一定時間経つと爆発する敵、
敵やブロックを投げると指定の方向に向かって飛んでいくギミック、
ブロックで塞げる上昇気流などを利用しなければならず、本編以上に頭を使うようになっていきます。
その結果、演出面では劣りますが、本編との差別化に成功していますね。

▼息抜き?ステージも収録!

53

パズルばかりだと疲れてしまう!そう思ったのか、
各ワールドにはシリーズではお馴染みのスノーボードステージ、
そしてアクション性が高い強制スクロールステージが1つずつ用意されています。

スノーボードステージは本編ほどではないものの、
スピード感があってあっという間にゴール出来てしまいますね。
ですが、ステージに散らばっている「夢のかけら」をすべて取ることを目標にしてプレイすると燃えます!

強制スクロールステージは息抜きにしては結構ハードかも。
時には敵を利用したジャンプアクションを連続して使用しないといけませんからね。
本作は残機数システムを採用していますが、
残り人数が減るのはこのステージと後述のボスステージが大半かも。

▼ゲームボーイアドバンスの限界に挑戦したボスステージ

52

ボスステージは、ゲームボーイアドバンスの拡大・縮小機能をフルに活用していました。
その影響で少々ドットが粗いものの、通常ステージにはなかった迫力を感じられて、
息抜きステージと相まって良いアクセントになっていますね。

ボスの攻略法は本編と同じくちょっと頭を使うようになっていて、
プレイヤーが弱点を探す形になっています。
いずれのボスも3回ヒットさせたらクリアなので、割とお手軽。
しかし、主人公の体力も3固定なので、難易度は決して低くないですよ。

▼もっと欲しい息抜き要素&物足りないBGM

56

確かにアクセントとなるステージは色々と用意されているものの、個人的にはもっと欲しかった。
スノーボードステージ、強制スクロールステージ、ボスステージ共に
通常ステージと比べるとアッサリしているため、頭を使う場面の方が圧倒的に多いんですよ。
特に各ワールド序盤はパズルアクションステージを3つ続けてプレイする事になるうえ
先のワールドになるほどパズルが複雑化するため、「もう、頭が疲れたよ」となりがちです。

あと、シリーズのウリとなっているBGMも今回は弱かったですね。
爽やかに感じるBGMも妙なボーカル付きのBGMもなく、
全体的に淡々としており、しかも憂鬱で暗めの曲が多く感じられました。
もう少しBGMの主張が激しかったらパズルアクションも疲れずプレイ出来るのになぁ。


51

全体的には本編には無い良さを感じる作品でした。
頭を使う場面が増えているため本編よりも好みは分かれると思いますが、
携帯機との相性は良い作品で、これはこれでアリだと思います。

ちなみに本作は発売週に1.5万本を売り上げ、7位に初登場したそうです。
ゲームボーイアドバンス本体と同時に発売されて埋もれてしまった
PS2版と比べたら順位は健闘していますが、初動売上は半減しており、
この頃から「風のクロノア」ブランドは危うかったんですよねぇ。

風のクロノア ~夢見る帝国~ <ゲームボーイアドバンス> [オンラインコード]” style=”border: none;”></a></div>
<div  class=
バンダイナムコゲームス (2014-11-13)
売り上げランキング: 673

※何か分からないゲーム用語を見かけたらこちら をご覧ください。

【人気ブログ】( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)【ランキングへ】
6646e5e1.gif

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(2)

  1. hachi より:

    発表当時は『またクロノアとヒューポーコンビが見れる!』と喜んでました。
    1と2の間に出たワンダースワンのやつも本作に似てパズル要素の強い作品らしいですね。ちょっとやってみたい……
    WSは他にもやりたいソフトが色々あるんですよね。VC配信はよ!
    これより後の作品はクロノアシリーズとして見るとコレジャナイ感の強いものばかりで、
    1や2が好きだった人ほど離れていった感じがありますね。自分は好きでしたけども(但し、ビーチバレーは除く)。
    シリーズ最後の作品となってしまった『クロノアヒーローズ』ではタイトル画面で流れる(クロノアが歌う)主題歌が印象的でした。
    残念ながら、ファントマイル語ではありませんが(笑)
    それとゲームとはまったく関係ないのですが、当時、別冊コロコロコミックで始まったクロノアの連載漫画が
    ギャグ漫画&主人公のクロノアがアホ、かつ『~のだ』口調とこれまたコレジャナイ感の強いもので、
    子供ながら「これは今すぐに連載をやめてほしい」と思いながら読んでいた記憶もあります(笑)
    その作者の前の漫画『チョコボのふしぎものがたり』はすごくよかったのになぁ……(それだけに尚更ショックでした)

  2. kentworld より:

    >hachiさん
    当時からクロノアファンでしたか!
    僕は他のゲームに夢中でこのゲームにはほとんど目を向けなかったんですよ。
    ワンダースワンのゲームは何らかの形で日の目を見て欲しいですね。
    このまま眠らせておくのは勿体なく感じています。
    この作品以降のクロノアは迷走していましたねw
    何故か本編を出さず、スピンオフばかりだしていた印象です。
    コロコロコミックの漫画は少しだけ読んだ記憶が。
    ナムコが好き放題やらせたんでしょうかね?
    自由な発想で漫画を描く事も大切ですが、
    ある程度の監修は必要だと思いました。

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

関連記事

なんじゃこの面白さは!?怪盗スライ・クーパーをやってみた!
ゼルダ!メトロイド好きはおススメ!シャンティ-海賊の呪い-をやってみた
取っつき悪いが、慣れると凄い魅力的!ディスオナードをやってみた!
最悪なタイミングでの発売で埋もれてしまった風のクロノア2 〜世界が望んだ忘れもの〜をやってみた!
日本兵が敵として登場するFPS!コール オブ デューティ ワールド・アット・ウォーをやってみた!
これは本当に隠れた良作かも!?ボクは小さいをプレイしてみた!
何故当時買わなかったのか!?プレミア価格で取引されているレアソフト、ロックマンX8をプレイしてみた!
今までソニックをあまり楽しめなかった僕でも楽しめた!ソニック ジェネレーションズ 白の時空をやってみた!
こんなゲームをやってみたかったんだよ!バットマンアーカムシティをプレイしてみた!
こんな謎解きゲーム大好き♪宝島Z バルバロスの秘宝をやってみた