2015/03/03/12:00 | ゲームレビュー

マリオパーティアイランドツアー【レビュー・評価】お手軽さと薄さを履き違えたパーティゲーム

173
マリオパーティ アイランドツアー/3DS

2014年3月に発売された3DS「マリオパーティアイランドツアー」を今回はレビューします。
3DS「マリオパーティアイランドツアー」は携帯ゲーム機では3作目となる
マリオファミリーが登場するパーティゲームです。

良いところ

328
ボードマップごとに異なるルール

本作には全部で7種類のボードマップが用意されています。
これまでの作品では基本ルールを変えず背景やギミックを変えたものでしたが、
今作では根本的なルールも異なっていました。

例えばアイテムを使ってゴールを目指したり、穴に隠れながらゴールを目指したり、
ブースターを集めて一気にゴールまで進めたり。
さらにはゴールしたら負けというアベコベすごろくまで!?

ユニークなルールが満載で、どれも新鮮な気持ちでプレイ出来ます。
ただ、ボードマップの中には3~4人専用のものがあるので、
多くの方にとって実際には6種類しか用意されていないようなものなんですけどね。

327
多彩なミニゲーム

今作には80種類の新作ミニゲームが収録されています。
その中にはジャイロセンサー、マイク、ARカード、タッチペンを使ったものが収録されており、
ニンテンドー3DSの機能を活かしていると思いました。

ミニゲームのジャンル自体も多彩で、
アクション、テクニック、スピード、運・集中力、頭脳・パズル、ボスとバラエティに富んでおり、
見た目のカラフルさと相まってゲーム画面を並べてみるとワクワクします。

329
1つのカードで4人まで遊べる

本作はゲームソフト1本で最大4人で同時プレイが楽しめます。
ボードゲームだけではなく、ミニゲームで対戦も可能なのが嬉しいですね!
このゲームを持っていれば、人が集まった時に重宝すると思います。しかし・・・(個人的に合わない&気になったところに続く)

個人的に合わない&気になったところ

330
リプレイ性が低いボードマップ

一部のボードマップを除き、全体的に薄くてアッサリしていました。
「え?これで終わり?」と言いたくなるほど。
僕が触ってきた「マリオパーティ」のボードマップは、
どれも5回は遊べるほどリプレイ性・密度がありました。
しかし、今回の「アイランドツアー」はイベント数が少なく、
どのボードマップもすぐに終わってしまうほどの薄さ。

具体的に言わせていただくと、以前の「マリオパーティ」は広大なボードマップをグルグル回り、
コインを集めて「スーパースター」と交換して行く内容でした。
それが今作ではサイコロを振ってスタートからゴールを目指すオーソドックスなスゴロクに変わっており、
そこに独自ルールを加えたものになっているんです。この変更自体は良いと思うんですが、
いかんせんスタートからゴールまでの全長が短く、イベント数も少な過ぎて2度もプレイしたくありません。

携帯機に合わせてサクッと遊べるのは良いんですが、
1つ1つの内容を薄くするんだったらボードマップの種類を倍増させても良かったと思います。
ボードマップが7種類って、従来のシリーズ作品と同じくらいですから。

78
1人用が物足りない

「マリオパーティ」シリーズと言えば1人用のやり込みも色々ある事で定評があります。
でも、今作ではひたすらミニゲームをクリアして行く「クッパタワー」と
10種類のミニゲームを連続プレイしてタイムアタックに挑戦するモードしか用意されておらず、
各ボードマップをクリアして行くストーリーモードはありません。もちろんオンライン対戦も。

「クッパタワー」に関しては5つクリアする度に
ボス戦と戦うミニゲームが挿入されるのは良いと思いました。
そのミニゲームも「スーパーマリオギャラクシー」のボス戦を少し劣化させたくらいのクオリティで、
それなりに良く出来ていると思いましたしね。

しかし、数時間でクリア出来てしまうので、これをメインにするのは厳しいです。
やり込み要素としてはマリパポイントを集めて
各種ミュージックやキャラクターボイスをゲット出来るのですが、
余程のファン以外は集めても嬉しいものではありません。

一応、コンピューターとボードマップで遊ぶことは出来るのですが、
ストーリーもなく遊ぶのは非常に淋しいです。
相変わらずテンポが悪く、自分のターンになるまでの待ち時間が長いので、
その間がただひたすら虚しくてつまらない。

77
ミニゲームが多すぎる

ミニゲームはこれまで通りボードマップの合間にプレイすることになります。
しかし、多くのボードマップでは少ないターン数で終わってしまい、リプレイ性が低いので、
ミニゲームの種類は多過ぎるように感じました。
ここにリソースを割くのであれば、別のところに割いても良かったんじゃ?

80
ダウンロードプレイでしか楽しめない

このゲーム、1つのカードで楽しめるのは良いのですが、
ダウンロードプレイにしか対応していないので、人数分のカードを持っていても意味がありません。
つまり、対戦する時は毎回、ダウンロードデータを送る待ち時間が発生するんですよね。

もしかして、ダウンロードプレイでしか遊べない仕様だから
ボードマップをアッサリな味付けにしているのでしょうか?
対戦ゲームとして面白くないので、1回遊んだらその人は嫌がって対戦してくれなくなってしまいますよ。


見た目こそは据え置き機版レベルになりましたが、内容の方は悪い意味で携帯機らしい薄さ。
この薄さをお手軽と捉えるかで評価も変わってきそうですが、
僕は単に薄いだけと捉えてしまいました。お手軽さと薄さを履き違えたパーティゲーム。

こんな人には特におススメ。
・短時間でパーティしたい人。

こんな人にはおススメできない。
・1人で遊びたい人。
・長く遊べるパーティゲームを求める人。

マリオパーティアイランドツアー/お気に入り度 ★★★★☆☆☆☆☆☆ 星4個
プレイした時間・・・約8時間
※当ブログでこれまでにレビューしたタイトルの一覧はこちら をご覧下さい。

※何か分からないゲーム用語を見かけたらこちら をご覧ください。

【人気ブログ】( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)【ランキングへ】
6646e5e1.gif

タグ ,

おすすめ記事

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(2)

  1. ぷにぷに より:

    昔はよく友達の家でマリオパーティやってました。あれはとても面白かったんですが、少し困ったことがありまして、1ゲームがそこそこ長いんですよね。
    道中のイベントもたくさんあり、止まったマスによってはミニゲームが始まったり、そしてターン毎のミニゲームもある。ミニゲーム前には練習が必要だったりする(これが意外と時間を食ってた気がw)。
    この一連の流れを20回繰り返すわけですよね。ターン数を短くすれば確かに早く終わるんですが、そうすると試合があまり派手に動かず面白くないので、いつも20ターンくらいでやってました。
    今回の3DSマリオパーティは薄味だったようですが、やはりマリパをお手軽にやるのってルール上難しいんですかねぇ。

  2. kentworld より:

    >ぷにぷにさん
    マリオパーティは据え置き機で遊んでこそなのかもしれません。
    確かに盛り上がるためには1プレイの時間をある程度長くしなければならず、
    それは携帯機ではなかなか環境を整えにくいですから。
    今作の場合は内容が薄いのもありますが、
    一番は面白く調整されていないのが不満でしたね。

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

関連記事

風のクロノア door to phantomile【レビュー・評価】ステージの立体感と世界観が素晴らしい!
ボンバーマンヒーロー ミリアン王女を救え!【レビュー・評価】パッとしないボン作
ビッグスリー ガンシューティング【レビュー・評価】様々なガンシューティングからB級FPSまで楽しめるお得な作品!
みんゴル【レビュー・評価】スマホ向けに上手く落とし込んだお手軽で良質なゴルフゲーム
インファマス2【レビュー・評価】触って楽しいが追求された海外ゲーム!
トトリのアトリエ~アーランドの錬金術士2~【レビュー・評価】中毒性の高さと癒し要素が融合した理想的なキャラクターRPG
ルイージマンション【レビュー・評価】ルイージファン向けの作品
ソニック・ザ・ヘッジホッグ【レビュー・評価】任天堂も認めたマリオ最大のライバルがここに誕生!
ジェットロケット プラネットアドベンチャー【レビュー・評価】丁寧な作りだけど、何かが足りない
IA/VT-COLORFUL-【レビュー・評価】譜面はやや洗練されていないが、フォロワータイトルとしては十分な出来!