2015/05/20/20:00 | ゲームレビュー

Bloodborne(ブラッドボーン)【レビュー・評価】傑作になるポテンシャルを秘めた新しい高難易度アクションRPG

302
Bloodborne(ブラッドボーン)/PS4

2015年3月に発売されたPS4「Bloodborne(ブラッドボーン)」を今回はレビューします。

PS4「Bloodborne(ブラッドボーン)」はフロム・ソフトウェアとSCEがタッグを組んだ高難易度アクションRPGです。

2015年12月には完全版のPS4「ブラッドボーン ジ オールドハンターズ エディション」が発売。大型ダウンロードコンテンツ「ジ オールドハンターズ」のレビューはこちら

良いところ

中毒性が高い

BloodborneR_20150328022241

本作はPS3で発売された「デモンズソウル」や「ダークソウル」シリーズの流れを組んでいます。

つまり、ステージの奥に進んでボスを倒して行く高難易度アクションRPGで、各ステージはシームレスに繋がっていて、探索要素が強い作品です。

リアル寄りのモーション。ダークな世界観。文字フォント・デザイン。リスクが大きいゲームオーバー。ショートカットを作ってリスクを軽減させるステージデザイン。各地に隠されたアイテム。想像で楽しむストーリー。緩い繋がりのオンラインシステム。

過去に「ソウル」シリーズをプレイしていたら、同じような感覚でプレイできると思います。

中毒性の高さも健在でした。一見すると歯が立たないような敵の攻撃や仕掛けも覚える事で対処できるようになる絶妙なゲームバランス。そして、死んでしまうと経験値やお金の役割を果たす「血の遺志」をすべて失ってしまうリスクの大きさ。一度だけ死んだ場所へ向かえば回収出来る希望によって、ついプレイを続けてしまいます(今作では新要素として、 近くにいる敵を倒さないと回収できない場合がありますが)。

新たな戦略性が生まれた「リゲイン」システム

BloodborneR_20150328005730

これまでの作品では、敵からダメージを受けずに戦うには盾でガードするか、回避するしかありませんでした。

それが今作ではダメージを受けた直後に攻撃をすると少しだけ回復する「リゲイン」システムによって攻撃が防御の役割を果たすようになっています。

ダメージを受けたら慌てて逃げてしまいがちですが、めげずに反撃することで体力を回復させる事が出来るので、これまでとは逆の発想で戦えるのです!

もちろん、これまで通り回避しながらの戦いも可能なので、今作は「リゲイン」でゴリ押しするか、回避でやり過ごすのかを考える楽しさが加わりました。

スタイリッシュな戦い方が可能に

BloodborneR_20150327230629

「デモンズソウル」や「ダークソウル」シリーズは、全体的にアクションがモッサリしていました。

もちろん今作でもリアリティを追及するためある程度の重量感はあり、攻撃時やダッシュ、回避時に消費する「モンスターハンター」でいうスタミナゲージも存在するんですが、重さの概念が無くなったためこれまでの作品よりも動きが軽快になっており、回避能力が優れ、武器の形態チェンジや銃を使った戦いも楽しめるので、よりスタイリッシュになっています。特に狩人と戦っている時はたまりませんよ~。

自由度の高さ

BloodborneR_20150327214313

今作も様々なエリアがシームレスに繋がっており、広大なオープンワールドマップとなっています。

基本はどんどん奥へ進んでボスと戦っていく事になっていますが、用意されているルートは必ずしも1つではなく、複数あるので、自由度はかなり高いです。

これまでの作品と同じく隠し部屋、隠しエリアがあるので探索をする楽しさもありますし、幅広いキャラクタークリエイト、ステータスの割り振り、武器の選択も健在なので、プレイヤーによって攻略方法が用意されているといっても良いくらい。

さらに今作ではそれに加え、啓蒙(けいもう)システムがよりゲームを奥深くしていると思いました。

啓蒙はボスを倒すなどしたら上げる事が出来るんですが、高くなると敵の攻撃が激しくなったり、それまでは出現しなかった敵やキャラクターが出てくるので、同じ武器で攻略してもプレイヤーによって各エリアの印象が全く異なる事があります。

このように様々な要素によって攻略方法や難易度の印象が変わってきますので、周回プレイをする楽しさがあると思いました。

ちなみにシリーズではお馴染みの、装備や能力が引き継がれ、敵が強化された2周目も健在ですよ。

やり込み要素が強い聖杯ダンジョン

BloodborneR_20150329220111

今作ではランダムでフィールドマップやボスが変化する聖杯ダンジョンが存在します。

毎回違った体験を楽しめ、ちょっとしたハック&スラッシュ要素もありますので、やり込み好きは長く楽しめる事でしょう。

お気に入りのダンジョンをオンラインで公開する事も出来るので、気に入ったダンジョンは公開したり、他のプレイヤーが公開したダンジョンをプレイするのも面白いです。

作り込まれた世界観

BloodborneR_20150405153618

19世紀ヴィクトリア朝をベースにした、ゴシックの古い街並みを舞台とした「ブラッドボーン」。

その拘り抜いた世界観は素晴らしく、非常に作り込まれています。建物1つを見てもデザインに拘りを感じられますし、敵を攻撃して血を飛び散らせ、回復アイテムにしたり、お金や経験値にするという発想も凄い。

気持ち悪い敵が続出して、出血表現が激しく、生理的に受け付けないロケーションもあってこれまで以上に表現面で好みが分かれますが、世界観の作り込みという意味では徹底しており、アートとしても楽しめます。

さらに充実したネットワーク機能

BloodborneR_20150410160204

「デモンズソウル」や「ダークソウル」シリーズで好評だったオンライン要素はある程度踏襲しています。

床にメッセージを書いて他のプレイヤーと情報共有したり、見知らぬプレイヤーと対戦・協力したり。

さらに今作では待望のフレンドとの協力・対戦プレイが出来るようになりました!これまでの作品ではなかなか出来なかった事なので、これは嬉しい!

スポンサーリンク

個人的に合わない&気になったところ

ロード時間が長い

BloodborneR_20150326222624

リトライにかかるロード時間は、相変わらず気になりました。

死亡時のペナルティとしても約40秒のロード時間は長いです。

アクションゲームが苦手な人は死にまくってロード画面ばかり見る事になり、ストレスが溜まりまくって大変な事になるかもしれません。

PS4のメモリパワーで過去作品よりも短くなるどころか長くなっているので肩すかし。
※追記!アップデートによって5~15秒短縮されました。

拠点周りのインターフェースが煩雑

BloodborneR_20150326222710

拠点周りの煩雑さも変わらず。何故、わざわざ夢の世界まで行かないとレベルアップや武器の改造・修理、アイテムの購入が出来ないのか。

修正パッチが配信されたとはいえ、夢の世界へ出入りする度に合計40秒ほどのロード時間が発生するので煩わしい

あと、今作では回復アイテムは自給自足となっているんですが、「ダークソウル」シリーズのように拠点に戻ったら自動で補充される方が良かったなぁ。

自給自足となっている分回復アイテムは多めにストック出来るけど、無くなるたびに稼ぎポイントまでマラソンする事になり、時間の無駄に感じました。ロード時間が長いので尚更。

聖杯ダンジョンが単調

BloodborneR_20150329224600

聖杯ダンジョンはある程度プレイすると法則が分かり、単調さが出てきます。

構造は毎回変わりますが、ボス部屋のロックを外すスイッチを探してボスと戦うのを繰り返すだけなんですよね。

ボスのバリエーションもそんなにないですし、報酬となるアイテム、入手出来る経験値やお金もある程度の段階までは大してないので、あまり期待しない方が良いです。トロフィーコンプリートのためにはやり込み必須ですが。

相変わらず不親切

BloodborneR_20150327032735

ゲーム中にはほとんどヒントがなく、相変わらず不親切です。

手探り感が出てきて楽しいと感じられる事はありますが、単に不親切としか思えないことの方が多かった。

例えばレベルを上げる場所。啓蒙を消費出来るお店。オンラインマッチングのルール。啓蒙システムの解説。こういった初歩的な事ですらも教えてくれず、思わぬところで詰まってしまいます。

また、今回はボスを倒した先が行き止まりになっている事が多く、これまで以上に迷いやすくなっているのもどうかと思った。ここは探索する楽しさよりも、意地悪さの方が印象に残っています。

本作には説明書が封入されておらず、ゲーム内容を把握するためには使い勝手の悪いオンラインマニュアルをチェックするしかないので、オフラインユーザーはあまりの不親切さに絶望してしまうかもしれません。

全体のまとめ

バランス調整は「デモンズソウル」並みに神がかっており、世界観も素晴らしいのですが、相変わらずダーク過ぎる世界観で不親切なので、好みが分かれます。

個人的には過去作品よりもアクションの気持ち良さがアップしていたのでシリーズ最高傑作です!

このシリーズはコツが分かれば中毒性抜群なんですが、その分だけフラストレーションが溜まる部分が多くてピリピリするんですよね。

今作でもピリピリするところはありますが、理不尽な部分は注ぎ落としており、より綺麗な形の高難易度アクションRPGになっています。傑作になるポテンシャルを秘めた新しい高難易度アクションRPG。

こんな人には特におススメ。
・骨太アクション好き。
・冒険好き。

こんな人にはおススメできない。
・難しいゲームが苦手な人。
・ホラー耐性が無い人。
・スプラッター表現が苦手な人。

Bloodborne(ブラッドボーン)/お気に入り度 ★★★★★★★★★★ 星10個
プレイした時間・・・約45時間

 

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(22)

  1. ヒラオヨギ より:

    満点ですか‼︎
    やっぱり面白いですよね‼︎
    ただ、世界観がそうなので仕方ないですが、ずっと暗いステージを徘徊する事になるんで、長時間プレイすると陰鬱になってしまいます…
    なのでプレイの間で口直しにアサシンクリードユニティでパリの街を散歩してました。
    フロムは日本メーカーでありながら世界に通用するソフトを開発できるメーカーなので今後も楽しみです。

  2. たくめ より:

    今作をプレイするために、ps4を買うほどのフロムゲー信者の自分ですが、今作は物足りないとこがありました。
    武器がすくない、回復アイテム銃弾マラソンがめんどくさい!と、思いました。
    もーちょっと、武器が欲しかったです。DLCに期待!
    回復アイテムはkentさんが仰ってるように、めんどくさかったですね。
    ただ、この二つ以外の要素はほとんど気にならなかったです。
    世界観が素晴らしく、アクションもいままでのシリーズの中ではダントツでした。ボス戦も一番楽しかったです。
    ロードが長めなのも改善されましたし、むしろいつものことですし笑
    次回作がどんなものになるかはわかりませんが、相変わらずこのシリーズはわくわくさせてくれます笑

  3. you-irving より:

    武器の少なさ、重量要素の廃止が残念です。
    これらにより、主人公の成長要素、戦闘スタイルが固定化されてると思うんですよね。毒も全然役に立たないし。デモンズを期待してたのでその辺が残念でした。もっと自分好みの主人公にしたかったなぁ。

  4. MGMの名無し より:

    拡張DLCが予定されてるって吉pが言ってましたよ。楽しみですね

  5. MGMの名無し より:

    >>拠点周りの煩雑さも変わらず。何故、わざわざ夢の世界まで行かないと
    レベルアップや武器の改造・修理、アイテムの購入が出来ないのか。
    こんなこと出来たら血の意志失うっていう緊張感も何も無くなると思いますよ
    血の意志を抱えて進むか戻るかっていうのも面白さですし

  6. 龍鬼 より:

    ブラッドボーンもダークソウルを遊んだ自分としては面白そうなんで、欲しいゲームなんですけど、まだ9月までお預けなんですよね。(笑)
    やっぱり「リゲイン」システムが有ると無いとじゃ攻略の幅が違ってくるんでしょうか?

  7. 伯爵 より:

    ブラッドボーンは出る前は多少不安もありましたが、期待度を超える出来でしたね~
    あのスタイリッシュさとパリィ、世界観はソウルシリーズ以上に癖になって、クリアするのがもったいないくらいでした。
    私も星をつけるなら満点ですね(^_^)
    >>5さん
    Kentさんが言いたいのは、灯りから拠点に戻らないとレベルアップが出来ないということではないでしょうか?ロードも余分に2回挟んでしまうので。
    私も、ダークソウル1みたいに灯りでレベルアップやワープが出来れば楽なのにな~というのは思いました。

  8. 黒詩★紅月 より:

    『ブラッドボーン』のトロコンはいつかできるが、今ではない感じです。w
    多分DLCの情報が出るそのときに頑張ります。
    悪いところでは、武器は少ないことでしょうね。
    敵に当たるとダメージが大きいですから、銃により反撃アクションは極めてないままで放置しちゃったです。

  9. kentworld より:

    >ヒラオヨギさん
    確かにダークソウルシリーズをやっている時も
    陰鬱になってしまいました。世界観が暗いだけではなく、
    全体的に難易度が高いタイトルですからね。
    ミニゲーム的なものは収録されていないので、
    合間に癒しゲー的なものをプレイすると良さそうです。

  10. kentworld より:

    >たくめさん
    過去作品のファンから批判されやすいのが、
    全体的なボリューム不足ですよね。
    僕もそこはどうしようかなーと思っていましたが、
    他のゲームと比較したら一定の基準は満たしていると思ったので、あえて触れませんでした。
    もし、僕がやり込みゲーマーだったら間違いなく指摘していたでしょうね。
    パッとプレイした時の感触は、ブラッドボーンがシリーズの中で最高でした。

  11. kentworld より:

    >you-irvingさん
    カスタマイズ性の低さは過去作品と比較したら劣っていましたよね。
    周回プレイやキャラクターに個性を持たせるのを重視してしまうと
    今作は物足りなさを感じてしまうと思います。
    個人的には広く浅くなのもあってさほど減点対象にならず、
    星10とさせていただきました。ボリュームは次回作に期待ですね!

  12. kentworld より:

    >MGMの名無しさん
    >拡張DLCが予定されてるって吉pが言ってましたよ。楽しみですね
    次の記事で触れさせて頂きました!多分、購入します!

  13. kentworld より:

    >MGMの名無しさん
    >こんなこと出来たら血の意志失うっていう緊張感も何も無くなると思いますよ
    >血の意志を抱えて進むか戻るかっていうのも面白さですし
    ダークソウル1では篝火でレベルアップが出来ただけに、
    どうしても煩雑に感じてしまったんですよね。

  14. kentworld より:

    >龍鬼さん
    9月でしたらDLCも配信されていそうですし、旬かもしれませんね。
    リゲインシステムはゴリ押しにならない絶妙なバランス調整で、
    戦闘に戦略性が生まれていました。

  15. kentworld より:

    >伯爵さん
    プラチナトロフィーを獲得するなど、相当楽しまれていましたもんね!
    狩人と戦っている時は軽快な動きとマントのなびき具合がスタイリッシュに感じられ、
    「ブラッドボーン」ごっこをしたくなりましたw
    もし、自分が小学生だったら教室で放課時間にやっていたでしょうねw
    フォローの方、ありがとうございます

  16. kentworld より:

    >黒詩★紅月さん
    僕もブラッドボーンのプラチナ頑張ろうかなー。
    DLCは良いきっかけになると思います。
    武器の種類は批判されやすい部分ですね。
    僕はさほど気になりませんでしたが。

  17. ウユニ より:

    先程月の魔物をなんと一発撃破してめでたく本編エンディングコンプしたんで感想を書きます!
    いやー実に面白いゲームでした!
    この高難度ゲームをクリアできちゃうとは意外と自分ゲーム上手いのかもと思っちゃいましたw
    まぁ散々苦戦しましたけどね笑
    ギリギリクリアできたときのカタルシスがなんともたまらないです!
    愛用のノコギリ鉈がモンハンの持ち武器の片手剣と操作感似てたお蔭か意外にすんなり操作に慣れられたのがよかったかな。
    やっぱりこのゲームの肝はボス戦だと思うんですがどいつもこいつも戦ってて楽しかった!
    後半のは自分の慣れのおかげか相対的に簡単に感じちゃいましたが。
    聖杯ダンジョン以外全部倒した中で苦労した順番だと、
    1位:殉教者ローゲリウス、2位:教区長エミーリア、3位:最初の狩人の彼、ですかね。
    あとは聖堂内での狩人戦とかヤハグルの狩人3体同時とかが大変だった。
    そして探索の面白さが素晴らしい。
    何度も死んで彷徨ううちに頭の中に地図が描かれていく感覚が大好物笑
    狂っていながらも何故か美しいこの世界観の中でビクビクしながら隅々まで探り探り行くのは本当に楽しかった!
    後半まさかここまでクトゥルフ神話化するとは思ってもみませんでしたが笑
    ストーリーは解説求むw
    DLC部分も勿論やりますが少し別ゲーム挟んで休んでから頑張ります笑
    ダークソウル3までにはなんとか終わらせてさらに期待値高めないといけないですからね!

  18. kentworld より:

    >ウユニさん
    本編クリア、おめでとうございます!順調でしたねー!
    高難易度のブラッドボーンをクリア出来たのでしたら、
    大抵のゲームはクリア出来るんじゃないでしょうか?
    もう、自信を持っても大丈夫だと思いますよー。
    僕もデモンズソウルをクリアした頃には自信を持てるようになりました。
    まあ、死にまくりましたけどw
    このゲームの醍醐味は、確かにボス戦が大きいですね。
    それと探索かな。RPGでは理想的な形だと思っています。
    同時に複数の相手をするのは難しいので、
    1体ずつ相手をするようにして戦うようにしますよね。
    敵をおびき寄せるとか色々考えて楽しいです。
    >何度も死んで彷徨ううちに頭の中に地図が描かれていく感覚が大好物笑
    この感覚を分かってくれるとは嬉しいです!w
    不便にも感じますが、これが探索の楽しさに一役買っていると思うんですよね。
    最近はマップ機能が標準で
    しかもイベントの発生場所が分かるようになっているから、
    探索の楽しさが薄れていて寂しく感じている中で
    このシリーズに出会えたので嬉しかったなー。
    DLCも気が向いたら是非やってみてください!
    ボスの感想が気になるw
    僕はめちゃくちゃ苦労したので、
    すんなり倒されたら溶けて消えてしまうかも(^_^;)

  19. シロマ より:

    このゲームがなかったらPS4を買う時期はもっと遅れていましたね。
    システムはソウルシリーズと似ている所がありますがスピード感と世界観のおかげで全くマンネリしなかったし続編をだして欲しいタイトルNo. 1です。
    聖杯ダンジョンは全てのダンジョンの構造が奥の部屋にあるレバーを動かしてボスを倒し次のエリアに行くだけだから差別化をして欲しかった。

    • kentworld より:

      そうでしたね。今では考えられない話ですよ。
      ダークソウルシリーズはひと段落するので、
      今度はまたブラッドボーンの続編を出して欲しいですよね!
      この世界観のゲームはまた出ても良いと思います。

  20. nicond より:

    ついつい「あともう1回」とやってしまう中毒性はヤバイですねwアップデート後でロードが短かったから余計に。

    特に楽しかったのは探索です。自分で道を切り開いていく感じが最高でした。多分、探索が楽しいと思ったのは初めてです。
    アクションもスピーディーで爽快でしたね。たまについていけなくなるけどw

    無駄に不親切なところはちょっとマイナスかな。啓蒙を消費する店は分からず終いでした…w

    今まで、クリアできるか自信がなくてこの手のゲームはやっていませんでしたが、実際にプレイしてハマる理由がわかりました!今後は積極的にやっていきたいです!

    最後に、貸していただき本当にありがとうございましたm(_ _)m
    (DLCもやろうかな〜)

    • kentworld より:

      経験値ロストシステムでつい、もう一回やりたくなってしまう中毒性がありますよね!
      これは全シリーズ共通なので、このシステムが合えば他の作品も楽しめると思います。

      探索を楽しめたようでよかった♪
      難易度が高いからこそ便利なアイテムが欲しくなってくるんですよ。
      そこが面白さにつながっていると思います。

      探索性を強めるあまり、不親切過ぎるところはね・・・
      DLCの追加エリアも不親切で見つけるのに時間がかかりましたもんw

      借りてプレイしたことで高難易度アクションゲームの良さが伝わったのでしたら良かったです♪
      僕が購入したのは通常版なのでDLCはプリインストールされていませんが、価格以上の価値はありました。

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

関連記事

京都の頑固職人が作った硬派なゲーム!スティールダイバー レビュー
フェアルーン2【レビュー・評価】前作から大幅パワーアップしたダンジョンなしの良質な2Dゼルダライクゲーム!
ジェットセットラジオ【レビュー・評価】セガ流箱庭アクションゲーム!
ルイージマンション【レビュー・評価】ルイージファン向けの作品
Wiiリモコンプラス バラエティ【レビュー・評価】あと2年出すのが早かったら完璧!
リッジレーサー【レビュー・評価】2011年のレースゲームとは思えない単調さ
マイティー スイッチ フォース!【レビュー・評価】洗練されたステージ構成が素晴らしいパズル2Dアクション!
ホホクム【レビュー・評価】遊び方を理解したらそれなりに楽しめるアート色が強いデジタルおもちゃ
龍が如く 極【レビュー・評価】流用×リメイクのコンボで既視感が半端ない作品
グランド・セフト・オートIV【レビュー・評価】クオリティは半端なものの、HD機ならではの感動が詰まった作品