2015/08/30/12:00 | M☆G☆Mコラム

やって良い素材の再利用とダメな再利用

130607-0009-30

最近のゲームは開発費がどんどん高騰してきており、
開発会社としては出来れば素材を他の作品でも流用したいところだと思います。
モンスターやオブジェクトのグラフィック、モーション、BGMを使いまわしたり、
フィールドマップを使いまわしたり・・・。

流用する事によって開発費を抑えられるだけではなく、
開発期間も短縮する事が出来てリリースのスパンが短くなるケースもあるので、
何年も待っていられるか!というユーザーにとっては有難い事だと思います。

しかし、安易に素材を使いまわして次から次へと作品を発売するのも危険だと思うんですよね。
素材を流用しているという事は前作などをプレイしたユーザーからしたら既視感がある訳なので、
刺激が少なくなって退屈に感じたり、マンネリを感じる可能性だってあると思います。

個人的にはゲームってブラッシュアップしていくべきものだと思っているので、
前作からステージやストーリーを変えただけの作品は
クリエイティビティを感じられず、テンションが落ちてしまいます。
同じような見た目に見える作品でも「あ!ここのモーションがパワーアップしている!」、
「演出やテンポがさらに良くなっているなー」と細かい変化を感じたいですし、気合も感じられますからね。

一番テンション下がる例が、前作からフィールドマップを使いまわしているパターン。
特に冒険を楽しむタイプのゲームでフィールドマップを使いまわしていると
先の展開が分かってしまうので、評価を落としてしまう事が多いです。

一方でこれは良い!という素材の再利用もあると思います。
それは、別ジャンルの作品で素材を使いまわすやり方です。
代表的な例が、任天堂の「ウーフーアイランド」ですね。

130905-0746-29
42

ウーフーアイランド」はWii「Wii Fit」で初登場したオリジナルの島で、
同作品ではジョギングのコースとなっていました。
その後はWii「Wii Sports Resort」の遊覧飛行で自由に島を飛び回れるようになり、
3DS「マリオカート7」ではコースの1つとして登場し、どんどん使いまわしている事が分かります。

僕はそれぞれの作品をプレイしましたが、不思議な事に使いまわしが気にならなかったんですよ。
それは、ゲームジャンルが異なるからだと思います。
Wii「Wii Fit」では足ふみでキャラクターを動かすジョギングコースとして。
Wii「Wii Sports Resort」ではリモコンを傾けて操作する遊覧飛行の舞台として。
3DS「マリオカート7」ではレース会場の舞台という、
それぞれ全くプレイ感覚やルールが異なる中での使いまわしなんですよ。

それ以外の例としてはWii U「スーパーマリオ3Dワールド」→Wii U「進め!キノピオ隊長」。
3DS「妖怪ウォッチ2 元祖/本家/真打」→
3DS「妖怪ウォッチバスターズ 赤猫団/白犬隊」。
3DS「とびだせ どうぶつの森」→
3DS「どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー」を思い浮かべました。

これらの作品も素材の流用が目立ちますが、ゲームジャンルが異なるのでさほど気になりません。
新作を発売したい!でも、新しい素材を沢山作るのは難しい!ユーザーからの指摘も怖い!
別ジャンルでの素材の流用は、そういった問題を一度に解決する有効な手段だと思います。

※これまでに公開したコラム記事の一覧はこちら

※何か分からないゲーム用語を見かけたらこちら をご覧ください。

【人気ブログ】( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)【ランキングへ】
6646e5e1.gif

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

内容をご確認の上、送信してください。

この記事の反響(2)

  1. 휴 ㅂ 휴 より:

    kentworldさん
    グラフィックの流用はロックマンゼロや逆転裁判などのGBAのソフトに多かったと思うけど、個人的にはこういうグラフィックや開発エンジンの流用はどんどんやってもらいたいね。
    なぜなら開発コストの削減と開発期間の短縮ができて一石二鳥だし、最初から何度も流用することを念頭において丁寧に描かれたグラフィック(たとえばアニメのバンクシーンのように)なら何度使いまわしても気にならないからね。

    • kentworld より:

      それらの作品は流用していたからこそ年刊タイトルとして発売出来たんだと思います。
      最近は新作の発売スパンが長いので、ある程度はグラフィックデザインを流用してゲーム性を刷新するなどして新作を重ねて欲しいと思う事があります。

コメントする

内容をご確認の上、送信してください。