2015/12/01/12:00 | ゲームレビュー

メタルギアソリッドV ファントムペイン【レビュー・評価】ステルスアクションとしての完成度はトップクラス

577578
メタルギアソリッドV ファントムペイン(通常版)/PS4 / PS3 / XboxOne

2015年9月に発売されたPS4/PS3/XboxOne/Xbox360「メタルギアソリッドV ファントムペイン」を今回はレビューします。

PS4/PS3/XboxOne/Xbox360「メタルギアソリッドV ファントムペイン」は、人気ステルスアクションゲーム「メタルギアソリッド」シリーズのナンバリング5作目です。

良いところ

自由度の高いステルスアクション

METAL GEAR SOLID V_ THE PHANTOM PAIN_20150904062722

毎回完成度の高いステルスアクションを見せてくれる「メタルギアソリッド」シリーズ。

今作ではオープンワールドマップとなっていて、これまで以上に自由度の高いステルスアクションが可能になっていました。

好きなところから潜入できるので、西側から攻めるのも良し。東側から攻めるのも良し。裏道が用意されている場合はそちらから攻めるのも良し。

武器やアイテムのバリエーションはこれまで以上に多彩で、ヘリの支援や複数のNPCなどの救済措置。プレイする度に変わる敵の行動スケジュール、天候や時間の変化と選択肢やランダム要素が非常に多いため、同じミッションでも別の条件でプレイしたら全く印象が変わります。

失敗しても別の戦略で行くのも良いので、試行錯誤する楽しさがありますね。

また、プレイヤーによって攻略ルートが異なる事で他のユーザーと情報交換をする楽しさやPS4/XboxOneのソーシャル機能を使った遊びの楽しさも増していると思いました。

PS3「メタルギアソリッド4 ガンズ・オブ・ザ・パトリオット」からの7年間、数多くのオープンワールド型ステルスアクションゲームが発売になりましたが、「メタルギアソリッドV ファントムペイン」はそれらのどの作品よりも色んな意味で勝っています。

圧倒的な広さの攻略範囲

METAL GEAR SOLID V_ THE PHANTOM PAIN_20150904062555

僕が過去にプレイしたオープンワールド型ステルスアクションゲームは、いずれも1つの拠点を好きな角度から攻められるというミッションばかりでした。

ところが「メタルギアソリッドV ファントムペイン」のミッションは1つの拠点だけに留まらず、多い時は3つ4つの拠点がミッションの舞台となっていて、その中からターゲットを探したり、目的地までいくつもの拠点を突破していかないといけないんですよ。

考えてみてください。RPGでいう街3個とその道中が1ミッションの舞台になってそこからほとんど目印アイコンなしでターゲットを探すって・・・。

例えば「アサシンクリード」シリーズの場合はターゲットの位置を知っている人物を尾行する事になった場合、数十メートル離れてしまったらミッション失敗になってしまいました。

一方、「メタルギアソリッドV ファントムペイン」の場合はミッション圏外にならない限りは失敗にならず、尾行するのもしないのもプレイヤー次第。変に縛られることなく、好きなように行動できるんです。

あまりにも攻略範囲が広すぎるため人によっては気が遠くなって挫折する可能性もありますが、個人的にはこれだけ広大なフィールドでステルスアクションや探索を楽しめるワクワク感が大きく、新しいミッションをプレイする時はいつも楽しみでなりませんでした。

中毒性の高いマザーベースシステム

METAL GEAR SOLID V_ THE PHANTOM PAIN_20150904050016

敵の兵士は生きたままフルトン回収をする事によって仲間にする事が出来るのですが、このシステムがゲームの中毒性を高めていると思いました。

兵士を仲間にする事で様々なアイテムの開発が可能になったり、プレイヤーに有利な効果をもたらせてくれたりと良い事満載なんですが、より強力なアイテムを開発するには優秀なスタッフが必要だったりします。

そのため能力値の高い兵士を集めるというまるで育成RPGのような楽しさが生まれており、ミッションを攻略するだけではなく、優秀な兵士を集めるやり込みプレイをしたくなりました。

PSP「メタルギアソリッド ピースウォーカー」にもあったシステムですが、自由度の高いオープンワールドマップを採用した本作ではそれがさらに活かされています。

絶妙な難易度調整

METAL GEAR SOLID V_ THE PHANTOM PAIN_20150907023702

本作はミッションの攻略範囲が非常に広く、装備アイテムが充実して攻略方法も色々用意されているため、難易度に対する印象が人によって全く異なってくるといっても過言ではありません。

ある程度セオリーが掴めてきたら簡単に感じる人もいれば、「こんなの分かるか!」と感じてしまう人も出てきても不思議ではないくらい。

これはプレイヤースキルと救済措置のバランスが絶妙だからこそ実現出来た難易度調整だからであって、トータルで見たらこれがベストなバランス調整だと思いました。

確かに基本難易度は高いと思いますが、その分だけ上達する楽しさを味わえますし、寄り道をして有利になるアイテムを入手する有難味が増しますからね。

自信がない方は2014年に発売された「メタルギアソリッドV グラウンド・ゼロズ」をプレイしましょう。こちらは今作のプロローグでチュートリアルにもなっているので、腕慣らしには最適です。

拘りを感じさせるシネマティックな演出

METAL GEAR SOLID V_ THE PHANTOM PAIN_20150903224521

映画好きな小島監督が手掛けただけあって、随所で拘りを感じるシネマティックな演出が見受けられました。

ミッション開始時のクレジット。ミッション終了時のロゴ表示。次章の予告。そして序章を始めとするインタラクティブとの融合を図った拘りのカメラアングルで展開されるイベントシーン。

色んな映画や海外の大作ゲームで見受けられた演出のリスペクトが満載で、スタッフの情熱を感じられます。

寄り道要素が満載

METAL GEAR SOLID V_ THE PHANTOM PAIN_20150908071954

オープンワールドマップを採用しただけあって、寄り道も満載です。

150以上のサブミッション。野生動物、植物、ポスターなどの収集。素材を集めてのお金稼ぎ。そして兵士のフルトン回収と、メインミッション以外にも沢山の遊びが詰まっていて止め時を見失ってしまうほどです。

マップの広さは「メタルギアソリッドV グラウンド・ゼロズ」の200倍はあると言われているだけあって非常に広く、拠点も多彩で簡単にはすべてを極められないほどのボリューム感があります。

それでいてこのグラフィック表現は凄い!

キャラクターの髭やフィールドの草はまるで一本一本描いているかのようにフサフサ。暗いところから明るいところへ出た時に発生する明順応(メイジュンノウ)。金属類の光沢表現。アルファルトのテカリ。本作がオープンワールドである事を忘れてしまうほどのクオリティです。

あと、今回も小ネタが沢山仕込まれているのも感心してしまいました。

例えばスネークが関西弁を喋るようになったり、沢山の隠しイベントが用意されていたり、細かいところでは迷彩柄に何かが描かれていたり、ヘリの中に貼られている写真が細かく変化したりと開発期間が非常に長かっただけあって詰め込まれている物量が半端ないです。

オンライン要素が充実

277

2015年のゲームだけあって、オンライン要素は充実しています。

本編に関わってくる要素としては他のプレイヤーの基地に潜入したり、逆に潜入した他のプレイヤーから基地を防衛するFOBシステムが存在。

そして、本編とは独立したシリーズではお馴染みの「メタルギアオンライン」が収録されています。

後者の「メタルギアオンライン」に関しては一本のゲームとして成立するくらいのオンラインマルチプレイモードなのでこちらでは割愛しますが、本編でこれだけ作り込んでおいてさらにオンライン対戦モードも用意されているのだから太っ腹です!

スポンサーリンク

個人的に合わない&気になったところ

ヘリの離陸シーンをカットしたい

METAL GEAR SOLID V_ THE PHANTOM PAIN_20150908075100

ヘリの司令室からミッションに挑戦する場合、ミッション開始時に離陸シーンが挿入されます。

そのシーンがやたらと長く、何回もプレイしていると飛ばしたくなるんですよね。

ヘリからタレットを発射出来るのでヘリの離陸シーンが全く意味のない訳ではありませんが、大抵はすぐに降りたいのでテンポが悪く感じられました。

また、ファストトラベルのシステムも分かりにくいですね。

ポーズメニューを開いてヘリに戻るを選択し、ミッションを選択して離陸ポイントを決める。もしくは拠点の発送所でダンボールを被ってワープするって・・・。

どちらも説得力のあるファストトラベル表現ですが、快適性や分かりやすさには欠けます。

2章以降やや息切れする

METAL GEAR SOLID V_ THE PHANTOM PAIN_20150907042745

次から次へと新しい仕掛けが続出して本当に詰め込まれている「メタルギアソリッドV ファントムペイン」。ですが、終盤はさすがに息切れしている感はありましたね。

PSP「メタルギアソリッド ピースウォーカー」もそうだったんですが、終盤はメインミッションでも難易度を変更しただけの使いまわしが目立ち、しかもある程度マザーベースの人員を育成しないと作成出来ないアイテムが必要になってきて、長く遊ばされるような展開になっていきます。

しかし、このゲームの場合はそれがマイナス点にならないくらいステルスアクションの完成度が高いので、PSP「メタルギアソリッド ピースウォーカー」のようにような長く遊ばされている感はありませんでした。

同じミッションでも攻略のルートが本当に多彩ですし、実は、見張りの巡回ルートは毎回同じではなく、いくつかのパターンがあるので、ステルスアクションにありがちな正解ルートをなぞるようなプレイにはなりにくくなっているんですよね。なので、むしろ多少の水増しはあって良いのかもしれない。

ただ、ストーリーに関しては前半こそなかなかでしたが、終盤はモヤモヤが残りますね。

すっごい気になる展開になって先が気になるのに新しいミッションが出現しなくなって「え?これで終わりなの?」と感じています。

もしかしたら隠しミッションがあってそこで真のエンディングが見れるのかと思ってしまうほど。

確かに第一章の最後でクライマックスっぽい展開になって一つの山場は越えた感はあるけど、そのあとも普通にストーリーは続いて、そこで中途半端な形になってしまうんだもんなぁ。

スネークがほとんど喋らない

METAL GEAR SOLID V_ THE PHANTOM PAIN_20150906113304

とある事情により、今作ではスネークがほとんど喋りません。

スネークとカズの渋いトークを期待している人は肩すかしを食らってしまうかも。

スネークがほとんど喋らない事によってイベントシーンの冗長さが薄れ、その結果丁度良いバランスのゲームシーンとイベントシーンの比重にはなっていると思いますけどね。今作では通信やテープの音声もゲームをプレイしながら聴けますし。

遊ぶのにパワーが要る

METAL GEAR SOLID V_ THE PHANTOM PAIN_20150904061931

ゲーム史上最高峰の面白さを誇る「メタルギアソリッドV ファントムペイン」。確かにめちゃくちゃ面白いですが、遊んでいると非常につかれてしまうのも確かです。

メインミッションはチェックポイントが少なく、30分かけて頑張って進めたとしてもやられてしまったら容赦なくスタート地点からやり直しになる事も珍しくありません。

ミッションの攻略範囲が非常に広く、目的を上手く探せなかった場合、1ミッションクリアするだけでも10時間かかってしまう事もあるでしょう。

残業から帰ってプレイするにはあまりにもハードルが高いゲームです。

しかし、前述の通りセオリーさえ理解で来ればクリアするのにそこまで時間はかかりませんし、スマホゲーム全盛期の2015年にこのような時代の流れに逆らうようなゲームが出てきたのは称賛に価すると思います。

このゲームの感動はスマートフォンでは絶対に味わえません。

全体のまとめ

終盤に息切れ感があるのは否めませんが、ステルスアクションとしての完成度はトップクラスと言っても良いほど素晴らしい作品です。

それでいてオープンワールドゲームならではの自由度と中毒性を備えており、「メタルギアソリッド」シリーズならではの仕掛けも満載で、とんでもないくらいの力作。こんな素晴らしいゲームが日本で生まれたことを誇りに思っています。

こんな人には特におススメ。
・ステルスアクションゲーム好き。
・オープンワールドアクション好き。

こんな人にはおススメできない。
・アクションゲームが苦手な人。
・カジュアルに楽しみたい人。
・物語の結果を重視する人。

メタルギアソリッドV ファントムペイン/お気に入り度 ★★★★★★★★★★ 星10個
プレイした時間・・・約50時間

 

A52

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(24)

  1. シュウ(shu_night) より:

    僕もいずれプレイしたいです!!
    その前にGZプレイしとかなくては!!

  2. きりん より:

    凄く細かい指摘ですが、ミッション開始時に離陸しちゃったらミッション始まらないと思う。
    MGOはステルス迷彩被って淡々とたんたんするゲームだった。戦争は変わった。
    ストーリーは永遠の未完成品なんて言い方するからマイナスなんだ。
    永遠に埋まらない心のパズルって言えばファンタスティックじゃないか。
    冷静に考えれば今作のストーリーって凄いですね。
    「これがマリオシリーズの最終作だ!」ってコピーのゲームの主人公が終始ルイージ的な。
    最後にマリオがしゃしゃり出てきて
    「ルイージ、俺とお前は二人で一人。俺はお前でお前は俺だ。マンマミーア!」
    みたいな。
    そう考えると楽しい。
    まあ正直クワイエットとか種族とか言語とかそういうテーマ全部省いて単純に広告通り最大の謎について展開していけば同じ開発期間でも変わったんじゃないかなと思いますね。
    というかソリッドスネークの話が見たかったですよ。無理矢理になるけど。
    ビッグボスってだけで番外編のイメージになってしまう。
    あとやっとこさ手に入れたサイボーグ忍者のスーツに特別大した機能がないのがね…。
    カクカクのモデリングのままだし忍者っぽいアクションがあるわけでもないし。
    体当たりで敵を吹っ飛ばす光景を忍者と結びつけるには連想力が足りなかった。

  3. yy より:

    おぉ星10個が出ましたか!
    たしかに今年のゲームの中ではトップクラスで面白いゲームでしたw
    ただレビューに書いてあるように終盤息切れ感が少し残念ですねー
    シリーズ最後なのに尻切れトンボ感があるのでシリーズファンからの不満の声が多いです(ただ過剰に叩かれ過ぎな気がしますが...)
    それでもステルスアクションとしてのゲーム性の高さとオープンワールドから自由度の高さがいい感じにマッチしていてとてもよいシステムとなっていると思います
    前作までの過剰なムービーも今作では少なくなっているのでゲームにのめり込めていいですね
    少なくとも今年の出たゲームの中で3本指に入るゲームだと思うのでプレイしてない方はプレイして欲しいですね

  4. せん より:

    確かに2章はどうしようもなかったですがそれでも今年一番面白かったです
    最後にこんな傑作を残していく小島監督の今後に期待ですね(P.Tも期待してたのに・・・)

  5. ヒラオヨギ より:

    星10個!!!
    僕も買ったんですけど日本メーカーでもこんなゲームを作れるんだと驚きました。ほぼ洋ゲーと同じクオリティを達成できてると思います。僕は他のメタルギアやったことないんで、あまり思入れはないんですが、のめり込めました。続編が出ないかもしれないんて残念です。

  6. mame より:

    自分も今年トップクラスに楽しめました。
    未完成だのなんだの色々聞いてたので短いのかと思ったら意外とボリュームがあって、
    クリアに120時間くらい掛かってしまいましたw
    今はステルス迷彩着て敵兵と戯れつつトロフィー集めしてます。
    小島監督&MGSシリーズが今後どうなるのか、不安もありますが要注目ですね。

  7. ダベット より:

    おっ、なんかすげーベタ惚れっぷりが感じられていいね、本当に楽しんだんだなってのが文章から伝わってくるわ。
    今日は特にオチはないです、捻くれたの期待してたらごめん。

  8. どんだけ~! より:

    MGS5TPPは名作になりえたと思うので
    詰めの甘さが残念でなりません。
    個人的にはMGO3は無くてもいいので
    本編をもっと丁寧に作りこんで欲しかったですね。

  9. ウユニ より:

    プレイ日記のテンションから星10だろうなーと思ってたけどやっぱり笑
    実は個人的にタイムリーなんですよ!
    近くのゲーム屋のセールで中古で4,000円強で売ってたから試しにフリプで積んでたGZやってみて、
    メインミッションクリアしてこれは面白い!とおもったから買っちゃったんですw
    まぁプレイ自体はFO4終わってからのつもりなんで年変わってからになると思いますが。
    ストーリーはシリーズ初なのでそこまで思い入れないから多分大丈夫笑

  10. kentworld より:

    >シュウ(shu_night)さん
    ぜひやってみてください!凄く楽しめましたよー!

  11. kentworld より:

    >きりんさん
    要は、ミッション開始までの時間が長いって事です(笑)
    あれ、何度もやっているとトイレ休憩にしてしまいました。
    ストーリーは結末を聞いてびっくりしましたよ。
    そこまで根本的にひっくり返してくるのかと。
    ファンからしたら色々思う事のあるストーリーだと思いますが、
    長く続いて来たシリーズでこれをやる事で
    衝撃を受ける部分もあると思うので、凄いなーと思いました。
    でも、日本では特にキャラクターに愛着持つ人が多いので、
    反感を買われてしまうのも無理はないと思います。

  12. kentworld より:

    >yyさん
    どうせなら2章の息切れ感も何とかして欲しかったんですけどね。
    それでも1章は最高に楽しめたので、
    その勢いでこの評価にしてしまいました。
    このゲームはシリーズやっていない人の方がむしろおススメかもしれない。
    純粋のゲーム部分を楽しめると思いますので。
    ネットの意見は大半がファンだと思うので、
    それ以外の人がプレイした感想がもっと必要だと思います。

  13. kentworld より:

    >せんさん
    小島監督の次回作が凄く楽し身になってきました!
    どうか今後もコンシューマーゲーム事業に携わって欲しい。

  14. kentworld より:

    >ヒラオヨギさん
    星10が出ました!!!
    こんなゲームが日本から出たことを誇りに思いますよ。
    まだまだ日本も捨てたもんじゃないと思いました。
    ヒラオヨギさんも楽しめているようで良かったです。
    これはステルスアクション好きはプレイして損なしですよ!

  15. kentworld より:

    >mameさん
    息切れ感はありますが、一本のゲームとしては
    十分すぎるくらいボリュームあって
    定価の価値はある作品だと思いました。
    小島監督については年内に何か動きがありそう。

  16. kentworld より:

    >ダベットさん
    文章からそれが伝わってきたのでしたら良かった!
    発売から時間が経って周りは冷めているので
    このレビューをどう思われるのか不安でしたが、
    自分が感じた事を正直に書きました。

  17. kentworld より:

    >どんだけ~!さん
    確かに完全には出来上がった作品ではありませんでしたが、
    一本のゲームとしては十分くらいボリュームあったので僕は満足です。
    ゼルダの風のタクトみたいに中途半端で
    ボリューム不足なのが一番ダメなパターンですね。

  18. kentworld より:

    >ウユニさん
    なんと!購入してしまいましたか!w
    グラウンドゼロズやって手ごたえを感じたのでしたらいけますよ。
    こちらもかなり本気を出して遊ばないといけないゲームなので、
    やるなら集中してやった方が良いと思います。
    シリーズに思い入れない方がむしろ楽しめるでしょう!

  19. y.crash より:

    今までのシリーズを全部制覇してきてGZの時にやりこみまくって、本編ストーリーを4分以内でクリアするまでに遊んでました。
    この作品に対しての期待は大きかったです。
    まずグラフィックは相当綺麗にできていて、それで60fpsに対応している。普通にそこはすごいと思いました。
    だけど、それすらも踏みにじるようなストーリー性の悪さ。
    正直、ガッカリしてしまいました。
    自分は本当にメタルギアのストーリーが好きだったので、TPPはクリアして、嫌いになってしまいました。
    そして、いろいろゲーム性の粗が目立つようになってきました。
    まず、エリア移動の際に何もない所が多いことです。
    敵はおろか建物すら少なく、ただ移動するだけの場面もちらほら。
    それと一見通れそうな地形も小さな岩とかで勝手に滑り落ちるような動作になったり、毎回ヘリで任務にいってしかもヘリで自由に移動できない仕様がいちいちイライラしてしまっています。
    過剰な批判と思われても仕方ないかもしれませんが、それほど自分はショックでした・・・。
    本当にメタルギアシリーズに思い入れがある人にはお勧めできないと思ってしまったのが悔しいです・・・。
    こんなコメントで申し訳ありません・・・。

  20. kentworld より:

    >y.crashさん
    いえいえ、この作品、
    メタルギアに思い入れがある人はかなり思う事があるようで、
    y.crashさんのような意見になる方が普通なのかもしれません。
    僕は純粋にゲームとして楽しめて、
    確かに最後は少し物足りないところはあったけど、
    1日に15時間もぶっ飛ばしでプレイして夢中になった
    あの瞬間を否定したくないのでこの評価なんです。

  21. ウユニ より:

    先ほどクリアしましたぜい!ということでコメント。
    俺的年間順位は3位のまま無事フィニッシュということで笑
    いやでも1章終えたくらいでは逆転1位あるかもなって感じだったんですけどね。
    特にアフリカ編は初めの油田から難易度上がってトラック奪ったり子供守ったりシナリオとかよくもまぁこんな色々出てくるわと。
    スカルズ戦とか最早ステルスちゃうやんって感じでしたが笑
    問題のストーリー面は確かに批判されるのわかります。
    高難易度版以外のミッションもこっちが強くなりすぎたのか温かったですしね。
    ミッション43の重たい感じからよっしゃやるぞ!ってなってからの打ち切りは^_^;
    5だけやってる自分でもズッコケたんでシリーズファンはそりゃ不満だわなーと。
    「真実」の後もまだまだ燃える展開作れるだろうに。
    オンラインとかサイドオプスとか作らなきゃなんとかなったのかな。
    ただまぁまごう事なき名作ですよこれは!
    アクションゲームでしかもステルスってジャンル絞ってるのにこの大ボリュームで飽きずに楽しませるって半端ない。
    コナミは小島監督失った「幻肢痛」に苦しみやがれマジで。
    ちなみにクワイエットラストは泣きそうになりました笑
    ミッション45死ぬほど苦労したんで余計に。
    ヒロインに挙げとくべきだったw
    MGSでさえエロいキャラ出すのはやっぱ和ゲーのお決まりなんですかね笑

  22. kentworld より:

    >ウユニさん
    良かった・・・年間順位3位で落ち着きましたかw
    どれだけ評価を落としてしまうのかと冷や冷やしておりました(^_^;)
    1章終えたくらいが一番のピークでしたねぇ。
    ミッションのバリエーションに関してはもう少し欲しいという意見もあるようですが、
    少なくとも1章までは色々あってどれも違う気分で楽しめました。
    最後はやはり消化不良でしたよね。
    ストーリーを語る事自体は難しい事ではないので、
    何らかの方法で語っても良かったと思っています。
    そう、ステルスアクションって隠れる事がメインなので
    本来なら他のジャンルよりも要素を入れにくいですし、
    ゲーム性を高めにくいと思うんですよね。
    それで初期のアサシンクリードとかは淡白なゲームになっているし。
    そんな中でこれだけ深いゲームを作れるとは、
    さすが30年シリーズが続いているだけのことはあります。
    クワイエットはマイベストヒロイン候補に入れた理由、分かってもらえてよかったですw

  23. 匿名 より:

    面白い

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

関連記事

ドラゴンズドグマ【レビュー・評価】比較的手軽なオープンワールドアクションRPG!
ゼルダ無双【レビュー・評価】あえてタイトル通りに仕上げたコラボ作品
ロックマン クラシックス コレクション 2【レビュー・評価】冷遇されていた作品たちが集うファン待望の一本!
マリオアーティスト タレントスタジオ【レビュー・評価】kentworldの基礎を作り上げた人生歴代1位の作品
クラウドベリーキングダム【レビュー・評価】大好きだけど、しつこい味のお菓子
飛び出す胸がパワーアップ!閃乱カグラ Burst -紅蓮の少女達- レビュー
ピクミン2【レビュー・評価】不思議のダンジョンRPGに変貌?
デモンズソウル【レビュー・評価】昔ながらの難易度調整と最先端の技術によって科学反応を巻き起こした傑作!
ウォーキング・デッド【レビュー・評価】生死について考えさせる重苦しくも夢中で楽しめるインタラクティブドラマ
グランド・セフト・オートV【レビュー・評価】相変わらずの車ゲーだが、相当な力作