2015/11/11/20:00 | M☆G☆Mコラム

任天堂が考えるプレミアムな体験とは一体何か?

1

この先コンシューマーゲームが生き残る手段はリッチな体験が鍵!」の記事でも書いたように、
今後コンシューマーゲームがスマートフォンゲームと差別化を図るためには
リッチな体験が重要になってきます。それで気になるのが、
任天堂は今後どのようにしてリッチな体験をコンシューマーゲーム機向けに提供してくるのかです。

任天堂株式会社 株式会社ディー・エヌ・エー
業務・資本提携共同記者発表(公式サイト)


スマートデバイスは、もっとも間口が広く、
多くのお客様とつながる可能性が高いデバイスと言えます。
そこでお客様をゲーム専用機にいざなうことができるように、
スマートデバイスとゲーム専用機の間に架け橋を架けていきたいと考えています。

そして、スマートデバイスを通じて任天堂とつながり、
任天堂IPに興味をもってもらったお客様には、よりプレミアムなゲームプレイ体験を、
任天堂ゲーム専用機を介して提供したいと思っています。

2015年3月に行われたDeNAとの業務・資本提携共同記者発表会で、
任天堂はスマートフォンでもゲームを配信すると発表しました。
一般的にこの発表は任天堂がスマートフォンゲーム市場に参入して荒稼ぎをし、
任天堂らしい利益を目指していく物とみられていますが、任天堂側の発言を聞いているとそうではなく、
スマートフォンゲームをプレイするユーザーに任天堂のゲームを触れてもらい、
コンシューマーゲーム機との架け橋となる新サービスによって
スマートフォンゲームユーザーにコンシューマーゲームを利用してもらう目論見のようなんですよね。

つまり、スマートフォンゲーム市場に参入するのは
長い目で見てコンシューマーゲームに触れるユーザーを増やすためのようなんです。
その際に任天堂はコンシューマーゲーム機向けには
りプレミアムなゲーム体験を提供していきたいと話されていましたが、
それは一体何になるのでしょうか?

現行の3DS、Wii Uソフトを見ているとイマイチそれが分かりません。
だって、最近の任天堂が発売しているゲームの多くはクラシックな2Dアクション、
複数の問題が収録されたパズルゲーム、ミニゲーム集だったりして、
基本プレイ無料に慣れたユーザーが手を取るには弱いゲームですからね。
今時こんなゲームをスマートフォンの基本プレイ無料タイトルに慣れているユーザーに
何千円も払ってもらえると考えているとは思いたくないです。

任天堂が考えるプレミアムな体験とは一体何か?
その答えは新型ゲーム機、NXの本体仕様によってある程度明らかになってくると思います。
このゲーム機は今のゲーム業界のニーズに合ったものにしていきたいようですから、
現行の3DSやWii Uでは提供出来なかった仕掛けが盛り込まれているでしょうからね。

プレミアムな体験で一番分かりやすいのは、以前の記事でも書いたようにグラフィックの向上です。
ネット上ではNXは据え置き機と携帯機を融合させた
ハイスペックなゲームマシンであるという見方が強まっていますので、
任天堂が考えるプレミアムな体験がスマートフォンのゲームでは体験出来ないような
クオリティの高い映像で楽しめるゲームである可能性が全くないとは言えません。

でも、個人的にそれでは失敗するとみていますし、望んでいません。
何故かというとWii Uと同じくレッドオーシャン戦略だからです。
正統派ハイエンドマシンの座は既にPS4が手にしていますので、
任天堂がそこに勝負をしかけるのは得策とは思えないんですよね。
それよりもDS/Wiiのようにグラフィックの向上とは別次元のプレミアムな体験の提供を望んでいます。

コンシューマーゲーム市場は2007年に大きなピークを迎えました。
それはプレイステーションハードを中心とした従来型ゲームが堅調な伸びを見せつつ、
任天堂がDSとWiiで新しい層を掘り起こしたからこそ実現出来た売上なんです。
任天堂は今こそ当時のようなブルーオーシャン戦略で行くべきでしょう。
どんどん縮小していく従来型ゲーム市場で牌の奪い合いをしていたら限界があります。

任天堂がDSとWiiでやってきたブルーオーシャン戦略は必ずしも僕の趣向に合ったものではなく、
不満もありましたが、今のコンシューマーゲーム市場は底が見えないくらいの縮小が続いていますので、
個人の趣味・趣向は置いといてまずは業界の発展を一番に願っています。

なので、任天堂が考えるプレミアムな体験は単なるグラフィックの向上ではないと思いたいのです。
スマートフォンゲームのようなお手軽なものでもPS4で遊べるハイクオリティなものでもない、
コンシューマーゲームでしか実現出来ないプレミアムな体験を望みます。

※これまでに公開したコラム記事の一覧はこちら

※何か分からないゲーム用語を見かけたらこちら をご覧ください。

【人気ブログ】( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)【ランキングへ】
6646e5e1.gif

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(36)

  1. シュウ(shu_night) より:

    なかなか想像するのが難しいですね〜。コンシューマーゲームに離れてた層を取り組むのがカギになりそうだが…

  2. ss より:

    個人的にはある程度のスペックは欲しいんですよね、任天堂ハードにも。
    PS4レベルは無理にしてもほどほどに見劣りしないくらいにはスペックは欲しいですね;
    しかし噂されているような携帯機と据え置き機が合体したハードだと値段がネックになってきますよね、スペック上げると。。
    う~ん、任天堂がどのようなハードを送り出してくるか分かりませんが、相当革新的(面白い)なハードでないと厳しそうですよね・・

  3. MGMの名無し より:

    今現在スマホに夢中になってる層は、
    かつてDSやWiiで遊んでましたよ。
    で、スマホで任天堂ゲームが遊べたら、
    スマホで遊びます。
    理由は簡単。
    わざわざハード買う必要が無いから。
    スマホの本当のお手軽さは、
    中高生が買い与えて貰ってる事なので。

  4. MGMの名無し より:

    携帯と据え置きが一体になると、今まで分散されていたリソースが一つになるのが結構大きいですね。ソフト不足が解消されるのでは?

  5. μ's海岸 より:

    レトロゲームって確かに古臭いんだけど
    遥かに少ない容量で
    上手い具合に作り込まれているんですよね。
    プーヤンにしても忍者くんにしても
    パックマンにしてもスターフォースにしても
    分かりやすく万人が楽しめたと思います。
    逆に画面が綺麗でも今のゲームは取っ付き難い、
    数も沢山あるので敢えて手を出さないですよ。
    そんな状況をDS、Wiiで取り戻してくれた任天堂、
    期待したいの一言ですが果たして!

  6. kentworld より:

    >シュウ(shu_night)さん
    一般ユーザーからは想像も出来なかったハードの登場を望みます。
    ぜひ、「なんじゃこりゃ!?」といいたい。

  7. kentworld より:

    >ssさん
    最低でも3DSやWii U程度のスペックは持ってくるとは思います。
    色々と課題は山積みですが、
    1つのアイデアですべてを解決させるのは
    任天堂が得意とする事なので、
    一般人では思いつかないようなとんでもギミックに期待したいです。

  8. kentworld より:

    >MGMの名無しさん
    >今現在スマホに夢中になってる層は、
    なんか、以前もそんなコメントを頂いたような?
    これは僕の意見ではなく、任天堂の戦略ですので
    それが成功するのかどうかは任天堂のアイデア次第ですよ。

  9. kentworld より:

    >MGMの名無しさん
    >携帯と据え置きが一体になると、今まで分散されていたリソースが一つになるのが結構大きいですね。ソフト不足が解消されるのでは?
    ソフト不足が改善されるのは良い事ですが、
    今の流れを根本的に変えるものではないと思うんですよ。
    任天堂に求めているのは任天堂ハード市場の発展では無く、
    コンシューマーゲーム市場全体の発展なんですよね。

  10. kentworld より:

    >μ’s海岸さん
    面倒そうに感じさせてしまう要因の多くは
    画面内に情報表示が多過ぎることなんですよね。
    最近の海外ゲームはそれらを排除する方向に持って行っています。
    また、ゲームシステムもスマート化が進んでいて、
    僕の場合はそういったゲームを色々買って面倒に感じず楽しんでいるんですよね。
    その辺の誤解を解きつつ、
    任天堂は別分野で頑張って欲しいと思っています。

  11. ダベット より:

    何となくこの話題だとこいつ湧きそうとか思われてる気がしたのでやってきた。
    ただその前に任天堂って結構いうことととやることが違うので、あまり儲からなければ結局少数派に頼る課金体系になったり
    あるいは逆にあまり儲かるとサクッとそっちに軸足移しそうな気がしないでもない。
    まあどっちにしても儲かってる携帯機のエコシステムは残すでしょうけどね、そっちはむしろ積極的なライバル不在で残存者利益状態になってる感あるし。
    本題だと身も蓋もないこと言うとPremiumよりPriceの方が問題になりそうな気がする、レトロ2Dアクションゲームどころか立体ピクロスでさえ
    スマホのタッチパネルの精度じゃストレス無くは遊べんわけで、そりゃ専用機欲しいとこだけど、でも他に代用品のなかった時代よりハードルは確実にあがってるからなあ
    あとは客層か、それこそパケのパズルなんてお金に余裕のある大人がいなけりゃ残しようないしね。
    逆算するといかにマニア以外の層に訴求するか、楽しそうで安くての2つは外せんと思うね、PremiumかはともかくEnjoy体験は重要よね。
    車でいうとPS4はスポーツカーみたいなもんだが、任天堂はそこで戦うより思い出のファミリーカー路線のがいいと思う(笑)

  12. ダベット より:

    字数制限かかりそうだから分けたけどこっからは記事無視の完璧余談ね
    携帯機との統合は俺もkentっちの予想当たってそうと思うんだけど
    ソフト供給媒体とか、記憶媒体もあるいは電源供給みたいな技術的問題を克服して、価格もクリア出来たとしても、でもそれだけじゃインパクト弱すぎると思うのよね。
    だってそれは供給側の都合にすぎないわけで、遊ぶ方には関係無いからさ。
    たとえばVITAとVITA TVが仮に同時に華々しく発売されてたとしても別に今となにも変わらんかったと思うんですよね。
    だからその上で何か必要と思うんだけど
    性能は携帯側の電源がネックになるし、仮に据置のみ高性能にしても専用ゲームなんかMew3ds並に出ないだろうし
    ギミックにしても、リモコンは携帯機じゃ、立体視は据置じゃ無理なわけで、何気に統合すると結構ハードルあがるよな。
    どんなんが出るか結構楽しみだわ、とりあえずインパクトの強い、とにかく欲しいってハードになるといいんだけど。

  13. スカンポ より:

    今はVRに興味が有るのですが、それをも上回るやってみたい感を出せるものを期待しています。
    任天堂にしか思いつかないゲーム機になれば良いですね。

  14. MGMの名無し より:

    ゲーム機の市場縮小が年々進んでいく以上、
    ゲームの枠組みを超えたビジネスを手広くやっていくのも一つの手だと思います。
    任天堂の強みは幅広い年齢層に対する話題の提供力ですから、日常生活に関わる様々な商品とのコラボレーション、スマホを活用したポータルアプリの提供とキャラクター、アイテムなどの収集、それらと最大限に連動するゲーム機であるべきだと思います。
    最近の傾向から言えば、キャラクターを他社に貸し出す機会もますます増やしていくのではないでしょうか。
    また、既存の大型タイトルの開発もマリカやスマブラでやったようにどんどん他社に協力を求めていく方がいいでしょう。これからは任天堂のような大企業でも中小企業並のフットワークの軽さを求められていくと思います。

  15. ゆき より:

    グラフィックはハードの性能に依存するので後から出る性能の良いパーツを詰めば向上するのは当然みたいな感じですから
    前回のコラムでアーケードがコンシューマにグラフィック面で差が無くなり、特殊な筐体くらいしかアドバンテージが無くなったと仰ってましたが、
    アーケードで言う特殊な筐体と同じようにコンシューマもグラフィック以外の「売り」と言う事でVRやNXは何かしらのギミック?などに向かいつつあるのかなと
    一定期間しかアドバンテージにならないグラフィック(グラフィックって見慣れちゃいますしね(^^;))よりも、ギミックやシステム、操作性とか快適性が求められるならクリエイター達の腕の見せ所なのかも(^^)

  16. ウユニ より:

    DSやWiiのときに成功した要因って大きく2つあると思うんですよね。
    1つ目は脳トレやWiiSportsなどのキャッチーな新体験。
    2つ目はNewマリやポケモンリメイク、ドンキーみたいな昔ゲームやってた層向けへのリバイバル路線。
    HD機が複雑な進化遂げてる中でぽっかり空いたブルーオーシャンにどちらもハマったから大爆発した。
    それを3DSやWiiUにそのまま単純進化で引っ張ってきたのが失態だったと思う。
    新鮮さは続編だとなくなりますしリバイバルは2つも3つも出されても食傷気味。
    つまりどちらも一気に需要喚起した分任天堂自らがレッドオーシャンにしてしまった。
    そしてよりカジュアル方面はスマホ、ハイエンド方面はPS4が埋めてしまっていて袋小路。
    というわけで新たなブルーオーシャン探すしかないでしょうね。
    スマホでもPS4でもできないようなゲーム出すしかない。
    従来のマリオマリカゼルダなんかは出そうと思えばPS4でも問題なく出せちゃう訳で。
    ポケモンやぶつ森もスマホで本編行けちゃいますし。
    これらのIP使うのはいいですが新体験に打って出ないとハード屋である意味薄れちゃいますね。
    NXがそういうハードになること期待します。

  17. MGMの名無し より:

    任天堂ハード市場の発展はCS市場の発展に繋がると思いますよ。
    ただ他の人も言う通り任天堂ハードはサードが少なすぎる問題が…
    お互い競争し少ない牌を奪い合うのももう仕方ない気がします。
    SCEしか持ってないもの、任天堂しか持ってないものが多すぎるのです。
    任天堂はコアユーザーも欲しい、SCEはライトユーザーも欲しい。
    でもユーザーが完全に住み分けちゃってるからなかなか解決しない。
    任天堂が従来型になかなか戻れないのも仕方ない。
    高い性能よりも”プレイステーション”というブランドが
    力をつけてきているのがPS4成功最大の理由と思ってます。
    なのでNXが仮にPS4より性能高くても売れない可能性が高い。
     (ユーザーの予想の更に上をいく任天堂らしさ)
     (サードが困らない程度には多少性能上げる)
    この2つがあればとりあえず嬉しいです。

  18. kazu より:

    DeNAと提携したのだから、単純に考えて「スマホ層」を全力で取りに行く方向性だと思いますね。それだとハードのスペックも値段も低く抑えられますし。

  19. MGMの名無し より:

    知名度はあるけどあまり商品として上手くいってないキャラクターをスマホの基本無料ゲームに投入するんじゃないかな?
    そこにゲスト的、コラボ的にマリオとかを絡めたり、その基本無料ゲームを遊ぶことによって、NXとかのゲームになんらかの還元がされたりすれば、ひとつのプレミアム体験だと思う。

  20. セシル より:

    任天堂の考えるプレミアムな体験ってどんな感じなんですかね?正直全然想像出来ません。従来型の発展系では成功は難しいでしょうし、ソニーのようなハイエンド&PSVRの組み合わせ以外だと現状思い付かないです。まあでもそこは任天堂らしい「あっ!」と思わせる仕掛けを用意してくると思いますけど。

  21. Ryou より:

    イラストはドラクエ8のゼシカでしょうか?と前置きはさておき
    据え置き携帯の統合の件のそもそもの始まりは決算説明会で散々
    言われてるアーキテクチャの統合って所から来てるんですよね。
    本当に据置携帯統合化を狙うのなら、記録媒体の統一なんてのも
    可能性の一つとしてあり得るかも?
    そういえば既にDQ11/DQ10発表してるスクエニはともかく、
    スパチュン社長がF通インタビューで
    NXに興味ある的なコメントしてた事に驚いたな。
    (仕様伝わってる上でのコメントなら信用できるけども)
    大手は勿論、こういった中小メーカーの誘致も
    ソフトを充実させる為の鍵になると思う。

  22. kentworld より:

    >ダベットさん
    ダベットさんは株をやっているからか、
    商業色が強い話になると姿を現すのかな?とは思っています。
    任天堂は確かに途中から言っている事とやっている事が変わってしまいますが、
    コンシューマーゲーム事業に関してはアイデンティティともいえるものなので、
    ここでブレてしまったらどうするの?と思ってしまいます。
    さすがにそれはないと思いたいですね。
    クラシックな2Dアクションやパズルがコンシューマーゲームから無くなる事はないと思いますが、
    これをフルプライスで売っていくのはだんだん難しくなっていくと思います。
    なので、これらをメインにしていったら厳しいと思うのですよ。

  23. kentworld より:

    >ダベットさん
    >だってそれは供給側の都合にすぎないわけで、遊ぶ方には関係無いからさ。
    これは本当にその通りで、近年、
    ゲーム業界で起こっている環境の変化って
    まさしく供給側の都合に過ぎない訳で、
    遊びとしてはそんなに変わっていないんですよね。
    考えれば考えるほど課題は山積みですが、
    そんな問題をこれまで解決したわけなので期待したいんですよ。
    複数の問題をたった1つのアイデアで解決するのは
    特に宮本さんが得意とする事ですので。

  24. kentworld より:

    >スカンポさん
    そうですね、早くNXの詳細を知りたい!
    そしてワクワクしたいです。

  25. kentworld より:

    >MGMの名無しさん
    >ゲーム機の市場縮小が年々進んでいく以上、
    >ゲームの枠組みを超えたビジネスを手広くやっていくのも一つの手だと思います。
    キャラクタービジネスの強化は去年あたりから顕著になってきましたね。
    仰る通り、この流れはこれからも続くと思います。
    ただ、これで心配になってくるのが
    キャラクターが消費されないかってことですね。
    あまりにも露出が多いと飽きられてしまいますので。
    外注にしてもクオリティのコントロールが大変です。

  26. kentworld より:

    >ゆきさん
    グラフィックの進化は一番分かりやすいものですが、
    これは慣れてしまえばどうってことないうえに
    どんどんコストが高まってしまいますので、
    ギミックは非常に重要だと思います。
    NXも小手先では無いギミックは必要不可欠でしょう。

  27. kentworld より:

    >ウユニさん
    仰る通りです。
    僕が思っていることを見事に表現していますw
    3DSはスタートダッシュこそ成功しましたが、
    その後の戦略は決して良いとは思っていません。
    仰る通り驚くほど単純進化で引っ張っていき、
    PSP市場を食って巨大化しただけですからね。
    コンシューマーゲーム市場がここ5年で一気に衰退したのも、
    任天堂の方向性に問題があったからだと思っています。
    この辺りの話は3DSが収束に迎えるころ、総括したいと思います。
    NXでなんとか軌道修正して欲しいですね。

  28. kentworld より:

    >MGMの名無しさん
    >お互い競争し少ない牌を奪い合うのももう仕方ない気がします。
    WiiとPS3は色々ありましたが、
    何だかんだで上手く住み分けが出来たと思うんですよね。
    任天堂ファンでコアゲーマーな方からすると
    この記事は複雑かもしれませんが、
    僕としては任天堂とSCEは戦う土俵を変えて頑張った方が
    コンシューマーゲーム市場全体の発展に繋がると思っています。

  29. kentworld より:

    >kazuさん
    そうなるとブルーオーシャン戦略になりそうですね。
    上手く取りこめたらコンシューマーゲーム市場全体の発展に繋がると思います。

  30. kentworld より:

    >MGMの名無しさん
    >知名度はあるけどあまり商品として上手くいってないキャラクターをスマホの基本無料ゲームに投入するんじゃないかな?
    その可能性は十分にあると思います。
    成功するのかどうかは怪しいところですけどね。
    >その基本無料ゲームを遊ぶことによって、NXとかのゲームになんらかの還元がされたりすれば、ひとつのプレミアム体験だと思う。
    例えばNXのゲームソフトが安く買えるようになったら
    上手くコンシューマーへ引き込めそうです。

  31. kentworld より:

    >セシルさん
    本当にそうなんですよね。
    何を持っているのか分からないからこの記事を書いたわけですので。
    そう遠くないうちに明らかになりそうなので、
    このタイミングで記事にしてみました。

  32. kentworld より:

    >Ryouさん
    イラストは僕が昔描いていた漫画のオリジナルキャラクターです。
    密かに絵のタッチを統一して、
    昔描いていた漫画のイラストを公開していこうかなと思っているんですよ。
    ゲーム会社だったら新ハードにとりあえずの興味は示すと思いますよ。
    まずはどこも様子見のタイトルを出すんじゃないでしょうか。
    それが上手く行かないからいつも最終的には
    任天堂専用機になるんですよねorz

  33. KUMA より:

    何度か過去コメントで言及してますんでそれと被りますが、近年の任天堂の動きから察するに、あくまでNXはユーザと開発者、両面においてのコスト面の敷居の低さを最優先してくるとは思います。
    任天堂がいう「プレミアムな」ってのは「美麗なグラを満喫できる」とかいう豪華さでなく、あくまで「家庭用ならではの要素や快適性」の事でしょう。
    わざわざまだ3年目のWiiUを切り捨ててまで仕切り直しするからにはWiiUよりは性能も盛っては来るでしょうけど、性能とギミックを両方追うのは特にコスト面で無理ですね。4~5万円じゃどう頑張っても売れっこないですから。「無理して2万で出して1台毎に2万ずつ赤字垂れ流し」なんてのも、財務出身の君島氏はおろか、任天堂首脳の誰一人ウンとは言わんでしょう。

  34. KUMA より:

    今のゲームそのものが「楽しめる人だけ楽しむ」に偏り過ぎてますんで、任天堂はその障壁を取っ払う方面で頑張って欲しい。国内3DSの流れで一部国内メーカが動く意外は大半(特に海外)は様子見から入るでしょう。仕様&性能面で媚びても思うように参入メーカは増えんでしょうから、まずは自身が暴れやすいように土俵を作っていただければ。
    その上で多くのメーカを呼び込みたいならギミックに関するノウハウをケチらずミドルウェアとして放出するのは大事だと思いますね。ここをケチるとWiiのように任天堂かそれ以外かで品質に差が付き過ぎるでしょう。「64→GCで挑戦状的仕様を改めた」と竹田氏・岩田氏は仰ってましたが、Wii~WiiUも独自仕様の部分で十分過ぎるほど開発者泣かせだったとは思いますね。「基礎研究は各自でどうぞ」と突き放すだけでなく、太っ腹に振る舞った方が任天堂にとっても長い目で見りゃ得だと感じますがさて…(苦笑

  35. kentworld より:

    >KUMAさん
    >ユーザと開発者、両面においてのコスト面の敷居の低さ
    今の市場に合ったゲーム機を作るようですからね。
    ここはちょっと心配でもあったりします。
    遊びの面で冒険してもらわないと、
    多くのユーザーは触れようとしませんから。
    任天堂はアソビの面で常にイノベーションを起こして欲しいです。
    一体、どんなゲーム機が誕生するのか。

  36. kentworld より:

    >KUMAさん
    >今のゲームそのものが「楽しめる人だけ楽しむ」に偏り過ぎてますんで、任天堂はその障壁を取っ払う方面で頑張って欲しい。
    それは同意ですが、最近のニンテンドーダイレクトを見ていると
    ますます「楽しめる人だけ楽しむ」に偏り過ぎているので、
    NXでいきなり路線変更をしてくるのかは怪しく感じてしまいます。
    サードパーティは任天堂ハードに不信感を持っているでしょうから、
    間違いなく最初は様子見モードでしょうねぇ。
    それでは売れる流れは作りにくく感じてしまいます。
    この課題はもう20年近く続いていますよねw

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。