2015/12/31/20:00 | 年末年始特別企画

各ゲーム機・ゲームメーカーにとって今年はどんな年だった?2015年ハード&ゲームメーカー考察

年末年始特別企画!今回は何気に8年連続でやっている各ゲーム機の1年間を振り返っていきます。
各ゲーム機にとって、この1年間はどんな年だったのでしょうか?
関連記事:2014年ハード考察

214
3DS

今年もトップシェアハードとして活躍してくれたニンテンドー3DS
人気シリーズの本編はほとんど発売されませんでしたが、
それでも「モンスターハンタークロス」、「妖怪ウォッチバスターズ」、
「どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー」といった派生作品は
100~300万本級の大ヒットとなり、十分に市場を賑わせてくれました。

その一方で中堅以下はますます弱まっているように感じられ、
さらに極端な市場になってしまった印象です。
ハード売上も以前ほど高くはなく、ハード後期特有の現象が起きています。

134
PS4

発売2年目を迎えたPS4。相変わらず日本では爆発的な売上にはなっていませんが、
ようやく国内メーカーもマルチタイトルではあるもののソフトを供給するようになって
PS3やPSVITAユーザーの移行が少し見られました。
来年以降に発売される国内向けの大作も多数発表されたので、
確実に状況は良くなっていると思います。来年こそはブレイクするか!?

6f65700b.jpg
Wii U

少数精鋭路線を貫いているWii U。
昨年にキラータイトルを出し尽してしまったので今年は苦戦するとみられていましたが、
「スプラトゥーン」がまさかの100万本を超える大ヒットになり、「スーパーマリオメーカー」も
50万本以上の大ヒットタイトルになった事から昨年以上の盛り上がりを見せました。

たった1つのキラータイトルで大逆転を図るのは昔から任天堂が得意とする事ですが、
今の時代になってそれを再現するとは恐れ入りました。とは言え遅すぎた感は否めず、
この大ヒットがWii Uを延命したとは言い難い部分があってなんとも勿体ない感じです。

1e05dcbc.jpg
PSVITA

発売から早くも4年が経過したPSVITA
2015年はなんといっても「マインクラフト」の大ヒットが大きいでしょう!
このタイトルが売れたおかげでPSVITA市場にもキッズ層が増えて
来年以降のソフトラインナップが広がる可能性が出てきましたからね。

その一方でSCEは相変わらずやる気を見せず、
サードパーティもPS4とのマルチタイトルばかりを出すようになって
相変わらずPSVITAの優位性を見せられずにいます。その点は不安ですね。

102
PS3

もうすぐ発売から10年を迎えるPS3。
2015年は予想以上にPS4への移行が進んだため、
大ヒット作は「テイルズ オブ ゼスティリア」くらいしか生み出せませんでした。
その「テイルズ オブ ゼスティリア」にしてもハード末期の名作になったとは言い難い評価で、
2015年はPS3にとって良い年とは言えません。このまま引退を迎えるのでしょうか?

192
XboxOne

日本では発売2年目を迎えたXboxOne
いくつかのキラータイトルが発売になりましたが、
厳しい状況は改善するどころかむしろ悪化するばかりで絶望するしかない状況となってしまいました。
2016年も海外産の大作タイトルは発売になりますが、
日本マイクロソフトがいつまで日本向けのローカライズを行ってくれるのか不安です。

Wii U マリオカート8 セット シロ
任天堂 (2014-11-13)
売り上げランキング: 91

PlayStation4 グレイシャー・ホワイト 500GB (CUH1100AB02)
ソニー・コンピュータエンタテインメント (2014-10-09)
売り上げランキング: 16

ここからは大手ゲームメーカーの1年を振り返っていきます





任天堂

2015年は任天堂にとって厄年でした。何といっても岩田社長の死去が大きいです。
その影響でスケジュールが大きく崩れてしまい、年末商戦でも有力タイトルを発売出来ず、
未だに業界再王手ではあるものの厳しい1年でした。「スプラトゥーン」が大ヒットしたのがせめてもの救い。

カプコン

今年も「モンスターハンター」頼みの1年だった印象。
相変わらずそれ以外の有力タイトルを発売出来ておらず、
かつての元気を感じられません。水面下では色々動いているようですが・・・。

バンダイナムコ

豊富なキャラクターコンテンツを抱えて安定感抜群なバンダイナムコ。
今年は例年以上に炎上するほど低評価なタイトルを連発してイマイチパッとしませんでした。
ソーシャルゲームでは結果を出しているので、ここに来てスマホへ移行するなんて事はないよね?

スクウェア・エニックス

今年もさほど大きなタイトルを出せず、繋ぎの年だった印象。
ですが、来年以降に続々とビッグタイトルをコンシューマー向けに投入する事が明らかになったので、
そろそろかつての勢いを見せてくれるんじゃないかと期待しています。

セガ

昨年と比べると意欲的なタイトルを発売出来ず、パッとしなかった印象。
このままフェードアウトするのかと思いましたが、
ようやくPS4向けの大作をいくつか発表してくれて来年は少し期待しています。

SCE

今年も思うように新作を出せなかった印象。
上半期こそは「ジ・オーダー1886」、「ブラッドボーン」と大作が続きましたが、
それ以降は怒涛のリマスターラッシュでPS4を引っ張ることが出来ていません。
来年は空前のソフトラッシュにするそうですが、果たして有言実行出来るかな?

レベルファイブ

「妖怪ウォッチ」な1年でした。とは言え派生作品しか出せておらず、
レベルファイブにとっても繋ぎの年だった印象は否めません。
来年は自社の大型タイトルを続々と出すそうなので、期待しています。

コナミ

ここ数年続いていたコンシューマー事業をさらに縮小させてきました。
まさか頼みの小島プロダクションを解散させてしまうとは。
スポーツゲームも売れなくなって来ていますし、
もはやコンシューマーゲームの大手メーカーとは言えなくなって来ています。
「メタルギアソリッド」本編をようやく発売してくれたのは良かったですが・・・。

コーエーテクモ

今年はコーエーテクモよりもガストが頑張っていた印象。
無双シリーズは小休止だった印象なので、来年に巻き返してくるのでしょうか?

アトラス

今年こそは「ペルソナ5」が発売!するかと思ったらまたまた延期で繋ぎの年でした。
スパイク・チュンソフトや任天堂とのコラボなど外交戦略は良かった思いますが。

角川ゲームス

色々意欲的ですが、「艦これ改」をさらに延期するなど相変わらずクオリティが不安定。
さすがに来年こそは色々出してきそうですが、大丈夫かな?

マーベラス

爆乳プロデューサーさまさまの1年でした。彼が手がける作品は堅調だった一方、
それ以外は3DS「ポポロクロイス牧場物語」くらいしかパッとしなかった印象です。

その他

日本ファルコムは新たなシリーズを生み出す事に成功!コンパイルハートはここに来てやや不調に。
スパイク・チュンソフトは「ウィッチャー3 ワイルドハント」がヒットするものの、
自社の新規タイトルは苦戦して良いのか悪いのかよく分からない状況。

日本コロムビアは引き続き「すみっコぐらし」がヒットして堅調。
日本一ソフトウェアは自社の看板タイトルがコケるものの「夜廻」が予想外のヒット!
海外勢は「コールオブデューティ」シリーズ最新作や「マインクラフト」の大ヒットが大きく、
やや勢いがなかった昨年と比べたら頑張っていました。


こうして大手ゲームメーカーの動向を振り返ってみると、今年は繋ぎの年だったところが多い事。
逆に言えば来年は期待出来るという事なので、楽しみにしていますよ!

※何か分からないゲーム用語を見かけたらこちら をご覧ください。

【人気ブログ】( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)【ランキングへ】
6646e5e1.gif

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(22)

  1. ウユニ より:

    1年間更新お疲れ様でした!
    個人的には滅茶苦茶ゲーム楽しんだんですが過去作含めてのことだったんでこうして見るとソフトもハードも確かに繋ぎの年ですね笑
    所謂大作はスプラトゥーン、ブラッドボーン、MGSVぐらいですかね。
    スプラトゥーンは国内で、他の2つは全世界的に評価されたんでそこだけは良かったのかな。
    自分としてはスパイクチュンソフトの評価がストップ高ですね笑
    来年一番期待値高いのダンガンロンパ3だったりするんでw
    あとはやっぱりスクウェアエニックスと任天堂の動きがやっぱり気になりますねー

  2. J.S より:

    geiminさんのデータによると、実は任天堂は本数的には少しだけ伸ばしてるんですよね(あくまで参考ですが) でも、全体は2割くらい前年より減少してるのが何とも悲しいです。じゃあどこが減ってるかというとレベルファイブとポケモン、コエテクが目立つかなという感じです。このあたりはあまり人気シリーズの本編作品を出してないですよね。これを見るとkentさんの言う通り、繋ぎの年という印象が強いですね。来年は本編も新規IPも色々出て欲しいです。
    今年はほとんどの記事を読ませてもらいました。来年もブログがんばってください

  3. KOJI より:

    んじゃ自分も自分なりの視点で1年を考察してみます。
    【3DS】
    ミリオンを超えるヒット作も何本か出て、2015年の日本のコンシューマ業界を牽引したハード。
    NXにバトンを渡すまで、もうひと踏ん張りしてほしいです。
    具体的に言うと、ポポロ牧場続編の発売まで踏ん張ってもらわないと駄目ですw
    【PS4】
    日本でもようやくエンジンがかかり始めましたね。
    来年はソフトもバリバリ出るので、視界良好だと思います。
    PSVR!PSVR!
    【Wii U】
    スプラトゥーンに尽きますね。
    任天堂の新たな柱となれるソフトを生み出した功績は大きいです。
    来年はスターフォックスなどでボチボチやりつつ、ゼルダで引退への花道を飾る感じですかね。
    【VITA】
    現状では中小メーカーが手堅く商売をするためのハードになっていますね。
    今年を振り返って一番の明るい話題がマインクラフトというのは情けないです。
    まだまだやれるハードのはずなんですけどね。
    【PS3】
    存在感の薄い1年でした。
    お疲れさまでした。
    【XboxOne】
    お疲れさまでした。
    いや、疲れてもないか…。
    次コメに続きます。

  4. Ryou より:

    3DSは今年はソフト的な意味では繋ぎの年って印象だったかな。
    昨年は4大タイトルのダブルミリオン超えもありましたからね。
    ポケモン本編(マイチェン)が発売されなかったのも痛かった。
    中堅作品の発売タイトルが少なくなった事で売れる売れないの
    差がより激しく感じる(見えた)のも気になったところですね。
    明るい話題としては妖怪バスターズがスピンオフにも関わらず
    ダブルミリオン突破。MHXが4G超えの勢いって点かな。
    来年は妖怪3、パズドラZ、そしてポケモン本編もあるだろうけど、
    モンハンが来年も発売されるのか?どうがが鍵となるかな。
    (ストーリーズは確定してるけどセールス的には厳しそうだし。)
    Wii Uは最後の切り札とされてきたマリカスマブラでも状況は変えられず、
    駄目かと思われた中でのイカマリメのヒットは印象に残りましたね。
    反面、従来作の大半が奮わずという“今のトレンド”がハッキリした年でもあったかな。
    思えばマイクラの配信でWii Uがニコニコ向けハードになりつつあると感じる今日この頃。
    PS4は洋ゲーが先行してるという流れは今年も変わらずかな。
    とはいえ見た目が洋ゲーの国産ゲー(MGSVなど)は新ハードに
    移ってもある程度の実績は残せるというデータは得られたかな。
    そういやあと僅かか。今年も色々とありがとうございましたm(_ _)m
    来年も、そしてコンゴトモヨロシク…。

  5. セシル より:

    今年は業界的にも個人的にもパッとしない印象な1年でした。ホント来年期待してます❗そしてkentさんのブログも1年楽しませてもらいました、ご苦労様でした。来年も楽しみにしています❗では良いお年を(^^ゞ

  6. MGMの名無し より:

    確かに3DSは緩やかに独走しながらNX待ちの状態、PS4は本体台数を地道に増やしつつの
    大作ソフト待ちで繋ぎの年の印象。
    業界が元気になるのはNXが任天堂ソフトで普及させて、そこに3DSでは性能的に出せなかった
    サードが普及台数がキモの定番シリーズタイトルを出すようになるって流れか、
    PS4が年会費支払い必須をやめて小中学生の購入ハードルを下げた後、SCEだけでも
    彼らを取り込むソフト戦略をするかだな。
    あと2016年にドラクエ11出るのか知らんけど3DSのが先に完成してPS4版がまだまだだったら
    さっさと3DS版だけ発売する事を希望しとく。

  7. KOJI より:

    【任天堂】
    任天堂にとってはスマホ参入をはじめ、大きな決断を色々と下した1年となりましたね。
    その指揮をとっていた岩田社長死去の影響は計り知れなかったと思います。
    業績が回復傾向なのは救いですが、厳しい1年でした。
    【カプコン】
    そういえば今年買ったカプコンソフトはPS4のリメイクバイオとりベレーションズ2の2本だけでした。
    モンハン以外のタイトルが色々出てくるであろう来年に期待しておきます。
    ディープダンジョンは…いや、なんでもないです。
    【バンナム】
    バンナムのソフトなんて今年何か買ったかなぁ…。
    その程度の印象しかないですね(^_^;)
    【スクエニ】
    今年は印象薄です。
    しかし、来年以降は違うというオーラをヒシヒシ感じます。
    キングパンチを放つためには入念なウォーミングアップが必要なんです。
    【SCE】
    今年の後半は空気化してしまった感じですね。
    仕込んでいるソフトの数は多そうなので、来年はコンスタントに発売していけるといいんですけど。
    【コナミ】
    メタルギアソリッドⅤ発売が今年のコナミの全てでした。
    小島監督退社後もコナミは「スネェェェーク!まだだ!まだ終わってない!」と言っているみたいですけど、どんなメタルギアができるやら。
    メタルギアアシッド3でも作るのかな。
    【コーエーテクモ】
    コンシューマー業界を上手く立ち回っているなぁと思います。
    月刊無双が無いとちょっと物足りなく感じますw
    とりあえずこんなところですね。
    来年は今年よりもコンシューマ業界が盛り上がりそうなので楽しみにしております。
    なんといってもVR元年(の予定)ですし!

  8. MGMの名無し より:

    日刊イトイ新聞で宮本さんが言ってましたが、開発は3年くらい先までやることは決まっているらしく、岩田社長が亡くなった影響は今のところはないように言ってましたよ。
    岩田社長がいなくなった影響は当然あるでしょうが、今年に関しては単に開発スケジュールの遅れだと思います。

  9. ダベット より:

    1年お疲れ様。
    んじゃ俺は今年最後だからギリギリでチラッと来年市場予想しとこうかな。
    3DSはめぼしいの妖怪3、ドラクエ11、ポケモンZ(多分)あたりか、基本大作主導市場だから、今年と同程度かな、モンハンがまた連作してNXが再来年に延びたら微増くらい。
    PS4はFFドラクエ本編が来れば間違いなく激増、ただPS据置全体で見るとかなりの部分をPS3の激減分にもってかれそうな気がしなくもない。
    VITAはこれはもう我が道を行くんだろうなとしか、基本的に同程度と予想
    WiiUは流石にスプラマリメの穴を埋めるタイトルが毎年出るともおもえないので激減
    箱は悪いけど全体の市場に影響を与えるほどシェア高くないと思う、悲しい話だけど。
    全体としては3DSがシェア落としつつも大きくトップ、大きく伸びたPS4が続き、手堅いVITA、今年の大作が巡航しそうなWiiU、一部一般向けマルチの残るPS3って感じで
    PS4のお陰で金額としては前年を上回るもソフト本数的には同程度って感じではないだろうか、なんの根拠もない素人予想だが^^;
    では、ネガティブなことばかりいってご迷惑をおかけしましたが、最後くらいは素直に よいお年を。

  10. 黒詩★紅月 より:

    あけましておめでとうございます!
    3DS:極端的に『逆転裁判』シリーズで満足です。 ゲーム自体は良いけど、PSP/DS世代と同じく、財布に構ったら、VITAのほうを買います。 結局『大逆転裁判』のシーズンパスを買わなかったです。 良いタイミングにnew3DSLLを買いたいけど、なかなか…。
    PS4:今年はかなり数のゲームを買いました。 日本はまだ色々組んでるが、満足できる一年でした。
    WiiU:年24タイトルしか出ないことを聞いて驚きました。
    PSV:PS4とマルチばかりで、個性が薄くなってきます。 萌え萌えのをいっぱい買うのも良いけど、やっぱ燃え燃えのももっと欲しいです。 PSP世代には地味に色々ハイクオリティのタイトルを投入したが、PSVはまだこういう恵まれていないです。 こっちは2000型とTVを買いたいけど、なかなか…。 TVはかなり安く買えるが、セーブデータには面倒そうです。
    PS3:PS4世代に入るスピードが早くて、色々マルチタイトルで終わるでしょうね。 最後の大作!的なものもPS4とマルチでしょうしね。 華麗に収束しなくても十分に頑張りました。 個人的に年始年末セールとかに色々買いたかったですがね。
    ONE:独占タイトルがちゃんとあって良かったです。 このために買いたいと思わないけど、羨ましいです。

  11. ふるふる より:

    毎回マリオマリカスマブラでうんざりな流れに
    スプラトゥーンみたいな新規が出てくれたは嬉しかった。
    マリオメーカーは売れるの難しいソフトかと思ったけど、
    3Dワールド以上で頑張ってるね。
    大晦日のガキの使いでも使われたりとか、
    誰もが知っているマリオだからこその宣伝方法で上手いし、
    この2本は売り方次第ではまだまだ頑張れそう。
    PS4は2016年こそ完全に移行してほしいけど、
    未だにPS3ソフトが残ってるから納得するほどは難しいか。
    日本だけ置いてかれているのが情けない。追いついてほしい。

  12. kentworld より:

    >ウユニさん
    2015年はウユニさんに出会えたことを嬉しく思っています!
    そうなんですよ、ウユニさんにとっては回帰した年ですが、
    全体的にはまだまだ本領を発揮していなかったんですよね。
    前半は良かったですが、後半がイマイチでした。
    これから2016年を盛り上げる記事を色々書いていきたいと思います。

  13. kentworld より:

    >J.Sさん
    あぁ、ポケモンを別会社にするとそうなるかもしれませんね。
    減少分を見ていると、やはり昨年ほど目玉タイトルを発売出来なかった事が大きいのか。
    今後は3DSの減少分を他が補っていく必要がありますね。

  14. kentworld より:

    >KOJIさん
    3DSはあと1年くらいは頑張っていけそうですね。
    PS4にとっては勝負の年になりそう。応援していますよ!
    Wii Uはもう少し現役でいて欲しいですが、
    ソフトラインナップ的にはあと1年が限界かなぁ。
    PSVITAは本当にそんな感じです。
    便利な存在ではありますが、汎用機みたいだなぁ。
    それ以外のハードは記事でもコメントに困りましたw

  15. kentworld より:

    >Ryouさん
    トップシェアとなる3DSのソフトラインナップを見ても
    繋ぎの年だった事が象徴されていますよね。
    昨年も2大モンスタータイトルに関しては完全新作ではなく、
    そういう意味では繋ぎだったとは思いますが。
    パズドラZはどうでしょうねぇ。もう厳しい気がしています。
    現時点で確実に期待出来るのは妖怪ウォッチ3ですね。あとはドラクエXIか。
    Wii Uに関してはまさか最終兵器のあとにこうなるとはねぇ。
    任天堂全体から見たら確実に今後に繋がったと思いますので、
    Wii U抜きにしてそこは期待したいですね。

  16. kentworld より:

    >セシルさん
    1年間、ありがとうございました。
    2016年は巻き返していきましょう!
    ブログも2015年以上に頑張っていきますよー!!!

  17. kentworld より:

    >MGMの名無しさん
    >確かに3DSは緩やかに独走しながらNX待ちの状態、PS4は本体台数を地道に増やしつつの
    業界が元気になる提案はともかく、
    繋ぎの年だったというのは同感です。
    ドラクエXIに関しては2016年の予想記事で色々語らせていただきます。

  18. kentworld より:

    >KOJIさん
    任天堂にとって2015年は大激動でしたね。
    この流れは2016年になっても変わらないでしょう。
    カプコンは2012~2013年の大作ラッシュで疲れ果ててしまって、
    そこからなかなか続かない印象です。
    周期的にはそろそろなので、さすがに2016年は頑張ってくれそうですが。
    スクエニは2013年から発表し続けたタイトルは
    ようやく2016年に目が出てきそうで楽しみです!
    コナミは失望し続けた1年でした。
    まさかこんなにも落ちぶれるとは・・・
    コーエーテクモは例年ほど結果を残せませんでしたが、
    相変わらず外交戦略は上手いですねw

  19. kentworld より:

    >MGMの名無しさん
    >岩田社長がいなくなった影響は当然あるでしょうが、今年に関しては単に開発スケジュールの遅れだと思います。
    あぁ、ソフトスケジュールというか
    ニンテンドーダイレクトなど広告周りの話も含めていました。
    言葉足らずですみません。

  20. kentworld より:

    >ダベットさん
    >んじゃ俺は今年最後だからギリギリでチラッと来年市場予想しとこうかな。
    僕も概ねそんな感じですね。
    近いうちに2016年の予想記事を書きますが、
    僕の場合はまた違ったアプローチで書いていこうと思っています。
    まあ、毎年やっている事ですが。

  21. kentworld より:

    >黒詩★紅月さん
    新年最初のコメントありがとうございます。
    全体から見ても一番乗りですよ!素晴らしい!
    新年のあいさつに関しては、一発目の記事でしようと思います。
    2016年は3DSとPS4の二極化になりそうな気がしますね。
    PSVITAはひょっとするともう少し伸びてきそうですが、
    Wii Uはタイトルが発表されないからにはなぁ。
    PS3はマルチタイトルでだらだら続いていますが、
    独占タイトルに関してはラスト・オブ・アス辺りで一区切りで
    有終の美を飾ったつもりなのかも。
    XboxOneはもっと独占タイトル出て!
    2016年も期待しているよ!

  22. kentworld より:

    >ふるふるさん
    そうですね!スプラトゥーンと
    マリオメーカーは明確な終わりがないので、
    いつになっても宣伝しやすいというのはあると思います。
    この辺はスマホゲーにも通じるところがあって、
    これからのゲームは終わりを作らないところがトレンドになるかも。
    個人的にそれはあまり望まないんですけどね。
    終わりあってこそのゲームだと思うので。

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

関連記事

2014年に発売されたタイトルで個人的に期待を下回ったゲーム
ドラゴンクエストXIの対応ハードは何になる?2015年のゲーム業界を大予想!
2014年を振り返る!個人的に今年印象に残ったゲームニュースTOP20
2016年に発売されたタイトルで個人的に期待を下回ったゲーム
今年もまだやります!2015年の年間ゲームソフトランキングTOP100レビュー
2014年を大予想!今年の気になるゲームの話題・情勢
意欲的な作品が盛り沢山!2016年期待のゲーム(ダウンロードタイトル編)
意外なタイトルがランクイン?MGM読者が選ぶ2016年ベストゲームランキング
喜多川祐介、ジャック、坂本竜司、プロンプト、他2016年マイベストゲームヒーロー
2017年期待のゲーム(パッケージタイトル編)ダンガンロンパ、DAZE2、ゼルダ、ドラクエ、ニンテンドースイッチなど盛り沢山!