2016/02/01/12:00 | M☆G☆Mコラム

一番貰ってうれしいのは賛同や共感コメント!

165


このブログでは大半の記事でコメント出来るようになっています。
思ったことがあればどんどんコメントして貰いたいですし、
ちゃんとマナーを守っていたら賛成、反対意見どちらでも受け付けますが、
やっぱり貰って嬉しいのは賛成意見なんですよね。

このブログは自己主張が強く、主観的な意見をどんどん書いてますが、
やっぱりその意見が正しいのか、間違っているのか。
読んでいて面白いのか、つまらないのか分からないから怖いところがあるんですよ。
人間の数だけ異なる意見が存在するのでそもそも間違いも正しいも
あったもんじゃないのかもしれませんが、共感コメントこそしてもらいたいんですよ。

やっぱり僕も人間ですから、反対意見ばっかり貰ってしまうと例えそれが
マナーを守った範囲内のコメントであってもメンタルに影響を受けてしまうことがあるんですよね。
最悪、落ち込んでふて寝してしたり、食に当たってしまうかもしれない。
こう見えても(?)ガラスのハートを持っていて、傷付きやすいタイプなんです。

もし、記事を読んで共感してもらえたら、ぜひご意見をコメント欄に書き込んでください!
特に反対意見のコメントで埋められて僕がボコボコにされている時はねw
別に反対意見を書いている人に横やりは入れなくて良いです。
「記事を読んで共感した!自分もこう思っていたんだ!」みたいな事を書いて頂くだけで良いです。

それだけで「こう考えていたのは自分だけじゃなかった」と感じられて安心をして、
今後もブログを頑張ってみようかという気になりますので。
同じように記事を読んで面白いと感じたり、良いブログに感じられたら教えてください。
こう言うのって当たり前のようで、意外とコメントで書いてくれる人がいないんですよ。

ブログを続けられるのは皆さんの応援あってのことです。
読んでくれるだけでも良いですが、管理人に見える形で応援の跡を残してくれると
ますますやる気になれますので余裕があったらお願いします。

あ、別にイエスマンになれとかそう言う話ではないですからね!
記事を読んで本当に共感した!面白い!
と思いましたら余裕がある時にそれを教えてほしいと言うことなんです。

▼会話で一番楽しいのは共感

これは人それぞれかもしれませんが、
僕が人と会話をする時に一番盛り上がるのが共感なんですよね。
自分と同じ考えの人がいて、自分の意見を
代弁するかのように語ってくれる人と喋っている時は常に笑顔です。
共感出来る人とは「そうだよね!」、「これもこうだよね!」といった感じでどんどん会話が弾んでいき、
お互いが意気投合して新しい企画が生まれてくることはしょっちゅうあります。

逆に自分とは異なる意見を持った人と意見交換をするのも楽しいですよ。
「こんな考えもあるのかー!?」といった感じで、どんどん意見を聞きたくなってきます。
ただ、あまりにも相手が我が強くて毒舌で自分の意見を真っ向から否定してくる場合、
喧嘩に発展する恐れがあるんだよなー。
我が強くて毒舌の人ほど面白い意見を持っているので、
そういう人を気に入って近寄る事は多いんですけどね。

※これまでに公開したコラム記事の一覧はこちら

プロカウンセラーの共感の技術
杉原 保史
創元社
売り上げランキング: 13,847

共感の時代へ―動物行動学が教えてくれること
フランス・ドゥ・ヴァール
紀伊國屋書店
売り上げランキング: 34,163

※何か分からないゲーム用語を見かけたらこちら をご覧ください。

【人気ブログ】( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)【ランキングへ】
6646e5e1.gif

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

内容をご確認の上、送信してください。

この記事の反響(16)

  1. あしえラ より:

    あしえラです。
    共感嬉しいですよね、わかります。私もツイッターで格言的なことを呟くときは、「こう思ってる人いるよな!?いいね!ってするよね?!」とか思うし、動画投稿するときは「こういうのが欲しかった!神動画!とかコメントしてくれるよな?!」とか思ってます。自分から何かを発信するときは、そこに「賛同してくれ~!!!」という思いもセットであるのかもしれませんね。
    何か思い立ったら表出せずにはいられないし、表出したからには評価されないと悲しいです(笑)

  2. ウユニ より:

    特にコラム記事はkentさんの主観が多く入るんで特にそうなんでしょうね。
    「期待してます!」みたいなポジティブ記事はともかく問題提起とか現状考察とかだとどうも意見割れちゃいますし。
    漠然とした「いいね!」を求めたくなる気持ちはわかりますw
    自己主張してるところとかネガ方面の感想も含めてるところが法人サイトやまとめブログと違う強みだと思うんで、
    なんとか折れずに頑張ってください!
    共感系のコメントはどんどんしたいと思いますがそうじゃないときはワードに気をつけて書きますw

  3. μ's海岸 より:

    まぁ、答えは1つではないので
    色々な意見を見れるのは
    実に楽しいと思いますが
    誹謗中傷は絶対にイカン!

  4. lemse より:

    なるほど、確かにほかのブログ見てても共感のコメント
    ってほんと少ないものですね。
    僕なんかも傷つきやすいので、こんなコメントで
    埋められていてよくブログ続くなぁって思いますもん。
    僕はあまりゲームをしてませんし、今年はもっと
    できないでしょうがこんな人間の共感コメントで
    も書いてよいんでしょうか。
    一応ブログに目は通していますんで。

  5. 黒詩★紅月 より:

    煽る意図がない限り、賛成も反対も好きです
    むしろ反対のほうが好きかもしれないです
    賛成だとね!ね!ね!ばかりけど、反対ではまた色々議論できそうです
    もっとことの本体を知るために、反対の意見を常に見ます
    レビューにも先に欠点を見ますしねw
    欠点がなさすぎると逆に不安です
    褒めすぎじゃないかと思ってしまいます
    その欠点は受け入れたら、買って損することは難しいです
    そんなに面白いなら納得させて!そんなに面白くないなら共感させて!
    『艦これ改』はまだまだ心魔と交戦中ですw

  6. kentworld より:

    >あしえラさん
    どうしても記事を公開する時は同意を求めてしまうんですよね(笑)
    毎回、物凄い気持ちを込めて公開しております。
    それだけに同意コメントが来た時のうれしさは格別で、
    また記事を書いてみるかー!という気になれるんですよね。
    というわけで共感したらまたコメントよろしくですw

  7. kentworld より:

    >ウユニさん
    はい!その手の記事は公開する事自体凄く度胸が要りますので、
    気持ちに余裕がある時にしか連続で公開出来ないんですよね(^_^;)
    既に沢山の爆弾記事を隠し持っていますw
    公開するのは簡単ですが、そのあとの反動が怖いので、
    もし、記事を読んで共感していただけたらよろしくお願いします。
    なんか、甘えた記事になってすみません(;^ω^)

  8. kentworld より:

    >μ’s海岸さん
    第三者からしたら賛否両論な記事ほど
    コメント欄が面白くなると思います。
    それを受け止める側は色々負担があるんですけどね(^_^;)

  9. kentworld より:

    >lemseさん
    強い動機がないとこのブログを続けられないのは確かですね。
    続けられているのはlemseさんを始めとする読者の応援もありますし、
    コンシューマーゲームが好きだからというのもあります。
    どんな立場の方でも共感コメントはありがたいですよ!
    今後ともよろしくお願いします!

  10. kentworld より:

    >黒詩★紅月さん
    第三者からしたら反対意見が
    コメント欄にかかれているこそ読み応えが増しますよねー。
    個人的にも参考になりますが、
    あまりにも多いと全面否定されているようで凹んでしまいます(´・ω・`)
    僕も人間ですからね・・・。
    欠点の指摘は参考にしてもらうためにも書くべきだと思っています。
    粗探しのようなことはしたくないですけどね。

  11. ダベット より:

    へー、そんな酷い奴がいるのか、ってどう考えてもお前だろという突っ込みを自分で入れたところで
    毒は吐くけど毒には弱いのは珍しいかもしれんね、大抵そういう人って良くも悪くもベタ褒め的なとこしか書かないから割とわかりやすいんだけど
    ちなみに捕捉されるのがいやだからサイト毎にHN替えるけどそういうとこだと雰囲気もあってビックリするくらい毒の無いコメントしてるんで自分ですら他人に見える(苦笑)
    別にこの記事とは関係無いんだけど、ちょうどいいやすい記事なんでここで
    なんか最近無駄に毒舌が強くなってるのと、特にゲーマー向けといわれる特にフォトリアルな大作が楽しめなくもないが
    いうほどの絶賛まではいかないなってズレを感じることが多くて、ご推察の通り、こんなじゃなんで家庭用に拘ってるのかよくわかんなくなってんで
    しばらく-最低でも1ヶ月くらいは- ゲーム系のブログ離れて気分変えた方がよさげだなと思ってたところに
    タイミングよく三國志に極ハマりして他のことは必要最小限な事を除いてなにもしたくない気分なんで、持たざる者の強みを最大限利用して数ヶ月消えます。
    ある程度ネット断たないとゲーム進まないし、すごく語りたくなりそうなゲームもダクソ3までないしね。
    いやー、やはりSLGみたいな好きな分野のゲームは本当に楽しいね、焼き直しが多いとかも10年離れてたから気にならんのよね^^;
    終わったら時間を恐れて手を出してなかった3DSのA列車とかVITAのシヴィライゼーションにもいこうと思えてきたし。

  12. ダベット より:

    ちなみにいちばん意見が合わなかったのは任天堂のソフトの時が多かった気がするけど、俺はもう過去に任天堂はソロゲーマーの方向いてないなと感じて一度PSメインにして完全に離れてるからね。
    その後にPSがあまりにもディープなとこやオタ臭いとこばかりになって出戻りでdsあたりからまたメインが任天堂に戻ってるから
    いまはメイン以外で遊ばせて貰ってると思ってるからあんま文句がないんだよね。
    娯楽作品で好みでない事が多くある時はちょっと離れてた期間明けて自分がメインの対象か疑ってみると大抵は仕方ないかなと思えてくるんだなと、まあブログとかやってると何かから完全に離れるのも難しいだろうけどね。
    つか最近はVITAすらそんな感じで文句言う気が薄れてきたのはいいんだかわるいんだかわからんがね。
    あ、でも月間予想だけは残してくわ、あれはちょうど答え合わせも数ヶ月先だし、なによりせっかく予想したのにもったいないもの。

  13. kentworld より:

    >ダベットさん
    もう、面倒なコメントを書きますねw
    全部に触れてしまうとキリがないので、
    簡単に返信させていただきます。
    情熱を失っていたらそりゃあ冷めた目で見てしまい、
    熱く議論している人に対して
    「なんであの人はこんなにも熱くなっているんだろう?」と思ってしまいますよ。
    じゃあ熱く議論している人が冷めてしまえば良いのかというとそうではなくて、
    もし本当に冷めてしまったらこのブログごとなくなってしまいますよ。
    それでも良いのでしょうか?
    任天堂に関しては今の段階ではハッキリとは言えないのですが、
    このブログの存在に大きく関わって来ているのですよ。
    おそらく、ダベットさんはこの辺りの事情を何も知らないでしょう。
    いずれ時が来たら話そうとは思っています。
    それまで読んでくださっているのか分かりませんが(^_^;)
    正直なところ、ここ最近のダベットさんは
    コンシューマーゲーム愛を感じられませんでした。
    一度、頭を冷やして考える時間は必要だと思います。
    それで見えてくるものがあったら現状維持でも良いでしょうし、
    なんだったらスマホゲームにハマるなり、
    それ以外に楽しいことを見つけるなりしたら良いと思います。

  14. (ノ ・◡・)ノ❤❤ より:

    僕の職場でゲームする人いるのですが
    その人に
    『○○○○のゲーム面白かったですよ~』って言うと
    『あんなクソゲーなにが楽しいん!!』みたいな否定の意見を言ってきます。
    『自分は○○○○ゲーム合わなかったわ~』でいいのに・・・・
    共感できたらいいけど
    無理な場合の言い方も大切だと思うけどね~

  15. kentworld より:

    >(ノ ・◡・)ノ❤❤さん
    それは酷いですね・・・
    最悪、喧嘩に発展するような言い方だと思います。
    職場でしたら上下関係にもよるのかもしれませんが、
    相手に与える印象は決して良くないですね。

  16. kentworld より:

    >ダベットさん
    最後でしたら返信させてください。
    何だか必要以上に物事を悪く受け止めていますよ。
    それじゃあストレスを溜めこんで
    嫌味だらけのコメントを書き込む訳です。
    嫌気がさして別の畑に行くのは自由ですが、
    その癖を直さない限りは繰り返しになるだけだと思いますよ。
    自分の考え。良いじゃないですか!それで良いんですよ!
    開発者の意見を代弁したかのような遠まわしで不自然な書き込みよりも
    ずっとユーザーらしくて良いと思います。
    あとは色々と誤解し過ぎて考え方が飛躍しているんじゃないかと
    老婆心ながら思ってしまいましたが、お元気で。

コメントする

内容をご確認の上、送信してください。