2016/02/09/12:00 | M☆G☆Mコラム

冬の今だからこそプレイしたい!冬ゲー特集!

P1240487

今は真冬で、雪が積もっている地域も多いと思います。
そんな時にプレイするゲームは、季節にちなんで冬が舞台の作品にしたくありませんか?
でも、冬が舞台のゲームってあまりないんですよね。
今回の記事では冬が舞台のゲームを特集したいと思います。

195
SSX/PS3/Xbox360

冬といえばスノボ!という訳で冬ゲーでまず思い浮かぶのがスノボゲームです。
でも、最近はスノボゲームって全然発売されていないんですよね。
僕の記憶が確かなら最新作は2012年に発売されたPS3/Xbox360「SSX」が最後だった気がする。

リアル系のスノボゲームシリーズ最新作ですが、キャラクターは結構ぶっ飛んでいて、
登場時はカンフーの物真似をしてヘリから降りて滑り始めるんですよ。
海外ゲームならではのユーモアが詰まった作品だと思います。

アンチャーテッドR コレクション_20151008151852
アンチャーテッド 黄金刀と消えた船団/PS3

人気アクションアドベンチャーゲームシリーズの2作目。
ヒマラヤ山脈が主な舞台の作品になっていて、を沢山見る事が出来ます。
もちろん、シリーズではお馴染みのジャングルや遺跡も登場しますよ。
ゲームとしては前作から大幅に迫力がアップしてステルス要素が加わり、
「アンチャーテッド」の1つの完成型が生まれました。

Until Dawn™-惨劇の山荘-_20150831025038
アンティル・ドーン 惨劇の山荘/PS4

雪山が舞台のホラーアドベンチャーゲーム。
若者たちが謎の殺人鬼から逃れようとするホラー色の強い作品です。
ゲームジャンルがアドベンチャーという事でアクション性は低く、
緩いクイックタイムイベントや探索を中心にゲームは進行します。
目玉となっているバタフライエフェクトは単なる分岐なだけなので注意。

130123-1737-04
デッドスペース3/PS3/Xbox360

海外で人気が高いホラーアクションシューティングシリーズの3作目。
3作目は従来の宇宙船だけではなく、雪山も舞台になっています。
ホラー色は前作よりも薄れていますが、
アクションシューティングとしての出来は相変わらず部位破壊が楽しくて気に入っています。
協力プレイもフレンドとやる分には楽しいですよー。

130831-2336-10
ロストプラネット3/PS3/Xbox360

カプコンが贈るアクションシューティングゲームシリーズの3作目。
こちらも雪山を舞台にしたアクションシューティングで、
同じ年に発売された「デッドスペース3」と被っていましたね。
内容の方はロボットを操縦して戦う事も出きるのでだいぶ違いますし、
こちらの方が面白さは2.3ランク落ちてしまいますが。

495
ライズ オブ トゥームレイダー/PS4/XboxOne

人気アクションアドベンチャーゲームシリーズのリブート2作目。
雪山が主な舞台の作品になっていて、うえで挙げた「アンチャーテッド」と被っています。
違いを挙げるとするならばこちらの方が行動面での自由度が高く、
開放的なエリアでは隠れた洞窟を探す楽しさがありました。
冒険好きはこちらの方がおススメです!

130621-1714-33
ジ・エルダー・スクロールズV スカイリム/PS3/Xbox360

全世界で高い評価を得たオープンワールドRPG。
極寒地域が舞台という事で全体の3~4割が雪で覆われた世界になっています。
非常に自由度が高くてボリューム満点なので、
腰を据えてゲームを遊ぶ機会が多い真冬にピッタリなゲームです。
発売も冬だったので、リアルタイムでプレイしていた時は現実世界と凄いシンクロしていると思いました。

5c15b229.jpg
アサシンクリードIII/PS3/Xbox360

人気ステルスアクションゲームシリーズの3作目。
3作目はパッケージビジュアルが雪で覆われている事からも分かるように、
シリーズの中では冬のイメージが強かったりします。
実際には季節を夏に変更する事も出来ますけどね。
ゲームとしての出来はシリーズの中ではイマイチなので注意しましょう。


なんか、海外のゲームばかりになってしまいましたねw
日本のゲームになると四季のある国だからか舞台を冬に絞ったゲームって少ないんですよ。
ギャルゲーになるとそこそこ多いようなんですけどね。

※これまでに公開したコラム記事の一覧はこちら

いけにえと雪のセツナ
いけにえと雪のセツナ

posted with amazlet at 16.01.25
スクウェア・エニックス (2016-02-18)
売り上げランキング: 88

いけにえと雪のセツナ
いけにえと雪のセツナ

posted with amazlet at 16.01.25
スクウェア・エニックス (2016-02-18)
売り上げランキング: 85

※何か分からないゲーム用語を見かけたらこちら をご覧ください。

【人気ブログ】( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)【ランキングへ】
6646e5e1.gif

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(20)

  1. ナギ より:

    冬ゲーといえば「かまいたちの夜」っす!
    ビジュアルノベルなので、kentさんのいうゲーム性は低いかもですがほぼ全面で吹きすさぶ雪や積もった雪を踏みしめる音など楽しめますぞ。特に迷路編はビジュアルほぼ吹雪のみ!(だったハズ‥)
    VRが発売になればスノボゲーも一本ぐらいは復活するかもですよ?疾走感とトリッキーな視点はバイクやスキーでも味わえるとは思いますがこだわり入れれば何かしらの差はうまれる‥かも?

  2. ナッツ より:

    僕はN64の「1080°スノーボーディング」です!
    北国出身なのですが、当時テンエイティの雪質の表現の高さ、再現度に驚きました・・・。新雪に乗った時の「バフッ」という表現が最高なんですよ。
    続編のGC「シルバーストーム」もずいぶん遊びました。
    knetさんなら64版遊んでいるかもなので、いつかレビュー読みたいです
    と言うわけで雪ゲーフェチ(?)なので、今回紹介されてた作品もいつか遊んでみたいです。トゥームレイダーの雪質表現ヤバそうだ!

  3. 街毛 より:

    そういや和ゲーのマップで雪メインってあんまり無いですね。パーティーメンバーの故郷の地方が雪の積もる田舎パターンはよくあります。どっちかというと日本では積もる雪より降る雪の儚さが好まれる印象を受けます。
    今のところ思い出すのはP4Gの三学期のsnowflakesって曲の冬感が好きでしたね。

  4. y2 より:

    てっきり「かまいたち」で締める流れかと思って読んでみたら、最後まで洋ゲーでむしろビックリ(汗
    雪のゲームといったら私の場合はWiiのファミリースキーです。リアル志向のゲームではないですが、雪の表現はある意味とても本物っぽかったです。

  5. アカリョシカ より:

    俺はレトロならマザー1のスノーマンで、旧世代機なら龍が如く5の札幌かな。
    マザー1は小学生2年生ぐらいのときに、敵が強すぎて死にまくった思い出。
    龍が如くは札幌雪まつり行く前に予習の意味も込めてゲーム内でウロウロした思い出w

  6. kentworld より:

    >ナギさん
    かまいたちはPSVITA版をちょっとやっただけでした(^_^;)
    言われてみると冬ゲーに該当する作品ですね。
    スノボゲームは長時間遊ぶものではないので、
    VRとの相性は確かに良さそう!
    スノボゲームに特別思い入れがあるわけではありませんが注目したいと思います。

  7. kentworld より:

    >ナッツさん
    1080°スノーボーディングは持っていますよ!
    そうですね、いつかレビューしたいなーとは思っています。
    それにしても北国出身で雪ゲーフェチだったとはw
    ハンドルネームから南国をイメージしていたので、意外でした!

  8. kentworld より:

    >街毛さん
    そうなんですよー、
    あったとしても全体の一部分だけだったりして、
    冬のイメージが強い和ゲーって少ないです。
    それだけに「いけにえと雪のセツナ」は気になりますね!
    P4GのBGM、終盤も期待しておきます!w

  9. kentworld より:

    >y2さん
    すみません、僕がプレイしたゲームを
    優先的に挙げてしまいまして・・・
    かまいたちはほとんどプレイしていないんですよね。
    スノボゲームはSSXだけで枠が収まってしまいました(^_^;)

  10. kentworld より:

    >アカリョシカさん
    その2作は比較的冬ゲーのイメージが強いですね。
    龍が如く5に関しては挙げようか少し迷ったくらいです。

  11. 伯爵 より:

    冬のゲームといえば、真っ先に浮かぶのはホワイトアルバム2ですね〜
    心にくるシーンは大体雪が降ってますし、作中でも何度も、また雪の降る季節がやってくると言ってますしね。
    冬になると無性にホワイトアルバム2の曲が聴きたくなるし、雪が振ると若干胸が痛んだり痛まなかったりw
    ちなみに同じ冬ゲーでも、kanonは忘却の彼方…(´・ω・`)

  12. バラザム より:

    冬のゲームだとWiiのファミリースキー2作と各冬季五輪物等も有りますね。
    でも一番寒そうに感じたのはフォーエバーブルー海の呼び声ですね。南の島のサンゴ礁だけでなく
    北極・南極も行きますから。しかもそこへ潜る!さらに吹雪く時もある!(こうなると海の中の方が
    まだ暖かそうw)この作品は性能の上がったハードで続編を遊びたいなぁ。アリカは今何を作っているのか(?_?)

  13. kentworld より:

    >伯爵さん
    ホワイトアルバム2をやっていたら間違いなく
    この記事に加えていたんですけどね・・・
    ラインナップのバリエーションも出来そうで、悔しいですw
    話を聞いていると、具体的な内容を知りたくなってきます。
    ネタバレ覚悟で訊いた方が良いのか!?

  14. kentworld より:

    >バラザムさん
    なるほど、僕はその作品、やっていないんでうしょね。
    前作はやりましたが。
    水中が舞台なので、冬ゲーの発想はありませんでした。

  15. ズースカ より:

    全く冬ゲーではないのですが、
    CODMW2の雪ステージを思い出しました。
    雪の中敵基地に潜入して、スノーモビルで脱出するステージと、雪の中の森を隠密で進むミッションだったかな?

  16. kentworld より:

    >ズースカさん
    実は僕も同じような事を思っていました。
    モダンウォーフェア2は雪ステージのイメージが強いですね。

  17. チキ より:

    デッドスペース3のスクショを見たら、またやりたくなってきましたよ。
    2013年のマイベストゲームはこれでした。
    このシリーズはスーツがカッコイイから、それ見たさについプレイしてしまうんですよね。
    3は武器の組み合わせが楽しいので実績コンプした後でも、まだまだ楽しめそうです。
    EAにはそろそろデッドスペース4を作って欲しいですけどVisceral Gamesがスターウォーズの開発で忙しいのかなぁ。
    ロストプラネット3は主人公の肩アーマーがデッドスペースのエンジニアスーツに似てるから余計にデッドスペース3と見間違えそうになりますw
    ロストプラネット3はスルーしてしまいましたがストーリーが面白そうですし、TPS好きとしてはいつかやってみたいんですよねぇ。

  18. (ノ ・◡・)ノ❤❤ より:

    SSXはPS2のSSX3がサイコーに楽しかったですよ。
    それ以降の作品はだんだんと
    方向性かな?変わっていったので
    SSX3みたいな作品また作ってほしいものです。

  19. kentworld より:

    >チキさん
    またやりたくなってきましたか!w
    スーツもそうですし、ユーザーインターフェースの
    拘りも素晴らしい作品でしたよね。
    没入感を高める一つの方法を発見しました。
    Visceral Gamesのスターウォーズ、早く情報が欲しいなぁ。
    今年中に出たりはしないんですかね?
    ロストプラネット3はこうしてみると、
    本当にデッドスペース3とよく似ていますね。
    だがしかし、内容は別物で比べられないんですよ!w
    雪山とロボット好きなら、まあ良いかな(^_^;)

  20. kentworld より:

    >(ノ ・◡・)ノ❤❤さん
    方向性がだんだん変わっていったのですね。
    僕は追いかけられなかったので、それは気になるなぁ。

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。