2016/04/12/20:00 | M☆G☆Mコラム

大手ゲームメーカーの中堅JRPGに明日はあるのか!?

205202

国民的RPGといえば「ドラゴンクエスト」、「ファイナルファンタジー」、「ポケットモンスター」。
中小企業のRPGといえば「○の軌跡」、「アトリエ」、「ネプテューヌ」。
前者はブランドが確立しているため名前だけで買う人が大勢おり、
後者は少ない資金で開発出来る上に固定ファンも強力で今後も安泰でしょう。
そんな中で心配なのが大手ゲームメーカーの中堅RPGです。


・テイルズオブ(ナムコ)
・ブレス オブ ファイア(カプコン)
・サガ(スクウェア)
・聖剣伝説(スクウェア)
・スターオーシャン(エニックス)
・ヴァルキリープロファイル(エニックス)
・ペルソナ(アトラス)
・幻想水滸伝(コナミ)
・ワイルドアームズ(SCE)
・ポポロクロイス(SCE)
・アークザラッド(SCE)
・天外魔境(ハドソン)
・MOTHER(任天堂)
・ゼノ(スクウェア→バンダイナムコ→任天堂)

ここで挙げたシリーズは全盛期には50万本以上のセールスを叩き出していましたが、
今となってはほとんどが半数以下になり、新作すら発売されないものも目立っています。
何故、このような状況に陥ってしまったのでしょうか?今回の記事ではその点について考えていきます。

▼その1:どんどん大変になっていく開発状況

昔と比べてRPGは作りにくくなりました。
マシンスペックの向上によって等身が高いキャラクターが求められるようになったと思ったら
今度はリアルな街並みが求められ、戦闘はリアルアイム性を求められてしまい、
昔は一枚絵で済んだのに何百倍もの労力をかける必要が出て来ています。

国民的RPGだったらその分だけ売れるのである程度は何とかなりますが、
中堅になるとそうはいきません。あくまでも売れるのは程々なので、沢山の開発費をかけられません。
そのせいで満足に開発が出来ず、未完成のまま発売されてしまった作品を近年は多く見かけます。
もう、何度「あと1年開発期間が長ければ」と思うような惜しい作品に出会った事か。

▼その2:ワガママ過ぎるユーザー

僕を含めた大手ゲームメーカーのユーザーは、とにかくワガママです。
人によって求めている事が異なり、突き詰めていくとキリがありません。
その多くは比較対象を国民的RPGや海外の大作、前作にしている事から生まれるものなのでしょう。
大手ゲームメーカーから発売されたからには中堅でも比較対象は化け物級タイトルなんです。
前作ともやたらと比較するので、前作で5つあったものが3つになったら叩かれます。

一方、中小企業のユーザーは「○○だからこんなもんだろう」と
ハードルを下げてくれて評価を低くしにくいんですよね。
相対的に見たら大手ゲームメーカーの中堅RPGの方が出来は良いハズなのに、
ユーザー層やハードルが異なるせいで中小企業のゲームとは比べてくれないんです。

▼その3:低評価によってどんどん先細る売上

ここ10年ほど中堅RPGのハズレ率はかなり高くなっています。
そうなってしまう理由としてはユーザーのハードルが高くなっているだけではなく、
開発者の暴走や時間・資金不足など色々あると思いますが、
いずれにしてもハズレを生み出したシリーズは次回作で大きく売上を落としてしまうでしょう。

50万本が30万本になり、30万本が15万本になり・・・。
これをどんどん繰り返していくと、いずれは新作を出せなくなってしまいます。
新作が出なくなるんだったら買い支えてやれよ!とは思いますが、
実際にハズレを引いてしまうとそうは言えなくなってしまうんですよね。

僕の場合「スターオーシャン5」を買い支えの気持ちも込めて購入しましたが、
低い期待度をさらに下回る完成度に感じたため、
もし「スターオーシャン6」が出ても買うかと言われると素直に首を縦に触れません。
5年後とかだったらほとぼりが冷めて、もしかしたら買うかもしれませんが・・・。


開発期間や時間がなくてイマイチな出来に!→ユーザーから低評価!→次回作で売上激減!
大手ゲームメーカーの中堅RPGはどうもこの悪循環に陥っている気がします。
悪い物を出すゲームメーカーが悪いのかと言われると必ずしもそうでは無く、
ユーザーの目が厳しくなっているのも問題で、
どっちの方が悪いとは言えない状況で凄くもどかしいです。

このままだと大手ゲームメーカーの中堅JRPGは新作を出す度に売上が半減してしまいそうで、
何か新しい活路を見つけないとそう遠くないうちに消えてなくなってしまうんじゃないかと思ってしまいます。
一部のゲームメーカーはスマートフォン向けに投入して起死回生を図ろうとしていますが、
基本プレイ無料ではユーザーが求めているストーリーやプレイスタイルを実現するのは難しく、
ファンには叩かれ、一般層にはそっぽ向かれて
すぐにサービス終了してしまうパターンがほとんどでしょう。

需要が無いんだったら消えてなくなっても無理はありませんが、
ある程度は存在するのに採算が合わないという理由で出なくなるのは残念です。
普通のゲームだったら10万本程度の売上でも問題ないんですが、
大作だと出せない事が多いんですよ。10万人が望んでいるのに出せないのは悲しいですね。
中堅JRPGが消えたところでコンシューマーゲーム市場ごと消えるってことはないと思いますが、
大手と中小の二極化した市場というのも寂しいものなのでなんとか頑張ってほしい。

※これまでに公開したコラム記事の一覧はこちら

スターオーシャン5 -Integrity and Faithlessness-
スクウェア・エニックス (2016-03-31)
売り上げランキング: 21

テイルズ オブ ゼスティリア 数量限定特典 <豪華2大予約特典>” style=”border: none;”></a></div>
<div  class=
バンダイナムコエンターテインメント (2015-01-22)
売り上げランキング: 954

※何か分からないゲーム用語を見かけたらこちら をご覧ください。

【人気ブログ】( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)【ランキングへ】
6646e5e1.gif

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(74)

  1. 街毛 より:

    PS時代に大人気だったけど今となっては…な感じが多いですね。
    ゲームが肥大化すると、シナリオ面でのボリュームが増えて、あとグラフィック進化によりごまかしが聞かなくなり、整合性合わせるのがどんどんしんどくなってる感じはありますね。テイルズ、スターオーシャンはここが辛い。
    あとはゲーマーの世代変化もあると思います。例えば私はサガ、聖剣、天外は未プレイです。今やると何が特別なのかよくわからないし、そうなると思い出補正パワーを新作で越えるのはキツいことですよね。
    あとはRPG一本のボリュームが増えた結果、人気シリーズだけやっとけばいいようにもなってます。ドラクエとか本当に強いわ。
    最後、RPGって突き詰めると結局同じことやってる気が。特にコマンドタイプなんて、補助魔法の重要性理解すれば大抵同じことになります。その中で奥深さ出すなんてこれ以上可能何でしょうか?

  2. らうり より:

    昔より日数も費用もかかっているのに販売本数はどこもは厳しい状況ですよね。
    更にゲームを実際にやらずにレビューする人もたくさんいますし、実際に自分も低い評価を多少なり影響を受けてやりたいゲーム候補から外しがちなんですよね、これも昔とは違う面かなあ。

  3. マージ より:

    サガも聖剣伝説も、昔のようにお金をかけずに作ってくれて、充分楽しめるんですけどね。
    その辺りって、なんとかならないのかなぁ…。
    SFC風に作ってみるとか。

  4. いつもの名無し より:

    最近の中堅RPGはユーザーが失敗を許してくれないのが辛いですよね
    確かに問題点があるゲームに大して文句をいうのは正しいことだと思います
    そうは思うんですが感情的なレビューを
    多くの人が見る所に配置するのはどうなのかなぁとかも思ったり(某通販サイトとか)
    RPGなんてのは個人個人で評価が変わるものだと思うんだけどなー
    別に企業に問題がないとは思っていませんが
    ユーザーの意識も少しは変わってくれると嬉しいんですけどね
    中堅JRPGもそこそこ買うものからすると

  5. kentworld より:

    >街毛さん
    こうしてタイトルリストを見てみると、
    最近ご無沙汰、もしくは次がなさそうな中堅RPGってかなり多いんですよね。
    テイルズ、スターオーシャンはまだ目立っている方ですが、
    どちらも低評価を連発しているので
    このままだとそう遠くないうちに・・・
    >あとはゲーマーの世代変化もあると思います。
    そうですね、街毛さんが挙げたシリーズは
    30代以上が世代になっていますので、
    新作が出てもピンと来ない人が増えているでしょう。
    スターオーシャンもそれに近いところがあると思います。
    >あとはRPG一本のボリュームが増えた結果、人気シリーズだけやっとけばいいようにもなってます。ドラクエとか本当に強いわ。
    そう考える人は多いんでしょうね。
    だからドラクエは今後も安泰だと思うんですよ。
    >最後、RPGって突き詰めると結局同じことやってる気が。
    コマンドRPGは飽和状態だからこそ
    新しいシステムの戦闘を作る必要があるんだと思いますが、
    それやるとゲームバランスがちゃんとしていない作品が増えるんだよなぁ。

  6. kentworld より:

    >らうりさん
    ネットが普及してしまったため、
    評価もすぐに出回って悪いとあっという間に売上が鈍ってしまうようになりました。
    スターオーシャン5の2週目売上は心配ですねぇ。

  7. kentworld より:

    >マージさん
    いけにえと雪のセツナが良い例ですね。
    僕もあんな感じでやっても良いと思っています。
    変に力まなくても良いんですよね。

  8. kentworld より:

    >いつもの名無しさん
    昔と比べてユーザーレビューが見えやすくなったのも問題ですね。
    古いシリーズファンほど固定観念は強いもので、
    「ここはこうあるべきだ!」と思う人が多いんですよ。
    僕はRPGではゲームバランスや戦闘の面白さ。冒険している感などを求めていますが、
    キャラデザやストーリー、声優が気に食わなかったら星1にする人もいるでしょうし、
    要素が多いからこそレビューもバラツキが出てしまって
    RPGを作るのって本当に大変だなーと思っています。

  9. ウユニ より:

    SFCやPS時代の雄達が続々没落していくのを見るのは複雑ですねぇ。。
    所謂「クソゲー」って当時と比べたら全然出てないと思うんですよね。
    絶対的なボリュームとか合う合わないとかはさておき。
    でもまぁ同じ価格で買ってる以上大作AAAと比べられるのは仕方ないと思いますよ。
    どんだけかかってる予算違うとはいえウィッチャー3もFFもスターオーシャンもテイルズも値段変わらないですから。
    消費者にとってはあくまでも「8,000円で買ったソフト」であって予算なんか知ったことじゃないですからね。
    だからこそメーカー側も「選択と集中」路線で行かなきゃいけなくなる。
    あとは純RPGに拘らなければ大作だけを繋ぐ形でもずっとやるゲームに困らないですからね。
    偶にRPGでもやるかとなったら洋ゲー大作かドラクエFFやってまた別ジャンルへ、って出来ますし。
    去年もウィッチャー3やFO4とか言う超大作出てましたし。
    街毛さんの書かれてる通りだと思います。
    個人的にはこの手の作品の最後の砦はペルソナ5だと思います。
    延期ばっかしてるうちにハードルも役割も物凄いものになっちゃってますね^^;
    是非とも重責果たしてほしいです!

  10. MGMの名無し より:

    テイルズとペルソナは他国でも売れるので安泰だと思いますが他は続編厳しいかも

  11. J.S より:

    二極化し、中堅が売れないのは任天堂だけの問題だと最近まで思ってたんですが、サードにもその波が来たようですね。中堅はシリーズファンが多いので、新作の評価が低くブランド力が落ちていくケースを最近よく見ます。サードで無いので少し違いますが、個人的には中堅と言っていいスタフォ零にはぜひ売れてほしいと思います。特に、任天堂ファンに人気なので。グラフィックは文句言われてますが、評判の良い64が土台のゲームなのである程度の評価をもらえると思います。

  12. MGMの名無し より:

    戦闘がアクションになるとライト層が離れるってまだメーカーは分からないのかな
    単純明快昔のドラクエ式戦闘で良いわけですよ実際その頃が一番売れてたでしょうが
    とうとうそのドラクエまでアクションになっちゃうので少なくとも私はもうドラクエもFFも買いませんよ

  13. MGMの名無し より:

    スターオーシャン5は発売日の翌日に購入して今は終盤近くまで来てます。
    私もKentさんと同じようにゲームの内容そのものの評価以外にも、最初の購入動機や今後のシリーズの行方、今のゲーム内容からどう変えたら良くなるのか、スタッフが抱えていたかも知れない様々なジレンマやらをいろいろ感じていました。
    こういった中堅作品はあくまで万人受けのスタンスでなければならないですが、シリーズのファンに対してはシステムの進化している面も見せなければ恐らく納得はされないんですよね。
    例えば、戦闘シーンを一つ取ってもロールというシステムは面白いとは思うのですが、これだけ画面に表示する人数が多いとやはり乱戦になってしまいがちです。これを少しでも和らげる一つの案として、キャラクターごとのHPやMP等を条件分岐としてロールを動的に変更されるようにしてほしいと思ってしまいました。
    また、せっかく三竦みのシステムが存在してるのに呪印術のエフェクトが派手過ぎるせいで敵のモーションがほぼ見えずに隠されてしまう問題も、特定のボタンを押したときだけエフェクトが最小に抑えられるように表示すればいいとか、誰がどの敵に対してターゲッティングしてるのかをリアルタイムで表示してほしいだとかいろいろ考えてるうちに、私自身も他のユーザーなら戦闘システムはどの程度の複雑さを求めてるか、それらを楽しさと受け入れてもらえるのだろうか?と悩んでしまいます。
    ゲームのシステムなんてできるだけシンプルな方が理想なのは間違いないですが、演出や各要素が増えたり進化すればするほどそれらにまとまりを持たせるのが厳しくなっていく訳です。こうなると制作者側のセンスがますます問われてくると思いますね。
    他にもいろいろ言いたくなったことはありますが、個人的にはまだスターオーシャンの作風のゲームには頑張ってほしいので続編が出たらまた期待したいところですね。

  14. トミマル より:

    書き込みは初ですがよろしくお願いします。
    私は最近のグラフィックもあまり好きではないんですよね今回のスターオーシャンもテイルズもなんか綺麗になったぶんCGがちょっと違和感があるといいますか。
    ヴェスペリアの頃の感じが個人的には好きなんですが。
    逆に変わって好きになった物もありますがねそれはFEですがまぁグラフィックが綺麗にというよりはアニメ調になっただけですが笑
    でもそれが評判が良くてシリーズが続いてなおかつここ数年唯一と言っていいほど人気が上がった中堅タイトルなんですからわからないもんですね笑。
    初めてのコメントですがこれからもちょくちょく書き込みさせてもらいます。

  15. MGMの名無し より:

    ユーザーが期待値を高くしているのはわかりますね 発売前に情報追いかけてると期待値が上がりまくりで実際に発売されてやってみたら期待値以下でうーんとなっている人が自分を含め沢山いるのではと良く感じます
    あとはRPGの評価が他のゲームジャンルと比べて厳しくされがちです
    ストーリー、戦闘システム、グラフィック、操作性、演出、やり込み要素、キャラクター性、快適さなどの面で一つでも大きく損なうと評価は厳しくなります
    そのうえシリーズものだと基礎は変えずにマンネリ打破のためのシステムを入れて上手く調整しなくてはならないRPGは作るのが大変なのに高い評価がされずらいゲームジャンルだと思います

  16. MGMの名無し より:

    個人的にプレイしてきてるタイトル
    ・サガ・聖剣伝説・テイルズ・スターオーシャン
    ・ヴァルキリープロファイル・ペルソナ・MOTHER・ゼノ
    この中で新作が出たら買おうと思う物はペルソナとゼノ位ですかね…(MOTHERは続編出ないと…)
    サガと聖剣はリメイク除くとナンバリング大分空いて…うーん、他は途中でハズレたり飽きたりで
    今のまま続けていっても正直何ともならないと思うし、まぁ悪い物を出すゲームメーカーが悪いです
    このシリーズに期待してる物をよめてないのとズレ!この先どうなのってやっぱり思いますからね
    そして新しい活路言われてる通りスマホでじゃないんですよねぇ、正に悪循環。

  17. MGMの名無し より:

    中堅RPG はリアル頭身ではないコマンド式RPGでいいんだよ。それを課金なしで
    3000円程度で売れば
    買うわ

  18. 笹島 より:

    中堅とは言いつつもテイルズやSO、ゼノクロは大作に含めるべきでは?
    国民的ではないですが、記事やコメントの「規模」というのが基準になるかと。
    この中に含まれてませんが、アトリエはよくやってると思います。
    使い回しによって開発費を抑えたり、システムやキャラデザの重要な部分をちゃんと練ってますね。
    黄昏は世界観がイマイチだったり(システムはシッカリしてます!)、
    plus商法になっちゃいましたが、ソフィーでしっかり仕切り直せています。
    結局、期待できる部分(キャラ、システム)と期待できない部分(薄いシナリオ、使い回し)
    がハッキリしててユーザーの期待は裏切ってないという。(シャリーのバグや未完成は…w)
    つまるところ、手を広げすぎずに妥協点を見つけよ!
    になるのかも。スマホ打ちで適当長文すみません^^;

  19. 伯爵 より:

    やはり開発費の高騰とかが大きいんですかね〜
    開発費かかっても値段をそんなに上げるわけにもいかないから、妥協する部分があったり、DLCで稼いだり、分割商法したり、無駄に水増し要素を増やしてクリアまでの時間を長くしたり。そのへんで結果的にユーザから叩かれて、売上にも響いてしまうという悪循環。
    SFCやPS1の頃はかなり売れててバカゲーとかも沢山出てましたが、昨今はネットとかアニメとかスマホゲーとか、娯楽が多様化して無料で楽しめるものが多いので、お金を払ってる分ハードルが上がってるというのもありますしね。
    洋ゲーの大作は密度が濃くて値段に見合った満足度を得られるものも多いので、それも国内メーカーにとっては厳しいところですね。
    正直ゲーム業界はなかなかいばらの道を歩んでると思いますが、だからこそ自分が応援したいというのはありますね。
    「ドラえもん」で、どんどん移り気していく友達多数に対しての、のび太の「みんな不人情だ。ほんとのファンなら、落ち目のときにこそ応援しなくちゃ。」という言葉がなんか思い浮かびましたw

  20. MGMの名無し より:

    今はスマホを含め、ユーザーの可処分時間の取り合いが熾烈を極めていますから、
    無闇にプレイ時間を浪費するJRPGタイプの
    ハードルは、
    以前に比べて飛躍的に増加してるんですよね
    その膨大なプレイ時間を浪費するに見合うだけの圧倒的な面白さがあるのかどうか
    そういう意味で昔と同じように作っていたら、多くのユーザーに見捨てられてしまうと思います

  21. MGMの名無し より:

    モノリスはこれからも応援し続けるよ
    ゼノの名前を冠し続けるかどうかは分からんけど

  22. 名無し@MLB NEWS より:

    ウィッチャー3やフォールアウト4で遊ぶと、和ゲーは勝てないと悟りました。
    リアリズムに基づいた圧倒的なストーリーや世界観。
    圧倒的な物量。
    初心者でも楽しめる簡略化された戦闘。
    映画業界と同じですね。
    悲しいけど和ゲーも同じ運命かな。

  23. シーグル より:

    自分はどちらかというと、中堅RPGをよく買うのでがんばってほしいんですけどね~
    やっぱり購入する年齢層が高くなって、どうしても時間がとられるRPGはプレイする本数を絞らざる終えなくなってるんでしょうね。なので自分も結果的に手を広げることができないんですよね。あ~、時間がほしいですw

  24. アオ より:

    話題に上がった中堅RPGは全て遊んだことがありますが、こんなにも続編が出なくなるとは、当時は思いもしませんでしたね。
    ユーザーは良作を経験すれば経験するほど、評価が厳しくなりがちですからね・・・。
    好きだった作品ばかりなので、このまま次作が出なくなってしまうのは、寂しいですね。

  25. 野菜みた より:

    大手の中堅RPGですか。時代的に、中途半端なものになるくらいだったら、インディーズタイトルレベルで開発した方がいいと思います。RPGで一番重要なのは戦闘難易度のバランス(簡単すぎず、難しすぎない。ただ、「これ、なんか難しくね?」と思ってもらえる感じ)だと思っているので、そこさえしっかり調整しさえすれば、単純なコマンドバトルでも楽しめますよ。
    まあ、一度消えたと思われたタイトルの復帰は難しいのかもしれませんけどね。スタオー5も評判悪いですし、次はないでしょう。自分は、まだ2時間しかプレイしていないので、評価はできないですけど。
    ヴァルキリープロファイルは、新作を出しても10万は売れないでしょう。
    サガは、今年?の新作、開発期間的(サガ2015とは、なんだったのか)にはかなりしっかりと作っていそうで期待できそうですよ?
    ワイルドアームズ新作は出るはず、絶対に。新作というか、2ndのリメイク的なのですけど。これが外れたら、シリーズ終了だと思っています。
    幻想水滸伝は、4をプレイしたときに、もうこのシリーズをプレイすることはないなと思ったので、どうでもいいですね。というか、KONAMIじゃないですか!
    ペルソナとテイルズは、中小企業のRPGより固定客が多いイメージなのでシリーズ終了の危機とは無縁な気がします。
    他のシリーズはあまりしっかりとプレイしていないので、なんとも言えないですね。ゼノサーガはゼノシリーズ何ですかね?あれはプレイしましたけど、ゼノシリーズって何か複雑でシリーズといっていいのかよく分かりません。

  26. 名無しのスターライト より:

    ネットの煽りをモロに受けてしまうのは中堅タイトルですよね
    界隈では1ネプと呼ばれる2,3万程度のマイナータイトルはできが悪くとも次に期待して買ってくれる固定層で成り立ってますし
    AAAタイトルはよほどできが悪くなければ多少の悪評があろうが全体の売り上げにはあまり響かないと思いますしね
    据え置きゲーム機は常に時代の最先端に立って最先端のゲーム体験を提供してくれる存在でなくてはならないと思っています
    その上で予算を中途半端にしかかけられない中堅タイトルは据え置きではますます立場が厳しくなっていくでしょう
    だからこそ和サードはPS3世代に近いゲームクオリティが得られる携帯機のVITAに中堅タイトルを積極的に据え置きマルチで提供しているんだと思います
    ある意味日本市場の中堅タイトルにとって携帯機は生命線と言えるかもしれません
    スマホの台頭によって携帯ゲーム機も存在意義が危ぶまれていますが性能が上がって中堅タイトルを満足に動かせるほどになれば受け皿になれるんじゃないかと期待してます

  27. セシル より:

    正直現状の開発費の青天井の中では中堅タイトルを維持するのは難しいと思います。もう売れるブランドのみに集中して売れないブランドは切り捨てるくらいやらないとゲームメーカー自体生き残れないと思います。セツナみたいな小規模開発で出すみたいなのはありだと思いますけどね。グランディア好きとしては、好きなブランドが消えていくのは悲しいですけど(T_T)

  28. 黒詩★紅月 より:

    『スターオーシャン5』はある程度に進めると、色々ロールが使えられて、戦略性はそこそこあるから、今ところは星7つ星です
    ミキにデッドマンはもはや定番ですな…
    オンラインゲームレベルのバランスは好まないけどね
    アンヌ防衛戦やらがあったら、ちゃんと敵を阻止できるシステムを用意して欲しいです
    『FF』『DQ』『テイルズ』『ネプテューヌ』『龍が如く』などの定番は絶対買うから、それらのメーカーはうまくできなかったところをフィールドパックして欲しいです
    特に馬場とか…スタッフも消化できない設定を作ってしまって、中途半端なシナリオだとどうしても楽しめないですよ

  29. KUMA より:

    正直、客に求められてる以上に映像美ばっかが進歩してる一方、内容的には既にもう頭打ちなんですよねェ。フォトリアルな進化は明らかに金喰い虫で非効率的ですんで『フォトリアルじゃないけどどこか絵画的で味のある映像のゲーム』とか『見た目は前時代的だけど妙にボリュームがあるゲーム』など、もうちょっと切り口を工夫して色々誤魔化してみればいいのに、とか思うんですけどもね(苦笑
    その点、3DS版のドラクエ11みたいな『本気で作ったレトロゲーム』みたいな物がもっと受け入れられれば良いなァとは思ってます。

  30. MGMの名無し より:

    AAAタイトルと中堅の最大の違いって『親子二世代に渡って浸透してる』事だと思うんですよ。
    特にドラクエFFポケモンの昔の作品すら知ってる今の子の「君どう考えても当時生まれてないでしょ」感ってすごいじゃないですか(笑)
    FC、SFCのロト三部作どころかWii版のドラクエ123すら世代じゃないようなちびっこがバラモスやアレフガルドを知ってる訳です。ポケモンだって20年前の初代登場勢が現役バリバリで最新作に続投し続けている。
    それはやはりドラクエモンスターズでありバトルロードであり、ポケモンで言うとアニメやコロコロ等での露出、ディシディアなどの「過去作品を今の世代にも知ってもらう事で生まれるブランド力」に注力し続けてきた結果だと思うんですよ。当然最新作でも面白い作品を出し続ける事前提で。やっぱり黙ってても売れ続ける化け物ゲーなんてAAA級でも存在せず、FFやドラクエですらも世代を越えて歴史を知ってもらおうと努力してきたんじゃないかと。
    その点今の子がテイルズのクレスを知っているのか?サモンナイト6のオールスター感を心から楽しめたのか?と考えると『どこかで世代交代がプツリと途絶えている』ブランドはそれだけで今の子供には手にとってもらえない不安定さがあるんですよね…。小規模RPGを中堅タイトルに育てるのは一、二作ヒットを出せばいけます(ブレイブリーとか)しかし中堅→AAAへの移行にはとてつもない壁がある。今のユーザーは、中堅が世代交代に成功するのをのんびり待ってくれないんですよね…。

  31. y2 より:

    売れるソフトとそうでないソフトの二極化が進んでいる昨今、RPGに限らず全ての中堅ソフトは受難の時代。RPGは特にグラフィックに注意が行きがちで、コストとのバランス取りが難しいのでしょう。洋ゲーが市民権を得てきたと言われていますが、その分グラのハードルは上がり、ユーザーのパイも取られて、JRPGにとっては踏んだり蹴ったりですね。

  32. ほうたろ より:

    中堅JRPGすっかり減ってやっぱり寂しいですね正直なところ。 聖剣伝説とかアークザラッドとかMOTHERほんと好きでしたね。また新作出して欲しいですね。リメイクも期待しているんですが。やはり開発費が昔よりかかるようになっているのに国内では逆行するかのように年々ゲームソフトの売れ行きが減っているのが中堅JRPGが減っている大きな原因になっているような気がしますね。海外でたくさん売れないとこういう傾向はどんどん強まりそうな気がします。

  33. kazu より:

    まぁSO5は色々と残念でしたけど、秋に発売予定のSAOの新作のやつはPV見る限りでは期待出来そうな感じでしたよ。SAOは海外で売れてるみたいで、その分コストを掛けて作ってる感じがしました。なので大作RPGだけでなく、中堅RPGも最初から海外を視野に入れて、きっちりとコストを掛けて作る必要があるのかなと。「グラよりも、ゲーム内容を」とかいって逃げるのは論外です(笑

  34. MGMの名無し より:

    製作者はいばらの道を乗り越えCSのユーザーの中〜大規模JRPGシリーズ存続を望む声を具現化したとしても、
    いざ発売すればユーザーから(エアプレイ者も一緒に?)やれコレジャない、糞ゲーと「簡単に」叩かれてしまい、
    結局製作者側がスマホに気持ちが移ってしまう現状がよくわかります。
    (製作者も不満点を最小に出来なかった反省点はあると思いますが)。
    ユーザーの復活を望む声で期待させておいて「だが買わぬ」の典型になりそうな展開にただただ残念です。
    私は今後シリーズ続いてほしいしから当然買ってプレイして楽しんでますけどねSO5。
    でもこれ評判も良くてPS3版が延期しなければ初動で合算15〜20万本超はいったかもしれませんし惜しいと思います。
    個人的にはPS4版だけで初動11万本は無難な売上だったと思います。問題は悪い評判(エアプネガキャン含む)で伸びが期待出来なさそうだということ。
    これでは私のような本当にシリーズ存続を望むような者の声もかき消されそうでとても悔しいです。
    製作者の方々には私のような者がまだまだいるということを少しでも知ってほしいと思います。
    そしてkentworldさんにはこれからも数少ないCS中心のゲームブログとしてCSゲームはなるべく応援していってほしいと思います。

  35. グリグラ より:

    挙げている作品一つもやったことない(笑)
    昔からメガヒット級の作品しかやってこなかったんですよねぇ。他の作品に手をだし始めたのも本当にここ1年ぐらい。
    いま、ゲームの守備範囲を広めている最中なので、やる前に消えていくのは残念でしょうがないです。

  36. 名無しのスターライト より:

    二回目の投稿失礼します
    このまま中堅タイトルは淘汰して大型タイトルだけ展開していけばいいといえばそうもいかないんですよね
    大型タイトルと低予算タイトルの二極化が進めばCS市場は加速度的に縮小していくでしょう
    映像コンテンツやスマホコンテンツ等にもいえますが玉石混交に豊富なコンテンツが集まってこそ市場が成り立つんですよ
    今はPS2時代と比べ和ゲーが減ってその分洋ゲーが増えましたが日本市場は洋ゲーが浸透してるとはまだまだいえないので和ゲーも洋ゲーに対抗心むき出しにするくらいに頑張って欲しいんですけどね

  37. kentworld より:

    >ウユニさん
    記事で挙げたタイトルはどれも全盛期を知っているので、
    今の惨状を見ると寂しく感じてしまいます。
    どれもビッグタイトルであり続けてほしいのですが・・・
    >でもまぁ同じ価格で買ってる以上大作AAAと比べられるのは仕方ないと思いますよ。
    僕もダークソウルやゼルダの伝説と比べてあれこれ言いますからね(^_^;)
    和ゲーにしては、中小企業にしてはよく出来ているとは書きますが、
    だからといって評価も甘めにする事はありません。
    でも、上だけではなく、下とも比べていきたいなー。
    ウユニさんの場合はいきなりスゲー作品ばかりプレイしてしまったから、
    今後は見劣りする作品にも出会ってしまうかもしれませんね(^_^;)
    まあ、ちゃんと情報を拾っていけば
    ハイクオリティなゲームに出会い続けると思いますが。
    僕は悪食も趣味としてやっていて、
    舌が肥え過ぎないようにやっていますw
    最近はダークソウルのフォロワータイトルをプレイして
    本家の良いところを感じていますよー。
    >個人的にはこの手の作品の最後の砦はペルソナ5だと思います。
    いつの間にか凄いハードル上がっていますよね。
    売上も50万本くらい見込めそう。
    今の潜在需要はテイルズ超えていますね。

  38. kentworld より:

    >MGMの名無しさん
    >テイルズとペルソナは他国でも売れるので安泰だと思いますが他は続編厳しいかも
    海外で売れていればこんな心配しなくて良いですからね・・・

  39. kentworld より:

    >J.Sさん
    二極化する経緯は少し異なりますが、
    どこも中堅が弱って来ているのは確かですね。
    スターフォックスゼロはどうなるだろうなぁ。
    3DSのリメイクは10万本くらい売れていました。
    今回は新作だけど、対応ハードがハードなので読みにくい。

  40. kentworld より:

    >MGMの名無しさん
    >戦闘がアクションになるとライト層が離れるってまだメーカーは分からないのかな
    アクションになると面白さのベクトルが変わりますよね。
    戦略性の大切さはもっと分かってほしいと思います。

  41. kentworld より:

    >MGMの名無しさん
    >私もKentさんと同じようにゲームの内容そのものの評価以外にも、最初の購入動機や今後のシリーズの行方、今のゲーム内容からどう変えたら良くなるのか、スタッフが抱えていたかも知れない様々なジレンマやらをいろいろ感じていました。
    プレイしていると嫌でも感じますよねぇ。
    悪く言われていたところは直して、進化させるところは進化させて。
    そうしたら別の部分に穴が開いてしまって今夏色々言われているわけなんですよ。
    明らかにリソース不足が要因ですね。
    >他にもいろいろ言いたくなったことはありますが、個人的にはまだスターオーシャンの作風のゲームには頑張ってほしいので続編が出たらまた期待したいところですね。
    SFとファンタジーを融合させた大作として今後も残ってほしいですが・・・
    海外での売上次第かな。

  42. kentworld より:

    >トミマルさん
    グラフィックは進化せる事で
    好き嫌いもはっきり分かれてきますよね。
    それだけ、表現の幅が増したんだと思いますが、
    それでファンが離れてしまうのも残念です・・・
    FEは珍しい例だと思いますよ。
    昔からもっと売れるべきだとは思っていましたが、
    ここまで結果が付いてくるとは。
    当ブログはコンシューマーゲーム好きの仲間が集まったら良いなーと思って運営していますので、
    コメントは大歓迎です!今後も思った事があったら気軽にどうぞ♪

  43. kentworld より:

    >MGMの名無しさん
    >あとはRPGの評価が他のゲームジャンルと比べて厳しくされがちです
    そうなんですよね。要素があまりにも多く、
    すべてが高水準じゃないと叩かれてしまう傾向にあって、
    話題にはなるけどその分だけハードルがどんどん高まっていると思います。
    ゲームブログの話題の種としては最適なジャンルですし、
    今後も続いてくれると嬉しいのですが・・・

  44. kentworld より:

    >MGMの名無しさん
    >個人的にプレイしてきてるタイトル
    ここで挙げたタイトル以外にも色々ありますが、
    新作が出ても買わない作品が結構多いですね・・・
    前作で懲りてしまったのかな?

  45. kentworld より:

    >MGMの名無しさん
    >中堅RPG はリアル頭身ではないコマンド式RPGでいいんだよ。それを課金なしで
    そういう方もいると思うし、逆に進化を求める人もいて、
    ユーザーの趣向も細分化されていると思いました。

  46. kentworld より:

    >笹島さん
    >中堅とは言いつつもテイルズやSO、ゼノクロは大作に含めるべきでは?
    ここでの中堅はセールス面に関してです。
    スカイリムも大作ですが、日本では中堅扱い。
    妖怪ウォッチは規模的にはそこまでの大作ではありませんが、
    日本では爆発的に売れるのでAAA級タイトル扱い。
    それぞれが大作かどうかは話のテーマによって変わり、
    今回はセールス面での話になっています。
    ここで挙げたタイトルの実際のボリューム・開発規模に関しては
    ケースバイケースなのでそれは無視して語っています。
    と、論点がずれてしまいましたね(^_^;)
    アトリエは限られた開発費の中で上手く作っていますね。
    本来だったらシームレスにどこも移動出来るようにするべきとか色々言われるハズなんですが、
    良いところは本当に良いからそれで上手くカバーしている印象です。
    中小企業のゲームについても手加減なしの僕でも認めているシリーズですよ。

  47. kentworld より:

    >伯爵さん
    開発費(人件費)の影響は間違いなく大きいでしょうね・・・
    昔と大差ない価格で売っているのに、
    やることはどんどん増えてそれでいて売上は増えないから
    少しでも利益を出そうとあの手この手で稼いでいる印象です。
    でも、ユーザーはそれを分かってくれないから頭を抱えていますね。
    >洋ゲーの大作は密度が濃くて値段に見合った満足度を得られるものも多いので、それも国内メーカーにとっては厳しいところですね。
    これも大きな要因だと思います。
    コアゲーマーは海外の凄いゲームをプレイしてそれが基準になっていますから、
    本気で高評価を狙おうと思ったら人海戦術が必要になってきますから・・・
    ドラえもんにそんな良い言葉があったんですか!?
    いやもう、本当にその通りですよ!
    こういう時こそ真のファンが動く時です!
    少なくとも僕はこの場を離れることは絶対無いですねー。
    大げさにいうと命にも関わってきますからw
    伯爵さんも付いてきてね!

  48. kentworld より:

    >MGMの名無しさん
    >今はスマホを含め、ユーザーの可処分時間の取り合いが熾烈を極めていますから、
    時間の奪い合いも大きな問題ですね。
    RPGはそんなに多くプレイ出来ない理由がここなんですよ。
    元々アクションゲーム好きというのもありますが、
    出来れば年に2、3本くらいにとどめておきたいです。

  49. kentworld より:

    >MGMの名無しさん
    >モノリスはこれからも応援し続けるよ
    ゼノブレイドクロスは賛否両論ですが、
    良いところは良かったので次回作も応援したいです。

  50. kentworld より:

    >名無し@MLB NEWSさん
    そうですね、どんどん、海外との差が広まっていると思います。
    もはや、この差を縮めることは出来ません。
    スターオーシャン5のあとにクォンタムブレイクをプレイして、
    差が歴然過ぎてある意味で絶望しました(^_^;)

  51. kentworld より:

    >シーグルさん
    RPGは時間泥棒ですからねw
    コアなユーザーほどドラクエやFF、ポケモンでは飽き足らず、
    中堅RPGに手を出すと思うんですよ。もっと頑張ってほしい!

  52. kentworld より:

    >アオさん
    すべてプレイされていましたか!
    それだけ、RPGが好きなんですね!
    今も色々出るけど大・小が極端ですから、
    もっと中間が増えてほしいですよね。

  53. kentworld より:

    >野菜みたさん
    同感です。僕も戦闘バランスを重視していて、
    そのくらいの温度を保ってくれたら良いなと思っています。
    それが出来ていない、もしくは、
    大雑把な作品が増えているんですよね。
    スターオーシャンは次回作厳しいと思いますよ・・・
    仮に出てもまた大きく減らしそうですから。
    ヴァルキリープロファイルも前作評判あまりよくないですよね。
    ブランクあるし、売上はある程度落ちるでしょう。
    サガはまだ期待出来ると思います。
    だから新作は中身も良いものであって欲しい。
    ワイルドアームズはもう一本くらいだしても良いですよね。
    幻想水滸伝はコナミという時点で^^;
    ゼノシリーズは開発者が冠にしているだけで、
    タイトルごとの繋がりはないみたい。
    FFシリーズと似たような感じかな。

  54. kentworld より:

    >名無しのスターライトさん
    >ネットの煽りをモロに受けてしまうのは中堅タイトルですよね
    言われてみるとそうですね。
    ネットの煽りを大きく受けているタイプはここだと思います。
    なんか、色々考えてみると中堅って汚れ役ですよねぇ。
    どんどん、可愛そうな気がしてきました。
    >スマホの台頭によって携帯ゲーム機も存在意義が危ぶまれていますが性能が上がって中堅タイトルを満足に動かせるほどになれば受け皿になれるんじゃないかと期待してます
    PSVITAはポジションが定まっていませんが、
    だからこそ同じような立ち位置のタイトル軍が居座る場所になる可能性はありますね。
    そうなってくると面白くなりそうなんですが。

  55. kentworld より:

    >セシルさん
    すみません、グランディアが抜けていましたね(^_^;)
    あれも中堅タイトルだったのになぁ。
    セツナくらいの規模でまた出すのも良いと思うんですが。

  56. kentworld より:

    >黒詩★紅月さん
    マジですか!
    僕の場合、ロールでバランスがさらに崩れましたよw
    これは紅月ちゃんの最終評価に期待だ!
    ドラクエがいつの間にか絶対買うシリーズになっている・・・
    それだけドツボだったんですね!
    これは日本を代表する国民的タイトルですよ!

  57. kentworld より:

    >KUMAさん
    一番わかりやすいのが映像美なんですよね。
    そこばかりにパワーを注ぎ過ぎてしまって
    それ以外が疎かだと本末転倒ではありますが・・・
    FFXIIIはグラフィックと戦闘にリソースを注ぎ過ぎました。
    3DS版ドラクエXIはオールドゲーマーには良い落としどころだと思います。
    でも、あれだけじゃ満足できない層もまだまだ多いんですよね。
    だからこそPS4版も出して正解だったと思います。

  58. kentworld より:

    >MGMの名無しさん
    >AAAタイトルと中堅の最大の違いって『親子二世代に渡って浸透してる』事だと思うんですよ。
    それは分かります!
    もう、コンシューマーゲーム業界も30年続いていて
    全盛期に生まれたシリーズ物は20年くらい経っていますから、
    世代交代の時期なんですよね。
    記事で挙げた中堅タイトルなんかはまさにその時期で、
    30代過ぎのユーザーが買うんじゃなくて
    中高生が一番買っているような状況じゃないと本来ならだめだと思います。

  59. kentworld より:

    >y2さん
    本当にそうですね。
    考えれば考えるほど中堅RPGが出ない理由を理解出来てしまいます。
    求めているユーザーはまだまだいるのですが・・・

  60. kentworld より:

    >ほうたろさん
    中堅JRPGは国民的RPGにはない
    尖った魅力のある作品が一定の規模で出ているので、
    ゲーム好きほど魅力的なカテゴリーだと思います。
    僕も国民的RPGよりも魅力を感じている作品は多いです。
    だからこそ応援していきたいんですよね。

  61. kentworld より:

    >kazuさん
    ソードアートオンラインは新たな中堅RPGになりそうです。
    海外での成功が大きいと思うんですよね。
    他の中堅RPGも海外で売れてくれたらなぁ。
    PS4の勢いに乗って頑張ってほしい。

  62. kentworld より:

    >MGMの名無しさん
    >製作者はいばらの道を乗り越えCSのユーザーの中〜大規模JRPGシリーズ存続を望む声を具現化したとしても、
    お気持ち、凄い分かりますよ!
    ネットユーザーの過激なバッシングが
    色々なものをかき消している感じは凄いします。
    売上も見方によっては許容出来るところはありますね。
    PS3版の延期と評判次第では、まだ納得できる水準になれたかもしれません。
    >そしてkentworldさんにはこれからも数少ないCS中心のゲームブログとしてCSゲームはなるべく応援していってほしいと思います。
    ええ、頑張りますよ。
    最近は読者からも重宝してもらえて嬉しいです!
    ますます頑張りたくなりましたよ!

  63. kentworld より:

    >グリグラさん
    全部やった事ある人もいれば全くやった事もない人がいて、
    世代によって温度差があるんだなーと思いました。
    どれも全盛期は凄かったんですよ。だから消えないでほしいです。

  64. kentworld より:

    >名無しのスターライトさん
    >このまま中堅タイトルは淘汰して大型タイトルだけ展開していけばいいといえばそうもいかないんですよね
    そうですね、中堅は色んな役割を果たすと思うんですよ。
    なくなってしまったら一気に寂しくなると思います。
    昔は30~50万本クラスの厚みがすごかったんだけどなぁ。
    今ではかなり少なくなってしまいましたよね。

  65. MGMの名無し より:

    ブランドだけでは集客が弱い中堅のタイトルが生き残るには、プライドを捨てて「挑戦」しかないと思います。たとえばファンタシースターは、MMO化してブレイクしました。

  66. MGMの名無し より:

    ターン制バトルが受け入れられなくなったのが厳しいですね
    それとリアルになるごとに町に対する労力が桁違いなのも
    あのFFでも7は三分割しないととかいう話になるんです
    SFC時代のRPGを最新にリメイクしたら一体どれ程のコストになるんでしょうね。
    海外で大作と比べられる実績あるRPGはFFぐらいです
    新しく売るにはDARK SOULSみたいに洋ゲーライクでかつアクションに近づけるしかない
    どのみち従来のRPGにはもう道はないかと思いますね

  67. kentworld より:

    >MGMの名無しさん
    >ブランドだけでは集客が弱い中堅のタイトルが生き残るには、プライドを捨てて「挑戦」しかないと思います。たとえばファンタシースターは、MMO化してブレイクしました。
    ファンタシースターは上手く行き残りましたよね!
    MMOはもちろん、ポータブルも凄かった!

  68. kentworld より:

    >MGMの名無しさん
    >ターン制バトルが受け入れられなくなったのが厳しいですね
    ターン制とリアルタイム制は
    面白さのベクトルが違うだけに、
    もっと生まれても良いかなーと思います。
    ペルソナシリーズは頭身高いのに上手くやっていますよ。

  69. KUMA より:

    >一番わかりやすいのが映像美なんですよね。
    まったくもって仰せの通りなんですが、海外のメーカと違って日本のメーカは資金力が無く、投資する側もゲームなるジャンルにまるで理解が無い…となれば海外メーカに正面から力で対抗するってのはもう限界だと思うんですけどもね(実際殆ど淘汰され尽くしちゃいましたし)、日本でしか売れないシリーズは特に。手抜きしろ、とは言わんですが、力配分のあり方をもうちょい何とかしていただきたい所ですな(苦笑
    容量なり性能なりに制限がある状況で強みを発揮してきたのが日本のメーカですんで、今の状況(≒資金にハンディ)でも何とか工夫して立ち回っていただきたいところですね。

  70. Ryou より:

    近年のJRPGに足りないものを改めて考えたら、WA、BOF、
    アークと古きよきシリーズ作が音沙汰無い事にあるんですよね。
    (ポポロはコラボという形で復活してくれたのは嬉しかった。)
    MOTHERは糸井さんをやる気にさせないと難しいと思う。
    中堅JRPGに限らず出来云々に関してはメーカーの責任も一つあるとかな。
    SO5などの過ちを繰り返さない為にもまず納期という制限をなるべく
    撤廃(決算合わせはもってのほか)するべきかな。開発にウン年掛けても
    評判悪いなら開発側のセンスの問題に直結してしまうけど。
    後は紙マリオのように望んだモノ(RPG路線)を出さずに評判悪い方向性を
    採用する意地の悪さにも異義を唱えたい。こういうのは開発期間以前に
    コンセプト自体の問題としてあるからブレーキが掛けられないんですよね。
    仮に売れずにシリーズ途絶えてしまったら元も子もないぞ。
    >どんどん大変になっていく開発状況
    根本的な要因はここでしょう。SFC時代ならある程度は少人数で作れる為、
    開発者らの目も行き届きやすかっただろうけど、今は1本RPG開発するだ
    けでも
    平均2~3年は掛かる訳で、この辺のタイトルならそれに見合う人員を注がなきゃ
    ならないし、人数多いからこれまで以上にチームワークを必要とするんですよね。
    自分のペースで開発できるインディーが活況なのはこれが理由なのかも。

  71. kentworld より:

    >KUMAさん
    >となれば海外メーカに正面から力で対抗するってのはもう限界だと思うんですけどもね
    その打開策として今やっているのがニッチ向けなんですよね。
    その中間点に落とし込んでくれたら良いんですが、
    確実に需要が見込めるところにしか投入出来なくなっています。
    大手ゲームメーカーはどこも弱気ですね。

  72. kentworld より:

    >Ryouさん
    この記事はRyouさん反応すると思った!
    なんといってもSCEの3大RPGが含まれていますからね!
    どれも復活してほしいところですが、
    最近の惨状を見ていると復活したところで
    厳しい評価と売上が待っているんじゃないかと思ってしまいます。
    メーカーはユーザー評価が次回作に大きな売上を及ぼす事を分かってほしい。
    最終的には寿命を伸ばす事になりますから。
    >仮に売れずにシリーズ途絶えてしまったら元も子もないぞ。
    本当にそうですよね。
    最近はそれをやらかす作品が多くて
    つい「バカ!」と叫びたくなってしまいます。
    >自分のペースで開発できるインディーが活況なのはこれが理由なのかも。
    そうなんでしょうね。
    自分のペースで開発出来るのって大切だと思いますよ。
    ブログ記事も時間が限られていると雑になってしまいがちです。

  73. daf より:

    インディーズが活況なのは、流通やら問屋やら余計なコストをスルーして
    Steamなどで全世界に容易にリリースできるようになったからでは。
    個人の趣味ならともかく、インディーズでも企業として体を成しているなら
    人件費がかかるのでマイペースで開発なんて難しいと思います。
    >中小企業のユーザーは「○○だからこんなもんだろう」と
    ハードルを下げてくれて評価を低くしにくいんですよね。
    >相対的に見たら大手ゲームメーカーの中堅RPGの方が出来は良いハズなのに、
    >ユーザー層やハードルが異なるせいで中小企業のゲームとは比べてくれないんです。
    これ。
    >中小企業のRPGといえば「○の軌跡」、「アトリエ」、「ネプテューヌ」
    という前提があるから、
    ファルコムファンからすればこの物言いはあまりよい気分ではないw
    ここで中小企業のゲームと呼ばれているこれらのタイトルは、
    タイトルを気に入ったユーザーが望むものをメーカーが提供し続けているからこそ
    大手に比べれば数が少ないとはいえ強力なファンが出来たのでしょう。
    その望むものというのはゲーム性だけに限らず、
    シナリオ、キャラクター、音楽だったり人によって様々だろうけど、
    何らかの魅力があって顧客満足度が高いから評価が低くならないのであって、
    ハードルを下げているとか評価を低くしにくいって書かれてしまうのは何か違和感を感じる。
    中小企業としてまず既存ファンの満足度を高めていく戦略は間違っていないからね。
    ファン以外から見れば物足りないゲームプレイだったり、
    チープやニッチに感じたりするところがあってそう書いているのかもしれないけど、
    それでも「○○だからこんなもんだろう」は無いし、
    相対的に大手の中堅RPGの方が出来は良いハズなんて一概に言えないと思う。
    ファンと中小メーカーに対するリスペクトが欠けているようにも受け取れるよ。
    大手も中小も同列に好きだから、少し咬みついてみましたw

  74. kentworld より:

    >dafさん
    失礼しました。日本ファルコムは中小企業でありながらも
    古典的な面白さを備えていますもんね。
    話の流れをスムーズにするため細かい事を考えず、
    全体的に物を見て語らせていただきました。
    >それでも「○○だからこんなもんだろう」は無いし、
    これに関してはグラフィックやボリューム、素材など、
    表面的な部分ばかりを見て語らせていただきました。
    その辺りは間違いなくみなさん「○○だからこんなもんだろう」と考えているように感じます。
    僕がこの記事で議論したいのは中小企業の見方についてではなく、
    「大手ゲームメーカーの中堅JRPGに明日はあるのか!?」ですのでこんなところで。

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。