2016/05/08/12:00 | ゲームレビュー

オリとくらやみの森 ディフィニティブエディション【レビュー・評価】追加要素はささやかなものだが、相変わらず名作!

567

オリとくらやみの森 ディフィニティブエディション

2016年3月にXboxOne向けダウンロード専売タイトルとして配信された作品です。
価格は約2,160円。2015年3月に配信された
オリとくらやみの森」を持っている方は約540円で購入が可能です。
今回の記事では本作のレビューをしていきます。

▼オリとくらやみの森とは?

569

オリとくらやみの森」は、大自然を舞台にした探索型2Dアクションゲームです。
スタジオジブリ作品を彷彿させる幻想的な世界観から雰囲気だけのゲームと思われがちですが、
実はガチなアクションゲームで、難易度は非常に高かったりします。
でも、その分だけの中毒性はあったので、雰囲気の良さと相まって個人的には大好きな作品。
本作の詳しいレビューはこちらをご覧ください。

▼追加された探索エリアは過度な期待は禁物!

568

ここからはディフィニティブエディション(以下、完全版)での追加要素について触れていきます。
最大の特徴は、新たに追加されたエリアですね!
無印版では最初のセーブポイント付近は行き止まりだったんですが、
完全版ではその先も続いていて、入り組んだ探索エリアとなっています。

570

探索エリアは序盤こそ暗くてよく分かりませんでしたが、
先へ進むごとに明るい世界になっていき、様々な側面を持っていました。
追加された探索エリアでは新たに2つのアクションを覚える事が可能で、
奥へ進むにはそれらのアクションを駆使しなければなりません。

572

印象的だったのが、ライトバーストというアクション。
光の弾をオブジェクトに当てる事であかりを灯す事が可能で、
これを駆使するシーンではちょっとしたシューティングを楽しむ事が出来ました。

571

追加されたエリアではちょっとしたストーリー要素もあって、そちらは前日談を回想してくれます。
本編のストーリーを補完する要素としては良いですね。
追加されたエリアのボリュームは30分程度。
大したボリュームはなく、これを目当てにプレイすると物足りないです。

ちなみに追加されたエリアは序盤から行けますが、
本編で覚えられるアクションがないと行けないエリアも多く、
すべてを探索するには終盤にならないと出来ません。
無印版とセーブデータの共有は出来ないので、
追加されたエリアをプレイしたい場合はもう1周プレイする感覚で挑む覚悟が必要です。

追加要素だけを体験したい場合は面倒ですが、2周目だったらある程度は短縮出来ますし、
実績は無印版とは別扱いなので僕はそれをモチベーションにもう一度クリアしました!
その結果、クリア時のプレイタイムは6時間30分。死亡回数は300回超え。
無印版では400回を超えていたのでまだ良い方だけど、それでもこれだけやられるとは。

▼細かな改良点が嬉しい!

573

完全版という事で、無印版の細かな改良点がありました。
一番大きいのは、泉でのワープ機能を追加したことでしょう。
よく考えたら無印版ではワープが出来なかったので、隅々まで探索する場合不便だったんですよね。
今作ではその手間が大幅に省けているため、積極的に探索したくなりました!

ゲームをクリアしても強制で2周目が始まらなくなったのも嬉しい!
最後のアクションパートをクリアしても
クリア直前のデータを使って探索が出来るようになっています。

難易度は追加エリアで習得出来るダッシュのおかげで少し下がっていますね。
ダッシュのおかげで強制スクロールエリアが楽になっているので、
特にその辺りでは死亡回数を大幅に減らす事が出来ました。

▼ファンは注目!メイキング映像などの特典が追加!

574

メインメニューでは、新たに特典が追加されました。
メイキング映像、トレーラー映像、コンセプトアートがそれです。
ゲームをクリアしなくても最初からチェック出来るので、
ゲームを起動してすぐに確認出来るのが嬉しいですね!

メイキング映像で印象的だったのが、音の収録です。
凄くリアルな音だなーと思っていたら、実際に録音していたんですね。
収録スタジオに石を持ってきてジャリジャリ音を鳴らしていたのはシュールでしたw

こうしてメイキング映像を見ていると、かなりの大作である事が分かりますね。
なんでも開発に4年もかかったんだとか。開発費はそれほどでもないと思いますが、
凄く幻想的なグラフィックを実現しつつもボリュームがあるのでそれも納得です。


追加された要素は作品の印象を大きく変えるものではなく、あくまでもバージョン1.2程度。
無印版購入者の割引価格約540円は妥当だと思いました。
これがなくてもう一度定価で買わされていたら文句を言っていましたね。
昔はそれが当たり前だったのだから、改めて驚かされます。

無印版をプレイしていない方は超おすすめ!
ただでさえ雰囲気が良くってアクションも探索も面白いのに
ちょっとした追加・改良点があるのだから、XboxOneを持っていたら是非購入しましょう!
アクションゲームとしての難易度は高いので、苦手な人は注意した方が良いですが。

こんな人には特におススメ。
・高難易度アクション好き。
・世界観を重視する人。
・探索アクション好き。

こんな人にはおススメできない。
・アクションゲームが苦手な人。

オリとくらやみの森 ディフィニティブエディション/お気に入り度 ★★★★★★★★★☆ 星9個
プレイした時間・・・約8時間
※当ブログでこれまでにレビューしたタイトルの一覧はこちら をご覧下さい。

※何か分からないゲーム用語を見かけたらこちら をご覧ください。

【人気ブログ】( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)【ランキングへ】
6646e5e1.gif

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(0)

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

関連記事

rain【レビュー・評価】ICOからヒントを得た良質なアクションアドベンチャー
スリーピングドッグス 香港秘密警察【レビュー・評価】龍が如くとGTAを合わせたような香港旅行ゲーム
ピクミン2【レビュー・評価】不思議のダンジョンRPGに変貌?
オリとくらやみの森(Ori and the Blind Forest)【レビュー・評価】手ごたえのある雰囲気ゲーを求めている人へ
ドラゴンクエスト【レビュー・評価】RPG1年生に捧げる教科書
星のカービィ【レビュー・評価】丁寧な作りだけど、中身は薄い
キキトリック【レビュー・評価】見た目は地味だが凄く斬新な聴き取りゲーム!
ゼルダの伝説 ムジュラの仮面 3D【レビュー・評価】数百にも及ぶ改善と改悪が融合した2015年のムジュラ
キャッチ!タッチ!ヨッシー!【レビュー・評価】あまりにも割り切った作りのDS初期に発売された意欲作
メトロ2033【レビュー・評価】荒削りながらもユニークな舞台設定とそれに伴うアレンジが素敵なFPS