2016/07/13/20:00 | M☆G☆Mコラム

2021年のコンシューマーゲーム市場を予言しよう

219
2021年

今から5年後となる2021年。
コンシューマーゲーム市場はどのような変化を歩んでいるのでしょうか?
参考に今から5年前となる2011年はどんな年だったのか軽くまとめてみます。


主な出来事

・ニンテンドー3DSが2月に発売。半年で25,000円から15,000円に値下げ。
・PSPの後継機、NGP(PSVITA)が発表!12月に発売。
・Wiiの後継機、Wii Uが発表。
・PlayStation Network個人情報が流出。
・ゼルダの伝説25周年記念企画が続々と発表。
・GREEとモバゲーが躍進!ソーシャルゲームブームに。
・東日本大震災が発生。

主なヒット作

3DS「スーパーマリオ3Dランド」
3DS「マリオカート7」
3DS「モンスターハンター3G」
PSP「モンスターハンターポータブル3rd」
PS3/Xbox360「ファイナルファンタジーXIII-2」

3DS、PSVITAと揃って携帯型ゲーム機が発売になる一方、
ソーシャルゲーム人気が本格化したのも特徴的な年でした。
今となっては1つのターミングポイントになったと言える年で、
新しい時代の幕開けと言っても過言ではありません。
では、これから5年後はどうなるのでしょう?ここからは具体的に予言していきます。

2141e05dcbc.jpg

携帯型ゲーム専用機が無くなる?

3DS、PSVITAといった携帯型ゲーム専用機。
2021年にはこういったタイプのゲーム機はなくなってしまうと予言します。
国内市場では据え置き型ゲーム専用機を上回る人気を博していますが、
近年はスマートフォンやタブレットゲームの影響で海外では大きく勢いを失っており、
存在すらも危うい状況です。この事からもSIEは既に
PSVITA市場から実質撤退していて次世代機が発売される可能性は限りなく低くなっています。

ワールドワイドで見ると今の時代、
家でガッツリ楽しみたい人はPS4/XboxOne/パソコンのハイエンドゲームを。
手軽にどこでも楽しみたい人はスマートフォン向けの
ソーシャルゲームをプレイするという流れが出来上がっていて、
携帯型ゲーム専用機は存在自体が中途半端なものになっています。
ボタンがあるから、売り切り型が定着しているからという強みはあるものの、それだけでは弱いです。

じゃあ「モンスターハンター」や「ポケットモンスター」のような
携帯型ゲーム専用機ならではのゲームは今後は遊べなくなるのかと言われるとそんな事はなく、
PS4のリモートプレイやWii UゲームパッドのOff-TV Playのように
据え置き機のゲームを携帯機感覚でプレイ出来る仕組みが今後はさらにパワーアップして
不便なく楽しめるようになるんじゃないかと思っています。

現時点でのリモートプレイ、Off-TV Playは制約があって
完全な携帯機としては活用出来ないけど、
技術が進歩したら今よりも快適に楽しめるでしょう。

もしくは、スマートフォンゲーム市場の体質が変わって
そこが携帯ゲーム専用機の受け皿になる可能性もあると思います。
スマートフォンゲーム市場の欠点は、物理キーの有無とビジネスモデルです。

タッチ操作オンリーなのでゲームによっては快適に操作出来ず、
売り切り型モデルが定着していないため基本プレイ無料タイトルが大半で、
従来のゲームデザインを構築するのが難しくなっています。

この問題はなかなか難しいものだと思いますが、任天堂の動き次第では変わるかもしれません。
任天堂がブランド力のあるタイトルを売り切り型で配信して、
物理キーのコントローラを発売したら携帯ゲーム専用機市場の受け皿になるかもしれない。

スマートフォン向けに売り切り型のゲームはいくつも発売されましたが、
振り返ってみるとそこまで訴求力のあるタイトルは発売されてきませんでした。
目立ったものは「ドラゴンクエストVIII」ですが、所詮はリマスタータイトル。
完全新作の売り切り型だったら多くの人が購入しているでしょう。

任天堂の看板タイトルは訴求力があるので、
それをスマートフォン向けに売り切り型(3,000円前後)で配信したら
現行の3DS市場と同程度は売れるかもしれない。NXの結果次第では出してくるかもしれませんね。

続いてはコントローラに関して。既にスマートフォンを所有している事を前提に考えると、
物理キーのコントローラを買うのって新しいゲーム機を買うよりも遥かにハードルが低いと思うんですよ。
この流れが定着するようだったらさすがに僕でもスマートフォン向けでも受け入れられます。

任天堂が他ハードにソフト供給せず自社のハードを作り続けているのは意地なのもあるでしょうし、
自分たちで作ったハードに特化した新しい遊びを提供したいのもあるのでしょう。
しかし、近年の任天堂ゲームは各ハードの機能を活かしきっているとは言えず、
これだったらどこのゲーム機に出しても変わりません。
なんだったら任天堂らしいギミックがあるコントローラをスマホ向けに出せば良いだけです。
あとはプライド次第なので、やるかやらないかはそこなんですよね。

家でガッツリ楽しみたい人はPS4/XboxOne/パソコンのハイエンドゲーム。
手軽にどこでも楽しみたい人はスマートフォン向けのゲーム。
この流れはますます強まってくると見ています。

スターオーシャン5 -Integrity and Faithlessness-_20160406053118

国産タイトルがほぼ全滅?

2021年には、残念ながら国産パッケージタイトルの発売本数は数え切れるほどに減っていると思います。
昨今はスマートフォン向けの基本プレイ無料スタイルに味を占める国産メーカーが続出して
コンシューマー向けにリソースを注げなくなっているメーカーが増加しており、
たまに出したところでも大した成果を挙げられていません。

任天堂、スクウェア・エニックス、カプコンなど
300万本クラスのタイトルを持っているメーカーは看板タイトルこそまだ発売すると思いますが、
それ以下になると開発費と売上高のバランスを上手く取る事が出来ず、なかなか発売出来ないでしょう。

中国などで大ヒットするなど、新しい活路を見出せないと厳しいですね。
その結果、かつての人気タイトルをスマートフォン向けのソーシャルゲームとして展開してきそうですが、
売り切り型で展開しない限りコンシューマー派からしたら終わったものとみなされるでしょうね。

その一方で海外産の大型タイトルはますます存在感を強めてくると思います。
市場規模的には横ばいか微増程度でしょうが、
国産タイトルが衰退に向かう関係で相対的に存在感が増してくるでしょう。

697

ダウンロード版の売上構成比は50%超え?

近年、市場規模が拡大しているダウンロードゲーム市場。
デジタル化の流れに乗ってパッケージタイトルもダウンロード版の売上構成比が増えてくると思います。
現時点では多くても3割程度ですが、5年後には50%を超えるタイトルが現れてきそう。

というのも各社がダウンロード版の販売に力を入れているからです。
今後もこの流れはさらに加速しそうで、ダウンロード版の正確な売上が明らかにならない限りは
売上ランキングで見える数字はますます低くなるでしょうね。

P3180231

個人経営のゲームショップは消滅?

市場規模が縮小し、ダウンロード版の売上も高まってくるとピンチなのが小売りです。
おそらく、5年後には個人経営のゲームショップはほぼ消滅し、大手だけが残ると思います。
現時点で仕入れや予約特典の優遇が雲泥の差ですから・・・。
ゲーム売り場を見かける機会が今後はさらに減ってしまいそうです。

WiiU_screenshot_TV_01BEB

配信タイトルは増加?

近年、賑わいを見せているダウンロード専売タイトル。
各ハードメーカーがインディーズゲームに
力を入れ出している関係で今後はますます増加すると思います。

ダウンロード専売タイトルだと価格設定を自由に決められますし、
クオリティの基準も定まっていないので売り出しやすいと思うんですよ。
中小の国内メーカーの避難場所としても重宝されそうで、
パッケージタイトルを発売出来なくなってもこの市場で生き残るかもしれません。


僕の世界線はこのようになっています。
もちろん、世の中何が起こるのか分からないので一本の大ヒット作で流れが変わるかもしれませんし、
個人的にも変わってほしいです。良いところはあると思うけど、こんな世界線、色んな意味でですよ。
パッケージタイトルの発売が減るのも嫌だし、周りでやっている人が減るのも嫌です。
願望で予言している訳ではありません。あぁ、誰かこの世界線を変動させてくれぇぇぇ~!!!

でも、例え5年後にこのような市場になっても、僕はコンシューマーゲームメインである自信があります。
と言うのも僕が好きなゲームのほとんどが残っている可能性があるからです。
濃密なアクション。探索型の3Dアクションは体力のあるメーカーが出し続けるでしょうし、
息抜きのカジュアルゲームもインディーズゲームで満たされるでしょうから。
据え置き機が残っているのも大きなプラス要素。

コンシューマーゲーム市場がこのようになって本当に困るのは、
任天堂以外の和ゲー偏重ゲームユーザー。それも思考型のキャラゲー好きでしょう。
今は本格的なスマートフォン向けゲームが国内メーカーから続々と登場していますが、
そこが彼らの受け皿になるのかどうかがカギになっていると思います。
もうライトユーザーのほとんどはメインステージをスマートフォン向けに移行していると思うので、
市場規模を維持するには今、残っている前述のゲームユーザーが残り続けるのかどうかでしょう。

※これまでに公開したコラム記事の一覧はこちら

ライフ イズ ストレンジ
ライフ イズ ストレンジ

posted with amazlet at 16.07.12
スクウェア・エニックス (2016-03-03)
売り上げランキング: 213

※何か分からないゲーム用語を見かけたらこちら をご覧ください。

【人気ブログ】( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)【ランキングへ】
6646e5e1.gif

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

内容をご確認の上、送信してください。

この記事の反響(62)

  1. y.crash より:

    自分も5年後になってもコンシューマーゲームがメインだとおもいます。
    むしろ、コンシューマーをやってなければ自分としてはゲームをやめてると同義です。
    スマホゲーを否定はしませんが、市場がそちらだけになったら生きている意味がない!
    と自分は考えています、ちょっと言い過ぎましたかね?w
    自分にとってはコンシューマーゲームは人生の一つなんですよね。
    だから絶対にコンシューマーには消えてほしくないです。
    なんかわがままみたいなコメントで申し訳ありません。

  2. MGMの名無し より:

    中々にロクでもない未来像ですね
    業界通やアナリストに予想させたらしたり顔で言ってきそうな
    それだけに実現性は高いと思いますが先細り感満載で困ったものです
    この閉塞した流れを変えるとしたらやはり任天堂なのだろうか

  3. ウユニ より:

    この記事楽しみにしてました!
    確かにこの5年間の流れを見ると悲観的な予想になっちゃいますよね。
    今後のゲーム市場考える上で最も重要な要素は携帯電話がどう進化するかだと思います。
    自分は2010年と黎明期からスマホ使ってましたがまさかこんなに急速に
    みんながスマホになるとは思わなかった。
    ただスマホ自体は解像度やカメラ画質、音質といった横方向の進化はしてますが、
    初めてiPhone出てきたときみたいなブレイクスルーは一切ないですし
    そろそろなんかくるかもしれないですね。
    データ通信の高速化及び大容量化は確実に進むと思われるので、
    どこでも高速リモートプレイができるようになる。
    スマホ用のコントローラはbluetooth使えば実現可能だと思われるので携帯機はなくなるでしょうね。
    任天堂がもう1世代出すだけになるかな。
    課金ガチャ型のゲームは5年以内にとんでもない問題起こして、
    規制かかって一気に収束すると読んでます。
    そのときには今のインディーズくらいの価格で相当遊べるスマホゲー出るんじゃないかな。
    そのときのスマホはPS4くらいのスペック持ってるでしょうしね。
    据置機はPCマルチを続けながら大型ソフトだけ出続けそう。
    SIEはPS4以降の互換もたせてiPhoneみたいな型番更新で続いて2021年にはPS5は出してる気がしますよ。
    任天堂はまだNXかな。
    マイクロソフトはScorpio引っ張ったのちにPC特化に戻る気がする。
    個人的には5年後自分がCS機触ってるような生活できてるかどうかが一番気になりますw
    少なくほど今ほどは無理でしょうね。
    先週kentさんが書いてた残された時間が少ない状態ですし笑

  4. ほにょ より:

    個人経営のゲームショップ(ファミコンショップ)は……よくメディアに出てくるゲームスマーヤみたく、今もまったくないわけではないでしょうけど、ゲーム流通のインフラとしてはもう実体を失っていると思います。特に地方だと、あるのは廃墟ばかり。
    僕の住んでる町にもカメレオンクラブが一軒だけありますけど、そこは老舗の家具屋が副業でやっていて、個人経営って感じではない。たまに古本やCD目当てに行ったりしますけど、カードゲームのコーナーにしか人がいない。外に”介護サービス始めました!”というポスターが張ってあったりして。
    ブルートもわんぱくこぞうもドキドキ冒険島もTVパニックも、もう影も形もなく。シータショップとかありましたよね。愛知県だとエマーソンとかオタッキーとかあったと思うんですが、今はどうなってるんでしょうか。
    だから、ヤマダ電機やエディオン、ジョーシンなどの家電量販店、そしてTSUTAYAとかGEOとかWonderGOOとかがいつまでゲームを扱うのか?という問題なんだと思います。この辺のインフラを失うと新品のゲームソフトは一気に手が届きにくくなる。ブックオフ/ハードオフ、そしてブックマーケット(駿河屋)はそうそう撤退しないと思いますけど。

  5. MGMの名無し より:

    海外はPCゲームの方が売上が上らしいので、いずれゲーム機自体が無くなる可能性もありそうです。さすがにまだまだ先の話でしょうけど。
    私はVITAをメインで動かしてるので携帯ゲーム機は無くなって欲しくないんですけど、難しそうですね。

  6. ベンチの下のkoji より:

    ●携帯型ゲーム専用機が無くなる?
    その可能性はありそうですね。
    でも、5年後もスマートフォンゲーム市場が今のように盛況かというと、必ずしもそうではないと思う。
    ●国産タイトルがほぼ全滅?
    中小メーカーのソフトはホントに減ってそう(^_^;)
    でもネプは死なないさ。
    ●ダウンロード版の売上構成比は50%超え?
    そうなると思います。
    ●個人経営のゲームショップは消滅?
    すでに自分の近所では個人経営のゲームショップは死滅しています。
    泣けます。
    ●配信タイトルは増加?
    マイティナンバー12とか配信されてそう。
    5年後だとPS5 NEOが発売されている頃でしょうか。
    コンシューマー市場が復権している事を祈ります。

  7. 街毛 より:

    そうなんですよねーキャラ要素の強い作品が減るのは本当に嫌ですね。リアルキャラメイクにいまだに馴染めないんですよ。
    でも何だかんだ和ゲーは無くならない気がします。PSハードのおかげでキャラゲーは何だかんだ出てくれますから。どちらにしてもこれからもゲームは好きだと思いますよ。

  8. sparrow より:

    携帯ゲーム機に関しては、その通りではないかと思います。
    ただし、現在のメーカーの受け皿になるかといわれるとビジネスモデル以外に、各プラットフォームの規約に問題もあり単純にはいかないのではないかと思っています。
    メーカーに関しては、私は少し違っています。
    確かにスマートフォンでは、買い切りのビジネスモデルはほぼ成立しませんので、一般的なガチャ、イングレスのようなタイアップ+アイテム、一面番長のような広告収入のいずれかに倒れる形になると思います。
    また、エロ系のゲームはリリースできないという問題もあります。
    これらのメーカーの受け皿は、Steamの用なものではないかと思っています。現在もIFや日本一、CAVEなどは積極的にリリースするようになり一定の成功を得ています。
    また、現在の据え置き機とPCのアーキテクチャーは近いものになっており、今後もこの方針に変化はなく移植作業がどんどん容易になるのではないかと思っています。
    ですので、CSでもDL専売やインディーズ系の流れに国産の中堅メーカーは乗っていくのではないかと思います。
    また、現在は据え置き機に出す場合、ある程度のクオリティを求められると思いますが、安価でそこそこというものが台頭してくるとユーザーはそれを受け入れるようになるのではないかと考えています。
    ただDL版の場合、薄利多売方式が主流になる可能性があり、体力のないメーカーはどんどん淘汰されて吸収されるのではないかと思っています。
    個人ショップやダウンロードについてもにその通りだと思います。
    ただ難しいのは、これらの予想はあくまで現在のテクノロジーベースで考えています。
    5年後には全く新しいテクノロジーの登場により、スマートフォンやゲーム機の在り方そのものが変わっている可能性もあり、こうなってしまうと予想は全く立たないですね。

  9. 暇人 より:

    携帯ゲーム機が無くなっちゃうのは悲しいです。
    個人的にスマホのガチャゲーは好きじゃないのでスマホが携帯ゲーム機市場を完全に吸収するなら買い切り型のアプリがもっと伸びてほしいです。
    と言うか任天堂のスマホ参入は下手なF2Pより買い切り型ってやって欲しい
    小売店は下手すると大型店ですらゲームの取り扱い減ってそうです。
    中古市場は残ってると思うんで完全には無くならないでしょうけど

  10. むぐお より:

    これはオールドゲーマーには悲しいですがわりと現実的ですね。
    携帯ゲーム機はなくなるか、スマホとゲーム機でのマルチって感じになりそうですね。写真なんかもデジカメの文化もだいぶ廃れてしまってて画質よりお手軽スマホの時代になってしまいました。
    国産タイトルはどうなるんでしょうね
    続編物は衰退していきそうです
    劣化していくんですもん
    あとは続編だから惰性でやるのも飽きてきました、、
    モンハンなんか特にw
    小粒の日本ならではのゲームはで続けそうですがね
    ゲームやさんは、昔ながらのお店はいまの時点で消えてますねw
    カメレオンクラブ?だったかなー
    そんなのとか中古の小さいゲームやさんうちのまわり全滅です。
    なんだか悲しいですね〜
    PSVRなんかがもっとリアルになって新しい革命がおきればいいんですが!
    なんだかこの記事みる前にGPDXDっていう3dsみたいなボタンついてる中華タブレットAmazonでぽちりましてw
    スマホゲームは嫌悪感がありつつスマホのグラセフがやりたくて!
    なんだか複雑です。

  11. えす より:

    携帯ゲーム専用機無くなるかもですか、今の形のままだったら確かに…
    NXというか任天堂の動向はやはり気になりますね。
    DL版は作品によって向き不向きあれど広がっていくと思いますし
    そこでインディがどういう広がり方を見せるのか、広げ方もですが果たしてどうなりますかね。

  12. KUMA より:

    国内に限定すりゃ、ゲーム機ってカテゴリ自体が消滅してる可能性もありますもんね…。既に日本向けに出す事自体が道楽の域ですもん。現行機で唯一伸びしろのあるPS4にしても一般人に広く売れる売れ方には程遠いですし、任天堂のNXにしても現行機の体たらく見てる分には一番のネックたる『ソフト数』を解決できるとも思えんですし、どのメーカもどのハードも(後継機込みで)日本じゃ明るい未来は見えんですな。あー、外れりゃいいんですが、この予想(苦笑
    >任天堂以外の和ゲー偏重ユーザー
    私の場合、任天堂は好きで、ギャルゲ・アニメゲに興味無しですが、遊ぶのは和ゲー中心で欲しい物も少なく(今年欲しいのはVitaネオアトラスとPS4グラビティデイズ2程度)このカテゴリに近い部分はありますね。WiiUスプラ(これも昨年のゲームですが)以外はすっかり昔の名作に引きこもりに近い格好になってますねェ…(笑

  13. 日々寧日 より:

    携帯機に関しては悲しいですがなくなる可能性が高そうですね
    任天堂がCSでやる気を見せればまだ携帯機は存続できる可能性はありそうですがスマホに力を大きく入れ始めればきっとなくなるでしょうね
    国産タイトルでも大規模タイトルはまだ残ると思いますが中堅タイトル以下はゲーム以外でのメディア展開で売上が期待出来ないと厳しいでしょうね
    どうにか中小メーカーさんには残り続けて欲しいものです

  14. MGMの名無し より:

    私も携帯ゲーム機は無くなると思います。任天堂の弱いアフリカ・中東・南米まで全世界カバーでき、生活必需品であるというのは越えられない差ですので。
    おっしゃる通り任天堂は「スマホコントローラ+売り切りソフト」を出すと思います。その時は同時に子供に向けたwifiモデルのデバイスも発売するかなと予想します。
    流石にこの予想にたどり着くのに5年はやや早いかな?という気もします。NXの仕様次第で早まりそうですけど、NXは専用機であることを明言してますから・・・従来の延長線上であるハードでしょうね
    もし予想が当たるにしてもNXの次になりそうです。ポケモンGOやどうぶつの森アプリの配信がもっと早ければ、NXにもその結果が反映されてたんでしょうけどね・・・

  15. バラザム より:

    自分が学生の頃は友達に「FF5の中古が欲しい、なるべく安く」と言うので新栄から
    千種、今池、池下、覚王山、砂田橋~と地下鉄の路線沿いに自転車で巡回するだけで10前後の
    ゲームショップがありましたが今や全滅ですねぇ。
    自分は学生時代は大須にあまり行かず、ファミ通に通販広告も出していたワーロードと
    ほにょさんが挙げていらっしゃるオタッキーに足繁く通っていましたね。オタッキーは3年くらい前に最後の店舗が
    トレカ店に業務変更、ほどなく閉店となったようですね。
    ローカルな話題ですがw
    “くれよん”のクーポンが200円引きから買い取り200円UPに変ってしまったけど大丈夫か宝島!?
    店の雰囲気が好きなので頑張って欲しい!
    更にローカルな話題(;^_^A

  16. J.S より:

    確かに「現行のスタイル」の携帯機はもうなくなるでしょうね。SIEはほとんどvitaが撤退状態で、同じような携帯機を出しても無駄でしょう。SIEは普通の路線のゲーム機しか作らないので、次世代携帯機はしばらく無いと思ってます。任天堂もそれよりましなだけで、3DSではこれから通用しないことも分かっています。だからこそ、NXで予想されている、据え置きとのハイブリッドに期待しています。まだまだ、国内メーカーやユーザーには携帯機需要があるし、サードを集めるためにもそうした方がいいと思います。
    DLソフトは確かにもっと増えそうです。インディーズを中心にヒット作もよく生まれてますし、ニンダイで紹介されるDLソフトは映像を見せられて買ってしまうことが多いですw

  17. MGMの名無し より:

    スマホで買い切り型が定着するかはやはり任天堂に掛かってると思いますね。
    例えばどうぶつの森の買い切り型アプリを3000円程で出してこれが3DSと変わらない位売れるなら完全に携帯ゲーム機はお役御免になると思います。
    任天堂自身は今の所は3DS以降も携帯ゲーム機も続けるつもりでしょうからまだまだ先の話になるとは思いますが
    据え置きゲーム機は洋ゲー&ハイエンド和ゲーのPS4(もしかしたらPS5が出てるかも)と子供ファミリー向けの任天堂機が中心でしょう
    XBOXは日本ではちょっと巻き返してる未来は見えないです・・・
    スマホを含めて考えたらゲーム市場は大きくCS機に限定したら大幅に縮小してるのは間違いないと思いますね

  18. ゆき より:

    5年後だとまだちょっと難しいかもですけど、
    仰るようにリモートプレイが超発展してるとクライアントのような端末が家にあって、
    それを表示するのがTVなのかスマホやタブレットの画面なのかの違いしか無いので、
    コンシューマ派、スマホ派なんてものも無くなってるのかなと思います
    音楽や映像がディスク、HDD、クラウドと進化したようにゲームソフト自体もネット上にあって家でも外でも同じように遊べる可能性も高いでしょうし…って、そうならなきゃTVゲームという娯楽の存在感は小さくなり続けるのではないかと思います

  19. MGMの名無し より:

    皆さんにお聞きしたいのですが「NX」はどのようなゲーム機になると予想されていますか?
    私は今年発表されたゼルダの画像から推測して「NX」は3DSの後継機(携帯型ゲーム専用機)だと思っています。
    もしそうであっても携帯型ゲーム専用機が無くなるとおおもいですか?

  20. MGMの名無し より:

    ソニーなら携帯ゲーム機の試作機を発表していますが?
    http://ch-img.esuteru.com/image/201607/3058_13_01.jpeg
    2016年にソニー、Future Lab ProgramでオーディオNと携帯機型ゲーム機のコンセプト公開
    Future Lab Programとは現在ソニーの社内で開発している製品を初期段階で公開することにより外部の意見を取り入れてよりよい製品を開発する取り組み
    自社だけでは利用者の需要をくみ取りにくくなっている。
    ソニーは年間5000億円ほど開発に投資しているが大ヒット商品になったものはまれである。開発に外部の視点を取り入れることによりヒットを狙ったものにしていくのが狙いだ。
    また製品の発売するタイミングを測るのにも役立つという。
    製品を早期公開すると問題が起きそうだがソニーは
    「まねされたらそれだけいいコンセプトだということだ」
    「特許は確保した上で公開しており、まったく同じものは作れないはず。模倣品が出てきても、商品力で勝負する」
    とコメントした
    次世代機向け携帯機スティックも開発していることが分かってます
    VITA次世代機でない後継機出ないとか騒ぐのは少しは自分で調べてからやってもらいものです

  21. JINO より:

    日本においては市場の先細りがより進むのは避けられないでしょうね
    自分もこの頃になれば新しいゲームを買うことは無くなっているかもしれません
    レトロゲーマーとしては元気でやっていくつもりですけどね

  22. 名無しのスターライト より:

    いずれ携帯機はスマホに統合されるとは思っていますけどね
    そのためには問題が山積みですが
    据え置き市場は国内においても大手和サードの中小規模タイトルの切り捨てが加速するでしょうね
    今は完全にグローバルの時代ですから海外ソフトメーカーとの競争もより意識しなければならなくなるので予算をかけるタイトルはふんだんにかけて固定層の割合が強い中小規模タイトルはユーザー高齢化に伴い自然消滅していくのではないかと
    予算をかけるからには多く売らなきゃなりませんし時代の水準に満たないフルプライスタイトルは厳しくなっていきますよ
    なにより昨今はどのコンテンツにおいてもブランドの新陳代謝が激しいですからね
    ただAAAタイトルの合間の箸休めとして中小タイトルも必要なんですよね
    でもそれは据え置きソフトである必要がなくスマホや携帯機でも出来ますから
    大手和サードといえばコエテクの今後が気になりますね
    大手和サードとしてはバンナムに次ぐソフトリリースペースで程々の予算でそれなりのクオリティのソフトを提供してはいるのですがそのスタイルは今後も通用するかといえば微妙ではあります
    自分の希望としてはフラッグシップタイトルである無双シリーズを予算をいつも以上にかけてAAAタイトルに昇華させてほしいと思っています
    無双シリーズのマンネリ打破のためにも是非お願いしたい
    VITAPS4マルチタイトルで両者の売上が拮抗してるソフトが増えてきましたがそれはVITAのパフォーマンスでは満足できないユーザーが増えてきたのも一因でしょう
    そのためにもVITAの後継機は必要になってくると思いますよ
    任天堂の次の携帯機がVITA以上のパフォーマンスを引き出せるとは限らないわけですから
    スマホで買い切りの中小タイトルを展開するにはまだまだ力不足です

  23. kazu より:

    まぁ国内のコンシュマー市場がどうなるかは、現時点では「PS4がどれだけ頑張れるか」の一点でしょうね。VitaとNXに関しては、「不確定要素」が多すぎて、どうなるか分かりません(笑)としか言いようがないですが、これまでの傾向でいうと、NXよりVitaの方が長生きする可能性は高いとは言えると思いますが。

  24. 名無しのスターライト より:

    連投失礼します
    ただ思うのはソフトのクオリティを上げる=ボリューム増やしたりマップを広くするじゃないんですよね
    全員が全員広大なマップや膨大なボリュームをフルプライスタイトルに求めてるわけではありませんから
    グラフィックやモーション、物理演算などのビデオゲームの基幹となる要素が時代の水準を満たしたうえでそれぞれのタイトルのテーマに適したクオリティを突き詰めていく
    それがフルプライスタイトルだと思っています

  25. Ryou より:

    >携帯型ゲーム専用機が無くなる?
    存在自体が完全にはなくなる訳ではなく据え置きとの共存の道に
    進んでいるだろうと思う。それだけにNXの動向は注目せざるを得ない。
    NXはスマホとの架け橋を作るという話もあるから。スマホを逆に武器
    にするんじゃないかと。NXのコントローラ対応アプリを配信してコン
    トローラ代わりにするとか。このご時世物理キーを導入したスマホ
    なんてものもあるのでね。当然ながらプライドを守る為に別に(純正の)
    NX携帯版も発売するだろうと踏んでるけど。
    >ダウンロード版
    パッケージと同額、あるいは1,000~2,000円位の違いであれば
    パッケージ版一択だけど、店頭でなかなか価格が落ちないタイトル
    が2,000円以下になったりしたらダウンロード版でも良いのかなと
    最近思うようになってきましたね。最寄りのゲーム店と交流持ちたい
    からパッケージで買うという流れは断ち切って欲しくないですね。
    >国産タイトルがほぼ全滅?
    全滅よりかはどこか一辺倒という流れが減ってる可能性のが高いかも。
    あのコンパイルのネプですらSteam展開してる位ですから。
    日野さんとかスマホで買い切りタイトルも出して行くという
    話もあるから今度のレベルファイブ発表会はそこが焦点となるか。
    ニンドリで色々紹介できるという話も含めるとレイトンやイナズマ
    もスナック同様、3DS/スマホマルチじゃないかと予想してる。

  26. MGMの名無し より:

    正直携帯機よりスマホ市場の方がヤバい状態なんですよね
    今では急激に縮小して有料ゲームは1%~3%までに減ってしまいました
    http://appmarketinglabo.net/appannie2016/
    無料のゲームに金を払ってるのも僅か0.19%です
    http://gigazine.net/news/20160325-mobile-market-report-2016/
    このまま無課金で遊ぶ人が増加していくとゲームサービスの維持が極めて難しくなっていきます。0.19%のユーザーを獲得できなかったアプリは1年も持たずにサービス打ち切りになってきています
    ガンホー等の主要モバイルゲーム会社の19社の内14社が減益、8社が赤字とかなり厳しい結果になってきているのがスマホです
    http://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20150819-00000001-sgameinfo-bus_all

  27. チキ より:

    画像はミラーズエッジ カタリストのスクショかな?未来のイメージにはピッタリですね!
    コンシューマーゲーム市場の更なる衰退なんて考えたくもないけど、どれもあり得そうで説得力あるから怖い…。
    でも僕が好きな海外産のトリプルA大作は生き残るだろうから僕は5年後もコンシューマーメインでやっていけそうです。

  28. kentworld より:

    >y.crashさん
    ええ、僕もそう思っていますよ。
    ゲームはゲーム専用機でやるもんだ!
    そう思い続けたいもんです。
    ワガママかもしれませんが、僕もそう思っていますよ。
    ブログはいつまで続くかわかりませんが、
    出来る限りゲーム専用機を最優先にします。

  29. kentworld より:

    >MGMの名無しさん
    >この閉塞した流れを変えるとしたらやはり任天堂なのだろうか
    この市場の基礎を作り上げたのは任天堂ですからね。
    大きな鍵を握っていると思います。

  30. kentworld より:

    >ウユニさん
    この記事楽しみされていましたか!
    あんまり楽しい予想に出来なく手すみません・・・
    5年前もソーシャルゲーム!ソーシャルゲーム!と色々言われて
    ブログでも危機感を持った記事を書いていましたが、
    それから今になってどんどん悪い方向に進んでいますね・・・
    縦方向の進化があるとしたら、どうなるのだろうか?全く想像が出来ません。
    通信速度の進化は目覚ましいので、
    リモートプレイはどんどん快適になるでしょうね。
    PS3→PS4からのリモートプレイもかなり進化していましたし。
    課金型アプリは色々な意味で限界を感じています。
    いい加減に新しい遊びを提案しないとユーザーも飽きてしまうように感じています。
    売り切り型が定着するのでしたらサブ機くらいの役割にはしますよ。
    それ以外はなかなか的を射た予想ですね。
    僕も同じように感じています。
    5年後の自分かぁ・・・
    大きく変わりそうな気がしていますよ。
    出来ればこのブログも現状維持をしていきたいもんですが、
    生活環境だけではなく、市場環境も変わりそうで、
    相当な努力をしないと難しく感じています。
    だからこそ、今を楽しみたいですね!

  31. kentworld より:

    >ほにょさん
    ゲームショップはどこも厳しいですよねぇ。
    毎週発売されるタイトルが雀の涙レベルなので、
    ゲーム単体でやっていけるところはどこもないでしょう。
    何かしらの副業をやっていかないと絶対に無理です。
    せいぜい、大手の家電量販店くらいでしょうか。
    最寄りのゲームショップはなかなか気を吐いている印象ですが、
    果たして5年後も生き残っていけるのかは謎です。

  32. kentworld より:

    >MGMの名無しさん
    >海外はPCゲームの方が売上が上らしいので、いずれゲーム機自体が無くなる可能性もありそうです。さすがにまだまだ先の話でしょうけど。
    そうですね、いずれはなくなるでしょう。

  33. kentworld より:

    >ベンチの下のkojiさん
    色々触れてくれてありがとうございます。
    大体、僕と同じような予想ですね。
    スマートフォンのゲーム市場は今の形を維持するとは限らないと思います。
    プラットフォームの勢力争いは目まぐるしく変わっていますし、
    ビジネスモデルもこの5年で大きく変わりました。
    まだ変わっていきそうな気がしますね。

  34. kentworld より:

    >街毛さん
    街毛さんにとってはなかなか難しい状況だと思います。
    和ゲーでまずなくなるのは中堅クラスでしょうね。
    5年後だったら日本ファルコム辺りはまだ残っていそう。

  35. kentworld より:

    >sparrowさん
    ふむ、興味深いコメントをありがとうございます。
    >買い切りのビジネスモデル
    これが成立しないのは、ユーザーが価値を感じないからなんですよね。
    ブランド力のあるタイトルが投入されたらもしかすると受け入れられるかも。
    それが出来るのは任天堂やスクエニ、カプコンくらいでしょう。
    これらのメーカーが独自のプラットフォームを立ち上げ、
    その中で売り切り型ゲームを売ったら少しは勝算あるかも。
    とは言えブランド力のあるタイトルだけに絞られそうかな。
    >ですので、CSでもDL専売やインディーズ系の流れに国産の中堅メーカーは乗っていくのではないかと思います。
    最後の方に触れましたが、こちらの可能性もありますね。
    ユーザーが価値を感じやすいという意味ではこちらの方が勝算あるかな。
    どちらにしてもパッケージタイトルほど高くは販売できないので
    体力のないメーカーにとっては厳しい状況だとは思いますが、
    そこは開発エンジンの最適化で何とかしてほしいですね。

  36. kentworld より:

    >暇人さん
    本当に買い切り型アプリが伸びてくれたら良いのに。
    こっちの方がずっと良いですよ。
    ガチャゲーはもうこりごりです。
    中古は存続という意味ではゲームショップの大きな味方ですね。

  37. kentworld より:

    >むぐおさん
    なかなか厳しい予想をしてしまってすみません。
    今のうちに覚悟を決めたくって・・・・
    スマートフォンって便利だけど、色々な文化を崩してきましたよね。
    色々助かっているけど、憎しみの方が多いです。
    国産タイトル。一番厳しいのは中堅どころですねぇ。
    採算を合わせるのが難しくなって出せなくなりそう。
    小粒のゲームは今後も安泰だとは思います。
    カメレオンクラブ、懐かしいなぁ。
    最近は全然きかなくなってしまいましたね。
    PSVRは、日本では厳しいと思います。
    海外ではもしかしたら大爆発するかもしれませんが。
    スマホのグラセフ?やってみてください。
    きっと、コンシューマーが恋しくなりますよw

  38. kentworld より:

    >えすさん
    携帯機が生き残るのかどうかは任天堂次第ですね。
    今後、唯一楽しみなのがインディーズゲームです。
    今でも意欲的な作品が色々出て来て発掘が楽しいので!

  39. kentworld より:

    >KUMAさん
    はい、残念ながら明るい未来は想像出来ませんねぇ。
    唯一、インディーズゲームの今後が楽しみなくらい。
    何か大きな影響力のあるタイトルが奇跡的に表れてくれないものか。
    僕も昔の名作は触れたり、振り返ったりしますが、
    それってあまり元気が良い状態ではない時なんですよね。
    KUMAさんもそんな感じなのかな?
    新作をバリバリ遊んでいる時の自分が調子良い時だったりします。

  40. kentworld より:

    >日々寧日さん
    任天堂、SIE共にスマホへの種まきを始めました。
    これは、携帯機がなくなる前兆にも感じています。
    中堅以下のタイトルが残るとしたらメディアミックスがカギですね。
    アニメ化を同時に進行して話題性を高めるとか。

  41. kentworld より:

    >MGMの名無しさん
    >おっしゃる通り任天堂は「スマホコントローラ+売り切りソフト」を出すと思います。その時は同時に子供に向けたwifiモデルのデバイスも発売するかなと予想します。
    これ、もう少しスマホが普及したら普通にやってきそうです。
    下手な3DSバンドルよりも売れそうな気がしますから。
    何年先になるのかは分かりませんけどね。

  42. kentworld より:

    >バラザムさん
    ゲームショップ巡りが出来なくなるのも時間の問題かもしれませんね。
    1人で見て回るのも楽しいですが、
    友達と喋りながら見回るのも好きなんだけどなぁ。
    ローカルネタは分かりますが、
    あんまり深く突っ込むと自宅が特定されてしまうので返信しにくいw

  43. kentworld より:

    >J.Sさん
    国内に限ると携帯機の需要ってまだまだあるので、
    世界基準で合わせると様々な不都合が生じると思います。
    でも、任天堂、SIE共に国内だけを見ていませんからね。
    海外でのあまりの不振を見ていると今後も残るのかどうかは・・・
    リモートプレイは国内ユーザーに向けての償いだと思っています。

  44. kentworld より:

    >MGMの名無しさん
    >スマホで買い切り型が定着するかはやはり任天堂に掛かってると思いますね。
    その通りだと思います。
    任天堂がスマホユーザーに価値を認めてもらえたら。
    これが通用したら岩田元社長も天国で喜ぶでしょう。

  45. kentworld より:

    >ゆきさん
    >コンシューマ派、スマホ派
    クラウドが浸透するのであれば、デバイスに拘る事は減りそうですね。
    それよりも買い切り型派か、基本プレイ無料派という派閥が生まれそう。
    僕も正確には買い切り型派ですから。

  46. kentworld より:

    >MGMの名無しさん
    >皆さんにお聞きしたいのですが「NX」はどのようなゲーム機になると予想されていますか?
    僕は据え置き機寄りハードだと思います。
    Wii Uを進化させたみたいな。

  47. kentworld より:

    >MGMの名無しさん
    >ソニーなら携帯ゲーム機の試作機を発表していますが?
    うーん・・・仮にこれが出たところで売るのは大変だと思うんですよ。
    国内ではモンハンを取り込んだらそこそこ売れるかもしれませんが、
    海外では絶望的でしょう。5年以内に出たところで、何年生きるのか分かりません。

  48. kentworld より:

    >JINOさん
    余程の事がない限りは難しいでしょうね。
    僕は常に最先端を走るゲーマーでいたい。

  49. kentworld より:

    >名無しのスターライトさん
    >そのためには問題が山積みですが
    例えばネットワークのコミュニティですね。
    PSの場合、トロフィーはどうするんだか?
    >今は完全にグローバルの時代ですから海外ソフトメーカーとの競争もより意識しなければならなくなるので予算をかけるタイトルはふんだんにかけて固定層の割合が強い中小規模タイトルはユーザー高齢化に伴い自然消滅していくのではないかと
    そうそう、我々はどんどん歳を食っていき、
    ゲームをやらなくなって行くユーザーも増えていきますから、
    いつまでも相手にしていたらいけないと思います。
    >ただAAAタイトルの合間の箸休めとして中小タイトルも必要なんですよね
    出来ればすべてをコンシューマーで完結したいんですけどね。
    これからは使い分けが必要になってきそうです。
    >大手和サードといえばコエテクの今後が気になりますね
    今は上手く行っているようですが、いずれは厳しい状況に立たされるかも。
    無双シリーズ本編に関してはジリ貧が止まりませんから、
    まずはそこを何とかしないとね。無双8はそこで迷っている印象です。
    これ以上、横の進化をしてもインパクトは薄いでしょう。
    >そのためにもVITAの後継機は必要になってくると思いますよ
    必要になってくる。とは思いますが、
    SIEは国内市場だけを見てくれないのがもどかしい。

  50. kentworld より:

    >kazuさん
    確実に言える事はそうですね。
    9月からのラッシュでどれだけ変わるかですよ。

  51. kentworld より:

    >名無しのスターライトさん
    >ただ思うのはソフトのクオリティを上げる=ボリューム増やしたりマップを広くするじゃないんですよね
    同感です。それは横の進化ですからね。
    >グラフィックやモーション、物理演算などのビデオゲームの基幹となる要素が時代の水準を満たしたうえでそれぞれのタイトルのテーマに適したクオリティを突き詰めていく
    こうした縦方向の進化がクオリティアップだと思います。

  52. kentworld より:

    >Ryouさん
    ええ、言い方を変えると据え置き機との共存になりますね。
    それは、どこのハードメーカーもやっていることだと思います。
    任天堂はスマホをどう利用するのかは気になりますねぇ。
    どんどん、上手いこと活用してほしいです。
    パッケージ版は買う意義がどんどんなくなってきました。
    説明書はない、フルインストールで容量が圧迫する。
    せいぜい、中古で売れるくらいになってしまいましたよ。
    >3DS/スマホマルチ
    これはあり得そうですね。
    スクエニも少しやっていましたし。

  53. kentworld より:

    >MGMの名無しさん
    >正直携帯機よりスマホ市場の方がヤバい状態なんですよね
    ええ、ヤバい、ヤバいとは聞きますよ。
    それでも大手は懲りずにスマホ向けで出しているんですよ。
    大手が懲りなければこの流れは続くでしょうねぇ。

  54. kentworld より:

    >チキさん
    そうです!近未来っぽい画像を探していたらこれが良いかなって。
    チキさんは5年後も変わっていないんじゃないかと思っていますよ。
    ただ、メインプラットフォームはどうなっているのかは分かりませんが・・・

  55. MGMの名無し より:

    海外では絶望的ってVITA売れてないのは北米だけですね
    和ゲーばっかりでキラータイトルないのに意外と欧州では売れてるんですよね。普及台数ももう日本と変わらないとこまで来てる。
    アジア地域も急激に伸びてきている。
    ゲーム人口3億人のいる中国にも参入したばっかりです
    日本のサードがマルチやめないのはアジアでのVITAの売り上げ、ソフトの売り上げが無視できなくなってきたからだそうです。スクエニ談ですけど
    SIEハウス社長も
    アジア地域で携帯機が伸びてきている。日本のサードにとっては大きな可能性があるものにとコメントしています。
    北米はどうなるか知りませんがVITA後継機にPS2、PS3アーカイブスに対応、ゲーム容量のアップ、メモリーカードの値下げでもあればVITAよりはずいぶん改善するでしょう
    一時ただのボーダーランズの移植だけで売れてたそうですから

  56. MGMの名無し より:

    任天堂が(厳密には任天堂ではないのですが)ポケモンGOというかつてない大規模な成功事例を出してしまったことで、むしろ任天堂以外が、任天堂に続け、これからはやはりスマホだ、という思いを強くしそうでちょっと怖い

  57. kentworld より:

    >MGMの名無しさん
    >和ゲーばっかりでキラータイトルないのに意外と欧州では売れてるんですよね。普及台数ももう日本と変わらないとこまで来てる。
    そういう話はインタビュー記事などで目を通しています。
    ただ、これって具体的な数字は出て来ていないんですよね。
    業界人が雑誌に合わせて虫の良い事を言っているようにも聞こえます。
    何にしても、この程度の盛り上がりでは5年先まで生き残るのかと言われると怪しいんですよね。

  58. kentworld より:

    >MGMの名無しさん
    >任天堂が(厳密には任天堂ではないのですが)ポケモンGOというかつてない大規模な成功事例を出してしまったことで、むしろ任天堂以外が、任天堂に続け、これからはやはりスマホだ、という思いを強くしそうでちょっと怖い
    あぁ、その可能性もありえますね。
    ポケモンGOのヒットをどう思っているのか。

  59. MGMの名無し より:

    メーカーとしてはスマホ向けは基本プレイ無料のタイトルの方がやりやすいんでしょうけど、
    そればかりが市場に溢れている現状は食傷気味なんですよね。
    私の周囲ももうお腹いっぱいという反応ばかりですし。
    ただ、今さらCSメインに戻るのも無理があるので、
    せめてスマホで買い切り型のタイトルがもっと増えてほしいことを切に願っています。

  60. kentworld より:

    >MGMの名無しさん
    >ただ、今さらCSメインに戻るのも無理があるので、
    >せめてスマホで買い切り型のタイトルがもっと増えてほしいことを切に願っています。
    そうですね、せめて買い切り型がもっと・・・

  61. 휴 ㅂ 휴 より:

    kentworldさん
    今回の記事は面白かったね。
    この記事が現実になるのかどうか5年後の答え合わせが楽しみだね。

    >3DS、PSVITAといった携帯型ゲーム専用機。
    >2021年にはこういったタイプのゲーム機はなくなってしまうと予言
    >します。
    これはぜひそうなってもらいたいね。
    家庭用ゲーム機はゲーム以外にほぼ用途がないくせに値段が高く、しかも数年で生産終了してソフトが供給されなくなるような割に合わない買い物だし、ゲームはいい加減PCやスマホに移行して、家庭用ゲーム機を買わなくてもゲームを遊べるようにすべきだね。

    • kentworld より:

      5年後、どうなるかなぁ。
      3DS/PSVITA次世代機の噂も聞こえていますが、これが本当なのかどうなのか。
      いずれにしても今のままではワールドワイドでは売れませんね。

コメントする

内容をご確認の上、送信してください。