2016/08/30/12:00 | ゲームレビュー

ペルソナ4【レビュー・評価】複数のジャンルが絶妙に絡みあったお手本のようなJRPG

511
ペルソナ4/PS2
ペルソナ4 ザ・ゴールデン PlayStation (R) Vita the Best

2008年7月に発売されたPS2「ペルソナ4」を今回はレビューします。
PS2「ペルソナ4」は現代を舞台にしたジュブナイル伝奇RPGです。
2012年6月には追加要素を大量収録したPSV「ペルソナ4 ザ・ゴールデン」が発売。
※プレイしたのはPSVITA版です。

良いところ

2016-08-10-031628
青春を味わえる

「ペルソナ4」最大の魅力。それは、もう一度青春を味わえる事です!
ひょんなことから親戚の家に一時預けられる事になった高校生の主人公。
当然、学校も変わって新たな生活が始まっていくんですが、
そこで出会っていく友達(仲間)はみんな良い奴でこちら側も楽しくなってきます。

見た目はイケメンなのに、喋り出すと隙だらけの花村 陽介(はなむら ようすけ)。
元気いっぱいのおてんば娘の里中 千枝(さとなか ちえ)。
美人だけど、実は天然で変な笑いのツボを持った天城 雪子(あまぎ ゆきこ)。
ヤンキーかと思いきやホモ疑惑を立てられる巽 完二(たつみ かんじ)など、
主人公が友達になるキャラクターは魅力的だけど
何かが抜けていて憎めず、日常パートを盛り上げてくれます。

そんな彼らと1年間の高校生活を送ることになり、
林間学校、夏休み、夏祭り、文化祭、テストなど学生らしいイベントが盛り沢山なので、
もう一度青春を味わっているような感覚を持ちました。
大きな事件を解決したうえで1年間の高校生活を終える事になる場合、
彼らと何の未練もなしにお別れする事になるんですが、まるで卒業式のような寂しさを味わえます。

2016-08-08-042357
正解を見つけるのが楽しい戦闘パート

1年の高校生活の間には事件を解決するためペルソナを使ったバトルを何度もする事になります。
ゲームシステムは王道のコマンドRPGになりますが、メリハリの効いたバランスでとても楽しめました!
とにかく明確な”正解”が存在して、勝てる時は勝てるけど、負ける時は負けるバランスなんですよね。

例えば、弱点の攻撃を当てると転倒してもう一回攻撃のチャンスがやってくるんですよ。
しかもある条件を満たすとそこから全員での総攻撃が出来るようになったりして、
弱点を見つけられるかそうでないかで状況は大きく変わっていきます。

それは敵も同じで、逆に言えば弱点を突かれると大変なダメージを受けてしまい、
あっという間に全滅する事も!?主人公の体力が0になると
仲間が生存していてもゲームオーバーになってしまうなど容赦ないところは容赦なく、
常に緊張感のあるバトルを楽しめました。飽和状態のコマンドバトルでここまで楽しいと思えるとは。

敵に弱点を突かれて「全部俺のターン」になってしまった時は苦しくて見てられませんが、
こちら側が弱点を見つけて大ダメージ&連続攻撃を決められた時の爽快感
演出の上手さもあって大きく、思わずガッツポーズをしてしまいます。

436
真相が気になる怪奇連続殺人事件の謎

1年の高校生活の間で大きな存在を示すのが町で起こる怪奇連続殺人事件の謎です。
主人公はひょんな事から仲間たちとこの事件に関わり、
ペルソナを使って悪い奴らを倒していく事になるんですが、
ミステリー要素が強く、事件の真相が気になってプレイを続けてしまいました。

感心したのが、プレイヤーを引き込ませる脚本の上手さと怪奇現象の説得力です。
絶妙なタイミングで殺人事件や怪奇的な現象が起きてプレイヤーを引き込ませる一方、
現実味のある会話や演出によってフィクションとは
感じさせない配慮も取られていて、白けることはありませんでした。

町で起こる怪奇連続殺人事件の犯人とは一体、誰なのか?
それは身近にいる”あの人“かもしれません。
推理要素もあるので、プレイをしながら犯人を予測してみるのも面白いです。

2016-01-13-182721
絶妙に絡みあった日常パートと戦闘パート

ゲームは日常パートと戦闘パートを交互にプレイして進行していきます。
1日1日を過ごす事が可能で放課後や夜はプレイヤーが
ある程度自由に行動を決めることが出来るんですが、
そこでの行動によって登場キャラクターとの関係が変わっていくだけではなく、
戦闘パートを有利に進められるのが良く出来ていると思いました。

登場キャラクターと仲良くなると専用のイベントを楽しめるだけではなく、
戦闘パートで強力な技を使えたり、強いペルソナを生み出す事が出来るようになるんですよ。
事件は段階的に進んでいき、特定の日付までにダンジョンをクリアする必要があるため
日常パートでは効率良くイベントをこなしていかなければならず、
単なるアドベンチャーゲームで収まっていないところが凄いと思いました。

行動次第では放課後はすぐ家に帰り寝る事だって出来ますが、
早くゲームを進めたいからと言ってそんな事をしたら
敵を倒すのが大変になって詰んでしまいます。

「ペルソナ4」をクリアするにはレベルを上げて装備を整えるだけではなく、
日常パートで仲間とのを深めて強力なスキルを身に付けるなどをしなければなりません。
※難易度ノーマル以上でプレイした場合の話です。

普通のRPGに慣れていると要素が多くて大変なところはありますが、
このようなシステムだからこそただでさえ良い味を持っている
仲間たちに感情移入する事が出来ると思うし、
お別れとなる3月下旬には寂しさを感じられるんですよね。

エンディングで流れるボーカル付きのテーマ曲「Never More」は
終わりを告げる1年間の高校生活を上手く歌詞として表現していて、
余韻に浸ることが出来ました。楽しい思い出の後に聴きたくなる一曲です。

2016-08-17-180437
ペルソナの育成が楽しい

戦闘はペルソナを使って行うことになるんですが、それの育成が楽しいです!
ペルソナには8個のスキルを覚えさせる事が可能で、合体をして能力を引き継がせる事も出来ます。
どのスキルを残して、どのスキルを捨てるのか?
ゲームを進めるとそんな取捨選択を取る事になりますが、
属性の相性が戦況を大きく左右させるバランス調整のためにとても悩ましく感じました。

2016-01-13-183027
スタイリッシュなデザイン

キャラクターデザイン、ユーザーインターフェースはデザインが洗練されていてカッコいいです!
デザインは黄色を基調にしたポップな感じで、文字の表示も独自性があってオシャレに感じました。
キャラクターデザインも現代人っぽさを感じられて、みんな田舎住まいとは思えません。

ダンジョンではメガネをかけて挑むんですが、
特に主人公はメガネが似合うようにデザインされていて計算されています。
あまりにも似合い過ぎて、メガネなしだと寂しく感じてしまうくらい。

ボーカル付きのBGMもスタイリッシュさを高めてくれますね。
本作に収録されているBGMの多くはボーカル付きですが、
かといって主張が強いとは感じられず、しっかりとゲームに溶け込んでいました。

2016-08-18-120359
大ボリューム

大作だけあってゲームのボリュームはとんでもないくらいありました。
イベントシーンだけでも20時間はあるんじゃないかというくらい。
プレイヤーが操作出来るパートのボリュームはそれの何倍もありますので、
クリアにかかる時間は並みのRPG以上にありました。
大ボリュームですが、トゥルーエンディングではしっかりと伏線を回収しているので
消化不良になる事はなく余韻に浸ることが出来ます。

追加要素を大量収録したPSV「ペルソナ4 ザ・ゴールデン」になると
そこからさらにボリュームアップするのだから凄いですよね。
イベント、ダンジョン、キャラクター、ペルソナ、アニメーション、
おまけモードなどあらゆる追加要素が収録されていてさらに深く楽しめます
(後付けの故に若干、蛇足かな~と感じてしまうところはありますが)。

個人的に合わない&気になったところ

2016-08-17-031332
ダンジョンが単調

戦闘パートのダンジョンは、自動生成かと疑ってしまうくらい単調な構造でした。
各ダンジョンごとに背景は全く異なっていますが、やっている事は扉を開けて次のフロアを目指すだけ。
たまにフロア内のカギを探す事になるものの、面倒なだけで単調です。
どのダンジョンも10フロアくらいあるので、もう少し短くしても良いと思いました。

現代を舞台にしたジュブナイル伝奇RPGというのもありますが、
ダンジョンがこんな感じなのでRPGの醍醐味となる
冒険をしている感“はこのゲームでは味わいにくく感じます。

2016-08-21-144836
イベントシーンが長過ぎる

物語はとても丁寧に描かれていますが、それ故にイベントシーンが長過ぎると感じてしまう事もあります。
特にゲームの導入部分は3時間近くイベントシーンなので、
「早くRPG部分をやらせろ!」と思ってしまいました。

ただ、ストーリーが面白くてキャラクターも良い味を出しているため
ある程度プレイするとイベントシーンの長さが気にならなくなるようになっていますし、
メッセージ送りもサクサクとスムーズに出来る(しかも早送り機能付き)ので
ある程度の配慮はなされています。


複数のジャンルが絶妙に絡みあったお手本のようなJRPG。
これだけ多くの要素を取り入れておきながらお互いが邪魔をせず、
上手く調和されていて極上のRPG体験を味わえます。
ゲームクリア後は卒業式を終えたかのような余韻に浸れる事でしょう!

こんな人には特におススメ。
・RPG好き。
・青春を味わいたい人。

こんな人にはおススメできない。
・時間がない人。

ペルソナ4/お気に入り度 ★★★★★★★★★★ 星10個
プレイした時間・・・約70時間
※当ブログでこれまでにレビューしたタイトルの一覧はこちら をご覧下さい。

※何か分からないゲーム用語を見かけたらこちら をご覧ください。

↓人気ブログランキングに参加中!
1日1クリックしてくれると「M☆G☆M+etc…」の順位がアップします!

 

↓Twitterで更新通知をしています。
Twitterやっている人はフォローよろしくお願いします。

A52

 

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(20)

  1. 街毛 より:

    星10来ましたね。確かにそれに値する傑作だと思います。 
    ところでなんでPS2版の評価になるんですか?システム的なところでも変更がありますし、P4Gのレビューでも問題ないと思うのですが。

  2. グリグラ より:

    わぉ!★10とは凄いですね。
    ますます、ペルソナ5が楽しみになりますよ。
    この記事からも面白さがビンビン伝わってきました。
    レビューを読んでこんなにも面白そうと思えたのは、世界樹と不思議のダンジョンの記事以来ですよ。

  3. 伯爵 より:

    なんだかんだウィッチャー3に間に合いましたね!
    そして★10で私まで嬉しくなっちゃいましたw
    私的には、近年で一番楽しめたRPGがこれですね。90時間以上かけてじっくりとやりこみした。
    >林間学校、夏休み、夏祭り、文化祭、テストなど学生らしいイベントが盛り沢山なので、
    も林間学校、夏休み、夏祭り、文化祭、テストなど学生らしいイベントが盛り沢山なので、もう一度青春を味わっているような感覚を持ちました。
    >大きな事件を解決したうえで1年間の高校生活を終える事になる場合、
    >彼らと何の未練もなしにお別れする事になるんですが、まるで卒業式のような寂しさを味わえます。
    ここの部分は本当にその通りで、まるで本当に自分がもう一度高校生活を送っているような感覚を味わえて、それだけに卒業式の感情移入度合いもすごく、終わってほしくないという思いが強かったですね。
    ちなみに私はマリー大好きなので、追加シナリオもすごく楽しめましたよ(^ω^)
    ペルソナ5はかなり待望の新作だったので、やるのが本当に楽しみです。限定版予約したし、来月はペルソナに久しぶりに浸るぞー!

  4. MGMの名無し より:

    本当に傑作ですよね
    自分にとってRPG部分は育成がメインで戦闘自体はそれほど…って感じでしたけどシナリオが好みだったので苦にならずトゥルーまで遊ぶ事が出来ました
    それにしてもレビューが上手ですね、5の方も期待してますよ!

  5. MGMの名無し より:

    クリアおめでとうございます!
    田舎が舞台、青春を前面に押し出してる、主人公が恵まれてる等、シリーズでは異色のタイトルだと思います。最初はライトな雰囲気をちょっとどうかと思ってましたが、面白かったですね〜。
    そして、ゴールデンの追加要素の多さも凄い!本当に力作です。

  6. nicond より:

    自分は友人に借りてプレイしたのですが、最初は見た目の派手さなどから大したことないだろうと侮っていました。しかしストーリーもバトルも本当に素晴らしく一気に引きこまれました。それだけに5には期待せざるを得ないですね。

  7. kentworld より:

    >街毛さん
    僕がJRPGに星10を付けたのってこれが初ですよ!w
    基本的にレビューはオリジナル版にしていて、
    追加版は補足で触れるか別の記事で追加要素に関して書いていきます。
    FFX、アマガミ、他多数の移植+α、リマスタータイトルもそんな感じでやってました。

  8. kentworld より:

    >グリグラさん
    世界樹と不思議のダンジョン以来ですか!?
    それは、かなり久しぶりですね!w
    何にしても記事で面白さが伝わったのでしたら良かったです。

  9. kentworld より:

    >伯爵さん
    なんとか間に合いました!
    僕がJRPGに星10を付けたのはこれが初ですからね!
    ゼノブレイドやFFXですらも付けなかったので。
    僕なんかのレビューで嬉しくなったのでしたら良かったw
    お別れする寂しさはゲームだからこそ倍増したところがあります。
    FFXもそうでしたが、ずっとパーティメンバーとして一緒に戦い、
    辛い体験を乗り越えられるからこそ感情移入出来るところがあって、
    そういう意味では本当に学園生活を共にした
    クラスメイトとお別れするかのような感覚を味わえました。
    文章からもペルソナ5の期待度が伝わってきますねw
    こんなテンションが高い伯爵さんを見たのはDIVA X以来です!w

  10. kentworld より:

    >MGMの名無しさん
    >本当に傑作ですよね
    >それにしてもレビューが上手ですね、5の方も期待してますよ!
    ありがとうございます!
    時間がない中、どうやってこの作品の魅力を伝えようか
    あたふたしながら書いておりました!w
    数をこなしたことで上手く書けるようになっているのかな?

  11. kentworld より:

    >MGMの名無しさん
    >田舎が舞台、青春を前面に押し出してる、主人公が恵まれてる等、シリーズでは異色のタイトルだと思います。最初はライトな雰囲気をちょっとどうかと思ってましたが、面白かったですね〜。
    個人的にはこのライトな雰囲気が良かったです。
    シリアスな展開が続いてもどこか明るさがあって、鬱にならないんですよね。

  12. kentworld より:

    >nicondさん
    僕もここまで楽しめるとは思いませんでした。
    あらゆる部分が高水準で、
    これはなかなか文句を付けられませんw

  13. ウユニ より:

    うおー★10!!!
    プレイ日記でも片っ端から褒めまくってたからひょっとしたらとは思ってましたがw
    kentさんが非アクションのRPGに★10つけるとは快挙過ぎます。
    いや~おすすめして本当に良かった♪
    本当に青春追体験という感じでしたね。
    眩しいほどリア充だけど決して嫌味なところはないというか。
    日常パートの明るさとシリアスさのバランスが本当に見事でした。
    仲間キャラクターがみんな魅力的で数々のイベント経て大好きになりますし、
    サブキャラクターも大天使・菜々子を筆頭に素晴らしかった。
    カレンダーシステムがいい感じに結末に向かってくる感を増してくれましたね。
    春夏秋でひたすらはっちゃけまくった後に冬での寂寥感は切なかった。
    ED前にしてクリアしたくないと思う感覚は久々でした。
    Never Moreとともにとんでもなく余韻残ったの覚えてます。
    日常パートと戦闘パートの融合の理想形はこれでしょうね。
    主人公のペルソナ強化と仲間そのものの強化がコミュとがっちり噛み合ってた。
    感情移入度を本当に高めてくれます。
    難易度が決して低くないのもその重要性挙げてくれるんで尚良し。
    スタイリッシュなデザインとお洒落な音楽などビジュアル面も完璧でしたね。
    この辺は5でもPVを見る限り健在なんで心配してません!
    ダンジョンの単調さだけが唯一不満点でしたが5で進化させてて欲しい。
    5のハードルみんなが上げまくってる理由分かりましたよね?笑
    一連の記事でいい感じにペルソナ熱高められたんで再来週が更に楽しみになりました!

  14. kentworld より:

    >ウユニさん
    まさかの★10でした!w
    減点したくなる要素も他の部分が補っていますし、
    何よりもこの大ボリュームで破綻無くまとめており、
    RPGに多い作業的な要素もそこまで感じられなかったので★10でも良いかなって。
    おススメしてくれてありがとうございました!
    青春を追体験出来るゲームは数多くプレイしましたが、
    その中でも魅力的に描いていた作品に感じます。
    こんな学園生活を送りたかった・・・
    カレンダーシステムは色々と上手く働いていましたね!
    効率を求められるゲーム性だけではなく、
    ゲームが終わってしまう寂しさも感じられて。
    正当なRPGとはちょっと違うゲームで
    アドベンチャーやシミュレーションの要素も加わっていますが、
    それらが浮いている事はなくしっかりと混ざっていて感心してしまいました。
    ストーリーやキャラクター、ゲームバランスなどがしっかりしているからこそ
    そう感じてしまう訳なので、なかなか真似出来る事ではありませんね。
    まだまだ厨二心を持っているので、
    スタイリッシュなデザインは大興奮でした!w
    友達にやっているぞアピールを出来る貴重な作品です。
    5のハードル上がるのは無理もないですねw
    4Gはバージョンアップ版なので、
    ボリュームはある程度下がるかなーと見ていますが。
    >一連の記事でいい感じにペルソナ熱高められたんで再来週が更に楽しみになりました!
    来週になりますが、最後にネタバレ全開のプレイ日記を公開します!w

  15. えす より:

    おー!Kentさんのレビューこの手のRPGで10はかなり珍しいんじゃないですか。
    この勢いでPQも…と言いたい所ですがもうすぐP5出ますから当然そっちですよねw
    P4今ちょこちょこ進めてますが基本システムほぼ同じですがP3より洗練されていて良いですね。
    プレイ日記の記事はそこまでクリア出来たら見ようと思っております。
    気に入った又は特にお世話になったペルソナとかはいましたかー?

  16. kentworld より:

    >えすさん
    かなり珍しいと思います。
    自分でもビックリな評価です!
    RPG格付けをしたら間違いなく最上位ですね。
    お気に入りのペルソナは、コノハナサクヤですかねー。
    回復役として大活躍しました!

  17. ヨウタイガ より:

    ★10獲得!自分が好きなゲームが他の人にも高評価だと嬉しいですね。僕は比較的RPGを良くプレイしますが、その中でも自信を持ってお勧めできる1本でした。あんな高校生活送りたいなー、と思う反面、自分が主人公だとみんなを救えないかもしれません(笑)。

  18. kentworld より:

    >ヨウタイガさん
    ようやくレビュー記事を公開出来ました!
    このゲームの主人公は優等生ですもんねw
    無口ですが、自分に置き換えることは出来ませんでしたねー。

  19. シロマ より:

    なんと星10ですか。
    前も言ったけど、これほど傑作ならセールの時買っておけば良かった。
    本作に関連した話ですが格闘ゲームの「ペルソナ4 ジ・アルティメット イン マヨナカアリーナ」とその続編「ペルソナ4 ジ・アルティマックス ウルトラスープレックスホールド」はストーリーは本作の後日談に当たるそうです。
    今度kentさんと対戦予定の「ペルソナ4 ジ・アルティマックス ウルトラスープレックスホールド」のストーリーモードには前作「ペルソナ4 ジ・アルティメット イン マヨナカアリーナ」のストーリーは収録されてない(DLCで購入)そうです。

  20. kentworld より:

    >シロマさん
    珍しく星10にしてしまいました!
    かなり長時間プレイしないとクリア出来ないゲームですが、
    それだけ楽しめたんですよね~
    ペルソナ4の格闘ゲームは2種類発売されていて
    どちらもストーリーが異なるのが悩ましい。
    面白い内容だったらどちらもチェックしたいですねー!

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

関連記事

過去作品と比較して自重を感じる作り。マリオテニスオープン レビュー
ゼルダコレクション【レビュー・評価】移植度や収録作品はやや不満だが、ファンにはたまらないレアアイテム!
ダークサイダーズ~審判の時~【レビュー・評価】色んなアクションゲームの要素が詰まったバラエティパック
タッチ!カービィ スーパーレインボー【レビュー・評価】ミドルプライスという縛りの中で無難に作られた作品
ディズニーエピックミッキー【レビュー・評価】面白そうな題材を地味な味付けで帳消しにした惜しい作品
マインクラフト【レビュー・評価】ツールの域を出たクリエイトゲームの歴史を変えた作品
プリンス・オブ・ペルシャ【レビュー・評価】「俺強ぇ」ならぬ「俺上手ぇ」を味わえるライト向けアスレチックアクション!
閃乱カグラ SHINOVI VERSUS -少女達の証明-【レビュー・評価】ただのセクシーゲームと思いきや、かなりの力作
世界樹と不思議のダンジョン2【レビュー・評価】育成の自由度と間口がグッと広がり煮込まれた時間泥棒ゲーム!
クラウドベリーキングダム【レビュー・評価】大好きだけど、しつこい味のお菓子