2017/05/15/20:00 | ゲームの話

高難易度アクションRPG(ダークソウル系)大特集!こんなにもあった!?

5619e021.jpg

2009年に発売された高難易度アクションRPG、PS3「デモンズソウル」。

フロムソフトウェアから発売された「キングスフィールド」シリーズの流れを組んだ本作は全世界で大絶賛され、続編の「ダークソウル」からは人気シリーズとして定着しました。

2017年となった今では一つのジャンルとして確立され、フロムソフトウェア以外からも様々なフォロワータイトルが発売されています。

今回の記事ではこれまでに発売された高難易度アクションRPG(ダークソウル系)を大特集していきましょう!

▼高難易度アクションRPG(ダークソウル系)の共通点

・世界観はダーク。
・ゴリ押しは通用せず、ヒット&アウェイ戦法が基本。
・スタミナゲージが存在し、ダッシュや攻撃時などに使用する。
・各エリアにはボスが待ち構えている。
・探索要素が強く、脇道にはアイテムが隠されている。
・倒れると経験値をロストしてしまうが、一度だけ倒れた場所まで戻ると回収出来る。
・育成の自由度が高く、ステータスを好きなように割り振ったり、様々な職業・武器が存在する。

本家

デモンズソウル(2009)/PS3

シリーズの基礎を作り上げた作品。各ステージは箱庭として区切られていて、10数のステージが存在します。

大きく分けて5つのエリアが存在し、それぞれに3以上のサブエリアを用意。基本的には奥に進んでボスを倒す事で最下層へ行けます。

箱庭マップとして区切られているためマップデザインは絶妙で、高低差があって練り込まれていました。その完成度は今も色褪せていません。
関連記事:デモンズソウル【レビュー・評価】昔ながらの難易度調整と最先端の技術によって科学反応を巻き起こした傑作!

ダークソウル(2011)/PS3

0148f712.jpg

デモンズソウル」の流れを組んで作られた高難易度アクションRPG。マップはシームレスになって繋ぎ目がなくなり、冒険している感が増しました。

新システムとしては拠点となる篝火が追加。ここで体力を全回復したり、エスト瓶という回復アイテムをチャージしたり、レベルアップが出来るようになっています。

その代わり倒した雑魚キャラクターが復活するので、メリットばかりではありません。

ゲームバランスは微妙。「デモンズソウル」と比べて数の暴力が酷かったり、理不尽な探索要素があったりしてフロムソフトウェアのゲームらしくトゲが増しています。

また、エリアがシームレスになったことでフレームレートも低く、パフォーマンスは良いとは言えません。
関連記事:ダークソウル【レビュー・評価】シームレス化によって冒険している感がアップ!

ダークソウル2(2014)/PS4/PS3/XboxOne/Xbox360

DARK SOULS Ⅱ SCHOLAR OF THE FIRST SIN_20150421164908

ダークソウル」シリーズの2作目。基本システムは前作を踏襲していますが、武器の耐久力が大幅に低下していたり、ゲームオーバーになるほど体力の最大値が減るなど、より厳しくなっています。

敵の出現も有限になってしまったので、稼ぎの穴場を探すプレイが出来なくなりました。

しかし、強力な効果を発揮する指輪は壊れても修理したら使えるようになるなど救済措置もあるので、困難を乗り越える楽しさは増しています。

マップは前作よりも平面的で立体感はありませんが、全体的に開けていて冒険している感が増しました。当時は終盤に訪れる護り竜の巣の吊橋から見える祭祀場を見て興奮したものです。

ゲームバランスは前作よりも悪化。全体的に嫌われやすい難易度の上げ方をしているので、シリーズ作品の中でも人を選びます。

2015年にはPS4/XboxOne版も発売。こちらはダウンロードコンテンツをすべて収録している他、パフォーマンスやゲームバランスの改善が行われていて全体的に完成度がアップしています。
関連記事:ダークソウル2【レビュー・評価】より厳しく、より自由に
関連記事:ダーク ソウル2 スカラーオブザファーストシン【レビュー・評価】改善点多数・ボリュームアップのまさに完全版!

ブラッドボーン(2015)/PS4

BloodborneR_20150410160204

ヴィクトリア朝時代をモチーフにした新たな高難易度アクションRPG。操作感は軽快になり、ガードよりも回避を重視したバランス調整になって新たに銃アクションが追加されました。

ダメージを受けてからすぐに攻撃をすると回復出来るリゲインシステムも追加。これによって攻撃を回避するだけではなく、逆に反撃するという戦略性も生まれました。

過去作品で見られたクトゥルフ神話の要素はさらに増加。これまで以上に気持ちの悪い敵が出現し、出血描写も追加されたので世界観の面ではより人を選びます。

一方、ゲームバランスは「ダークソウル」シリーズよりもアクション性が増している一方、マイルドになっていて、嫌われやすい難易度の上げ方はしていません。

グラフィックはPS4専用になった事で大幅パワーアップ。派手な環境破壊描写こそ少ないですが、建造物が書き込まれていて背景を見渡す楽しさが増しました。また、フレームレートも安定しています。

「ダークソウル」シリーズよりも若干、ボリュームは劣りますが、完成度はピカイチです。
関連記事:Bloodborne(ブラッドボーン)【レビュー・評価】傑作になるポテンシャルを秘めた新しい高難易度アクションRPG
関連記事:本編よりもハマってますますマゾヒストになりました!ブラッドボーン ジ オールドハンターズ レビュー

ダークソウル3(2016)/PS4/XboxOne

DARK SOULS III_20160327163647

「ダークソウル」シリーズの3作目。シリーズの完結編としてアナウンスされた今作は集大成として作られていて、過去作品の良いところを詰め込んでいました。

アクションは「ブラッドボーン」のように軽快になり、出血描写を追加。ステージは「ダークソウル」シリーズ1作目を彷彿させるエリアが存在し、「デモンズソウル」ネタも存在します。「ダークソウル2」は(泣)

PS4/XboxOneソフトと世代が1つ進んだためグラフィックのクオリティは「ダークソウル2」からパワーアップ。スケール感も増していて、高台からふもとを見渡すようなシチュエーションもあります。

集大成なのでマンネリ感はありますが、シリーズの良いとこ取りのため完成度は高いです。
関連記事:ダークソウル3【レビュー・評価】良質な高難易度と中毒性を実現したシリーズ3部作の最高傑作!

スポンサーリンク

他社のフォロワータイトル

ロード オブ ザ フォールン(2015)/PS4

551

「ダークソウル」シリーズにインスパイアされたドイツ産の高難易度アクションRPG。

世界観からモーション、システムなど何から何まで「ダークソウル」にインスパイアされて作られています。

しかし、選択出来る職業やエリアの数は半分以下となっていて、全体的にコンパクトな作りとなっていました。難易度も本家と比べたらやや低く、モッサリ感はありますが、意外と初心者向けです。
関連記事:ロード オブ ザ フォールン【レビュー・評価】手軽に楽しめるダークソウルのそっくりさん(後日公開予定)

ソルト アンド サンクチュアリ(2016)/PS4/PSV

Salt and Sanctuary_20160822205947

海外のインディーズゲームメーカーが手掛けた2Dの高難易度アクションRPG。

「ダークソウル」シリーズにインスパイアされていますが、2Dに上手く変換していて完成度はかなり高い作品です。

特徴的なのがツリー形式のレベルシステムと新アクションの習得。すごろくのような形式でステータスを高める事が可能で、特定の場所に行くと新アクションを習得出来て行動範囲が広がっていきます。

世界観は「ダークソウル」シリーズにインスパイアされているためホラー要素が強く、不気味です。
関連記事:ソルト アンド サンクチュアリ【レビュー・評価】ダークソウルとメトロイドヴァニアを融合させた高品質な2Dアクション!

仁王(2017)/PS4

コーエーテクモが手掛けた高難易度アクションRPG。

基本システムは「ダークソウル」シリーズにインスパイアされていますが、Team NINJA(チームニンジャ)が手掛けているだけあって「NINJA GAIDEN(ニンジャガイデン)」のようなアクションも存在して本家よりも派手な戦いが出来ます。

また、ハクスラやコレクション要素も強く、本家ではあまり感じられなかったアイテムを集める中毒性も感じられました。

エリア制なのでリトライ時のロード時間も短く、中毒性の高さは本家に匹敵するどころか上回るレベルです。

ストーリー要素は高難易度アクションRPGにしては高め。戦国時代のアフターストーリーが描かれていて、歴史物に強いコーエーの強みを活かしています。
関連記事:仁王【レビュー・評価】コーエーとテクモが力を合わせて生み出したダークソウル越えの傑作!

THE SURGE(ザ・サージ)(2017)/PS4/XboxOne

ロード オブ ザ フォールン」の開発会社が手がかるSF系高難易度アクションRPG。

主人公は外骨格パワードスーツを装着していて、敵はロボットとなっているので「ダークソウル」シリーズとは全く異なる世界観となっています。

ロード オブ ザ フォールン 2(2017)/PS4

550

※画像は前作のものです。

「ダークソウル」にインスパイアされた「ロード オブ ザ フォールン」の続編。前作から開発会社が変わり、より良いゲームになる事だけが明らかとなっています。

コードヴェイン(2018)/???

ゴッドイーター」の開発スタッフが手がける高難易度アクションRPG。このジャンルとは対極に位置するアニメ要素を加え、バンダイナムコらしい味付けになっていそうです。


以上、高難易度アクションRPG特集でした!ここで挙げた以外にもインディーズゲームメーカーからフォロワータイトルが色々と発売されていて、今後はさらに増していくと思われます。

今のところは粗製乱造には感じられず、フォロワータイトルでも一定のクオリティを維持しているのでこのまま順調に拡大してくれると嬉しいですね!

The Surge (輸入版:北米)

The Surge (輸入版:北米)

posted with amazlet at 17.05.15
Focus Home Interactive (2017-05-16)
売り上げランキング: 951
DARK SOULS III THE FIRE FADES EDITION - PS4
フロム・ソフトウェア (2017-04-20)
売り上げランキング: 50

 

タグ , ,

おすすめ記事

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(32)

  1. A・T より:

    ソウルシリーズは現在のゲームデザインに大きな影響を与えましたよね。
    ここで挙げられている作品のほかにも、ショベルナイトやローグレガシーもソウルシリーズにインスピレーションを受けて作られたと聞いています。
    どの作品もただのフォロワータイトルではなく、自己流にアレンジしつつひとつの作品として完成されていますね。

    • kentworld より:

      そうでした!ショベルナイトのロストはダークソウルから持ってきていますもんね。
      あのシステムは中毒性を高めていると思うのでお気に入りです。

  2. 伯爵 より:

    何という俺ホイホイ記事w
    これはコメントせざるをえない。
    現在発売分だと、ロード オブ ザ フォールン以外はプレイ済ですがどれも面白かったですねえ。

    ・デモンズソウル ★10
    ・ダークソウル ★9
    ・ダークソウル2 ★9
    ・ダークソウル3 ★10
    ・ブラッドボーン ★10
    ・仁王 ★9
    ・ソルトアンドサンクチュアリ ★9
    といった感じ。

    デモンズは今だと流石に荒削りでしょうが、当時でこの抜群のクオリティは脱帽。
    ダクソ1はマップや世界観の作り込みが素晴らしかったです。
    ダクソ2は平面のマップが多く、マップ同士の繋がりが雑だったのが少し残念ですが、DLC含めて楽しめました。
    ダクソ3はシリーズ集大成でアクション性やマップの作り込みも見事でした。第2弾DLCはめちゃ難しかったです。
    ブラッドボーンは世界観といいアクションといい、シリーズで1番好き。
    仁王はフォロワーながらもコーエーテクモの味も出しつつ上手く出来てましたね。
    ソルトアンドサンクチュアリはまさに2Dダクソ。後半になるにつれ簡単になるのは少し残念ですが、それでもこの値段でフルプライス並の作り込みは見事。

    いやー、こんだけやっててもまだまだやり足りないですね。すっかり虜になっちゃいました笑

    • kentworld より:

      確かにこれは、はっく~向けの記事だw

      高評価がズラリと並んでいますね~。僕も概ね同じような感じです。

      デモンズソウルを当時、触れていなかったらダークソウルは買わなかったので素晴らしい出会いでした。
      ダークソウルはシームレスになってワクワクしましたね!
      ダークソウル2はPS4版も買って、シリーズで初めて2周プレイをしました!
      ダークソウル3はハマりすぎて4日でクリアしたなぁ。DLCもいずれやって記事にしますw

      ブラッドボーンは凄く気に入っていますよね。語っている時はいつも良い顔をしている気がします。
      仁王はここまでハマるとは思わなかった。コーエーテクモの味付けがツボでした。
      ソルトアンドサンクチュアリはコスパが素晴らしかった。あの価格であそこまで楽しめたら十分過ぎますね~。
      このシリーズは派生作品を含めて必ず手を出すほど好きなシリーズになりました。こんなこと、ゼルダ以来ですよ。

  3. ウユニ より:

    個人的にはこのジャンルはゲームに対するやり応え、達成感を強く得られた作品で
    MGMきっかけでの一連の神ゲーラッシュの中でもゲームにハマらせる役割デカかったです。
    まだあまり数やってないですがブラッドボーンは本当に神ゲーだった。
    ウィッチャー3でついた火を最高潮まで燃え上がらせてくれましたからね笑
    DLC込みでコンプした自慢できるプラチナトロフィーの1つです。
    すぐにダクソ3が来たのもタイミング良かったし。

    仁王は戦国時代好きとしても大満足。
    時代的に死んでた武将もモチーフとした妖怪出すとかやり方上手かった。
    コエテクの今後にも大いに期待できる傑作でしたね。

    派生作ではコードヴェインが次の期待株かなー
    ダークソールの海外パブやってる縁で上手く技術協力できてればいいんですがね。
    勿論本家フロムの次回作も首長くして待ってます!
    DLCも充実してるジャンルだからいい加減やらなきゃなぁ。

    • kentworld より:

      このシリーズの醍醐味を理解してもらえたのは嬉しいです。
      面白いけど、かなり人を選ぶゲームですからね~。
      やり応えや達成感は全作品に共通して言えることなので、全部やらない時が済みませんw
      ブラッドボーンの衝撃はかなり大きかったようですね。
      間髪を容れずダークソウル3に繋げられたのも確かにタイミングが良かった。

      仁王も素晴らしい作品でしたよね。戦国時代に興味を持ってしまうくらい。

      コードヴェインはどうなるのか読みにくいなぁ。
      バンナムなので味付けはまた変わってきそうです。
      本家の方も早ければE3で発表してきそうなので楽しみ!

  4. グリグラ より:

    仁王の完成度と操作性が高すぎて、逆に他のタイトルに手を出しにくいジレンマ。
    他の人には理解してもらえないです。

    今はゲーム熱があまり上がらないことも相まって、今年は仁王のDLCだけで腹一杯だと思ってしまいます。
    kentさんは高難易度アクションRPGをプレイして熱を高めているのですか?
    未だに自分の一番好きなジャンルがよく分からないです。

    • kentworld より:

      仁王は本家にはない味付けで、
      あれが癖になったら逆に物足りなく感じそうですもんね。僕は理解出来ますよ~。

      ゲーム熱、大丈夫ですか?ちょっと前までゼルダであんなに上がっていたのに・・・

      >kentさんは高難易度アクションRPGをプレイして熱を高めているのですか?

      そうですね、特効薬になっています。毎回、助けられていますよ。

      • グリグラ より:

        むしろゼルダのロスによって下がっていきましたね。
        アサクリ4の進行バグでくじかれてから、ずっと停滞ムードです。

        • kentworld より:

          ふむ・・・怖いくらいゼルダにハマっていたグリグラさんが好きだったんだけどな~。
          おのれアサシンクリード4。俺のグリグラさんを返せ!

  5. 青雲スカイ より:

    最近はゼルダが一段落付いたのでソルトアンドサンクチュアリをやっています。
    自分みたいなヌルゲーマーには十分過ぎるくらいの歯ごたえとダークな雰囲気を堪能しています。
    もうちょっとだけ簡単でもいいのよ?(震え声)

    • kentworld より:

      ソルトアンドサンクチュアリは、慣れないと難しいですからね。
      慣れてくると特に後半は簡単に感じるかも!?
      ラスボスは初見で倒せてしまいましたw

  6. kou より:

    ついにリリースされましたか高難度ARPG特集。
    デモンズの頃からプレイされてるだけあってこう一杯紹介できるのはすごい。
    うぐ、これは俺のブログで紹介特集の記事書くのが大変になるぞ……(汗

    …デモンズ、リマスターしてくれないかなぁ。PS4かスイッチかで。(まあ前者だろうけど

    • kentworld より:

      ようやく公開する事が出来ました!
      このジャンルは本当に大好きで、片っ端から手を出しているんですよね。
      古くはロックマンやスーパードンキーコングでマゾゲーにハマっていたのでこのジャンルにはうるさいですw

      • kou より:

        自分のブログでもそれぞれ細かく焦点当てる形で書いているのですが…中々難しいですね。
        比較記事って下手すると贔屓や不公平になっちゃうから悩ましい。

        SASとダクソⅢについてはもうちょい進んでから書きたいと思います。筋バサがこうも難しいビルドだったとは…

        • kentworld より:

          ブラッドボーンとダークソウル。
          深くまで探っていくと様々な違いがありますもんね。
          比較記事、発売当時にやっておけばよかったなぁw
          記事の方、期待していますよ!

  7. Koji より:

    デモンズソウル、ブラッドボーン、ダークソウル1、3の4作品をプレイしましたが、どれも甲乙付け難いくらい面白いですね。
    自分の中で一番バランスが良くて遊びやすかったのはダークソウル3、一番イヤらしい敵が多かったのはブラッドボーンです。
    XboxOneのダークソウル2を購入済みなんですが、なかなかやる隙がない(^_^;)

    • kentworld より:

      ダークソウル2だけ未プレイな感じなんですね。
      その中では一番完成度が劣るとは言え、印象深い作品でした。
      kojiさんがプレイした感想が気になります。

  8. ジョエリー より:

    高難易度アクションRPGは好きなのに、暗い世界観は苦手というジレンマを抱えています。笑
    ダークソウル3もブラッドボーンも割と序盤で憂鬱な気分になって辞めてしまいました。仁王はかなり楽しめたので本当はもっとプレイしたいんですけどね。
    そういう意味ではコードヴェインには期待してます。
    明るい世界観の高難易度アクションRPG発売されないかなぁ。あまり合わなそうですし反対する人の方が多そうですが、自分は欲しいです。

    • kentworld より:

      そのジレンマは辛いところですね~。
      ダークソウル3はシリーズの中では比較的明るい世界観なんですけどね。
      気持ちの悪い敵が増えているので、それが苦手だと厳しいかも。

      明るい世界観の高難易度アクションRPG、全然ありだと思います。
      まあ、全体が暗いからこそ抜け道が分かりにくく、探索要素が増しているというのはあるんですけどね。

  9. どどんぱ より:

    ソウルシリーズにおいてエスト瓶の存在はとても重要だと思います。
    デモンズだと消費アイテムである草を食べなくてはならず見知ったエリアの探索ですら細心の注意を払わなければなりません。
    その反面ダークソウルでは取り敢えず死んでもいいからちょっと進んでみるか、とできるのが大きいですね。

    • kentworld より:

      エスト瓶は重要ですね。
      シリーズのスタンダードになっていて、フォロワータイトルでも普通に取り入れていますし。
      デモンズ、ブラッドボーンの場合、回復アイテムがチャージされないのでそこがきつかった。

      • kou より:

        でもブラボの輸血液の場合、20個使える&高速&割合回復というかなり強力な性能のお陰であのバトルバランスが実現できたんでないかと思うと、割と足向けて寝られない存在だと思います。
        ヤーナムマラソンは確かにメンドイですがw

  10. ズースカ より:

    ワタシの思い入れあるのは、
    360の輸入版を購入してプレイした ダークソウル ですね。
    英語表記でストーリーちんぷんかんぷんでしたが、
    マップの意外なつながりに驚かされて、すごく楽しめましたね。

    せっかくダークソウル2は360でも日本語版出たのに積みましたw
    いまはPS4のダークソウル3(全部入版)積んでますw
    ホライゾンやり終えたら開始予定です。

    そう言えば、カプコンの deep down は音沙汰ないですね。
    これもPVみるとダクソっぽいですが、現代の描写もあってアサクリみたいな展開?なんでしょうかね。
    ま、ここまできたら仁王みたいにじっくり作ってヒットさせてほしいところですね。

    • kentworld より:

      ダークソウル1のXbox360版は国内発売されなかったんですよね。
      このゲームを英語でプレイするのはなかなか凄いと思いますw
      僕だったら無理ですね~。

      ダークソウル2、ダークソウル3は積まれていますか・・・
      今、2をXbox360でプレイしたら厳しいかもしれませんが、3はシリーズ最高傑作でした!

      そう言えばディープダウンはどうなったんだろうなぁ。
      確かにあれも高難易度アクションRPGっぽかったですね。
      基本プレイ無料で売り出すという話もあったし、今後の展開が気になります。

      • ズースカ より:

        ダクソ3の完全版はまだ発売されて1ヶ月経ってないので、ちゃんとやります!

        手をつけたらホライゾンのトロフィーコンプ逃しちゃいそうで。

        でも、コンプまであとは狩場の太陽のみになったので、怖湯週末にはダクソ3開始予定!\( ˆoˆ )/

        • kentworld より:

          ダークソウル3はシリーズ最高傑作なのでぜひ!プレイを始めたらハマって積まないと思いますw

          それにしてもホライゾン、トロフィーコンプをしたくなるほどハマったんですね!
          癖が強いところはあるので、安心しましたw

  11. つぐみ より:

    あんまりフォロワータイトルが増えすぎて、同系統ゲームの水準が低くならないと良いなって感じですねぇ
    果たしてThe Surgeはどっちに転ぶか?楽しいと良いな

  12. シロマ より:

    国内で発売されているものではロード オブ ザ フォールンだけが未プレイですね。
    ソウルシリーズ好きとしてはいずれはプレイしたい。
    来年はコードヴェインも発売予定だし高難易度アクションRPG好きとしてはフォロワータイトルが増えるのは嬉しいです。

    • kentworld より:

      ロードオブザフォールンはシロマさんならプレイするしか無いですね!w
      続編も出るし、それまでにはね。
      高難易度アクションRPGは今後も定期的に楽しめそうです。

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

関連記事

迷ったらこれをやろう!kentworldの友達が満点を付けた神ゲーを紹介!(伯爵編)
マリオゴルフ ワールドツアーのオンライン対戦がちょー面白い!!!
シリーズの中では一番の出来じゃん!閃乱カグラ SHINOVI VERSUS -少女達の証明-をやってみた
ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド パーフェクトガイド【レビュー・評価】余す事なく攻略している良質な攻略本
クイズから迷路、CD、映画紹介コーナーまで!?「M☆G☆M+etc…」のミニ連載コーナーを紹介!
歴代ゼルダシリーズランキング【決定版】ブレスオブザワイルドは何位?
ロード時間めっちゃ早くなっているやん!XboxOneの後方互換機能を試してみた!
2017年下半期の期待ゲーム!年内に発売される個人的な期待作をドーンと紹介!
このゲームでWii Uの元を取ったぜ!レゴ シティ アンダーカバー・セカンドインプレッション
据え置き機最高!kentworldの家でゲームオフ会をしました!