2017/02/13/12:00 | M☆G☆Mコラム

登校・下校時のノリで語れる高難易度アクションRPGの素晴らしさ

みなさんは小学生の頃、仲の良い友達と一緒に登校・下校する時、どんな話をしていましたか?

僕はゲームの話ばかりしていた記憶があります。自分たちが持っているゲームの凄いところを語り合ったり、同じゲームを進めている場合はお互いの進行状況を話し合ったりして登校・下校はあっという間に過ぎた記憶です。

特に楽しかったのが同じゲームをプレイしている時に進行状況を共有することでしたね。

「俺、今日は7面まで行けたんだ!」、「7面には分裂して攻撃してくる敵がいるんだぜ!」、「危険なトラップがそこら中に仕掛けられているんだ!」なんて事を話し合ったりしたもんです。

僕が子供の頃はまだアーケードスタイルのゲームが根強く、ゲームオーバーになったらステージ1からやり直しになるような鬼仕様のばかりだったので実力がないと先のステージに行けなかったんですよ。

だから、自分たちがゲームオーバーになった先のステージにはどんな敵や仕掛けが潜んでいるのか想像するのが楽しく、友達よりも先のステージまで進めた時は得意気にどんな風になっているのか話したもんです。

今のゲームは誰でもクリア出来るようなバランスになっているので終盤のステージに行けても大して自慢出来ないんですが、当時は出来たんですよ。

バックアップ機能がないもんだから終盤のステージを友達に見せるまでゲーム機の電源を入れっぱなしにしていたのも良い思い出です。

それで僕のマイフェイバリットとなる高難易度アクションRPGって当時(ファミコン時代)の感覚で楽しめるから好きなんですよ。

高難易度だから誰でもクリア出来る訳ではなく、各ステージに凶悪な敵や仕掛けが潜んでいるから難関ポイントの先には何が潜んでいるのかプレイヤー同士でつい語り合いたくなってしまう。

トライ&エラーの楽しさが中毒性を高めているのは確かですが、それだけではなく、状況共有する楽しさもあるんですよね。

「今、どこまで進めた?」「あのボス強いよな!」「もう○回やられちゃったぜ!」

僕が子供の頃は登校・下校中にこんな話をしょっちゅうしていたもんですが、高難易度アクションRPGでも同じような話で盛り上がれるから童心に帰れるんです。

現在はPS4「仁王」を物凄い勢いでプレイしてすぐにプレイ日記やレビュー記事を公開していますが、これはゲーム自体を楽しめているのはもちろん、早くみなさんと難関ステージの情報共有をしたいからなんですよ。

入り組んだ仕掛けや秘密だらけのフィールド、凶悪な攻撃をしてくるボスについて早くみんなと語り合いたい!

僕はこういうゲームのギミックに関する話をするのが大好きなんですよ。

その次はプレイヤーキャラクターのタイプかな。どんな装備で、どんなパラメーターアップで戦うのか?そんな話をたまにします。

その次にようやく世界観やストーリーの話ですね。高難易度アクションRPGだったらこの順序になるもんだと思っています。

ところでみなさんは小学生の頃、登校・下校中はどんな話をしていましたか?ゲーム以外にもアニメや漫画などの話で盛り上がった人も多いでしょうが、ゲームの場合、どんな話になるのか気になります。

仁王 - PS4

仁王 – PS4

posted with amazlet at 17.02.12
コーエーテクモゲームス (2017-02-09)
売り上げランキング: 3

※何か分からないゲーム用語を見かけたらこちら をご覧ください。

↓人気ブログランキングに参加中!
1日1クリックしてくれると「M☆G☆M+etc…」の順位がアップします!

↓Twitterで更新通知をしています。
Twitterやっている人はフォローよろしくお願いします。

A52

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

内容をご確認の上、送信してください(当ブログのコメント欄は承認制を採用しています)。荒らしや誹謗中傷コメントは全てログを取っており、法的な措置を取らせて頂きます。

この記事の反響(50)

  1. C-rex より:

    僕は、子供のころはゲームの話をしてましたし、フィッシャーズみたいな感じで友達と話をしてましたね。

    仁王はもうすぐやろうと思います!kentさんと話を盛り上げたいので。

    • kentworld より:

      そこでフィッシャーズが出てくるところからしてウオタミだw
      でも、あんなノリは素敵ですよね!
      仁王はもうクリアしてしまいましたが、いくらでも話せますよ!

  2. ウユニ より:

    kentさんのペース早過ぎて誰もついて行けてない件w
    でもまぁ語りがいのあるジャンルだとは思いますよ。
    真っ先に話したいのがボスの話なのは同感です。
    とりあえず怨霊鬼は緩急つけたヒット&アウェイのいいお手本でしたね。
    プレイ日記は①が九州までかな?
    そこまでクリアしたら覗きに行きます。

    世界観に関しても戦国時代大好きなんでそこもツボです。
    1,600年が舞台だから出来事的にアレあるだろうなとか色々予想してます。

    • kentworld より:

      今回は睡眠時間を削ってプレイしましたからね。
      眠さを感じないほど夢中になった事ってほとんどありません。
      それだけ刺激が詰まった素晴らしい作品なんですよね。
      プレイ日記①は九州編を終えたところなので、すぐに追いつくと思います。

      何気にストーリーも面白かったですね。
      忠実ではないからこそのユーモアがあります。

  3. y.crash より:

    自分は小学生の頃は同じクラスでゲームやっていても大半がポケモンとかマリオとか大体その辺くらいしかいなかったんですよ。
    ただ、同じクラスで一人だけ自分と同じくクラッシュをやっていた奴がいまして、それ以外にもプレステのゲームをやっていたのはそいつだけだったんですよ。
    だからクラッシュの話はすごい盛り上がりましたね。あとはカービィとかの話もしましたね。なぜかマリオとポケモンはさっぱり話したことないですけどw
    当時低学年だったので高学年の人に「クラッシュやってるの!?スゲェ。」って言われましたねw クラッシュは年齢層が高いようですw まあ、クラッシュは難しいですからね。でも自分4歳からやってるので・・・w

    自分、実は小5でメタルギアソリッドもやってましたからねw 当時CEROなんてなかったので年齢がどうのこうのなんて気にしていませんでしたw

    今思ったらRPGの話ってポケモン以外聞いたことない!?
    そういえば自分のクラスのメンツは漫画やアニメ派が多かったですね。

    • C-rex より:

      小学生でメタルギアソリッドを!?あの難しい世界観のゲームをその当時、よくできましたねぇ。僕は絶対無理ですw中学生のときに初めてやっても、世界観があんまり分かりませんでしたから。
      メタルギアシリーズは僕のゲーム史の転換点になったゲームですし、中学生のときの友達が好きだったので、よく話の話題になってましたよ(僕はCQCで首を甘噛みみたいに絞められてましたw)。

      4歳でゲームデビューはすごいですね。僕は6歳ですよw

      • y.crash より:

        当時はさっぱり分かってませんでしたw やっていた理由もゲームをやらなくなった親戚からソフトをもらった中の一つにメタルギアが入っていたんですね。ほかにも初代グランツーリスモとかもありましたね。
        中学くらいになると大体ですけど分かるようになりましたね。根本はまだでしたけどw
        自分もメタルギアはゲーム史の転換点の一つですね。このゲームからですね、グロテスクなゲームが増えたのはw
        自分の中学時代はメタルギアをやっていた人は周りに一人もいなかったので、話せなくてつまらなかったですねw

        6歳でも充分早いじゃないですかw
        自分の知り合いで遅い奴は中学からゲームをやっているってやつもいましたからね。ゲームをしないのもいましたし。やっぱり人それぞれですね。

        • C-rex より:

          親戚効果恐るべし······。ゲームに限った話ではないですが、周りの大人に影響されますよね。
          おお!y.crashさんもメタルギアはゲーム人生の転換点になったんですか!?同志がいたような感じで、安心しますねぇ。僕がメタルギアから受けた影響はハードボイルド系に興味を持つようになったこと、冷戦時代に一時期興味を持ったこと、ゲームでストーリーや世界観を意識するようになったことですね。
          メタルギアは僕にとってはある種のバイブルでした。これを作った小島監督は偉大です。

          6歳でも結構早いほうですか。僕は6歳でゲームに目覚めるのは普通だと思ってましたw中学生でゲームデビューって人もいるんですねぇ······。

          • y.crash より:

            親戚からもらったことによりハマってしまい、メタルギアシリーズは大半所持していますw 最近だと機種違いで買うくらいにまでなっていましたw あと一部海外版も購入してますw
            自分がメタルギアから受けた影響は、核について改めて考えさせられることですね。それと自分もゲームでストーリーとかを意識するようになりましたね。あと、本当に渋い男たちに惚れるような感じでタバコ吸うシーンなんかハードボイルドで凄いカッコいいと思っています。
            それと一時期、家で段ボールを被るのにはまっていましたw 良いサイズがないので縦長の段ボールでしたねw

            ゲームデビューは本当に人によってまちまちですね。自分はおかしいですがw

    • kentworld より:

      クラッシュは僕の世代だったらよく話題になっていたけど、低学年だと弱いかなぁ。
      やはり、同じ趣味だと積極的に話したくなりますよね!
      登下校が一気に楽しくなります。

      クラッシュをやっているとすげぇ!って言われるとは。
      まあ、当時はPS自体が子供の憧れになっていましたね。

      小学5年生でメタルギアは早い!w
      当時のグラフィックだったらそこまで過激さもないから良いけど、
      最新作をその年齢でやったら刺激が強そうw

      あぁ、やっぱり漫画やアニメ派の方が多いのか・・・

  4. hanataka より:

    何を語っていたか!?…思い出すのは、
    それぞれが「好きなゲーム会社」決めていた事ですね♪

    ちなみに僕はカプコンでした。戦場の狼や闘いの挽歌等々、世界観が好きでねぇ。

    ハドソン派、コナミ派というかんじで皆で被らないように買って、持ち寄ったり貸し借りしたりで遊んでましたねぇ。

    あの頃は欲しいの全ては買って貰えませんので、子供たちで協力して、共有してましたねぇ。

    • kentworld より:

      好きなゲーム会社ですか。小学生の頃はそこまで考えずに買っていました。
      でも、みんなで被らないように買って貸し借りを楽しむのも経済的で良いですね!
      子供はお金ないから貸し借りは重宝します。

  5. 伯爵 より:

    確かに、登下校の時にゲームの話は色々しましたね〜
    アクションならマリオブラザーズ、ヨッシーアイランド、カービィとか、RPGならポケモンとかドラクエモンスターズとかね。おっと年齢がバレてしまう。

    ただ、アクションよりはRPGの話の方が盛り上がってた気がします。
    アクションは、皆が皆やってなかったのと、上手く進めない人が不機嫌になったりとかがあったので。
    スーパーマリオブラザーズで2人でプレイしてると、相手は死んでもう1回同じステージやる羽目になる中、私はずんずん先に進んでたので相手が拗ねちゃうことがよくあったんですよね。
    今ではブラッドボーンとか仁王で私の話を聞いてkentさんが拗ねてますが…
    RPGはやってる人多くて、特にドラクエモンスターズは当時ネットもマイナーだったので、攻略本にも載ってない珍しい配合を見つけて自慢出来るようやっきになったものです。

    • kentworld より:

      年齢、バレても問題ないくらい若いじゃないですかーw
      僕はある時からネット上では非公開にしてしまいました。

      確かにアクションゲームはスキルが要りますもんね。
      僕の周りはなぜかアクションゲーム上手い人ばかりだったので、普通に話は盛り上がってましたが。

      あぁ、やっぱりあれだけゲームが上手いと拗ねられるか!w
      僕もそういう経験はよくありましたよ。
      ゲームで勝利したらマジ切れされてしまって。

      拗ねちゃってごめんごめん!大人気なかったね(^_^;)
      僕の悪い癖だよなぁ・・・

      RPG系は人並み以下なので自慢は出来なかったなぁ。

  6. Kiyoppy より:

    ゼビウスがカセット半差しで無敵になった時はファミコンを付けっぱなしにして、友達をよんで大ゼビウス大会になっていました。因みにファミコンは僕が中学生の頃ですよ。
    小学生の頃はゲームウッォチが流行っていたので、ゲームと言えばその程度かな。小学生の頃は秘密基地を作って収集したエロ本を隠したり、爆竹で畑の野菜を爆破したり、ガンダムのプラモを爆竹で破壊してア・バオカ・クーの再現したりとか。基本真面目でしたけど、どうしようもない事をした記憶しか残っていないですね。

    • kentworld より:

      裏技の情報共有はよくやりましたね!
      今ではネットが普及しているせいであまり出来なくなってしまいましたが・・・

      kiyoppyさんは結構ヤンチャだったんだなぁ。
      そういう話を会ってするのも面白そうだと思いました。
      僕はそこまでぶっ飛んではいませんでしたが、色々とヤンチャでしたよw

      • Kiyoppy より:

        基本真面目ですよ(笑)、ここ大事なことなので2度言いました。
        今はKentさんに会うためにせっせっと減量しています。

        • kentworld より:

          あれだけ素晴らしい肉体を実現するには真面目じゃないと出来ないと思いますw
          最近は冬でだらけてしまいがちだけど、kiyoppyさんを見習って頑張らないと!

  7. つぐみ より:

    同じ趣味の人が見つかると、下校方向が違っても一緒に帰ってたりしましたな。

    世代的にはウル技、ウソ技でしたね。ファミマガで出た技の検証とかしてたような気がします。

    • kentworld より:

      つぐみさんはファミコン世代直撃ですもんね!
      当時は友達との情報共有含めて楽しく、綺麗に思い出が残っております、

  8. ジョエリー より:

    自分はよくポケモンの話をしてましたね。こんなポケモン持ってるんだとか、殿堂入り何回したとかそういう話で盛り上がってました。自分はゲームはポケモンしかやってなかったので、やり込んでよく自慢してました。
    でも一番よく覚えているのは友達にポケモンを見せてたら、その友達がゲームを落としてしまってやり込んだデータが一瞬で消し飛んだことですね。
    めちゃくちゃ謝ってくる友達に「大丈夫だから」といいながら涙目になってました。笑
    今となっては良い思い出だと思います。笑い話にもできますし。笑

    • kentworld より:

      ポケモンは話題性ありましたもんね!
      僕も裏技の共有とかポケモンは良いコミュニケーションツールになっていました。

      データ吹っ飛んだのに許すとはジョエリーさん優しいなぁ。
      僕だったら怒り狂っているかもしれないのにw

  9. N島 より:

    小学生の時はポケモンの話で盛り上がってましたねぇ、
    ポケモンにはまれなかった自分はソニックやFFCCにはまっていました。
    PS2を買ってもらってからはキングダムハーツ2やドラックオンドラグーン2などのストーリーの考察を下校時に語り合うのが日課になっていましたね。
    おもえば下級生にGTAリバティーシティーストーリーズの海外版を購入している人がいたりと、うちの近所のゲーム偏差値は高かったのかも。

    • kentworld より:

      ポケモン強し!

      ソニックやFFCCは仲間を作れば会話も盛り上がりそう。

      ストーリーの考察は小学生の頃はほとんどしなかったけど、
      そういう話をしていた子もやっぱりいたのか。

      海外版のGTAを購入する子がいるとは!?
      でも、GTAって子供にも根強い人気ですよね。
      犯罪出来るのがヤンチャな子ども心を刺激するんだろうなぁ。

      • N島 より:

        背伸びしたい年頃の子供にとってGTAのようなゲームは魅力的ですからね~、特に大人が未成年に対して禁止しているゲームならなおさらでしょう。
        私もGTAバイスシティを小学生の時にプレイして「ゲームは子供だけのもの」という認識を破壊してくれたので素晴らしい作品だと思ったのと同時に禁止されている物を味わう背徳感を感じたのもよく覚えていますwww。

        • kentworld より:

          僕は小学生の頃、「時空戦士テュロック」という恐竜を銃で撃ち倒すFPSをやっていたので分かりますよw
          禁止されている訳ではありませんが、背伸びした感があったなぁ。

  10. トモフミ より:

    私はあの当時、PS2を持っていなかったので、散々「キングダムハーツⅡ」のストーリーをその当時の悪友によく聞かされてました。私自身、ディズニーキャラが好きなのでいつも熱心に聴いてました。そんな小学校時代の状況が思い浮かんで一瞬、感慨深くなりました。あいつ…今、どうなってるかな?
    自慢話は当時、辟易してました。私は昔からゲームが上手くないので(´-ω-`)

    • kentworld より:

      悪友ですか!w
      ストーリーを聞かされていたのかぁ。
      ディズニー好きで持っていないと想像が膨らみそうですね。
      この記事で童心に帰れたら嬉しいです!
      自慢話は競争心が強いとやってしまいがちですねw

  11. 伯爵 より:

    Warning: preg_replace(): The /e modifier is no longer supported, use preg_replace_callback instead in /home/kentworld/kentworld-blog.com/public_html/wp-content/plugins/ktai-style/operators/base.php on line 2017

  12. A・T より:

    私も学生の時の登下校はゲームの話で盛り上がりましたね。
    小学生の時はポケモンが一番話題になっていて、クラスでもよくポケモンの話で盛り上がったんですよ。
    高校生の時は友達にすすめられたメタルギアにはまって、友達とメタルギアの話ばかりしていました。
    あとアーマードコアもプレイしていましたが、周りにやっている人がいなくて少しさみしかったですね。

    • kentworld より:

      ゲームの話で盛り上がっていましたか!
      ポケモンは僕の世代でも強かったですね。
      裏技からパーティ編成まで話題に事欠かせませんでした。

      高校生になってメタルギアの話で盛り上がれるってうらやましい!
      僕はそういう経験がほとんどありませんでしたから。

      アーマードコアはメタルギアと比べたらやっている人少ないですもんね・・・
      孤独に感じてしまうのは分かります。
      きっと、周りにいたら物凄い勢いで会話しそうですねw

  13. ☆☆☆☆ より:

    どうせなら自分と同じくらい熱意のある人と語り愛たいですものね
    で、そういう人は大抵発売日から我先にと攻略に繰り出す人な訳で…

    登下校時の話題というと何よりロックマンエグゼでしたね
    ゲーム自体の戦略性・カスタマイズ性が高く話題が尽きないのと、個人サイトがまだ盛んだった事もあって、リアルでネットで情報交換が捗りました!
    暫くのブランクの後、今度はモンハンPが話題の中心になりましたが2ndGの発売に前後して仲間内で改造クエストが流行ってしまい、崩壊したバランスを前に急速に熱が冷めていった記憶があります…

    • kentworld より:

      熱量は重要です!
      このブログでは熱量ある人がたくさん集まってきていますから、
      ゲームについてコメント欄だけでも存分に語れるのが嬉しいですね~。

      ロックマンエクゼですか。2000年代前半に熱かったですもんね。
      何やら話題になるような隠し要素が多かった印象で、やっぱり当時小学生の間で盛り上がっていたんだなぁ。
      改造はゲームの寿命を縮めてしまいますよね・・・

      • ☆☆☆☆ より:

        発売から暫く経ってからコロコロ紙上で隠しモードの解禁コマンドが掲載されたりしてましたね。今全く同じことをやったら発売後即解析&拡散だろうなぁ…
        発売後に行う人気の再点火と云う意味ではDLCと似たようなものですが、ネット上の情報伝達のスピードが早くなかった時代の賜物ですね

        WiiUでほぼ全作遊べるので良かったら

        • kentworld より:

          今は解析&拡散なんてものを良い大人たちがやるから難しいでしょうね。
          されないくらいマイナータイトルだったら良いと思いますが。
          その代わりDLCでアンロックしていく仕組みが定着したので、同じような楽しみ方が出来ない訳ではないですが。
          いずれはやりたいんですが、まずはロックマンゼロをレビューします。

        • ☆☆☆☆ より:

          ゼロのレビューですか!それは期待できそうだ

          • kentworld より:

            はい!期待していてください!4月までには公開したいです!
            今年はレビュー強化をしたく、古いゲームのレビューもどんどんやっていきたいんですよね。

  14. 雷野 より:

    友達の事は聞かないでください!と言えばお察しいただけるかと……。

  15. shiba より:

    ポケモンやDQMなど、収集育成ゲームの話は盛り上がりましたね〜
    みんなで本屋に寄って大技林を立ち読みしてました。今思うと迷惑な集団だw

  16. むぐお より:

    俺は30代のいまでも小学校時代からの友達といまなんのゲームしてる?
    どこまですすんだ?って話していますよw
    子供の頃から家いって一緒にゲームしたりしてましたね
    小学校時代はファミコンのドラクエ4がブームてろしてよくみにいってました
    誕生日とか以外はファミコンのソフト買ってもらえずでした
    その頃はネットもないので情報や攻略が実体験とかゲーム雑誌でしか入手できませんでしたね

    • kentworld より:

      むぐおさんの環境がうらやましい!
      小学生の友人は大人になると疎遠になるもんですから。
      これもむぐおさんの人柄あってのことなんでしょうねー。

      ドラクエIVって懐かしい!僕は物心ついていませんでしたよ(^_^;)

  17. くっぞこ より:

    こんにちは。
    スーパーマリオが流行って、ファミコンブームだったのが小学5-6年の頃でした。
    登下校と言うと、小学校の近くの文房具屋で売ってた
    スーパーマリオのゲーム画面写真が貼ってあったゴムのマグネットを買ってました。
    中が見えない袋に入って売ってたので、ダブったのは友人と交換してましたね!

    その頃、朝と夕方の時間は毎日、子供向けのアニメやドラマが再放送されていたので、
    登下校ではテレビの話題が多かったように思いますね~

    • kentworld より:

      その頃が一番楽しかったように感じます。
      アニメの視聴率も良かった頃ですし、まさにバブル時代って感じですね!
      僕の頃はそこまでじゃなかったですが、似たような感じで楽しい子供時代を過ごせました。

コメントする

内容をご確認の上、送信してください(当ブログのコメント欄は承認制を採用しています)。荒らしや誹謗中傷コメントは全てログを取っており、法的な措置を取らせて頂きます。