2017/11/07/12:00 | M☆G☆Mコラム

ゲームメーカーが苦境に立たされても強気でいないとダメな理由とは?

未だに数多くのゲームメーカーがソフト展開しているコンシューマーゲーム市場

中には厳しい状況のゲームメーカーも存在しますが、インタビュー記事などを読んでみると例え苦境に立たされていても弱音を吐いているところはほとんど見たことがありません。

Xbox事業のトップ、フィル・スペンサー氏独占インタビュー「Xbox Oneの日本市場での成功のために、継続して努力することを約束します」(ファミ通.com)

例えばXbox事業のトップ、フィル・スペンサー氏へのインタビュー記事。

日本では非常に厳しい状況のXboxOneについて色々言及されていますが、弱音を吐いている様子は全くと言って良いほどありません。

記者の厳しい質問によって日本市場でXboxOneが苦戦している事は認めているものの、今後に期待が持てるようポジティブに締めくくろうとしています。

2014年1月30日(木) 任天堂経営方針説明会 / 第3四半期決算説明会(公式サイト)

赤字続きで苦しかった頃の任天堂経営方針説明会を読んでも前向きな姿勢が伺え、決して暗い気持ちにはなりません。

傍から見たら絶望的にしか見えないのに、どうしてそんなに前向きなのでしょうか?

自分の立ち位置を含めて分析にしてみたところ、そうせざるを得ない理由が見つかりました。

悲観しても良い事が全くない

代表者が公の場で悲観的な事を言っても良い事って全く無いんですよね。

一部の方は素直に感じて好感を持たれるかもしれませんが、それ以上にマイナスの要素が多いと思います。

例えば応援しているファンはガッカリする事でしょう。今後、巻き返す可能性が僅かながら残っていたかもしれないのに、代表者が悲観的な発言をしてしまったら希望が持てませんから・・・

代表者の悲観的な発言はファンにとっての裏切りにもなると思います。

マイナス要素として他に大きいのは、メディアによる拡散です。

特にネガティブな話題が大好きなまとめサイト、某掲示板の住人にとっては格好の餌食で、弱音を吐いた部分だけを意図的に切り抜いて拡散することでしょう。

そんな事をされてしまったらその企業はたちまち負のイメージが強くなり、話題にはなるけど最終的には損をすると思います。

「まだ死にたくない」――Wiiゲーム開発会社が「魂の叫び」(ITmedia NEWS)

例えばマーベラスの「まだ死にたくない」騒動。

マーベラスが展開したWiiソフトの販売が振るわない関係で嘆き、当時最新作だったWii「王様物語」の予約を促進する記事を公開するも各地で弱音を吐いた部分ばかりがクローズアップされて悪い意味で話題になりました。

この騒動によってWii「王様物語」の認知度は上がりましたが、イメージは決して良いとはいえず、プラスになったとは言えませんでしたからね。

どれだけ今後の施策に説得力を持たせられるのかがカギ?

という訳で企業はどんな苦境の場に立たされても公の場では弱音を吐いたらダメなんですね。

出来る限り今後に期待が持てるよう、打開策を挙げるなどしてみんなを納得させないといけません。

そこがまた難しいところだと思うんですけどね。

苦境に立たされている場合は八方塞がりな事がありますから、どれだけユーザー、投資家を納得させられる材料を集めて来れるのかを考えないといけませんから。

そこで強引にポジティブ方面へ持っていっても、後から総ツッコミが入るだけになってしまいます。

スポンサーリンク

公の場ではもう、弱音を吐かない

何故今回、このような話をしたのかというと、自分も似たような立場だと感じるようになったからです。

僕はこの場でゲームブログを運営していて、沢山の読者・ファンが付いて来てくださっています。

多くの読者・ファンは当ブログに好意を持ってくださり、今後にも期待をしているでしょうから、そこで弱音を吐いたら裏切ってしまう事になると思うんですよね。

だから僕、決めたんです。公の場ではもう、弱音を吐かないと。

以前までは好き勝手に運営していて自虐ネタに走りすぎたり、「コンシューマーゲーム衰退」と読者に不安を煽っていましたが、損得勘定で見ると結果的にほとんどがだったんですよね。

例えばこのブログがつまらないと自ら書いた時は沢山の方に心配をかけてしまいました。

そのうえ一部の粗探しが好きなアンチの餌食になってしまい、ここぞとばかりにブログや人間性に関して否定されまくってしまったんですよね。

コンシューマーゲーム市場が衰退している事を全面に押し出した記事にしても、不安を煽って読者の気分を害してしまいました。

このブログはコンシューマーゲーム好きが集まるファンサイトの側面があるというのに、不安を煽ってどうするんだと。

それよりは読んでいて夢や希望を持てるようにしていった方が良いと思うようになり、記事の最後にはポジティブ方面へ持っていけるよう方針転換をしたんです。

本音としては弱音を吐いたりもしたいけど、そんな事をこの場でしても損ばかりだと分かったのでやるとしたらでこっそりやる事にします。

知らないうちに大きくなっていたMGM

ここまで読んで「責任を感じすぎなんじゃない?」と思われた方もいるかもしれません。

そう言いたいところですが、自分でも気が付かないうちにこのブログが大きくなっているようで、ある程度は責任を持たないと後から色々返ってくると痛感してしまったんですよね。

読んでくださる方が増えるのは本当に有り難いことですし、このブログを読んだ影響で紹介したゲームを購入された方は本当に沢山見てきました。

コメントには書かれなくても密かに影響を受けた人も凄く多いようで、思わず「え?そうだったの!?」と言いたくなるほどです。

自分が知らないうちに何千、何万もの人に影響を与えていたようで、もっと責任を持って行かないとなぁと思うようになりました。

まず責任を持っていきたい点としては、読者に夢や希望を与えることです。

コンシューマーゲームって素晴らしいな!

そう思っていただけるブログにしていこうと。

何だか良い子の番組みたいな話になってきましたが、綺麗な心を持った沢山の若いゲームファンが読んでいるのも確かですし、ネガティブな話も少しはしますが、基本はポジティブシンキングで夢や希望を与えていけるブログにしたいと思っています。

PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS

PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS

posted with amazlet at 17.11.06
日本マイクロソフト (2017-12-12)
売り上げランキング: 69



  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(46)

  1. 街毛 より:

    経営において強気、ポジティブは後に消費者になる可能性のある人々からの信用に繋がるからでしょう。購入者へのフォローを長期間してくれるかってのもかなり大事なことなので。少なくともネガティブな発言は消費者がサポートが終わることを恐れて購入を控えるので。結局失敗への同情ではなくて金額でしか動かないのが経営

    • kentworld より:

      自分の場合、こうした公の場で弱音を吐く時は同情を求めているのは否定できません。
      でも、結果的にはあらゆる物を失うことのほうが多いんですよね。
      仰る通りだと思います。

  2. ヨウタイガ より:

    僕の好きなプロレスラーの棚橋弘至選手の本で、強い言葉を選んで使う、と書いてありました。例えば、試合前のコメントで、「頑張って勝ちたいと思います!」ではなく、「必ず勝ちます!」と言ったりと。
    ゲームも同じかと思いますが、応援してくれるファンのためにも強い言葉を使う事で、自分を鼓舞し良い結果を呼び込む事につながったりすると思います。
    よく、目標は思ってるだけだとダメで、口にして周りに知らしめる事で達成に向けて動きやすくなると聞いたりもしますし、企業としてもポジティブ発言は必要だと思います。
    まあ、そうは言っても全てが上手くいくという訳ではないんでしょうけども、「言霊」って言うくらいですし、人の持つ発言や言葉には力があると思うので、辛い時ほどポジティブな発言が追い風になってくれたらと思います。
    弱みは人間味としては良い側面もあるでしょうし、それを認めた上で次に進めるなら必要だとも思います。
    夜勤明けでまとまりのない文章になってしまいすみません(笑)

    • kentworld より:

      「必ず」とは強気ですね~!

      >目標は思ってるだけだとダメで、口にして周りに知らしめる事で達成に向けて動きやすくなる

      これは分かります!
      僕も自分を追い込むのは好きで、宣言をして達成に向けて動き出したくなりますので。

      「言霊」はあると思いますね。
      今後も「言霊」を信じてこの場を活用していきたいと思います!

      いえいえ、素敵なコメントでしたよ。ありがとうございます!

  3. hanataka より:

    ポジティブ!本当に大事な事ですねぇ♪

    最近のゲーム市場、任天堂の勢いが凄くて、活気が出てると感じてます。

    これを気に、他のメーカーも覇権争いで勢い出るって思ってるんですよねぇ♪

    これによって、ゲームの価値がまた一つ上がるって感じてます。

    • kentworld より:

      最近の任天堂は活気付いていますよね!
      そのおかげでこちらも勇気付けられましたし、
      今年は前年比で売上が久しぶりに伸びそうです♪
      諦めなかったからこその成功だと思いますので、様々な面で参考にしたいですね。

  4. わたぼうし より:

    企業として弱音を吐いて良いことなんかありませんもんね。
    その下で働いてる従業員もモチベーションを保てなくなりますし。

    ここのブログもゲームタイトル名 評価でググるとかなり前にでてくるタイトルがたくさんありますし、参考にしている人は多いと思います。

    ゲームブログはけなし合いが多くて、疲れた時に読むとガックリするので、ここのブログは平和でとてもありがたいです。
    頑張ってくださいヽ(・∀・)ノ

    • kentworld より:

      >その下で働いてる従業員もモチベーションを保てなくなりますし。

      本当にそう思います。
      従業員は何を信じたら良いのか分からなくなってしまいますから・・・

      おかげ様でこの場はゲームレビューブログとして知れ渡りつつあります。

      各ゲームの楽しさを共有出来る場にするよう、今後も頑張っていきます!

  5. d より:

    その為(弱音を吐かない為)に自己資産比率の高い企業がゲーム業界には多いのかなとも思いますね
    インフラに携わる企業など(失礼ですが東電やJR北海道とか)なら弱音を吐いて同情を引き出すということも選択肢にありそうですが、ゲーム業界など嗜好品を作り出す企業はそういう点で大変そうです…

    • kentworld より:

      嗜好品は生活必需品ではないですからねぇ。
      ユーザーに買ってもらえるよう、ネガティブな発言は禁句にしているんだと思います。
      当ブログも似たようなものですので、気を付けていかないとなぁ。

  6. 任PSXゲーマー より:

    ゲームメーカーの弱気な発言ですか…

    私は最近だとPSvitaの後継機について聞かれた時のソニーの弱気な発言が最近は気になりましたね。

    見通しがないだとか、計画にないだとか…
    検討しているとも言わずに弱気な発言ばかりしてる印象なのでもう携帯ハード出さないのかなと思っています。

    • kentworld より:

      PSVITAの後継機に関してはスッキリしませんよねぇ。
      僕も出さない可能性のほうが高く感じていますし、熱も冷めてきています・・・

  7. ico より:

    kentさんの1つの答えなのですね。
    確かに、ポジティブな言葉は人を引きつけます。そして楽しい気分にさせてくれる。
    不安はたくさんあるけれど、良い面をたくさん紹介するのが良いのでしょうね。

    やはりこのご時世で自信をなくしたゲームクリエイターの方々はいるようで、以前電ファミニコゲーマーでちょっとネガティブなクリエイター対談(それなりに名の知られた、売れっ子達)を読んだ事がありましたが、ちょっと残念な気持ちになりましたね。
    どうせできない、やれない、という言葉をクリエイターの方達から聞くのは悲しいものです。
    逆に青沼さんや小泉さんのインタビューのなんと力強いこと!
    彼等はwiiuの失敗や岩田さんの急逝と、人一倍心を折られていたはずなのに…64〜GCと、所謂落ち目だった時から頑張って来たクリエイターですしね。底力は眼を見張るものがありますよ。

    虚勢でもいいから、できることを考えていくこと、まずそこからかも知れませんね。
    複数の問題を解決する「アイデア」は、ゲームに限らず使える考え方だと思います。

    • kentworld より:

      そうですね、長年、考えた末に見つけた1つの答えです。

      電ファミニコゲーマーの記事は僕も見ました。
      なんというか、居酒屋での様子を文面化したような感じですねw
      それはそれで読み応えはあって面白いけど、
      損得勘定で見るとあまり得にはならない気がします。
      公の場で公開するからにはそういうことも頭に入れないといけないのかなぁと思う今日このごろです。

      任天堂のスタッフは常に強気でニコニコしていますね。
      社内での鉄則でもあるのでしょうか?
      素晴らしいことだと思います。見習っていきたいです。

      複数の問題を解決する「アイデア」って探せばあるもんだなぁと任天堂のゲームをプレイしていていつも思います。

  8. トモフミ より:

    そうですね。何事もネガティヴだと負の連鎖が重なって物事が失敗および衰退しますからね。
    だからスイッチも出た当初は散々な評価のされ方もしていましたが、企業としては絶対に売れるものとして信じたからこそ、2017年を代表するヒット作になれたんだと思います。
    ゲームのレビューでもそれが例えクソゲーだったとしてもみんなに広める場合は真面目に酷いとこき下ろすよりもユーモアを踏まえて酷いと言った方がネガティヴに陥らないんじゃないかと思いますね。

    当ブログもおもしろいからこそ僕も読んでいるのでそんな悲観的にならないでくださいね。このブログの出会いがなければ、「ゼルブレ」や「エバーオアシス」、「セカダン」とかを買わなかったですよ‼️

    何事は「善の発想」ですよ(^^)♫

    • kentworld より:

      負の連鎖。これは本当に身をもって味わいました。
      辛い時は弱音を吐きたくなりますが、逆効果になることが多いんですよね。
      かつての僕は負の連鎖に陥っていました。あれは辛かった。
      今は希望を持って続けていこうと思っていて、きっと、これは好循環につながっていくと信じています!

      クソゲーはいずれレビューすることになると思いますが、
      その時はブロガーとしての腕の見せ所ですね♪
      安易なバッシング記事は書きませんよー!

      善の発想って素晴らしいですよね♪
      僕もトモフミさんをリスペクトしていきます!

  9. むぐお より:

    まあ株式会社なんで弱音はくと小さな懸念からさがりますからね
    任天堂なんて海外の投資家多数なのでシビアです
    つねに強気な姿勢でゲーム市場に限らずですね
    どうしても数字で結果がでてしまいますけどね、、
    弱音を吐かないのはいいことだとおもいます。
    最近の若い子はすぐツイッターで闇つぶやきばっかしています。
    ガス抜きの場とも言えなくはないですが、昔はそんなのなかったですからね
    まあツイッターならまだしもってかんじですけどね
    先日の事件なんかでもツイッターのネガティヴな人間をうまく利用して事件をおこしたり、アイドルさしてみたり負の連鎖というか、公の場での吐き出しが悪いほうにいってしまうのは嫌な時代になりました
    ここはポジティブな人間も多いんで弱音をはいてもたまにはいいかもですけどね

    • kentworld より:

      会社は明確な結果が出てしまいますので成否が分かりやすく、外からも分かってしまいますが、
      失敗続きなのが知れ渡っても弱音を吐いたら悪循環に陥ってしまうんですね。

      Twitterはガス抜きの場になっていますよね。
      呟くのは自由ですが、フォロワーさんとの関係は悪い方に転がる事が多いという点は頭に入れたほうが良いんじゃないかと思います。
      まあ、僕はそれを意識しすぎてしまったせいでTwitterをやらなくなってしまったんですけどねw

      弱音はこの場では吐かないようにしていきます。
      誰が読んでいるのか分かりませんし、みんな、それぞれに考え方がありますので。
      例えばオフ会の時にポロッと出すことはあるかもしれません。
      弱音を吐く場所を考えるようにします。

  10. つぐみ より:

    レッツポジティブシンキーン!(ペルソナ2調で)

    売り手は営業トークでプラス思考でいかないといけないのは、なかなか大変ですよね。完全ポジティブだと誇大セールスっぽい感じになるから、それもまた(笑)

    ネットやTV(メディア全般)はネガ部分もポジ部分も一部を切り出して誇張して見せますからね。
    情報の取捨選択側としても気をつけたいです。

    嫌いになった物とかつまらん物はいつまでも叩くよりも
    そっと去って楽しいものを見つけた方がお得なので、いつまでも粘着している人って損だよね(自分のことは棚上げ感)

    弱音は吐いても良いけど、対策や反省も一緒に吐露すべきですにゃー

    • kentworld より:

      ポジティブもさじ加減が重要ですよね。
      仰る通りやり過ぎると相手にも見抜かれてしまいますのでw

      自分が芸能人になって色々発信するようになったら、
      メディアからどのように切り抜かれるのか不安になりそうw

      「何が嫌いかよりも何を好きかで自分を語れよ」という名言もありますので、
      この場では出来る限り好きなものを語るようにしていきます♪

  11. メトロキシド より:

    良い子の番組というより実際kentさんのブログが良い子の、良い子による、良い子のためのブログでは無いでしょうかw(良い子という言い方は上から目線の物言いなので換言させて頂きますと、コンシューマゲームが本気で好きな人、です。気に障りましたらすみません)

    実際、ネガティブ思考は後ろ向きであまり良く無いですね。
    失礼ながら今までたくさんネガティブなコメントをしていますので、説得力も何も無いのですがこれからは控えようと思います。
    そのゲームが本当に好きな方からすれば、そういうネガティブな意見は聞きたく無いでしょうから。(というよりわかっていらっしゃると思うので)

    楽しい!という面を全面に出した方が結果的には好印象だと、このブログの変遷で感じました。本当に、以前よりポジティブになりましたよね…

    • kentworld より:

      いえいえ、気にしていませんよ~。
      メトロキシドさんのような若いゲームユーザーも大勢、このブログを読んでくださっていますので、
      特にそういう方々にはこの先も綺麗な心を保ち続けられるよう、希望を与えていきたいと思っています♪

      この半年間でブログの方針を大きく変えていきましたが、色々とプラスに動いている印象です。
      メトロキシドさんも感化されてきているのであれば、さらにプラスですね!

      ネガティブ過ぎるのは良くないですが、悩み事を抱えるのもよくありませんので、
      本当に悩んでいることがありましたら教えてください。
      力になれるのかは分かりませんが、良い案を出せるかもしれませんので。

      • メトロキシド より:

        お気遣いどうもありがとうございます。
        色々とショックなことが重なっていたのでやや後ろ向きな話をしてしまいましたがおそらく大丈夫です。
        少なくとも、ここではそういう話より楽しいゲームの話がしたいのでまた自分語り(体験語り?)をしていたら付き合ってくれると嬉しいです。

        • kentworld より:

          実生活で嫌なことがあると、ネットの文面に影響が出ることはありますよね~

          >そういう話より楽しいゲームの話がしたい

          そういう流れになっている来ているのでしたら本当に嬉しい。
          ここはコンシューマーゲーム好きが集まる楽園にしていきたいですからね♪

  12. 匿名 より:

    正直なところ、メディアが取り上げるかどうかでしか、一般人には情報は届かないことも多く、また間に入るメディアによって情報がねじ曲がって伝えられることは少なくない。
    言葉尻を曲解されることに注意を払う人が多いのは、取り巻くゲームメディアや経済メディアが問題につながる
    任天堂の発言に対するネガティブキャンペーンや端を発したdirect放送などはメディアと報道に対するアンチテーゼだったり
    SCEの債務超過やテイルズスタジオの債務超過など、実態などは主要なメディアは取り扱わず、官報を利用した情報によってもたらされたりと、「ゲームの話題」と一言で言っても、情報の見方をゲーム雑誌のソフト発売予定で見るのか、経済誌や人や物や金の流れで見るのかでも大きく変化する

    今日は伝えられた「MSの1stタイトルを他プラットフォームへ」も
    結局は、ろくに状況もわかってないのか願望なのかwsjの記者による記事が
    そのままフィルスペンサーの言葉であるかのように拡散し、MSが否定する事態へ

    • kentworld より:

      メディアが正確に情報を伝えられない点はずーっと問題になってきていますよね。
      そこは人のことをあまり言えませんが、ミスリードは避けたいなぁと個人ブロガーながらも思っています。
      「MSの1stタイトルを他プラットフォームへ」なんて記事があるんですか!?
      凄い誤解をしそうな記事だなぁ・・・

  13. Kiyoppy より:

    先日、ピップトークの講演会に行ってきました。ピップトークとは試合前に監督、コーチが選手を盛り上げて成功するイメージを植える為にポジティブな事を言うことだそうです。ドラマの「先に生まれただけの僕」にも取り上げられています。
    欧米では不利な状況でもポジティブに物事を捉えて成功するイメージをもたらして、成功する確率を高くする事が流行っていますからね。
    経営でもゲーム開発でも同じ事だとは思います。成功するイメージを創ることは大切じゃないでしょうか。

    • kentworld より:

      それは素晴らしいことだと思います!
      ピップトークの講演会。僕も行ってみたいなぁ♪
      ポジティブに物を捉えるように生きていきたいので。
      トレーニングも続けていくとポジティブシンキングになりますよね。

  14. A・T より:

    何事もネガティブは良くありませんよね。他の人々も不安な気持ちにさせてしまいますから。
    だからこそクリエイターの方々は、どんなに辛くとも弱音を吐かずに頑張って取り組んでいるんですよね

    前向きな気持ちを持ち続ければ周りにも自分にも良い影響を与えられますし、日々の生活が良くなりますよ。私も時々不安や悩みごとにとらわれることがありますが、その時はなるべく考えないようにし、趣味に没頭することで解消しています。
    自分の好きなことをやることが、前向きな気持ちへの第一歩だと思っています。

    kentさんのブログはポジティブシンキングで読んでいて楽しいです!これからも頑張ってください。

    • kentworld より:

      ネガティブって菌みたいなもので、伝染していくものだと思います。
      伝染速度も非常に早く、厄介です。

      ポジティブはネガティブよりも速度は遅いかもしれませんが、
      伝染していくことは確かなので放つんだったらこちらの方がずっと良いですよね!

      趣味に没頭するのは嫌なことを忘れる一番の解決策だと思います。
      さあ、楽しいゲームをやりましょう♪

      当ブログはゲームをやりたくなる記事作りを目指していきます!

  15. nasturtium より:

    ビジネス面でネガティブな発言は良い影響が殆どないでしょうね。とりわけネガティブな情報は各メディアが都合よく切り取って報じたり、それを鵜呑みにした人たちが無責任に広めたりなんて良くあります。ポジティブなだけでも駄目なのでその辺は難しいでしょうが。
    単純にファン目線で見るならポジティブな発言をしてくれていた方がやはり嬉しいですよね。もし例えば任天堂がWiiUの低迷期にネガティブな発言ばかりしていたら、今のスイッチの好スタートを素直には喜べなかったと思います。

    以前kentさんがネガティブな記事をしょっちゅう公開されていた頃は失礼ながらブログを見るのをやめようかなと思ったくらいでしたが、最近のポジティブ化には良い影響を貰っていますよ。僕自身ネガティブな言い方をしがちですので目から鱗でした。

    ネガティブな部分を取り攫ってはいけないと思いますが、今のこのブログは指摘はしっかりしながらも最終的にはポジティブな気持ちになれるような記事ばかりで楽しく読めます!今のこのブログを僕は支持します。

    • kentworld より:

      ポジティブな人、ネガティブな人。
      色々見てきましたが、最終的に得をするのは前者の方が多いと実感しました。
      それだったら僕もポジティブシンキングで行かないとね♪
      嫌なことは忘れるようにしていきたいです。

      nasturtiumさんのコメントを読んでもポジティブ化は大正解だったんだなぁと思います。

      記事作りで気をつけるようになった点としては、ネガティブワードを加える場合、
      それを締めにせず、最後にはポジティブワードで締めるようにしています。

      これはセールストークでは常識なんですが、参考にしてみました。

      それと、Twitterを始められたんですね!
      リツイートやいいねをありがとうございます!

      誰かがしてくれる事で他の方も感化されるケースもありますので、大変、有り難いです。
      今後も良い記事に感じましたらよろしくおねがいしますね♪

  16. Koji より:

    ゲームに限らず、インタビューは空元気でも強気で受け答えするのが一番ですね。
    イメエポの御影さんなども会社の状態がどうであっても、ずっと強気で通していましたし。
    弱音はサブブログを作ってこっそり吐きましょうw

    • kentworld より:

      そうそう、イメージエポックの御影さんは「ビッグマウスだなー」と思っていましたが、
      あれはあれで正解なんですよね。最近、それを実感しました。
      弱音を吐くサブブログを作る場合、余程のファンしか読まないようにするため読むまでのハードルを高くしていきますw

  17. コルチカム より:

    岩田社長は強気すぎると感じる発言もありましたが、常に笑顔でポジティブな印象しか残っていないです。
    ニンテンドーダイレクトでは社長自らが楽しそうに紹介するもんだから、いろんなゲームを買わされまくっていましたw
    あの前向きでサービス精神旺盛な姿勢は見習いたいものですね〜

    • kentworld より:

      僕も同じような感じです。
      きっと、辛いこともいっぱいあったんだと思いますが、常に笑顔でしたよね。
      おかげで僕らは岩田社長に対して良いイメージしか湧きませんから、笑顔とポジティブは本当に良いことだらけですよね。
      あれは見習っていかないとなーって思います。

  18. そらとろぼ より:

    私も少なからぬ影響を受けている一読者としてMGMを応援してますよー!

    事実を客観的に伝えることも情報サイトである以上当然なのですがkentさんの言葉そのものや人柄に惹かれてこのブログをご覧になっている方々も大勢いると思います。

    kentさんのレビュー記事がなかったらメトロリダックスやソニックフォースをポチっていなかったしソルトアンドサンクチュアリも買わなかったでしょう。
    という程度には影響力あるのでご自身のスタンスを一貫した方がいいと思います。

    • kentworld より:

      おお!そうだったんですか!?
      それは知らなかったので、教えてくださってありがとうございます。
      確実にそらとろぼさんに影響を与えていたようですね。

      今後も今のスタンスを一貫していきます。PS Moveをズボンに入れて頑張ります!w

  19. にゃしょーば より:

     ポジティブって、日常の仕事や家庭内でも重要かなって思います。ネガティブな話題を聞いたりすると、こっちまでつられて暗~い感じになったりしますしね。

     kentさんの記事は読んでいてとても気持ちがいいんですよ。コンシューマ愛にあふれている感じがします。私もレビューを読んで、初めてチャレンジしたタイトルやジャンルもあるので、今後とも楽しみにしています。

     あ、でも時にはお休みも必要だとは思いますので、ご無理をなさらないように。

    • kentworld より:

      本当にそうですよね。
      僕もネガティブな話題を聞いて暗くなったことはよくありますので。
      結果的に迷惑をかけることになるので、やり過ぎは禁物ですね。

      読んでいてとても気持ち良いですか!?
      読みやすいブログにしたいなーとは思っていますが、予想以上の感想を頂けて嬉しいです!

      更新ペースは1日3回だと厳しい時があるので、
      2回にするなどしてコントロールしていきます。

  20. マージ より:

    野球の結果を追っていくのに夢中で、全然コメント出来なかった…。

    経営者がネガティブな事を言っていたら、絶対にそこには投資しませんね。

    ゲーム会社に限らず、どこもそうかもしれませんね。

    • kentworld より:

      マージさんのコメントを読んで、改めてネガティブ発言は絶対にしたらダメなんだと思いましたw
      今回の話は何に対しても言えることだと思いますが、
      読者層を意識してゲーム会社にスポットを当てています。

  21. がは より:

    売り上げなどの数字は誰が見ても同じ客観的な情報。でも、それをどう受け止めて何を発信するかは、主観的で大きな個人差がありますね。

    • kentworld より:

      数字って人それぞれ、捉え方が違いますもんね。
      経営者が公の場で発表する場合、出来るだけポジティブに表現することが多い印象です。

  22. のろし より:

    本当に、そう思います…
    まだ青い私の意見ではありますが、第三者がネガディブな言動ばかりを取り上げて拡散し、笑い者にするのは本当に酷いです。もはやネットを利用したいじめですよ…だから、私はそういった類には白い目で見てしまうんです。
    その為、kentさんのブログには信頼しております。

    ただ…此方も第三者の意見になってしまうのですが、記事のタイトルがなんとなく否定的なのかなぁ、と思ってしまうものもあるんです。すみません。
    kentさんは既にレビューしたゲームの再レビューはされていらっしゃるのでしょうか?
    僭越ながら、再プレイで評価が上がりそうなものもありそうかな、新たな発見があるかもな、と思って。
    マリオワールドのスペシャルゾーンマップで放置すると、初代のbgmが流れて驚くような…そんな発見だったり。

    傲慢な意見、及び長文、大変失礼いたしました…。

    • kentworld より:

      記事タイトルって印象を大きく左右させますもんね。
      当ブログもアクセントとしてネガティブな見出しにしていたこともありましたが、
      最近は気を付けるようにしています。
      それでもたまに、否定的に感じる見出しがあったらすみません。
      出来るだけポジティブな見出しにしたいけど、パターン化しないようにもしたいので、なかなか難しいですね(^_^;)

      再レビューは少しずつやっております。
      過去の記事で手直ししたいものはいくつもありますので、
      ちょっと酷く書きすぎたかな?と思えるものは優先的にリメイクしたいです。
      今だったら記事を読んで楽しさを伝えられそうなので。

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。