2017/11/13/20:00 | M☆G☆Mコラム

ゲームレビューで点数を付けるのは良いことなのか?

当ブログでは長年、ゲームレビューをしていてそれぞれにお気に入り度という形で点数を付けています。

今更ですが、ゲームレビューで点数を付けるのは良いことなのでしょうか?

今回の記事では長年ゲームレビューで点数を付けて感じたメリットとデメリットを挙げていきます。

数値化する事で見えてくる分かりやすさ

まず、ゲームレビューで点数を付ける最大の理由として、分かりやすさというのがあるんですよね。

数字を見ればレビュアーが対象のゲームについてどう感じているのかひと目で分かりますから。

特にゲームの場合はレビューも長文になりがちですので、長ったらしい記事を読まなくても数字を見ればある程度伝わるのは大きなメリットに感じます。

まずは数字を見てもらい、そこから入ってゲームレビューを読んでもらえる事だってあるでしょうしね。

レビューの味付けとしても最適!

点数制を設ける事でレビューの味付けにもなると思います。

ある程度レビューをしたあとは読み手も点数がどうなるのか気になるようになり、「次はどんな点数を付けてくるんだろう?」というワクワク感を持てるでしょうからね。

点数制を設ける事で読み物としての面白さを高めているのは確かだと思います。

分かりやすさ、記事の味付け。

僕の場合、大きく分けてこの2つに魅力を感じているからゲームレビューで点数制を設けているんですが、一方で様々な葛藤が生まれていたりします。

点数が一人歩きする事で生まれる辛さ

ゲームレビューで点数を付けると確かに分かりやすいです。

ただ、分かりやすい故に点数が一人歩きしてしまう事もあるんですよね。

例えば週刊ファミ通のクロスレビューが良い例だと思います。

40点満点を獲得した時は話題になりますが、ゲームレビューの文面には全く触れられず、点数ばかりが話題になりますから。

当ブログも海外のメタスコアを紹介する時、点数の事ばかり触れてレビューの文面にはほとんど触れません。

翻訳が面倒だからなのもありますが、あれってレビュアーからしたら嫌がられるだろうなぁと思っていますw

レビュアーとしては自分が書いた文章を読んだうえであれこれ語って欲しいと思うでしょうから。

こちらとしても点数ありきでメタスコアを語っている時は「語っている内容が薄いなぁ」と少々罪悪感を持ちながら書いていますw

点数で印象を決定付けられてしまう辛さ

点数で印象を決定付けられてしまうと、それがデメリットに繋がる事もあると思います。特に最近、それを強く感じるようになりました。

当ブログではレビューしたゲームに興味を持ってもらえるように書いています。

なので、例え総合評価が低かったとしても魅力が伝わるように良いところを一生懸命書いているんですよね。

WHITEDAY~学校という名の迷宮~【レビュー・評価】国産のギャルゲーに見せかけた最恐の韓国ホラーゲーム!
巨影都市【レビュー・評価】巨影と絶体絶命都市のコラボがシュールなバカゲー!

例えばこちらのゲームレビュー。どちらの作品もお気に入り度は★6とあまり良い点数を付けてはいませんが、見どころは満載だったので、それが伝わるよう、良いところを一生懸命書いてみました!

だけど、総合評価は★6と低いので結果ばかりを重視している人の場合は良い印象を持たれないかもしれません。

粗削りだけど見どころ満載なタイトルと、何の見どころもないけどそこそこ面白い没個性的なタイトル。

それぞれ全然印象が違うのに、同じ点数を付ける事で一緒くたにされてしまうのって勿体なく感じます。

レビューの文面をよく読まれたら別々に捉えられると思いますが、点数ありきで見られるとそうはいきませんからね・・・。

この場合、点数だけでは語れない良さがあるゲームは損をしてしまうと思います。

スポンサーリンク

矛盾との戦いが生まれる

長年、ゲームレビューで点数を付けていると矛盾との戦いも生まれます。

点数で一つの基準を可視化させていますので、そのうち各タイトルの点数を相対的に見てしまって「本当にこの点数で良かったのだろうか?」と思うようになるんですよね。

1年や2年ならまだしも、10年間もずっと同じ価値観を維持する事は非常に難しいです。

なので、告白させて頂くと当ブログでは何度も過去に公開したゲームレビューの点数をイジらせて頂きました。

それも1タイトルだけではありません。数え切れないほどあります。

と言うのも1つ数字を動かしたら「あのタイトルの点数もどうだろう?」と疑問に思い始め、ドミノ式で点数イジリが始まるんですよね。

体験したことはありませんが、まるでゲームのバランス調整をしているかのようです!w

まあ、自分の中で矛盾を感じるのはまだ良い方だと思います。それよりも辛いのは、読み手に矛盾を指摘された時です。

週刊ファミ通のクロスレビューではそんな事、しょっちゅうありますよねw

欠点を挙げていないのに9点のゲームと欠点を挙げているのに10点のゲームを引き合いに出されて矛盾を指摘されたり。

点数制を設けなかったらこんな事は絶対に起こらないと思うので、これは大きなデメリットです。

影響力が強いレビュアーほど点数制にする事で責任感が重くなり、後々、辛くなってきます。

それでも僕は今後もゲームレビューに点数を付けていきたい!

このようにゲームレビューに点数を付ける事で様々な葛藤が生まれているんですね。

キャリアや実績を積み重ねれば積み重ねるほどその葛藤は大きくなると思いますが、それでも僕は今後もゲームレビューに点数を付けていきたいと思っています。

やっぱり、分かりやすさと味付けは大きな魅力ですからないよりはあったほうが良いでしょう!

ただ、分かりやすさと味付けに頼りすぎてしまっているところもあって、一方では自信の無さから付けているのも否定できません。

文章だけで勝負しているプロのゲームライターさんは沢山いますが、実は彼・彼女たちに勝てないから点数制を設けているところもあるんですよね。

彼・彼女たちに立ち向かえると思った時、僕もゲームレビューで点数制を卒業するかもしれません。

ゲームボーイ クソゲー番付 (マイウェイムック)
マイウェイ出版 (2017-09-25)
売り上げランキング: 58,046



  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(44)

  1. 略に一言 より:

    他人の点数は良くも悪くも物差し程度ですね。
    あって良いと思います。
    自分はファミ通だと忖度ない37点ぐらいが1番参考にしやすく、そちらのサイトは7、8点ぐらいがぴったり合う感じです。

    例えば貴サイトは新しいものに高得点をつける傾向があるのでそれを踏まえて自分にはどのぐらいか差し引きして参考にという感じです。

    • kentworld より:

      1つの物差し程度に捉えてくださったら幸いです。
      レビュアーもそれぞれに趣向がありますので、
      それを理解しつつ記事を読んでくださればもっと参考になると思うので、
      うまく活用して頂けたらうれしいですね♪

  2. hanataka より:

    数字って一番解りやすいですもんねぇ。

    僕もAmazonの評価見て買ったりしますが、数字だけを見ないようにしてますね。

    書いてる方の内容をキチンと読んで、何がダメかを書いてる方の評価を参考にしてますね。

    kentさんの評価は、良い所をいっぱい書いてるので、僕に合うか物凄く解りやすくて、読んでて気持ち良いですねぇ♪

    • kentworld より:

      Amazonでは星がどうしても最初に目が行きますもんねぇ。
      総合評価が星2だからと言って判断せず、文面をきちんと読むのは大切なことだと思います。

      良いところは出来る限り挙げるように書いているので、
      それが参考になっているのでしたら頑張って良かったです♪
      今後も爽快感のあるブログを目指していきます!

  3. TOADXXXX より:

    そういえば、よく参考にしている映画のレビューサイトの一つの超映画批評でも、レビューの点数だけでなく本文までよく読むように、と念を押していました。

    • kentworld より:

      きっと、点数がひとり歩きしないように念を押しているんでしょうね。
      レビュアーとしては点数ありきで語られるのって本望ではないと思います。

  4. nasturtium より:

    点数ばかりが取り沙汰されるのは良くありますが、指標として余りにもわかりやすいのである程度は仕方ないでしょうね…とりわけメタスコアは原文が英語ですから点数ばかり広まりますよね。

    個人的には評価された部分、されなかった部分と点数を照らし合わせて参考にするようにしています。どういうところが重視されているのかですね。

    kentさんの記事は良い悪いしっかり述べていますし、何より記事自体がわかりやすく面白いので見ていて参考にし易いです。好みや基準が近いなと感じる部分が多いのもありますしね。

    • kentworld より:

      こんなにも分かりやすい指標って無いですもんね。
      数字の高い低いだったら子供でも分かるくらいですから・・・
      メタスコアは時間があったら翻訳して読み込みたいんですが、速報性を重視するとなかなか(^_^;)

      レビューを参考に購入される場合は、文面も含めてしっかり読んだ方が良いですね。
      昔、とあるサイトでレビューされていた作品が高評価だったので
      文面をあまりよく読まずに購入しましたが、僕には合わなかったので・・・

      子供から大人まで幅広く理解出来る記事作りを目指しているので、
      スッと頭に入っていける文章にするよう心掛けています!
      そのうえでユーモアを混ぜつつ、楽しく読んでいけるようにしたいですね♪

  5. kamome03 より:

    点数といえばDOOMのスイッチレビューでIGNが炎上してるみたいですねー。
    タイミング良く記事が公開されたので考えさせられる所があります。

    点数をつける事は個人的にはありだと思います、ただ同じ人間が点数をつける事に意味があると思います。大手サイトの場合、ゲームによって採点してる人が違う場合があり信用性に欠ける事があります。

    あと日本だとドラクエ、FF、メタルギアは必ず高評価で
    海外だとゼルダ、マリオ補正があり低い点数はつけない
    などなどレビューに関しては悪い噂は絶えないですよね

    ハードやゲームによってはグラフィックやフレームレートの問題を指摘されるのに、あるハードだとグラフィックの綺麗さやフレームレートの低い事に触れなかったり・・・
    バグがある事が減点の対象になるゲームもあれば、バグがあるけどそれをも超越した面白さがあるとし減点されなかったり・・・

    個人的に面白い作品が悪い事言われたらいい気持ちしないですからねw

    色々不満点はありつつ、メタスコアは一定の信頼感はあるので、気になるゲームは点数見てから買いますからついつい見てしまいます・・・。
    難しい問題ですねw

    • kentworld より:

      僕もIGNの件は昨日、知りました。
      なんてタイムリーなんだw

      そうですね、大手サイトの場合、レビュアーが変わってしまうから採点の統一性が持たれないんだと思います。
      複数のレビュアーがいるからこそ沢山のタイトルをレビュー出来るとは思いますが、
      プレイする人が変わる時点で物差しも変わってくるので参考にはならなくなってきますよね。

      点数に関する悪い噂は本当に多いです。
      どこまで本当なのか分かりませんが、
      一生懸命文章を書いているレビュアーとしてはたまったもんじゃないでしょうねぇw

      メタスコアも一概に良いとはいえませんが、正直なところはあるのでまだ信頼できます。

  6. コルチカム より:

    点数はわかりやすいけれど魅力も丸め込んでしまう、みたいなことが以前の桜井さんのコラムに書かれていて、凄く共感した覚えがあります。
    レビューの際は作品の持つ魅力をしっかり伝えることが大切ですね。

    • kentworld より:

      桜井さんは以前から点数制に関して懐疑的に見られていましたね。
      点数ばかりに頼らず、自分の文章で作品の魅力をしっかり伝えていけるようにしていきたいです!

  7. メトロキシド より:

    これはまた核心を突いたコラムですね。
    個人的には作品の点数付けに賛成です。
    ざっくりいってkentさんと同じですが、付け加えると点数をつけることで目安になりますし自分の好き/嫌いな作品の点数がわかるので、それを見るのが楽しくて他のレビューサイトの点数を見たりw

    デメリットも仰る通りですがあくまでお気に入り度なのでそこまで気にしなくても良いのではw
    というのはともかく、個人的には見所はたくさんあるけど荒削りな作品と、安定していて見所があまりないゲームが同じ評価の時はたいして差がないと思っています。
    いくら見所があっても、邪魔する要素が多いなら結局最後の感想が見所が薄い安定したゲームと大差ないと思います。
    もし前者のゲームの方がkentさんの中で評価高いと感じるならば、評価を1段階あげたり小数を導入したらいかがでしょうか?

    • kentworld より:

      このテーマは以前からコラムにしたかったんですよ~。
      点数を付けることで分かりやすさ、面白さが増すのはメトロキシドさんのコメントを読んでも感じられます。
      点数を一覧にして眺める楽しさってありますよね。
      レビュー済み一覧でひと目で分かるようにしているのもそういう楽しさを味わってもらうためです。

      評価という表記にすると気にする人が増えそうなので、
      あくまでも個人の物差しであることを強調するためお気に入り度という表記に変えました。

      >見所はたくさんあるけど荒削りな作品と、安定していて見所があまりないゲーム

      個人的に前者のゲームはまた買いたくなるけど、後者のゲームはもう良いかなって思う事が多いです。
      なので、例えお気に入り度が同じでも印象は全然違うと思うんですよね~。
      それを数字で伝えられたら良いんですが、安易にインフレ化させたくない気持ちもあって迷っていますw
      点数の細分化は検討しましたが、そうなると数字イジリがさらに加速しそうで躊躇しています・・・

      • メトロキシド より:

        ちなみに、言いたいことを書き忘れたので追記です。
        Kentさんのレビューは最初は点数を気にしていましたが、最近になって評価の文と点数がいい意味で一致しないなーと感じるようになりました。

        というのも、たとえ低い点数でもいいところを強調している傾向にあるので、意識せずそこを重点的に読みます。
        ぶっちゃけてしまうと、悪いところがあまり頭に入って来ずいいところだけが頭に残る状況ですw
        客観的評価を重視する場合はともかく、面白い!ということが十二分に伝わっているのでこのサイトに限っては点数をあまり意識しませんw

        • kentworld より:

          おお!ありがとうございます!

          良いところを強調して書くようにしているのと、
          最後は後味良く締めるようにしました。
          それが良い感じに影響しているようですね。

          もちろん、欠点はしっかりと指摘していますので、
          そのうえで購入を判断してもらえたら幸いです。
          どんなゲームにも良いところはあると思います。
          それを分かりやすく伝えられるようなサイトにしていきたいですね♪

  8. Awaken より:

    1読者の視点から投稿します。記事と論点がずれます。すみません!
    点数は絶対的に信用すべきものではありませんが残して欲しいです。
    ゲーム購入の参考にするとき、特に旧作に関してはレビューを見て回りますが、その過程で自分に合うレビュワーさん、合わないレビュワーさんがわかってきます(「うんうん♪」「そうそう!わかる!」とか自分が楽しめてるゲームに高評価を付けたり楽しんでいるレビュワーさん=自分に合うレビュワーさんということで認識してください。)。
    僕はこのブログ含め3つのサイトをあてにしてゲームを買ってますが、それも自分に合うレビュワーさんが書いてるからです。
    何はともあれ、kentさんの感性で思う存分書いてくださるのがベストです。

    • kentworld より:

      ご意見、ありがとうございます!

      今のところは残しておこうかなーと思っています。
      これだけ沢山のタイトルをレビューして今更廃止するのも大変ですからねw
      わかり易さも大切ですので、デメリットは沢山あるとは思いますが、今のスタンスを続けていきます。

  9. やまかつ より:

    点数には影響されますねえ。
    面白さが確約されているビックタイトルの続編は発売日買い出来ますが、新規タイトルは外れで時間を使いたくないので発売後の評価待ちになります。
    巨影都市も迷ってたけど、kentさんの6点で決断できました。
    年10本くらいしか遊べないので、続編ばかり遊んでる状態になってます。

    • kentworld より:

      僕の点数を参考にしてくださるのは大変、有り難いです。
      ただ、人の好みは本当に人それぞれなので、あくまでも一つの物差しとして捉え、
      文面を良く読んで自分に合うのかを判断して頂けるとさらに嬉しいですね!
      巨影都市に関してはまさにそれで、クソゲー!と酷評する人もいれば大好き!と絶賛するような作品でしたから。

  10. おにぎり より:

    ひょっとして、kentさんがレビュー記事の最後に点数をつけるのは、文章も読んで欲しいという考えからなんですかね?
    また、レビューリストからレビューを探すと点数だけ見られるのは見易さからですか?
    自分はレビュアーの意見を見るのが好きなので点数は重視して無いですね。人の付けた点数だけ見ても面白く無いし、何より人によって感性が違う以上、ゲームの内容を絶対的に評価することは不可能ですからね。だから、付けられた点数はその人の中だけのもので、自分には当てはまらないと思いながらいつも見ています。そうはいっても分かりやすい指標は便利なので、ゲーム選びの際にはある程度は参考にさせてもらってます。まあ、色んなところで評判を見ても、最後は自分の直感と勢いに任せてますけどね。

    • kentworld より:

      そうですね、点数を最初に持っていくとその印象ばかりが強まってしまいますから。
      絶賛レビューだったらまだしも、低評価レビューの場合は読者の反応がネガティブになりがちなので恐れています。

      一方、レビューリストは利用される方が限られていますし、
      点数を入り口にして過去記事に再びアクセスがあれば良いかなと思っているのであんな風にしています。
      あとは点数を並べて眺めるのも楽しいですしw

      点数は本当に指標の1つですので、
      そこばかりに囚われず、文面をよーく読まれて参考にして頂けるとうれしいです♪

  11. ico より:

    kentさんのレビューを見てると、点数を含めて葛藤を感じることがありますね。
    他のところでとことん良くないと点数をつけられているものでも、kentさんはむしろ反骨精神のようにいいところをレビューされて、結果的に点数も高かったりします。レビューの仕方が加点方式なんでしょうね。
    ただ、加点方式でレビューすると人の好みで差が出やすい欠点があります。ので振り返って悩んだりと、どちらにせよ悩ましいところなのかな…と。

    私としては、あんまり点数化することに意味はない気がしていますね。上記したように人によって気になるところ、好ましい所も様々ですから。
    kentさんの点数制が悪いと感じたことはないですが、文章のみでも十分kentさんのレビューは読み応えがありますよ^^
    数字でそれなりに信用しているのは、さまざまなプロレビュアーの平均が出るメタスコアくらいでしょうかね。でも、必ずざっと翻訳を目を通すことにしています。

    • kentworld より:

      確かに他所で批判的に捉えがちなところを
      当ブログでは利点として挙げる事はよくありますね~。
      考え方次第なのもありますし、作品を肯定的に見る事で良さを伝えられたり、
      ゲーム愛を感じ取って頂けると思うので今のスタンスでレビューしています。

      このブログよりも詳細にレビューしていたり、
      取り扱っているタイトルが多いサイトは知っていますので、
      真っ向から立ち向かうのではなく、個性を強めていけばみなさんに重宝されるんじゃないかと思っているんですよね。

      どのように個性を出すのか迷っていたこともありましたが、今のやり方が一番しっくり来ます!

      今後も自分なりの文章を磨いていき、icoさんのように高く評価して頂けるサイト作りを心がけていきたいです!

  12. つぐみ より:

    ファミ通の点数はもはや『ネタ』になってますからね(笑
    自分はアマゾンレビューとかの参考には星2つ〜4つあたりを参考にしてますね
    ベタ褒めも怖いし、アンチも参考にならんので

    得点はわかりやすいけど難しいですよね
    結局はレビュアーの匙加減一つですから
    信仰心加点やお情け加点もあったりしますし(笑
    他人が10点満点付けたゲームが必ず自分に10点満点なわけでは無いですしね

    • kentworld より:

      ファミ通の点数はネタ扱いで取り上げられることが増えてきましたよねw
      Amazonレビューは中間的な評価のレビューが参考になるというのはわかります。
      Amazonだと星1や星5だと感情的にレビューされている方が多いでしょうから。
      星2~4だとまだ冷静にレビューしているイメージ。

      得点の方式も人それぞれですよね。
      ボーナスを与えているという話もよく聞きますし、
      自分も知らないうちにやってしまうこともありますけど、
      それって傍から見たらどうなんだろう?って思います。

  13. 匿名 より:

    IGNが炎上してるというのは誤りでしょう、
    炎上させたい人がいるというのが正しいでしょう。
    むしろ炎上してるのは某迷惑系ゲームサイトの方です、
    実際問題、根拠となる理由がverupやDLCによるものだと記載されています
    それこそ、古い物が移植されたからといって、同じ価値であることがない
    それにIGNは直接レビューについての姿勢についてコメントをだしています
    各々がライター単位でスコアをだしますが、
    ライターによってそれぞれ基準が違う

    某迷惑系ゲームサイトのnintendo bounus pointなる言葉が
    海外でネットスラングとして確立されたなどという捏造も拡散しており
    非常に悪質であることが各所で報告されています
    このサイトはwiiuでスプラトゥーンが出た時にも酷評しており
    その内容は「武器やステージが少ないゴミ」というものでした
    当然、アップデートは発売前から告知されており、
    すでに配信も始まっていたにも拘わらず、さもつまらないように酷評するわけです

    点数はわかりやすいですが、そういうメディアは
    企業の看板を背負ってるがほとんどです(中にはそうでないものも)
    怖いのはSEO対策をしてまで、捏造でもガセでもミスリードや偏向記事を作る
    まとめサイトの問題でしょう、著作権問題でしか問題として扱われず
    言論の自由を盾に、いまだ名誉や信用棄損や威力業務や損害賠償で
    訴えられる予兆すら見えませんから
    調べてみるとゲームアナリストの平林さんがもう何年も前から指摘してます
    ゲーム業界ではタブー視されている空気があると(正面から取り上げられない)

    • kentworld より:

      そうでしたか・・・
      本当に迷惑系ゲームサイトはミスリードがお好きで迷惑ですね・・・
      切り抜くのも得意なので、低い点数は格好の標的だと思います。

  14. むぐお より:

    昔はファミ通のクロスレビューを信奉してましたね〜
    自分の期待してるソフトが20点代だとがっかりして買わなかったり参考にしていました。
    逆にこれ点数高いなって買ってみたり
    悪評高いジョジョは俺的には40点でもよかったです
    完全にキャラ愛ですw
    最近のファミ通のクロスレビューはみていませんね
    色々な情報量が豊富で点数じゃなくても参考にするものが増えました。
    アマゾンのレビューはくせが強いので5と1は除外して4、3,2.をよくみますね
    5は信者、1はただの誹謗中傷が多いイメージです

    • kentworld より:

      昔のクロスレビューは辛口でしたよね~
      名作と名高いタイトルの点数を見ると低すぎてビックリしますw
      むぐおさんはジョジョ肯定派でしたかw
      意外と面白いって話もありますよね。
      ファミ通のクロスレビューはゲーム概要やクリアまでのプレイタイムを
      分かりやすく掲載しているので、最近はそちらを参考にしています。
      Amazonレビューは良くも悪くも気軽に書けるのでそれぞれの感情が出やすいですよね。

  15. タロン より:

    ファミ通ではクロスレビューよりも、ユーザーレビューの方が参考になったりしますね
    どうしても速報性は無くなりますが、プレイ済みで熱意あるレビュワーが評価してるだけあって良いところが出やすくて
    素直に受け取れますし、悪いところも納得できます

    なので、M☆G☆M読者のユーザーレビューなんてのがあると楽しそうですねw
    アンケート取ったりして

    今だとマリオとかクリアする人も多いので良いかもですねー

    • kentworld より:

      ユーザーレビューですか。
      ファミ通でも遅れて掲載されますよね~。
      人気タイトルだと1ページに渡って掲載されていて、
      それぞれの声を拾ってみるのも参考としては良いと思います。

      MGMで読者のユーザーレビューですか!?
      そこまで大きいサイトじゃないので集まりにくいとは思いますが、
      アンケート機能を活用して何かしら読者のレビューを集める企画は検討中です。
      GOTYを決める時期も近いですしねw

  16. がは より:

    点数と根拠がセットになってると、説得力が増しますね。
    例えば、ゼルダBoWが10点満点→ゼルダという著名ブランドだから?オープンワールドだから?謎解きが面白いから?

  17. トモフミ より:

    点数はあった方がいいんじゃないですか。その人がこのゲームをどのくらいの評価なのかがわかりやすいと思います。某ブログの良ゲー、微妙ゲー、糞ゲーという評価よりはよっぽど良いかと思いますよ(^^)
    まぁ、人間5年、6年経てばかなり人が変わると言われてますから、それで評価が変わるのは仕方がないと思います。
    例えば僕なんかでもニューマリ2の評価は出た当初は☆4で去年は☆7、今年は☆6みたいな感じで個人的にかなり評価がころころ変わってます(笑)
    これで矛盾を指摘する人がいたらその人とは友達になりたくないです( ̄▽ ̄;)

    • kentworld より:

      実は当ブログ、初期の頃は傑作、良作、佳作、凡作、駄作、大駄作という表現でランク付けをしていましたw
      でも、駄作と言い切ってしまうのは気がひけるので今の形に収まったんですね。
      人間、5年6年経つと環境が変わって考えを貫くのは困難に感じます。
      ブログの場合は記事がずっと残るので、そこが足を引っ張ることもありますね~

      • トモフミ より:

        ランクシステムも初期の頃から変わったのですね(OvO)
        確かに傑作、駄作って言い切っちゃうと言葉が少ないとこれは主観的視点なのか第三者的視点なのかと言った感じからそれを勘違いする人が出て、論争になりそうですからね(^_^;)
        なので☆10点制がまだいくらかソフトだと思います。
        僕にとって☆は他人におすすめできるかということも念頭につけてるようなものなので、シリーズランキングにするときは☆の効力は関係なくなります(笑)ランキングの場合は100%自分の好みでつけてますので(๑˃̵ᴗ˂̵)

        • kentworld より:

          はい、ごくごく初期の話なんですけどね。
          2008年秋まではそうしていました。
          傑作という表現はまだしも、駄作などネガティブな言葉で
          個人がユーザーの総意であるかのように表現すると反感をもたれやすいと思います。
          お気に入り度だったら個人の視点であることを強調出来て良いかなと思いました。

  18. 匿名 より:

    こういうレビューの点数の話題になると、個人的にはユーザーが点数のみで判断することを危惧して点数採点システムを廃し、「Essential(必携)」「Recommended(お勧め)」「無し」「Avoid(回避)」の4段階に分けた欧州の大手ゲームメディアEurogamerのことを思い出します。
    点数だけが一人歩きしないよう、こういう選択も1つの道だとは思いますね。
    個人的には点数付けてほしいですけど…(笑)

    • kentworld より:

      複数の評価項目をもたせるのも良さそうですね。
      細かいニュアンスが伝わりそうです。
      付ける側は大変そうですがw

  19. ジョエリー より:

    点数はとても分かりやすい指標なので、どうしてもレビューの内容よりもそっちに目が行きやすくなってしまいますよね。
    自分もPS4を買った当初、ゲームソフトを買うときはAmazonの点数ばかり見て購入するか決めてしまっていました。

    その後、評判が悪くてもお気に入りになったゲームがいくつか出てきて段々と点数よりも内容重視になってきました。
    メタスコアに関しても点数は最も信用していてよく見てますが、例え点数が低くてもそれで購入を取りやめることは無くなりましたね。

    ただ点数は書いてあった方が嬉しいですね。レビュアーの好みのゲームが分かりやすいので、参考になります。

    • kentworld より:

      ジョエリーさんは点数より内容重視になってきましたか!?

      それは良い傾向だと思います。
      点数だけを切り抜かれて判断されるのはレビュアーとしても不本意に感じると思いますので。

      メタスコアは低評価のパターンも多いけど、
      そこで判断せず、一度買うと決めたら貫くのは良いことです!

      実際、メタスコア以上に楽しめたゲームは今までに数多くありましたので。
      今年に入ってもかなり多く、やっぱり自分の感覚を信じたほうが良いですね♪

  20. C-rex より:

    点数でなくとも、文章より何かしらの指標が参考にしてます。amazonとかは書籍じゃない限り、文章は見ません。
    僕の場合、点数制ではなく、ランク制を採用しています。細かく採点するのが面倒ですので。

    • kentworld より:

      ランク制だと点数とは微妙に伝わり方が変わりそうですね。
      それぞれにメリット、デメリットがあるとは思いますが、それも良いやり方だと思います。

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。