2017/02/19/12:00 | ゲームレビュー

ギアーズオブウォー4【レビュー・評価】少々水増し感はあるが、キングオブTPSの座はまだ揺るがない!


Gears of War 4/XboxOne(Z指定)

2017年5月に発売されたXboxOne「ギアーズオブウォー4」を今回はレビューします。

XboxOne「ギアーズオブウォー4」は海外で人気が高いアクションシューティングシリーズのナンバリング4作目です。

良いところ

爽快感抜群のアクションシューティング

108

TPS(3人称シューティング)の金字塔を打ち立てた「ギアーズオブウォー」シリーズ。今回もそこらのTPSでは味わえない刺激が大量に詰まっていて、ストレス解消にもってこいです!

今作で特筆したいのが敵を倒した時の演出。海外のみで発売されている輸入版だけあって規制にお構いなしで、とにかくぶっ飛んだやられ方をするんです。

派手に爆発したり、血が飛び散ったり、部位が派手に吹っ飛んだり。思わず突っ込みたくなってしまうほどオーバーな表現で、良い感じにデフォルメされています。

容赦ないほど砕け散る敵もいるので人を選びますが、相手は人間ではなく、憎たらしいエイリアンなので個人的には罪悪感というものはなく、倒した時は清々しさを感じられました。

弾を補充する速度が速まるアクティブタイムリロード。吸盤のようにピッタリと壁に張り付けるカバーポジションも相変わらず素晴らしく、TPSに特化した作りではあるもののアクションシューティングとしての出来は他の追随を許さないクオリティです。

キャンペーンモードでは今回も最大4人での協力プレイに対応しているので、みんなでやるとさらに楽しいですよー。

シリーズファンは必見のストーリー

186

今作は新シリーズの第一章で、舞台やキャラクターが一新されています。

シリーズファンからしたら寂しい印象もありましたが、実際にはファンサービス満載の作品で、プロローグから懐かしのネタが満載でした。

それ以降もシリーズではお馴染みのキャラクターたちが成長した(年老いた?)姿で登場して活躍するので、過去にシリーズ作品をプレイした人ほど感動出来ると思います。

過去のトリロジーで戦った仲間たちはどのように変わったのか?そのギャップを楽しむのも面白いです。

ユニークな武器や敵

286

新たに追加された武器や敵はいずれもユニークなものでした。

発射すると壁を貫通するドロップショット。壁に当たると反射するノコギリを発射出来るバズキルを敵味方問わず使用出来るので、戦いの幅が広がっています。

敵の中には新たに瀕死状態の仲間を食べてしまう奴やタレットを装着した怪物やロボットが登場して苦しめられました。

全体的にロボット系の敵が増えている印象で、前作よりもSF色が強くなっています。

良いアクセントになっているアトラクション要素

187
「ギアーズオブウォー」のキャンペーンモードではお馴染みのミニゲームは今作でも健在でした!

派手なアクションシューティングの合間にバイクでのレースやワイヤーを使っての上昇、さらには大迫力のロボバトルと思わず「お金かかっているなぁ」と口に出したくなるほどアトラクションチックなミニゲームが多数用意されていて、ゲーム展開が単調に感じません。

182

単調に感じさせない要素という意味で他に特筆したいのがこれまで以上に多彩なロケーションです。

お馴染みの地底みたいなところはもちろん自然がいっぱいの山脈地帯、近未来感溢れる市街、屋敷の庭と今までの作品では見られなかった舞台が多く、新鮮さがあります。

相変わらず面白いマルチプレイモード

マルチプレイモードは順当な進化を遂げていました。

前作に続いて様々なルールでドンパチを楽しめるマルチプレイ。みんなと協力してAIの敵を倒していくホードモードが収録されていて、それぞれに異なる面白さが存在します。

マルチプレイでは新ルールを含む全8種類のルールを用意。大会モードとしてランキングに反映されるルールも存在します。

ホードモードでは新たにお金の概念や戦闘スタイルが追加され、より戦略性が高くなっています。50ウェーブをクリアするには全員の腕だけではなく、連携プレイも重視されるようになっています。

加えてXboxOne「Halo 5: Guardians」にもあったカスタマイズや性能強化を行えるカードも存在。海外ストアで課金して購入する事もできます。

スポンサーリンク

個人的に合わない&気になったところ

蛇足なタワーディフェンス要素

183

キャンペーンモードでは何度かタワーディフェンス的なシチュエーションが用意されています。

そこでは対象物を守るため押し寄せてくる敵を倒していく事になるんですが、数ウェーブ用意されていてクドイんです。

キャンペーンモードでは一本道のフィールドを高速で駆け抜けていく感じが好きなので、同じ場所で延々と戦いが繰り広げられていると時間稼ぎをさせられているかのように感じてしまいます。そういうのはホードモードでやらせてくれ!

もう少し主人公の魅力が欲しい

179

今作で主人公を務めるJD。これまで主人公だったマーカスが強烈だったのもありますが、没個性的で魅力に欠けます。

他の仲間キャラは良い味をだしていただけに、もう少し魅力を打ち出して欲しかった。

ストーリーに関してもこれまでと比べたら今一歩。見どころあるシーンはあるんですが、中盤以降の動きが少なく、淡々と奥へ奥へと進んでいる印象が強かったです。

確実に次回作へと続きそうなので、新たなトリロジーにするため水増ししているんじゃないかと疑ってしまうレベル。

全体のまとめ

キャンペーンモードは少々水増し感ありましたが、新シリーズになっても相変わらず面白い作品でした。

輸入版のみですが、国内版と思っても問題ないくらいローカライズはされており、規制もされていないので、シリーズのファンやXboxOneユーザーは買って損はありません。

少々水増し感はあるが、キングオブTPSの座はまだ揺るがない!

こんな人には特におススメ。
・アクションシューティング好き。

こんな人にはおススメできない。
・グロ耐性がない人。
・アクションシューティングが苦手な人。

ギアーズオブウォー4/お気に入り度 ★★★★★★★★☆☆ 星8つ
プレイした時間・・・約20時間

※何か分からないゲーム用語を見かけたらこちら をご覧ください。

↓人気ブログランキングに参加中!
1日1クリックしてくれると「M☆G☆M+etc…」の順位がアップします!

↓Twitterで更新通知をしています。
Twitterやっている人はフォローよろしくお願いします。

A52

タグ

おすすめ記事

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

内容をご確認の上、送信してください(当ブログのコメント欄は承認制を採用しています)。荒らしや誹謗中傷コメントは全てログを取っており、法的な措置を取らせて頂きます。

この記事の反響(6)

  1. y.crash より:

    まってました!ギアーズ4!
    敵が人間だったらもっと罪悪感が出るんでしょうけど、エイリアン系だと遠慮なくぶった切れるのでいいですねw あと、内蔵が飛び出るとか最高じゃないですか! ギアーズ4買いたいな・・・。
    確かに下手なローカライズ作品より日本語訳よさそうですね。ギアーズの翻訳のレベルの高さは何でしょうね?w 他のエキサイト翻訳並みの作品も見習ってもらいたいです。あんなんで日本版として出すってレベルが低いです。まあ、予算の関係とかあるんでしょうけど。それにしても海外版のみでも翻訳レベルが高いって、ギアーズの翻訳してる人はすごいです。
    やはりゲームに革命をもたらしたシリーズはTPSのなかでもトップクラスですね。ギアーズはすごい! というか、いまだに操作性が変わらなさそうな感じですね。初代からクオリティが高すぎますねw
    アンリアルエンジンのどこがアンリアルか分かりにくくなってきましたwww もちろんリアルじゃないといえばリアルじゃないんですけど、本当にきれいになりましたね。
    そしてツルツルローカスト!なんというか触ってみたい頭ですねw

    • kentworld より:

      ようやく公開出来ました!
      当初は昨年の12月に公開する予定でしたからねーw

      そう、ギアーズ全般に言えるんですが、敵がエイリアン系だからこそ遠慮なくぶっ倒す事が出来て、罪悪感がないんです。
      グロ描写に関してはシリーズの中で最大級なので、y.crashさんも楽しめそう。

      エキサイト翻訳・・・最近だとシャンティが頭に浮かんできますw

      色んなTPSをやっているけど、ギアーズになれていると物足りなく感じるんですよー。

      アンリアルはゴツゴツした感じがリアルじゃないとか?w
      ツルツルローカストはちゃっかり貼らせていただきましたw
      y.crashさんも虜になっているなぁ。

  2. チキ より:

    色んなロケーションがあって良いですよね。特にホライゾン:ゼロドーンを思わせる集落が好きです。

    >もう少し主人公の魅力が欲しい
    これは僕も思ってました。
    JDはハンサムだけどデルタ部隊の面々に比べると個性が弱いルックスですよね。
    巨大エレベーターシャフトから脱出する場面では「そんなこと思い付いても普通やるか⁉︎」って感じのぶっ飛んだ発想でピンチを切り抜けるのが良かったです。
    でもそういう破天荒なキャラってアクション映画の主人公でよくいるからステレオタイプに見えてしまってJDならではの個性を感じられないんですよ。
    新トリロジーを引っ張る主役なんだから今後はもっと魅力を押し出して欲しいです。
    旧トリロジーのマーカスは偉大でしたねぇ。

    ケイトはキャラが立ってたし、帽子が可愛いですよね。
    そういえばJDもケイトもアーマーを着る前の私服はオシャレだったなぁ。
    黒人の兄ちゃんは「フラグを立てるな!」の印象しか無いw

    ストーリーは中盤から動きが少なくて延々と戦闘が続きましたね。ウェーブ形式の戦闘と相まって水増し感が強かったなぁ。
    最後は「えっ⁉︎これで終わり?」って感じでブツ切りだったし、キャラ描写とストーリーに関しては続編で改善すべき課題ですね。

    • kentworld より:

      ギアーズ3も終盤に自然がいっぱいのステージが出て来ましたが、
      今作は序盤から出て来て華やかでしたねー。

      JDは見た目の時点で没個性的だからこそ中身で勝負してほしかったなぁ。
      そうそう、破天荒なキャラは今時珍しくないので、
      そこにもっとスパイスを盛り込んでほしかった。
      例えば僕のように天然要素を加えるとか。
      マーカスは声がカッコいいですし、何よりも男らしさが詰まっていて、憧れるんですよね。あとはニット帽!w

      このゲームで一番良かったのはケイトですね!
      しかも僕がプレイしていた時は中の人がチッキーだったので、
      ムービーシーンではケイトの顔と融合して変な感じでしたからw

      チャプター3の後半辺りから動きが少ないんですよねぇ。
      合間にマーカスの描写があったら深みが増すんだけど。

      最後は切なかったけど、続きそうな感じでしたね。

  3. シロマ より:

    Xbox Oneを買っておいてこのゲームをプレイしない訳にはいかないですよね。
    TPSは「アンチャーテッド」や「ラスト オブ アス」等、去年プレイしまくって好きなジャンルになったから今年中にはプレイしたい。

コメントする

内容をご確認の上、送信してください(当ブログのコメント欄は承認制を採用しています)。荒らしや誹謗中傷コメントは全てログを取っており、法的な措置を取らせて頂きます。

関連記事

極魔界村 改【レビュー・評価】死んで覚える古典的な楽しさを味わえる作品
ゼルダの伝説 スカイウォードソード【レビュー・評価】Wiiの最後と25周年を飾った名作!
スターフォックス アサルト【レビュー・評価】パワーアップするべきところ間違えた平凡なシューティングゲーム
親切さと粗さが融合したゼルダ カメオ:エレメンツ オブ パワー レビュー
バイオハザード リベレーションズ【レビュー・評価】3DSの底力を発揮した力作!
キキトリック【レビュー・評価】見た目は地味だが凄く斬新な聴き取りゲーム!
ネタゲーとしてなら… スーパーペーパーマリオ レビュー
罪と罰 宇宙の後継者【レビュー・評価】贅肉を極力取り払った古典的作品!
聖剣伝説3【レビュー・評価】マルチストーリーを採用したSFC後期の力作
KNACK(ナック)【レビュー・評価】10時間以上遊ばせるには味付け不足