2017/04/05/12:00 | ゲームレビュー

ゴーストリコン ワイルドランズ【レビュー・評価】堅実な作りのオープンワールド型共闘ゲーム


ゴーストリコン ワイルドランズ/PS4 / XboxOne(Z指定)

2017年3月に発売されたPS4/XboxOne「ゴーストリコン ワイルドランズ」を今回はレビューします。

PS4/XboxOne「ゴーストリコン ワイルドランズ」は麻薬抗争が激化したボリビアを舞台にしたオープンワールド型のアクションシューティングです。

良いところ

大規模な世界で完全協力プレイ対応

本作は最初から最後まで最大4人でのオンライン協力プレイに対応しています。

協力プレイ対応なのは今時珍しい事では無いと思いますが、狭いエリア内限定ではなく、広大過ぎるボリビアでそれぞれが自由に行動出来るから凄いと思いました。

例えば目的の場所まで全員が同じ車に乗って移動するのはもちろん、1人はヘリコプターで。別の人はボードに乗って別行動を取る事も可能で、大規模な連携プレイが出来るんです。

ここまで大規模な連係プレイが出来るのもPS4/XboxOneのマシンパワーがあるおかげなので、凄い時代になったと思いました。

様々な自然が存在するボリビア

本作の舞台になっているボリビアは、様々な自然が存在します。草原、山脈、雪原、ジャングル、鉱山、川、湖、そして塩湖!

海以外の自然が存在すると言っても過言では無く、まるでRPGの舞台みたいでした。大作ゲームとの相性は抜群で、何故、もっとゲームの舞台にならないのか不思議なくらい。

本当に数多くの自然が存在するので、フレンドと一緒にプレイしていると半分、疑似的な旅行に出掛けているかのような気分を味わう事が出来ます。
関連記事:【ゴーストリコン ワイルドランズ】バックパッカーから見たボリビアの驚異的な再現度を紹介!

グラフィックのクオリティも凄い!広大過ぎるオープンワールドゲームなのに、粗さがほとんどありません。

キャラクターのモデリングは及第点以上ですし、自然の描写が非常に細かく、木は細かく描かれ、湖には大量のフラミンゴが飛んでいたりして、雰囲気作りがとにかく凄い!

ボリビアの再現に命をかけまくっていて、相当なリサーチをしたんだなと思いました。

攻略の自由度が高いミッション

本作の目的は、各エリアのボスを倒す事!ボスを倒すにはそのエリアのミッションを一通りクリアする必要があるんですが、攻略の自由度は高く感じました。

基本的には隠密行動で敵の拠点に潜入し、目的をこなしていくんですが、好きな方角から潜入出来るので色んな攻略法があるんです。

正面から攻めるのも良し。裏口から回り込むのも良し。遠くからスナイパーで敵を一掃してから一気に潜入するのも良し。

何なら車やヘリで強行突破する事も出来ますし、ターゲットの捕捉が目標だったらわざと騒ぎを起こさせて拠点から追い出し、回り込んで捕まえる事だって出来ます。

一人でプレイしていたら黙々とプレイする事になるけど、これが複数のフレンドとボイスチャットで意思疎通しながらプレイするとミッションごとに戦略を立てる事になり、共闘感を味わえました。

ちなみにアクションシューティングの協力プレイでお馴染みの蘇生システムはもちろん存在します。誰かが瀕死状態になっても近づいて助けたら復活出来るので、この点も共闘感を高めていると思いました。

中毒性を高める育成要素

本作の育成要素は中毒性を高める役割を果たしています。

各ポイントを溜めると様々な特殊能力をアンロックする事が可能で、キャラクターを育てる楽しさがあると思いました。

各エリアに物資・資源ポイントや新武器、機密情報が隠されているのも中毒性はもちろん、寄り道する楽しさを高めていますね。

メインミッションの目標を果たすつもりが目の前に沢山の物資・資源ポイントや新武器が隠れているせいでそちらの方に目が行ってしまうことがしょっちゅうありました。

アクション重視のゲームバランス

育成要素が存在するとはいえ、アクション重視のゲームバランスとなっていました。

細かいパラメーター調整は存在しないのでレベル上げ前提のバランス調整にはなっておらず、初期状態でも敵はそこまで硬くは感じなくてテクニック次第ではほとんど育成しなくても大丈夫な作りになっています。

そのためフレンドとのレベル差があってもプレイヤースキルが互角だったら”おんぶにだっこ“にはならず、たまにしか一緒にプレイしなくても対等に楽しめるんです。

RPG要素が強く、レベルでステータスが大きく変化するゲームの場合は対等に楽しめない場合があるので、協力プレイのハードルが低くて助かりました。

スポンサーリンク

悪いところ

ミッションのバリエーションが少ない

ミッションのバリエーションは少なく感じました。基本的には隠密行動で敵の基地に侵入して目的を果たすだけ。

複数の拠点をはしごしたり、尾行や完全ステルスミッションなど他にも色々あるけど、肝心のフィールドが無造作に作られているのであまりバリエーションを感じられませんでした。

例えば閉塞感のある迷路みたいな基地や複数の部屋で構成された仕掛け満載の基地とか、手作業で作られている拠点がほとんどないんですよね。

無造作に建物や敵が設置されていて、そのどこかにターゲットや捕虜が隠れているだけ。ゲームの規模があまりにも大き過ぎるためか、ミッションの過程はコピペ感がします。

ミッションによって難易度が異なり、攻略の自由度が高いから同じような形式でも別の攻略法で試せるからある程度は単調さを抑えられるけど、それでも厳しいところがありました。

この辺りは協力プレイを前提に置いているからなんでしょうね。1人プレイだったらもう少しストーリー性を強め、環境破壊描写やミニゲームを盛り込むなどするのがトレンドになっていますから。

チェックポイントが少ない

チェックポイントは少なく感じました。せっかく敵の基地まで乗り込んでターゲットに近づいたと思ってもやられて最初からやり直しとか。

チェックポイントがあったとしても1回程度で、10分以上前に戻される事はざらにあります。

最大4人での協力プレイ。高い自由度などでデバックが大変だから安易にチェックポイントを増やせなかったんだと思いますが、特に1人でプレイすると厳しいです。

バグが多い

全体的にバグが多いと思いました。

オンライン協力プレイではフレンドと同期が出来ておらず、摩訶不思議な動きを取ったり、当たり判定がおかしかったりして「?」に感じる事が多いです。

また、復活ポイントや乗り物要請の出現ポイントが不思議なくらい遠くの事もあって、「おいおい!」と思う事が多くありました。進行不能のバグもいくつかあります。

ほとんどは笑えるバグなのでフレンドとプレイしたらネタになりますが、ゲームとしての品質を下げているところがあると思いました。

1人でプレイしたら微妙

このゲーム、1人でプレイしたら微妙です。せいぜい、60~70点くらいの評価に落ち着いてしまう。

1人プレイの場合は3人のAIと行動を共にするんですが、簡単な指示しか出せず、フレンドとプレイした時のような共闘感を味わえません。

そのうえミッションはテンプレ感が強く、30時間以上プレイするには味付けが足りておらず、単調さが際立ってしまいます。

全体のまとめ

オープンワールド型のアクションシューティングとしてはオーソドックスな作り。

でも、ハイクオリティな世界を舞台に全編4人で協力プレイを楽しめるのは大きな武器となっていて、このゲームの価値はここに集約している印象です。

1人でプレイすると物足りないけど、一緒にプレイ出来るフレンドがいたら楽しめると思います。

このゲームは協力プレイありきなので、評価はその補正を入れてのものです。堅実な作りのオープンワールド型共闘ゲーム。

こんな人には特におススメ。
・協力プレイ好き。
・バックパッカー。

こんな人にはおススメできない。
・ソロプレイヤー。
・アクションシューティングが苦手な人。

ゴーストリコン ワイルドランズ/評価 ★★★★★★★★☆☆ 星8つ
プレイした時間・・・約35時間

※何か分からないゲーム用語を見かけたらこちら をご覧ください。

↓人気ブログランキングに参加中!
1日1クリックしてくれると「M☆G☆M+etc…」の順位がアップします!

↓Twitterで更新通知をしています。
Twitterやっている人はフォローよろしくお願いします。

A52

タグ
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

内容をご確認の上、送信してください。

この記事の反響(12)

  1. 伯爵 より:

    同じような感想です!
    私がキャッチコピーつけるなら、「ミッションクリア型ワイワイ旅行ゲーム」かな。
    ロケーションが豊富で、色んな地方に行くのが旅行みたいで楽しかったですね。

    ミッションの単調さはまだしも、チェックポイントの少なさは参りましたね〜
    崖の上に拠点があるミッションが多いのに、崖の下からリスポーンすることが多いから戻るまでが大変という、別の意味でストレスに感じてしまいました笑

    けれど、この規模でオープニングからエンディングまでフレンドと出来るというのはやっぱり凄いです。私も★8かな。

    • kentworld より:

      ミッションクリア型ワイワイ旅行ゲーム。良いですね!
      僕のキャッチコピーよりもこのゲームの魅力を上手く表現していると思います。

      チェックポイントの少なさは中盤以降、みなさんうんざりしていましたよねw
      リスポーンはいい加減過ぎて、あれをソロプレイでやっていたらさらにイライラしていたと思います。
      みんなと楽しめて本当に良かったです。

  2. 黒詩★紅月 より:

    欠点要素:
    ・4人マルチプレイを除いたら、前にやった『ファークライ4』は既に似たようなゲームプレイを体験したことに星6つ★を付けたくなります
    ・ミッションの体験が同じなど、長く楽しませるための顧慮が不十分なところは健在です
    ・せっかく多くの幹部があるのに、魅力はパガン・ミン一人にも足りてないし、ストーリーは平淡に感じます
    ・車のガラスは銃で打っても破壊できないなど、『ディビジョン』のグレードダウン
    ・スキルは大半プレイヤースキルで補足できる系が多めでちょっと惜しいです
    水面から上陸、眠る敵の暗殺など細かい調整が少々足りないです
    ・せっかく4人が女性声優を用意したのに、パートナーがカスタマイズできないことで、ほか3人の女性声優の声は一度も聞いたことが無いハメになります
    ・AIのSYNCショットの弾道が奇抜にも関わらず、20秒経ってもなかなかターゲットを捕捉してくれない時はあります
    ・AIの移動場所指示は特にステルス行動をしてないことより、使い道があまりないです
    ・AIの強さはAIデザインではなく、ダメージがリアルからです

    加点要素:
    ・ダメージの設定はリアルティで気持ちいいです
    ・AI指示で一瞬に4キルできるSYNCショットはマジ最高です
    ・コピペミッションのせいで、たしかに単調だけど、システム自体はソロにもちゃんと楽しめるように設定してます
    ・資源回収は嫌いが、パーツと武器の探しはやり応えがあります
    ・攻略サイトを見て、先に好きな武器を取りに行くことが可能は自由度に感じます
    ・銃は3つも装備できるし、それぞれTPS/FPSをわけて設定できるのは嬉しいです
    ・指示関連以外の操作は快適です
    ・個人の好みは拳銃とアサルトライフルがTPS、スナイパーがFPSです
    ・武器関連はスキル部分に対する不満を大体解消できます
    ・外見カスタマイズをもっとできると嬉しいです

    評価:
    このゲームしか体験できない面白さはちゃんと存在するが、ユービーアイのほかのタイトルと似てて、定期に安定な面白さを提供するにも、コピペ感が残念です
    いつもの70~80点から打破するために、これからは革命的ななにかがほしいです
    『ゴーストリコン ワイルドランズ』はもう少しなにか加えれば、もっと良い作品に化けそうです
    オススメたいはユービーアイゲームをやったことがない人やいつでもマルチプレイできる友がいる大学生です

    星7つ★です

    • kentworld より:

      このゲームは既存のUBIゲームをベースに協力プレイ特化で作られたんだと思います。
      ベースとなっているところは特筆するものがなく、平凡な作りなのは否めません。
      ですので、マルチプレイをする機会が少ないようでしたら価値が落ちてしまうんですよね。

      ソロプレイ専用のゲームはもっと革新的な変化が欲しいのは同意。
      オープンワールドゲームのレベルも上がってきていますから、
      今のままでは他社に置いて行かれてしまうのは確かですね。

  3. 名前負け より:

    PVP次第ですが
    残念でしかない…
    フューチャーソルジャーの方がまだ楽しめます。

    現時点では1週間遊べる程度
    星3つ★

  4. ウユニ より:

    おそらくこれは4人揃って同じような感想、同じような評価でしょうねw
    「ボリビアどうでしょう〜ステルスミッション付き〜」みたいな感じでしょうか笑
    ワイガヤ感凄くて毎週末旅行に行ってる感覚でしたw
    全編co-opで破綻きたさない作りなのは凄かったです。
    色々ズルできる懐の深さも含めてねw

    >こんな人には特におススメ。
    >・バックパッカー。
    ワロタ
    再現度に関しては★11個あげていいレベルw
    UBIが一番得意なのは現地再現能力なのかもしれない。

    単調さは結構強かったですね。
    マフィアIIIよりは数段マシとは言え似た感覚受けました。
    まぁマルチ前提だと工程管理複雑になりすぎるでしょうしね。
    完全ステルス多いのは流石に面倒だったかな。

    バグやハプニングはマルチだと笑えたからそこまで減点ポイントではなかった笑
    チェックポイント少ないのはソロだと萎えてたでしょうね。
    何回崖登りやらせるねん!という感じでw

    総評するといつものUBIのテンプレ佳作なのかもしれないけど、
    個人的には唯一無二の関係できて大満足!
    オチまで完璧でよく笑ったゲームでしたw

    • kentworld より:

      全員が同じ空間で同じ体験をしましたからねw
      キャッチコピーはパロディで来ましたか!?
      自分が付けたキャッチコピーは無個性ですね(^_^;)

      再現度は本当に凄いと思ったし、
      ここまで様々な実在する自然を楽しめるオープンワールド型のアクションシューティングってなかったと思うので、
      バックパッカーとの相性は最高に良いと思います。

      単調さはベータテストの段階である程度は予測していました。
      協力プレイありきのオープンワールドになるとこうなるのも無理はないのかな。
      マフィアIIIはこれよりも単調とは・・・

      バグはネタ提供という意味ではむしろプラスかもしれませんw
      狙ってやっているのかそれとも!?

      オチは楽しんでもらえたのでしたら良かったですw

  5. チキ より:

    アサクリやウォッチドッグス2に続く最高の観光ゲームでした。
    週末に皆でボリビア旅行をするのが楽しみで仕方なかったよ!

    狙い撃つ楽しさやキャラをカスタムする楽しさはディビジョンの方が上ですが、RPG要素が薄いゴーストリコンの方がいつでも気軽に協力プレイできますから、そこは大きな利点ですね。

    そういえば皆は操作キャラの外見をあまり変えていませんでしたね。
    僕は自キャラをカスタムするのが好きなので色んな服装のプリセットを作って楽しんでました。
    なので普通にゲームをやってるだけだと服や武器スキンがほとんど手に入らないのが不満でしたよ。
    課金や関連サイトにアクセスさせるのも結構ですが、もう少しゲーム内でカスタムアイテムを拾えるようにして欲しかった。

    チェックポイントが少ないのはミッションの構造上、仕方ないとはいえ何とかして欲しかったね^_^;
    その分、クリアした時の達成感はひとしおでしたが。

    単調なところとか進行不能のバクとか細かい不満はあれど、皆と一緒にプレイしたおかげで楽しい体験ができました。僕の評価は★8です。

    • kentworld より:

      そこまで楽しみにされていましたか!?
      僕も楽しみにしていましたよ。

      このゲーム、カバーポジションを使う事がほとんどないんですよね。

      海外産のTPSでこれは珍しいなと思いました。
      ゲーム性がファークライ寄りなのも影響しているかな。

      カスタマイズは全くしていませんでしたw
      僕のキャラはリンクもどきという設定もありましたし・・・

      UBIソフトはゲーム外の連動要素が多く、単品で完結させないのが悪いところですね。
      最近はどこもこんな感じかもしれませんが。

      チェックポイントの少なさはみなさん、うんざりされていましたもんねw

      全員8点キタ――(゚∀゚)――!!
      オール8点のゴーストリコンワイルドランズでした!

  6. シロマ より:

    1人目の幹部を倒したところまで進めましたけど、このゲームはkentさん達と一緒にプレイした時が一番楽しかったですね。
    1人でプレイすると似たようなミッションの繰り返しなので淡白なゲームになってしまいます。

    でもこんな感じの協力プレイのゲームはまた一緒にプレイしたいですねkentさん。

    • kentworld より:

      やはり一人プレイでは厳しいところがありますよね。シロマさんとなかなか出来なくて残念です。ウユニさんもシロマさんとやりたがっていたし、予定が合えば良いのですが。

コメントする

内容をご確認の上、送信してください。

関連記事

ボンバーマンランドポータブル【レビュー・評価】ボリュームはあるが、やっつけ感満載の作品!
ロックマン9のルーツ。ロックマン2 Dr.ワイリーの謎 レビュー
あくまで暇つぶし用。みんなのスッキリ レビュー
3DSの面白さが体感出来るバラエティパック!パックマン&ギャラガ ディメンションズ レビュー
ファミコンリミックス1+2【レビュー・評価】もう少しお題にセンスがあったら完璧!
L.A.ノワール【レビュー・評価】セットの魅力にシステムが追いつかなかった惜しい作品
だれでもアソビ大全【レビュー・評価】マイベストポータブルパーティゲーム!
神巫女 -カミコ-【レビュー・評価】2Dゼルダと無双を融合させたようなレトロ調ゲーム
魔神少女エピソード2 -願いへの代価-【レビュー・評価】価格は倍増しているが、その分だけの代価はあって良い作品!
アサシンクリードIII【レビュー・評価】相変わらず寄り道は楽しいものの、改悪点も多い