2016/11/05/12:00 | M☆G☆Mコラム

ユーザーにゲーム機を起動するという習慣を持たせる大切さ

322

人々には習慣というものがあって、毎日、毎週、ある程度規則的に生活しています。学校や会社に行くのもそうですし、ご飯を食べるのもそう。そして、ゲームファンは毎日ゲームをするのも習慣なんです!

毎日、毎週必ず同じ事をやっていると、ハードルが高くてもそうは感じなくなるんですよ。逆に言えばそこに新しい物を取り入れようとなったら少し気合を入れないといけない。

ゲームで表すと、いつもとは違うゲームソフト、ゲーム機の起動です。普通の人は毎日起動しているゲームソフト、ゲーム機の方に頭が行ってしまうので、気持ちを切り替えないと別のゲームソフト、ゲーム機はなかなか起動する気になれないんですよ。

僕もゲームをクリアして次のゲームに移るまでが一番ゲームのプレイ時間が減る時期です。一度起動してしまえばまたゲームをプレイする時間が増えるかもしれませんが、それまではなかなかエンジンがかからず他の事をやってしまう。本当に新しい事をやるのってパワーが要ります。

それで思うのが、ゲーム機の稼働率です。ゲームファンだったら複数のゲーム機を持っていると思いますが、多くの方は起動しているゲーム機が自然と偏ってしまうと思います。

起動していないゲーム機にもやりたいゲームが出たら良いんですが、なかなか出ない場合はどうしようもなく、その期間が長くなればなるほど起動するまでのハードルが上がってしまうんですよね。最近のゲーム機は一定の期間が経つとアップデートが必要になってしまうので、メーカー自らが起動するまでのハードルを上げていますし(笑)

そう考えるとゲーム機の稼働率を上げるにはゲームソフトを沢山発売するだけではなく、会員サービス、セール、ダウンロードコンテンツなどを展開する必要があるんでしょうね。

例えば会員サービスのPS Plusでは毎月、最初から最後まで遊び放題のフリープレイというものが存在します。毎月500円払うだけで月に5~8タイトルほど遊び放題なのはサービスし過ぎの印象ですが、ゲーム機の稼働率は高まる訳なのでユーザーの囲い込みには成功しているんですよね。

僕の場合PSVITAの購入タイトルが最近は減って来ていますが、PS Plusのおかげで一定の稼働率は保てています。つまり、ある程度起動をする習慣を持たせているという事なのでメーカーから見たらPSVITAのコンテンツにお金を払うチャンスが増しているという訳なんですね。

これは地味に大切な事だと思います。ユーザーにゲーム機を稼働させる習慣を持たせないと押し入れにやられてしまうどころか売却される恐れだってありますから、新しいゲーム機を出したからにはコンテンツとサービスの両方を一定の水準まで保ってほしいものです。

※これまでに公開したコラム記事の一覧はこちら

PlayStation Vita Wi-Fiモデル ブラック (PCH-2000ZA11)
ソニー・コンピュータエンタテインメント (2013-10-10)
売り上げランキング: 82

※何か分からないゲーム用語を見かけたらこちら をご覧ください。

↓人気ブログランキングに参加中!
1日1クリックしてくれると「M☆G☆M+etc…」の順位がアップします!

↓Twitterで更新通知をしています。
Twitterやっている人はフォローよろしくお願いします。

A52

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

内容をご確認の上、送信してください。

この記事の反響

  1. ジオ より:

    少し違いますが、任天堂はWiiUでそれを頑張ってましたよね。テレビを他の人が見てる時にできないという状況を無くし、Padだけで電源やテレビのリモコン操作ができるようにしてました。また、途中からですが、プレイするソフトが決まってれば直結でソフトが起動するクイックスタートなど。すごく便利で今もフルに活用させてもらってます。いかにユーザーに電源を付けさせるかを一番努力してた印象があります。もちろんWiiUは広く普及できなかったですしあまりソフトは発売されなかったので成功したとは言えませんが、スイッチでもこの取り組みは続けて欲しいですね。

    • kentworld より:

      この記事ではコンテンツとサービスの充実を全面に押し出していますが、起動のハードルを下げることで習慣を持たせるのも大切だと思います。

      Wii Uのそれは起動するハードルを下げていますが、他のメーカーもスタンバイモード、リモートプレイを搭載してどこもやっているんですよ。

      どちらも大切なことですが、ゲーム機はコンテンツあってのものですから、やっぱり先決してやるのはコンテンツの充実だと僕は思います。

      そういう意味でWii Uは課題点が多く、高く評価できません。

  2. y.crash より:

    この記事を読んで、凄く納得しました。
    自分もゲームを起動するのは習慣になってますね。
    ただ、起動しない時間が長いと確かにハードルが高いのもそうですね。
    自分もそういうソフトはかなりあります。

    でも、最近はゲームする時間が相対的に短くなっちゃってます。
    もちろん毎日やってるんですけど、それ以上に絵を描く時間が長いんです。
    絵を描くのが最近楽しくて、そちらに力が入っちゃってます。
    でも、どんなに絵を描いていても絶対ゲームはやめません!

    • kentworld より:

      絵にハマっていましたかw

      絵は上手くなろうと描き続けないといけないので、習慣を持たせることは大切です。

      そこにゲームをプレイする習慣を加えるには、ある程度中毒性のある作品に出会わないと難しいでしょうね。

  3. せん より:

    私もPS4発売以降はVITAソフトの購入率が下がって今年はまだ2本くらいしか購入してないです
    でも電源を切るどころか充電すら切らさないのはトルネをほぼ毎日使っているからでしょう
    たぶんトルネがなくて起動率が低ければ今年買った2本も買ってたかどうかわからないと考えるとノンゲームも馬鹿にできないですよね
    そういう点ではますますスマホが脅威です、ゲーム専用機もゲームらしいゲームだけではなく毎日起動するメリットのあるサービスを本格的に考えたほうがいいのかもしれません

    • kentworld より:

      トルネはうちも活用しています。PS3ですけど。トルネがあるお陰でPS3を押し入れにしまえないので、貢献していますね!w

      スマホは汎用性が高過ぎていつも手元にあるので、このデバイスでゲームをプレイする習慣を加えようとするのは簡単なことだと思います。

      ゲーム機はスマホのお手軽感と常に戦わないといけないのが大変ですね。

  4. ウユニ より:

    習慣化は重要ですよね。
    日本で据置機より携帯機の方が重宝されがちなのは起動へのハードルの高さが大きい気がしますし。
    まぁPS4はスリープ機能や外出先からソフトDL可能だったりで使ってみるとかなりハードル下がってますけどね。
    買う前のイメージではそこが億劫でしたし、買った当初はコンスタントにプレイしてませんでしたから。
    PS4全体でソフトが普及台数の割に売れてきたのは稼動率の高さに起因する気がしますし。
    個人的には最近は3DSはリリース数の関係もあり全然起動してなくて更にソフト買わなくなり…
    の悪循環になっちゃってますね。
    vitaはplusソフトで起動してるおかげで結果的に旧作買ったりもしてますけど。
    この前の記事の統合機なんかは1端末に習慣を絞り込める意味で有効な気がします。
    習慣なんてそんなたくさんに増やせるもんじゃないですから。

    まぁこの手の話だとスマホゲーは滅茶苦茶上手いですし見習うべきことだと思います。
    勿論ビジネスモデルが違うのは考慮に入れなきゃですが、
    毎日持ち運ぶのが当然の端末でログインボーナスとかで習慣化させるというのは見事な手法。
    同じことやれとは言いませんが結局時間の取り合いなんで
    CSでももう少し考えなきゃいけないとこでしょうね。

    • kentworld より:

      ゲーム機を起動するのが習慣になっているユーザー=アクティブユーザーだと思います。
      どんなに普及していても稼働率が低いユーザーばかりではソフトも売れませんから。
      ハード初期は新陳代謝高くなりがちなのは、買ったばかりで稼働する習慣があるからだと思います。
      PS4は比較的歴史が浅いのに加えて起動するハードル、サービス、コンテンツすべてが高水準だからこそソフト売上が高いんだなと思っています。

      統合機のメリットは、ユーザーに起動させる習慣を持たせるという意味でも大きいですね。一台にまとめたら長期間高いアクティブユーザー数を維持できると思います。

      スマホゲームはオンラインゲーム&アイテム課金式だからこそあれだけ習慣を持たせようと頑張っているんだと思いますが、見習うべきところは多いと思います。ログインボーナスとかは要りませんが、フレンドとのソーシャル要素とかはもっとほしいですね~。

  5. ヨウタイガ より:

    僕は平日の子どもが学校からかえるまで1人の時間は据置機、夜に子どもが寝て嫁さんと2人の時は携帯機をする事が多いですね。でも、夜は嫁さんと一緒に飲んだりもするので、ゲームに触らない日も出て来ます。波に乗らないと停滞してしまうので、なるべく定期的に稼働したいのですが、仕事が不規則なため中々上手くいかないこともありますね。
    複数ハード持ちですが、同時進行でソフトを進めてしまいがちなため、割と平均的にやってます。でも、wiiUは最近ソフトを買ってない事もあり、頻度は低くなってますね。確かに、セールや体験版など、触れる機会があれば比例して稼働率もあがり、新規ソフト購入にも繋がりそうです。

    • kentworld より:

      それぞれのライフスタイルによって稼働率や習慣も変わってくるので、ゲーム機の稼働率を高め続けるには外的要因も考慮にいれないといけないんでしょうね。

      でも、その人に合った素晴らしいゲームに出会えば、細かい話を抜きにして高い稼働率を維持できるんだなぁと思っています。

      色々書きましたが、最後に物を言うのは魅力的なコンテンツなんですね!

  6. むぐお より:

    スマホゲーが発展したのは起動のお手軽さ所以だと思います。
    気楽にできることが持続させるのにつながっているのだとおもいます
    自分はps4の稼働率が多いですが基本配信をたまにみたり、YouTubeなどみたりブルーレイをみたりですね
    肝心のゲームが1番やらないというw
    ゲームってパワー入りますからね
    本体の能力が上がるほどゲームのスペックもあがり、それがプレーをするのに億劫になる
    ダクソみたいに夢中になれるほどのゲームがあれば毎回プレーにモチベーションが上がるんですけどね
    wiiuもブルーレイなどみられればタブコンで映画みるなどできるんですがねー
    もうしまってしまいました、、
    コントローラー久々にやると電池きれていたり起動してプレーするのにパワーがいります
    ニンテンドースイッチはどうなんでしょうかね
    持ち運びするにはでかい気がするんですがw
    いっそのことニンテンドーネットみたいなの作って無料wifiスポットたくさん作って
    ラインなど最初からいれといてくれればつねに持ち歩けて稼働率も高くなりそうですw
    PSVRも起動するまで億劫ですw
    なにかコンテンツの充実をはやくはかってくれないと収縮していきそうな周辺機器になってきまいそう
    海外アカウントですど3D動画みれたりして、水着のオネーサン動画やホラー動画
    ジェットコースター動画なんかあって迫力があります
    画質は粗いですけどね
    いまの時代の日本人ってみんなひと手間をめんどくさがるような感じなのでそこがコンシューマーの衰退につながっている気がします
    俺の時代はジオシティーズなんかでホムペ作りが流行ってその後アメブロ流行って
    いまは10代女の子は本当ツイッターずっとみてますよ
    お手軽ですもんね
    いまのご時世、みんなパワーがなくなってきてますね
    ゲームもpsプラスはかなりいいんですが積みゲーが増えていきますww

    • kentworld より:

      汎用機はこういう時に強いですね。ゲーム以外の用途で大活躍しますから。

      むぐおさんにとってはPS4も汎用機になっているじゃないですかw

      ダークソウルは中毒性が高いですもんね。あそこまで高いゲームはなかなかありません。ゲーム熱が覚めたときの特効薬としておすすめですね!

      Wii Uはしまってしまいましたか。まあ、もうソフトが出ませんもんね。ゲームパッドは基本、ACアダプター指しっぱなしです。

      スイッチは、コンテンツはもちろんゲーム機の完成度、バッテリーの持ちも頑張って欲しい。

      VRはハードルの高さという意味ではかなり高いですね。起動も億劫に感じます。プレイしたら没頭できますが、あの高いハードルは流行りにくさを産み出していますね。

      実は、このブログも初代はジオシティーズでやっていました!!

  7. 黒詩★紅月 より:

    PSVはもうあまりパッケージを買ってないけど、旧作とセールに買ったゲームをたくさんプレイして、ピンピンしています
    PS3も時々稼働してて、最近は『ヒットマン』をプレイしています
    PS4は当然フルですw

    ただ3DSは充電する程度しかないですね…
    『逆転裁判』専用機になってるから

    • kentworld より:

      僕もそんな感じですね。まあ、コメントで挙げられたゲーム機には未だ定期的に魅力的なコンテンツが供給されているので、そういう意味で稼働率はユーザーの趣向に依存すると思いますが。強いて言えばPSVITAはサービスに助けられているかな。

  8. 名無しのスターライト より:

    >起動していないゲーム機にもやりたいゲームが出たら良いんですが、なかなか出ない場合はどうしようもなく、その期間が長くなればなるほど起動するまでのハードルが上がってしまう

    前岩田社長も仰ってましたが任天堂ハードは押入れ伝伝と比喩される所為ですね
    任天堂のメインユーザーはソフトを1本買ってそれを遊び倒したらそのままハードが置物になるパターンをよく見かけますから

    >ゲーム機の稼働率を上げるにはゲームソフトを沢山発売するだけではなく、会員サービス、セール、ダウンロードコンテンツなどを展開する必要があるんでしょうね。

    わたしの場合は逆ですw
    セールやフリプで入手したゲームは食い散らす事が多いですwSteamユーザーと似た心理ですかね
    今のゲームソフトって割高に感じますよね・・特に据え置きソフトは
    実売価格は7000円前後が大半でこれを5000円以内に収められたら新品で買う人がぐんと増えるとは思うんですけどね
    特に複数買う場合は例えば3本買うと7000円と5000円ではソフト一本分の差が付きますから

    わたしのゲーム遍歴はGBで初めてゲームに触れGBC→GBA→DS→PSP→3DS→VITA→PS4と渡り歩いてきました
    Wiiはロンチで並んで買ったのですがDSブームの波に乗せられるように勢いで買ったので1回しか起動せずに手離しました
    なので本格的に据え置きに触れたのはPS4が初めてです
    3DSは発表時から大いに期待を寄せておりロンチで買いましたが主に解像度にがっかりしてそのままVITAに気が移った感じですね
    VITAは当初携帯機とは思えないクオリティに感激していたのですが以前申したとおりVITAの性能に準じた望んでたようなソフトがなかなかリリースされずにヤキモキしていたところにPS4が発表されて据え置きの魅力に取りつかれ現在に至ります
    現在はPS4しかハードを所持していませんがSwitchは任天堂ハードで出ていたIPがHDクオリティで手元の画面で遊べるようになるということで大いに期待しています

    • kentworld より:

      押し入れに入れられてしまったら例えその人にとって魅力的なコンテンツが現れても時既に遅しでしょうね。

      僕も食い散らかすことが多いです。新作だけで精一杯なので。

      ゲームメーカーは薄利多売を望んではおらず、厚利少売の道を歩んでいる気がします(こんな言葉ないですけど)。

      数年前からまたゲームソフトの価格が上がってますからね。

      変わったゲーム遍歴ですねー。
      僕は据え置き機メインで、携帯機はずっとサブでした。それでもある程度は触っていましたが、稼働率は据え置き機の方が常に高いですね。みなさんのゲーム遍歴を見るのも面白いです。

  9. 名無しのスターライト より:

    わたしの場合はエンディングを迎えたら休憩挟まずにすぐ次のソフトに行っちゃいますねw
    ただやりこみはあまりしませんし復数のタイトルを並行してやるのも苦手です

    なので大作が短い間隔でリリースされる現況のPS4のスケジュールには正直参ってますw

    • kentworld より:

      それが理想的だと思いますw
      常にやりたいゲームがあるって事ですから。

      PS4の場合はそんなペースじゃないとやってられませんよねw

  10. Kiyoppy より:

    習慣を持たすことは大事ですよね。僕のトレーニングも20年続けて習慣になっているので、続けられていますからね。なんせ、毎回イヤイヤ行っているのに何だかんだでほぼ毎日行けているのも習慣になっているからですよ。
    ゲームも途切れると立ち上げるのが億劫になりますよね。
    なので、スマホゲーがその様な感じで毎日ログインさせるように誘導していますよね。

    • kentworld より:

      トレーニングは習慣を持たせないと続けられませんよね。Kiyoppyさんは理想的な体を手にしているのに続けてすごいですね。僕は手に入れると怠って元に戻ってはまた頑張っての繰り返しですw

      ログインボーナスはよく考えたもんだと思いますよ。子供の頃のラジオ体操を思い出します。

  11. マージ より:

    最近、珍しくPS3とWiiが稼働しています。
    PS3は、テイルズとドラクエヒーローズ2.Wiiは、マリオ(主に、4歳の子供が)をしています。
    起動させるハードルという点では、スマホゲームが一番勝っているんじゃないかな、と思いますが。
    ゲームしなくても、触ってる事が多いですからね。

    • kentworld より:

      ハードルという点ではスマホには勝てませんね。いかに魅力的なコンテンツ、サービスを用意するか。そこが一番大切です!

  12. y2 より:

    毎日起動させる、という点ではスマホは実に強いですよね。なにせ生活必需品ですから。私などはスマホが必需品すぎて、電池切れが怖くてゲームを入れられないんですけどね。
    次に起動のハードルが低いのは、携帯機ですね。すれ違い通信などは、発売初期の頃は随分とお世話になりました。
    据え置き機は…とりあえず家族の痛い視線に耐えながらリビングを占拠し、テレビの電源をつけて、アップデートが始まった頃に別の用事を言い渡され…厳しいこと厳しいこと。

    • kentworld より:

      スマホは汎用性が高く、起動のハードルという点では勝てません。ただ、汎用機故に電池の持ちが心配で、そこでハードルが高まっていると言うところはあります。

      何にしても、その人にとって魅力的なコンテンツやサービスを揃えることがまずは大切ですね。

  13. Koji より:

    最近のゲーム機はしばらくさわらないと確実にアップデートで時間を取られるハメになるので厄介ですね。
    先日は砂漠のネズミ団を買いたくなって3DSを久々にニンテンドーショップに繋いだらアップデート。
    この前はゲームアーカイブスの女神転生ifを再ダウンロードするためにVitaを久々にPlayStation Storeに繋いだらアップデート。
    まったくさわっていないPS3とWii Uを起動したらどうなってしまうのか、考えただけで恐ろしい、と言うか、萎えちゃいます(^_^;)

    • kentworld より:

      アップデートは厄介ですよね。中には便利な機能が追加されることもあるけど、大抵は不具合の修正ばかりで有り難みを感じにくいです。アップデートを頻繁に行うのも考えものですね~。もう少し頻度を下げてほしいものです。

  14. ザイガス より:

    自分の場合はソフトをクリアする度に、出来るだけ違うハードのものを次に遊ぶようにしています。理由は単純に新鮮さが欲しいことと、昔と違ってゲームに割ける時間が少なくなって、一つを熱心にできなくなってしまったので、バリエーションを増やして数をこなそうと考えたからです。出来るだけ次のゲームへのモチベーションを減らさないための方法ですね。

    稼働率で考えてしまうとはやりスマホの方がすぐに起動できて、いつでもどこでも出来るのでその点がハードがあるゲームにとって難点なのは仕方のないことですね。
    そう考えるとニンテンドースイッチは据え置きでも持ち運べるという手軽さがあって、そのハードルをクリアしようという雰囲気が感じられるので、色々と期待したいです。

    • kentworld より:

      クリアした直後がハードを切り替える絶好のチャンスですよね!僕はそこまで意識してませんでしたが、ソフトのクリア後に稼働するハードがコロコロ変わっています。

      ゲーム機は専用機になってしまうので、日頃から電話として活用しているスマートフォンにはハードルの面でどうしても勝てないところがありますね。

      そこはコンテンツやサービスの魅力で戦っていくしかありません。
      ニンテンドースイッチは起動のハードルだけではなく、常に魅力的なコンテンツとサービスを揃えて欲しい。

  15. ☆☆☆☆ より:

    3DSのすれちがい通信、特にすれちがい広場はこの点を強く意識したコンテンツですね。
    当時どこへ行くにもスリープ状態の3DSを持ち歩き、帰ってきたらすれちがいを確認して充電スタンドへ…気がついたら何日も電源を切っていないという一つの流れが出来ていました。
    新旧の両方に充電スタンドが用意されてるのも、家の中に3DSの定位置を作らせる事によって、仕舞い込ませないようにする為だったんだろうなあ。

    • kentworld より:

      すれ違い通信はハード初期にやってました。今でもすれ違いゲームを追加するなど努力していますが、一度やらなくなるとなかなか復帰する気にはなれませんね~

  16. 日々寧日 より:

    稼働率が高いハードは購入意欲も増しますよね
    今年vita版のパワプロを買って定期的にやり続けてるんですが去年と比べるとvitaのソフトを買っちゃってます 古いのも合わせたら3倍ぐらいは買ってるかも知れません
    ps4も期待している新作がどんどん出てきたので稼働率がかなり上がっています
    やはりほぼ毎日触っているとゲームに関心が湧いてモチベーションも上がりますね

    • kentworld より:

      僕も稼働率が高くなると自然とそのハード向けのタイトルを買います。
      昨年はNew3DS効果で3DSソフトをかなり買ったし、今年はXboxOneソフトを割りと買いました。
      稼働率の向上はハードメーカーにとって大切なことだと思います。

  17. トモフミ より:

    私もなんか納得します。習慣的に3DSでポケモンやファイアーエムブレムで遊んでる結果、Vitaを全然起動しなくなっちゃいました。あと確かに最近はゲームを販売して終わりじゃなくていかにそのゲームを本文で書いているようにコンテンツを持続させるかも課題になってますよね

    • kentworld より:

      最近は売り切り型タイトルも徐々に運営型になってきている気がします。
      アップデートで少しずつ要素を追加したり、修正したりして。

  18. 匿名 より:

    そういえば最近3DSしかやってないなぁ
    他のゲーム機にやりたいものがない訳じゃないけど起動するのが面倒くさい
    そもそも自宅でTVを付けていないことに気付いた

    • kentworld より:

      実はWii UやPS4、XboxOneはテレビなしでもリモートプレイやVRでプレイ出来るんですが、あんまり知られていないんだよなぁ。

  19. シロマ より:

    最近、任天堂のゲームを起動する気が起きないのはコンテンツとサービスが不足気味なのが一因だから俺は任天堂には、PS PlusとXbox Live ゴールド メンバーシップとトロフィーや実績の様なシステムをNintendoSwitchからは導入して欲しいですね。

    • kentworld より:

      任天堂はリソース周りで苦労していて慢性的なコンテンツ&サービス不足になっていますね。
      早く土台を固めて欲しいですが・・・

  20. Ryou より:

    最近ではスマホでゲームというのが主流になりつつあるけど
    その熱意をゲーム機にも向けてやって欲しいな

    ソフトだったらともかくゲーム機を売却なんて発想はとんでもない!
    金が無いという理由に限れば致し方ないとは思うけど

    • kentworld より:

      熱意がないからスマホに流れやすいんだと思います。普段から生活の一番身近なところにあって、基本プレイ無料ですからね。そういう人たちの熱を高めてあげたい。

コメントする

内容をご確認の上、送信してください。