2016/11/02/20:00 | M☆G☆Mコラム

ハードメーカーのコンテンツを1つにまとめた統合機が必要な時代になってきた

311

任天堂、SIE、マイクロソフト

コンシューマーゲーム市場は20年以上にも渡って三國志のように3大ハードメーカーが切磋琢磨してシェアを奪い合っています。それぞれが据え置き機と携帯機を発売して、コンテンツやサービスの質で競い合う。

色々問題はあると思いますが、お互いが張り合ってこの業界は成長してきました。もし、どこか1社だけで成り立っていたらここまでの成長は見込めなかったでしょう。ですので、僕は任天堂がPSにソフトを供給したり、SIEがXboxにソフトを供給するような流れは反対していました。

だけど、最近はハードメーカーのコンテンツを1つにまとめた統合機があっても良いのかなぁと思っています。というのもコンシューマーゲーム市場でプラットフォーム戦争をする時代が終わりつつあるからです。

Xboxで人気の作品がPSに!
PSで人気の作品が任天堂ハードに!
値下げ効果で●●が●●を週販で上回ってきた!

そんな感じでこの20年間はコンシューマーゲーム市場の中でプラットフォーム戦争が巻き起こっていましたが、市場全体が縮小している関係でそのような構図は井戸の中での争いにしかならなくなってしまいました。

今やゲームは多様化が進んでいて、アーケードゲームやテーブルゲーム、パソコンゲームだけには留まらずスマートフォンゲーム、ブラウザゲームなど新しいものがどんどん出ています。しかも、そちらの勢力が強まっているのだから無視は出来ません。

土俵は違いますが、ゲームプレイの時間&お金という意味での競合は避けられず、どこのハードメーカーも無関係とは言えません。時代の流れでゲームをプレイするユーザーのコミュニティはそちらへ移行している訳ですから。

これが10年以上前だったらゲームと言えばコンシューマーゲームだったので、その中で争っていても良かったんですけどね。今はそんな時代ではありません。ゲームの多様化によって競合する相手は無数に存在します。

それに、サードパーティのリソースもコンシューマーゲームだけに注げなくなって来ていますしね。プラットフォーム戦争で勝つにはサードパーティの協力が必要不可欠です。人気シリーズの最新作を自社のゲーム機に出してもらうため、各ハードメーカーは交渉をこれまではしていました。

でも、近年はスマートフォン向けのソーシャルゲームにもリソースを割いている会社が増えており、ゲーム開発も高騰化しているのでコンシューマーゲーム機向けだけに出せる新作が限られて来ています。

313

そんな中で各ハードメーカーがサードパーティのコンテンツを自社のゲーム機に持ってくるようお願いしても椅子取りゲームにしかならないと思うんですよね。

A社のゲーム機で人気だったシリーズがB社のゲーム機へ!

そのような展開になったらB社のゲーム機は売上アップが期待出来ますが、A社のゲーム機は売れなくなる訳ですから業界全体のプラスにはなりません。どこのハードメーカーも望んでいる事はコンシューマーゲーム市場の規模拡大だというのに、これじゃあ足の引っ張り合いばかりをして成長が出来ない。

だったらコンシューマーゲーム機のハードメーカー各社が1つにまとまった統合機が登場しても良いかなと。今まで統合機が出て欲しくなかったのは、張り合いがなくなって疎かにされる可能性があったからなんですよ。

だけど、今は違う。仮にコンシューマーゲーム機が1台になってもユーザーの時間やコミュニティの奪い合いという意味ではライバルは大量に存在するので疎かにはならないと思うんです。

ネット上ではまだまだコンシューマーゲーム市場の中でのプラットフォーム戦争の意識が強い人も多いと思うので具体的にどこのハードメーカーがホストになるべきとかそんな一歩進んだ話はしませんが、そういう時代は近づきつつあります。

かつてライバルだった「ファイナルファンタジー」のスクウェアと「ドラゴンクエスト」のエニックスは2003年に合併してスクウェア・エニックスになりました。こういった業界の再編が今度はハードメーカー単位で起こる時代が近付きつつあります。

コンシューマーゲーム市場が発展するのであれば、僕は各ハードメーカーのコンテンツがまとまった統合機が出ても構いません。もちろん、市場が成長するのであればこれからもずっと三國志のまま張り合ってほしいですけどね。

※これまでに公開したコラム記事の一覧はこちら

キングダム ハーツ - HD 1.5+2.5 リミックス-
スクウェア・エニックス (2017-03-09)
売り上げランキング: 8

※何か分からないゲーム用語を見かけたらこちら をご覧ください。

↓人気ブログランキングに参加中!
1日1クリックしてくれると「M☆G☆M+etc…」の順位がアップします!

↓Twitterで更新通知をしています。
Twitterやっている人はフォローよろしくお願いします。

A52

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

内容をご確認の上、送信してください。

この記事の反響(88)

  1. y.crash より:

    ハードの統一化は自分もずっと出してほしいって考えてます。
    もちろん企業側としてはそんなわけにもいかないんでしょうけど
    一人のゲームユーザーとしてはそれが一番望ましいと思ってますね。

    最近だと違う機種でもマルチプレイができるってソフトが出てきてますからね。
    PSとXboxで対戦ができるってよく考えたらすごいんですよね。
    ハードが違えど同じゲームで対戦できる。いつしかこれが当たり前になるのでしょうかね・・・?

    • kentworld より:

      クロスプレイはどうなるかな?
      それぞれの意向が合えば良いのですが。

      ゲーム機は複数持つの大変ですもんね。
      僕は複数起動してるけど、なかなか器用じゃないと難しいです。

  2. グリグラ より:

    それがコンシューマーにとって”最善”であるなら、統合機にも賛成です。
    あのゲームを自分の持ってるハードでやりたい。という思いはお金のない学生時代にはとても強かったですから、大きな力になると思います。
    だけど、個人的には任天堂とソニーの色は違いますし、この2社には競い続けて欲しいです。
    新ハードの発売という大イベントも減っちゃいますからね。

    • kentworld より:

      出来れば続けてほしいですね。でも、市場が縮小したら弱いところから吸収されるんですよね。ここ数年で吸収された会社は数多く存在します。

  3. ヨウタイガ より:

    統合器が出ると、ハードを揃える負担も減ってありがたいです。すごく興味のあるゲームでも、それだけのために数万円のハードは中々買えませんし。
    昔はそれこそサードのキラーソフトでハードの趨勢が変わっていたわけですが、波にのるハードの一方で争いに負けたハードの没落を見るのは寂しいものでした。今はそこにスマホ等もあるので、記事を読んで確かにコンシューマーとして一致団結も必要な時代になっているのも確かな話しかと思いました。
    今は複数のハードにソフトを出すことも多いので、統合も夢では無いかもしれませんが、じゃあどのメーカーが、となると難しいのでしょうね。
    据置はソニー、携帯は任天堂が主導?難しい話は抜きに、メーカーの垣根を超えたコラボとかを想像するのも面白いですね。

    • kentworld より:

      ユーザー的には確実に負担はなくなると思います。ハード代だけでめちゃくちゃかかりますもんね。本音としてはこれ以上家にゲーム機を増やしたくないです。

      ホストの選択は争いの火花になるので触れませんでした。ですので、ここでの論点は総合機は必要かどうかに絞らせていただきました。

      • ヨウタイガ より:

        そうですよね。話し始めると火種になる話題ですね。
        他の方のコメントにもありましたが、規格の統一とかでもありがたいですね。基本的にどのハードでも同じ遊べるけど、ゲーム以外の映像関係やネット関係とかでメーカーさんによって違うハードとか‥。
        うーん、難しい話になっちゃいますけど、まだまだコンシューマーが楽しくゲーム文化の中で発展してほしいという気持ちは変わらないんですけどね。

        今回の記事とは違う話になってしまいますが、ほんとコメントの返信レスポンスがアップしてますし、見やすいですね!ケントさんはかなりの数を書かなくてはいけない(ましてや1日3回更新中‥)ので大変かと思いますが、身体には気をつけて。北海道はインフルエンザ出てきてますよー。

        • kentworld より:

          はい。ですので、この話題をコラムにする際は慎重に書いたつもりです。オブラートに包まず書いたら反響はこれの比ではなかったでしょう。

          今日は仕事が忙しく、これでもコメントが遅くなった方です。システムの構築で素早いレスポンスが可能になりました。

          おかげで管理人とチャット感覚でコミュニケーションが出来るようになったと自負しています。次世代のゲームブログを目指していきますよ!笑

          インフルエンザには気を付けます。お気遣いありがとうございます!

  4. 匿名 より:

    統合機は何でもできるオールマイティなものが求められるため、尖ったものが出なくなるので個人的には反対です
    順当な性能向上以外の進化が閉ざされてしまい、結局はゲーミングPCやスマホと同じ場所にしか行き着かないと思うからです
    性能面で何処にも負けないようにしようとするSONYがいて、一方で性能では勝てないからこそ性能以外で誰もやらなかったことをしようとする任天堂がある
    両者の競争がなければタッチパネルやモーションコントロールの採用はなかったでしょうし、ひいては今のスマホやキネクトもなかったということになります
    ここで競争をやめればそこでゲームどころかハードの革新も止まると考えています

    • kentworld より:

      そうですね、尖ったものは出にくくなると思います。だけど、ユーザーもメーカーも尖ったものを受け入れられなくなってきているのも確かなんですよね。各ハードメーカー、どれだけコンシューマーに拘っているのかが統合機が出たあとの課題だと思います。

  5. hanataka より:

    一つのアイデアとして、
    「年齢別」で完全に別けるって
    ダメですかね?

    本体自体を「18歳以上限定」
    にして、大人向けだけのゲーム
    を出す。

    完全に年齢別で本体を買い替えるってすれば、ちょうど5~6年で
    買い替えるってなるんじゃなかろうかと。

    まぁ今も任天堂=子供ってイメージありますけどねぇ。

    • kentworld より:

      年齢別ですか。人によって趣向が違うので、必ずしも年齢に合ったゲームを好まないところが課題ですね。大人でも子供ゲームが好きな人もいますから。

  6. 匿名 より:

    ポケモンGOのヒットや今度出るマリオのスマホゲーの期待値の高さからいって
    任天堂はハード事業を止めてもソフトメーカーでやっていけると思います
    MSは潤沢な資金や技術がありますがハード制作のノウハウがなさそうなので
    SONYがハードを作り任天堂がソフトを供給してMS技術や金銭支援していく方向で
    それでスマホにいったライト層が戻ってくるかはわかりませんが
    とりあえず初めに任天堂が他社にソフト供給してみてはどうかな

  7. トミマル より:

    ハード統一は個人的にもありだとは思いますが独占市場というのは
    あまり良くないんですよね。
    かつてスーファミ時代の任天堂がそうだったようにその会社の意向がもろに市場に影響がでますし、
    かつかなり傲慢な態度に出ることも多々あると思います。
    しかしこのご時世あまりハードが分散するのは良くないのはわかります。

    • kentworld より:

      前提条件として、僕は競合がコンシューマーの枠から出たところに現れたのでそうはならないというのがあります。傲慢な態度をとるようならこれまで通り反対です。

  8. スルメイカ より:

    私は統合機には反対ですね。1つにまとめたとしても市場が拡大するかは分かりませんし、
    何よりも各社のそれぞれのハードの面白味が無くなってしまいますから。

    • kentworld より:

      その面白味を活かせる状況じゃなくなってきたのもあるんですよ。少なくともサードパーティは難しくなってきています。

  9. セシル より:

    ユーザー的にはありがたい統合機ですけど、メーカーにしたら金のなる木を棄てる事になりますから現実的には難しいんでしょうねぇ(^_^;)まあそんな事言ってられない状況になればオールジャパンみたいな事はあるかもですが。結局は淘汰されて一つだけ生き残るのか絶滅してしまうのかのどっちかな気がします(T_T)

    • kentworld より:

      ロイヤリティを得られない会社が出てきますからねぇ。とは言え上手くいってないところはロイヤリティも得られないわけですから、自社のコンテンツをより多く売りたい場合は降参も手だと思います。

  10. Koji より:

    基本的には三國志状態で切磋琢磨するのが一番良いと思いますが、こうも市場が縮小してくると、なかなか難しいですね。
    その時にどこがホストになってほしいかは、そのうちアンケートとってみて下さいw

  11. tanu より:

    統合機ができてファーストの旨味がなくなると任天堂はスマホだけになりそうですね
    スマホ用の任天堂公認コントローラーを出してそこで勝負するんじゃないでしょうか
    金が掛かる据置ゼルダはなくなりそうです

    海外はともかく日本のCS市場は先行き不安ですよねぇ
    今の据置はほぼPS4が独占のようなものなのに売れ行きは弱々しく
    携帯機の方も3DSのDQM,妖怪と大作が大幅な前作割れですし
    ポケモンは予約が好調のようですがその要因がスマホのポケモンGOでは
    携帯機の存在意義が問われそうですし…
    なんかこう、嫌な雰囲気が漂ってる気がします…
    マリオランが売れてしまったら逆にヤバイ気がする

    • kentworld より:

      そんなネガティブにならないでくださいよw
      スマホを有効活用したという意味ではポケモンGOのシステムやIP全体の人気アップは好意的に見ていますよ。
      任天堂にこそコンシューマーゲームへのプライドがあると信じています。スマホへ流れるようならソフトメーカーになってでもコンシューマーにコンテンツを供給し続けてほしい。

  12. あかみどり より:

    ハードというよりも統一の規格(たとえばCDとかDVDのように)があればと思いますね。ただ、まあ現行機でいきなりは難しいでしょうから、新作の発売されていない旧世代にそういう規格のハードが発売されれば、と思います。ノンライセンス品ですが「レトロフリーク」はある意味ひとつの解答なのかも知れませんね。

    • kentworld より:

      そうですね、実現するとしたら次の世代以降になると思います。それも10年以内なので、そんな遠い未来じゃないですね。規格の統一。確かにそちらの方が良いかも。

  13. 匿名 より:

    自社ハードをやめることでのソフト開発への影響が心配です
    セガの例もありますし

    • kentworld より:

      セガはスマホの登場で変わってしまいましたね。ソフトメーカーになっても儲からないようであればセガのようになるかも。

  14. 伯爵 より:

    そうですねえ。
    ハードを出したはいいもののソフトが全然出ませんでしたってなると悲しいので、個人的には統合機は賛成ですね。
    椅子取りゲームという表現は的を射てて、同じ業界内で争うのではなく、メーカー同士で高め合って他の業界とも十分に渡り合っていけるようになるといいんですけどね~

    • kentworld より:

      ゲーム機はコンテンツあってのものですからね~。
      出来れば複数持ちたくないので、独占タイトルも少なくなってきましたし、統一はありだと感じるようになりました。もっと1つ1つのハードを使い倒したい!今は一部しか使い倒せなくなってます(^_^;)

  15. 匿名 より:

    大賛成ですね、そういうのが出ればスマホでしかやってない人も入りやすいですし
    統合機が無理でもサードのソフトはどの機種でも遊べるようにして欲しいです

    • kentworld より:

      最近はマルチプラットフォーム化がどんどん進んでいますもんね。複数に散らばっているものを一つにすることで魅力を最大限に発揮できるところはあると思います

  16. Kiyoppy より:

    個人的にはマイクロソフトとソニーは被っているので、統一しても良いんじゃないでしょうか。分野ソフト屋とハード屋で被らないので、ソニーの部材の調達能力とマイクロソフトのOS開発力があれば良いハードが作れると思います。
    任天堂は頑張ってハードを作続けて欲しい。先ずは上場廃止して外部からの圧力を排除して小規模な開発をしたらどうでしょうか。

    • kentworld より:

      そうなんですよね、特にマイクロソフトとソニーは被りすぎで両方もつ必然性がかなり落ちています。任天堂はまだ差別化出来ていますが、ハード面での利点をだんだん感じられなくなってるのも確かなんだよなぁ。

  17. y2 より:

    発展的な形での統合機というのは難しいでしょうね。MSとソニーはユーザー層が被るので統合可能な土壌ですが、どちらもハードを売るために存在している会社。統合するくらいなら撤退してしまうでしょう。残りが全て撤退して仕舞えば、そこに残ったのが統合機、と言えなくもないでしょうが…。

    • kentworld より:

      確かにどちらもソフトメーカーとしては、海外はともかく国内では弱いですね。国内に限ってみると厳しいところはあります。

  18. ken8 より:

    基本的には統合機には賛成なんですが
    そうすると、今度は「任天堂」、「SONY」&「Microsoft」のどこが中心になるか?で
    また戦争になりそうなんですよね(´・ω・`)

    例えばソフトとかも、「SIE」と「MS」は同じ「Blu-ray Disc」なので
    どちらのハードでも遊べれば良いのにな~と思います
    似た理由で、コントローラーも接続端子は「USB」なんですから
    両方で使わせてくれよ!って思います~。

    • kentworld より:

      そうなんですよ。だからそこはタブーに触れると思って書きませんでした。

      僕のイメージは規格戦争の末での統合化ですね。
      今や再生機のメディアはBlu-rayですが、かつてはHD DVDとかあったもんです。

  19. KUMA より:

    MS・任天堂・ソニー、いずれもが仕様や価格で折り合えるとか、どこかが瀕死で別のどこかの条件を全面的に呑む状況等ならともかく、どう考えても各々が鼻息荒く目指す路線が違いすぎて衝突必至で実現の見込みは皆無かと。ソニーとMSに関してはゲームは本業でも無いので、仮にロイヤリティ収入が大幅に減る状況となればゲーム機ってカテゴリを守る方向には進まんでしょうし、アッサリとゲームから撤退する気も。任天堂はゲームが本業ですが、アプリ参入でアップルとGoogleに半分白旗挙げたようなもので、家庭用と心中するかは微妙になってきましたし。

    自社でチップの設計をしなくなった現在、比較的路線の似たMSとソニーの統一機はあっても良さそうな気がしますけど、どっちもプライドの塊みたいな会社なんで主導権争いで速攻で頓挫するでしょうが(苦笑

    あと懸念材料としては、現行の家庭用3社はいずれもが天下取った時点で高圧的になり殿様商売化した過去があるので、万一現行3社結託で統一ハードとか出たとしてもユーザにとっての「夢の統一機」にはなりえんでしょう。競争相手が消えた時点でソフトの価格高騰なりサービスの質の低下なり、市場にもユーザにもプラスにならん流れになるのは目に見えてますんで。

    ゲーム機以外にライバルの多い現在、各社の公約数的、妥協だらけで中途半端な統一機が出るような展開があれば、それこそ『家庭用ゲームの終焉』な気もします。私としては期待できないですね。競争無くしてサービスの質の向上もあり得んかな…とは思ってます。「安くて高性能で面白いギミックもあってソフトもじゃんじゃん出る」とか言う客側が夢見る理想の統一機が出りゃそりゃ嬉しいですけど、現時点では現実味がなさすぎますかね。

    • kentworld より:

      確かにどこもプライドが高そうで、現時点ではまだ考えにくいです。これから弱り始めたらどう変わるか?それ次第ですね。

      任天堂だってあれだけプライド高かったのに生き残るためスマホ参入を決めたわけですから、状況が変わったら考え方が変わるかもしれません。それは社長の頭を常に覗かないと分からないことでしょう。

      統一機が出て殿様商売を今の時代に始めるようなら僕はどんだけ視野が狭いんだろうと思いますね。

      コンシューマーでNo1を獲得するだけで良いのか?

      外に出たらそんな考えにはならないと思うんですが。
      今の時代、コミュニティ戦争だと思います。
      例えば国内では3DSが強いけど、流行っているようには感じません。どちらかというと敗者の印象もすらあります。

      それを任天堂自身も分かっているでしょう。今の勝者はスマホですから。だからPSVITAに勝ち続けていても3DSで稼ごうとしているんです。まあ、Wii Uの穴埋めをしているところもあると思いますが。

  20. 街毛 より:

    基本的に賛成です。まずそもそも分離している必要性をあまり感じないんですよね、ハード黎明期と違いどうせ据え置きのゲームは解像度とかあんまり変わりませんし。今手触りとか変えても売上に影響ないきがしますし、ハードに個性つけてもそれを使いきるとは到底思えませんから(Wii U見てると本当に思う)。

    • kentworld より:

      ハードの個性を活かせる時代は前世代で終わったと思います。まず、サードパーティに余裕がないところがね。サードパーティが独占タイトルを出すことはほとんどなくなりました。

  21. 匿名 より:

    スイッチがDSなみに普及すれば或いは

    ですね

  22. ウユニ より:

    コンシューマという狭い世界の中では群雄割拠して切磋琢磨する状況が理想ではあるのは理解してます。
    ただスマホゲーの隆盛、さらには他の娯楽との趣味時間の取り合いが当たり前となってる現状では
    欧米列強が近づいてる中、藩vs藩で小競り合いしてた幕末の時代に通じる不毛さ無意味さを感じます。

    先日3DS後継機に関して物議を醸すような発言をしたのは、
    昨今のハイエンド至上主義の中で任天堂が企業体力不相応な点で疲弊してしまってる気がして
    結果的に素晴らしい能力があるソフト開発能力ごと潰れてしまうことを危惧してのものでした。
    勿論大逆転するアイデアを見たいですし期待してますけど、
    Switchのあまりにも企業都合で予想できうる範囲から出てきたのを見て
    期待かけ過ぎて潰れるくらいなら…というのが真意でした。
    無駄に荒れる火種を作ってすみませんm(_ _)m

    • kentworld より:

      いえいえ、ウユニさんの仰ることはごもっともだと思いますし、気持ちは理解していますよ。

      ご理解して欲しいのは、この空間が公の場で不特定多数の方が目を通している事です。

      例えば二人きりで話すとかだったら暴論でもどんどん話してくれたら良いんですよ。

      コメント欄のシステムを変更して目を通す人も増えたと思いますので、逆に言えば荒れやすくなったと思います。管理はしっかりしていきますが、みなさんも気を付けてもらいたいです。

  23. 黒詩★紅月 より:

    市場の流れはそうかもしれないけど、多様性的にはほしくない気持ちもありますね
    例えば、ココストアとサークルKサンクスがファミマになっちゃうことに悲しむ人がいっぱいです
    その上に、全部がセブンになっちゃったら…!
    マンガは全部ジャンプが統一したら、投票ですぐ打ち切れて死ぬマンガがさらに増えるでしょうねw
    大財団しか主導してないのは全業界が進行し続けているが、健全ではないです
    これは資本主義社会最大かつ解決しなければならない問題です

    ただ、任天堂のようなギミック路線は続けていいか、話は別ですよね…
    市場が立てないハードを何度も短時間から次のハードに変わるのはメーカーもファンも苦しいです
    あの独特なアイデアはハードも使うか、ソフトだけで十分か、スイッチはこのことを決着するかもしれないです

    任天堂は下げて、ソフト屋さんとしてソニーのハードに新生するパターンは個人的に、一番望んでいるでしょうね
    でもなんとなく、任天堂はマイクロソフトを選ぶような…w

    全世界は一つの国になるのはありえないように、時々、どんな叶えたくても、するはずがないことだってあるでしょうね
    どんな面白いアイデアだろうか、市場がないものは去れのも、ちょっと夢がないですね

    • kentworld より:

      コンビニ業界は再編がどんどん進んで多様性が薄れていますね。ファミリーマートはそんな好きじゃないので、サークルKなどがなくなって残念です。

      他にも規模が縮小している業界はそこら中にあるので、そちらも合併や統合が進んで多様性は薄れていくでしょう。

      任天堂は次の世代が正念場ですね。ここで失敗したらいよいよソフトメーカーの道を選ばなくてはなりません。まだ続けるようなら諦めが悪いと思うなぁ。

  24. 名無しのスターライト より:

    PSが誕生した経緯を見ればそのような提案は任天堂が一番嫌うとだろうとは思います
    ハードを復数買う必要がなくサードタイトルの独占がなくなりゲハという醜い争いも消えるのであれば個人的には大歓迎ですけどね

    任天堂ハード除くどの据え置きハードを買ってもサードソフトの顔触れが同じというのは時代の性質上仕方ないんですがつまらない感じはしますね
    サービス面でも特に差別化にあたる要素はないですし
    群雄割拠も見てて楽しいことは楽しいのですがやはりユーザーにとってはその分不便を強いられているのでそろそろ3社円陣を組んでもいいんじゃないですか

    • kentworld より:

      任天堂は望んでいないでしょうね。経緯はもちろん、自社が作りたいゲームを実現するためにハードを作っているような物ですから。

      任天堂以外のハードは差別化がイマイチ出来ていません。コントローラや機能などそれぞれ誇るところはあると思いますが、コンビニのようなパクリ合戦が巻き起こっているし。市場が衰退しているだけにこんな状況は長く続かないと思うなぁ。

  25. 代々 より:

    いやーこれは無いです。
    賛成反対以前に「無い」と思います。
    他の方のコメントにもありますが、どこが統合機を出してもスーファミ時代の任天堂みたいになるのは目に見えてます。
    これは企業が発売する以上は避けられんでしょう。
    どんなに規模が縮小していても大悪手だと思います。
    正直ユーザーにもメリットは少ない気がするんですよねー。
    複数ハード購入の負担がソフトの単価上昇にすり替わるだけだと思うので……

    唯一可能性があるとすればPCに一本化ぐらいではないかなあと。
    その頃には本当にマニア向けの娯楽になっていそうですが。

    • kentworld より:

      大前提として、僕は今の状況だとそうはならないと読んでいます。本当に代々さんの予想通りになるようでしたら反対ですね。どうなるのかはやってみたさないと分からないでしょう。今までにない状況ですから。

  26. ザイガス より:

    確かに現状を考えると手を取り合ってコンシューマーの在り方を考える方が、業界にとっては得策かもしれませんが、やはりそれぞれの色があるのも見逃せないことで、それは守ってほしいとも思っていたりします。

    あらゆるジャンルで多角化が進み、外の世界も気にしなくてはならない時代。でもやっぱり別の世界に住んでいたものたち。絶対に破ることのできない壁、侵食できない領域というものは存在すると思います。
    スマホの手軽さはコンシューマーになくても、コンシューマーにはマシンパワーを活かした力強さがあります。
    なのでその独自の点について切磋琢磨出来るように、これからもハードは別々の方がいいかもしれませんね。

    本音を言うと統合してもらった方が場所も取らないし、一個買えば済むし、色々と楽な面が多いので嬉しかったりしますけど…w

    • kentworld より:

      そうですね。複数のゲーム機が必要になるとは言え、多様性は大切なものですから出来れば今のように張り合って欲しいんですけどね。

      時代も変わりつつありますので、コンシューマーゲーム市場もやり方を大きく変えていかないといけない時がやって来たと思うんです。

  27. 匿名 より:

    ユーザーやサードからしたら夢ですね。ただプラットフォーマー3社から見ると到底受け入れがたいことです。ロイヤリティ・ネットワーク・ハードや周辺機器の利益を放って、他社の企業風土を受け入れて。ハードが減りますから、要らなくなった人のリストラも。
    これらを考えると業界が縮小している!自発的に統一機を作ろう!はありえないですから、経営的に辞めざるを得ない、縮小せざるを得ない第二のセガが現れ、結果として統一機になるしかないですね。

    一番可能性ありそうなのは任天堂だと思いますが、将来のチャンスと前述の犠牲を考えればプラットフォーマーでいることを最重要だと考えているでしょう。スイッチこけたら転向を迫る株主が現れ、その次もこけたら大きな圧力になる予感ですが、ハードが今の大企業任天堂を形作ったアイデンティティですから相当抵抗するでしょうね。
    ソニーとMSなんてプラットフォーマーでいることがゲーム事業の要というか目的、存在理由ですから、そこから得る利益を半分こ~なんて絶対ないですね。

    財務的にも理念的にも強固な3社なのに統一機が生まれるという事はもはや業界が壊滅状態になっている可能性が高い。逆に言えばそうならないと統一機は実現しないと思います。

    • kentworld より:

      自発的に行くのは各社のプライドを考えると難しいですね。圧力などで「ならざるを得ない」状況が生まれるのかどうかです。
      このまま縮小が続くと僕はそういう状況になって行くと思うんですけどね。
      どこかが希望をして統合機が生まれる方が理想的なんですが。

  28. あああああ~ より:

    ソニーの偉い人が「最初は任天堂機でも良いからゲームで遊んで欲しい」みたいな事を言っていたのは、ゲーム人口そのものが減る事を危惧しての発言でしたね。
    スイッチのPVを見るに子供の取り込みを半ば諦めた様にも見えるし、3DSも後継機含めて継続する様ですし、統一機の実現は相当困難だろうなぁ。

  29. シロマ より:

    ハードの統一化が仮に来たとしてもその時は市場がかなり衰退してる時だと思うんですよね。
    任天堂もSIEもMSも現時点じゃ協力して統一ハードなんて作るきなさそうだし、来年は任天堂とMSが新ハードで仕切り直しするつもりだから統一ハードの登場は早くても10年ぐらいかかりそうです。

    • kentworld より:

      統一化はもう少し先の未来だとは思います。思った以上に衰退のスピードが速く、早ければ5年後には出そうな勢いです。早く底が見えると良いのですが

  30. kazu より:

    国内の据え置き市場と、国内外の携帯市場は「大丈夫なの?」という感じですから、その先になにがあるのかという事を考えたら、「統合機」というのは理にかなった考えだと思います。つまり、「良いか、悪いか」という選択ではなく、「生きるか、死ぬか」という選択。ライバルの門下になるくらいなら死を選ぶ、という選択もありますが(笑

    • kentworld より:

      「生きるか、死ぬか」。そうですね、ならざるを得ないという事はそう言うことになると思います。プライドの高さで死を選ぶところは現れるのかなぁw

  31. 叉坐庵 より:

    PSやSSが発売された時期にソニーの佐伯氏の発案で勃発した「次世代ハード戦争」の頃には、OSを3DOという規格に統合して各社で各々にマルチメディアハードを出そうとする動きは有ったんですけどねぇ
    それ以前にもMSXとか…
    結局は市場を席巻するOSをどこかが開発しないと何度やっても失敗・立ち消えになるのは分ってることなんですよね
    それでもそれ(統一機)を望むのは、スマホ(iOSやAndroid)やPC(WindowsやOS X)でのハイブリッドゲームが多く出ていることが起因でしょうか、それともユーザーのエゴの成させる業か…
    今、OSの分野で一番進んでるのはMSで、その次にはSwitch以降のOSの互換性を保とうと試みている任天堂が続く感じでしょうか…
    ソニーに関してはハードの構成とエミュレーターの性能を使っての力業で押し切ってるイメージしか無いので…

    • kentworld より:

      スマホやパソコンはスペックによって作動しないゲームがあるのは問題ですが、1台のハードで様々なゲームタイトルを遊べるのは魅力的だと思うし、そのような流れをコンシューマーゲーム機に持ってきても良い流れになってきたと思います。任天堂は確かにOSの互換性を保とうと試みている動きが見られるので、スイッチの続報が楽しみです。

  32. 匿名 より:

    任天堂が倒したいのはSONYでもMSでもなくWii、過去の任天堂自身だと思います
    今の両者に勝って狭い市場で天下取ってもジリ貧は免れません
    ハード事業をやめてPSに参入することで多少は儲けが出るでしょうが、それで株主総会で言っていた『任天堂らしい利益』が達成できるとは思えない(どころか二度と浮かび上がれない)
    それをやるとしたら本当に会社の資金が底をついてやりくりできなくなってリストラしまくってどうしようもなくなってからでしょうね
    もちろんそんなになった後の任天堂に開発力が残っているとは思えないので、出てくるのは出がらしの名前だけ借りたシリーズ続編が乱発されるだけでしょうけれど
    そんな未来は望んでいない、というかそうなったら家庭用ゲーム市場はもうなくなっていると思うので考えたくないですね

    • kentworld より:

      任天堂が戦っているのは無関心ですからね。過去には偉大な功績もあるので、そちらとの戦いもあると思います。任天堂らしい利益を追及した故にスマホ参入も決めたと思うんですよ。圧力次第では今後も予想外の動きをしてくると思います。今は他ハードに参入しろなんて声はユーザーの間くらいで投資家の間では目立っていませんが、今後はひょっとすると・・・

  33. lemse より:

    コンシューマー統合幾待望論というのは昔からユーザーが思い描いてましたが、
    自分のところの利益がデカイから企業側は「そんなことするか!」って感じでしたが、
    確かに最近は、スマホ、パソコンと住み分けが出来て来て、より利益が上がるなら
    統合機でも良いか、と思ってるかもしれません。

    ただし、それは当然、統合した方が利益が上がる確信がなければやらないだろうから
    今の所は、まだまだやらないかなあとも思っています。

    まあ、3社の中で一番コケそうなのは任天堂ですかね。
    sony,microsoftみたいに高性能のハードなら一定の売り上げを期待できますが、
    ギミックに頼るところがあるので、どうしてもあたり外れが大きく、ハードメーカー
    としてなら、ずっと信頼に足るメーカーと思えない部分があり、長いスパンで見ると
    絶対、売り上げは他の2社にはかなわないと思います。

    統合機出すなら、いっそ任天堂がソフトメーカーに回るなら、コンテンツも需実してるし
    大きな利益を出せそうかなと考えたりもします。

    • kentworld より:

      ロイヤリティは大きいので、ホストはどこにするのかは各方面で議論になりそうですね。その辺は従来のやり方だとだめだと思うので、例えばそれぞれがプラットフォーム上に専用のストアを設けてそこで販売するとか何らかの案が必要だと思います。

      任天堂はここ10年はギミックで繋いでいる感は強く、安定感は決してありません。Wii➡Wii Uでまさかの10分の1になってしまいましたからね。スイッチで巻き返せるのかどうか。

  34. むぐお より:

    ぶっちゃけそれが1番楽だと思うんですけどねー
    消費者サイドからしたらお金のかかることばかりなので
    でもありえないでしょうなー
    たとえばテレビだっていまは見る人が減ってる
    じゃあ競合して最強のテレビをだそう!
    なんてまずならないですもんね
    まず、任天堂とソニーではコンセプトがちがいますからね
    任天堂はゲーム重視でソニーは技術重視なので
    ゲームも多様化していますが大人の思惑が多すぎてなかなか難しいんでしょうね
    ソフトでさえ、じゃあモンハンxxをps4でいきましょうって
    カプコンさんそのほうが大儲けですよ!
    でも、任天堂にこだわってるし
    ドラクエ11のやり方が最善だと思いますけどね
    俺両方買っちゃうだろうし
    いずれにしてもおそらく任天堂さんがスマホ、スイッチ両方対応ソフトをだして
    ちがう形で大儲けしようとしてるんじゃないかと思ってます
    ポケモンgo、マリオランの予約数でかなり旨味を感じてると思います
    願望は統合してくれたら楽でいいです
    現実はむりでしょうなー
    ちなみに話にださなかったmsとソニーの統合機はしていただきたいですむしろw
    ソニーと任天堂が相当疲弊してようやくその話がでてくるのかなー
    夢はありますけどね
    任天堂は過去のコンテンツを消費しだしてきてますからそのうちスマホにも過去のコンテンツを引きずり出すでしょうね
    現段階のスマホの能力はすごすぎて色々動いちゃいますから
    しかし荒れそうな話題しましたなー
    信者が多い謎の業界ですから

    • kentworld より:

      今の各社を見ているとそう簡単には統合機は出ないと思いますけどね。このまま衰退が進めばあるいはと思っています。

      任天堂がスマホ参入すること時代、数年前までは考えられなかった事ですから。
      スマホには過去のコンテンツを出さないとは言ってますが、信用するのも危険ですね。企業というものは状況が変わると生き残るためそれまで培ってきたものを崩してでも利益を追求しますから。

      荒れそうな話題なので、かなり慎重に書きました。遠慮なく書いたらコメント数は3倍増しでしたでしょうね。コメント欄、荒れてませんよね?

  35. Ryou より:

    実はココ最近、ゲームへの情熱が弱くなってしまってるんですが、
    第一として好みのゲームが減ってきた事にもあるのかも。
    もちろん、今でも継続的に買ってるゲームもありますけど往年の
    コンテンツも活気があった10年前に比べたら天と地の差になってますね。
    とはいえ死ぬまで家庭用一筋というのは変わらないとは思いますけど。

    3大メーカーについてはソフトの任天堂、ハードのソニー、ネットサービスのマイクロソフト
    という印象があるのでお互いのいい所をまとめた統合機は願ったり適ったりかな。
    全コンテンツがスマホのみというそんな時代になってしまったらゲーム引退宣言しますし。

    話は若干それるけど、Switchに関してはゲームのあり方を変えてくれそうな
    予感はしてる。詳細発表までは幾らでも言えますけど、とっておきのギミック
    を発売2ヶ月前まで伏せるとか、相当なインパクト与える自信あるものじゃないかと。

    あといつだったかの決算でいわっちがコメントされてましたけど、
    「新しいハードが出る度にハードを買い足すというビジネス」を
    変えたいと言っていたのでSwitchでその答えも見れそうな気はしてる。

    • kentworld より:

      僕が高いゲーム熱を保てるのは好きなコンテンツがあってこそなので、お気持ちはわかります。

      今のコンシューマーゲーム市場はハイエンド思考が進んでいて、そういったものに興味を持てないと厳しいでしょう。

      統合機の登場で失ってしまった往年の名作シリーズが蘇ることがあったら最高ですね!ひとつのハードに売り上げが集中したら重い腰をあげてくれるメーカーは現れるかもしれない。

      スイッチは遊びを変えるというよりはプレイスタイルに革命を持たしてくれる予感はしています。

      僕はOSの統一と読んでいるんですが、どうなるのでしょうか?またリークされないと良いのですが。

  36. トモフミ より:

    近年のソニーや任天堂は互いを真似しあって、ハードを出してるように感じられます。ゲハには悪いけど、私はスクエニのようにソニーと任天堂が統合すれば面白いなと思ってます。私はどちらのハードも好きなので

    • kentworld より:

      最近はどこも真似しあってる感はありますね。個性は確実に薄れています。だから、総合機が必要になってきました。

  37. 日々寧日 より:

    実際統合機が出てくれるならユーザー側としては嬉しいです
    各社のIPを一つのハードで出来るのは魅力的です
    でもどこの会社もハード事業は止められないとは思います

  38. (ノ ・◡・)ノ❤❤ より:

    昨日の夜、この記事読んだ時にコメントしようか迷いましたが
    やっぱりコメントしますww

    統合機は反対です。

    過去にソニーがPS2の時
    一人勝ちしてる状態でPS3発売した時どうでした?
    その時ボロ負けしたマイクロソフトが
    いろいろマーケティングしてデザインなどの意見きいて
    Xbox 360を発売した結果
    発売後の2,3年間は世界ではPS3よりXbox 360が売れました。
    ソニーはPS3での失敗を繰り返さないように
    PS4の発売日のタイミングや本体価格など
    かなり戦略を考え発売した結果、世界で売れました。

    もしPS3の失敗がなかったら
    もしマイクロソフトが家庭用ゲーム機参入していなかったら
    ゲーム業界の質は低下してて、ひどい状態だと思います。

    もっと過去にさかのぼると
    ソニーが家庭用ゲーム機参入したことによって
    任天堂は家庭用ゲームの方向性を変えて
    Wiiの発想に行きついたのでは?
    とか考えられるので
    現行の統合機はぜったい反対ですね。

    ただしレトロフリークみたいに
    過去の統合機なら大賛成です。

    • kentworld より:

      各社、トップシェアになったことで傲慢な態度を取った過去がありますもんね。前提条件としてそのような過去は時代がコンシューマーゲーム一色だったからそうなったんだと仮定しております。ライバルが他の分野にも存在する今だったらそんなことにはならないと。

  39. ボブ より:

    統合機をだしてくれればユーザーはありがたいですね。
    確かに統合機を出すと市場が拡大すると思いますが、そこからさらに成長できますかね?
    ゲーム業界は今まで3社が競し合って成長してきたので、そこが少し不安です。

    • kentworld より:

      少なくともポテンシャルを発揮できるソフトは増えると思います。最近は普及台数の低さで損をしている独占タイトルが目立っていますので。

  40. peco より:

    コメントも拝見して「規格の統一」という言葉を目にしました。
    私の理想は、ソフトメーカーはその規格に基づき作成するだけで、
    プレイするハードによって今で言う解像度が良いだとか、
    2画面構成で遊べるとか、ロードが無く完全シームレスになるとか
    特色が違ってくるとなれば面白いと思いました。
    最近はサードの負担が大きいと感じておりますので。

    • kentworld より:

      スーパーマルチの発展型でしょうか。懸念点としてはロースペックハードに足を引っ張られる事ですね。パフォーマンスなど以外にも根本的なゲーム構築の面でマルチだと下位ハードに合わせないとダメなところがありますから。

  41. y2 より:

    kentさんがとても慎重にオブラートに包んだ書き方をされていたので誤解していましたが、コメント欄を見ると、要はニンテンドースイッチが失敗に終わればソニーかマイクロソフトの出す統合機にソフトを供給するようになるかも、という趣旨のお話だったのですね。
    私としては、スイッチを見て既に据え置きからは撤退を表明したようなものと捉えてます。任天堂は頑なに据え置き機と言い張っていますが、逆に言えば、もう純粋な据え置き機は出さないということでしょうから。
    これでスイッチが失敗したら?収益にうるさい任天堂がわざわざリスクを冒して、自社のソフトを買ってくれるユーザーがいるかもわからない他社の据え置き機に高額の開発費をかけて移行するとは、ちょっと想像できません。
    3DSの後継機とスマホとで、黒字を追求していくようになるのではないでしょうか。

    • kentworld より:

      いえいえ、そんな事は一言もいってません。コメント欄で例を挙げた人に合わせて返信しているだけです。僕の趣旨は公言しません。それぞれのハードメーカーに熱狂的なファンがいて面倒なことになるので!

  42. 雷野 より:

    一社一機種への完全な統合となるとちょっと自分には非現実的なように思われるのですが、基礎部分が同じでソフトも同じものが動くハードを各社が出すというのはあり得なくもないかなと思いました。

    例えばアンドロイドOSのスマホはいろいろな電子機器メーカーが製造していて性能・機能も様々ですが、同一のアプリやゲームが動きますよね。PCゲームもCPUはIntelとAMDの2社が、グラフィックボードはNVIDIAとAMDの2社がそれぞれ製造してますけど、どっちを使っても動くソフトは同じです。

    ぶっちゃけユーザーからしたらハードが分かれてるのは不利益でしかないですし、もしそういう流れになったら歓迎すると思います。ですがまずはクロスプラットフォームで対戦できるソフトが増えて欲しいですね。これは統合機よりはだいぶ現実的でしょう。

    • kentworld より:

      スマホみたいな感じでやっていくのが自然かもしれませんね。
      まあ、マルチタイトルだと足を引っ張られてしまうので非難はあると思いますが。

      ハードは複数持っているとお金とスペースを奪われてしまいます。
      出来れば購入ハードは少なくしたい。

      クロスプラットフォームはもっと広まってほしいです。

  43. 휴 ㅂ 휴 より:

    kentworldさん
    >最近はハードメーカーのコンテンツを1つにまとめた統合機があっ
    >ても良いのかなぁと思っています。
    全ハードのソフトが遊べる統合機もいいけど、いっそ国内のコンシューマゲーム市場を廃してPCゲーム市場に移行してしまえばハードを作る必要もなくなって、よりソフト開発に注力できるからそうすればいいのにね。

    • kentworld より:

      最終的にはPCに移行する可能性もあり得ますね・・・
      まあ、若者のPC離れも進んでいますので、日本ではどうなるのか分かりませんが

コメントする

内容をご確認の上、送信してください。