2017/02/20/12:00 | ゲームレビュー

かまいたちの夜 輪廻彩声【レビュー・評価】キャラ絵&ボイスは入り口として良いが、ホラー色が薄れている印象も?


かまいたちの夜 輪廻彩声/PSV(Z指定)

2017年2月に発売されたアドベンチャーゲーム、PSV「かまいたちの夜 輪廻彩声」。

スーパーファミコンやプレイステーション1で発売されたサウンドノベル「かまいたちの夜」をリメイクした作品です。

プラチナトロフィーを獲得するまでやり込んだので、今回の記事では本作のレビューをしていきます。

スピーディに繰り広げられるサスペンスホラー

若い大学生カップルがスキー旅行で訪れた滞在先のペンション。事件はペンションの部屋で見つけた一枚の紙に書かれた文章から始まります。

「こんや、12じ、だれかがしぬ」

最初はイタズラだと思われていました。しかし、時間通りではなくとも本当に1人1人消えて行き、事態が一変。

最初は外部の人間がやったんだと思われていましたが、徐々にペンションの中にいる人物がやったんだと思うようになり、疑心暗鬼になっていきます。

この恐怖感はなかなかのもので、真犯人が分かるまでのスリル感は良かった!話の展開もスピーディで、退屈しません。

ただ、Z指定にするのであればもっと怖くして欲しかった。過激なイベントCG(※閲覧は自己責任)が用意されているんだけど、Z指定ならもっとやれてもおかしくないんですけどね。

テキストにしてもオリジナル版に忠実なのは良いですが、Z指定なりのアレンジがあっても良かったと思いました。

分岐が多い事で生まれるストーリーに介入している感

このゲームは分岐が非常に多いです。2~3分に1回は分岐が用意されているんじゃないかと思うほど。

それだけ細かく選択肢が用意されているという事でストーリーに介入している感は高く、自分がストーリーを動かしているんじゃないかと錯覚してしまいます。

選択肢次第では事件の真犯人を突き止めて解決に向かう事が出来るので、推理する楽しさもありました。

一体、誰がこんな残酷なことをしたのだろう?真犯人を暴いて事件を解決に持って行くにはとあるタイミングで発生する名前入力画面で怪しい人物の名前を入力しなければなりません。

メインストーリーは4~5時間程度と短く、勘が鋭い人は1時間もかからずにエンディングまで行けるでしょう。

ボイスのおかげでギャグコメディ色がアップ!

リメイク版はフルボイスとなっていました。とにかくキャラが喋る喋る!ボイスの恩恵を特に感じられたのは、話がギャグコメディ方面に転がって行った時です。

選択肢によっては思わず「何でそんな発言するねん!」とこちらが突っ込みたくなるようなセリフを主人公が放つんですが、声優さんがキレッキレで何度か吹き出してしまいました。

主人公の透(とおる)は真面目な選択肢を選ぶと探偵のような鋭い推理をして周囲を関心させるんですが、間違った選択肢を選ぶとボケまくるので面白いんですよね。深夜アニメに出てくる典型的なムッツリスケベになってしまうんです。

特に面白かったのがここ!心の中での台詞なのでボイスはないんですが、ガールフレンドの真理とバイクに乗って選択肢を「後部席でお尻を抱くように腰に手を回す」にすると、主人公の股間が真理のお尻に密着するとか言うんですよ。想像しただけで笑ってしまったw

セクシー方面のネタは他にもあります。噂の「ピンクのしおり」はそうでもなかったけど、隠しシナリオの「ちょっとエッチなかまいたちの夜」はボイスだけで展開されるだけあって想像が膨らむ内容で、色々楽しませてもらいました。

チュンソフトの遊び心は健在!

オリジナル版はチュンソフトの作品という事で、同社の遊び心が詰まっています。

選択肢は面白いものばかりですし、用意されているバッドエンディングのぶっ飛び具合が凄い!

選択肢によっては数年後にジャンプして話が展開するなど飛躍し過ぎていて、「何でそうなるんや!」と言いたくなってしまいます。

隠しシナリオもぶっ飛んでいますね。思わず何のゲームなのか忘れてしまうようなダンジョンに迷い込んでしまったり、謎の新キャラクターが表れてムードが一変したり。

隠し要素の入れ方も凄い!攻略サイトを確認しないと絶対に分からないような秘密のルートが用意されていて、サービス精神旺盛です。

キャラ設定を無視した隠しシナリオのシリアス展開はちょっと…

一方でキャラ設定を無視した隠しシナリオのシリアス展開は受け入れられませんでした。

コメディ路線だったら割り切れるんですが、シリアス路線で本編では優しかったキャラが隠しシナリオでは豹変したり、悪の組織に属するなどキャラ設定を無視した展開は合いません。

「スパイ編」、「偏獄の真理編」辺りがその印象が強く、どこか冷めた感じで話を進めてしまった。

偏獄の真理編に関しては今作で加わった竜騎士07さんのシナリオになるのでもう少し語らせていただくと、とても不思議で切ない話でした。

最初は同じような事がずっと続くのかと思って焦りましたし、その後の展開は突っ込みどころ満載だけど切なかった。ただ、本編のテイストとは大きく異なるので、どうしても「え?ちょっと待ってよ」と言いたくなってしまいました。

個人的にシリアスな作品は整合性を求めてしまうようなので、キャラ設定を大事にしつつ、その上で話を広げて行かないと納得できないみたい。

偏獄の真理編目当てでオリジナル版プレイヤーが本作を買うのはあまりおススメ出来ません。人を選ぶ内容ですし、話の長さも30分程度ですから。

作業感が強いメインシナリオクリア後

メインシナリオの「ミステリー編」をクリアすると、徐々に隠しシナリオがアンロックされていきます。

新モードが追加されたり、どこかに選択肢が追加されて話の展開が広がって行くんですが、どうしても作業感は出て来ますね。

幸いにも快適性を高める機能が満載で、好きなところから再開出来たり、高速スキップが用意されていてサクサク進むんですが、選択肢が非常に多いのでそれでも隠しシナリオを探すため総当たりで探して行くのは作業的です(どこに追加されたのか抜けているナンバーを頼りに探して行くのは謎解きみたいで少し楽しいですが)。

その隠しシナリオも当たり外れが激しく、合う合わないがあるので徐々に楽しかった本編の印象が薄れてしまいました。

評価には含めませんが、プラチナトロフィー獲得までの道のりも作業感が凄く、何度も辞めようかと思ってしまった。

フローチャートを見ながら選択肢をすべて埋めるのは簡単そうに感じますが、迷路の中にある選択肢をすべて選ばないといけなかったり、同じ選択肢でも選ぶ順番によって別カウントされるところもあるので、何十回も同じシーンを繰り返さないといけないんです。

超作業的なうえに攻略サイトを活用しないと一生出来ないくらい分かりにくいので、選択肢やメッセージの100%コンプリートはプラチナトロフィーのシステムがなかったらやっていませんでした。

最近のPSVITAソフトでは珍しく、ゲームを起動しながらトロフィーリストを確認出来たのは良かったんですけどね。タッチ機能非対応なのは惜しいけど。

キャラ絵は入り口としては良いが、ホラーゲームに合っているかは微妙

リメイク版では新たにキャラクターイラストが追加されました。

それまで青いシルエットだったキャラクターが具体化される事でファンの間では拒否反応を示す人が出てきても無理はありません。

自分がそれまでに持っていたキャラクター像とは違うでしょうからね。好きな漫画がアニメ化、実写化された時に感じる違和感みたいなものだと思います。

個人的には入り口としては良いかと思いました。青いシルエットだと地味に感じてしまいますので、新規は入りにくいんですよね。

今風のアニメ絵にしたら若いユーザーの一部は興味を持つでしょうから、間口を広める役割を果たせていると思います。

ただ、キャラクターデザインはホラーアドベンチャーに合っているとは思いませんでした。

美少女が多いのは百歩譲って物語の鍵となるおっさん勢に貫禄がなく、そこで損をしています。もっと渋さが欲しかった。

でも、このゲームで一番好きなのはおっさんの香山さんだったりします。口が達者で喜怒哀楽が激しく、関西弁による虫の良い話を連発してきてムードメーカーなんです。専用のBGMまで用意されていて、キャラが濃いw

あとは主人公。声優の力も大きいですが、それでもユーモアを持っていて男らしくスケベで嫌いになれない。

女性キャラクターでは真理かなぁ。よくいるしっかり者の女性で、頼りになります。あとは香山さんの妻w

全体のまとめ

メインシナリオの「ミステリー編」はそれなりに楽しめました。

ただ、全体的に短く、ギャグコメディの主張が意外と強くて隠しシナリオがキャラ設定無視で当たり外れがあったので当初のサスペンスホラー的な印象が薄れてしまい、よく分からないまま終わった感があります。

Z指定の割には過激さも足りず、もうちょっとホラーで怖がらせてほしかったのが正直なところです。

キャラクターイラストは恐怖度を高める役割を果たせているのかといわれると、そうでもないですね。それよりもボイスと合わさった関係でギャグコメディ色が強まっている印象で、怖いと感じた時よりも吹き出した時の方が印象的でした。

こんな人には特におススメ。
・ホラーアドベンチャー好き。

こんな人にはおススメできない。
・整合性を求める人。
・キャラ絵に拒否反応がある人。

かまいたちの夜 輪廻彩声/お気に入り度 ★★★★★★☆☆☆☆ 星6つ
プレイした時間・・・約15時間

 

A52

タグ
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(22)

  1. マージ より:

    これはこれで面白そう、ですが…。個人的には、シルエットの方が想像でプレイできるので好きかな…。
    これは、小説と同じ原理ですかね(^^)

  2. 伯爵 より:

    こんくらいの点数になるだろうなって思ってました笑
    かくいう私も可もなく不可もなくという意味合いで★6くらいかなーという感想ですが。
    EVEもそうですが、昔の名作でも今の基準で考えると低くなってしまうことはあるからある種しょうがないです。
    私もプレイ中、あれ…?思い出補正?と思ったり思わなかったり\(^O^)/

    ただ、kentさんやり込みをやった結果評価下がってそうなのが何とも言えないw
    これはトロフィー無い方が楽しめるでしょうね〜
    当時は新しいルートや選択肢見つけるのが楽しくて能動的にプレイしてましたが、トロフィーあるとやりこまされ要素になって、作業に感じてしまうみたいですしね。
    真かまはトロコンもっと面倒くさかったので(確かシーンごとの達成率とか見れなかったので適当にやるとどこで逃したか分からなくなって詰む)、こんくらいの作業なら余裕でした。
    kentさんは深夜にトロコン作業やってたから余計ストレス溜まったんだと思いますよ(^^;

    • kentworld より:

      星7にするか6にするか迷いましたが、この辺で落ち着きました。
      オリジナル版をやったらどんな評価になるのかなぁ。
      核となるシナリオが短く、そこから派生していく感じなので、隠しシナリオ含めて楽しめないと高く評価出来ないなぁ。

      こんなところにトロフィーの弊害があったか・・・
      あまり考えていませんでしたが、トロフィーがなかったら100%は意識しなかったので、そこで損をしているのかな。

      って深夜にトロコンって何の話じゃ!w
      こんなところにも監視している変態がいる///

  3. トモフミ より:

    「かまいたちの夜」はゲームセンターCXや実況動画を見て、内容はかじり程度ですが、このバージョンはいつかやってみたい!でもこの時期にPSV専用なのがちょっと厳しいです。PSVは高校時代の友達に半永久的に貸してしまったのでハードがねぇ〜状態です(´-ω-`)いつかSteamかスマホで出たらいいなぁ〜。この手のジャンルは近年、スマホでも再現できてしまうので、年々PSV専用の肩身が狭い中、登場した両方の意味で(キャラデザチェンジも含め)意欲作ですね。
    でもせっかく18禁なのにちょっとそれが活かしきれてないような(^^;;
    グロはともかくピンクの栞あたりで期待してたのは薄いので残念(><)
    想像力は育まれますね👍

    • kentworld より:

      ハードを貸しているんですか。トモフミさん、優しいなぁ。
      移植に関しては5pb.なので可能性はなくはないと思います。
      良くも悪くもどのハードにも移植出来そうですからね(^_^;)

      セクシー方面のネタもいくつかあって、想像力は育ちました!w
      ただ、プレイしていてホラーが主題であることを忘れかけてしまいますw

  4. タロン より:

    うーん追加コンテンツ目当てで購入するには辛いかなー
    チャート表示とか当時より遊びやすくなってるのは良いんですがね

    サブシナリオは僕もあんまり覚えてないんですが合わなかったようですね
    シナリオによってキャラクターの立ち位置が異なる展開は面白いと思うんですが
    立ち絵がある分、余計に違和感が残るのかもしれませんね

    オリジナルをアーカイブスでやろかなー

    • kentworld より:

      追加シナリオ目当てではおススメ出来ません。
      30分程度で終わってしまいますからね(^_^;)

      サブシナリオはコメディ系は良かったけど、シリアス系は本編の設定が頭にこびり付いてしまって、
      「なんでそうなるんだ!?」と突っ込まずにはいられませんでした(^_^;)

  5. くっぞこ より:

    こんにちは。
    リメイク版はどうなってるのか気になってました!
    リメイク版ではグロなシーンもアニメ調な画になってるんですね~
    オリジナルはグロシーンも実写(?)でしたよね。

    • kentworld より:

      オリジナル版は実写だったんですね。
      背景に関しては実写のままですが、キャラ絵は全部アニメです。
      だから、少し浮いているところはあるかもしれません。

  6. ヨウタイガ より:

    レビュー、拝見しました!
    雪降るこの季節にやりたくなりますねー。でも、どうやらそこまでZ指定の表現も無いみたいですね。絵と声をつけて新しい層にアピールするなら、Z指定にしなくても良かったかも知れませんね。
    実際にプレイするのは少し先になりそうですが、いつかプレイしたいです!
    ところで、今回の輪廻彩声ってタイトル、個人的には凄くいいなー、って思います。昔の良作を再び蘇らせ、そこに絵と声をつけているわけで、良くこのタイトルを思いついたなーと感心しました。

    • kentworld より:

      時期的にはピッタリでしたね!
      丁度今、スキーのシーズンで、少し前にも行ったのでタイムリーでした。
      かまいたちの夜って実は冬ゲーなんですね。

      Z指定として見たら刺激不足に感じます。こんなもんなのかと。

      輪廻彩声ってタイトルはかまいたちの夜にも合っていますので、リメイクにふさわしいと思います。

  7. シロマ より:

    おばちゃんが銃構えてる画像がシュールで笑える。
    kentさんは15時間でトロコンしたみたいですからトロフィーブーストゲームですね。

    • kentworld より:

      シュールで浮いていますよねw
      そこは作画のパワー不足かなぁ。
      トロフィーはブーストゲーでした。おかげでレベルは22になりましたよb

  8. ななし より:

    スパイ編ってシリアスになってるんですか!?
    ps版だとかなり笑った覚えがあります。このルートだと影絵が妙に動いて力はいってるなあと感心しました。

    • kentworld より:

      そんな仕掛けがあったんですか!?影絵が動いたらシュールかもしれませんねw
      リメイク版ではそんなことはなく、普通でした。
      シナリオはシリアスだけど、強引でシリアスではないのかなw

  9. コルチカム より:

    キャラ設定を無視したシナリオで竜騎士07さんが関わっていると聞いて、rewriteを思い出しました。

    rewriteは3人のシナリオライターが1つの世界観の中でそれぞれの個性を活かしたシナリオを書いているのですが、3人の中の1人である竜騎士07さんのシナリオだけキャラの性格とか喋り方にものすごい違和感がありましたw
    多分個性が強いせいでサブのシナリオライターには向いていない方なんだと思います。

    • kentworld より:

      竜騎士07さんは特徴的なシナリオを書かれる方だとは思ってました。

      僕はライトノベルみたいな展開は苦手のようで、整合性を求めてしまうみたい。
      一貫性があった方が良いので、竜騎士07さん単独でシナリオは書いた方が良いかもしれません。

  10. ウユニ より:

    プラチナGet!
    最後既読率1箇所メチャ分かりづらいとか残してドツボにハマっちゃった^^;
    とは言え9時間でプラチナとはブーストですね笑
    これで安心して終われました。

    本編は簡単過ぎたなー
    推理モノ読み過ぎてるせいか古いミステリ系は分かっちゃうことが多い。
    推理系ADVは難易度逆裁1〜3とかダンガンロンパ2,V3のハードくらいないと個人的にキツい。
    どうしても分かっちゃうと楽しさ半減だから快適性だけ担保して難しくしてほしいと思いました。
    まぁ昔の作品に文句言うのも御門違いかと思いますが今フルパライスで売ってるんだからね。

    一方でサブは結構楽しめましたよ!
    本編とのギャップは気にならなかった。
    各サブストーリーの中ではキャラ一貫してたしパラレルワールドだからこんなもんでしょ。
    整合性はあったと思いますよ。
    本編との一貫性がないとは言えますが。

    トロフィー獲得は完全に作業化したから後味は良くないです。
    特に名前全入力とリスト順番替え、迷路あたりはいい加減にしろと言いたかったw
    まぁこれは評価には入れませんがトータルでは自分も★6くらいですね。
    触れるきっかけとしてはベストでした。

    • kentworld より:

      うわぁ!早いよウユニさん!w
      最後の回収で多少は詰まったようですが、それでも10時間を切るとは・・・

      難易度調整って難しいところですね。
      プレイヤースキルや知恵が高まり過ぎると標準難易度でも簡単に感じてしまい、
      思ったほど楽しめなくなってしまいますし、逆もしかりです。

      パラレルワールドはコメディ系じゃないと割り切れないみたい。
      ストーリー物は好みがハッキリしますね。

      ウユニさんも星6ですか・・・
      個人的には核となるシナリオにもっと深さが欲しかった。

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

関連記事

マリオゴルフ ファミリーツアー【レビュー・評価】マリオらしさが仇になったゲーム
マリオパーティアイランドツアー【レビュー・評価】お手軽さと薄さを履き違えたパーティゲーム
ソウル・サクリファイス【レビュー・評価】ハンティングアクションに新たな可能性を生み出した作品
ヤバい!面白過ぎる!Trials HD レビュー
渋い雰囲気がたまらない!ウィッシュルーム 天使の記憶 レビュー
面白いけど進化はここで一旦ストップ。コール オブ デューティ ブラックオプス レビュー
バンジョーとカズーイの大冒険 ガレージ大作戦【レビュー・評価】プレイヤーの数だけクリア方法が存在する!
素晴らしい改良!どうぶつの森+ レビュー
ガンシューティングでも侮れない!バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ レビュー
ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル クリスタルベアラー【レビュー・評価】半熟なオープンワールドゲーム