2016/11/27/7:00 | ゲームレビュー

ロストウィンズ ウィンター オブ メロディアス【レビュー・評価】前作から正当進化したWiiらしいメトロイドヴァニア!

516

2009年12月に配信されたWiiウェア「ロストウィンズ ウィンター オブ メロディアス」を今回はレビューします。

Wiiウェア「ロストウィンズ ウィンター オブ メロディアス」は主人公の少年”トク”と風の精霊”エンリル”を操作して、世界に散らばる謎を解きながら探索するアクションアドベンチャーゲームです。ダウンロードに必要な料金は1,000Wiiポイント(1,000円)。

良いところ

風を使った謎解き

517

世界を探索していく「ロストウィンズ ウィンター オブ メロディアス」。

前作に続いて少し入り組んだ2Dのフィールドを探索していくメトロイドヴァニアチックなゲームデザインで、セールスポイントとなっているWiiリモコンを活かした謎解きも健在でした!

Wiiリモコンのポインター操作を上手く活用すると風を操ることが出来るので、それを利用して謎解きが出来るんですね。例えば燭台から燭台へ火を移したり、トルネードで池の水を空にして別の場所に池を作ったり。

ポインター操作だからこそ実現した新しい謎解きを楽しむ事が出来ます。続編なのである意味当然だと思いますが、Wiiリモコンを活かした謎解きは前作以上に洗練されていると思いました。

季節の変更

518

今作から加わった最大の新要素が季節の変更!季節を変える事によって今まで行けなかった場所に行けたりするので、前作以上に「ゼルダの伝説」を彷彿させる内容になっています。GB「ゼルダの伝説 ふしぎの木の実」では何度も季節を変更させて謎を解いたもんです。

民族風のBGM

519

前作同様ゲーム中に流れるBGMは決して賑やかではなく、どこか寂しい民族風のBGMになっています。

敵に近づいたり、洞窟に入るとまた違った雰囲気の曲になりますが、とても自然な切り替わりで全く違和感がありません。見た目のかわいらしさといい、ゲームデザイン以外にも評価するべき点は沢山あります。

国産ゲーム並の触り心地良さ

520

このゲームは海外産のゲーム。ですが、国産ゲームと比べても全く遜色の無い触り心地の良さで、いわゆる洋ゲーっぽさは全くありませんでした。海外産だからと敬遠している人はとりあえずやってみましょう!

ちなみに前作ではマップ表示がありませんでしたが、今作では出来るようになっており、さらにどこに行けば良いのかマップに表示されるので、前作以上に親切な作りになっています。

この手のマップ機能ってワクワク感が削がれるのであまり好きじゃないんだけど、隠された収集アイテムの表示まではされないので問題ありませんでした。

スポンサーリンク

悪いところ

テキストの変な区切り

521

キャラクターと会話する時はメッセージウインドウが表示されますが、テキストの区切りがおかしいです!

例えば彼女というワードが出ているメッセージでは「彼」で途切れて「女」から始まるんですよ。めちゃくちゃ違和感がある区切り方ですね。ローカライズはちょっといい加減に感じてしまいました。

地味な演出

522

演出は全体的に地味です。住人からアイテムを貰っても単に所持数が増えるだけで受け渡しの描写が入らないなど、Wiiウェアソフトだからなのか演出が地味な部分が多く感じました。容量の問題があるとはいえ、もう少し頑張ってほしかった。

全体のまとめ

前作同様、プレイ後にはWiiリモコンの素晴らしさを再認識する事が出来ました。前作とセットにして低価格のパッケージで出してもっと多くの人にこのゲームの良さを知ってもらいたい!と思ったくらいです。

ちなみにボリュームの方は前作よりもちょっと多いくらい。個人的には1,000円だったらアリだと思うボリュームに感じましたが、中には物足りないと感じる人がいるかもしれません。

こんな人には特におススメ。
・Wiiらしいゲームをやりたい人。
・謎解きアクション好き。

こんな人にはおススメできない。
・ボリュームを求める人。

ロストウィンズ ウィンター オブ メロディアス/評価 ★★★★★★★★☆☆ 星8つ
プレイした時間・・・約5時間
※当ブログでこれまでにレビューしたタイトルの一覧はこちら をご覧下さい。

※何か分からないゲーム用語を見かけたらこちら をご覧ください。

↓人気ブログランキングに参加中!
1日1クリックしてくれると「M☆G☆M+etc…」の順位がアップします!

↓Twitterで更新通知をしています。
Twitterやっている人はフォローよろしくお願いします。

A52

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

内容をご確認の上、送信してください。

この記事の反響(12)

  1. y.crash より:

    確かにパッと見で海外産には見えませんね。
    優しい世界観が癒されそうですね。

    こういうのでBGMって重要ですよね。
    BGMの感じでイメージって変わりますから。
    そこは作曲者と開発側の意思疎通とセンスですかね?

    テキストの変な区切りって海外産のタイトルを日本語ローカライズにするとき、結構見ますね。まともに区切ってたり誤訳が少ない作品ってやっぱりすごいんですね。ローカライズ担当が本気を出してるとでもいうんですかね?

    • kentworld より:

      おそらく、日本のゲームのリスペクトを受けているんだと思います。
      BGMは日本らしくはありませんが、ゲームの雰囲気に良く合っています。

      テキストの変な区切りで洋ゲーと気がついてしましたw

  2. シロマ より:

    レビュー見た感じ海外のゲームとは思えませんでした。
    演出が地味みたいですが季節の変化によっていける場所にも変化があるのは探索のしがいがありますね。

    • kentworld より:

      ポップ系の中には実は海外ゲームでした。
      みたいなタイトルが多かったりするんですよね。
      季節の変化は謎解きとの相性が良いと実感しましたね。

  3. ヨウタイガ より:

    これは結構面白そうですね!全然知りませんでしたが、wiiウェアですか。今となっては手に入れるのが難しいですね。大ボリュームもいいですが、クリアするという達成感を得るにはこじんまりとしたものも良いです(値段にもよりますけどね)。

  4. 黒詩★紅月 より:

    できればすべてのゲームレビューはパッケージの絵を!と思ったらDLタイトルですか

    キャラはちょっとパーッとしないのが惜しいかもしれないです
    無印はそんなに悪くないけど、わざと萌え絵に変わる『王様物語』もインパクトを図りましたね

    ギミックはあるテーマで作られるのはいつでも面白いけど、演出が地味すぎるじゃないかのも懸念していますね

    そう言えば、VRは『ラストラビリンス』というゲームがあって、かなり気になります

    • kentworld より:

      そうなんです、ダウンロードタイトルだとサムネはこうするしかないんです。
      キャラデザは媚びすぎるとその国の特色が出るから難しいところですな。
      王様物語の変貌ぶりには当時驚きましたw
      ラストラビリンスですか?知らないので、調べてみます!

  5. 代々 より:

    前作が好感触だったので本作も購入したものの積んでしまいそのうちにWiiUが発売されたのですが、何故かこいつだけ引っ越し対象外だった事を覚えています。
    今はWiiと一緒に押入れの中で眠ってますねえ……
    良い作品なのはわかりきっているのでいつかプレイしないとなあ。

    • kentworld より:

      それは勿体ない!前作よりも多少ボリュームアップしていて、個人的には好印象でした。
      今ではスマホ版もあるようですね。

コメントする

内容をご確認の上、送信してください。

関連記事

ラジアントヒストリア【レビュー・評価】ストーリーで遊ぶDSの隠れた良作RPG!
改めてロックマンは最高だと思った。ロックマン9 野望の復活!! レビュー
京都の頑固職人が作った硬派なゲーム!スティールダイバー レビュー
キルゾーン マーセナリー【レビュー・評価】手軽に遊べる高品質な携帯機向けFPS
ロックマンDASH 鋼の冒険心【レビュー・評価】アニメの良さをゲームに落とし込む事に成功!
幻影異聞録♯FE【レビュー・評価】ストーリーはどっちつかずだが、JRPGとしては手堅い作り!
ゼノブレイド【レビュー・評価】欠点も多いが、様々な要素がまとまっているJRPG!
問題を解く快感を味わえる3DSならではのパズルゲーム!引ク押ス レビュー
ライバルと比較をしなければ普通に楽しめる。メダルオブオナー レビュー
ニュートピア【レビュー・評価】あまりにも「ゼルダの伝説」に酷似した問題作!