2017/04/05/20:00 | M☆G☆Mコラム

ゲームメディアにマリオやリンクが動くだけで+20点という任天堂補正は存在するのか?

マリオ、ゼルダ補正は存在するのか?

ゲームメディアはゼルダ補正で実質80点台を100点にする。

マリオやリンクが動くだけで+20点する。

たま~にネット上でこのような意見を書き込む人が見られます。非常に短絡的で捻くれた意見だと思いますが、本当にそんな補正は存在するのでしょうか?

個人的には半分正解で、半分間違いだと思っています。

分かりやすく言うなら50点の凡作を70点の佳作に引き上げる事はあっても、80点の良作を100点の傑作に引き上げる事はないんじゃないかと。今回はその辺りを具体的に語っていきます。

基本部分の出来が良いんだから補正がかかるのは当たり前

「ゼルダの伝説」、「スーパーマリオ」。任天堂のシリーズではありませんが「ドラゴンクエスト」。

いずれもゲーム業界の師匠が築き上げた人気シリーズで、基本部分は完成されていると言っても過言ではありません。

ゼルダの伝説」シリーズは謎解きの難易度調整、徐々に行動範囲が広がって行くレベルデザイン、細かい部分の作り込みが素晴らしく、BGMも名曲ばかり。

スーパーマリオ」シリーズはボタンを押した長さによって変わるジャンプ力、気持ち良い効果音、カラフルな世界観が素晴らしく、BGMも覚えやすくなっています。

ドラゴンクエスト」シリーズは初心者への配慮、バランス調整、快適性が群を抜いて素晴らしく、BGMも名曲ばかりです。

これらのシリーズが最新作でも同じような信念で作られたら一定の水準に達するのは当たり前ですよ。

どうしようもない駄作でも、「ゼルダの伝説」、「スーパーマリオ」、「ドラゴンクエスト」のエンジンで作り直したらある程度は持ち直すと思います。

ただ、キャラクターを変えただけでは評価が変わる事は無いでしょうね。例えばどうしようもないクソゲーのキャラクターをModでマリオにしたって神ゲーにはなりませんから。

大切なのはゲーム作りの信念です。そこを貫いていたら補正はかかるでしょうね。

スポンサーリンク

補正にも天上がある

これは個人的な採点方針なんですが、補正にも天井があります。

僕の中で80点以上は飛びぬけた”何か“がないと付けられないので、例え「ゼルダの伝説」、「スーパーマリオ」、「ドラゴンクエスト」の素晴らしいエンジンで作られても前と同じでは限界があるんです。

名作に似せようとオマージュネタをぶっ込んだり、好評だったシステムを採用しても前作を越えるのは難しいので、そんなタイトルには満点を付けられません。

ゲームユーザーのハードルは常に高く上がっていきますから、いくら土台が良くても前と同じではいけません。

例えば「Newスーパーマリオブラザーズ」シリーズ。名作「スーパーマリオブラザーズ」を意識し過ぎてしまい、土台は良いけどあまり面白くありませんでした。

敵キャラはほとんど変わっていない。ステージも前と同じような感じ。新要素もちょっとした味付け程度にしかなっておらず、前作との区別が付けられません。

相変わらず手触り感があって操作性も良かったけど、それは以前に築き上げたものなんだから当たり前。そんなタイトルに僕は満点を付けられません。

別の人間が採点しているので憶測でしか語れませんが、ゲームメディアもきっと同じような感じだと思います。

日本では○○がいるから+10点みたいな半分ネタのコメントをプロのレビュアーが紙面に掲載してしまったため信憑性に欠けますが、少なくとも海外では僕と同じような感じでしょう。

補正はあると思うけど、その効果が発揮するのは80点まで。それ以上は効果なし!単純に+20点している訳ではないんですね。

ただ、ゲームを最後までプレイしておらず、中盤の段階でレビューしているようでしたら土台が良いので満点になってしまう可能性はあると思います。

採点とダイエットの共通点

点数を上げるのと体重を減らすダイエットの仕組みは似ているところがあると思います。

50点を70点に引き上げるのはそれほど難しくないように、身長170cm・体重180kgの人が体重160kgまで落とすのは思ったほど難しくありません。

でも、80点を100点を引き上げたり、身長170cm・体重80kgの人が体重60kgまで落とすのは凄く難しい事なんですよ。

まず、同じ-20kgでも体重180kgと体重80kgでは減少する割合が異なりますからね。体重80kgから体重60kgにする場合は全体の2.5割も落とさないといけませんから。

体重が重い人は基礎代謝が高いのもダイエットの難易度を下げていると思います。体重が重く、基礎代謝が高いうちは適量食べていれば大して運動していなくても自然と減らせますからね。

体重が少なくなるほど減量するには運動量を増やし、食事量を減らさないといけないので難易度が高くなります。

話がダイエットの方に逸れてしまいましたが、要は同じ+20点、-20kgでも一定のラインを越えると点数を上げたり、体重を落とすのは非常に難しくなって行くという事です。計算式はそんなに単純ではありません。

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド
任天堂 (2017-03-03)
売り上げランキング: 2

 

A52

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(63)

  1. ウユニ より:

    無関係なダイエットネタ長過ぎてワロタ
    これが書きたかっただけやろ!笑٩( ᐛ )و

    まぁ任天堂に限らず補正はあって当然でしょうね。
    その分ハードルも立ちはだかるから一長一短だと思います。
    ゼルダで微妙ゲー出したらボロクソに叩かれるでしょうからね笑

    点数って言うと最近はメタスコアがかなり影響力強いものになってますよね。
    個々のレビュー書くのは人間なんだからそりゃ贔屓目はあるでしょう。
    ただ例えばゼルダのゲームのガワが違ったらどうなるのかなとも思ったり。
    個人的には時オカが歴代首位の99点というのは納得しますがトワプリの96点にはえ?って思っちゃいますね。
    ブレスオブザワイルドはやってないからなんとも言えないですけど。

    話少しズレますが、例えば「3DSにしては表現頑張った!」みたいな評価あると思いますけど、
    これはサードには使うべきですがファーストの任天堂には相応しくないかなと思います。
    性能とギミック含めて制約つけたのは自分達なんだし。

    • kentworld より:

      ダイエットネタで例えてみましたw
      確かにちょっと長く書き過ぎてしまいましたね~。

      他人の評価は憶測でしか語れませんが、
      優れた信念が引き継がれていたら一定の評価は保証されていると思うんですよね。

      ゼルダに関しては全体的に評価が高く、
      個人的にも「高過ぎだろ!」と感じる作品も中にはあるんですが、
      だからといって+20や補正してると感じてしまうのは陰謀論になってしまうと思うんですよね。

      レビューではサード、ファーストは意識していませんでした。
      メーカーに対して褒めるかどうかは置いといて、
      そのハードの中での良し悪しは記載しても良いんじゃないかなぁ。

      • ウユニ より:

        もちろんトワプリが76点だと言いたいわけではないですよw
        点数の問題点は相対評価で優劣つけられちゃう点ですね。
        それがなければ細かな上下は気にしないんですがご丁寧にリストにして並んじゃってますし、
        どこかからのリンクで公式見ましたが岩田社長がよりにもよって他社との比較にメタスコア使うと言う暴挙に出てた/(^o^)\

        任天堂のソフト施策は個人的にはハード戦略とは切り離せないですねぇ。
        勿論ソフト単独での評価もしますがゼルダの発売までの紆余曲折とかFEぶつ森の試金石感にはどうも釈然としなくてね(^_^;)

        • kentworld より:

          そうですね。点数の問題点はそこだと思います。数値化は分かりやすいけど、明確な優劣が付いてしまうから必要以上に気にしてしまいますね。

          レビューって人によっては発売の背景も含めて評価したりするからますます複雑です。

  2. より:

    老舗の品質保証みたいな感じかな?
    伝統の味を落とさないよう守り続ける一方で、看板に胡座をかくんじゃなく常に新しいものを追求する姿勢が評価につながる
    でないと何十年も続かないですよね
    飽きられないのはそれだけの理由がある

  3. WO より:

    トワプリの96点にえっなんてまったく思いませんけど

  4. C-rex より:

    前にも書きましたが、こういった任天堂補正があるという主張には納得できないし、腹が立ちます。確かにメディアは間違った情報を流すことはあります。ただ、それを差し置いても、証拠を出さず、こういうネガキャンを流すのは愚かです。「そんなこと言うなら証拠を出せよ!」と思います。嫌いなら嫌いなりに礼儀を持って批判するべきです。

    • kentworld より:

      陰謀論はよくないですよね・・・僕の主張が気に触ったらすみません。

      • C-rex より:

        とんでもない!僕はkentさんを批判したわけじゃないです。僕はあくまでもアンチ(に限らず)が任天堂補正があると証拠もなしに言ってるのを批判してるんです。僕はkentさんの主張には同感ですよ!

  5. MDK5 より:

    ゼルダ対ホライゾンの時に流行った
    2chで話題になったメタスコアシステムの問題点を思いだしますね

    任天堂のゲームは元々「求められていない要素があり」「グラフィック・フレームレートは求められていない」「キャラへの感情移入できるかどうかは深く求められていない」
    それはレビューする側もわかっているので、最初から関心がなく。
    例えストーリーやグラフィックやキャラはしょぼくても、大きな減点対象にはならないと。
    これが他ハードのソフトなら、まったく違います。
    求められるもの、比較するものが違います。

    このため、他ハードのソフトとの比較が難しい。
    補正ではなく減点要素が少ないのではと

    • kentworld より:

      ゲームを部門別で評価するのが良いとは思わないんですよね。
      それぞれ、別のベクトルから見て採点するのが自然だと思います。
      まあ、最終的には面白いかどうかですね。
      数値化することで色々ややこしいことになっている感はあります。

      • MDK5 より:

        私も、流石に部門別で評価を分けるのは良くないと思います。レビューでジャンルの住み分けが進んだら保守的なものしか目立たないでしょうしw
        ですが、任天堂ゲームは多くが一つのジャンルとして独立してしまってると思ってます。
        結果、数値化された再に任天堂か任天堂じゃないかで補正があるかのように出るんでしょうね・・・

  6. 通りすがり より:

    補正というか、某大手メディアのレビュー文章にそんな内容が書かれたものがあったと聞きましたね

  7. Koji より:

    自分は補正はある派です。
    日本のゲーム雑誌のクロスレビューなんかでは、大手ゲームメーカーの作品では低評価をつけないように、かなり気を使っていると思いますw
    ファミ通では、世間の酷評などどこ吹く風で、ア●ーボフェスティバルにクロスレビューでオール8の32点をつけたりしますしね。

    • kentworld より:

      クロスレビューはインフレ化してますね。

      どこまで補正があるのかは分かりませんが、基本部分の出来が良かったら一定水準までは底上げされてもおかしくはありません。

      • Koji より:

        ちなみに自分もゲームを評価するときに補正はかかります。
        わかりやすいところでは「ネプ補正」というものがあって、基本部分がどうしようもない出来の場合、ネプキャラの力で点数が上方修正されます。
        Vitaで出た「ブラン+ネプテューヌvsゾンビ軍団」は、ネプ補正が入って星6、入らないと星4です。
        四女神オンラインは基本部分が標準的なレベルに達していたので、ネプキャラ補正が入っても入らなくても評価はかわらず、星7です。
        というわけで、kentさんがこの記事中で言っている事「凡作を佳作に引き上げても~」の部分は自分にもそのまま当てはまるので、「それに賛成だ!」と言わせていただきますw

        • kentworld より:

          ありがとうございますw
          ネプ補正ですか・・・
          「ブラン+ネプテューヌvsゾンビ軍団」はあまり良い評判を聞きませんが、
          補整が無いと星4になってしまうレベルなのかw
          「四女神オンライン」はネプ補正がなくてもそこそこ楽しめるんですね。

  8. マッドタダ より:

    自分はそんなことは思いませんけどね。任天堂だからソニーだからといった評価はしません。そんな評価をしてたらゲームが面白くなくなってしまう。
    まあ1部でそういった評価をしている人達もいますけどね。

    • kentworld より:

      大切なのはブランドではなく、信念だと思います。そこが引き継がれていたら一定の評価が付くのは当たり前ってことですね。

  9. sparrow より:

    人が採点するものですし、厳格な採点基準があるわけではないので、どうしてもあるとは思います。
    また、ブランドやシリーズの場合、既存のユーザーが求めているものとどれだけあっているのかが、評価対象にどうしても含まれてしまいます。
    でもそれは、排除は不可能ですし、別に構わないと思います。
    いまの時代、情報は一つから集めるものではありませんので、いろいろ調べて自分で判断すればいいと考えています。

    また、メディアの得点はずば抜けて低いということでなければ、どうしても均一化する傾向にあります。
    なので、個人的には75点以上取っていれば、あとはレビューの内容しか気にしていません。
    レビュアーの好みも出てくるので、どのポイントを見ているのかが重要だと思っています。
    これは、個人のレビューサイトでも同じです。おなじゲームでも評価がサイトによって違う場合、やはり見ているポイントがかなり違うことがわかります。

    ちなみに投稿型のレビューサイトの場合は、得点は全く信用していません。そう思った内容のみ参考にしないようにしています。
    理由としては、ぶれ幅が大きくなり過ぎだからです。はじめとかぶりますが、シリーズものだったり、いわゆる信者の多い作品は顕著になります。

    • kentworld より:

      レビューしているのは人間ですもんね。
      どのような採点基準があるのかは時と場合に寄りますから、
      いくらプロでも最終的には直感になってくると思います。

      Amazonカスタマーレビューを始めとする投稿型レビューは最近、傾向が掴めてきました。
      いずれコラム記事で触れていきます。

  10. 匿名 より:

    NewスーパーマリオブラザーズWiiのファミ通レビューでしたっけ。マリオが動いてるだけで楽しいとか言ってたのは。アプデで改善されたみたいですが今回のゼルダもフレームレートの低下という他のソフトなら大きくマイナスされる点がほぼスルーされてますからね。レビューとは違いますがユーザーが勝手に言ってる「黒い任天堂」もある意味「任天堂補正」ですね。使い古されたエログロブラックジョークも任天堂がやったら任天堂ヤベェエエエ!!ですから(笑)あと上の人が言ってるようにもしガワがゼルダじゃなくて例えば筋肉ムキムキのオッサンが蔓延るフォトリアル調の世界観だったらメディアや任天堂ユーザーは正当に評価してくれたのだろうか

    • kentworld より:

      減点方式でみたら処理落ちはマイナスになりますが、
      海外ではそういう付け方をしていないんですね。
      減点方式は一部のユーザーだけだと思います。

  11. むむむくん より:

    ゲームハード補正はあるとは思いますね
    例えばバイオリベレーションズとか
    3DSにしては頑張ってる!とかいう評価
    移植されたものは明らかに快適であるにと関わらず大して話題にもなりませんでしたし
    PS4にしては物足りないとか
    任天堂の出すハードの特性上~にしては頑張ってる!ってのはあると思います
    そうじゃないと点数を付けるのは無理ですから

    • kentworld より:

      僕もそのような書き方はしますが、それで減点したり、加点するのかは別問題です。
      文章ではそうやって書いていたとしても、どこで減点するのか、加点するのかはレビュアーにしか分かりません。
      何ならすべてを数値化しないと。

  12. さやまる より:

    色々書こうとして消してを繰り返してたら頭痛くなってきた…wコメントはしたいけど最近こういう記事が多めで多少気疲れが…記事に対しての意見がほぼない感じですけども、なんかもう色々と議論がめんどくさいんで、色々なゲームがそれぞれ魅力的で楽しいね〜!じゃダメなのかな〜とか思ってますw

    • kentworld より:

      無理にコメントしなくて良いですよ。
      さやまるさんと議論することを求めていませんから。したい時で構いません。

  13. グリグラ より:

    任天堂がソニーがと企業によって補正があるとは思いませんね。
    ゲハに住み着いてる連中は例外ですが。
    どちらかというとブランドによるものの方が大きいかと。

    任天堂はブランドタイトルを多く抱えているので一纏めにされがちですが、ゼルダの最新作が面白いからってマリオの評価があがるわけじゃあないです。
    また、ブランド名がかかっているタイトルだと面白いはず。という先入観があるのでプレイするモチベーションの差というのも評価に影響すると思います。

    それにシリーズ物のファンというのは保守的な面が強いので、土台である当たり前とファンサービス要素がしっかりしていれば評価を得やすいのかもしれませんね。

    • kentworld より:

      企業補正は勘弁してほしいですね~。
      評価はレビューをする側にも左右されると思います。
      本当にレビューは様々な要素が絡み合って数値化されるので、
      あくまでも参考程度にして自分自身が触れてみるしかないですね。

  14. 名無しのスターライト より:

    リクエストに応えていただいてありがとうございます

    kentさんの考察では”補正”というのはそのゲームにおける土台であったり基礎的な部分だということでいいのかな?

    巷でよく議論にあがるのが世代が隔絶してる任天堂ハードのタイトルと他ハードのタイトルを同じベクトル(土俵)で評価することは適正なのかということですが上のコメでもあるように様々な視点から評価して個々のユーザーのニーズに沿った評価システムの構築が課題になってくるかと思いますね~

    • kentworld より:

      リクエストにお応えしました。
      多少、問題なコメントも非承認含めて散見されましたが、
      思ったほどは酷くないので良かったです。

      ゲームは技術力だけで評価されるものではないと思っています。
      任天堂の場合、技術ではなくセンスで勝負をしているから他社に負けないハイスコアを獲得しているですね。

  15. ぷにぷに より:

    キャラクター人気もゲームの一部だと思います。プロ野球だって誰かがホームランを打っても別にニュースにはなりませんが、大谷翔平くんがホームランを打てばそれはスポーツコーナーのメインニュースになります。
    それと同じで、何の変哲もない成人男性が主人公の良ゲーより、人気キャラクターのマリオやリンクが主人公の良ゲーの方が良い評価はされやすいと思います。まぁこのキャラクター人気もゲームの品質に関する実績がマリオゼルダにはあるからこそですけどね。

    • kentworld より:

      単にキャラクターが変わるだけで評価が変わるんだったら、
      例えばモンハンのコラボ衣装でマリオやリンクにしたら変わるとは思えないんですよね。
      キャラクターにあった世界観、挙動、システムにして初めて本当の補正が入ると思っています。

  16. kamome03 より:

    自分はゲームレビューでの補正はあると考えています。

    例えばフォールアウト4、メタスコアがかなり高く(正確なメタスコアを出さず申し訳ない)神ゲークラスに評されています。
    自分もプレイしましたが、致命的なバグにより最終ステージ目前で進めずセーブも細かく取っておらずクリア出来ずにいます。プレイ中も大量のバグや進行不可になる症状が多く正直ゲームとしてどうだろう?と疑問に感じます。
    (それでもフォールアウトシリーズは好きです)
    ただ、フォールアウトシリーズにバグは付きものだからとか、バグがあっても面白いからいいと言う風潮が蔓延し、それがいわゆる補正に感じるんだと思います。現に高評価な訳ですしw
    ゲームで処理落ちすると減点対象な気がしますが、ゼルダの場合レビューで処理落ちが指摘はされますが、それは気にならないレベル(確かに気にしない人は気にしないレベルです)や、それが気にならないくらい面白いなどと減点されてない印象を受けます。
    任天堂のハードだからグラフィックは二の次なレビューやそこは指摘しないのに、ps4の場合グラフィックが悪いとそこがボロクソかかれるのを見たりします。
    やはり人間が書く以上好き嫌いで評価するのは仕方ないと思いますが、ゲーム雑誌のレビューは公平に採点して欲しいなと感じます。

    • kentworld より:

      処理落ちやバグは一見するとネガティブな要素ですが、
      それ以上に魅力的な要素があったり、
      ゲーム性的に問題がなければプラス点がマイナス点を上回る感じなんですね。
      人それぞれ心の中で減点加点を繰り返し、最終的な評価が出てくるんだと思います。

  17. トモフミ より:

    任天堂補整とは、そういう意味でしたかー。う〜ん、人によってはありそうな話ですね。私の場合は、確かにきっかけは有名シリーズの方がプレイするきっかけに大きくなります。ですが、結局はそのゲーム自体の面白さが決め手なのではと思うんですよね。私はマリオが好きですが、同じマリオでも初代スーマリ、Newマリ、マリオランで全然面白さが違うのですよ。確かに土台の安定性で良作になりますが、傑作になるにはより良い+α(新要素)は必要になると思います。実際、マリオランがスタミナ性の課金ゲーだったら、私の評価はまた変わりますよ。
    例えマリオやゼルダほど有名ではないゲームも評価しているものはたくさんありますよ。特にシャンティやカグラシリーズは思ったよりも基本のアクションの作りが良くてやってみて驚きました。
    でもゲームソフトというものは先に出ててずっと成功を納めているシリーズであればあるほど強力なので、それに新規のタイトルが挑むのは年々大変になっていると思います。
    Kentさんが挙げていたマリオ、ゼルダ、ドラクエはインディーズなどと比べるとお金のかけ方が全く違いますからね。
    私は作品を評価するときには日頃気をつけてることですが、この記事を読んで改めてそういうことに気をつかって評価したいと思いました。

    • kentworld より:

      マリオだから満点とか、そんな単純なものではないですよね。
      でも、土台が完成されているので、
      余程変なことをしない限り70点は保証されているとかそう言う補正はあると思っています。

      新規タイトルの場合、エンジンを新しく作らないといけないので
      昔からあるシリーズと肩を並べるのは大変そうです。

  18. ジョエリー より:

    ゼルダやマリオ、ドラクエのようなゲームは最初からほとんどシステムを変えてない物が多いので(ブレスオブザワイルドのように例外もありますが)、シリーズを出す度に高い評価を貰うのは当然だと思います。
    このゲーム面白い!と評価されている部分を基本的にずっと守り続けているわけですからね。

    ただ補正が入ってしまうケースは任天堂に限らず当然あると思います。特にファミ通を見てるとそれがよく分かりますね。
    デモンズソウル29点→ダークソウル37点のように最初は賛否両論の評価でも、世間が褒めたらその続編には急に高得点を付けています。
    バイオハザードアンブレラコアもバイオハザードシリーズだからなのか、世間とはかけ離れた高い評価をしています。(何故かバイオハザード7と同じ点数)
    まぁ評価するのは人間なので、どうしても補正が入ってしまうのは仕方ないですね。

    この補正の問題が話題になってしまうのは、点数で他のゲームと比較されてしまうのが原因だと思います。当然世の中にはゼルダやマリオ、ドラクエより面白いと思うゲームがある人は数え切れないほどいます。そんな中でそれらの有名なシリーズのゲームより自分の好きなゲームの評価が低いと、一部の人は『このゲームがあれらのゲームより評価が低いのはおかしい!シリーズ物だから補正が入っているに違いない!』となって、この記事の冒頭のような主張が書き込まれてしまうのではないかと個人的には思います。まぁ中にはただ煽りたいだけの人もいるかもしれませんけどね。笑

    • kentworld より:

      基本となるシステムが完成されているのであれば、
      最低限の評価は付けられるものですもんね。
      それ以上になると新しい試みが求められますが。

      ファミ通のクロスレビューは色々と問題ですねぇ。
      アンブレラコアと7が同じ評価なのはとても信じられない
      (どちらもプレイしたうえでの意見です)。

      自分たちがマイノリティな故に僻みのような意見を持ってしまうのは人間として仕方がないのかもしれませんね。
      僕もその気持ちは分かりますから・・・

  19. hachi より:

    >基本部分の出来が良いんだから補正がかかるのは当たり前

    なんだか納得してしまいました。
    「ある程度の面白さは保証されてるだろう。」と思い、3Dワールドやロボボプラネットを買ったときを思い出します。
    その分、それら込みでも期待を下回ったときはすごいショックでしたが……スーパーシール(ボソッ
    外見だけのキャラクター補正は小学生の頃ならありましたね。

    >補正の天井

    確かに+αがないと超えられませんね。
    上記の理由で買った場合、ハードルはだいぶ下がっているはずなのですが、それでも80点以上(私の場合は81点以上かな)は滅多にないです。

    ゼルダBOWもこんな感じなると思っていたのですが、kentさんの評価を見た限り、それはなさそうでワクワクしてます。
    早くプレイしたいけど、前のコメの通り、今、スイッチを買う決心がつかない……
    去年の二月にWiiU売ったのですが、今更ながら初めて後悔してます(笑

    • kentworld より:

      納得してもらえてよかったです!
      3Dワールド、ロボボプラネット共に土台となっている前作があるので、
      余程変なことをしていない限りは最低限の評価を与えられる作品だと思いました。
      まあ、後者はちょっとマンネリ化し過ぎに感じましたが。

      ブレスオブザワイルドはプレイする価値がある作品です。
      ぜひ、Switchを購入したら一緒に手を出してみてください!
      年末になる頃にはある程度ソフトは揃ってくるでしょうからねー。

  20. 日々寧日 より:

    任天堂補正は実際あると思いますよ
    ゲームの出来自体は微妙だけど任天堂の作品に求められてる要素はしっかりしているから高く評価されてるとかね
    確立したIPを数多く持っているからこそ良くも悪くも補正されていると思います

  21. 夏月 より:

    http://vgrhq.com/critic-quote-i-hold-nintendo-games-to-a-lower-standard/
    VGRHQの「XboxOneやPS4より任天堂のハードで出たゲームの評価基準は低くなる」って2年前の記事です
    通りすがりさんが読んだ記事はこれじゃないですかね?
    要約すると「MSやSIEのハードで出たAAAのゲームは評価する際に注目する要素が多い。
    が、任天堂のハードで出たゲームの場合、要素は少なくなる。
    なので任天堂のハードで出たゲームの評価基準をSIEやMSのハードで出たゲームの評価基準に合わせるとは評価は低くなってしまう。
    それは変だ。
    だから自分は任天堂のハードで出たゲームの評価基準は低くせざるをえない」
    「要素」が何なのかは原文を読んで下さい
    Switchのゼルダがフレームレートがガタガタだけど高得点だったのは
    まあ、ハードの性能を考慮したらしょうがないんじゃないですかね
    それを「補正」と言うのかもしれませんが
    https://www.youtube.com/watch?v=9yFON2UON3k(フレームレートの検証は4分辺りから)

    長文失礼

    蛇足のようなもの
    レビューってのは自分が面白いと思ったゲームを高く評価し、
    つまらないと思ったゲームをつまらないと言うレビューアを見つけるのが一番だと思ってます
    あと、自分と波長が合うか合わないかが肝心だなと
    なので、自分とズレてるKentworldさんのレビューは「自分とはズレてる人の感想」だと思って読んでますね
    ズレてるのになんで読むのかって?
    そりゃ、自分と違う感じ方をする人の文章を読む事は、とても大事なことだからですよ

    • kentworld より:

      そういう記事が海外であったんですね。
      ゼルダに関してはハード補正というよりも
      レビュアーが加点式で採点しているから何だと思います。
      ゼルダの処理落ちが減点になったとしても、それ以上に魅力的な加点ポイントがあるから相殺されると思っています。

      いろんなレビューを読む事は大切ですね。

  22. 田中 より:

    自分は特にpsのソフトだから任天堂のソフトだからというのを別に意識しないですね
    開発は結構意識しますけど。
    でももし企業のレビューでなくいちユーザーとしてなら補正で面白く感じたならねつにいいんじゃないかなと思います。逆に補正で減点してそれを公開したら不快に感じますね。

    • kentworld より:

      補正で減点を公開ですか・・・それは公開して欲しくないですね。
      改めて採点は厳格化しない方が良いと思いました。

  23. つぐみ より:

    シリーズ重ねて駄作になることも多いので自分はシリーズモノは厳しく見ますねぇ
    無難なゲームは多くても、なかなか満点になるものは少ないです。
    ましてや⚫︎⚫︎だからって加点になる要素では無いですなぁ
    ファミコンから、この世代まで続けてるブランドなどは凄いかもしれませんが、最近はブランド頼りが顕著すぎますね
    でも大体の人がシリーズブランド加点でゲームを購入しちゃうから仕方ないのかな

    最近では萌えキャラ加点もあるから、ゲーム性が益々ないがしろにされてる気がします。

    • kentworld より:

      長く続いているシリーズ物は土台が完成されていますので、
      そこを変に弄ったらだんだん評価は低くなってしまいますね。
      それでも土台が良かったら最低限の評価は保証されますが。
      萌えキャラ加点は当ブログではほとんどしないけど、
      キャラゲー好きはやるんだよなぁ。

  24. yy より:

    ジャンル毎でも評価方法は別れてしまうので難しいところですよね
    例えばレビュー項目にストーリーが入っていることが多いですが「テトリス」のレビューにストーリーを評価するのは適切かと言われると違うと思います
    まあ自分はレビュー見ててプラス補正が入ってるなと感じることはあまりないですね
    ただ逆にマイナス補正が入ってるなと感じることはあります
    ネットの書き込みだとしたら思い出補正であったり、特にゲームサイトで感じるのは所謂ガッカリゲーだったりした場合ですね
    ある程度土台があるんだから点数をここまで低くしなくても…と思う時はあります
    結局レビュアーも人間なので絶対的な評価は難しいですし、いい事に対しても悪い事に対しても熱くなってしまう事はありますよね
    でもこういった違いはレビュアーの個性だと思うのでレビュー内容に多様性があるのはむしろいい事にだと思ってます

    • kentworld より:

      そうですね。評価の厳格化をしてしまったら、
      ゲームジャンルによっては不利になってしまいます。
      パズルゲームに関しては無料でばら撒かれているせいでフルプライスでは評価されにくくなっていますが・・・

      ネットのユーザーレビューは感情論で書いてしまいがちで、
      必要以上に減点しているなぁと感じる事はあります。

  25. まうす より:

    初めてコメントさせていただきます。よろしくお願いします。

    採点補正に関してですが、完全にニュートラルな立場は存在し得ないので、あらゆるメーカーの作品に対して多少の補正はあり得るでしょう。それでも多数のレビューが集まれば補正の幅は狭まり、信用性の向上が期待できます。それがメタスコアの意義であるはずです。とはいえもちろん評論への盲信は禁物ですが。芸術作品の評価が二転三転するなんて話はいくらでもありますし。

    また、よく言われることですが海外の方は加点方式で採点する傾向があるため、減点方式の日本人にとっては任天堂作品に限らずギャップがあるのでしょう。「ゼルダはフレームレートが落ちることがあるのに高得点はおかしい」といった意見もネット上では見られますが、それをいってしまうと「スカイリムはバグが多いのに〜」などいくらでも言えてしまいます。MGS5の評価も国内だとストーリーが半端だったことに不満を言う方が多い印象ですが、海外だとゲーム部分の出来が高く評価されているため、大きなギャップが生まれています。不満要素のない作品というのはあり得ないので、個人的には欠点を上回るほどの魅力があれば高く評価するのは良いことだと思います。

    • kentworld より:

      初コメントありがとうございます。
      そして、とても良く分析されていると思います。
      僕も同じような意見ですね。
      日本のユーザーは自分たちが減点方式で物を見ている事に自覚を持ってほしいです。

  26. がは より:

    任天堂補正というより、4人の点数の横並び補正が気になりますね。

    「9,9,8,7」はあっても「9,4,7,2」って見かけないですよね。でもゼルダのじっくり謎解きが好きな人と、無双のさっくり爽快感が好きな人って、好みが正反対。だから、片方には低得点をつけると思うんです。

    • kentworld より:

      メディアのレビューって平均化されやすいんですね。
      それでも昔のファミ通はもう少しバラツキがあったけど。

  27. 匿名 より:

    こんなのレビュー書いてるところによって違うだけでしょ
    IPが古いからといって点が高くなることはない
    書いてる奴と載っている媒体に方針があるだけ
    新規IPだって当然あちこちに宣伝かけるし、
    マルチ展開すればそれだけゲーム批評以外にも利権は飛び火する
    それによって得するところは低い評価は載せたがらない
    (FF15では色々と騒動になったり、過去にもジョジョなども)

    宣伝費に転ぶ媒体もあるだろうし、個人的な好き嫌いで書くのもいるだろう
    レビューのスタンスが満足度なのか、減点主義なのかにもよるだろう

    消費者は一つのメディアを良いにしろ悪いにしろ信じ過ぎるなということ
    プレイを重ねていけば、
    そのメディアが判断した評価と近いか、遠いかはわかるだろう

    たぶんこういう記事あげるってことはゼルダのことなんだろうけど
    プレイ済みの俺からすると妥当だと判断するけどね
    100点が当たり前とかではなく、まぁ100点ついても文句言うほどじゃねー
    ということ。

    100近いレビューが集まるようになった中で満点取るのに
    その全てが影響受けてるなんて考え方の方が不自然、むしろ逆に
    幾つかが意図的に落とす方が現実的だろう、そういう点をつけた方が目立つが
    それを目的に辛口としてデビューしたいとか、抱き込まれる媒体もないとはいえないからだ

    • kentworld より:

      色んな人がレビューしていますもんね。
      それぞれに様々な考え方があると思います。
      ですので、一概に言えないところがありますね。

  28. くぅ より:

    ファミ通のNEWマリオWiiのクロスレビューの件のことですかね。
    あれってレビュアーがマリオ自体が「動くだけで楽しい」をコンセプトに作られているのを知ってて最高の褒め言葉として使ったってのを知ってか知らずかゲハとかがその背景は無視して槍玉に挙げているだけかと思ってました。

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。