2017/04/30/12:00 | ゲームレビュー

マリオカート8 デラックス【レビュー・評価】従来型マリオカートの決定版!


マリオカート8 デラックス/Switch

2017年4月に発売されたSwitch「マリオカート8 デラックス」。2014年5月に発売されたレースゲーム、Wii U「マリオカート8」に追加要素を加えた作品です。

今回の記事では本作のレビューをしていきます。

マリオカート8について

「マリオカート8」(以下、Wii U版)はシリーズ8作目として発売されたWii Uのキラータイトルです。

シリーズ初のHD画質を採用し、反重力、プレイ動画のアップロード機能などが新要素として追加されました。

しかし、前作と比べて下位でも強力なアイテムが出現しにくくなり、攻撃を受けたらすぐにアイテムを落としてしまうようになっているため、玄人向けの作りでパーティゲームとしては盛り上がりに欠ける内容でした。

ここからはSwitch「マリオカート8 デラックス」(以下、Switch版)の変更点などを書いていきます。Wii U版のレビューはこちら

DLC標準搭載で半任天堂カートに!?

Switch版はWii U版のダウンロードコンテンツが最初から収録されています。

Wii U版のダウンロードコンテンツはまさに「おかわり」と言える非常に魅力的な内容となっていて、追加コンテンツならではの変化球でした。

代表的なのがゲストキャラクター。「ゼルダの伝説」シリーズのリンク。「どうぶつの森」シリーズのむらびとがゲスト参戦し、コースも「ゼルダの伝説」、「どうぶつの森」、「エキサイトバイク」、「F-ZERO」にちなんだ物が追加されました!

これらのコンテンツは「マリオカート」の枠を越えているため後付だからこそ加えられる要素に感じられたので、お金を払って購入する理想的なダウンロードコンテンツに感じます。

さらにSwitch版の追加要素として「スプラトゥーン」シリーズのボーイとガールがゲスト参戦し、バトルステージでは「デカライン高架下」が追加されました!

そのため任天堂カート感がさらに増していて、今後はこの路線でやっていくのかと思ってしまうほどです。

嬉しいのが、コラボコースはいずれも原作ファンには嬉しい小ネタが仕込まれている事。コインは作品にちなんだグラフィックに変わり、アイテムボックスを入手した時の効果音に変わっていました。

BGMも「マリオカート」流にアレンジしたものとなっていて、コラボコースはいずれも力が入っていると思います。

まさにデラックスと言えるボリューム感!

Wii U版のダウンロードコンテンツを最初から収録しているだけあって、ボリューム感は凄いです!

Wii U版の時点で32コース、30キャラクターが存在しましたが、そこからダウンロードコンテンツで16コース、10キャラクターが追加され、さらにSwitch版から2キャラクターが追加されましたからね。

全48コース、42キャラクターはN64版やGC版と単純比較しても3倍以上のボリューム感となります。コースの作り込みはシリーズ最高レベルなので、実質的には4倍、5倍になるかも!?

本作ではそんなコース、キャラクターを最初からすべて選択することが出来ます。なので、パーティゲームとしてパッと楽しみたい人にとってはやり込みをせず、すぐにすべてを選択出来て有り難いと思いました。

初心者でも楽しめるように調整!

Wii U版は玄人向けの作りで、初心者から上級者まで楽しめる作りとは思えませんでした。

下位になっても強力なアイテムが出現しにくく、しかも落としやすい。反重力でグネグネ曲がって初心者には視界が悪い。アシスト機能も存在せず、コースアウトが絶えません(コースからの復帰時間は短くなっていますが)。

Switch版はその辺りの反省を活かした作りになっていて、初心者でも楽しめるように調整されていました!

特に大きいのがアシスト機能。ハンドル、アクセルの2種類を選択可能で、両方とも使用したらコントローラに触れなくても走行する事が出来ます。

ここまで親切だとゆとり仕様と思われそうですが、実際にはそこまで感じられませんでした。

ハンドルのアシストはあくまでもコースアウトしそうになった時だけで、コース内を走っていれば作動しません。アクセルのアシストにしてもドリフトはしないので、上級者と対戦する場合はまず勝てません。

非常に絶妙なアシストとなっていて、コースを走行する楽しさを感じつつ、快適に楽しむ事が出来ます(ハンドルのアシスト機能はデフォルトでONになっていますが、+ボタンを押してLボタンを押せばOFFに出来ました)。

アイテムのバランスはWii U版から大きく変わっていません。ただ、Switch版では2個同時に持つことが可能になっているためWii U版よりも派手で爽快なバトルになりやすく、アシスト機能を合わせたら初心者でもある程度は上位に入れます。

試しにゲームが苦手なにやらせてみましたが、50ccだったら上位に入賞出来ました!これはWii U版ではあり得なかったことです。

上級者には新たなテクニックが追加!

初心者への救済措置は有り難いけど、あんまり多いとテクニック重視の上級者との差が縮まってしまいます。

その辺りも考えて作られているようで、上級者向けの新たなテクニックが追加されました!

それはウルトラミニターボです。Wii U版ではミニターボ、スーパーミニターボまでしか出来ませんでしたが、今作では3段階目のミニターボが追加されました。

長いカーブでしか使えず、入力も大変ですが、その分だけ速度を上げる事が可能でマスターすれば初心者との差を広める事が出来ます。

また、ウルトラミニターボが追加された事によってタイムアタックの攻略法も変わってきているため、Wii U版でタイムを縮めた人が再挑戦する意欲を高める役割も果たしていると思いました。

ちなみにWii U版に存在した裏技のサンダードリフト、ねじれドリフトは使えなくなっています。非公式のテクニックが使えなくなってしまったため、Switch版のタイムアタックは攻略法が大きく変わってしまいました。

新たに200ccのタイムアタックも追加されているので、タイムアタッカーはやり込み甲斐が増していると思います。

スポンサーリンク

バトルモードはアレンジされて面白さUP!

Wii U版のバトルモードは突貫工事な作りでした。それまではオリジナルのコースでバトルが出来たのに、Wii U版では通常コースでのバトルしか出来なかったんです。

通常コースでのバトルは広いため敵と遭遇しにくく、盛り上がりに欠けました。

Switch版では新たに8つのバトル専用コースが追加されたため、3DS版以前のバトルを楽しむことが出来ます。

さらに新ルールとして「パックンvsスパイ」、「ドッカン!ボムヘイ」、「あつめてコイン」、「いただきシャイン」の4つが追加されました!

特に「パックンvsスパイ」はシリーズ初登場のルールとなっていて、鬼ごっこのような楽しさがあって新鮮です。

一新されたバトル専用コースもSFC版からのリメイクや「スプラトゥーン」のコースなど見どころが多く、Wii U版から大きく魅力が増しました!

いつでもどこでもみんなとマリオカートを楽しめる嬉しさ

Switch版はおすそ分けプレイによって1台の本体だけでどんな場所でもテレビ無しで2人対戦ができます。今までは外で対戦が出来ても人数分の本体は最低限必要だったので、これは嬉しい!

テーブルモードでのプレイだと画面分割によって離れた場所では見えにくく、Joyコンではドリフトやアイテムの使用はやりにくいところはありますが、その欠点を上回るほどの利点を感じられました。

ハードを持ち寄ればローカル通信でプレイする事も出来ますし、ハイエンドな「マリオカート」をいつでもどこでも大人数で対戦出来るのは嬉しいです!

とは言え不満点も多い

このようにWii U版から大きく改善されていますが、不満点もまだ多いです。

過去作品よりも情報表示が少ないため2位に大差を付けてゴールをする楽しみが薄いですし、1人プレイは淡白ですからね。

特に1人プレイの淡白さは9作品目、25年目の作品としてはもうひと工夫が欲しかった。

Wii U版とは違ってすべてのキャラクターがアンロックされている状態ですから、モチベーションが下がっているんですよね。

やり込みにしてもグランプリやタイムアタック、オンライン対戦を淡々とやる感じで、単調なところがあります。これが1作品目だったらまだしも、9作品目でこれなのでマンネリ感は否めません。

1人でも楽しめなくはないですが、アンロック要素が減ってしまったため、よりパーティゲームとして割り切った作りになっていました。

全体のまとめ

全体的には従来型「マリオカート」の究極に位置する作品だと思いました。

ゲームバランスは初心者から上級者までが楽しめる「マリオカート」の理想像に近付き、ボリュームも満点!

これ以上の追加要素は必要に感じられず、新作を出すのであれば根本的な部分を変えていかないと魅力的な作品にはならないんじゃないかというレベルです。従来型マリオカートの決定版!

こんな人には特におススメ。
・対戦ゲーム好き。
・レースゲーム好き。

こんな人にはおススメできない。
・ストーリー重視の人。

マリオカート8 デラックス/評価 ★★★★★★★★☆☆ 星8つ
プレイした時間・・・約10時間

※何か分からないゲーム用語を見かけたらこちら をご覧ください。

↓人気ブログランキングに参加中!
1日1クリックしてくれると「M☆G☆M+etc…」の順位がアップします!

↓Twitterで更新通知をしています。
Twitterやっている人はフォローよろしくお願いします。

A52

タグ
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

内容をご確認の上、送信してください。

この記事の反響(18)

  1. たこいち より:

    私はマリオカートに触れたのがDS以来なので、かなり新鮮で楽しめています。

    どのコースも走って爽快ですね!

    先日出先で友人と画面分割で対戦をしてスイッチの素晴らしさを実感しました。

    どこでもゲームで盛り上がれるとか最高です。

    テーブルモードの画面分割でも処理落ちが全然無いのが素晴らしいです。

    • kentworld より:

      DS以来ですか!?

      そうなるとWii、7、8を飛ばした事になるので、
      色々と進化を感じられていそうですね。

      たこいちさんは社交派ゲーマーですなーw
      Switchをコミュニケーションツールとして上手く活用されています。
      確かに処理落ちなしは地味に凄い!

  2. MGMの名無しさんforSwitch より:

    マリカ8はWiiUでも持ってるから別にいいかなあと思ってましたが、動画の楽しそうな雰囲気と発売前の異様な高評価につられ、結局WiiU版売ってこちらを買ってしまいました(笑)

    アイテム2個持ちのおかげで「1位の時、防御手段がない」「ビリなのにロクなアイテム無くて逆転しにくい」という状況も改善されて面白くなりましたし、元々良かったグラフィックも更に綺麗になってモチベーションが半端無かったです!!
    何よりバトルモードが凄く面白くて、特にパックン&スパイが気に入ってます。スパイ側の時に捕まってる仲間を助けに行く瞬間が気持ち良いんですよ。まるで自分がヒーローになった気分でした!!

    という訳で買って良かったと思います。売ったWiiU版が割と良い値段だったので実質半額割引で買えたようなもんですし(笑)
    ただマリカ9が色々な意味で遠のいたのは残念ですね。純粋にスイッチの性能をフルに使った完全新作を期待してますが、最低でも3年後になりそうだなあ。

    • kentworld より:

      僕も同じような感じです。
      DLCを含めて購入したWii U版はSwitch版が発表された時に売ってしまいましたよ。
      買取価格も半額割引になるくらいだったかなー。

      バトルモードの強化具合は凄いですね!
      N64版はバトルモードのほうが楽しんでいたので、これは嬉しい。

      マリカ9は出たとしても3年後でしょうね。
      1ハード1作のルールを破ってくるのかどうかにも注目したいです。

  3. むぐお より:

    wiiu版よりも1位独走体制なのが改善されてよかったです!
    バトルモードも全然おもしろくて
    まさに対戦ツールって感じでした!
    オートアシストなど初めはオンオフわかりにくかったのは残念でした。
    個人的には草レースから1位を目指すストーリーモードとかあればいいのになあw
    kentカップでたいところですが、俺ゲームはムキになるのでもう少し上達したらなあと思いますw
    コメント送信したら急ぎすぎです!!って怒られましたよw

    • kentworld より:

      Wii U版の独走具合は酷かったですもんねーw
      バトルモードはようやく本来の楽しさを取り戻した感があります。
      オートアシストは最初、少しだけ面を喰らいますね。本当に最初だけですが。
      個人的にもストーリーモードを求めています。
      コメント返信のエラーですか?何があったんだろう?

  4. トモフミ より:

    私も発売日にマリカ8DXを買いましたよ。確かにDXとタイトルについているように今作はマリカシリーズの決定版というべき作品になっていますね。初心者の救済処置や新たなテクニックや充実したバトルモード、スイッチによる多彩なプレイスタイルとすべてにおいてパーティゲーとしての側面を押し出していて、3DSやWiiUのようにスイッチの定番ソフトとして君臨していきそうな出来です。私はパーティゲーとして充実しててキャラやステージが最初からアンロックされてる点は評価しますが、ミッションランといったやりこみモードや欲を言えば今回のスイッチ版ならではの新コース(バトルコース除く)が追加されて欲しかったということで私はkentさんより一つ高めの☆9の評価です。
    …次回作はニンテンドーカートになるのかな?ワープスターに乗ったカービィが参戦したらおもしろそう…

    • kentworld より:

      トモフミさんも購入されましたか!?
      シリーズ最大級のボリュームで、これを初めて触れられる方が羨ましいです。

      本作でシリーズデビューを果たして対戦できる機会に恵まれていたら神ゲー評価になるかもしれません。
      今後、定番タイトルとして長く売れていくでしょうね。

      Wii U版プレイヤーとしては、新コースは欲しかったです。
      大して手間を掛けずに発売した感はありますね。

      ワープスターに乗ったカービィですか?
      それは凄いことになりそうだw
      ついでにジェット機に乗ったディディコングも出しましょう!w

      • トモフミ より:

        Wiiではディーディーやファンキーもいましたよね。次回作ではこれらのキャラも復活してほしいですね。ジェット機のネタはディディコングレーシングですか?あれもカート、ジェット機、ホバークラフトと3つのマシーンから選べて面白かったですよね。何気にマリカ7の要素をかなり一足先にやっていた作品だったりしますね。

        • kentworld より:

          そうそう、何故かリストラされているんですよね。
          これだけキャラクターが増えているというのに。
          ジェット機のネタはそうです!ディディーコングレーシングとの夢のコラボもしてほしいんですよね~

  5. ジョエリー より:

    Wii以来のマリオカートでしたが、様々な面で進化していて驚いています。カートのカスタマイズは最初はかなり戸惑いましたが、好みのカスタマイズを探すのは楽しいです。水中、空中、反重力などコースも工夫されたギミックがあって走っていて凄く面白いです。何よりキャラクターとコースがたくさん種類があるのが嬉しいですね。飽きることなく色々なコースに挑戦できます。
    ドリフトのテクニックは好きですね。もう一段階上のターボを出すためにどこまで我慢するかの駆け引きが楽しいです。
    バトルモードも通常のコースとは別にしっかり作り込んであって、かなり好印象です。

    アシスト機能は初心者向けには良いと思います。しかしハンドルのアシスト機能は最初からオンになっている上に、オンオフの切り替えがとても分かりづらい場所にあるのは辞めて欲しかったです。最初は気づかなくてしばらくオンにしたまま走っていて、ショートカットをしようとしても押し戻されてしまって違和感が凄かったです。
    1人用モードに関してもWiiから進化がほとんど見られなかったのは残念でしたね。

    全体的にはkentさんと同じで★8くらいかなといった印象です。5月は新作がかなり少ないので、積みゲー消化やパワプロと並行しながらプレイしたいと思います!

    • kentworld より:

      Wii以来になると2作品、飛ばしたことになるんですね。
      そこからコースのギミックがかなり増えたので、
      その辺りで新鮮味を感じられると思います。
      水中エリアまで作り込むって凄いですよね。
      コースのルートもだいぶ増えました。

      アシスト機能は最初だけ面を喰らうかもしれません。
      まっすぐ走れない人のためにデフォルトでアシスト機能を入れているんだとは思いますが。

      今作は単に要素を付け足しただけなのは否めませんが、ボリュームは数あるレースゲームの中でも飛び抜けていると思います。

  6. より:

    リージョンロックが掛かってない事を利用して北米版も買いたくなる、そんなソフトの一つです。

  7. qua より:

    Wii U版をフルで買ってるので躊躇しているところです。
    8はコースのデザインも良く、走行感も気持ちいいのでまさに究極のマリオカートという印象でした。Wii U版はあまり不満もありませんでした。
    ただし、自分も毎回プレイしているのでそろそろマンネリも感じてきています。
    このマリオカート8に関してはWii U版(アップデート)もSWITCH版も任天堂にしてはユーザーの声を結構反映しているな、という印象です。悪いところは全く無いけれど、新しい何かが無いかな….
    9はもうちょっと先でしょうが、ゼルダのときのようなビックリするものを見せてほしいですね。

    • kentworld より:

      そうですよね。次回作は大きな驚きがないと厳しいと思います。
      従来型のマリオカートは今回きりにしたほうが良いでしょうね。

  8. MaruMine より:

    アンロック要素が減ったのは残念です
    隠しキャラや隠しステージの類が大好きなものでホントに残念です
    最近のゲームって解禁条件が緩くなりすぎて物足りないんですよね
    難易度と言うよりもわくわく感が薄い
    隠し要素のボリュームは個人的にスマブラDXが一番だと思っているのですが
    それを超えそうな作品は今後出なさそうなんでホントに物足りなく感じますね

    • kentworld より:

      凄いわかります!
      アンロックする楽しさもゲームの醍醐味ですもんね。
      そこは1人用重視にするか対戦重視にするかで変わってくると思いますが。

コメントする

内容をご確認の上、送信してください。

関連記事

ウェーブレース64【レビュー・評価】水上スキーの魅力を上手く表現した作品
ルイージマンション2【レビュー・評価】ボリュームとストレスが倍増!
ファークライ4【レビュー・評価】舞台をヒマラヤ山脈に移した前作の改良版的続編!
ダークソウル2【レビュー・評価】より厳しく、より自由に
これはドシンじゃない!巨人のドシン(GC)レビュー
DSでお料理♪しゃべる!DSお料理ナビ 発売2周年記念レビュー
ファミコンゲームをここまでボリュームアップさせるか!ロックマンロックマン レビュー
バトルフィールド3【レビュー・評価】戦場で戦っている感がさらに増した大規模FPSの決定版!
今なら300円!TETRIS(PS3)レビュー
寄り道が重要なパルテナ!キッド・イーカロス オブ・ミッス・アンド・モンスターズ レビュー