2017/02/21/12:00 | お知らせ

当ブログの10年間を振り返る!第2章:2008年~2009年「任天堂不満記事で大ブレイク」

今年で開設10周年を迎える当ブログ「M☆G☆M+etc…」。今回の記事では当ブログの2年目(2008年~2009年)を振り返っていきたいと思います。

序章:2005年~2007年「個人ブログとの出会い」
第1章:2007年~2008年「ブログ開設と初めてのネット友達」
・第2章:2008年~2009年「任天堂不満記事で大ブレイク」←今ここ
・第3章:2009年~2010年
・第4章:2010年~2011年
・第5章:2011年~2012年
・第6章:2012年~2013年
・第7章:2013年~2014年
・第8章:2014年~2015年
・第9章:2015年~2016年
・第10章:2016年~2017年
・カミングアウト

※リンクをクリックすると過去記事に飛べます。

戦略的な記事公開でブログの人気が上昇!

ブログを開設してから1年経った2008年10月。2年目を迎え、少しずつ更新スタイルが安定するようになっていきました。

週の始めにはCD紹介やCDランキングを。週の終わりにはゲーム情報まとめやゲームソフト紹介記事の公開が定着して、製品版だけではなく、体験版のレビュー記事も始めました。売上予想が本格化したのもこの頃ですね。

アフィリエイトのシステムもこの頃に導入。ブログのマネタイズ化が始まり、その辺りも意識するようになって行きます。

ブログのアクセス数も徐々に上昇。2008年秋ごろにはアメブロのゲームブログ部門で60位前後には入るようになり、2009年2月ごろには40位辺りまで上昇しました。

記事公開も戦略的になり、毎日2回、必ず更新をするようになり、話題作のレビューをするかと思ったら次の記事では大作ゲームの発売日決定ニュースを取り上げるなど大衆ウケする記事を連発して読者の関心を引き続けます。

そんな右肩上がりだった当ブログの大ブレイクを決定付ける事件が2009年3月に巻き起こりました。

任天堂不満記事で大ブレイク

任天堂のWiiへのソフト供給に対する不満

2009年3月、任天堂に感じている不満を勢い良く記事でぶつけてしまいました。

当時の任天堂はDSやWiiの売上が絶好調だったんですが、それに甘えているところがあって悠長な展開をしていたんですよね。

発売されるゲームの多くがゲームキューブからの移植作で、新作はマイナーなものばかり。

勢いに乗っている時期だからこそ「大乱闘スマッシュブラザーズ」で活躍する人気キャラクターの最新作を出すべきだったのに、なかなか発売されず、ヤキモキしていました。

しかも同時期に苦戦していたPS3がようやく軌道に乗って「龍が如く3」、「バイオハザード5」と大ヒット作を連発していたので、任天堂の悠長な構えが余計に気になったんです。

公開した記事ではその辺りの不満をぶつけまくったんですが、共感してくれる人が非常に多く、人気ブログ「忍之閻魔帳」で記事が紹介された事を機にあちこちのまとめサイトで取り上げられ、さらには法人のニュースサイトでも取り上げられました。

「Wii」向けの新作ゲーム 「任天堂なぜ作らぬ」とネットで不満(J-CAST)

一時期はYahoo!ニュースでも同様の記事が紹介され、あちこちの個人ブログでも紹介されたのでアクセス数はうなぎ登り!

なんと、1日のユニークユーザー数が14,000を超える日も出て来て文字通りの大ブレイクを果たしました。
※あくまでも水増しアクセスで定評のあるアメブロの解析ツールなので、実際にはもっと少ないですが。

アメブロのゲームブログランキングでも最高で6位までランクを上げて、その時に目標だったブロガーさんを追い越す事が出来て大きな目標を達成しましたね。

それにしても餓鬼が任天堂の不満を記事にするだけでここまでの反響を頂けるとは。それだけ訴えかけるものが僕の文章に含まれていたのかもしれませんが、ネガティブな話題で有名になるのは不本意に感じています。

あと、今思うとあの記事は任天堂に執着していた故に出来上がったものなんですよね。

あの頃から任天堂の凋落が始まったので間違った事を書いたつもりは今でもありませんが、今の距離感だったらこんな記事を書く事は出来ないなぁ。
関連記事:ゲーム友達や任天堂に依存や執着をしてしまった事で感じた危険性

念のためにフォローしておきますが、あの不満記事はよくいるアンチの駄文ではありません。ファンだからこそ不満をぶつけた叱咤激励というやつです。その辺り、誤解のないようお願いします。

スポンサーリンク

掴んだ獲物は離さない!ブレイクを機に新コーナーが続々誕生!

開設1年半でアメブロのゲームブログランキングTOP10入りを果たした当ブログ。

もちろん、奇跡が重なっただけなのでここをピークにアクセス数は下がるばかりなんですが、掴んだ獲物は離しません!

どのような記事を公開したら新規読者を固定化できるのか様々な試行錯誤をしました。

国内だけではなく、世界の売上ランキングを公開したり、自分の考えをまとめたコラム記事を連発したり、ゲーム情報まとめ記事を週に1回から2~3回に増やしたり。

特に効果的だったのはコラム記事でした。当たり外れはあるものの、ゲームの旬な話題をコラム化したら読者のウケは良く、コメント数もかなり伸びました。

コラム記事はその後、定着化して今では600を超えています。こちらの記事で過去のコラムをまとめているので、気になった方は是非ご覧になってください。

注目度アップによる反動も…

ブレイクした記事の内容が内容だけに、反動も沢山ありました。

任天堂の不満を書いた記事には当然、反論コメントも沢山付きましたし、公開出来ないコメントの中には乱暴過ぎるものや僕への誹謗中傷が書かれたものもあり、その時にネットの恐ろしさを感じたものです。

当ブログのコメント欄が承認制になったのはこの時からですね。コメントを投稿してもすぐに反映される訳ではなく、管理人が確認してから反映されるように変更しました。

アクセスアップの反動は他にもまだまだあります。一番大きかったのが、交流あるブロガーがTwitterで僕の批判を書き並べていた事です。

たまたまその人のブログを確認してみたところ、Twitterのブログパーツが貼られていてそこには僕の記事に書かれていた事の批判がつらつらと並んでいるではありませんか!

名指しこそはされていませんが、明らかに特定は出来たので、ダメージは大きかったですよ。

コメント欄で直接反論してこないからこそ感じる陰険さ。名指しされていないからこそ感じるモヤモヤ感。

この時にTwitterの嫌なものを知ってしまい、それ以来、僕はTwitterが嫌いになってしまいました。結局、1年後にはアカウントを作り、Twitterの性質みたいなものを理解しましたが、やっぱりトラウマでしたねぇ。

モヤモヤしたままじゃ嫌なのでTwitterで遠回しに僕の批判をした人には抗議しました。一応、交流があった人だったのと、当時の僕は今以上に頭が子供だったので抗議したくなってしまったんですね。

その後も色々と揉めて何とか丸く収まりましたが、この時にネット上での喧嘩は面倒さいと思いました。

相手の感情が伝わりにくいから誤解が生まれやすく、発展すると言葉のナイフをぶっ刺し合うので予想以上に傷付いてしまいます。

出会いもたくさん生まれた

ネット上の方々は僕の敵ばかりではありません。むしろ味方ばかりで、任天堂の不満記事を公開したことをきっかけに新たな出会いも沢山ありました。

良くも悪くも例の記事で知名度が高まったのでこれを機に常連化した読者も多く、中には今でも交流が続いている人もいます。

前年から交流があった人とはさらに仲が深まり、この頃にはSkypeを通じてゲーム雑談したり、Wii「モンスターハンター3」やPS3/Xbox360「バイオハザード5」、Xbox360「ギアーズオブウォー」などで協力プレイをボイスチャット通じて楽しんだもんです。

その時にブログの愚痴なんかもさせてもらって、励まされましたね。あの時に愚痴を聞いてもらった方々には感謝しています。

2009年9月には人生初のオフ会も実施。生まれて初めて東京ゲームショウに行く決意をしたので、それに合わせてネットで交流あった複数の方と数回に分けてオフ会をしました。

あの時はワクワクドキドキしたなぁ。相手がどんな容姿なのか文面と照らし合わせて予測するのがワクワクしたし、逆に自分の容姿を見てどう思われるのか凄くドキドキしました。相手に絶望されたくないと思って、一生懸命お洒落して向かったなぁ。

そんな感じで辛い事もあったけど、楽しい事もいっぱいあってブログをきっかけにがどんどん広まっていきました。3年目にはその輪をさらに広める大きなきっかけが生まれます。

続く

おまけ:当時発売された主なゲームソフト(2009年)

DS「ドラゴンクエストIX 星空の守り人」
Wii「NewスーパーマリオブラザーズWii」
PS3「ファイナルファンタジーXIII」
Wii「モンスターハンター3」
DS「ポケットモンスター ハートゴールド/ソウルシルバー」
PS3/Xbox360「バイオハザード5」
DS「ゼルダの伝説 大地の汽笛」
PS3/Xbox360「ベヨネッタ」
PS3「デモンズソウル」
Xbox360「スターオーシャン4-THE LAST HOPE-」

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド
任天堂 (2017-03-03)
売り上げランキング: 10

 

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(62)

  1. Kiyoppy より:

    ネットの争いは経験ないのですが、えげつなさそうですね。仕事でも電話だけのクレーム処理は大変ですからね。意外と顔を合わすとすんなりいく時がありますね。僕は仕事以外でそういう悩み事は持ちたくないですよ(笑)。
    しかし、ネットのおかげで様々な人と出会えたので、悪いことばかりでもないですよね。

    • kentworld より:

      顔合わせが一番ですよね!
      お互いが発信する情報が少ないからこそトラブルは起きるものだと思っています。
      今回は負の部分を少し大きめに取り扱ってしまいました(^_^;)

  2. 伯爵 より:

    あー、なるほど。今になって思えば、私がこのブログ見ることになったきっかけが任天堂への叱咤激励記事だったんですね。
    そう考えると感慨深いなあ。
    少なくとも、私という新規固定読者は獲得出来たみたいですよ笑

    Twitterの件は、なんとなくあの方かな?という予想はつきましたが、今では確か仲直りしたんですよね?
    そうだったなら何よりです。
    ネット上って顔が見えない分遠慮なく書きあったりしますが、傷はやっぱりつきますからね〜
    掲示板とかチャットでムキになって罵りあってた頃とかもありましたが、まさに若気の至りだったなあ。

    コラム記事は、管理人の主観を知れるという点で需要があるんでしょうね〜
    図に乗ったことを書いて物議醸さないように気をつけてくださいな\(^O^)/

    • kentworld より:

      あの記事があったからこそアメブロのゲームブログランキングTOP10常連になれたので、
      ランキング一覧から読みに来てくれた伯爵さんにとっては大きなきっかけになりますねw

      Twitterの件は、おそらく違うと思います。
      時系列的にあれはさらに5年後なんですよ(^_^;)
      それよりも前に色んな事があったんですね。

      掲示板とかチャットでムキになって罵りあってた頃があったんですか!?
      それは見てみたいなぁw

      コラム記事は毎回、反応を見るのが怖いw
      読者に反感を買われず注目を集めるような記事が理想的ですね。

  3. ズースカ より:

    伝説回きたーっ!
    ワタシもこのWiiの記事からですね。
    忍さんとこの常連だったので。

    当時は同郷?(名古屋地区)だし、
    任天堂への力の入れ具合が、昔の私のセガキチにかぶる部分もあって、
    途中でブログ疲れとか出て退場しちゃうんじゃないか~?と影ながら心配していましたが、全くその心配はありませんでしたね!

    チャンスをしっかり生かして大きく飛躍しましたね!

    おっと、エラそうな口聞いてすみません!
    おっさんのたわ言として流してくださいませ。

    正直なところ、いろいろ羨ましいですね~
    あと10歳若ければ、皆さんの仲間に飛び込んで行きたかったところですw

    と言うことで、今後もイチ読者としてたのしませてもらいまーす。
    おっさん視点で、懐かしいネタを投下します!!

    • kentworld より:

      まさに伝説回ですね!w
      ブログの歴史を語るうえで2009年は欠かせないものだと思います。

      他の方からも長続きするようなブログではないとか色々言われていましたが、
      ブログに対する執着心が強いため生き残れました。

      羨ましいですか!?
      趣味が合えば歳の差はそんなに関係ないと思っていますが、そうでもないのかな?

      今後も現役を突っ走ります!

  4. 名無しのスターライト より:

    マニアックなものというのはコアゲーのことかな?
    お布がちらつくゲームかと一瞬思わなかったり(笑)

    当時のkentさんの任天堂への不満は僕とは切り口が違いますねw
    自分はどっちかというともとにしさん寄りかな・・w

    執着心というのはマイナスしか生まないと少しずつだけどわかってきたかなと思います
    執着をやめると肩の荷が下りて視野が広がりエネルギーを効率的に消化できるようになってきますね

    一ファンだろうと全機種持ちだろうと不満が1つもない人なんていないと思いますけどまあどう付き合っていくかですかね
    個々の意志を尊重するというのは簡単なようでなかなかできない・・・w

    • kentworld より:

      マニアックではなく、マイナーでしたね。変えておきます。

      ハード云々に関しては2009年の段階では今更感がありました。

      執着心というものは難しいものですね。
      持つべきところは持たないといけないし、持ち過ぎるのも問題です。
      ある程度は寛容にならないといけないんですね。

  5. つぐみ より:

    2008~2011あたりは個人ブログやゲームのお店ブログが多くて活気がありましたね。
    段々まとめやSNSが主流になってしまいまして悲しいですね(おまいうですが)

    ネットは顔が見えないから、意見を曲解されることも多いし(前後の記事も読まずにパーソナリティを否定されることもあるし)
    記事のタイトルしか読まないで批判する人も多いですよね
    釣りタイトルにして、中身でフォローするってのが効かない人も多く困惑することも多かった気がします。
    スポーツ新聞の見出しだけ見て騒ぐ人ってこういう人なんだろうなって(たまに自分もやりますが)

    友人に言われた『自分の常識が他人の常識だと思うなよ』はネット社会で切実に感じます。
    あとひろゆきちゃんの名言『うそはうそであると見抜ける人でないと(掲示板を使うのは)難しい』も感じます。

    しかし、ブログやSNSを通じて友人知人が増えたり、趣味がわかちあえる人が増えるのはメリットですな

    • kentworld より:

      今思えばあの頃は活気がありましたよね。
      アメブロだけでもライバルが多く、張り合いがありました。

      記事タイトルだけで判断されるのは悲しいです。
      よく読んでよーと思いますが、釣りタイトルに関しては色々思う事があります。

      あの時の騒動でネットに関していろいろ勉強になりました。

  6. ☆☆☆☆ より:

    おまけ、に間違いが幾つかあるから締まらない記事になってますよ…

  7. ジオ より:

    まとめサイトが増えてから、転載するときにただの叱咤激励を批難してるだけのように見せかけてアクセス数を稼ごうとしてる記事をよく見ますが、それと似たようなことを感じました。ポジティブな記事が話題になるのが一番ですが、炎上して増えるのは複雑ですね。上から目線ですみませんが、最近で言うと、PS4にもパーティーゲームがたくさんあるという記事のアクセス数が伸びているのを見てすごく良い傾向だなあと思いました。

    • kentworld より:

      ネガティブな話題の方が瞬間的なアクセスは稼げるんだなーと当時から感じておりました。
      最近の人気記事上位はPS4のパーティゲーム特集やニンテンドースイッチのイベントレポートなどポジティブな物が並んでいて、良い傾向です。
      これらは瞬間的なアクセスはなくてもジワ読みされているので、今後も長く愛される記事を書いていきたいですね!

  8. ☆☆☆☆ より:

    DSやってる分には不足感は無かったんですけどね。熟れた作品が数多く出ていた時期ですし
    でもPS3持ってたら楽しかったろうなぁ

    • kentworld より:

      当時の事は当時の人間にしか分からないんです。
      あの当時、任天堂がどれだけ期待されていた事か。
      執着心が強い故に感じた事ではありますが、今の惨状を見ているともっと色々と出来たと思わずにはいられません。

    • ⭐️⭐️⭐️⭐️ より:

      まあこの時の自分は数ヶ月に一本買うのがやっとでした。ニンダイとかもなかったので任天堂の動きは今ほど追えてはいなかったですし、にわか者は退散するとしましょう
      ただ、社長が訊くが一番面白かったのはこの頃だった気がします

      • kentworld より:

        最先端を追い求めれば求めるほど当時の任天堂は不満に感じましたね。
        さすがにスーパーファミコン時代まで遡ったら僕もよく分かっていなかったので、
        任天堂が1992年にスーパーマリオカートしか出せていなくても気になりませんでした。

  9. ジョエリー より:

    この頃から有名になってきたんですね。
    自分はNewスーパーマリオブラザーズWiiのようなWiiのゲームをプレイしていました。

    ネットだと自分の好きなものを少しでも否定されると、よく内容を読まずに反論したり誹謗中傷したりする人がたまにいますよね。その反論コメント書く前にもっとよく記事を読みなさいよ・・・と思うことがよくあります。笑
    まぁ内容を読んでいても少しの批判も許さないといった信者的な人もいますけどね。

    自分はネットは怖い場所だと思っていたのでずっと傍観者に徹していました。チャットが必要なオンラインゲームもやったことがありませんし、2chのような掲示板やまとめブログのコメント欄にも書き込んだことは一度もありません。見てるだけで怖くなったことが何度もあるのでね。笑

    オフ会もこの頃から始めたんですね。自分はネット上で知り合った人と会うのはkentさんが初めてだったのですがかなり緊張しましたよ。笑
    自分はドキドキワクワクというよりは、記事を読んでいると明らかに自分と年齢層が違ったので上手く溶け込めるか不安の方が大きかったですね。でも皆さん良い人ばかりで楽しい時間が過ごせました。ありがとうございます!
    ゲームルームも楽しみにしてます。

    • kentworld より:

      この頃から固定読者がしっかりと根付き、アクセス数も安定してきました。
      逆に言えば8年以上ずーっと同じくらいの位置にいるんですよねw

      日本だけでも1億人以上の人がいるから、読解力がある人は限られてしまうんでしょうね・・・

      ネットは怖さもありますが、素敵な出会いもあるから止められません。

      オフ会は緊張しますが、この時に出会った人は良い人ばかりでした。合う合わないはありますが(^_^;)

      年齢層、そんな違って見えましたか!?
      僕の場合、わざと柔らかい文面にして実年齢よりも下に見せているんですが、
      やっぱりどこかで分かってしまうんだなぁ(^_^;)
      趣味さえ合えば歳の差はそんなに関係ありませんよ♪
      普通に10歳も年上の人ともやりとりしていますしね♪

  10. 名無しのスターライト より:

    ネットというのは相手の素性が見えないから気を遣うことなくバンバン発言できるという特性がありますからね~お互いマスクを被って会話してるようなものですね
    だからこそ逆に意識を向けないといけないんですけどね・・今や未就学児でもネットを見ていますから義務教育でネットリテラシー等に関してしっかり学ばせていかないとは思います

    特定のメーカーのハードしか持たない人、全機種持ちだが稼働頻度は特定のハードに偏る人、全機種持ちで全てのハードのソフトを満遍なく遊ぶ人
    ユーザーには様々な方がいますがそれぞれのスタンスや嗜好は個々で違って当たり前ですし全機種分け隔てなく語り合いたい、特定のハード中心に語り合いたい等それぞれのコミュニティというのがありますからあるハードやメーカーの愚痴を言いたいなら悪い言い方になるけど隔離場所なり避難所なりにいけばいいんですよw

    自分はゲームには原則として性能を求めていて出来るだけスペックや操作性が高いハードでやりたいというスタンスです(まあkentさんからすれば知ってるよになるでしょうけどw)
    自分のゲームライフにおいてはPS4が母艦ハードで任天堂ハードはPSでは遊べないタイトルを遊ぶためのサブハードというポジショニングですね
    Switchもそのつもりで予約しましたw
    こうしてみると最近まで携帯機オンリーユーザーだったというのが信じられないですねw
    人はいつまでも同じ価値観を持つとは限りらない寧ろ変化していくものだと思いますからこの観点からも執着するというのは時間の無駄だと思います

    • kentworld より:

      余程の強い信念がない限り、人の価値観は徐々に変わっていき、やがて寛容になって行くもんだと思います。
      このシリーズでは僕の成長も描いていこうと思っていますので、今後も期待してください。
      今回は任天堂をクローズアップした形になっていますが、
      僕は他にもゲームに関して執着いた事が沢山あって、それが仇となって悪い方向に向かった事も沢山あります。
      その中には名無しのスターライトさんがコメントしたくなるような出来事もあるでしょうねw

      本当に世の中、色んな人がいます。
      会社だったらある程度合わせないといけないんだけど、
      娯楽の世界では合う人のところにいけば良いだけの話なので、
      合わないと思ったらさっさと離れて合うところに行けば良いんですね。

  11. マッドタダ より:

    その頃はまだ読んでないのではっきりとは意見を言えませんがまあその通りかなと思います。任天堂にも甘えや過信があったんでしょう。
    今のゲーム業界は厳しいのでどのハードメーカーやサードも過信を持ちすぎない方がいいですね。後でしっぺ返しがきますから。
    オフ会とか機会があれば参加したいですね。オフ会のレポを読むだけでも楽しいですけど。

    • kentworld より:

      当時は物凄い利益を上げていて、日本のトップ企業だったんですよね。
      だからこそ期待が高まり過ぎてしまい、未来への投資を怠っていたのが気になってしまったんです。
      本当に過信し過ぎるのはよくないなぁ。
      オフ会に関しては次回、さらに突っ込んだ話をしていきます。
      憧れるのは分かりますよw
      でも、落とし穴もあったりしますので、記事でそれを理解出来たらなと思います。

  12. C-rex より:

    このころにブレイクしたんですね。僕はこのころ「うごメモ」やってましたし、任天堂のゲームの出し方に不満はありませんでした(というか、気にしてませんでした)。
    僕はメーカーとかはあまり気にしないタイプ(悪い印象の強いメーカーはありますが)ですので、任天堂への依存は特にありませんでした。

    Twitterが苦手なのは、そのような経緯が……。僕の友達はTwitter上で、知り合いに批判されたという事例があります。
    ある種の公共の場でこういったツイートをするのは、人間としての品位を疑いますね。

    Skypeは結構便利ですよね。ぼくはkentさんとチャットを2回しましたよね。遠くの誰かと繋がれるのは、いいもんですよ。

    • kentworld より:

      この頃からブログ人気が定着しました。
      子供だったら旧作を中心にプレイしていると思うので全然気にならないと思うんですが、
      ある程度の歳になり、1つに執着するようになったらあんな記事が出来上がってしまうんですね。

      Twitterの特性に関しては次回、また詳しく触れますが、慣れませんねぇ。
      相手の心の声が見えてしまうんですから。

      Skypeは超便利です!これはずっと愛用しています。
      通話に関してはSkypeの右に出る者はありません。

  13. lemse より:

    ネットで揉めたことは、数回ありますよ。

    僕は普段、まず怒ることなどない人間ですが、
    ネットは意図が伝わりにくですから誤解を受けやすいのと、
    なぜか、ネットになると絡んでくる人がいるんですね。

    普段とネットとどちらが本当の人間の本性だか分かりませんが、
    そういうこともあって、僕はon-line gameはほとんどやったことありません。
    ゼノブレイドクロスだと常にon line 状態でプレイしたため、よく話しかけられましたが、申し訳ないけど全て無視してました。

    やったことあるのは、囲碁とチェスのみでした。

    • kentworld より:

      優しい文面が印象的なlemseさんでもあったんですか!?

      僕はネット上の文面が本性だと思っています。
      自分が思っている事を気にせず文章に出来ますからね。
      現実だと度胸がないと好き放題言えなかったりしますから・・・

  14. セシル より:

    自分もこのWiiの記事をきっかけにKentさんのブログを読むようになったひとりですね~。今でも毎日のブログチェックを欠かしません、ネットで顔を知らない相手に絡むのは今でも苦手ですけどKentさんにはなんかコメ送れたんですよね、よっぽど共感できたんでしょうか。ゲームプレイのスタイルはKentさんのようにストイックでなくゆるゆるプレイヤーですが(^_^;)

    • kentworld より:

      セシルさんもあの記事がきっかけだったんですか!?
      そうなると8年近くも読み続けているんですね。ありがとうございます。
      僕の文章って自分では平凡に感じているけど、
      他の人にはない訴えかけるものがあるのかもしれません。

  15. JINO より:

    確かに良くも悪くも注目を集めそうな記事ですね
    若さがゆえの勢いというものでしょうか

    この頃の自分はまだPS2をやってましたね
    就職活動中で金欠だった時期でしたので

    • kentworld より:

      当時は任天堂の不満を書く人はいても、
      あそこまで大々的に書いた人は少なかったのかもしれません。
      PS2をやっておりましたか・・・
      当時はまだPS2もかろうじて現役でしたもんね。

  16. Koji より:

    任天堂不満記事の前後の記事をざっと見てみたところ、自分が投稿したコメントがいくつか見つかりました。
    どうやらこの頃から自分はM☆G☆Mに入り浸り始めたみたいですね。
    投稿したコメントの内容とか懐かし過ぎますw

    • kentworld より:

      kojiさんは2009年初頭からコメントを送り続けている記憶です。
      ここまで読み続けている読者はそうもいないですから、感謝しておりますよ。
      一時期は一番コメント投稿をしていましたよねw

  17. メイラード より:

    このブログが任天堂不満記事で大ブレイクしたことを知らなかったので驚きました。そして記事の内容を見て再度ビックリ! 今の任天堂の凋落を見事に予言している!! この時のコアゲーマーを軽視し、宣伝にお金を掛けすぎたツケを見事に食らっている任天堂。ここで使われた広告料をもっと別のことに使って欲しかったですね。

    • kentworld より:

      今まで避けてきましたが、実はこんな歴史があったんです。
      当時の任天堂は過去最高利益をあげていたのに僅か8年でこのざまですからね。
      当時、もっと何か出来たんじゃないかと感じずにはいられません。

  18. 叉坐庵 より:

    そもそもが任天堂のゲームは面白いと分っていても、任天堂のゲームには魅力を感じて居なかった自分は、Wiiの経営方針に関してはそこまで不満は無かったかな💧

    それまではアンチに近い存在だったのに、社長の世代交代やDSで見直した時期だったからかも…😓

    ココが有名になったのは、純粋に新しいコントロールデバイスにワクワクしてた頃ですかねぇ😚
    そしてサードからも試行錯誤乍らもそれなりのゲームが出ていましたので個人的にだったらWiiは十分に堪能出来たハードだったかも知れません😋
    それまで任天堂に大きな期待を寄せていたKentさんと、期待すらして無かった自分との差でしょうかね😝

    ギミックギミックとネットでは馬鹿にされがちですが、今ではゲームコントローラーの限界を超えて新しい娯楽を提供してくれそうな企業として旧作の延長路線だけでは無く、新規タイトルが期待出来る会社になったのは事実😉
    ギミックが上手に使えてるゲームを稀にしか出してくれないのがネックですがね😣

    • kentworld より:

      叉坐庵さんとは任天堂に対する考え方。だいぶ違うなぁと思います。
      今が嫌いとかそういう訳では無いんですが、
      僕としては山内社長時代の方が惚れていたんですよね。
      その辺の話はまた別の機会にしようと思います。

      ギミック路線に関しては否定しませんが、
      やっぱり作ったからには活用したゲームが沢山出てほしいですねー

  19. Ryou より:

    kentさんのブログにお世話になりはじめたのは2009年11年の斬レギの発売日
    を紹介して貰えた事が始まりですwだから比較的初期からの付き合いになるのか

    >任天堂のWiiへのソフト供給に対する不満
    そういえば忍さんからの紹介で、一度訪問したようなないような曖昧な
    記憶がある。その時はこんな意見もあるのかと思いつつコメントせず
    閉じたような(とにかくうろ覚えレベルなんでスミマセン。)
    とはいえ、あの頃はマジで度を通り越して天狗になってたからなぁ。
    一度大ヒットすると周りが見えなくなってしまうものなのかと思ったし。

    ネガティブ記事って結構勇気も要りますからねぇ。
    時には大切なものを失う事だってある位ですから。

    • kentworld より:

      そうですね、もう、7年以上も前になりますから・・・

      当時の不満記事、Ryouさんにはどう映るのか気になっていましたが、真っ向から反論するわけでは無くて安心しましたw

      本当にゲームキューブの移植で半年間繋ぐ暇があったら何かやれたんじゃないかと思わずにはいられないんですよね。
      あの頃にアカウント周りの強化やHDの開発ノウハウなどをやっていたら・・・

      当時の不満記事は勢いで書きました。20、30分程度で完成したので、
      それがまさかニュースサイトで取り上げられるほど騒動になるとは。

  20. ウユニ より:

    任天堂で燃えて成長してきたスタイルw
    まぁ当時は圧倒的強者だったから言っちゃっても良かったと思いますよ。
    結局案の定な現状になっちゃってますし。
    ただまぁ任天堂ファンの人のレスポンスは今も昔も変わらんなとw
    別に他ハードのファンが大人しいとも言いませんが。
    Switchの現状見えてるファーストタイトルはkentさんとか自分が望むもの多い気がしますね。

    確かこの頃PS3買ったんですよね?
    この辺りから執着解けて来だしたんだろうなと思いますよ。
    質的には勿論今の方が向上してるでしょうけどこの頃に全機種向けになったかつ
    レビュー、コラム、情報記事の今のスタイルが確立したんでしょうね。

    個人的には最高にリア充だったのがこの頃ですね笑
    大学慣れてきてバイトで金も時間もそれなりに余裕あったので
    友達も恋愛も趣味もやりたい放題やってた気がします笑
    バックパッカーデビューもこの時期でしたね。
    ゲーム面では何気にネト充でもあってネットでの友達とポケモンの対戦ばっかやってました。
    あとはドラクエ9やったくらいでしたかね。

    • kentworld より:

      ついにこの話題を記事にする時が来ました!
      当時は利益が歴代最高で調子に乗っていた頃なので、
      未来への投資は十分に出来たと思うんですよね。
      自分としては間違った事を言ったつもりはなかったんですが、書き方が幼稚だったので腹を立てた人が多かったんでしょう。
      スイッチのラインナップに関しては少ないですが、主要タイトルは文句なしです!

      PS3を購入したのは2009年なので、丁度この頃になります。
      執着に関してはここから数年かけて徐々になくなっていく感じですね。
      まだまだ人を選ぶ人格だとは思っていますが、当時と比べたらだいぶマイルドになりましたw

      ウユニさんは当時、ノリノリだったようですね。
      ぜひ、当時の写真を掘り起こして見せてもらいたいです。
      絵に描いたようなリア充大学生には憧れますね。
      ゲームに関してはDSがフル稼働じゃないですかw

  21. コルレオーネ より:

    自分はこのブログを3年ほどまえから毎日ほぼ欠かさず見させてもらっている者です。
    昔何回かコメントしたんですが、久々のコメントです笑
    名前合ってたかな汗

    ケントワールドさんの好きなゲームジャンルだったり、コンシューマゲームや企業に対する考え方が自分とかなり近いものを感じ、「本当そうなんだよ!!」って感じでいつも読んでいます笑
    たまに意見が分かれる時もありますが、新しいことに気づかされたりで、それもまたおもしろいんですよね。

    それにしても、こんなに前からやられていたとは…
    毎日これだけ凝ってバラエティに富んだ記事を2つも(多いときは3つ!)投稿し続けていらっしゃるのは、本当にすごいことだと思います!

    このブログを見て自分は育ち、おかげさまでゲーム業界に入ることもできました笑
    さらに、自分もゲームブログを始めようとしている次第です。

    これからも、身体と心どちらも健康で、ブログを続けていっていただきたい!

    • kentworld より:

      覚えていますよ!マックス・コルレオーネさんですよね。
      このブログ対して好意を寄せているようなコメントが印象的だったので、
      いつもコメントをくれないか楽しみにしています。
      かなり主観的な意見も目立っているだけに、共感は嬉しいですね!

      伊達に10年続いている訳じゃないので、振り返り記事では様々なドラマを語っていきたいです。

      こんなブログで育ったとは嬉しい。ゲーム業界にも入れたようで、夢が叶って素敵ですね!
      ゲームブログを始めたらぜひ教えてください!

  22. A・T より:

    任天堂に関する不満を書いた記事でアクセス数が伸びてしまうあたり、任天堂の影響力は侮れませんね。
    ネットは炎上や意見の対立など負のイメージが先行しがちですが、知らない人とも気軽にやりとりができる便利なツールですよね。

    • kentworld より:

      任天堂の知名度が高いが故の反響でしたね。
      ネットはリスクもありますが、上手く使えば素晴らしいツールです!

  23. 匿名 より:

    あー懐かしい記事ですね
    他のゲーム系ブログにもまとめられてて
    自分もその通りだと思ったのですが
    任天堂大好きユーザーさんたちは
    ブチ切れてましたねぇ(笑)

    • kentworld より:

      懐かしネタを掘り起こしてみました!
      記事の本質を見抜けず、怒っていた人は沢山いました。
      読解力が足りない人も多いんですね。

  24. マージ より:

    この頃から、ケントさんのブログを読み始めたかな。
    会社が倒産寸前だったので、暇でネットサーフィンばかりしていた記憶があります(笑)
    会社は、ドラクエ9の延期でとどめをさされましたね。

    • kentworld より:

      そうそう、ドラクエIXの延期は小売り的にも任天堂的にも痛かったですねぇ。
      予定通り3月に出ていれば・・・発売日決まっていたのに。

  25. shiba より:

    当時はゲームブログなんてほとんど見てなかったのですが、そんな事件があったんですか!
    ネット上って顔が見えないので、感情的になってしまうと語気が荒くなってしまったり普段とても使わないような言葉を使ってしまうんでしょうね。
    ◯◯ファンとかミクロな視点ではなく、ゲームや漫画、アニメなどの娯楽関係のコミュニティって平均年齢が低くなりがちだと思うので、文章が単なる誹謗中傷になってしまう人も多いんですかねー
    でも、新たな出会いもたくさんあったとのことで良かったです!

    2009年…おそらく社内に最もゲーマーが多かった時代です!
    みんな年齢も近かったし、今考えると天国でしたね〜
    MH3と白騎士物語をひたすらプレイしてた気がします
    MH3は23時間ぶっ続けでやったりしましたねw

    • kentworld より:

      こんな時代があったんですね。
      今まで振り返っていなかったので、今回の記事で初めて知った人も多いと思います。

      よく言われていますが、ゲームや漫画、アニメのコミュニティは映画と比べて平均年齢が低く、荒れやすいんですよね。

      新たな出会いは沢山あったので、それもあって飽きずにブログを続けられました!

      shibaさんの2009年は楽しそうですね!
      モンハン3はやり過ぎですよ!w
      僕もかなりハマりましたが、そこまではやってなかったなー。

  26. トモフミ より:

    Kentさんにそんな壮絶な過去があったとは!?でも一ブログで書いたことがニュースサイトで取り上げられるにはすごいですね!そのことに任天堂側も真面目に解答しているし、何気に伝説を作っていますね。
    私もその当時の記事を読みましたが、確かにkentさんの行ってることは一理あって私も共感しました!だってあの頃、私もWiiの展開の仕方が嫌になって手放した時期ですもん。マジであの頃は任天堂離れではないですが、Wii(及び据え置き機)離れしてました。もうDSとPSPでいいやって感じの時代でした。その任天堂のつなぎつなぎの姿勢は背景が異なりますが、去年の夏頃のWiiのDL版ラッシュやDSのVCラッシュを彷彿とさせます。
    あともう1つ余談ですが、長い目で見たらあの時に任天堂が絶好調で調子に乗ってあんな展開してたのでそれが今のスマホゲーに出遅れた感じも否めないと思ってます。だから個人的にスイッチは発想としては遅いなと思います。(WiiUも個人的にはギリギリでした)

    • kentworld より:

      そうなんですよ、良い回答ではありませんが、任天堂が直接回答しているので凄い事をしたと思っていますw

      トモフミさんがあの記事読んだらどう感じるのかと気になっていましたが、共感してもらえてよかったです。
      それにしてもまさかWiiを手放したとはねぇ。それだけしびれを切らしていたのか。

      そうそう、昨年も酷かったんですよねぇ。当時ほどの執着心があったら、過去最大級の叱咤激励記事を公開していたでしょう。

      アカウント、スマホ、HD。任天堂に課せられた課題は非常に多いけど、あの当時にもっと色々やれていれば・・・非常に悔やまれます。

  27. 名無しのスターライト より:

    誠に勝手ながらkentさんはWiiDS時代の任天堂に全て肯定的だったりギミックがあるなら性能はいらないという考えなのかなと節節感じてました

    この記事や各々の返信を見てちょっとほっとしましたねw

    • kentworld より:

      そんな事はないですよ!
      そもそも、そんな偏った考えであれば、
      あれほどハイエンドのゲームをプレイしませんから・・・
      ハイエンドのゲームに絞ってもプレイしているゲームの本数は名無しのスターライトさんを上回っているという自信もありますw

  28. シロマ より:

    この頃からkentさんのブログのスタイルが確立されて言ったんですね。
    ゼノブレイドクロスの時もですがネガティヴな記事で注目を浴びてしまうのはゲームブログとしては不本意ですね。
    俺もネットで揉めた事とより被害を受けた事をがあります。
    ある特定のハードに対するネガキャンをするゲハブログに頭に来て批判をコメント欄に書いたら、そこのコメント欄が承認制なのをいい事に管理人がIPを晒さした上に俺を日頃からこのゲハブログに誹謗中傷している悪質な荒らしだとでっち上げられました。
    法的な手段にも訴えるとか脅迫じみた事も言われ、このゲハブログはまだ許せないです。

    • kentworld より:

      この頃でブログはある程度の確立がされていきました。
      外側の試行錯誤は現在も進行形でやっていますけどね。

      シロマさんにそんな過去があったのか!?
      温厚な印象だったので、意外でした。

      そんな酷いブログがあるんですね・・・
      まあ、基本的にネット上では考え方が平行線の場合、余程物分かりが良くないと和解って難しいと思います。

      立場的にもブログの管理人と読者って、有利なのは圧倒的に前者ですしね・・・
      しかし、シロマさんの優しい文章からして誹謗中傷や荒らしには感じられないんだけどなぁ。

  29. くっぞこ より:

    こんにちは。
    このWiiの記事は読んでないですけど、
    KENTさんのブログを初めて訪れてコメントさせて頂いたのは、この頃ですね~
    確か以前ブログで書いたニンテンドーパワーの「はじまりの森」の記事に、
    トラックバックを頂いたのがきっかけだった記憶がありますね~

    • kentworld より:

      そうでしたね、当時から8年が経ち、目まぐるしく移り変わっていきましたが、
      そんな中、ずーっと読み続けて定期的にコメントまでされるのは本当に感謝したいです。
      「はじまりの森」に関してはまたレビューをし直したいなぁ。

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

関連記事

【ビッグニュース!】kentworld、ついにファミ通.comデビューを果たす!!!
当ブログの10年間を振り返る!第3章:2009年~2010年「ブロガー体験会で広がる視野」
3298日連続ブログ更新!累計コメント数67911件!本日は「M☆G☆M+etc…」10周年記念日になります!
当ブログの10年間を振り返る!第6章:2012年~2013年「アメーバブログからライブドアブログへ」
今月でブログ更新終了の可能性も!?当ブログの10周年を締めくくるビッグイベントを発表します!
年末年始特別記事のお知らせ!今年は16連発だぁぁぁ~!!!
当ブログの10年間を振り返る!第7章:2013年~2014年「次世代機と恋と友情と」
2017年の抱負を語る!今年は10th Anniversary Yearにします!
【お知らせ】kentworldのなりすましに関して
4月の更新予定をお知らせ!ゲームレビュー記事のリメイクやマリオカート8 デラックスの大会まで!?