2017/06/18/7:00 | ゲームレビュー

ミラーズエッジ【レビュー・評価】酔い止め薬必須の問題作


ミラーズエッジ/PS3 / Xbox360

2008年12月に発売されたPS3/Xbox360「ミラーズエッジ」を今回はレビューします。

PS3/Xbox360「ミラーズエッジ」は女性ランナー”フェイス”が主人公のアクションゲームです。

良いところ

パルクールアクションが楽しい

本作で大きな特徴となっているのが、パルクールアクションです。

壁を走るウォールラン、壁キック、ジャンプなどを駆使して未来都市のアスレチックステージ攻略していく事になります。

面白いのが、一人称視点である事。三人称視点のパルクールアクションはそこまで珍しくありませんが、一人称視点は本作くらいだと思います。

一人称視点でのパルクールアクションはゲーム的な表現が排除されている事もあって没入感やリアリティが桁違いで、本当に自分がやっているかのようでした。

タイムアタックが面白い

本作はステージクリア型のゲームで、やりこみ要素としてタイムアタックが存在します。

パルクールアクションは上達する事でスムーズに出来るのでタイムを縮める楽しさがあり、レースゲームのような側面もありました。

クリアまでのプレイタイムは6時間程度と短いですが、同じステージを何度もプレイしてタイムを縮めようと思ったらそれなりに長く楽しめます。

爽やかな世界観

本作は海外ゲームでは珍しく、クリーンな世界観となっています。

ビルはホワイトで清潔感がありますし、空は晴れていて開放感抜群!主人公もショートヘアーで爽やかさを醸し出していてスッキリします。

白を基調にしながらも行き先を赤で表現しているデザインもアート的で素晴らしい!

スポンサーリンク

悪いところ

3D酔いが起きる

このゲームをプレイすると高確率で3D酔いを起こしてしまいます。

フレームレートがやや低く、画面がグラグラ揺れるので1時間のプレイが限界です。

クリアまでのプレイタイムは短めですが、一気にプレイする事は出来ません。世界観は爽やかですが、長時間プレイしていると体調が悪くなります。

ナビゲートが微妙

本作は道なりに進んでいくゲームですが、ナビゲートが微妙でよく行き先を見失います。

次の目的地がある方向を自動で向いてくれる機能があるのは良いけど、進行ルートを無視したもの(例えば壁越し)なのでよく突き放されるんですよね。

前述の通り3D酔いが起きやすい作品なだけに、進行ルートを見失って同じところをグルグル回ってさらに気持ち悪くなってしまうという悪循環に陥りやすいです。

微妙なアメコミムービー

ステージをクリアするとアメコミムービーが挿入されます。

これが微妙な作りで、主人公のフェイスは目つきが尖すぎて可愛くないですし、動きも妙にヌルヌルしていて気持ち悪く感じました。

2008年当時はまだ海外ゲームも垢抜けていないところがあって日本人からするとデザイン面は微妙でしたね。

中途半端な銃撃戦

ある程度ゲームを進めるとを持って戦う事が出来ます。でも、パルクールアクションメインの本作との相性は良いとは思えませんでした。

後半になると敵の攻撃が激しくなって初見殺しも増えてきますし、レベルデザインは上手く行っていません。

全体のまとめ

コンセプトは良いんですが、高確率で3D酔いを起こしてしまう作りで見かけによらず後味は良くありません。

技術面やナビゲートの面をしっかりさせたら面白くなりそうなだけに惜しい。酔い止め薬必須の問題作。

こんな人には特におススメ。
・パルクールアクション好き。

こんな人にはおススメできない。
・FPSが苦手な人。
・3D酔い耐性がない人。

ミラーズエッジ/評価 ★★★★★☆☆☆☆☆ 星5つ
プレイした時間・・・約6時間

※何か分からないゲーム用語を見かけたらこちら をご覧ください。

↓人気ブログランキングに参加中!
1日1クリックしてくれると「M☆G☆M+etc…」の順位がアップします!

↓Twitterで更新通知をしています。
Twitterやっている人はフォローよろしくお願いします。

A52

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

内容をご確認の上、送信してください。

この記事の反響(2)

  1. チキ より:

    色んなシチュエーションでパルクール出来るのが良かったです。
    僕は幸い3D酔いすることなく楽しめました。
    地下鉄の屋根に飛び移る場面は燃えましたよ。
    何度も死んでイライラしたけどw

    爽やかな世界観は僕も好きです。その世界観にピッタリハマる音楽がまた良いんですよねー。
    特にタイトル画面で流れてるメインテーマ曲は耳に残ります。
    この曲はカタリストにも使って欲しかったなぁ。カタリストには印象的な曲がな無かったからね。

    ムービーはカートゥーンネットワークのアニメを思い出しました。
    いかにもアメリカ〜ンな感じで味がありますが、あまり好みではないです。
    カタリストで美麗なカットシーンが見れた時は嬉しかった。

    ナビゲートは微妙でしたね。先へ進む方法が分からず同じところをウロウロしてしまうことが何度もありました。
    激しい銃撃に邪魔されることもあって胃がキリキリしましたよw

    上手い人は足を止めることなく銃撃をかいくぐれるみたいですが僕には無理なので全員射殺してから先に進めてました。
    狙い撃つ楽しさを追求したゲームじゃないので苦痛な作業でしたよ。
    カタリストで銃撃要素を削ったのは英断でしたね。

    • kentworld より:

      このゲームはさすがの僕でも3D酔いをしてしまいましたw
      中盤以降で30分ほど迷ってしまうところがあって、そこでやられてしまいましたね~。
      ゲームオーバーにも何度かなったし、ストレスも溜まりました。

      世界観は好みでした。これから梅雨なので、そういう時にプレイしたいゲームですね。
      カタリストはピッタリな時期に発売されたと思います。

      イベントシーンのアメリカっぽさは苦手でした。
      せっかくスタイリッシュな作風だと言うのに、あのシーンで洋ゲーっぽさが増しています。

      ナビゲートは本当になんとかして欲しかった。
      中途半端な銃撃戦といい、カタリストの売上が苦戦した理由が分かってしまいました(^_^;)
      確かにこの内容だと続編を買う気にはなりにくいからなー。カタリストを先にプレイしてよかった!

コメントする

内容をご確認の上、送信してください。

関連記事

前作が物足りない人へ!もっと脳を鍛える大人のDSトレーニング レビュー
風来のシレン5 フォーチュンタワーと運命のダイス【レビュー・評価】シレン4をベースにパワーアップしたシリーズの集大成!
やっつけ仕事だがパーティゲームとしてはおススメ!あつまれ!メイドインワリオ レビュー
マリオカートWii【レビュー・評価】誰とでも楽しめる大定番レースゲーム!
初音ミク -Project DIVA- f【レビュー・評価】音ゲーとしてもキャラゲーとしても最高の1作!
バーンアウトパラダイス【レビュー・評価】少々不親切だが、圧倒的な自由度とスピード感がたまらない!
パネルでポン【レビュー・評価】個人的なマイベストパズルゲーム!
カービィのエアライド【レビュー・評価】カービィのスピンオフで済ませたら勿体無いくらい意欲的なレースゲーム!
ロックマンゼロ2【レビュー・評価】前作を改良しつつ、コアゲーマー向けにパワーアップ!
スターフォックス アサルト【レビュー・評価】パワーアップするべきところ間違えた平凡なシューティングゲーム