2017/05/14/12:00 | ゲームレビュー

Outlast(アウトラスト)2【レビュー・評価】粗さも含めて前作から正統進化

Outlast(アウトラスト)2

2013年に発売されたホラーゲームの続編となる作品です。

2017年4月にPS4/XboxOne向けソフトとして配信されたものの、国内では配信されていません。今回の記事では本作のレビューをしていきます。

攻撃出来ない恐怖感は健在!

今作でも敵に攻撃する事は一切出来ません!敵に遭遇したら逃げる!これ、アウトラストの基本です。

視点は今作でも一人称を採用。しかも辺りが見え難いので敵から逃げる時は背筋が凍ります。

後ろを振り向きながら走る事も出来ますが、慣れないうちはそんな事をする余裕もなく、どれだけ敵から距離を置けたのか分からずドキドキする事がありました。

ステルス要素も健在。主人公はドラム缶やロッカーに隠れて敵をやり過ごす事が出来るんですが、隠れた状態で敵が近くまでやって来た時はドキドキします。

上手く隠れられたらやり過ごせるけど、失敗したらおしまいなので、敵に場所が気付かれているかどうかが曖昧な状態で隠れた時なんかはもうねw

電池残量が減っていく恐怖感も健在。本作でもビデオカメラの暗視モードによって真っ暗なエリアも見渡せるようになるんですが、電池残量がなくなったら使えなくなるので各地を探索してバッテリーを入手しなくてはなりません。

攻撃も出来ないうえに辺りが見渡せなくなった時の心細さは他のホラーゲームではなかなか味わえないレベルです。

今回は屋外が主な舞台!

前作は精神病院が主な舞台でしたが、今作では屋外中心です。森、洞窟、川などロケーションはバラエティに富んでいて、一本道のゲームらしく次から次へと新しいエリアへ向かいます。

ダウンロード専売タイトルですが、スタートからゴールまでに訪れるエリアは多く、さすが、ダウンロード容量が16GBもあるだけの事はありました。

ただ、屋外が舞台なのは必ずしもプラスになっているとは感じられません。

そこまで開けている訳ではないんですが、屋外が舞台なせいでただでさえ悪い視界が更に悪くなっていて、移動する時はストレスになっているし、ステルス行動をする時は大雑把な動きになってしまいがちです。

例えば壁を背にしてを移動していくエリア。FPSではよくあるシチュエーションですが、移動している時は何が起きているのかプレイヤーには伝わりにくいんですよね。

敵から逃げる時は視界の悪さが恐怖に繋がっている事もあったけど、今作の場合はどこに行ったら良いのか分かりにくく感じる事も多く、前作よりもストレスを感じるマップ作りです。

FPSならではの演出は良かった

ゲームを進めていくと、定期的に学校らしきエリアに迷い込みます。

幻覚、あるいは回想なんだと思いますが、それまでのいたエリアから切り替わっていく流れがシームレスで非常に自然で驚きました。

例えば現実世界でダクトの中に入って奥に進むと学校に戻ってきたりとか。視界が狭い事を利用してシームレスにエリアを切り替えていく手法は近年のFPSでトレンドになっていますが、本作でもその演出をふんだんに取り入れています。

グラフィックのクオリティも前作から1世代進化しているし、インディーズ級だったのがAAA級まで格上げさげた印象です。

日本語のクオリティは高め!気になる恐怖の演出は?

今作は海外でしか発売されていませんが、日本語もしっかりと収録されています。

字幕や収集アイテムのテキストはもちろん、パソコンに表示される文字まで日本語に訳しているのは凄いと思った。

ゲーム中にパソコンのメッセージチャットを使ったホラー演出が用意されているだけに、ローカライズがしっかりしているのは嬉しいですね。

ローカライズの制度も高く感じました。多少の粗はありますが、そのまま翻訳しているようには感じられず、日本で発売されないのが不思議なくらいです。

過激な演出は相変わらずでした。前作のように男の大切なところを露出させ、凶器で切り裂くようなヤバすぎるものはありませんでしたが、出産の生々しいシーンなど日本で発売するには規制しないといけない演出は存在します。

前作を上回るボリューム感!むしろ短くしても良いくらい

ボリュームは前作を上回るレベルでした。クリアまでに6~7時間はかかったと思います。

本作は短時間に広大なエリアを訪れるジェットコースター型の作品なので、それで1周6~7時間はなかなかのボリュームです。価格は約3,000円なので、コストパフォマンスはそれなりにあると思います。

むしろ、もう少し短くしても良い気がしましたね。何度も言うように本作は戦闘要素をスポイルしているため基本は逃げるか隠れるかくらいで、用意されているアイテムも2種類で残りは収集アイテムのみなので6~7時間楽しませるには要素が少ないんですよ。

スポンサーリンク

フリーズ多過ぎ?ハマりバグも?

全体的にフリーズが多い気がします。本体に問題があるのかもしれませんが、ゲームクリアまでに5回もフリーズしました。

視界が悪いゲームなので演出なのかと思う事もあったけど、どのボタンを押しても動かないので間違いなくフリーズです。

あと、一度だけ壁の中に入ってしまい、抜け出せなくなるバグもありました。今作ではジャンプボタンが追加されたんですが、それを使って壁にぶつかったら中に入ってしまったんですよね。このように不具合が目立ち、前作よりも作りが粗く感じました。

全体のまとめ

前作を正当にパワーアップさせている一方、作りは粗くなった気がします。

ゲームシステム的にもシンプルで一発ネタなところがあるので、これ以上シリーズを続けるのは大変そう。

それなりに楽しめましたが、個人的には前作の方が好きです。粗さも含めて前作から正統進化。

こんな人には特におススメ。
・ホラーゲーム好き。
・探索アドベンチャー好き。

こんな人にはおススメできない。
・ホラーゲームが苦手な人。
・3D酔い耐性がない人。

Outlast(アウトラスト)2/お気に入り度 ★★★★★★★☆☆☆ 星7つ
プレイした時間・・・約7時間

 

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(4)

  1. 伯爵 より:

    OUTLAST2買おうと思ってたけど、北米AmazonのPSNチャージのDLコードが国内だと買えなくなってたのよね〜
    普通のPSNチャージのカードだと30$5000円くらいするしどうしたもんかね…

    レビュー見た感じ、前作の良い所を踏襲しつつも、アクも増えたって感じですかね?
    ホラーの舞台は屋内とかの、閉鎖空間みたいなのが好きなんですよね。それこそ1の精神病棟みたいな。
    だから今回は屋外が舞台と言われると若干躊躇いがあります(^_^;)

    ちなみに、パッケージ版だと何故か1が日本語対応してないみたいですね。
    テキスト量も結構あったから、それで日本語対応してないのはもったいないなあ。

    • kentworld より:

      え?国内だと買えなくなっていましたか?
      僕は北米AmazonでPSNチャージのDLコード、普通に買えましたが・・・
      クレジットカードに問題があるのかな?

      個人的には前作よりもアクが強くなっていると思いました。
      FPSは視界の悪さが良い方にも悪い方にも作用していると思うんですが、
      このゲームの場合は悪い印象が少し強かったんですよね。
      学校内は閉塞感があってよかったけど、屋外は微妙だったなぁ。

      パッケージ版は日本語対応していないのか。
      海外のみでの発売だと謎な部分も多く、買うにはリスクは有りますね(^_^;)

  2. kamome03 より:

    やはり1からやるべきか悩むなー

    2から入るとローカライズされてない1がやり辛くなるからずーっと悩んで悩み疲れてますw

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

関連記事

インファマス ファーストライト【レビュー・評価】本編が楽しめた人は買って損なし!
TPSの進化系 ギアーズオブウォー レビュー
STEEP【レビュー・評価】快適に楽しめるけど、ゲームデザインは洗練されていないUBIらしい1作目
夜廻【レビュー・評価】なかなか怖いが、内容の割にあまりにも割高なホラーゲーム
シューティングゲームあっさり味 ゾンビ イン ワンダーランド レビュー
Mighty No. 9(マイティナンバーナイン)【レビュー・評価】古典的な面白さはあるが、パチもん臭さは否めない
TENGAMI(テンガミ)【レビュー・評価】「あぁ、いいな」以上の感想が出てこなかった
怪盗スライ・クーパー【レビュー・評価】これぞまさしく隠れた良作3Dアクションゲーム!
にょきにょき たびだち編【レビュー・評価】内容は必要最低限で実質有料体験版。だけど、中毒性はしっかり継承!
オクトダッド~タコと呼ばないで~【レビュー・評価】ネタゲーとしては良いが、操作は好き嫌いがハッキリ分かれるゲーム