2017/09/05/12:00 | コラボレーション

歴代ポケモンシリーズを全タイトル一気にレビュー! by トモフミ

久しぶりもしくははじめましてでしょうか?僕はトモフミです。Twitterでは@Homma?Tomofmiというアカウントでゲームを呟いたりしています。

ポケモンからRPG入った人がドラクエやFFをやった時のギャップ」からひさしぶりのコラボですが、是非、読んでくださいね(^^)

今回は今年発売されるバーチャルコンソールポケモン金銀やポケモンウルトラサンムーンに備えて、歴代ポケモンの簡単なレビューを行います。是非、最後までお付き合いくださいませ。

ポケットモンスター 赤・緑・青・ピカチュウ/GB(1996/1998)

まずは去年、バーチャルコンソールでも発売されたこの4作から。

この作品はケントさんもレビューで取り上げたことがありますが、皆さんがご存知の初代ポケモンです。

当初はドラクエやマザーに影響を受けたこともあり、その影響が最も色濃く受けています。

各作品の違いは赤と緑が初期バージョンでそれぞれポケモンの出現率や図鑑の説明が違います。

また青は当初、コロコロで専売されていたレアバージョンでポケモンブームの最中、ものすごくブレイクしたので後に1999年頃には一般販売されました。

生みの親の田尻さんが一人でたった一ヶ月で作ったと噂されています(笑)

初期バージョンとの違いはポケモンのポーズや図鑑説明、生息地の違いという正にマイナーチェンジな一作です。

そして1998年にポケットモンスターピカチュウが発売されました。

これはアニメを記念して作られた一作で序盤まではゲームなりに当時のアニメをうまく再現できています。

この作品では通常では3匹の中で一匹しかもらえない御三家(フシギダネ、ヒトカゲ、ゼニガメ)がすべて手に入る唯一の作品なので、ドラクエリメイクのようにレスポンスを良くしてリメイクしてほしい作品の一つです。

初代なので、今と比べると粗削りな面も多くゲームも決して遊びやすいわけではないですが、ポケモン好きならオススメしたい一作です。

オススメ度:★5/10

ポケットモンスター 金・銀・クリスタル/GBC(1999/2000)

初代のファンには待望の続編ポケモン金銀です。

今作は田尻さんがディレクター時代の最後の作品で次回作は初代から音楽を手掛けていた増田さんにバトンタッチされます。

当時の制作陣にとっては今作が最後のポケモンにするという思いがあり、その気合の入れようは実際に本作をプレイするとヒシヒシと感じられます。

新要素としては大きく鋼・悪タイプの追加、ポケモンのタマゴが発見される、新ポケモン100匹追加、二つの地方に行けるとものすごい超大作っぷりです。

特に鋼・悪タイプの追加で初代はエスパータイプが異様に強かったのですが、見直されました。

その代わりドラゴンタイプが強いタイプとして徐々に台頭していき、DSの頃にピークに達してしまいます。

前作のポケモン赤緑は1,200円で割高なバーチャルコンソールでしたが、今作は値段据え置きで当時のスタッフの本気の一作なので、レトロ臭さが気にならなけらば、絶対に損をしない一作だと思います。

是非、プレイをおすすめします(僕も今作の機会でリベンジをしたい)。

ちなみにクリスタル版はポケモンで始めて登場するときに動きがついたり、女の子の主人公が選べるようになりました。また伝説のポケモン、スイクンにスポットが当たっている作品です。

オススメ度:★7/10

ポケットモンスター ルビー・サファイア・エメラルド/GBA(2002/2004)


増田さんが初ディレクターとなった新体制の一作。今作でも新ポケモンが135匹登場しました。

今作の新要素は大きく特性の概念や新しいバトルスタイルの追加です。

ファンにとっては賛否両論でしたが、今作の新ポケモンは当時から見るとかなり異様なデザインのポケモンが大きく追加され、その個性を生かす措置として特性が追加されました。

特性はポケモン一匹一匹がそれぞれ持っている固有能力でこの影響で戦略が深まったのは言うまでもないです。

また新バトルスタイルにダブルバトルやマルチバトルが追加されました。

こちらも今まで一対一で殴りあっていた淡白な戦略から大幅にいろんな戦法が生まれました。

このように続編らしく新たな戦略が生まれた一方でこの当時にかつてのポケモン赤緑、金銀とは互換性が切れてしまい、新旧ファンが大きく分断され、ポケモン離れが大きく生じてしまったと言われています。

でも僕にとっては今作の時が小学生でドンピシャ世代だったので一番長い時間遊びましたため思い入れが強いです!

ちなみにエメラルド版ではクリスタル版以降採用されていなかったポケモン登場のモーションが復活し、DSのポケモンHGSSまでスタンダードになりました。

またバトルフロンティアという廃人向けのやりこみ要素も追加されました。

オススメ度:★8/10

ポケットモンスター ファイアレッド・リーフグリーン/GBA(2004)


ポケモンルビー・サファイアとエメラルドの間に発売されたポケモン赤緑のリメイク作品です。

今作はグラフィックがポケモンルビー・サファイアクラスになり、遊びやすさもオリジナルからかなり快適になってます(これこそいつか3DSかスイッチで遊べたらいいなぁゲフンゲフン)。

今作では新たにナナシマという新地域が追加されました。

このナナシマでタマゴが発見できる施設や金銀時代のポケモンが出てきたりとオリジナル版で物足りないところがプラスされています。

今作はまさにスキのない理想的なリメイク作の一つです。

オススメ度:★7/10

ポケットモンスター ダイヤモンド・パール・プラチナ/DS(2006/2008)


今作はDSで初登場したポケモンシリーズで今に続く2画面のプレイスタイルが確立されました。

新ポケモンは新たに107種類追加されました。特に今作は既存のポケモンの進化前や進化後が多めなうえ、伝説のポケモンも多めです。

なのでファンによっては今作が最高傑作という声が高く、実際に開発陣も「究極のポケモン」を作ることがテーマになっています。

しかし今作は初のDSということでものすごくもっさりしているのが気になります。

またDSのポケモン共通の問題ですが、今作からセーブがとても長い!

他にも初期バージョンのダイヤモンド・パールは一番気になっていた新しい進化後ポケモンが殿堂入り(本編クリアー)してからの解禁で当時、殿堂入りが苦手だった僕はあまりいい印象を持ってません。

一応、2年後に出たポケモンプラチナでは殿堂入り前でもポケモンの数が大幅に増え、新たなマップが出ましたので多少は面白くなってましたけどね。

でも僕にとっては今作がポケモン離れの大きなきっかけになったのは否めないです。

中古でもかなり安いですが、おすすめはしません。今の時代にプレイしている人はかなりのガチなポケモンファンだと思います。

オススメ度:★4/10 (ダイヤモンド・パール)
オススメ度:★5/10 (プラチナ)

ポケットモンスター ハートゴールド・ソウルシルバー/DS(2009)

10年後に登場したポケモン金銀のリメイク作品です。

殿堂入りは今作でも出来ませんでしたが、ポケモン離れした僕を一端、呼び寄せた作品です(笑)

今作はベースがポケモンプラチナに準拠していて遊びやすくはなっています。

また今作では全てのポケモンの連れ歩きができるようになり、一緒にポケモンと冒険している感覚が楽しかったです。

個人的にいつかこのシステムをまた導入してほしいと思ってます。

しかしセーブが遅いのは相変わらずで、ポケスロンやポケウォーカーというのがちょっと余計かなと思いましたが、あの当時ではとても理想的なリメイクでした。

しかしその一方で今作がすごいリメイク作品だったため次回作のリメイク(オメガルビー・アルファサファイア)がかなりハードルが高くなってしまったという功罪もあります。

ダイヤモンド・パールよりは確実に面白くなっているので興味がある人は是非こちらもプレイして、バーチャルコンソール版金銀と比較するのも面白いかなと思います。

オススメ度:★7/10

ポケットモンスター ブラック・ホワイト/DS(2010)


「革新的に生まれ変わったポケモン」ということで世に出た意欲作です。

今作が出た背景としてはダイヤモンド・パール、ハートゴールド・ソウルシルバーとポケモンの集大成的作品がずっと出てたという背景があります。

今作で僕がほぼ完全にまたポケモンシリーズに舞い戻ってきました!!!

今作は新ポケモンがなんと156匹も追加されています。

一部、ドラクエのような色違いモンスターがいることも事実ですが、今作は大幅に新ポケモンが増えた上に殿堂入りまで一切、過去のポケモンが出てこないという思い切ったことをしました。

またストーリーも従来のようにバッジを集めて途中で悪の組織を壊滅しチャンピオンになるというポケモンのアタリマエを見直され、ラストバトルまで悪の新興宗教が関わってくる(ポケモンにしては)シリアスなストーリーに当時、中学3年の僕は心を撃たれました。

そうだよ、この展開を待ってたんだよとなりました。

今作もファンの賛否両論が高い作品ですが、僕は全面的に好意的です。

オススメ度:★8/10

ポケットモンスター ブラック2・ホワイト2/DS(2012)

DSの末期に出た最後の2Dポケモンです。

今作は全く新しい体制で開発されたポケモンで、マイナーチェンジと単純に呼べないぐらいに新しい地域が追加されています。

また登場ポケモンも300種類で当時では最も多くの種類が登場する作品でした。

ストーリーも一新されていて、前作の2年後になっています。良くも悪くも前作よりはとがっていないシナリオでかつてのファンも納得の一作かな(笑)

またメダルという今のトロフィーのようなシステムがついていてやりこみ要素も豊富です。

最後に出た2Dポケモン中で真の集大成かなと思っています。ポジションとしてはFF6のような作品なのかもしれません。

オススメ度:★8/10

ポケットモンスター X・Y/3DS(2013)


新たに3DSに舞台を変え、3Dになったポケモン。一言でいうとポケモンシリーズ最高傑作です。

今作から3Dになり、当時、夢を見ていたポケモンスタジアムのようなバトルを携帯機でできるようになり、ものすごく感慨深いものがあります。

新ポケモンこそは72匹と歴代で最も少ないですが、今作は登場ポケモンが450匹もいて、歴代で最も多いポケモンの登場数です!!

またポケパルレの登場でnintendogsのような感覚でポケモンと触れるモードが出ました。

他にもマイキャラの着せ替えもでき、学習装置で普通のRPGのように経験値が全手持ちポケモンにいきわたるようになったりと遊びやすさがかなり上がりました。

これで難易度も下がったのではじめて自力で殿堂入りしましたもん(号泣)

ポケモン初心者にはまずオススメしたい一作です。

オススメ度:★10/10

ポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイア/3DS(2014)


前作や前リメイク作が面白かった分、期待値が高まりすぎて個人的には★が一つ減点しちゃった作品です。

一応、システムはポケモンXYがベースなので遊びやすさは文句がないですし、殿堂入りするまではとても楽しいです。

しかし前リメイク作がクリスタル版も含めての完全版リメイクだったのに対して、今作はあくまでもルビー・サファイアのリメイクという作りになっていて、マイナーチェンジ版のエメラルドの追加要素は今作はなかったことにされていてレックウザというエメラルドのキーポケモンはエピソードΔという新シナリオでカバーされています。

個人的にバトルフロンティアをリメイクで遊べることに期待していたのでそこはがっかりでした。

しかし今作は図鑑ナビで捕まえるポケモン目安があって、ポケモン捕獲のモチベーションが上がりましたし、あるところまで進むとオリジナル版には出ないポケモンや伝説のポケモンが出現するので、期待はずれなところもありましたが、全体的には最も遊んだポケモンになりました。

また今作ではじめてポケモン図鑑をコンプした作品でもあります!

こちらをご覧ください。プレイヤー名がトモフミではなくアカネちゃんですが、これはポケモン世界の仮の姿なのです。察してくださいな(^^)

(べ…別にネカマじゃないんだからね!勘違いしないでよ!)

オススメ度:★9/10

ポケットモンスター サン・ムーン/3DS(2016)


今までポケモンBW2、ポケモンORASを開発していた新体制のスタッフではじめて作られた本編ポケモンです。

今まで続編やリメイクを制作していましたが、はじめて初期バージョンが任されました。

そのためか増田体制のもとに作ったXYと比べると利便性が高い面と粗い面があり、賛否両論な作品です。

まず今作はXYで好きだった着せ替えが復活したのは良かったです。

またポケモンの相性が一度戦った相手だと相性のサポートがつくようになったり、補助技の効果をいつでも下画面で確認できるようになり、ポケモンを預ける方法がかなり楽になったりと遊びやすさが向上しています。

しかし新ポケモンこそは81匹と前作よりは多いですが、登場ポケモンが300匹とややスケールダウンし、野生ポケモンが仲間を呼ぶようになって戦闘テンポが遅くなったり、ダンジョンの簡略化、戦えるトレーナーの数が減ったのは個人的に気になります。

表現は向上したが前作のXY、オメガルビー・アルファサファイアと比べるとやりこみ要素やスケールが諸々ダウンした印象です。やりこみ要素に関しては今年発売されるパワーアップ版のウルトラサンムーンに期待したいと思っています。

オススメ度:★9/10

さいごに

いかがでしたでしょうか?

ポケモン本編だけでも20年の重みがあるのでかなり長い評論文になってしまいましたが、最後までお付き合いいただけていたらとてもありがたいです。

また本作でポケモンに興味を持ったら、是非、1作でもいいので手にとってみてください。

特にポケモンXYは比較的安価でとても上等なポケモン体験ができると思います。

またこれがきっかけで是非、バーチャルコンソール版のポケモン金銀やポケモンウルトラサンムーンにも手を出してもらえたら僕としてもとても嬉しいです。

おまけ~歴代ポケモン俺的ランキング~

1位 ポケットモンスター X・Y
2位 ポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイア
3位 ポケットモンスター サン・ムーン
4位 ポケットモンスター ブラック2・ホワイト2
5位 ポケットモンスター ブラック・ホワイト
6位 ポケットモンスター ハートゴールド・ソウルシルバー
7位 ポケットモンスター ルビー・サファイア・エメラルド
8位 ポケットモンスター ファイアレッド・リーフグリーン
9位 ポケットモンスター 金・銀・クリスタル
10位 ポケットモンスター ピカチュウ
11位 ポケットモンスター プラチナ
12位 ポケットモンスター 赤・緑・青
13位 ポケットモンスター ダイヤモンド・パール



タグ , ,

おすすめ記事

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(47)

  1. 黒詩★紅月 より:

    クリアしたポケモンは銀とサファイアだけです

    当時は日本語が分からなくても、すべての台湾人の子供が攻略本を見るだけでポケモンをクリアできた気がします
    遊びやすさもあるが、ポケモンの人気が本当にすごかったです

    ダイヤモンド・パールのポケモンデザインはかなり嫌いでした
    ちょうど同期に『MHP2』のグラフィックに魅力され、NDSLを売って、PSPを買ったきっかけでした
    その前に、ソニーはなにかすら知らなかったですw

    PSハードをプレイし始まったのは『ポケモン ダイヤモンド・パール』と『MHP2』が大きかったです

    それ以後はポケモンが一度もプレイしたことがないです

    • 黒詩★紅月 より:

      友達がルビー、私がサファイアをプレイしました
      交換も対戦もできる要素はどハマりました
      親戚の塾でこっそり対戦してて、バレたこともありましたよw

      ほかに、『星のカービィ 鏡の大迷宮』も友達と一緒にやり込みました
      この2作は私にとって、神ゲームです

      • トモフミ より:

        おう!僕と似てますね(^^)
        僕はサファイアで父はルビーをプレイしてました。
        僕もサファイアを目が悪くなる程プレイしまくってました。(でも殿堂入りはしなかったですけどね…)

        鏡の大迷宮も確かに名作ですよね!!

        僕もポケモンRSと鏡の大迷宮はGBA時代の名作だと思ってますよ。
        ほんとにあの頃が懐かしいなぁ…
        でも紅月さんって僕とかなり世代が似ていますね(^^)
        Twitterでも毎回、投稿をわくわくしてみてますよ!

    • トモフミ より:

      確かにポケモンDPは全体的にデザインが酷いですよね…(;’∀’)ルカリオやガブリアス、ギラティナなど一握りのポケモンは良デザインなのですが、大抵の登場人物やポケモンはデザインが酷いですね。

      紅月さんの気持ちもわかりますよ。私もあの頃、ポケモン=ダサいという思いがあって、PSPのモンハンP2に憧れていたときがありました(笑)
      でもモンハンが個人的に難しすぎて割と1年か2年くらいでポケモンに舞い戻っちゃいましたけどね(;´・ω・)

      • 黒詩★紅月 より:

        ポケモン=ダサいは思ったことはないけど、サファイアほど好きな世代はなかなか出ないです
        ブラック&ホワイトはそれ以来一番興味がある世代が、たしかにもう一台ハードを買う余裕はなかったです
        再びシリーズをやるなら、まずルビー・サファイアのリメイクでリハビリします(笑)

        据置機がSSとPSをプレイした以外、全然知らなかったです
        ずっとGBA SPとNDSLをプレイしてきた途端に、手持ちで『MHP2』のグラフィックができるは斬新でした
        あの時のオンラインゲームも安定性優先で、モデリングはそこまで細かくなかったですね

        GBA SPからベッドでゴロゴロしながらプレイできますねー!
        目が悪くなるのはしょうがないです\(^o^)/

        良かったら、『モンハン:ワールド』をやりましょうね(笑)
        私のお尻はトモフミに頼みます
        中学生だったから、友達みんな下手だが、なんとか力を合わせて倒せましたな

        こんなロリコンでもたくさん話をかけてくれて、本当にありがとう( ;∀;)
        ロリコン病発症する時は目を瞑りますね

        • トモフミ より:

          おお!是非是非機会あればRSのリメイク、3DSのORASをやってみてください!
          かなり遊びやすくなってますよ。
          それに結構、オリジナルで良かった箇所も忠実に再現しているところもありますので、それそれ!っていうポイントも見つかると思いますよ。
          個人的にはカラクリ大王の部屋が相変わらずだったのは嬉しかったなぁ。

          ロリコンだって良いじゃないの!
          僕なんてぽっちゃり病ですから(笑)

  2. ヨウタイガ より:

    トモフミさん、お疲れ様でした。怒涛のシリーズレビューでしたね!
    僕がプレイしたのは緑、ダイヤモンド、ホワイトですね。Yもやっていたんですが、序盤で次男にとられました(笑)。中でもホワイトは最初は新規ポケモンしか出てこなかったので、どんな進化をするのかわからず、かなりワクワクした冒険を味わえた記憶があります。
    後は、青をローソンで予約販売していたんですが、当時バイトをしていました。予約できれば購入は可能な商品でしたが、予約開始時間にコンビニのロッピー端末に列ができ、開始早々にサーバーダウンした記憶があります。販売日も、学校が終わった子ども達が続々と受け取りに来て、みんな笑顔で帰って行きましたねー。
    しばらく本編はプレイしていませんが、スイッチでの展開なども期待しています。
    なんだかんだ、ピカチュウは可愛いですよねー。

    • トモフミ より:

      確かにピカチュウは私もお気に入りです。
      ゲームではあまり戦力にならないのが痛手ですが、XY以降アニメ版の大谷さんボイスになったのでパルレで愛でる用としてピカチュウを捕獲してます(^^)

      あとローソンでアルバイトしてたのですね。私は当時のポケモンのブレイク時はまだ3歳ぐらいで実際に感じたことはないのでそういう体験談を聞くととても参考になりますよφ(..)メモメモ

  3. さやまる より:

    ポケモンはダイヤモンド・パールから入りましたね〜自分の中では初ポケモンだったので楽しかったです!
    その後ファイアレッド・リーフグリーンとエメラルドをプレイして、そしてXYまでやって一回離れたんですよねぇ…メガシンカがどうしても慣れなかった…

    けどサンムーンで自分は完全に復帰しました!色々と変化しましたし、個人的には凄く好きな作品ですね〜ちょっと物足りなさも感じたので、そこはトモフミさんと同じくウルトラサン・ムーンに期待しています!

    • トモフミ より:

      一緒にウルトラサンムーンに期待しましょう!

      ダイパが初ポケモンだったのですね、申し訳ないです。
      でも僕はGBAシリーズを知っているファンだったのでどうしても全体的にもっさりしているなと思ったんですよ。あと僕が中学に入る前の時期だったのでそれでポケモン=子どものものだと思っていたのは否めないです。

      今回、メガシンカに触れるのを忘れてましたが、あれは賛否両論ですよね。僕はメガシンカをバトルアイテムの一つの手段だと思ってます。メガシンカのイベントは確かにあるけどそれをプレイヤーには押し付けてはいないので個人的にはあの追加要素は好意的にみてますよ。

      • さやまる より:

        ウルトラサンムーンのウルトラな部分に期待ですね!新映像だとポケモンを後ろに連れてるようなシーンもあったし期待したいです!

        いえいえ!人それぞれやりはじめも感想も違うので謝らなくてもいいですよ!自分には自分の感想があるでしょうからね!
        まぁトモフミさんは時期も時期って所がありそうですねwその時期は丁度子供っぽさから抜け出したい!みたいに思う時期でしょうからねぇ〜

        自分は今はもう普通に受け入れてますけれど、確かにバトルアイテムと考えれば特に気にならなかったのかも知れませんね
        自分はエンジョイ派って感じでオンラインとかはあまりやらないので、見た目でポケモン達を選ぶタイプなのですよね〜なので最初は、えぇ〜?シンプルなデザインの初期のポケモン達までこんな姿に…?って感じでしたね正直w
        でも今は普通にかっこいい、可愛いと思いますし、一時的な強化の姿なのだし良いな!って思ってますね〜アローラの姿も好きですしね!

        • トモフミ より:

          僕もどちらかというとポケモンはエンジョイでやってて、基本はソロプレイで捕獲の冒険をしていて、たまに弟と対戦&交換って感じです。
          みねうちを覚えるポケモンたちを従えて捕獲の旅をするのが現在一番しているプレイスタイルですね。

          確かにウルトラって冠している程だから、諸々パワーアップして欲しいですよ。今のポケモンを開発している人たちはBW2、ORASのスタッフでマイナーチェンジには定評があるので期待はしてます!

  4. d より:

    どうなんでしょうか笑
    自分はRSE〜DPの世代だとは思うのですが、1番どハマりしたのがDPでポケモンを一度離れたのはBWがきっかけです
    結構真逆なハマり方をしてしまいました笑
    こういうのには個々の年齢とか取り巻く環境も大きそうですね
    因みにニコニコ動画でポケモン対戦実況動画があることを知り、興味が湧いたところで、私をもう一度ポケモンファンに戻してくれたのはORASです
    それ以降はXY、BW2、SMとやり、レートバトルもそこそこやってますね
    USUMはもちろんやりたいです

    • トモフミ より:

      確かに真逆ですね(笑)
      でもdさんのような方が世間的に多いのかもしれませんね。

      僕はダイパあたりから中二病を患っていましたので、ポケモンBWのシャープでスタイリッシュな世界観に心を打たれたのですよ!
      あと僕の弟がはじめてプレイしたポケモンがBWで兄弟ともにポケモンBWが好きだったので今回のレビューでポケモンBWが好きな人がいるんだよというのをアピールしたくてこのレビュー記事を書いた狙いもありますよ( ̄▽ ̄)

  5. ジオ より:

    僕はRSから入りました。やっぱり周りのみんなもポケモンやっていたし、兄もプレイしていたのでその影響で始めました。バトルフロンティアではラスボス戦のBGMのかっこよさも合まってかなりハマりました。ただ難しすぎて途中で挫折しましたがw
    その後DPまではやってそこから離れました。そのころはポケモンをやっていたらダサいみたいな感覚があったんですよねえ。今からしたらアホらしいですがw
    友達に聞くと最近のはストーリーにも力を入れていてDQやFFなど他のRPGにも劣らない作りになっているそうで、そんなことを聞くとやりたくなっちゃいますね。というところに、スイッチの新作が発表されたのでこれを機会に復帰するつもりです!

    • トモフミ より:

      もしかしてジオさんと僕の世代が一緒かな(^^)
      確かにダイパあたりまではポケモン=子ども向けが強かったですからね。
      それを開発者側も意識したのかポケモンBW以降はストーリーにもかなり力を入れて、大人目線の小ネタも増えてきました!

  6. koji より:

    ワタクシ、こう見えてポケモンは1作もやった事がございません。
    なので、この記事は大いに参考にさせていただきます!

    • トモフミ より:

      ありがとうございます(^^)
      そう言っていただけると記事を書いたかいがあります!

  7. JINO より:

    ポケモン赤緑は自分が小学校高学年の頃に発売したので
    ちょうどブームにドンピシャな時期だったんですよね
    ポケモンを持つのが一種のステータスでした
    まあ自分がプレイしたのは金銀までなので
    知識は第二世代あたりで止まってしまってますがw

    • トモフミ より:

      まさに初期のポケモンファンですね(๑˃̵ᴗ˂̵)
      あの当時の小学生はポケモンを持つのが一種のステータスだったのですか~。
      僕は幼過ぎてそういうの知らなかったのですが、まさに最近の妖怪ウォッチのような盛り上がりだったんですね(^-^)

  8. Awaken より:

    ほとんどトモフミさんに共感してます笑
    DPはモッサリ、HGSSもクリア後の冒険が前提になっているからか、初クリア時点までのトレーナーは軒並み弱くてダレるんですよね〜汗
    BWは「テンポが良い&少し難しい」の組み合わせがナイスですね。バトル画面もカッコいいし。

    自分はホウエン(RSE),イッシュ(BW,BW2),カロス(XY)のようなロケーション豊かな地方での旅は冒険感が強くて好きですね。「ここにはどんなポケモンがいるんだろう?」って感じます。

    • トモフミ より:

      共感しますか‼️ありがとうございます(๑˃̵ᴗ˂̵)

      そうですよね!BWはバトル画面がかっこいいですよね。
      あとバトルのテンポも確実にBWが良くなってます。

      僕もホウエン、イッシュ、カロスの3地方は好きです。
      どちらも自然豊かでまたおもしろいギミックやダンジョンもありますよね☆

  9. y.crash より:

    自分が持ってるポケモンは初代の赤とピカチュウ、金・銀・クリスタル、ルビー・サファイア・エメラルド、ダイヤモンド、オメガルビー・アルファサイアですね。
    一時的に離れて、ルビーサファイアのリメイクが出るってことで買ったんですよね。
    自分は一番遊んだのはルビーサファイア時代ですね。

    今はまた離れてしまいましたね・・・。
    なんというか・・・ついていけないって思っちゃったので・・・。

    • トモフミ より:

      ついていけませんでしたか…それは残念(´・ω・)
      ポケモンは毎回、メガシンカやZ技などを従来のファン向けに盛り込んできてるのでそれでワタワタするのもわかりますよ。
      僕はポケモンBWのゲームシンクが未だに把握できてなくて、最近のポケモンサンムーンのインターネットサービスPGLも弟に教わって登録しました(笑)

  10. kentworld より:

    トモフミさん、記事の寄稿をありがとうございます!

    僕は赤/緑、金/銀、HG/SSしかやっていないので、
    歴代ポケモンシリーズレビューはトモフミさんだからこそ出来た企画だと思います。

    記事を読んでいて、トモフミさんの熱いポケモン愛が伝わってきましたよ。

    ポケモンシリーズも歴史が長く、それぞれに合う合わないがあると思いますので、
    最後の俺的ランキングや解説文でご自身の好みを伝えるのは個人ブログらしくて良いと思います。

    もし、僕がすべてをプレイして順位を付けたらどうなるだろうなぁと思いました。

    あと、ブロガーの経営的な話で申し訳ないんですが、
    9月4日からバーチャルコンソール版ポケモン金銀特別版パッケージの予約受付がAmazonで開始されたので
    このタイミングで記事の寄稿は超グッドタイミングでしたw
    最後にアフィリエイト貼ってしまい、がめつくてすみませんm(._.)m

    非常に力が入った記事の寄稿、本当に感謝です!

    • トモフミ より:

      ケントさんも閑散期などで機会があれば、是非、やってみてください!
      システムが最近少しごたごたしてますが、初代やHGSSの頃と比べ遊びやすくなっているので体験してほしいです!
      あとちょうどタイミングが良かったようで何よりです。
      8月の中盤にあまり思うような記事が出来ずモヤモヤしてたのですが、こうやって形にだせて、ブログのネタにさせてもらえるので嬉しい限りですよ!
      次のコラボも期待していてくださいね(^^)

  11. つぐみ より:

    自分で購入したのは、ピカチュウバージョンからですが、結局クリアしたのはxyが初です。
    ピカチュウからダイパまで空いてダイパは7つバッジ取ったところで子供に取られました(笑

    サンムーンで初めて図鑑コンプもしましたが、もう二度としないと思うくらい疲れました。

    未だに相性を覚えられないので、サンムーンから加わった相性表示はありがたいです。
    岩と地面と鋼らへんがよくわからないです。
    なんだかんだ、プレイすると皆んなにます愛されるのがよくわかる丁寧な作りのゲームだなと思います。
    色違いキャラというものが、アローラ地方になるまで殆ど居ないのも凄いなぁと思います。

    • トモフミ より:

      確かに岩・地面・鋼は一見、ポケモンの見た目も似てますからね。気持ちはわかりますよ。私もそこらへんの相性は一番最後に理解できました。
      ちょっと前も新タイプのフェアリーの相性が分からなくてワタワタしてましたから、最近のサンムーンでよくぞ、便利なサポートをつけてくれたと思いました。
      相性早見表って昔からありますけど、あんなのを読むのはよっぽどポケモンが好きになってからですからね(笑)
      これで少しは敷居が下がってたら嬉しいですけどね。

  12. コルチカム より:

    ポケモンシリーズを全てプレイ済みとはスゴイです。
    作品ごとに評価に結構差があるのも面白いですね〜

    パールなどの第4世代は確かにセーブやレスポンスがもっさりしてましたねえ。
    でもポケモンの厳選に関してはシリーズ重ねるごとにストレスが減ってきたと思います。
    Xをプレイした時は色々と快適になっていてちょっと感動しました。

    私が殿堂入りまでちゃんとプレイしたのはピカチュウ、エメラルド、FR、パール、SS、 ブラック、ブラック2、Xと、挙げてみたら意外と多くて自分でもビックリしましたw
    どの作品も充分楽しめたのですが、強いて挙げるならエメラルドとブラック2が特にお気に入りですね。
    エメラルドの「戦闘!フロンティアブレーン」と、BW2の「PWT決勝戦!」というBGMが大好きなものでw

    • トモフミ より:

      確かに厳選がしやすいというのはよく聞きますね。僕の弟もめっちゃ厳選が便利って言ってました。
      なるほど、確かにあの時代のBGMはセンスが光ってますよね。
      BGMの面なら1位BWで2位XYです。
      BWの「使命を抱いて」や「揺るぎない想い」、「決戦!N」はほんとに好きです!

  13. シロマ より:

    ポケモンは完全版を除いて初代〜YXの世代までプレイしていて、その中で一番プレイしていたのはルビー、サファイアですね。

    • トモフミ より:

      ウルトラサンムーンもよろしければ、是非!
      前作よりはやりごたえも上がっているんじゃないかな。
      ルビー・サファイアのリメイクも思い入れがある人なら興奮すること間違いなしですよ!

  14. ホロウダイン より:

    「ブラック・ホワイト」は、ネットでは批判的な声も大きいように感じますが、僕も好意的です。この作品からストーリー性が増して、シリアスなストーリーとなり、後のシリーズのスタンダードを作り上げました。モチーフの地方が海外になったことも含め、今までのシリーズと違った雰囲気が新鮮でした。
    EDまで旧ポケモンが一切出ないのも思い切ったことでしたが、エンカウントするポケモンがタイプも技もわからないポケモンばかりなのでこれも新鮮で刺激的でしたね。ポケモンは今までEDはひらがなでしたが、今作でカッチョイイbgmとともに英語でEDが流れたときは正直シビれた。

    「サン・ムーン」も今までのジムリーダーシステムのかわりに試練システムを採用したことなど、新鮮でよかったです。野生ポケモンが仲間を呼ぶのは確かにストレスでしたね。

    僕はポケモンはマイナーチェンジを除けば全作プレイしているので、マンネリに思う部分もあります。だからこそ、次の新作でもシリーズの良さを残しつつ、アタリマエを見直して驚かせてほしいなと思います。

    • トモフミ より:

      おお、良かった同志がいた!
      そうですね。他のシリーズでも言えることですが、これからどんどんアタリマエを見直していってほしいですね。その分、僕たちは各ゲームごとにいろんな体験ができますからね。
      確かに触れてはいなかったのですが、サンムーンのジムから試練に変化したシステムは私も気に入ってますよ。今度のウルトラサンムーンではジムシステムに戻ると噂されてますから嬉しさ半分寂しさ半分な感じです(´・ω・`)
      両方あったら楽しいけどなぁ。

  15. メトロキシド より:

    初めまして。トモフミさんのポケモンレビューが面白くて自分もポケモンレビュー見せたいという私利私欲で個人的ポケモンレビューしようと思いますw
    先に宣言します。長文になりますw

    BW2
    シリーズ集大作。今までのポケモンファンのために色々と工夫を凝らしていたり前作では物足りなかったやり込み要素が大幅に増え、さらに難易度が優しくなったという印象(最後は難しいけど)。
    まあ前にやった作品がDPなのでその影響かもしれませんがw
    後最初ドット絵を見た時は感動しました。
    まさかポケモンがこんなにも活き活きと動くなんて!と。個人的にXY以降の作品のポケモンの闘うシーンよりBW、BW2の方が好きです。
    あとPWTも非常に好きでした。あれのおかげでHGSSに手を出すきっかけになったものですしw
    トリプルバトル、ローテーションバトル(BWが初出ですが未プレイなのでここでw)のPWTもどんちゃん騒ぎみたいな感じで非常に楽しかった!

    HGSS
    個人的にBW2と同じくらい評価している作品です。
    とにかくBGMが素晴らしい!HGSSで一番好きな曲は通常戦闘だったりw
    通常戦闘曲のくせに色々と変化に富んでいてその曲単体でドラマチックとまで感じてしまいましたw
    ゲーム性も非常に素晴らしく、DPではややとがっていた難易度がやさしくなっており、それでいてこまめにトレーナーと戦っても最後は苦戦するような絶妙なバランスが素晴らしい!白熱したバトルでしたw
    また、今のポケモンと劣るどころか勝っているほどのやり込み要素も燃えました。カント―に行ってジムで戦ったり、強化四天王と白熱のバトルを繰り広げたり、バトルフロンティアでファクトリーばっかやっていたりなどなど・・・。
    未だに終わりきらないほどのボリュームです。
    惜しむらくは育成環境がやった当時(2015あたり)と比べるとあまりにも不便で厳選する気が起きなかったこと。その理由でORASにバトルフロンティアの移植を求めたのですが・・・

    ORAS
    ストーリーに力を入れたらしいポケモン。しかし、ポケモンのストーリーは大抵あまりいい評価を聞かない(賛否両論や否側の評価がほとんど)ですし、そもそもポケモンのストーリーをあまり見るようなプレイスタイルではないので問題なし!w
    ただ、ゲーム部分もBW2から落ちているように感じました。というのも、トレーナーが全体的に弱く学習装置を切っても割と楽に勝ててしまうので、もっと高難易度にしてもよかったのでは?と思わざるを得ない。というか全体的にプレイヤーが強すぎるw
    育成要素はBW2から大幅に進化して非常に高評価ですが、その育成し終わったポケモンを使う場所があまりにも少ない(オンライン除く)。というかつまらない。
    ゲームバランスも悪いですが、育成厨(さらにオンライン対戦をあまりやらない)なので特にそこはマイナスイメージはないです。

    DP、Pt
    うーん・・・BW2やHGSSと比べて何かすごいという点が思いつかない作品です。
    というか二つにDPPtのいいところが吸い取られてるw
    トモフミさんがおっしゃったとおりもっさりしていたり、セーブに時間がかかるのが難点ですね。BGMは以前の作品と比べゴージャスなので、その点を高く評価する人もいますね。

    番外 ポケモン不思議のダンジョン 時/闇/空
    ポケモンはストーリーがアレ・・・という評価をひっくり返した異色作。
    とにかくストーリーがすごいの一言。特にラストは夢中になってプレイするほどの展開!あの作品のおかげでジュプトルが好きなポケモンになりましたw
    BGMも本家に負けず劣らず素晴らしく、演出の一環として役立っています。
    また、ゲームバランスもよく練られておりゲームジャンルがローグライグなのですが未経験者でもスイスイいける作品ですが、ラストはかなり難しいなどと演出も込めており、素晴らしい出来です。
    トモフミさんももしやったことが無いのでしたら、ポケモンがしゃべることに抵抗がない限り比較的安価な為ぜひとも購入をお勧めします。今までにないポケモン体験ができると思います。

    やばい長すぎるwww すみませんw
    文章の配分考えてなかったので読みづらいかもしれませんがとりあえず簡素にまとめてみました。
    そういえばウルトラサンムーンはBW→BW2みたいにサンムーンのストーリーの続きなのでしょうか?でしたら前作やっておこうかなーとかんがえています。

    • トモフミ より:

      一応、ウルトラサンムーンは続編ではなく、公式によるとパラレルワールドな位置付けだそうです。
      ストーリーがつながっているか微妙ですし、絶対に前作の欠点が改善されていると思うのでウルトラサンムーンからやる方がおすすめかもしれません。

  16. kamome03 より:

    長編お疲れ様です。

    自分は緑、銀、サファイアでポケモンは止まってしまいました。

    なんだかんだプレイすると楽しいのは分かりますが、社会人になってからプレイするポケモンと、学生時代にプレイしたポケモンの楽しさが違い過ぎて社会人になってからはプレイ出来ずにいますw

    緑の時はバグ技使ってデータが壊れたのがいい思いでですw思い出補正ですが、ケーブルをつないでトレードしてた時が一番楽しかったですね。

    スイッチのポケモンが発売されたら買おうか考えてますが、そうなると10数年振りのポケモンになりそうですw

    • トモフミ より:

      おお、緑・銀・サファイアと見事に後ろ側に来るラインナップで選んでますね。
      kamome03さんの年齢にもよるかもしれませんが、ダイヤモンド・パールからちょっと購買欲がそそらないのはわかります。私はともかく、私の6歳年上の先輩はダイヤモンド・パールの情報を知って以降、「もうこんなのはポケモンじゃないや」と言ってポケモン離れした人を見たことありますよ。
      今回の反響を見てみるとDSのダイヤモンド・パール以降からポケモン離れした人が多そうですφ(..)

  17. 夜珠 より:

    どうも。
    ポケモンの記事ということで久々にコメントしてみます。
    自分は一応初代世代ですが(本家の)全世代をリアルタイムでプレイ済みのポケモンオタク……です(恥)

    各バージョンのレビュー、興味深く拝見しました!
    割と長い間ポケモン界隈を見てきましたが、どの年代でどのシリーズから入ったかによって、(どれが最高傑作かという)意見が人によって全く異なるのが面白いですね〜。
    正直なところ、ポケモン本家の作品で人に勧められないようなものは無いと思ってるので、後は世代ごとの特色や違い、雰囲気もろもろがその人の好みに合うか合わないか位の差だと思ってます。(あと思春期によるポケモン離れの時期)

    長くなりそうなので色々端折りますが、個人的にはダイアモンド・パール・プラチナ世代が1番好きですね! ! ストーリーもキャラクターもポケモンのデザインもBGMも街も、全体的に少し物悲しくて不気味な雰囲気(神話モチーフ)なところも、人とポケモンとの生活や関わりに関するさり気ない描写等々……あげるときりが無い位全てが大好きで、私にとっては間違いなく最も思い出深い作品です。
    (なので記事に良い面が紹介されてないのが割とショックです……)

    ゲーム的には最高傑作と言えない部分(多少もっさりしている&暗めの雰囲気が好み別れる)もありますが、未プレイで気になる方は(マイナーチェンジのプラチナを)是非プレイしてみて欲しいですね!!!

    ついでに個人的な好み&オススメのポケモン作品を挙げると、
    1位、ポケモンプラチナ
    2位、ポケモンブラック2&ホワイト2
    3位、ポケモンサン&ムーン

    となります。ゲーム的な楽しさ(遊びの幅)で考えると、BW2が集大成&最高傑作ですね!(一応前作(BW)とストーリーが繋がってますが、知らなくても大丈夫)

    サン&ムーンは、ストーリーが良い&今までの当たり前を見直していて新鮮&初心者への配慮も多くて良いですね!
    今からポケモン始める人には、通信環境(重要)も踏まえて普通に(今後発売の)最新作ウルトラサンムーンを最もオススメしますw

    因みに本家以外のポケモンですと、ポケモン不思議のダンジョン(特に空の探検隊)や、癖はかなり強いですがポケモンコロシアムやXDも好きです。

    (金銀の話を全く書いてないのに)長文失礼しました;
    書いてない世代のポケモンも勿論好きですし、これからもポケモンを愛しつづけたいです。

    • トモフミ より:

      夜珠さんには申し訳ない記事でしたね、ほんとに失礼いたしました。
      でも僕は決してダイパが全部悪いとは言っていないのでそこは誤解しないでくださいね💦僕はプラチナをポケモン離れ復帰後に遊んだのですが、ダイヤモンド・パールのときと比べてかなり遊びやすくなったと思いましたよ。
      しかし僕が遊んだときがBW2がすでに出てたときだったのでそれらの良作に押されて★5の評価になってしまいました。それは申し訳ありません。
      あとシンオウ地方の雰囲気事態は別に嫌いではないのでむしろリメイクでダイパが出るのがすごい楽しみです。さすがにスイッチに切り替われば、もっさりしていることは9割ないと信じてますので、雰囲気は好きですが…インターフェースや戦闘シーンのもっさり具合が足を引っ張った残念な世代だと思います。

  18. ジョエリー より:

    自分は初めてプレイしたゲームがポケットモンスタールビーなので、ポケモンへの思い入れは結構ありますね。小学生の頃はずっとルビーをプレイしてました。10回くらいは殿堂入りしたと思います。

    そこからしばらくポケモンからは離れてしましたが、友人に借りたブラックが面白くてブラック2の時に久々に復帰しました。そしたら凄くハマってしまって、努力値や個体値を調べて育て屋に行きまくったり、オンラインで戦ったりしてポケモン廃人になりかけました。笑
    戦闘だけでは飽き足らず、映画撮影もかなり長い時間をかけてプレイしてました。

    自分がプレイした最初の3Dポケモンはオメガルビーでした。やはり元が好きだった作品だったので、殿堂入りまではかなり楽しくプレイ出来ました。しかしその後のエピソードΔが個人的に全然合わず、ストーリーが全く面白くないと思ってしまったので途中で辞めてしまいましたね・・。そのトラウマもあってサン・ムーンは買えなかったです。
    ただ久しぶりにポケモンをプレイしたくなっきたので、ウルトラサン・ウルトラムーンを買おうか検討してみます。

    • トモフミ より:

      ルビー→ブラック→ブラック2→オメガルビーとなかなか面白いポケモンとの歩み方ですね(笑)
      確かにブラック2はお遊び要素が多くてあれは廃人になりかけますよね(^^)ほんとにあれは傑作でした!

      ウルトラサンムーンは是非、検討してみてくださいませ。ブラック2並みにお遊び要素ややりこみが多ければいいなぁ。前作のサンムーンはちょっとそれが物足りなかったです。

  19. 日々寧日 より:

    自分もポケモンは全世代プレイしていて一番好きな作品はRSE(第三世代)ですね ポケモンのデザインが好みなのが多く、ポケモンバトルの戦略が幅広く出来るようになって当時はやり込みまくりましたね

    BWで一旦ポケモンからは離れてしまったのですがRSEのリメイクのORASから復帰して今でもレートバトルなどをちょくちょく楽しんでますよ
    GSとBW2は殿堂入りまでクリアしてないので今度のVCでGSとクリスタル版を殿堂入りまでやって、そのついでにBW2も頑張りたいと思ってます
    今年発売されるUSUMも色々と追加要素があって非常に楽しみです

    • トモフミ より:

      日々寧日さんはVCの金銀が楽しみなようですね。同感です!
      私も今回、どこでも持ち歩けるVCで金銀をリベンジしたいと猛烈に思ってます。
      ちょうど我が弟がいいライバルをしてるので出し抜かれないように頑張りたいです!!

  20. チキ より:

    ポケモンは流行りに乗って銀だけやりました。
    謎解きが結構、難しかったような?
    氷の床を上手く滑って行かないとジムリーダーの元にたどり着けないのはイジワルだったなぁw

    ホウオウを捕まえるつもりがダメージを与え過ぎて殺してしまった思い出。
    反省してルギアの時はマスターボールを使いました。

  21. nicond より:

    ダイヤモンド、ファイアレッド、ブラックの順にプレイしました。

    ダイヤモンドは地下通路が楽しかった思い出があります。モッサリしてたかはあんまり覚えてませんw
    「なぞのばしょ」へ行く裏技がすごく流行ってましたよね。

    ブラックは当初、全く買う予定がなかったんですが、周りで流行っていたので急遽買いましたw
    休みの日に一気に伝説ポケモンを捕まえたりとかしたな〜

  22. りおね より:

    初コメですがちょっと同意しかねます笑
    特にDPPtとxy~SMまでの評価は個人的にはまるっきり逆ですね

    3Dモデルがあんまり好きになれないんですねぇ全体的に色に違和感があるし3DSのE-shopにあった全国図鑑proのモデルに馴れてたのでクオリティもそこまで高く感じられないです

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

関連記事

【伯爵さん×街毛さんコラボ企画!】PSVITAでおススメのノベルゲーを対談形式で大特集!
ニンテンドースイッチを触ってきた!本体・ソフトの感想を続々と書いていくぜ!
隣の飼いケルベロスさんにスプラトゥーン2の実話マンガを描いてもらいました!
任天堂とPSの魅力と弱点をkentworld×C-rexが語る!
過去10年間に発売されたストーリーが面白いゲーム大特集 by 伯爵
洋画&ゲーム好きは特に注目!kentworldの友達が満点を付けた神ゲーを紹介!(チキ編)
伯爵が選ぶPSVITAのおすすめ音ゲーランキング! ※全タイトルレビュー付き
2016年のイチオシゲームを5人で語ってみた!ピコッ!ゲームだらけのM☆G☆Mラジオ~第56回放送分~
スーパーマリオ オデッセイからマリオのオープンワールド化を考える by C-rex
これは義務教育レベルの作品だ!日本人なら絶対やるべし!龍が如く6(先行体験版)感想