2017/04/24/7:00 | ゲームレビュー

ロックマンゼロ【レビュー・評価】粗削りなインティ・クリエイツの初期作品

2002年4月に発売されたGBA「ロックマンゼロ」を今回はレビューします。

GBA「ロックマンゼロ」は「ロックマンX」シリーズに登場するゼロが主人公の2Dアクションゲームです。

良いところ

携帯機でハイクオリティなロックマンを楽しめる!

2002年当時、携帯機にも数多くの「ロックマン」シリーズ作品が発売になっていました。

しかし、その多くは8bit基準でスーパーファミコンの「ロックマンX」レベルに達している作品はほとんど発売にされていませんでした。

そんな中で発売された本作はスーパーファミコンの「ロックマンX」に匹敵するほどのクオリティで、グラフィックの美しさはもちろん、スピード感・BGMのクオリティも高くなっています。

シリアスなストーリー

ストーリーは「ロックマン」シリーズの中でもシリアスな部類でした。

主人公のゼロは過去の記憶を失っていてゲームを進めることで謎が明らかになるんですが、とても作り込まれていて考察したくなってしまうほどです。

ロックマンX」と繋がっているので、そちらもプレイするとより楽しめると思います。

爽快なアクション

今作では3種類の武器が用意されています。その中でも爽快なのが、ゼットセイバー

ゼロらしい近接武器で、敵を「バーバーバーバー」と滅多切りにする事が出来るんです!滅多切りにすると真っ二つに分かれるアニメーションが入るので、上手く決まると気持ち良い♪

それ以外にもバスターショット、トリプルロッドといった武器が用意されていて、属性の概念も存在するのでそれぞれ使い分ける楽しさがあります。

歯ごたえのあるアクション

「ロックマン」シリーズと言えば歯ごたえのあるアクション!

その遺伝子は本作にも引き継がれていて、歯ごたえのあるアクションを楽しむ事が出来ます。

各ステージには落ちたら一発アウトのゾーン、初見殺しの罠、強力な敵が満載で、何度もミスをして覚えながらじゃないとクリアするのは困難です。

サクサク進みたい人はイライラするかもしれませんが、個人的にはこの歯応えあるアクションがたまりません!

スポンサーリンク

個人的に合わない&気になったところ

謎のコンテニュー仕様

「ロックマン」シリーズと言えば残機制を採用していることでも有名です。

しかし、今作の場合は残機制を採用しておらず、体力が0になったらゲームオーバーになってしまいます。

しかもコンテニューの回数制限が存在してになると強制的に最後のセーブポイントからやり直さなければならず、コンテニュー数も増やしにくいので全体的に意地悪な作りになっています。

「ロックマン」の要素をスポイルしている

全体的に「ロックマン」の要素をスポイルしていると思いました。

まず気になったのがステージ選択。「ロックマン」と言えば8個あるステージを好きな順番から挑戦出来る事でも有名です。

しかし、今作の場合はミッション制となっていて、選択肢が大幅に減ってしまいました。

しかもミッションに失敗すると再挑戦することが出来なくなり、強制イベントが発生するのでこれまでの作品と比べて自由度が下がっているように感じます。

初期状態ではチャージ攻撃出来ないのも気になりました。「ロックマン」と言えばチャージ攻撃がメインなので、武器のレベルを上げない限りはファミコン初期の作品みたいに単発攻撃しか出来ず操作していて気持ち良くありません。

同時期に発売された「ロックマン」シリーズではチャージ攻撃は当たり前となっていただけに、武器レベルを上げる楽しさよりも不便さによるストレスの方が勝っていると思いました。

サイバーエルフを育てにくい

今作ではサイバーエルフというキャラクターを育成する要素があります。

育成するにはEクリスタルが必要になるんですが、必要ポイントが多過ぎて同じステージを何度もプレイしなくてはなりません。

サイバーエルフを育てる事でライフやサブタンクを増やす事が出来て難易度を緩和出来るんですが、もう少しバランスを考えた方が良かったような?

ちなみにサイバーエルフは各ステージの分かりにくい場所に隠されているので、探索する楽しさがあります。

控えめのボリューム

ボリュームは全体的に控えめでした。用意されているステージは少なく、しかも短め。

ミッションの中には重複ステージや来た道を引き返す脱出イベントもあり、恒例のボスラッシュも最後には用意されているので少ない素材でやりくりしている印象が強いです。

本作はゲームボーイアドバンス初期の作品という事で開発期間が短かったのかもしれません。

全体のまとめ

下請け会社インティ・クリエイツが開発を担当した初期の作品であるためか、全体的に粗削りな作りになっていました。

この時点でグラフィックやストーリーは魅力的なものになっているけど、ゲームシステムの面では色々とがある作品です。粗削りなインティ・クリエイツの初期作品。

こんな人には特におススメ。
・アクションゲーマー。

こんな人にはおススメできない。
・アクションゲームが苦手な人。

ロックマンゼロ/お気に入り度 ★★★★★★☆☆☆☆ 星6つ
プレイした時間・・・約5時間

※何か分からないゲーム用語を見かけたらこちら をご覧ください。

↓人気ブログランキングに参加中!
1日1クリックしてくれると「M☆G☆M+etc…」の順位がアップします!

↓Twitterで更新通知をしています。
Twitterやっている人はフォローよろしくお願いします。

A52

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

内容をご確認の上、送信してください(当ブログのコメント欄は承認制を採用しています)。荒らしや誹謗中傷コメントは全てログを取っており、法的な措置を取らせて頂きます。

この記事の反響(15)

  1. ☆☆☆☆ より:

    ミッションの採点要素についての感想も是非聞いてみたかった

    やっぱり初代はシステム周りで不便なところが多いですね。体力増強は愚かサブタンクも全部エルフ任せですし。ただ、最大強化したセイバー&バスターの使い勝手はシリーズ随一でした
    当初はラスボスのコピー○が存在せず、○本人と刃を交えるシナリオだったみたいです。このシリーズは結構インティの好きにやっていたそうですが、なかなか恐ろしい事を考えますね

    • kentworld より:

      ミッションの採点要素。サイバーエルフを使ったら駄目なことかな?

      初代はシステムを不便にして難易度を上げている感じでしたね~。

      ストーリーは下請けでそれはすごい!さすがにカプコンも許可を出せなかったのかな?

  2. トモフミ より:

    ロックマンゼロ、キター\(^^)/
    私も友達からロックマンゼロコレクションを借りてやったことがあります。主人公のゼロのデザインはXシリーズと比べて見違えるほどカッコよく、ヒロインもかわいいのですが、ゲームとしてはちょっとイマイチかな。DSの後継シリーズであるゼクスにも言えることですが、アクションなどが初代ロックマンと比べると格段によく遊びやすくなっているのはいいのですが、ストーリー性が無駄に高くなって会話シーンがこの手のアクションゲームとしては多いと感じました。あとせっかくロックマンと銘打っている以上、始めは初期ミッションと題して好きなエリアを選択しても良かったと思いますね。この頃は毎年、ロックマンシリーズ作品が出てた時代なのでスタッフたちがユーザーよりもマンネリに感じたのかな。しかしその影響でロックマンゼロやゼクスは、良くも悪くも新規ユーザーがとっつきづらい「普通に」良くできたアクションゲームという印象が強いです。個人的には初代ロックマンの面白さをしっかり引き継いで欲しかったなぁ。(外伝作品ならいいですけど、例えるならコピー能力がないカービィがずっと主流になってしまった印象ですね(^^;)

    • kentworld より:

      ようやくレビューすることが出来ました!
      ロックマンシリーズって人を選ぶ作りだと思うんですが、今作の場合はさらに選びますねー。
      ストーリー要素とアクションゲームの相性は僕も考えてしまいました。
      気持ちの切り替えが必要ですもんね。

      マンネリの打破は良いですが、不便な方向で難易度を上げるのは上手いやり方ではないなと思いました。
      コピー能力がないカービィ。その例えは妙に納得w

  3. Awaken より:

    自分のロックマンの原点はゼロシリーズでした。今でもたまに引っ張り出してプレイします。
    この一作目をプレイすると、アクションにおいてはシステムがいかに重要か思い知らされますね笑

    シリーズの初作品にしては序盤から難易度が高いので、友人に貸しても諦めてしまう率は高いです..
    アクションとしては3から始めると親切さ(エルフ関連、EX技など)が難易度に追いついてやりやすいかと思いますが、何よりストーリーが魅力のシリーズなので初代から順にプレイしてほしいですね。

    • kentworld より:

      このゲームは挫折率が高いかもしれませんね~。
      2002年のゲームにしてはやたらとファミコンゲームみたいな不親切さがあるので。
      今だったらロックマンゼロコレクションで1作目からまとめてプレイするのが良いと思います!

  4. そらとろぼ より:

    当時直撃世代だったので思い出補正強すぎる作品ですね。
    今やるとリトライやスキル制やエルフの仕様が不便な上に即死トゲと穴の多さに辟易するでしょう。

    ビジュアルや世界観のダークさはガンヴォルトにも受け継がれててセンスがずば抜けていると思います。ZXとかZXAなんてなかった・・・

    • ☆☆☆☆ より:

      ゼロはリアルタイムでは手も足も出ず、ZXの丁寧なバランス調整でハマり直した自分みたいなのもいるので、”なかった”なんて悲しいこと言わないでください…
      まあウロボロスとか投げっ放しの話とかウロボロスとかはアレでしたけどw

    • kentworld より:

      このゲーム自体は荒いけど、インティ・クリエイツのルーツを作り上げていると思います。
      ガンヴォルトなどはプレイしているので感慨深い。ZXはプレイしていないけど、そんなに酷いのかな?

  5. すてぞー より:

    ボスを選択するのではなくミッションの途中でボスに遭遇する、という演出がとても印象的で後に続くシリーズも大好きな作品ですね

    ただ1作目は最高難易度だったかだとブラスターもセイバーも強化できないのが残念でしたね

    • kentworld より:

      ミッション制なのはロックマンの常識を打ち破ってきましたよね!
      途中でボスと遭遇する点自体はロックマンのアタリマエを見直していて好印象でした。

  6. タロン より:

    やることはあるけど、ロックマンは特別好きでは無かったんですが
    ロックマンゼロは、操作感が気持ちよくてはまりましたね

    リザルトの評価システムはよくネタにされているので、触れてほしいところでしたw

    他のロックマン正統シリーズより面白いと感じるので、もとからのロックマン好きからすれば、合わないかもしれません

    他の要素としては、属性や武器チェンジシステムも、ゼロシリーズ通してありますね
    操作感が変わるので楽しみかた次第となってます

    敵キャラもこの時点で重要なキャラクターが出てますし、魅力的で印象深いボスが多いです
    ボリュームは少ないですが、サクッとクリア出来るので、繰り返し遊べるんですよね
    後のZXシリーズは冗長過ぎましたから…

    後の3作も是非お願いします!

    • kentworld より:

      ロックマンゼロ、ついにレビュー出来ました!

      評価システムはすみません!本日公開するレビュー記事では触れていますので・・・

      操作感の気持ち良さは分かります。
      近接攻撃のアクションはそれまでの作品ではメインではありませんでしたから。

      今作をプレイしてから後の作品をプレイすると、敵キャラクターについては色々と思うことがありますね。
      その辺りは今後のレビュー記事で語っていきます!

  7. ウーロン茶こぼした恨み より:

    実は記事の公開を26日にしたらそれはそれで盛り上がったのに・・・

コメントする

内容をご確認の上、送信してください(当ブログのコメント欄は承認制を採用しています)。荒らしや誹謗中傷コメントは全てログを取っており、法的な措置を取らせて頂きます。

関連記事

モンスターストライク【レビュー・評価】戦闘以外をさらに作り込んだら良作になるかも!?
ファイアーエムブレム エコーズ もうひとりの英雄王【レビュー・評価】RPG色が強い簡素で平凡なシミュレーションゲーム
キキトリック【レビュー・評価】見た目は地味だが凄く斬新な聴き取りゲーム!
ウルトラストリートファイターII ザ・ファイナルチャレンジャーズ【レビュー・評価】ハードコンセプトにはあまりマッチしていないが、盛り沢山な内容
ビヨンド:ツーソウルズ【レビュー・評価】没入感はパワーアップしたものの、快適性はパワーダウン
スター・ウォーズ エピソード1 レーサー【レビュー・評価】スピード感は凄いが、ゲームバランスは完全崩壊
ジャストコーズ3【レビュー・評価】難しい事を考えずに楽しめる爽快オープンワールドゲーム!
聖剣伝説2【レビュー・評価】スクウェアの弱点が露呈したアクションゲームに見せかけたRPG
ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド【レビュー・評価】最先端から遠ざかっていた任天堂の復活を予感させる歴史に残る名作!
Goat Simulator(ゴートシミュレーター) 【レビュー・評価】制限のないところをどう受け止めるのかで評価が変わってくる作品