2017/12/08/7:00 | ゲームレビュー

龍が如く 極2【速報レビュー・評価】序盤から意外と難易度が高め?ゲーム自体は安定のクオリティ!


龍が如く 極2/PS4(通常版) / (限定版)

2017年12月に発売されたアクションアドベンチャーゲーム、PS4「龍が如く 極2」。

今回の記事では本作の速報レビューをしていきます。

あくまでも4章まで進めた時点でのレビューで、未クリアの状態です。クリア後には大幅加筆修正して総評をまとめていきます。

例によって長いムービー。前作未プレイでも大丈夫?

ムービーが長いことでも知られている「龍が如く」シリーズ。

例によって今作ものっけから非常に長いムービーが挿入されます!w

ストーリーが面白ければ良いんですが、正直なところ3章までは普通の極道ドラマといった感じでさほど惹かれません。

でも、4章辺りになると先が気になる展開になって面白くなってきました!

オリジナルとなるPS2「龍が如く2」は序盤しかプレイしていないので、これからどうなるのか楽しみです♪

ストーリーはPS4/PS3「龍が如く 極」からの続きですが、非常に詳しいあらすじムービーが用意されているため今作からプレイしても大丈夫なようになっています。

丁寧に回想が挿入され、黒田崇矢さんの録り下ろしボイスも聴けるので、前作プレイ済みながらもおさらいも兼ねてチェックしてみました!

あれ?難しくない?

「龍が如く」シリーズはライトユーザー向けのゲームなので、アクションの難易度は低めだろう。

そんな先入観で3章のボスと戦ってみたところ、あまりの強さに返り討ちに遭いました!w

何度やっても勝てないので、何か大切なテクニックを見落としていたのかと思ってしまいましたよw

とあるインチキ攻撃でゴリ押しをして勝てましたが、一体、あれは何だったのだろうか?

ヤケに耐久力が高くて攻撃は激しいし、救済となる回復アイテムも少なくて倒すのに苦労しました。

うっかり回復アイテムの購入を忘れていたので、今後ボスと戦う前には入念な準備をしておこう。

のっけから強敵を持ってくるのはどうかと思いますが、「龍が如く」シリーズは寄り道をしてキャラクターを強化させていくRPG要素も強いだけに戦闘の歯ごたえがあるのは個人的に好みです。

もちろん、サクサクとストーリーを進めたい方に向けてイージーモードも用意されているので、戦闘で何度も負けてしまうようであればそちらを選ぶのも良いと思います。

難易度ノーマルでクリアしないと入手出来ないトロフィーは存在しないようですし(最高難易度クリアのトロフィーは存在するようです)。

スポンサーリンク

「6」のエンジンで作られた「2」のリメイク

本作のベースとなっているのは、昨年発売されたPS4「龍が如く6 命の詩。」になります。

そのため用意されている素材の多くは「6」からの流用になっていて、ハッキリ言って既視感は強いです。

が、PS2の「龍が如く2」をプレイしてから本作をプレイするとあまりの進化具合に驚くでしょうね~。

このシリーズは2→3、4→5、0→6の時にゲームエンジンを一新してグラフィックやゲームプレイをパワーアップさせていったので、感覚的には3段階くらいパワーアップしていますから。

個人的に嬉しかったのが、パワーアップした蒼天堀を探索出来る事!

PS4「龍が如く6 命の詩。」では神室町と尾道仁涯町しか探索出来ず、蒼天堀は登場しませんでしたからね。

蒼天堀が登場するのはPS4/PS3「龍が如く0 誓いの場所」(2015)以来なので、そちらと比較すると進化具合を感じられます。

建物の中はロード時間を挟まずに入れますし、蒼天堀の川に流れている水の表現はとても綺麗です!

ドンキホーテに至っては入り口が2つ用意されていて通り抜けられるようになっていて、よりリアルに描かれています。

全体のまとめ

全体的には安定の「龍が如く」と言った感じ。

個人的に本作最大の目玉は本編ではなく、リメイクによって追加された真島吾朗編だと思っているので、そちらがどんな感じになっているのか特に楽しみですね!

真島吾朗編を含めてクリアしたら大幅加筆して総評をまとめていきたいと思います。


 

タグ ,

おすすめ記事

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(14)

  1. たこいち より:

    龍が如くの「難しさ」はスーパーアーマーのゴリ押し攻撃で無理やりダウンさせられてストレスなイメージが強いです。

    テンポ良くストーリーを楽しみたいので、本作はイージーで進めようかなぁ。

    ともあれ、まずは地球の防衛が先ですw

    • kentworld より:

      あぁ、今作もその辺は大きく変わっていな印象です(^_^;)
      戦闘に歯ごたえを求めていないようであれば、イージーモードでも良いと思います。
      今週はたこいちさんにとって激戦区じゃないですか!?
      地球防衛軍とはまた意外なところを突いてきますな~。

  2. 腰痛持ちジーパン より:

    さすが、早いですね!
    ネットを見てても極よりは評価は高そうな感じですね。
    関係ないですけど、Kentさん、公開時間間違えましたか…?
    今まで4、5ヵ月くらい毎日見てますが、カミングアウト後以外12時に更新しなかったのはなかったですから。

    • kentworld より:

      ゲームエンジンがパワーアップして前作よりも楽しめそうな気がしています♪
      公開時間はそうですね。速報レビューなので、速報性を重視して朝に公開してしまいました。
      心配をおかけしてすみません(^_^;)

  3. kamome03 より:

    相変わらずムービー長いんですねw

    如くシリーズは、6に0に極未プレイなんでもう何から手を出していいのか分からなくなってきましたw

    • kentworld より:

      このシリーズは極道ドラマムービーがメインで、戦闘は添え物みたいな感じですからねw

      5をプレイしているのでしたら6、0、極、極2。どれから始めても良いと思います。

  4. 任PSXゲーマー より:

    龍が如くは難しいんじゃなくてただイライラするだけの敵が居たりするのがなぁ

    極2はまだやってないから分からんけどもう少し回避やガードを駆使して気持ちよく戦える程よい強さにして欲しいな。
    遠くから拳銃撃つだけのストレスフルな奴とかは消してくれ

    • kentworld より:

      その辺は今作もあまり変わっていないと思いますw
      まだ、銃を撃ってくる敵にはほとんど出くわしていませんが・・・
      これでも改善されていると思いますが、まだ旧世代感がありますね。

  5. nasturtium より:

    予想はしていましたがやはり既視感は強そうですね〜。僕は2のストーリーは知っているので真島編を目当てにプレイします。

    それと今年になってから0をプレイしたので、蒼天堀がどれだけ進化しているのか気になりますねー。

    • kentworld より:

      龍が如くシリーズは大作の割にインターバルが短いけど、
      プレイしてみると納得出来るところがありますねw
      前作のエンジンを上手に流用しています。

      0は今年になってからプレイされたとはなんて奇遇なんでしょう!w
      1年もせずに蒼天堀の進化を見られるのはある意味ラッキーかも。

  6. T・A より:

    龍が如くは維新・見参・ゾンビ以外ナンバリング全てやるほどファンですが6が糞ゲー(個人の感想)だった為途中で辞めた事もあり2極買うか悩んでます(苦笑)
    個人的には0・初代・2(2つともオリジナル版プレイ済)が好きなんでその2のリメイクやりたい気持ちありますね
    6のバトルシステムが合わなかったのもありますが2極のバトルシステムが合うかちょっと心配ですね
    個人的には0のバトルシステムが良かったのでそれに戻して欲しいという気持ちですね

    • kentworld より:

      バトルシステムは6を踏襲しています。
      個人的にも0のバトルシステムは良かったですね~。
      良くも悪くも6のエンジンで2のストーリーを描いている作りになっています。

  7. 安西 より:

    元のPS2より簡単になったように思うし、難しくなった気もしますね、難易度。
    6がそうだったと思うんですけど、シリーズファンの方々が「スタイルシステムに戻してくれ!!」と言っていたのが、何となく今回、6と極2両方やってみて感じた部分です。

    何というか、バトルが大味になってしまって、パターン化し辛いので、本編レベルだと適当にガシャガシャやって勝つって感じが、煮え切らない感じに。
    PS2版の時は、強敵の場合は敵の動きをしっかり見て対応するって感じだった気がするんだけど、なにぶんかなり前にやったきりなので、ちょっと記憶に自信がないです。

    ムービーは文章だけのシーンも増えててだいぶ気を使ってないでしょうか。クリアしましたが、6の全部ムービーも良かったけど、アレやるとメチャクチャムービー長くなりますからね。元のPS2版がそもそも長尺気味だったので、難しいですね。

    ミニゲーム類は、6のほうが夢中になったかな?
    今回、バトル系の遊びが増えてるっぽいので、バトル好きには楽しめそうです。

    • kentworld より:

      詳しいコメントをありがとうございます!
      龍が如くシリーズも色々発売されていて戦闘バランスはそれぞれ微妙に異なるので、
      大昔に発売された過去作品を今の作品と比べるのも大変ですよね。

      ムービーはこれでも気を使っているのか!?
      まだ序盤しかプレイしていないので、長い印象が強かったです。
      個人的には戦闘やミニゲームなどを上手く絡めてプレイアブルシーンを増やして欲しいと思っています。

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

関連記事

ソニック ジェネレーションズ 白の時空【レビュー・評価】20周年にふさわしいソニックの良さがまとまった作品!
モンスターハンター3【レビュー・評価】新しいステップを踏んだ作品!
ソルト アンド サンクチュアリ【レビュー・評価】ダークソウルとメトロイドヴァニアを融合させた高品質な2Dアクション!
ウォーキング・デッド【レビュー・評価】生死について考えさせる重苦しくも夢中で楽しめるインタラクティブドラマ
Undertale(アンダーテール)【レビュー・評価】ゲームに詳しい人がニヤリとするアンチテーゼの塊
悪魔城ドラキュラ Harmony of Despair【レビュー・評価】マルチプレイ前提の作り
ドラゴンクエストヒーローズII 双子の王と予言の終わり【レビュー・評価】新要素がアクを強めた前作以上に人を選ぶ作品
マリオカート8【レビュー・評価】玄人向けのバランスで盛り上がりに欠ける
RUNE II ~コルテンの鍵の秘密~【レビュー・評価】磨けば光そうな黒くゴツゴツした石
ゼルダの伝説 ムジュラの仮面 3D【レビュー・評価】数百にも及ぶ改善と改悪が融合した2015年のムジュラ