2017/05/26/7:00 | ゲームレビュー

聖剣伝説3【レビュー・評価】マルチストーリーを採用したSFC後期の力作

1995年9月に発売されたSFC「聖剣伝説3」を今回はレビューします。

SFC「聖剣伝説3」はファンタジー世界を舞台にしたアクションRPGの3作目です。

良いところ

SFC史上最高のグラフィック

グラフィックはスーパーファミコンソフトの中でもトップクラスのクオリティでした。

前作と比べてカラフル感は薄れているものの、描き込みが細かくなってリアリティが増しています。ボスのグラフィックも立体感や迫力が増していて、アニメーションも細かくなっていてビックリしました。

前作同様疑似3Dのワールドマップを飛び回る事が出来る他、新たに水面を移動出来るようになっていて、表現面は確実にパワーアップしています。

必殺技のアニメーションもパワーアップしていますね。アニメーションやエフェクトの数やバリエーションが増えてスーパーファミコンの限界に挑戦しています。

当時としては珍しかったマルチストーリー

本作は当時としては珍しくマルチストーリーシステムを採用しています。

ゲーム開始時に好きなキャラクターを選択出来るんですが、それによってスタート地点とその後の展開が変わってくるんです!

そのため最低でも3周プレイしないと完全クリアは出来ないようになっていて、前作よりも長く遊べます。1周だけでも十分過ぎるボリュームなだけにこれは凄い。

昼夜や曜日の概念が追加され、時間帯によって出現モンスターが変わり、曜日によって宿屋の料金が変わったりもするので、前作よりも大幅にボリュームアップしていると思いました。

スピード感と説得力が増した戦闘

バトルシステムは粗が多かった前作からだいぶ改善されました。

前作は動作が不安定で当たり判定が曖昧だったり、ダメージを与えると1~2秒間は追加攻撃が出来なかったりして理不尽さやテンポの悪さを感じたんですが、今作ではある程度改善されています。

まずは動作の安定さ。今作では敵に出会うと戦闘モードになり、武器を構えた状態になって素早く移動が出来なくなりました。

そのため敵の攻撃を回避するのは難しくなりましたが、攻撃を当てやすくなっています(相変わらず命中率・回避率の概念があって攻撃が当たったと見なされない事があるけど)。

前作とは違って連続でダメージを与えられるのも改善されていると思いました。

さらに仲間のAIが改善されて積極的に攻撃をしてくれるようになったのでみんなで敵をタコ殴りする展開になりやすく、前作よりもスピーディに戦闘を楽しめます。

その一方で魔法攻撃や必殺技を使用するとアニメーション演出でゲーム内時間が完全停止するようになりました。

前述のテンポの良さを潰しているところはありますが、アニメーション演出によって説得力を持たせているのも確かで、前作よりも表現面のリアリティが増して納得出来る作りになっていると思います。

自由度が高い育成システム

今作では主人公たちをクラスチェンジ出来るようになりました。

クラスは「光クラス」と「闇クラス」の大きく2つに分けられていて、それぞれに得意分野があります。

どのクラスにしてもストーリーに変更はありませんが、育成システムの自由度を持たせたのは良いですね。

クラスごとに必殺技が用意されているので、それらを見比べるのも面白いです。

スポンサーリンク

個人的に合わない&気になったところ

戦闘がよりワンパターンになった

戦闘は前作よりもワンパターン戦法になりがちです。

今作では戦闘モードに入ると動きが遅くなってしまい、敵の攻撃を回避するのが困難になっている関係で位置取りが重視されておらず、基本的には殴り合うか魔法攻撃で攻める感じになっています。

完全にステータスありきのバランスになっていて、アクションゲームとして見ると物足りなくなってしまいました。

相変わらずダンジョンの仕掛けはアッサリで戦闘中心のうえにサブイベントやミニゲームはほとんどなく、寄り道する必然性が低いので全体の単調さは否めません。

敵のカウンター攻撃が厄介

今作では魔法や必殺技を繰り出すと反撃(カウンター)してくる敵が中盤から増えていきます。

その関係で魔法攻撃の使い所が限られていて、前述の欠点と相まって殴り合うだけの展開になりがちです。前作の魔法攻撃が強すぎたのもありますが、戦闘システムは改善の余地があります。

まだ多いバグ

バグは前作よりはマシになりましたが、まだ目立っています。特に怖いのが、進行不能バグ。中盤辺りで発生するので、もし、ハマったらショックが大きいです。

前作と比べたら劣る雰囲気の良さ

個人的に前作と比べて雰囲気の良さは落ちたと思っています。

グラフィックこそは綺麗になっていますが、前作ほど独特なファンタジー世界には感じられないし、BGMも高品質ではあるものの前作の方が印象的でした。そのため前作の方が美化しやすく感じます。

全体のまとめ

前作からアクション性が下がっていますが、その分だけ動作は安定するようになり、ある程度楽しむ事が出来ました。

まだ欠点は目に付くけど、表現面での違和感はだいぶ無くなっていて個人的な印象は前作よりもずっと良いです。マルチストーリーを採用したSFC後期の力作!

こんな人には特におススメ。
・ファンタジー好き。
・RPG好き。

こんな人にはおススメできない。
・アクションゲーム好き。
・短気な人。

聖剣伝説3/お気に入り度 ★★★★★★☆☆☆☆ 星6個
プレイした時間・・・約40時間

 

タグ

おすすめ記事

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(8)

  1. トモフミ より:

    聖剣伝説3は1や2と違い、スーファミなのに一度もリメイクされていないのですね〜。なんでスイッチでほぼそのままの状態で1〜3をフルプライスで出したのだろうと思ったのですが、ある意味3の移植が付加価値そのものですね。聖剣伝説コレクションは現在、スマホ版で1を楽しんでいるので購入したいのですが、リメイクでもないのにフルプライスは高いと思うんですよね。ミドルプライスになったら買ってみようかな。
    (ケントさんが大丈夫ならあのKOTYで悪名高い聖剣伝説4のレビューもお願いします!すでにあったらすみません(>_<))

    • kentworld より:

      そうですね、3は初移植なので、そこに価値を感じられるのかどうかです。
      このゲームをプレイしたユーザーは2の約半数なので、埋もれてしまっているところがありますから。
      聖剣伝説4はレビューしたいけど、未プレイなんですよねぇ(^_^;)
      さすがにそこまでこのシリーズについていけませんでしたw

  2. hiro より:

    聖剣伝説2をプレイしたあとに3をプレイするとグラフィックや演出が
    大幅にパワーアップしてたり、キャラクター達のHPが残り少なくなるとピコーンピコーンと効果音を鳴らしてくれて前作でよくあったいつの間にか死亡してるってことが無くなってて良かったなぁと思いました。
    でもその反面ゲーム開始当初のキャラクター選択を誤ると難易度が難しくなったり(回復魔法使えるキャラがいなくてクラスチェンジまで苦労しましたw)、
    バトルに突入すると主人公達の移動スピードが突然忍び足みたいにのろのろと移動するようになったり
    序盤に出てくる敵(名前は忘れましたw)がダーツを投げてきて絶対に避けられなくてイライラした記憶があります。

    • kentworld より:

      そうそう、2はごちゃごちゃしているところがあったので、
      技で画面が完全停止するのは分かりやすくしていたと思います。

      何周かしてキャラクターの強さは比べてみましたが、ケヴィンが強いんですよね。
      彼を入れているのかどうかで難易度は変わってきます。

      飛び道具の敵は移動速度が遅いせいで避けるのが困難だからイライラしますね。

  3. JINO より:

    前作よりもさらにきめ細かくなったグラフィックは
    SFC最高水準の一つといっても良いでしょう
    前作と比べてアクション性が低下してるのは
    賛否が分かれるとは思いますが
    今作は育成面での自由度の高さやマルチシナリオなど
    キャラクター性の強さを売りにしているゲームと言えます
    実際、本作のキャラ達は未だに高い人気を誇り
    ファンアートが現在でも多く作られていますしね

    • kentworld より:

      今、見てもキレイに感じますからね。SFCでここまで表現できるとは。
      今作はRPG性が強まって前作よりは納得出来るバランスに感じました。
      ストーリーよりもキャラクター性を重視していましたね

  4. かにきめら より:

    どうしても3は細かいところの練りこみが甘いのが目に付いてしまうのが(これは同年発売のロマサガ3にも言えますが)

    ストーリーは後半の神獣戦がダンジョン潜る→ボスを倒すのをただ繰り返すだけというのは正直だれますね、ここはキャラの掘り下げや敵との確執とか書いて場を盛り上げるべきところなのですが。

    戦闘面はとにかく攻撃魔法が使いずらい上にカウンターの危険性があって物理で殴った方が強いというのもかんがえものですね。

    なんか文句ばっかり言ってしまってますが、主人公やパーティー(そしてクラスチェンジ)の数だけドラマがあると想像できるのは楽しいですし。今後何らかの機会でブラッシュアップしてほしいところです。

    • kentworld より:

      個人的には2よりも楽しめましたが、まだ粗い作りなのは確かですね。
      今作はマルチストーリーなので、前作ほど凝ったストーリーにできなかったんだと思います。
      色々と意欲的な作品で、前作から変えていこうという心意気は感じられました。

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

関連記事

ロックマンゼロ2【レビュー・評価】前作を改良しつつ、コアゲーマー向けにパワーアップ!
エグリア〜赤いぼうしの伝説〜【レビュー・評価】課金要素なしの有料ソーシャルゲーム
がんばれゴエモン3 獅子重禄兵衛のからくり卍固め【レビュー・評価】「スーパーゴエモンブラザーズ」から「ゴエモンの伝説」に変貌!?
The Unfinished Swan(アンフィニッシュド スワン)【レビュー・評価】FPSだからこそ実現出来たアート
任天童子【レビュー・評価】お…これは地味に面白いぞ!
Until Dawn: Rush of Blood【レビュー・評価】PS Move2本がほぼ必須だが、期待通りのクオリティで満足度は本編以上!
マリオストーリー【レビュー・評価】スプライトを紙であると割り切った意欲作。アクションゲーム好きのRPG入門作としておススメ!
New スーパーマリオブラザーズ 2【レビュー・評価】超マンネリだが、触っている時の楽しさはシリーズ最高レベル!
ヴァンキッシュ【レビュー・評価】TPSの新境地を開拓した良作!
スーパーマリオランド【レビュー・評価】電池交換までに100周は楽しめるコンパクトな2Dマリオ!