2017/09/17/7:00 | ゲームレビュー

スペックオプス ザ・ライン【レビュー・評価】無個性なTPSかと思いきや…!?


スペックオプス ザ・ライン/PS3 / Xbox360(Z指定)

2012年8月に発売されたPS3/Xbox360「スペックオプス ザ・ライン」を今回はレビューします。

PS3/Xbox360「スペックオプス ザ・ライン」は大災害に見舞われたドバイに派遣された救助部隊を中心に物語が展開されるTPSです。

個人的に合わない&気になったところ

平凡に感じるシューター部分

いきなりですが、個人的に合わない&気になったところを挙げていきたいと思います。

このゲームはTPSなんですが、2012年の水準としてみても平凡な印象でした。

2012年と言えば傑作のXbox360「ギアーズ オブ ウォー3」やPS3「アンチャーテッド 砂漠に眠るアトランティス」が発売済で、既にカバーシューターは飽和状態だったんですね。

これらの作品と比べるとPS3/Xbox360「スペックオプス ザ・ライン」は数ランクダウンしている印象で、感覚としては2007年くらいのゲームに感じました。

ボタン1つで壁の張り付きや壁から壁への移動、回避が出来ないので少し煩雑だし、アトラクション的なシーンもやや控えめ。

HUD表示やシームレスプレイの拘りもあまり感じられず、スナイパーや迫撃砲、タレットでの戦闘など既視感のある展開が多く、悪くはないんですが、新鮮味に欠けます。

映像面に個性があったらまだ良かったけど、直球ストレートなフォトリアル系なのでそれも皆無で、ゲームプレイの面は特筆しにくいです。

良いところ

衝撃的なストーリー

ここまで読むとこのゲームはプレイする価値が無いように感じますが、そんな事はありません!

最後までプレイしてみたところ、徐々に腹黒さが増していくストーリーによって忘れられない作品になってしまいました。

大災害に見舞われたドバイに派遣された救助部隊、デルタフォース隊員

当初は生存者の調査をするだけでしたが、ひょんなことから悲惨な出来事に遭遇してしまい、生死をかけたサバイバルが始まります。

普通にドンパチするだけではなく、時には胸くそ悪い選択に迫られる事もあって、人によってはトラウマになりかねない衝撃作でした。

エンディングはラストシーンの選択によって分岐しますが、いずれもそれなりに作り込まれています。僕はついついすべてをチェックしてしまいました。

命の重みが伝わってくる演技と描写

本作をより印象深くしているのが、命の重みが伝わってくる演技と描写です。

本作はZ指定のタイトルですが、それも納得してしまうくらい一部のイベントシーンではゴア表現が凄かった!

思わず目を背けてしまうくらい酷い顔をした残骸が出てきますし、主人公たちも物語が進むことで徐々に顔が汚くなっていきます。

この感じ、小学生の頃、学校の授業で見させられたアニメ版「はだしのゲン」の原爆シーンを見た時に似てる!

ここまで汚さを描いた作品はそうありません。

それと、声優さんの演技力が凄い!

音声は英語で何を言っているのかよく分からないところはありますが、それでも声を荒げて怒ったり、悲しんだりする演技は事の深刻さが伝わってくるほど印象深いです。

僕は吹き替え派ですが、本作に関してはオリジナルの声優さんによる英語音声だからこその良さを感じました。

ゴア表現や正直に描いた汚い描写、声優さんの演技力。

これらが合わさってドバイでのサバイバル感が上手く表現されていて、生きて行く事の大変さを思い知らされます。

仲間とのチームプレイが楽しい

平凡なTPSと書いてしまいましたが、少しはオリジナリティがあります。

その中でも印象的だったのが、仲間とのチームプレイです!

一緒に行動を取る事になる仲間にはある程度の命令が可能で、例えばマーキングした敵を攻撃してくれたりするんです!

割りと適確に攻撃してくれるので上手く活用すれば銃撃戦の難易度を大幅に落とす事が可能で、ソロで戦う他のTPSにはない面白さを少し感じられました。

ドバイという舞台を活かした仕掛け

ドバイという舞台を活かした仕掛けも少しはありました。

ドバイと言えば流砂!

エリアによってはオブジェクトを攻撃して敵陣に流砂をお見舞いする事が可能で、砂嵐に見舞われるエリアだってありました!

これらの仕掛けと仲間とのチームプレイによってある程度の戦略性を高めているところがあります。

カウントシステムで高まる中毒性

本作には「ギアーズオブウォー」シリーズでお馴染みのカウントシステムが搭載されています。

つまり、特定の武器で一定数の敵を倒したり、収集アイテムを一定数獲得するとお知らせしてくれるんですね!

本作の実績・トロフィーは大部分がカウント系なので、定期的にお知らせしてくれると意識して色んな武器で戦いたくなるので良い試みだと思いました。

実績・トロフィーは比較的稼ぎやすいので、10時間もプレイすればポコポコ解除。もしくはキラン☆キラン☆獲得出来ると思います。

あれ?仲間とのチームプレイやフィールドの仕掛け、カウントシステムによって銃撃戦もそこそこ面白いぞ!?

スポンサーリンク

全体のまとめ

パッ見はよくあるフォトリアルなTPSで、知名度の低さで避けられそうですが、実は強烈な魅力を持った作品だったりします。

決して万人向けではありませんが、命の重みを感じられて忘れられない作品になりました。

無個性なTPSかと思いきや強烈な魅力を持った衝撃作!

こんな人には特におススメ。
・重苦しいストーリー好き。
・TPS好き。

こんな人にはおススメできない。
・TPSが苦手な人。
・ゴア表現や重苦しいストーリーが苦手な人。

スペックオプス ザ・ライン/お気に入り度【75/100%】
プレイした時間・・・約12時間


 

タグ ,

おすすめ記事

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(20)

  1. marumax より:

    まさか、Kentさんがこのゲームをやっていたとは…!この作品は、兄にやってもらっていたのですが、ストーリーの展開には兄もかなり衝撃を受けていました。特にあのシーンは…このシナリオは映画[地獄の黙示録]の原案となった書籍[闇の奥]をモチーフにしています、自分はどちらも見たことがありませんが、今作のシナリオを見て、そちらにも興味が湧きました。ネットにある考察記事の一つには、ゲームのシナリオ担当による解説も一部載っています、もし良ければ、調べてみると良いと思います。

    • kentworld より:

      このゲームは借りてプレイしました。
      借りてなかったらプレイすることはなかったでしょうねぇ。

      なんと、お兄さんがプレイされていたのですね!奇遇だなぁ。
      そうか・・・モチーフになった作品はやはりあるのか。
      「あれ?ここはこうなるのか?」と思うようなシーンも有ったので、考察も楽しそうです。

  2. hanataka より:

    この作品はハマったねぇ♪「オススメTPS」って感じで、検索して買った作品の一つで、その中でダントツです♪

    ちなみに一緒に買ったのが、スペースマリーン、シャドウオブザダムド、デウスエクスです。デウスエクスだけ未だ遊んでなく、これ、FPSと気付いたのは最近です♪

    • kentworld より:

      実はこのゲームの記事を書いている時、
      hanatakaさんからコメント来ないかな~と思っていましたが、やはりプレイ済でハマっていましたか!

      こうして挙がっているタイトルを見ると、硬派な海外ゲームが並んでいますね~w
      デウスエクスはキャラクターが全面に押し出されているので、確かにFPSなのは意外です。

  3. y.crash より:

    重苦しいストーリー大好きなうえにTPSが好きでさらにゴア表現大好きな自分にとっては夢のような作品ですねw
    TPS部分だけ見ると普通ってことでしょうけど、ある意味現実の酷な部分を表現したってことですかね?きれいごとだけじゃすまないっていうのを表現するのは大事だと思いますね。
    ムゴイことだって、それが現実にあると思うと・・・。
    気になってきました。

    実績の部分はなんかギアーズみたいなんですね。
    ギアーズも収集品とか技とか、実績に関するものがたまると通知してくれるシステムがあるので。

    • kentworld より:

      これはy.crashさんに合うと思います。
      まず、ゲームシステムはギアーズオブウォーの影響を受けて作られているのは間違いないですからね。
      僕の場合、それが既視感に繋がっていたところはありますが・・・

      TPSの面白さは劣るけど、ストーリーに関してはギアーズに負けないくらいの良さがあると思います。

  4. さやまる より:

    全然知らないタイトルだ…なんか面白そうですね!ブラックな雰囲気が好きでもある自分にとっては結構気になります!
    ゲーム部分はまぁ普通かなって感じなのかもですが雰囲気や物語に惹き込まれるなら良いですねぇ…この状況でのリアルな人間模様?みたいな感じが描かれる感じかな?

    • kentworld より:

      これはマイナーなタイトルですもんね。
      僕もスルーしてしまうところでした。
      さやまるさんはこういうゲームも行けるのかぁ・・・なんという守備範囲w
      リアルな人間模様も描かれていましたね。仲間割れとか。

  5. Kiyoppy より:

    全く知らないタイトルでした、Amazonで調べると評価が高いですね。
    どういう経緯でこのタイトル出会ったか分かりませんが、野生のカンというやつですか。

    • kentworld より:

      このゲームはチキさんから借りました。
      僕の勘では買うことはなかったでしょうねw
      なので、感謝したいです!

  6. シロマ より:

    ストーリーが重いのとソロメインのゲームで仲間とのチームプレイは独特な要素ですね。
    初めて聞いたゲームだしレビュー読んで見たらプレイしたくなってきました。

    • kentworld より:

      そう言ってもらえると、レビューした甲斐がありました!

      未プレイの方に魅力を分かりやすく伝えるとが大きな目標としてありますからね~

  7. masomiya より:

    レビューを読んで、すぐ中古ですが、購入しました!

    これからのプレイするのが楽しみです。

  8. ヨウタイガ より:

    これ、結構興味をそそられました。FPSが酔いやすいため、コールオブデューティをやっても全然進めなかったんですが、重厚そうなシナリオを楽しめそうなTPSとして良さそうですね。あまりゴア表現がきついと厳しいかもしれませんが、ストーリーも面白そうですし、お店でもチェックしてみようかな。

    • kentworld より:

      確かにTPSだったら酔いにくいと思います。
      難易度も比較的低めでしたし。
      Z指定なのでゴア表現は厳しいですが、そこも含めて魅力的な作品でした!

  9. 黒詩★紅月 より:

    ドバイといえば『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』!(笑)
    あの映画は面白かったです

    この作品ストーリーがなかなか歯ごたえがあると聞きました
    いつかプレイしたいですね

    『スプリンターセル ブラックリスト』や『ウォッチドッグス2』みたいなステルスカバーアクションなら好きですね
    完全にステルスなしだろうどうでしょうね
    ワンボタンで次に掩体に隠れるデザインはまた味わいないです

    • kentworld より:

      ドバイが舞台になった作品って、割りとありますよね!

      ストーリーは強烈なものでした。
      考察好きな紅月ちゃんだったら色々と深くまで楽しみそう。

      ステルス要素はそんなにありませんでした。

      >ワンボタンで次に掩体に隠れるデザイン

      ギアーズオブウォー!ギアーズオブウォー!

      TPS好きならやるしかないっ!

  10. チキ より:

    念願のkentさんのレビューがついに読めた!
    半ば強引にソフトを貸してしまいましたが、プレイしてくれて嬉しいです(^-^)
    ドバイといえばデウスエクスMDの舞台にもなってますね。こちらももし興味があれば貸しますぞw

    僕はシューターとしても楽しめましたがkentさんは物足りませんでしたか。
    ギアーズやアンチャに比べると流石に見劣りはしますね。
    遮蔽物を乗り越えるボタンがAじゃなくてBなあたりが煩雑です。
    ギアーズ操作に不必要な変更を加えられてましたね。

    アトラクション要素はタンクローリーに乗りながらグレポンを撃つところやヘリからミニガンで銃撃するところは痛快でした。
    ビルから滑落するイベントはヒヤッとしたけど、あれは見ているだけなのが惜しかった。

    ドバイならではの仕掛けは良いですよね!
    ガラスを割ったら流砂が敵を飲み込むのはもちろん、砂嵐の中だと敵の近くに居ても気付かれないのが面白いと思いました。

    仲間に命令すると得意分野でサポートしてくれるのが嬉しいですね。
    高難易度の場合、使い所を考えないと逆に仲間がやられてしまいますが…。
    ギアーズのドムみたいに放ったらかしでいいなら問題ないけど本作の場合、ダウンした仲間は早く助けないとゲームオーバーになってしまうから厄介です。

    本作の醍醐味といえば度肝を抜かれるストーリーですね!
    所々で究極の二択を迫られるし、迫撃砲のシーンはトラウマものです。
    最後のドンデン返しも良かった。
    本作はタイトル画面からして異様な雰囲気ですよね。
    崩れかけた高層ビルにただずむ兵士、スピーカーから割れた音で流れるアメリカ国歌の旋律…。「このゲームは何かがヤバイ!」と感じさせるには充分でした。

    僕もゲームは日本語吹き替えでやりたい派ですが、オリジナル音声の声優が良い仕事してると必ずしも吹き替えである必要はないなと思い知りました。
    これはスペックオプスだけでなくデッドスペースやクォンタムブレイクでも思いましたね。

    スペックオプスの主人公は敵を倒した時の叫び声1つ取っても鬼気迫る感じがあって素晴らしいです。
    ちなみに主人公の声はアンチャのネイトやアサクリのデズモンドで有名なノーラン・ノースという役者がやっています。
    もしスペックオプスの吹き替え版を作るなら主人公の声は東地宏樹さんで決まりですな。

    このレビュー記事をきっかけに本作に興味を持ってくれた方や購入してくれた方が居て、我がことのように嬉しいですよ。
    僕の言いたいことがほとんど書いてある記事でした。
    kentさん、素敵なレビューを、書いてくれてありがとうございます!

    • kentworld より:

      ようやく、レビューしました!
      貸してもらったゲームは特に力を入れてレビューしたいなと思っているので、少し遅くなってしまいました。

      デウスエクス!良いですね!
      ちょうど、ディスオナードに再びハマっていたところなので、
      探索系ステルスアクションをやりたくなっていたんですよ~♪

      シューター部分はある程度のオリジナリティがあるけど、
      基本的には他のAAA級タイトルに劣りますねぇ。

      >タンクローリーに乗りながらグレポンを撃つ

      ここは実績ブースト出来るからお気に入りw

      チキさんは高難易度モードもプレイされていたか!?
      僕はノーマルしかやっていませんでしたw

      ストーリーはいくつかの選択できるシーンがあってよかったですね。
      何度かリプレイして、いくつか確かめてしまいました。
      確かにプレイしている時は「ヤバイゲームに出会っちまった!?」と思いましたよ。

      たまには英語音声も良いなと思いました。
      オリジナルの音声だと吹き替え特有の浮いた感じもないですし。

      またまた吹き替えの妄想をしておりましたかw
      オリジナルの音声がこの人だったら、
      吹き替えはこの人で決まり!なんて考えは確かにあると思います。

      コメント欄は予想以上の反響ですね~。
      もう少し、寂しいことになると思っていたので嬉しい誤算。
      それでチキさんも喜ぶのでしたら最高ですね!
      こちらこそ、貸してくれてありがとうございます。

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

関連記事

サウンドシェイプ【レビュー・評価】色んな楽しみ方があるオシャレなサウンド2Dアクション!
ライオットアクト2【レビュー・評価】協力プレイ推奨で作られたジャンプアクション型のTPS
王様物語【レビュー・評価】様々な要素が凝縮された贅沢なゲーム!
パイロットウイングスリゾート【レビュー・評価】3D映像が面白さと直結!
ゼルダの伝説 大地の汽笛【レビュー・評価】DSの機能を必要以上に活かしまくった作品。ただし対戦ゲームとしてはおススメ!
ロックマンDASH 鋼の冒険心【レビュー・評価】アニメの良さをゲームに落とし込む事に成功!
ニンテンドーランド【レビュー・評価】ひとりでもみんなでも楽しめる幕の内弁当!
ウルフェンシュタインII:ザ ニューコロッサス【レビュー・評価】ぶっ飛びすぎてリアル系からコメディ系FPSに進化!
FreezeME(フリーズミー)【レビュー・評価】模写でも亜流でも、今の時代に出た事自体が有難い
アーケードアーカイブス VS.スーパーマリオブラザーズ【レビュー・評価】微調整で難易度が激的に上昇したバージョン違い。