2017/11/22/12:00 | ゲームレビュー

スター・ウォーズ バトルフロントII【レビュー・評価】システム周りに異物が混入されたが、TPS/FPSとしては手堅い出来!


スター・ウォーズバトルフロントII/PS4(通常版) / (限定版)
スター・ウォーズ バトルフロントII/XboxOne(通常版) / (限定版)

2017年11月に発売されたPS4/XboxOne「スター・ウォーズ バトルフロントII」を今回はレビューします。

PS4/XboxOne「スター・ウォーズ バトルフロントII」は人気SF映画「スター・ウォーズ」を題材にしたアクションシューティングゲームです。

関連記事:スター・ウォーズ バトルフロントII【攻略日記】フレンドとのマルチプレイで大盛り上がり!おすすめのルールは?

良いところ

キャンペーンモードを新たに収録

今作には1人・オフラインで楽しめるキャンペーンモードが新たに収録されていました!

ストーリーはエピソード6と7の中間を描いたオリジナルとなっていて、主人公は帝国軍の特殊部隊「インフェルノ隊」の女部隊長アイデン・ヴェルシオ

そう、帝国側のエピソードを描いているので、トルーパーと一緒に戦う事が出来るんです!普段は敵として戦う事が多いだけに、何だか新鮮。

さらにゲームを進めると反乱同盟軍側の視点から描かれ、関連するキャラクターを操作してミッションを進められるので、実は群像劇のような側面もあったりします。

どのキャラクターも強力な特殊技を持っていて使用する事が出来るので、マルチプレイモードの練習としても最適です!

全ミッションクリアまで5時間前後とアッサリ感は否めませんが、その間に数多くのキャラクターを操作する事になり、AT-ATやXウイングなどの兵器が使えるシーンもあるので、濃密でした。

1人・オフラインで楽しめる「スター・ウォーズ」のゲームは久しぶりなのでキャンペーンモードの収録は嬉しかったです!

映画の名シーンを追体験出来るマルチプレイモード

そして!バトルフロントシリーズで目玉となるマルチプレイモード!

最大40人で対戦出来るマルチプレイモードでは5種類のルールが用意されていて、様々な形で「スター・ウォーズ」の名シーンを追体験出来ます。

代表的なのが、ギャラクティック・アサルト

40人での大規模バトルとなっているんですが、目的はマップごとに変わります。

例えば攻撃側の場合、「特定のアイテムを使って大型の敵を倒す」「特定のエリアを制圧する」といった感じ。

これらの目的を3~4回こなせば勝利となりますが、舞台は映画版に登場するマップで、目的もそれに合わせています。

なので、マルチプレイながらも「スター・ウォーズ」の名シーンを追体験しているかのように感じられるんですね。

バトルポイントを溜める楽しさ

マルチプレイモードである程度戦い続けると、バトルポイントが溜まっていきます。

これを消費する事でルーク・スカイウォーカー、ダース・ベイダーなど様々なキャラクターを操作する事が出来るんです!

前作はフィールドに落ちていた「ピックアップ」を入手しないと操作出来ませんでしたが、今作ではポイントを消費して操作するシステムに変わったんですね。

単に見た目が変わるだけではなく、強力なライトセーバーを振り回す事が出来たりするので色々使ってみると面白い!

上手く使いこなせば戦況を有利に持って行くことが出来るので、マルチプレイでは一部のルールを除いてバトルポイントを溜め、強力なキャラクターの使用権を入手して暴れるというのがセオリーになっていると思います。

なので、効率良く敵を倒してバトルポイントを稼いでいくのが面白いです!

ゲームシステム的に「コール オブ デューティ」シリーズのキルストリークに近いですね。

フレンドとの協力プレイが熱い!

そして、本作はフレンドとのマルチプレイが楽しいです!

オンラインに接続しているフレンドに招待を送れば同じサーバー&チームで一緒に戦う事が出来るので、ルールによっては共闘感を味わえるんですね。

特に盛り上がったのが、ストライクとヒーローVSヴィランです。

ストライクは8対8の小規模なチームバトル

単に撃ち合うのではなく、攻撃側と防衛側に分かれて対象となるアイテムの破壊。もしくは指定の場所まで運ぶことになるので、キャプチャー・ザ・フラッグに近いルールとなっています。

なので、フレンドとの連携が上手くいくとリレー形式でフラッグとなるアイテムの受け渡しをしたり、ターゲットの強奪・破壊を防ぐべく協力して迫ってくる敵を倒したり出来るんですね。

ヒーローVSヴィランは4対4のチームバトルですが、点数を獲得するには指定された敵を倒さないといけません。

なので、がむしゃらに倒しても意味はなく、倒す敵を意識しないといけません。

逆に言えば点数を奪われないよう特定の味方を守る必要になってくるので、フレンドと一緒にプレイしたらボイスチャットでの意思疎通が熱い熱い!

「あ!今度は自分がターゲットに選ばれた!みんな守って~!」「ヨーダがターゲットになった!みんな倒せー!」って感じで盛り上がります。

そう、このルールでは「スター・ウォーズ」の人気キャラクターのみを操作出来るんですね。

いずれのキャラクターも耐久力が高く、特殊能力を持っているので、アクションシューティングというよりも対戦アクションゲームの側面が強くなっていてキャラゲーらしい戦いが楽しめます。

壮大な宇宙戦を楽しめる!

スター・ウォーズと言えば宇宙戦!

本作でも壮大過ぎる宇宙戦をキャンペーン、マルチプレイを問わずプレイ出来ます。

凄い!と思ったのが、フィールドのスケール感と地上戦からシームレスに切り替わる事。

スケール感は本当に素晴らしく、隕石や衛星などを細かく描いていてつい、戦闘をそっちのけて辺りを見渡したくなるレベルです(操作が難しいので余所見をするとよく墜落するw)。

地上戦から読み込み無しで切り替わるのも凄い!と思いました。

さっきまで宇宙船の中で銃撃戦を繰り広げていたのに、戦闘機に乗ったらパッと宇宙戦に切り替わるなんて!?

あまりにも膨大過ぎるデータ量が必要だと思われるので、ゲーム機の進化を感じ取った瞬間でした。

何気に充実しているアーケードモードのローカルプレイ

オンライン対戦ばかりが目立っている本作ですが、実はローカルプレイモードも充実しています!

最大2人までとなりますが、名シーンに合わせたシチュエーションで協力・対戦を楽しむ事が可能で、「スター・ウォーズ」のファン同士でプレイしたら盛り上がること間違い無し!

さらにルールやマップ、コンピュータの強さなどを設定してマルチプレイのトレーニングを2人で行う事も可能。

制限時間以内に倒した敵の数を競うなどしてみると地味に盛り上がると思います。

オンラインに接続しないと楽しめないゲームが増えている中、オフラインでも楽しめる対戦要素を搭載しているのは好感が持てますね。

スポンサーリンク

個人的に合わない&気になったところ

ローンチ時の出し惜しみ感

ローンチ時は全体的に出し惜しみ感がしました。

特にそれを感じたのが、マルチプレイモードで使用出来るキャラクターが制限されている事。

新しいキャラクターをアンロックするには様々なゲームモードをプレイして目的を達成しないといけないんですが、これがなかなか面倒だったりします。

仮にキャラクターをアンロック出来たとしても能力強化をするにはさらにポイントなどを溜めなければならず、これを全キャラやろうと思ったら超大変!

どうやら本作。追加マップを無料で配信する代わりに長く遊んでもらうべく、アンロック要素を増やし、あわよくば課金をしてもらえるようなビジネスモデルに切り替えたようです。

ログインボーナス、チャレンジでの報酬、課金で購入出来るクリスタル、ランダムでアイテムを入手出来るクレートといい、アンロックのシステムやビジネスモデルはスマホのソーシャルゲームにかなり似ています。

長く遊んでもらうには有効な手段だとは思いますが、本作を購入するのは「スター・ウォーズ」ファン中心だと思われるので、初期に使用出来るキャラクターはもっと増やしても良かったんじゃ?

お目当てのキャラクターをアンロックするためにプレイするという動機付けは出来ますが、ルーク・スカイウォーカーが最初は使えないのはさすがにやり過ぎです。

課金をすればすぐに使えるというのも、基本プレイ無料ならまだしも、買い切り型のコンシューマーゲームでそれをやられたらねぇ。

また、お金・もしくは時間をかければかけるほど戦況を有利に持っていけるバランスだと、新規が入りにくくなると思います。

噛み合っていないシステム

全体的にシステムが噛み合っていないと思いました。

まず、ほとんどゲームをプレイしない「スター・ウォーズ」シリーズの映画ファンに楽しんでもらうべく、ライトユーザー寄りに作られているのは分かります。

体力ゲージを中央下に分かりやすく表示して、一人称視点だけではなく、三人称視点も用意。

銃を放った時の手ブレも控えめなので狙いやすく、弾薬は無限なので拾う必要なし!

敵の察知範囲が表示されるなど、視認性にも気を配っている印象です。

同じDICEスタジオが手掛けた「バトルフィールド」シリーズとは明確な差別化が図られています。

一方、バトルポイントを消費して一時的に強力なキャラクターを使って戦えるマルチプレイのシステムはライトユーザーほど戸惑うんじゃないかと思いました。

戦闘中にバトルポイントを溜めるには沢山の敵を倒さなければなりませんからね。

強い人ほど戦況を有利に出来るシステムは必ずしも本作のメインユーザー層にはマッチしていないんじゃないかと思いました。

個人的にはバトルポイントを溜めて強力なキャラクターを一時的に使用出来るシステムのおかげで中毒性が高まっていると思いましたけどね。

全体のまとめ

「バトルフィールド」シリーズのDICEスタジオが手掛けているだけあって、マルチプレイの面白さは健在でした!

しかし、一新されたアンロックシステムや成長要素はライトユーザー層が多い「スター・ウォーズ」のゲーム。

それも買い切り型タイトルにマッチしているとは言い難く、そこでケチが付いてしまい、全体的に好みが分かれるゲームになった印象です。

それでも面白さの根本はしっかりしていますし、「スター・ウォーズ」シリーズのファンが喜ぶような演出や展開が満載なので、一定の面白さは保証します。

特にフレンドとのマルチプレイは面白く、発売直後は大盛り上がりでした!

システム周りに異物が混入されたが、TPS/FPSとしては手堅い出来!

こんな人には特におススメ。
・マルチプレイ型TPS/FPS好き。
・スター・ウォーズファン。

こんな人にはおススメできない。
・せっかちな人。

スター・ウォーズ バトルフロントII/お気に入り度 ★★★★★★★☆☆☆ 星7個
プレイした時間・・・約25時間


 

タグ , ,

おすすめ記事

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(16)

  1. TOADXXXX より:

    今PS4版のメタスコアを見に行ったら隣のユーザースコアが100点中8点という炎上ぶりで大変なことになっていて若干動揺中です。課金必須の要素が現状ないとはいえここまで悪評を引っ張るとは……。

  2. つぐみ より:

    キャンペーン中に仲間を撃ったときのリアクションが面白いゲームですよね(笑)

  3. kamome03 より:

    Amazonで買ったら早めに来た(先行アクセス版だったらしいですw)のでキャンペーンクリアしてマルチもある程度やりましたが、感想としては普通に面白いです。

    バランスとかうんぬんは置いといて、キャラゲーのお祭りゲーですねw

    一応プラチナ取るまでやり込もうかなーと思いましたが、まーマルチのレベルが全然上がらない上がらないw
    時間だけ無駄にかかりそうな雰囲気のやつが多い印象で、正直面倒そう・・・

    • kentworld より:

      おお!もうキャンペーンをクリアされましたか!?
      最近は限定版に早期アクセス入れてくる事が増えてきましたね(^_^;)
      通常版購入者にはキツい。

      プラチナは大変そうです。
      僕は3割取れたら十分ですかね~今作では(^_^)

  4. sparrow より:

    お祭りゲーなところがあるのに、あれだけきついアンロック要素を入れたのはショット失敗でしたね。
    そこだけで、完全に火が吹き上がってしまい、ゲームの出来が吹き飛んでしまってます。

    • kentworld より:

      向こうでは記録的な炎上みたいですね。
      最近は課金やアンロックがらみでユーザーの信頼を失うところが増えている気がします。
      買いきり型ゲームを購入する層の体質を理解してほしいですよね~

  5. シロマ より:

    キャンペーンはまだ最初の方しかプレイしてないから語れませんが、マルチプレイの方は各ルールを一通りプレイしランク9になるまでプレイしました。
    ギャラクティック・アサルトはルールが分かりにくくて取り敢えず敵を倒してばっかでした。
    スターファイター・アサルトは敵にやられるというよりも戦艦に激突して死んだのが多かったです。
    現時点で一番プレイして楽しかったのはルールがチームデスマッチなブラストですね。
    課金に関してはスキルが上がるわけでは別にいいんですが、先行版をプレイして感じたのがサーバーが海外と隔離されているのかルールによってはマッチングが遅いのが不満でした。

    • kentworld より:

      ギャラクティック・アサルトは同じような感じですw
      とりあえず敵を倒せば良さそうですが、
      どんな状況なのか理解できないとモヤモヤしてしまいます。

      スターファイター・アサルトは操作が難しいです。僕も何度激突したのかw

      チームデスマッチなブラストは一番分かりやすく、取っ付きが良いです。
      ソロ&野良で挑む場合はブラストが安定かな。

      サーバーは海外から隔離されているとは・・・
      前作ほど売れなさそうなので、これは厳しい。

  6. カナブン より:

    いくらバトポイント貯めてヒーローとかになれるって感じでも8000とか全然貯まらないわ!下手な人は永遠になれないのでは?貯まるまでに試合終わってしまう。

  7. ジョエリー より:

    まず今作は前作には無かったキャンペーンモードが収録されていたのが嬉しいですね。様々な星を巡り多くのキャラを操作出来てミレニアム・ファルコンを筆頭に主要な戦闘機には乗れ、さらにストーリーもエピソード6と7の間の出来事という事で、スターウォーズが好きであれはまあるほど楽しめると思います。

    マルチは人数の分散を避けるためかルールの数は前作から大幅に減りましたが、どれもクオリティが高く面白いです。ルール毎の感想はkentさんとほとんど同じです。ギャラクティック・アサルトは前作のメインモードだったウォーカー・アサルトを進化させたようなモードでしたね。ウォーカー・アサルトはどのマップでも帝国軍はAT-ATを拠点まで守る、反乱軍は通信機を奪いAT-ATを破壊するとあうルールでしたが、ギャラクティック・アサルトはそれ以外にも拠点の奪い合いなども発生してマップ毎にルールも若干異なるので面白いです。
    またフレンドの人たちとのボイスチャットを使ってのマルチプレイも盛り上がって楽しかったですね!
    ポイントを貯めないとヒーローになれないのはメリットもデメリットもありますね。実力のある人が順当にヒーローになるので公平ではあるかもしれませんが、前作は運でアイテムを拾えれば誰でもヒーローになれたので、不満が集まるのも仕方ないと思います。

    個人的に今作の最大の問題点はマッチングにかなり時間が掛かることですね。4対4のルールでも中々集まらなかった時は流石にイライラしてしまいました。
    ローンチ時の出し惜しみ感は自分も感じました。特にルークやダースベイダーが最初から使えない、オビワンやアナキンが収録されていないのは残念ですね。
    買い切り型ゲームで試合で有利になるような課金要素があったのも残念でした。オーバーウォッチのようにスキンやエモートなど試合に関係ない課金要素に留めておけば炎上しなかったと思います。

    全体的にゲームとしては面白いですが、それ以外の部分に残念な要素が多かったです。

    • kentworld より:

      キャンペーンモードは様々な魅力が詰められていたと思います。
      欲を言えばもっとボリューム感が欲しいところですが、
      限られたリソースの中でファンサービスを頑張っていましたねー!

      マルチは意外とルールが少なかったけど、どれも気に入りました!
      もしかしたら今後、アップデートで少しずつ増えてくるかもしれませんね。

      ボイスチャットでのマルチプレイは楽しんで貰えたようでよかった~。
      こちらとしてもボイスチャットでのマルチプレイを
      やっていなかったら楽しさが半減していたと思うのでやってよかったですよー!

      前作のルールを見ていると大きく変わったんですね。
      運要素が強かった前作もやってみたくなりましたw

      マッチングはサーバーを変えたらマシになった気がするけど、実際のところどうなのでしょうか?
      ハッキリとは分からなかったので欠点としては挙げませんでした。
      今作は全体的にプレイヤーをどう遊ばせようかの配慮が足りておらず、そこで足を引っ張った印象ですね。

  8. nicond より:

    キャンペーンモードは映画を見てる気分でプレイできて楽しかったです。いろんなキャラやシチュエーションが用意されていて、マルチの練習としても良かったと思います。

    マルチのモードをあえて減らしたのは悪くない判断だったと思いました。前作は何を遊べばいいのか分からなくなってましたからね。

    フレンドとの協力プレイは予想以上に熱くなって、最高でした!野良のとき以上にルールごとで違う楽しみ方ができて面白かったです。成績が良かったときに褒めてもらえるのもいいですねw

    マルチは前作でもある程度完成されていてそれにプラスアルファなので、全体の出来は悪くないと思います。しかし、楽しませ方が悪いというか、アンロックもそうですが、バトルポイント制も嫌いではないけど8000はさすがに多すぎる…ゲームバランスにしても、有利不利がハッキリしすぎてるルールがあって、いろいろと詰めが甘いと思いました。

    とは言え、kentさんに誘っていただいたおかげでとても楽しめたので、買ってよかったと思います!

    • kentworld より:

      キャンペーンモードは本来の用途である練習用にもなっているし、
      ファンサービスも満載で短いながらも役割は果たせていると思いました。

      マルチゲームって安易にルールを増やしすぎるとプレイヤーが分散してしまうので、
      最近はその辺りをよく考えられたゲームが増えていますね。

      フレンドとの協力プレイは新たな発見があって良かったです!
      相手の顔は見えないけど、声だけのやり取りでもこれだけ面白さが変わってくるんですね。
      ボイスの力を再確認出来たと思います。

      このゲームは遊ばせ方で色々と足を引っ張ってしまいましたね・・・
      スター・ウォーズというコンテンツの特色を考えると、
      遊ばせ方も前作を踏襲したほうが良かったのかもしれません。

      こちらこそ、楽しんで頂けたようでよかったです!
      また、こういう機会があったらよろしくおねがいしますね(^o^)

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

関連記事

プリンス・オブ・ペルシャ【レビュー・評価】「俺強ぇ」ならぬ「俺上手ぇ」を味わえるライト向けアスレチックアクション!
星のカービィ【レビュー・評価】丁寧な作りだけど、中身は薄い
レッド・デッド・リデンプション【レビュー・評価】やや薄味だが遊び要素が盛り沢山!
カービィのエアライド【レビュー・評価】カービィのスピンオフで済ませたら勿体無いくらい意欲的なレースゲーム!
バンジョーとカズーイの大冒険 ガレージ大作戦【レビュー・評価】プレイヤーの数だけクリア方法が存在する!
LEGO ワールド 目指せマスタービルダー【レビュー・評価】攻略よりもクリエイトに特化したサンドボックスゲーム
龍が如く5 夢、叶えし者【レビュー・評価】5本分のゲームが詰まった超豪華な作品!
I am Bread【レビュー・評価】クソゲー一歩手前だが、尖った良さもある!
ゴッド・オブ・ウォーIII【レビュー・評価】PS3の底力を見せつけた大人のアクションゲーム
ディスオナード 2【レビュー・評価】より味わい深くなったスルメを詰め合わせたステルスアクションゲーム!