2017/11/06/20:00 | M☆G☆Mコラム

ストーリー、シングルプレイ重視のゲームは終わったのか?

130116-1737-32

『Dead Space 2』は 400万本売っても十分ではなかった(AUTOMATON)

先日、閉鎖が発表されたEA傘下のヴィセラルゲームズ

それを受けて本スタジオが開発を手掛けたPS3/Xbox360「デッドスペース 2」(日本未発売)の不振が世界中で話題になっていました。

PS3/Xbox360「デッドスペース 2」はストーリー、シングルプレイを重視したゲームで400万本以上を販売したようですが、それでも利益にはならなかったんですね。

また、同時期にはヴィセラルゲームズが開発を手掛けていた「スター・ウォーズ」新作ゲームもシングルプレイ重視の内容から方針転換する事も発表されました。

「ストーリー重視ゲームは終わった」論争(DAMONGE)

これを受けてストーリー(シングルプレイ)重視ゲームは終わった論争が海外を中心に巻き起こっています。

ストーリーやシングルプレイを重視したAAA級タイトルの多くは期待されていた売上を得られておらず、マルチプレイゲームと比べてリスクが大きいんじゃないかと議論しているようなんですね。

個人的な見解を述べさせていただきますと、まず、記事で挙げられている意見はごもっともだと思います。

ストーリー、シングルプレイを重視したゲームはだんだん売り出しにくくなっているのは確かです。

今回の記事では上記の問題を踏まえつつ、個人的な見解を述べていきます。

話題性を持続出来ない問題

個人的にストーリー、シングルプレイを重視したゲームで一番の問題点は、話題性を持続出来ない事だと思います。

この手のゲームは開発者が一生懸命作った限りなく一本に近い道をプレイヤーが辿っていく事になるんですが、誰がプレイしても同じような展開になるし、クリアしたらそこでおしまいなんですよね。

だからこそクリアした者同士での感想共有が熱く、語りたくなってきますが、一度語り合ったらそこで終わってしまいます。

余韻が続けばその後も語ることはあるかもしれませんが、長くは持たず、数ヵ月した頃には全くと言って良いほど話題にならなくなる場合が多いんですね。

例えクリアまでの道のりを凝った作りにしても関係ありません。

いくら周辺のオブジェクトを増やしても、派手なエフェクトを付け加えたとしてもユーザーはクリア直後にそれまで味わった体験を語ってしまいますから。

一方、運営型のマルチプレイゲームはどうでしょう?

ユーザーはアップデートの度に話題にするでしょうし、試合中にユニークな現象が巻き起こる度に話題にするかもしれません。

ゲームが面白ければユーザーは何十、何百時間とプレイし続けるでしょうし、その期間も数ヵ月、数年に及ぶでしょう。

運営型は運営型でバランス調整という数字弄りによる苦悩があるとは思いますが、ストーリー、シングルプレイ重視のゲームと比べて沢山の素材(ポリゴンモデルやスプライトなど)を作る必要はなく、素人目からすると比較的開発工数が少ないように見えてしまいます。

ゲーム開発で一番大変なのはグラフィック関連の素材だと思いますから。

全長にすると10kmにもなる作り込まれたリニアなフィールドを駆け抜けるストーリー、シングルプレイ重視のゲームと10数個の体育館を舞台に様々な武器で戦うマルチプレイゲーム。

かたや2週間で話題にされなくなり、かたや1年以上も話題性を持続出来るのであれば、例え運営による維持費がかかったとしても後者の方が収益の面では効率良いんじゃないかと素人目からは見えてしまいます。

ストーリー、シングルプレイ重視のゲームはSNSとの相性が悪い

もう1つ大きな問題に感じるのは、ストーリー、シングルプレイ重視のゲームはSNSとの相性が悪く感じる事です。

まず大きいのがネタバレの危険性。ユーザーがゲームの過程を語ろうにもネタバレに気を使ってしまい、発信出来る範囲を狭めてしまうんですよね。

ネタバレの内容によってはゲームの面白さ、意外性を無くしてしまう危険性もあり、拡散するのが逆効果になっているのが問題に感じます。

そういう意味でブログは記事タイトルをクリック/タッチしなければ内容を知ることが出来ず、ある程度好きなように発信出来て良いんですが、それでも数記事書いたらおしまいになりがちなんですよね。

数ヵ月に渡ってゲーム内容に言及した記事を小分けして公開するのも良いんだけど、確実に注目度は下がっているでしょうし、どこまで読み手が付いて来てくれるのかも分かりませんから・・・

SNS全盛の今、こんなに閉鎖的な流れでは魅力を拡散する事が出来ず、売上が限定的になってしまうのも無理はありません。

スポンサーリンク

ストーリー、シングルプレイ重視のゲームが話題性を持続させるには?

ストーリー、シングルプレイ重視のゲームが話題性を持続させる方法。それは、SNSで継続的に発信したくなるように作る事だと思います。

一番良いのが、プレイヤーによって異なるゲーム体験をもたらすことです。

そうすればネタバレ問題が軽減され、本当にそのゲームが面白いのであれば2周目、3周目もプレイして話題性が持続する可能性が高まりますからね。

例えばSwitch/Wii U「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」が良い例だと思います。

本作にも明確なクリアは存在しますが、導入部分を終えたらどのエリアから攻略するのも自由になっていて、いきなりラスボスへも挑めますから!

しかも沢山の小ネタと不確定要素が存在するため常に新鮮なゲーム体験を味わえました。

過去にはいくつものオープンワールドゲームが発売になりましたが、こんなにも攻略の自由度が高いゲームは初めてです。

そのためか特に動画サイトでは人気が高く、シングルプレイ重視のゲームでありながらも発売から半年以上が経った今でも売上ランキングの上位に入っています。

もちろんSwitch人気という追い風もあるとは思いますが、それを考慮に入れても話題の持続性は目を見張る物で、ゲームデザインが売上に大きな影響を与えている印象です。

オープンワールド、攻略の自由度、不確定要素。

この辺りの要素を強めていけばリプレイ性が高まり、ユーザーは長くプレイをして例えストーリー、シングルプレイ重視でも話題性は持続されるんじゃないかと思います。

とは言えエンディングの存在がネック

とは言えストーリー、シングルプレイ重視のゲームには避けられない問題が付きまといます。

それは、エンディングというものが存在することです。

多くのゲームはエンディング後もエクストラコンテンツを用意していてまだまだ楽しめるんですが、一区切りを迎えてしまう訳で、そこで終えてしまう人が出てくるのは避けられないと思うんですよね。

皮肉にもストーリーが感動的で余韻に浸れるほどその後の喪失感が強まってしまい、結果的にゲームプレイの寿命を縮めてしまう事だってあると思います。

ストーリー、シングルプレイ重視のゲームに慣れ親しんだ当ブログ

ここまでストーリー、シングルプレイ重視のゲームに関する問題点を挙げていきました。

確実にニーズはあると思いますし、消えることはないとは思いますが、SNS全盛の現代に対応するためにもゲームデザインを根本から見直す時が来ていると思います。

個人的には従来のストーリー、シングルプレイ重視のゲームに慣れ親しんでいて、ブログもそれに合わせた運営をしているので続けられるのであればこのままでも良いんですけどね。

みんなと同じような道を辿っていくからこそ出来る感想の共有は楽しいですし、クリアしたら「はいおしまい!」から来るスッキリ感も捨てがたいですから。

出来る事ならストーリー、シングルプレイ重視のゲームをクリア→ゲームレビュー記事の公開→読者と感想共有という流れをローテーションして今後もゲームライフを楽しんでいきたいです。



  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(67)

  1. y.crash より:

    う~ん・・・こう考えると自分はとことん世間から外れてるんでしょうかね。
    シングルプレイ重視タイプなので。
    未だにマルチプレイのゲームって聞いただけでなんか萎えるっていうか・・・。
    でも、そうも言ってられないですね。
    自分も変わらなきゃダメですね。

    • ブレイクダウン より:

      まあ、2Dアクション好きやドット絵好きと同じ境遇ですね

    • kentworld より:

      マルチプレイゲームはシングルプレイとはプレイスタイルが変わってしまいますもんね。
      まあ、試しに触ってみるくらいは良いと思いますが・・・

  2. C-rex より:

    僕は基本シングルプレイですので、オンライン専用とかは手を出しづらいから、シングル重視が減っていくのは困りますね。個人的には、「マリオオデッセイ」とかみたいに寄り道の比重を大きくしたシングルは消えないというか、増えていきそうな気がしますね。

    • kentworld より:

      シングルプレイが無くなることはないと思います。
      SNSに合わせた作りをしたシングルプレイゲームが増えてきそうですね。
      その一貫がオープンワールド化やアップデートによる半運営型、フォトモードなんだと思います。

  3. 街毛 より:

    終わるとしたら洋ゲーでしょうか。少なくとも和ゲーはまだストーリーメインじゃないと僕が困ります。

    今のところゲームが面白いかどうかの基準に動画映えするかが含まれてるかも問題で。見てる分にはストーリーに縛られずいろいろ自由にやる方が面白いってなっちゃいますね正直。
    ストーリーメインだと、そのストーリーそのものが面白くないといけないのも悩みどころ。マルチプレイ作品は基本人がいれば面白くなるはずですし。
    それでもレールに沿って快適に楽しむべきところを教えてくれるって段階でやっぱりストーリーメインが好きなんですけどね。

    • kentworld より:

      今回の記事は海外のAAA級ゲームを主に挙げてますね。
      日本になるとまた少し事情が変わってくるかもしれませんが、
      それでもプレイ動画やスクリーンショット投稿を規制するような流れは閉鎖的で将来性は感じられません。

      動画映えするのかは重要ですよね。
      そして、動画だけでは済まされなくするゲーム作りが今後、重視されていくと思います。
      ストーリーメインだからこその良さはあると思うので、僕も消えてほしくないんですけどね。

  4. hanataka より:

    う~む、考えさせられる記事ですなぁ…。

    僕の様な「趣味の世界で人と接したくない。」人もいると思うんですよね。

    日常で人と接する仕事のストレス解消に、好きなゲームの世界観で没頭したいって感じの人達が。

    でも開発元は売上が一番ですから、世の中の流れ的に、オンライン優先になっていくのでしょうねぇ。

    生き残るシングルプレイゲームは、シムシティ系だけですかねぇ。

    • kentworld より:

      あぁ、分かります。
      例え野良でも誰かと関わることでのしがらみはありますからね。
      そういったニーズは確実にあると思いますので、
      ストーリーやシングルプレイ重視のゲームは消えないとは思います。

      ただ、莫大な開発コストを必要とするAAA級タイトルになると難しくなってきていますね。

  5. 匿名 より:

    こういうのは具体的なデータがないと何とも言えませんからねえ
    赤字だったシングルプレイのゲームがどれだけだとか本数が増えたのか減ったのかとか
    何せ事例が悪名高いEAのゲームですからね、ジャンルどうこうよりEAが悪いだけじゃないかと思ってしまいます

    • kentworld より:

      具体的なデータは欲しいところですが、
      開発スタッフの発言ですので、ユーザーとしてはそれを信じて語っていくしか無いんですよね。

  6. ブレイクダウン より:

    好きな順に攻略。に関してゼルダあげるのは筋違いだと思います。
    こういう好きなところから攻略できるシングルゲームは他にもオープンワールドでたくさんありますよ。なので成功例としてはオープンワールドを上げた方が良いと思います(まあオープンワールドもいろいろあるのでこれも完璧ではありませんが)。

    自分はオンライン大好きなのでむしろ嬉しいですが困る人もいるでしょうね。
    ただ、今に始まったことではなくドット絵ゲーや2Dアクションが減ったのと同じですね。ゲーム史の変わり目にはこういうジャンルの衰退がつきものですからね。

    • kentworld より:

      いえ、ゼルダの場合は極端な話、いきなりラスボスへ挑めますので、
      それまでに発売されたオープンワールドゲームと比べても攻略の自由度が桁違いなんですよ~。
      それ以前のオープンワールドゲームは自由度高くても用意されているクエストは一本道だったりして、自由度は高いようでそれほど高くなかったんです。

  7. 田中 より:

    コメントをするのがしばらくぶりですみません
    実はセールで買ったイース8にずっとハマってプレイしててコメント書く暇がありませんでしたw
    ちょうどエンディングを見てこの記事を読んで少し思うことがありました。オフラインのゲームはどんなに手間をかけても高くて9000円位で開発者にとって割に合わないかもと感じます。僕としてもストーリー重視のゲームは一つの小説を読み終えたかのような余韻とスッキリ感があってとても好きです。だからなんとか開発者の人たちにはもっと報われてほしいです。叩かれがちですが、一つのソフトとして完成されてる前提ですがdlcで稼ぐのも悪くないんじゃなかなと考えるようにもなりました。

    • kentworld より:

      ゲームの価格ってある程度は統一されていますもんね。
      9,000円が限度になってきていると思います。
      ゲームによっては割に合わないんじゃないかなぁとは思いますね。
      仰る通り、本編が完成されていること前提で大型DLCなどで稼ぐのは悪くないと思います。
      コメントは余裕がある時で構いませんからね~♪

  8. 腰痛持ちジーパン より:

    シングルプレイがメインのゲームは消えて欲しくないですね…
    でも開発費もかさむし、きついんですかね…
    自分はベセスダがfallout5かtes6をオンラインメインにしたら本当の終わりと捉えようと思います。(エルダースクロールズオンラインもありますけど、ナンバリングをつけたらって意味です)
    オンラインメインだと、オープンワールドゲームはどうなってしまうんでしょうか。消えてしまうんですかね…

    • kentworld より:

      ベセスダはシングルプレイメインのゲームも色々出されていますし、
      オフライン専用のフォールアウト5やTES VIのニーズは確実にあると思いますので、そこは心配要らないんじゃないかなーと思います。
      オンラインメインになると、MMORPGみたいになりそうな?

  9. さやまる より:

    個人的にはオンラインゲームよりもシングルメインの方が大好きなのでなかなかあれですね…

    長く遊ぶという点ではやはりマルチプレイがいいとは思うのですが、
    やっぱりシングルプレイの熱い展開、作り込まれた美しい世界観、そういうものを語る時はとても暑くなれると思うので、やっぱりシングルプレイが好きなんですよね〜

    自分としてはオンラインプレイというのは、終わりのないサービス終了までは永遠に続くもの〜って感じなのが逆に嫌なんですよね…まぁものによっては普通にやるんですけどね!
    でもモンハン、ドラクエXみたいな特に密接に他人と関わらなきゃいけない、とかなると元からコミュ障な自分としては、どうにもオンラインはやりたくないと思うタイプですので…仲のいい人とはやりたいとは思いますけどね!
    まぁそういう理由でどちらかというと1人でしっかりとした物語の中で、しっかりとした終わりというものが欲しい!!って自分は強く思うので、やっぱりシングルプレイが減るのはどうにも嫌ですね〜

    • kentworld より:

      シングルプレイ専用だからこそ、クリアした時の達成感が格別だったりしますもんね。
      さやまるさんを始めコメント欄で以上に熱いメッセージを書き込まれる方が多数いますが、
      これもシングルプレイ専用だからこそ味わえる達成感や刺激があるからだと思います。

      マルチプレイゲームは長く楽しめますが、
      他人とかかわらないといけない以上、しがらみは感じられて億劫なところはありますね。
      ストーリーを覚えなくても良いという気軽さは魅力的ですが、一長一短です。

  10. ゲーマー より:

    開発費が高騰してるから失敗できない(大失敗すると会社が倒産しかねない金額)
    その為、失敗しないよう続編を作ったり、実績のあるゲームシステムをベースにして作る
    結果、これまで遊んだゲームと似た同じようなゲームばかりが増える。
    シングルプレイ重視のゲームはこの傾向が強いと思います。

    今までと違うオリジナリティのある作品はシングルプレイ重視のほうが作れそう。
    しかし、そういうタイトルを作るだけの体力がある会社は少ないと思う。

    • kentworld より:

      開発費が高騰してしまうと、なかなか冒険が出来ないですもんね。
      多くのゲームは何かしらのベースが存在して、そのうえで色々と細かくいじっている印象です。

      オリジナリティあるシングルプレイ専用ゲームはインディーズゲームでしか期待できなくなってきていますねぇ・・・

  11. nasturtium より:

    今の流れからすると、マルチプレイがより重視されていくのは十分ありえるでしょうね。少なくともマルチプレイが全く搭載されないタイトルは大きく数を減らしそうに思います。具体的にどの位差があるかわからないので、はっきりと言えるわけじゃないですが、SNSしかり動画サイトしかり今の時代にはマルチプレイでの長期的な展開がマッチしているのは間違いないでしょうし。ストーリー重視の物だとネタバレ防止で極度に情報制限されるケースも最近は多いですし、盛り上がりが局地的になってしまっているなと感じることはよくあります。

    個人的にはシングルプレイを重視していますのでもし減っていくなら困りますね。しかし今年発売の中でもゼルダやホライゾンのように世界的に大きく成功を収めているゲームもありますから、まだまだ頑張れると思います。

    • kentworld より:

      今の時代、SNSは非常に大きい影響力を持っていますからね~。
      ゲームメーカーとしては少しでも多くの利益を得たい関係上、
      継続的に話題となりやすいマルチプレイを重視してしまうのも分かります。

      僕としてはシングルプレイ専用ゲームを応援していきたいんですが、
      ネタバレというものに足を引っ張られているのも確かで、
      いつの間にか書けることが制限されていてそれがジレンマになっています・・・

      ネタバレ要素が少ないシングルプレイ専用ゲームがどんどん出てきて欲しい!

  12. 匿名 より:

    ゼルダbotwは100万売れば採算ライン、200万で次回作の資金まで確保出来ると言われてますね。
    任天堂以外のメーカーが開発にコストかけ過ぎなのが問題なのでは?
    海外のフォトリアル信仰の弊害ですね。マシンパワー、マンパワーに頼らない絵作りゲーム作りをして欲しいものです。

    • kentworld より:

      あのゲームの開発費ってその程度だったんですか!?
      フォトリアルは開発のコストを高める映像表現ですよね。
      特に日本だとリアルにしても喜ばないユーザーが多いですし、
      効率が悪いやり方かなぁと思います。もちろん、フォトリアルならではの魅力はありますが。

  13. メトロキシド より:

    仰る通りの部分もあると思います。
    例えば、シングルプレイのゲームは一度語ったら終わりというのは何度も体験しています。逆に、ソーシャルゲームみたいな所謂運営型ですと例えマルチでなくても話す話題が尽きないです
    故に、SNSが流行っている今ですとシングルプレイの作品はあまり盛り上がらないわけです。悲しい。

    で、前置きが長くなりましたが自分が言いたいことはストーリー重視のゲームは話題に残らない、というのは少し違うと思うんです。
    というのも、SNS全盛期より前の作品ですがダンガンロンパなどは長い間話題に上っていますし、最近ですと(ソーシャルゲームですが)fgoもストーリーが良いと盛り上がり、こちらもそれなりに残っていました。

    えーと、長文+あまり論理的じゃないかもしれませんが、言いたいことをまとめますと、ストーリー重視だと売れないというのはあまり納得できる話ではないです。
    勿論AAA級タイトルみたいなものは別だと思いますが、現時点ではその風潮は日本には当てはまらないとは思います。海外でもAAA級でなければ当てはまらないと思います。

    今までの話は論点がずれていることは承知です。ただ、kentさんが仰る話は所謂大作の話だと思います。まあ、自分があまり大作ゲームをやったことないからというのもありますけど…

    • メトロキシド より:

      追記ですが、話題にならないのと売れないのはあまり関係がありませんでした。訂正します。

      SNSとの相性はやはり悪いでしょうね。ネタバレを避けてもらうために自主的に情報封鎖をするしか無いのですが、今の時代にそれは非現実的な話です。
      なので、そこらへんとの折り合いは必要とは思います。

      >>オープンワールド、不確定要素、自由度の高さは話題性を維持できる
      これには全面的に賛成です。パーティゲームが盛り上がる要因として、不確定要素が強いためと思いますが、シングルプレイだとより楽しめる要素になると思います。パーティゲームが度々動画サイトにあげられるのもそこらへんが要因だと考えています。

      ストーリー重視のゲームとそれらの折り合いは難しいとは思います。
      そして、今まで通りの作品ではダメというのもそうだと思います。
      とは言え、ゲーム性で補える部分だと思います。
      また長文になってしまいましたが、追記失礼しました。

      • kentworld より:

        ご理解頂けたようでうれしいです!
        仰るように今回は話題性の面をクローズアップして語らせて頂きました。

        今の時代、SNSの影響力は無視できないものですので、
        それを有効活用出来ないゲーム作りはだんだん、厳しくなってきそうです。
        そこは大きな課題です。

        不確定要素も良し悪しありますが、
        上手く活用すればゲームをより奥深くさせ、リプレイ性を高める事になると思うんですよね。
        パーティゲームにしてもそう。不確定要素があるからこそ個々が動画サイトにアップロードしたくなるわけですから。

        シングルプレイゲームでも長く売れるケースが出てきていますので、
        そういった成功例を参考にしつつ、今後も続いて行ってほしいものです。

  14. つぐみ より:

    3ヶ月~半年もすれば半額だしぃっていうサイクルから抜け出すためのゲームが作られている感じですかね
    中古取扱店は困りそうな気がしますが(笑)

    シングルのみだとDLCで生きながらえるかどうか?そして後々完全版へ・・というサイクルも見られるので延命って本当に難しいところですな。

    オンラインゲームでもみんながみんな5年遊べるゲームを作るのは難しいと思います。

    シングルキャンペーンは搭載しつつ、オンラインも力を入れるゲームが増える傾向かもしれませんね。シングルのみは無くなるか?っていう極端な話だとアレですが

    1本道ゲームが、こぞってエンディングまでの道程を動画配信されてしまう現状はちょっとオジサン辛いですね。
    自分でやったほうが面白いのに~~って思っちゃいます。

    • kentworld より:

      販売価格の面を見ても寿命の短さは感じられますよね~。
      後から要素を追加して最終的には完全版を出すパターンも定着しました。
      これに関しては旬を取るかコスパを取るかを天秤にかけるような感じなので、
      極端なバーゲンセールを行わない限りは問題ないと思うんですけどね。
      各社、シングルプレイゲームの寿命を伸ばそうと試行錯誤している印象です。

  15. ナニータ より:

    SIEは今のところAAAシングルプレイゲームに注力してますね 今年はhorizonがありましたし来年以降はGOWラスアス2対馬デイズゴーンスパイダーマンデトロイトと豊富 任天堂はゼルダマリオデゼノブレ2があり、スプラARMSもありとバランスが良い印象
    販売での利益だけでなくハードの宣伝も目的になるファーストはサードとは状況が違ってくるでしょうけどね

    • kentworld より:

      SIEは今となっては珍しいソフト展開をしていますね。
      任天堂やMSと比べてもシングルプレイに特化している印象です。
      それだけシングルプレイに拘りがあるのかな?

  16. ☆☆☆☆☆ より:

    運営型だとゲームの終わりは「飽きる」か「見切りをつける」か「サービス終了」辺りになりますものね。どちらにしろあまりスッキリしないというか、熱の籠もってない幕引きという感じがします

  17. ヨウタイガ より:

    僕はオフラインのソロプレイが主なので、やはりストーリー性のあるゲームが好きです。もちろん、マルチプレイでみんなで遊ぶことで生まれるストーリーも楽しいのは承知ですが、ある種計算されたストーリーを1つの作品として味わいたい気持ちが強いです。小説や漫画も好きですしね。
    ただ、おっしゃる通り、時代の流れでネット環境からのネタバレというネックはありますね。気をつけていても、気づいたら知りたくない情報が目に入ってしまったりと、記憶を消したくなることもしばしばあります。こればっかりはもう気をつけるしかないのかも知れませんが、悪意のあるネタバレはご遠慮したいです。僕も遊んだ感想を語り合いたい時は多々ありますが、だからこそ誰かが見る可能性のある環境での発言や書き込みは気を使いますね。やはり、ネタバレあり、と明記した中で存分に語れるのが良いと思います。ダンガンロンパV3とかなんて、その最たる所でしょうか。
    ストーリーが良いほど、その余韻からプレイをやめてしまう事も確かにあります。僕もFF15は(色んな意見ありますが、僕は大満足)ストーリー終わった後は、中々プレイする気が起きませんでしたし、長期的に遊んでもらうという意味では難しいかも知れません。でも、その分1つの作品として遊んだ後の満足感は高いかなー、とも思います。
    ストーリー有り、無し、どちらもそれぞれの楽しさはありますし、うまく楽しんで語り合いたいですねー。

    地味に9月からコメント継続を続けていたんですが、ここ数日忙しくて途絶えてしまいました‥(笑)。毎回記事を更新して、コメント返しもしているケントさんの大変さを痛感しています。
    記事は必ず見ていますので、またボチボチコメントも残せればと思います。

    • kentworld より:

      >ある種計算されたストーリーを1つの作品として味わいたい

      これ!よくわかります!
      計算されているからこその面白さってありますもんね。

      ネタバレに関しては難しいところです。
      今は情報のシャットアウトをしても思わぬところでネタバレしてしまうことが珍しくありませんから。
      当ブログではネタバレに感じたら注意書きを入れるなどして配慮しています。

      FFXVはストーリーが大きな魅力ですので、クリアしたら喪失感が大きい作品でしたね。
      それだけに大型アップデートやDLCでの展開はあまり相性良くないかなぁと思っています。
      そんな状況にめげずあれだけ積極的に展開しているのは凄いですね。

      コメントはご無理をなさらずにお願いしますw
      ログインボーナスとかはありませんので、ヨウタイガさんのペースで構いません。

  18. 青雲スカイ より:

    マルチプレイ重視のゲームにはそれでしか味わえない面白さがありますし、過去にはそういうゲームにはまった事もありますが、基本的にはシングルプレイでエンディングがはっきりしているゲームが自分には一番向いているので、そういうゲームが衰退しすぎてしまうのは困りますね。

    ただ、現代の動画サイト、SNS時代において、一部のタイトルを除いたストーリー、シングルプレイ重視のゲームの売上的な意味での寿命の短さには驚いてしまいます。
    発売後にかなり評判の良いゲームですらすぐに売上ランキングから消えていく現状。
    以前なら評判の良いゲーム→やってみようとなっていた所が、評判の良いゲーム→動画を見てみようとなっている面は確実にあるんでしょうね。

    • kentworld より:

      3年かけて作られた大作ゲームが2.3週間でTOP20圏外へ去ってしまうケースは非常に多いですもんね。
      そういうのを見ていると非常に勿体なく感じます。
      シングルプレイゲームの旬は確実に短くなっていますね。
      だからこそ、ブログでも購入したゲームの記事は早く公開したくなってしまいます。
      動画で済まされるケースは残念ながら増えているんだろうなぁ・・・

    • ナギ より:

      横入り失礼します

      評判いいゲーム→動画ですまそう

      の背景には「ゲームのために時間とれないから」という流れもあるかもです
      ストーリー性の高い、RPGというジャンルには「レベルあげ」が必要な場合も多いですから
      ちまちまあげる手間を省いてイベントシーンばかり‥としたらそれはそれで「ゲーム」としては面白くないかもですが「物語」だけを追うにはそれで十分、って一派もありそうです
      そこが動画に食いつく要因の1つかなぁ‥と

      ま、ニガテジャンルのストーリー読みたい場合は動画がありがたいですけどねー

  19. トモフミ より:

    久々に結構、考えさせられるコラムですね(^^)!
    そうですね、SNSやYouTubeで情報の拡散がされている中、単なるシングルプレイのゲームは時代にあってないと思います。
    実際、僕は大逆転裁判でネタバレ発言をしまくっていたことが発覚して自主的にツイッターをやめた第一原因ですし、ストーリーありきのゲームはこのご時世に厳しいと思います…(¬_¬)
    僕は家族の影響でネタバレをそんなに気にしない人ですが、世の中はネタバレを読んで発狂してしまう○タもいますからねぇ。
    ケントさんの提示したゼルブレ(やマリオデ)などの今どきの任天堂ゲームはそのようなシングルプレイゲームの一つの解答だと確かに思いますね!(^^)
    そうなると次回の逆転裁判はフリーシナリオアドベンチャーになるのかしら(笑)

    • kentworld より:

      この手のコラム記事は久しぶりに公開した気がします。
      色々とネタはあるんですが、自分の中でしっかりと温めてから公開したほうが良いと思い、数を絞ることにしました。

      トモフミさんがTwitter辞めた理由ってネタバレ関連だったのか!?
      逆転裁判シリーズは一番、ネタバレにナーバスなシリーズですもんねw
      ネタバレの境界線は人それぞれ異なるので、このゲームこそTwitterとの相性が悪い作品に感じます。

      任天堂のゲームは元々ストーリー重視じゃないですし、
      様々な遊び方があるのでSNSとの相性がよく感じられます。

      逆転裁判はどうするんでしょうかね?
      今のままだとジリ貧は避けられませんから、
      今後も人気シリーズとして続けていく場合は根本的に変えていかなと駄目だと思います。

  20. ジョエリー より:

    自分はマルチプレイのゲームでもよく好んでプレイしますが、シングルメインの方が好きなので減って欲しくないですね・・。

    確かにブレスオブザワイルドみたいに自由度の高いゲームだとシングルプレイ専用でも話題性は持続しやすく、動画がたくさんアップされてもかなりの宣伝になりすね。自分も自由度の高いオープンワールドゲームが一番好きなのでそういったゲームが増えてくれるなら有難いです。

    ただアンチャーテッドみたいに自由度は低くてもストーリーや演出、グラフィックに力を入れたゲームも大好きなので、そういったタイプのゲームが今後少なくなってしまうとしたら悲しいですね。このタイプのゲームって最初から最後まで動画配信されてしまうと面白かったと思っても買いたいに繋がりにくいんですよね。個人的には序盤以外は配信禁止にした方がいいと思いますが、やっぱり難しいんですかね。ゲームはプレイするからこそ面白さが増すのに、自分が好きなゲームが見ただけで満足されてしまうと歯がゆい気持ちになってしまいます。

    • kentworld より:

      海外のゲームって日本のゲームとは違って懐が深く、
      リニア式ゲームでもほとんど配信禁止されていないんですよね。
      それだけ、ゲームプレイに自信があるということなのでしょうか?

      話題性を持続させるのは今後の課題になってくるのは間違いないと思います。
      開発に3年もかかるゲームが2週間で話題にならなくなるのは問題ですからね・・・
      運営型ゲームが数年単位で話題になっているケースもありますし。

  21. より:

    オデッセイ、レゴシティ、レイマン、カービィ、アトリエ、ブルリフなどストーリー有るゲーム、僕も好きなんですけどねえ…。

    今の時代の流行もんは暴力っぽいマルチゲームって感じですね。PS4でよく、シューティングをする荒廃した世界が舞台のゲーム結構有りますし。

    • kentworld より:

      少し乱暴なタイプのマルチプレイゲームは動画サイトなどで人気ですよね。
      動画映えするのも大きな要因だと思います。

  22. むぐお より:

    俺はマルチは気を使うんで苦手ですねー
    ゲームの中で気を使うのは疲れちゃいます
    といっても最低限の気遣いは当然ですけどね
    スマホゲーもそうですがマルチで運営費ウハウハじやあゲーム業界もシングルゲー作りたくないですよね
    せっかく作った大作ゲームがすぐ中古になったりsnsですぐネタバレしたり
    俺はゲームと同じくらう映画が好きで2時間の中に起承転結がありテーマがしっかりしているのでやはりエンディングがあるものがいいと、おもいますね。
    いつか終わりがくるのを惜しみつつやるゲームって有限だからこそ楽しいというか

    • kentworld より:

      マルチプレイゲーム、ソーシャルゲームはゲームの短命化が進む中での打開策なんでしょうねぇ。
      成功例が多数出てきている以上、シングルプレイゲームの風当たりが厳しくなってしまうのは残念ですが無理も無いところです。
      起承転結がしっかりしているからこその魅力があるのは本当にその通りで、
      大きな達成感を味わいたいので今後も色々出して欲しいところですが。

  23. MGMのゲーム評論家 より:

    トロフィー見てもストーリーのクリア率なんて3割あるかどうかの作品ばかりですし、クリアしないと全く話題についていけない内容のゲームは厳しい。ゲームデザインを大きく変えていかないと。

    • kentworld より:

      そうなると、実際の売上よりもさらに狭いコミュニティになってしまいますよね。
      まあ、最近は動画で済ますというパターンもありますが・・・

  24. たこいち より:

    アーケードスタイルに近いステージ制のアクションゲームなんかだと、面白い作品は気が向いた時に遊び直したくなるんですけどねー。
    縛りプレイや魅せプレイを目指したり、地味にやり込み続けるのが楽しいですw

    RPGのように下手にボリュームのある作品はクリアしたらお腹いっぱいになってしまいます。

    私は今でこそオンラインも楽しんでいますが、昔はむしろ敬遠しがちでしたね。

    • kentworld より:

      アーケードスタイルのゲームは比較的短時間でクリアでき、スコアアタックなどの評価制を盛り込んでいてリプレイ性が高い方ですもんね。
      たこいちさんからお借りした「NINJA GAIDEN」シリーズもそれに近いところがあると思います。

      一方、RPGになると1周が長く、ストーリー重視で区切りがしっかりしているので2周目以降はやりにくいですよね。
      最近は強くてニューゲームが定着していますが・・・

  25. ico より:

    難しい話題ですね。少しコメントでも上がっていますがゼルダでは十分な元をとれていますから、シングル重視が悪いのではなくAAA作品は「映画」に寄せすぎてコストバランスが取れなくなっているんじゃないか?と思っています。
    そもそもそこまで美しいグラフィックである必要性が、わたしにはどうも感じられなくて…。ホライゾンも楽しめたのはシナリオとアクションでの自由度でした。グラフィックはおまけです。
    日本でもコスト問題が大きいところとしてありますが、海外もとうとう直面したと言うことなのでしょう。たしかにリッチなムービーゲームもあっていいとは思いますが(スパイダーマンみたいな)、今一度そのゲームの面白さに必要なものとは何なのか?立ち返って欲しいところです。
    AAA作品に関しては、グラフィックの水準としてもう引き返せないところまで来ているのかもしれませんけど。

    • kentworld より:

      グラフィックを凝ることで確実にコストは増していくと思います。
      人間は欲の塊で一度綺麗なものを見てしまったら次はそれ以上を求めてしまいますので、
      仰る通りグラフィックの水準はもう引き返せないんでしょうねぇ・・・
      今は4K画質を推しているので、今後もグラフィックの向上は続いていくと思います。

      今回の記事ではそういったAAA級タイトルにスポットを当てていますので
      日本のゲームになるとまた話が変わってきそうですが、
      確実に手間はかかるようになるので、何か打開策を生み出さない限りいずれはこの問題に直面しそうです。

  26. kamome03 より:

    シングルプレイメインなのでなくなると困ってしまいます。
    今年買った作品もほとんどがシングルメインですし、バイオ7、ニーア、ライフイズストレンジ、FF12、ドラクエ11、ホライゾン、ゼルダbow、マリオデ、アサクリ、オンライン対戦だとスプラ2、マリカ8、みんゴル、タイタン2くらいです。

    ゲームって基本的に終わりがあるものだと思っているので完全なオンラインゲームだとプレイする気にならないですねー。
    マルチも楽しいんですけどねw独身時代はマルチメインの時もありましたが・・・
    今でも年に1〜2本はFPSも買いますが

    正直結婚して子供が居ると、マルチで1試合何十分も拘束される程暇じゃなくなるのが一番大きいかもですw
    シングルならいつでも止められるから気楽ですし♫

    • kentworld より:

      シングルプレイのゲームは自分の好きなタイミングで、好きなペースで楽しめるのが良いですもんね。

      僕もゲームは終りがあるものだと思っています。

      どのゲームもクリア時に獲得できるPSNのトロフィー取得率を見ていると思った以上に少ないので、
      案外、世の中の人はゲームをクリアすることに固執していないのかもしれませんが・・・

  27. ピロリ より:

    俺もシングルプレイメインです。オンラインだと回線速度や使用するコントローラ、マウス、モニターなどに左右されるうえ、課金要素で差がつくので嫌いですね。
    パブリッシャーにとっては間違いなくオンラインで課金要素入れた方が儲かりやすい、製作費安いなどのメリットがあるから仕方ない面もあると思いますが

    • kentworld より:

      実力で勝負が出来るマルチプレイゲームの方が僕も好きです。
      最近は時間や金=力のゲームが増えているのはモヤモヤしますねぇ。

  28. A・T より:

    この問題は、大作重視のゲーム業界に原因がありますね。
    遊びの要素を詰め込んだオープンワールド化やグラフィックの繊細な描写にこだわりすぎた結果、ゲームとしての技術表現は上がったものの同時に莫大な予算をかけなければならず、結果として予想以上の売り上げでなければ失敗になってしまうという過酷な現状に陥ってしまったんだと思っています。
    売り上げや話題性に乏しくとも面白いゲームは数多くありますし、その作品を支持する根強いファンもいます。
    利益やSNSでの話題ばかり重視しないで、本当にみんなが楽しめるゲーム作りをしてもらいたいですね。

    • kentworld より:

      この問題は掘り下げていくと大作重視という業界の構造に問題が出てきますよね。
      つまり、長年ずーっと問題視されているテーマで、非常に根深いものだと思います。
      その打開策がマルチプレイやソーシャル要素なんだと思いますが、
      シングルプレイも魅力的ですので何らかの形で生き残り続けて欲しいです。

  29. ほにょ より:

    オンラインゲームが始まった頃の雑誌の記事で、夫婦でUO(ウルティマオンライン)をやっている奥さん(ご主人はアメリカ人)が、「もうシングルプレイなんてオンラインデビュー前の練習でぐらいしかやる意味がない」なんてコメントをしていましたけど、いよいよそういう時代になったということなんでしょうか。当時の僕は、それを見てゲームというジャンルから追い出されようとしているような気がしていい気分はしなかったですけど、結果としてそうなりましたからね。

    そういう人間からすると、ゲームにとってオンライン接続は開けてはならないパンドラの箱だったような気がする。一見世界や可能性が広がったように見えて、実際はそれにがんじがらめに縛られてしまっているような…。かつて「64ビットの次は128ビットじゃなくチビット」と飯野賢治さんが言っていたけど、いつかそういう揺り戻しが来るのかな?それともどこまでも半導体業界の鉄砲玉として消費されていくのか…ネガティブで申し訳ない。

    • kentworld より:

      キャンペーンモードなんてゲーム用語もありますので、
      シングルプレイはオンラインデビュー前の練習的な位置付けの作品は実際、増えてきていますね。
      オンライン要素を入れる隙がないほどシングルプレイに力を入れた作品も少ないながらもまだありますが、
      特にFPSにとってオンラインマルチプレイは開けてはならないパンドラの箱だと思います。

  30. がは より:

    デッドスペースってジャンルを代表(左右)するような有名作品だったのかなぁ。日本人ゲーマーの認知度は「え、デッドドライブと読み違えた」くらいかと。

  31. 匿名 より:

    EAの場合は小額課金に興味津々なんですよね
    そっちのほうが本編を売るよりもずっと旨味があるので、必然的に課金を煽り易いチームプレイ必須のオンラインゲームばかりになってしまうという
    形態は違えども、利益こそが全てと業界を席巻した日本のソシャゲ旋風と同じ状況が生まれつつあるのは確かのようです

    • kentworld より:

      年々、コンシューマーゲームにも課金要素を取り入れた作品が増えていますもんね。
      あまりこの流れが加速するとスマホのソーシャルゲームみたいになるのでそれは勘弁して欲しい。

  32. チキ より:

    デッドスペースの話題を拾ってくれてありがとうございます。
    2が売れなかったから3ではco-opを入れたのかな?
    話題の継続と不確定な体験を盛り込んで長期的な売り上げを狙ってたんでしょうね。
    ジェットコースター的な演出を増やして飽きさせない工夫をしてましたが売り上げには繋がらなかったようで残念。
    僕は大好きなんですけどね〜(>_<)

    シングルプレイゲームの画像にウルフェンシュタインのスクショを使ってる辺り、kentさん分かってますなぁ(´∀`)
    ウルフェンシュタインⅡはストーリー体験を薄めたくないからマルチプレイを入れずシングルのみに注力しているそうです。
    マルチ全盛の昨今、珍しいほどの強いこだわりを持って作らてます。
    来年のメトロ:エクソダスもそんな感じの作品でしょうからシングル特化のゲームがすぐに消えることは無いだろうけど、作りにくくなってるとは思います。
    最近は動画サイトの利用が盛んでゲームを買わず動画を見るだけで済ませている人も多いでしょうし。

    リッチでリニアな大作が生き残るにはCODやタイタンフォール2みたいにマルチプレイとセットでシングルプレイを売ってくしかないのかな。

    シングルプレイのみの大作が生き残るにはkentさんが言うようにオープンワールドゲームが良さそうです。
    僕は初見の楽しみを奪いたくないからストーリー重視のゲームの話題はあまりSNSでシェアしないけど不確定な体験だったら共有しやすいですね。

    最近、僕がプレイした中だとホライゾンが良い例です。
    ストーリー重視の大作でありながら商業的にも成功してます。
    感動的なストーリーを語りつつ、オープンワールドで不確定な体験をさせてくれました。
    フォトモードで色々シェアしたくなった人は多いんじゃないかな?
    あのアンチャもプチオープンワールドを採用して不確定な体験を提供してくれましたね。

    ただ、オープンワールドじゃないけど自由度が高くて不確定な体験ができるディスオナード2の売り上げは振るわなかったようです。
    僕が好むようなゲームに限って減っていきそうなのが不安ですね…(;ω;)

    • kentworld より:

      少し間が空いてしまいましたが、
      この手の話題はコラム記事で触れたかったので、丁度良かったです!

      Coopの要素はテコ入れも兼ねて入れたと思いますが、
      相手を見つけにくい事から結果には繋がらなかったですよねぇ。

      取り上げた記事では欧米ゲーム市場の話題を取り扱っていましたので、
      その中でチョイスするのに適切なスクリーンショットってなんだろう?
      と思ったら真っ先にウルフェンシュタインが出てきましたw
      続編やメトロ新作もシングルプレイに特化しているようで、
      それが結果として繋がってほしいですよね。

      シングルプレイ。それもリニア系のゲームが生き残るのはなかなか困難を極める事だと思います。
      今後、シングルプレイゲームはオープンワールドに移行していくと思いますので。

      コールオブデューティのようにマルチプレイメインで
      その導入としてリニア式のキャンペーンモードを入れてくるケースは今後もありそうですが、
      あくまでも練習用という位置付けは変わらないでしょうねぇ。

      ディスオナード2の売上は海外でも振るわなかったんですか・・・
      あのバランス調整は神がかっていてステルスアクションゲームとしては理想的に感じたので、
      遺伝子を受け継いだ作品はまた発売されて欲しいところですが・・・

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。