2018/01/18/7:30 | ゲーム情報などのまとめ

【速報】任天堂がSwitchの新たな遊び「Nintendo Labo(ニンテンドーラボ)」を発表!なんじゃこれはぁぁぁ~!?

任天堂がSwitchの新たな遊びの提案として新製品、「Nintendo Labo(ニンテンドー ラボ)」を発表しました!

「Nintendo Labo」は段ボール製の工作キットを組み立て、様々な装置に見立てた「Toy-Con(トイコン)」を作成し、様々な体感ゲームを楽しめるシリーズのようです。

ピアノ!

ラジコン!

ロボット!

このような形の段ボール製コントローラを組み立て、それに見合ったゲームを楽しめるんだとか。

第1弾として「バラエティキット」「ロボットキット」を4月20日に発売。

価格は「バラエティキット」が7,538円(税込)。「ロボットキット」が8,618円(税込)。

それぞれのキットにはSwitchソフトとダンボールシートや紐などが入っているそうです。

また、マスキングテープやシール、ステンシルなどが入った「デコるセット」も発売予定。

これは良い!これは良いぞ!

何が良いかって、おもちゃ屋としての本領を発揮しているからです!

僕が任天堂好きな理由の一つにゲームをおもちゃの発想で作っていることだったりします。

今回の「Nintendo Labo」はそんな任天堂の思想が見事に現れていて「これだよ!これを待っていたんだ!」と思いました。

奇抜過ぎて流行るのか分かりませんし、段ボール製なので耐久性に懸念はありますが、Joyコンを液晶パネルと分離出来るメリットを存分に活かした素晴らしい企画だと思います。

何気にWii Uでお蔵入りになった「Project Giant Robot(プロジェクト ジャイアント ロボット)」の思念も含まれているようだしw

いや~、「まさかこんなアイデアがあったのか!?」と思いましたよ~。

僕は良い歳した大人ですが、ついつい買ってしまいそうです(男はいつまで経っても男の子なんやで///)。

やっぱ任天堂は最高だわ

 
参考 公式サイト



  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(90)

  1. ナニータ より:

    記事が早い!興奮が伝わってきます笑
    ダンボールだけでここまで自由に拡張出来るとは! 発想力に脱帽です 
    スイッチ発売前はジョイコンを不安視していたのですが自分の頭が追い付いてなかっただけみたいですね…

    • kentworld より:

      速報で記事にしてみました!

      パソコンが言うことを聞かなくなってきたので、それがなかったらもう少し早く記事に出来ましたが(^_^;)

  2. ひぼたん より:

    ファミリーにはうけそうですし、動画映えもしそうです。

    ひょっとするとかなり売れるかも!?

  3. けだまあつめ より:

     ニンテンドー公式とぅいったー告知から見ましたなにこれすごい(語彙力

     動画見る限り組立部品がかなり細かいので(ロボットの背面には噴いたどうなってんだこれ)、親御さんの監督のもとに子供さんは組み立てるべきだろうなーそういう所も親子の会話に繋がりそうでニンテンドーらしいなーと思いました。
     ゲームと言うか玩具と言うか、これが凄いと思うのは、組み立てて動作確認成功したら既に充分達成感得てる訳で、いざ遊ぼうってゲームが1-2-Switchレベルの奇抜さで人類に速過ぎる代物であったにせよ許せてしまうかもしれない点ですかね。
     プラモ作り終わった状態でゲームはおまけと言うか。ぶっちゃけゲームはそこまでやり込まなくてもいいんじゃないかって感で。勿論ロボットとかピアノとかはガチで遊んでみたいですが。

     世間はVRとかなのに、ニンテンドーはこっち行ったかー。アプローチがマジでらしすぎると思います。
     取り急ぎ、第一報の感動をそのままに投下させて頂きました。速攻のエントリ立て流石です。

    • kentworld より:

      セット内容を見たらかなり盛り沢山でしたね!

      大人でも組み立てるのは少し苦労しそうですが、組み立てる面白さも味わえそうです。

      そうそう、組み立てるところからゲームが始まっているんですよね。

      完成してプレイするゲームの完成度も高いほうが良いですが。

      VRの時代にダンボールとは、やはり任天堂の根底は「枯れた技術の水平思考」ですね!

  4. yy より:

    開発中止になったジャイアントロボはこっちで引き継いでいたんですね
    今回のコンセプトは確かにおもちゃ屋らしくて面白いと思います!
    個人的にはwii でセガが発売したレッツタップというゲームを思い出しましたw
    でも男の子はこういうの好きなんですよね
    コアな所で鉄騎のコントローラとか憧れましたw
    そういえばミヤホンは昔鉄騎のコントローラを見て「やられた!」と思ったと話していた覚えがありますねぇ
    今回のロボットキットを自社で出せたのはミヤホン的にかなり嬉しいのではないでしょうか

    • kentworld より:

      レッツタップ!ありました!

      あれは組み立て式の箱を使ってWiiリモコンのモーション操作を上手く活かした面白いアプローチでしたよね!

      図画工作はあまり得意ではありませんが、学校の授業では好きな科目でした♪

      プラモデルとか、男の子ってこういうのが好きなんですよね。

      Wii Uのロボットゲームはどのように再活用してくるのかと思ったら、こう来たか!?

      4年の歳月を経て日の目を見そうで感慨深いです。

  5. 青雲スカイ より:

    近年の停滞から抜けだして、一気に攻めの姿勢に転じた任天堂の今を象徴したような作品という感じがします。

    去年の展開はまずはゲーマーを取り込むという感じのスタンスで、これまでの任天堂の強みであった子供へのアプローチにはそこまで力を入れていない感じでしたが、今年はそちらの方面も力を入れてきそうですね。
    ただ、これは買うかどうかは別として、大人から見ても何とも言えないワクワク感や魅力を感じます。

    • kentworld より:

      こういう任天堂を見たかったんだよ!と感激しております♪

      なんか、DS時代の攻めている任天堂を久しぶりに見れましたねー。

      従来型ゲームを発売しつつ、このような攻めた展開を今後も続けてもらえるとうれしいです♪

  6. ナスタ より:

    こういうのを待ってたんだよと思わず声をあげてしまいました!おもちゃの本領発揮ですね!

    実際売れるのかは現時点ではわからないですけれど、こういう攻めた企画を出してこれるのが任天堂の強みだなと改めて感じました。続報次第ですが僕も手を出してみたいですねー。

    • kentworld より:

      ナスタさんも同じような感触だったんですね!

      やはり、古参の任天堂ファンはみなさん、任天堂に求めていることも共通しているのでしょうか?笑

      安全牌だけでは面白くないので、こういう面白いのか、売れるのか未知数な作品をどんどん出して欲しいです!

  7. 匿名 より:

    何がすごいって親御さんがお子さんに買うのに全く躊躇しなさそうな点が素晴らしいと思いました
    子供の情操教育に100%良さそうなのが見た目からして明らかですし、男の子とかメチャクチャ欲しがるでしょう(密かにお父さんも)
    これが任天堂が目指した『体験型』ゲームの姿ですか
    VRと比べた時の親の安心感はえらいもんでしょうね

    • kentworld より:

      確かにこれは親御さんも安心して与えられそうですね。

      そうそう、情操教育にも良さそうなので、ゲームとは言え教育にも良いのが見ただけで伝わってきます。

      体感型ゲームの新しいアプローチですね♪

  8. 匿名 より:

    凄いのが来ましたね
    そうですよ。任天堂はおもちゃ屋なんですよ
    GWは親子でこれを楽しめってことですね(自分には関係ない話ですがw)
    どれくらい売れるか全然読めないですw海外の方がウケるのかなぁ?
    ピアノはモーションIRカメラを使ってるんですかね?こんな使い方をするとは思わなかったです
    ロボットがジャイアントロボットの流用ならそれなりに作り込まれてるのかな?
    いやー、任天堂ヤバイですよ

    • tanu より:

      すみません
      名前の入力を忘れていました

    • kentworld より:

      社長が変わっても任天堂の根底は変わらないんだなーと安心しました。

      確かに海外の方で売れそうな印象ですね。

      モーションIRカメラはまだあまり活用している印象がないので、今回のラボで真価をハッキして欲しい!

  9. HAL より:

    任天堂の発想力には脱帽します。これまでの新しい提案のチャレンジがようやく爆発的に開花したと感じました。Switch買おうかなぁ。

    • kentworld より:

      任天堂の発想力は失われていないんだなと安心しました。

      こういう傍から見たら目からウロコ的なアプローチを任天堂には求めていましたから。

  10. トモフミ より:

    またまたいきなり発表ですね。
    前回、4月発売予定の任天堂ソフトは発表されずいきなり5月はDKTFやDSRというラインナップだったので気になってましたがこういうのが来たかぁ~。
    売れるかどうかという野暮なことはともかく、子どもがめっちゃ憧れそうなソフトですね( ^ω^ )
    DSやWii時代の斬新な“あの頃”の任天堂を思い浮かべました。
    去年は奇抜なソフトはワンツースイッチぐらいであとは新規アイデアの“ゲーム”が大半でしたけど、今年もこっちのより攻めな方の任天堂があるようで楽しみ!

    • kentworld より:

      上半期のスケジュールがこれでハッキリしましたね!

      いやはや、準新作ラッシュで攻めてくるのかと思いきや、こういう攻めた展開も見せてくるとはスキなしですね。

      トモフミさんもこういう攻めた展開を待っていたのかな?

      弟さんも惹かれたんじゃないでしょうか?w

  11. ふにゃ より:

    というわけで、いいかげんソニーにはパネキットの新作を出してもらいたく…。

    また、一度は時代遅れのものにされかけたアナログゲームに再びスポットが当たっていることもありますよね。起きて意識のある間はほぼ強制的にネットに縛り付けられる現代において、そこから解放されることこそがエンターテイメントであるというか、娯楽にとってデジタルであることは便利である反面魅力を減じる要素になりかねないのかも。また、段ボール製=使っていればそのうち壊れるということも、劣化しないデジタルに対するアンチテーゼというか、何か子供に向けた教育的な意図があるのかもしれません。

    • ほにょ より:

      あっ!ハンドルネーム間違えてる!

      すいません、これ書いたのは僕です…。

    • kentworld より:

      デジタル化がどんどん進むなか、アナログゲームの要素を取り入れてくるとは参りました!w

      >段ボール製=使っていればそのうち壊れるということも、劣化しないデジタルに対するアンチテーゼ

      なるほど、アンチテーゼですか。任天堂なのでそういう想いが込められていてもおかしくはないですね。

      公式サイトを見ると耐久性の低さも自分で直せるという点で利点として紹介されていました。

  12. タロン より:

    良いところを挙げたらきりがないほど良くできてて、任天堂のお家芸として本領発揮してきましたね

    年末でファミリー層にも売れてきてるところに、これはタイミング的にも良い感じですよー

    気になるのはソフトのクオリティと価格ですね
    WiiU時代よりかなり強気の値段設定に見えますし
    ロボットなんかはJOYコン4つ必要そうなですよねぇ

    大人のおもちゃ的な評価になるかもしれませんね

    • kentworld より:

      動画を見てこれぞ任天堂!と思いました。

      確かにこんな攻めた企画をいきなり1年目に持ってきても危険すぎますので、ある程度普及した2年目に持ってくるのはうまい戦略だと思います。

      肝心のゲームはどの程度のクオリティなのかは気になりますが、ここも任天堂ならではの作り込みに期待したいですねー

  13. 読者 より:

    ・親が子供に買う事に対して何の不安感も抱かせない
    ・今や子供世代の娯楽ナンバーワンである動画サイトでの動画映えがすごい
    ・完成品を売るのではなくキットで自分で作らせる事で親子の会話や製作したという思い出に直結する
    ・コントローラーと画面が切り離せるという恩恵とHD振動に比べて埋もれていたIRカメラを最大限活用している
    ・中古対策になる
    ・世界のどこでも売れる普遍的な魅力を持つ

    『段ボールキットを同梱しSwitchを取り付けて遊ぶ』という発想ひとつで一体いくつの課題をクリアする気なんだよ!(笑)枯れた技術の水平思考なんてレベルじゃないですよ…まさか新しい体験型ゲームの提案に、周辺機器から自作させるなんていう発想をしてくるとは…!発売日以降の動画サイトやべぇぞwww段ボール戦記始まったなwww

    2017年はゲーマー向けの魅力あるソフトの開発に全力を投じて、今年からはおもちゃ屋としてのプライドも出してくるとは。もう発想がすごい以外何も言えない…
    ピアノが超楽しみ!

    • kentworld より:

      利点を箇条書きで詳しく書いてくださってありがとうございます!

      任天堂は1つのアイデアで複数の問題点を解決させる事を得意としていますが、今回も見事にやってのけましたね!

      動画サイトは間違いなく盛り上がるでしょう。任天堂にとって良い時代になったと思います。

      再び無敵の任天堂を見せてきましたね!

  14. C-rex より:

    個人的には、このアイディアの系譜は「ファミコンロボット」だと思いますね。ファミコンの周辺機器で一番奇抜で、おもちゃとしての魅力があったという点が共通してますからね。あと、こんな大掛かりなギミックをやるのは久しぶりですよね。ここ数年、低迷していたせいか、ここまで大掛かりなものがありませんでしたからね。
    それと、これはハードとしての明確な差別化という点でも非常に評価できますね。任天堂の良き伝統であり、発売前に流れたパクリ疑惑デマの完全払拭になっていますから。

    • kentworld より:

      ファミコンロボット、ありましたねー。

      今から30年以上前の製品ですが、スマブラなどで参戦したことで今でも知名度は高いあの周辺機器!w

      こんな攻めた企画は近年の任天堂ではほとんど見かけなかったので、任天堂の復活をさらに印象付けるニュースだと思います。

      こんな攻めた企画はSwitchの仕様がないと実現出来なかったので、本当に差別化成功しましたね!

  15. かにきめら より:

    これは業界広しといえども任天堂しかできない戦略、やはり任天堂はおもちゃ屋さんだったんだ
    一方組み立て式で原価の低い紙(ダンボール)だからコストも抑えられるのが上手いなあ。

    近年は子供のプラモ離れもあるからこれを機に組み立てる面白さを知ってほしいですね。

  16. KAZU より:

    「子供が」とか「ファミリーで」とか多く言われていますが、実は大人のみなさんも心引かれているんじゃないでしょうか?
    子供向けと思いつつ、大人でもしかっり楽しめる商品を作るのは任天堂のお家芸ですね。一目見て、「触ってみたい」と思わせるのも得意なところですね。

    • kentworld より:

      男はいつまで経っても男の子ですもんね笑

      僕も純粋に惹かれました♪

      そして、「任天堂はもともとこういう会社だったんだよ」というのを過去の製品と照らし合わせた記事を書きたくなってきましたよ。

  17. でっち より:

    今朝、寝ぼけまなこで任天堂とぅうぃったーをみて、大興奮ですよ。
    自分でも忘れてましたが、これこそ私の好きな任天堂です。こういうのを作っちゃうのが任天堂なんですよね。
    忘れた頃にこういうグンペイイズム全開のおもちゃを出してくる。横井軍平さんも天でそんな任天堂を微笑ましく、そして誇らしく思っているでしょうね。

    • kentworld より:

      >グンペイイズム

      そうなんですよ、だいぶ前お亡くなりになられましたが、今回の企画はグンペイさんの遺伝子が引き継がれていると強く感じました。

      ミヤホンイズムも好きですが、グンペイイズムも大好きです♪ 天国ではきっと喜んでいるでしょうね。

  18. Koji より:

    図工好きな子供が喜びそうな商品ですね。まあ俺が子供ならこれよりはマリオとか普通のゲームソフトを買って欲しいですけど…。
    ラジコンはお父さんも熱中しそう。

  19. nicond より:

    なるほど、こう来たかという感じですね。switchのデザインがこのためにあったんじゃないかと思うくらい、素晴らしいアイディアだと思います。

    耐久性に関しては、自分で直せることもウリの一つみたいですね。あまりにも壊れるようだと面倒ですがw

    switch発売以降、kentさんが好きだと言う「攻める任天堂」を見られて嬉しいですね。値段もそれほど高くはないので、結構気になってきました。

    • kentworld より:

      >switchのデザインがこのためにあった

      本当にそう錯覚してしまうほどのアイデアですよね。

      耐久性の低ささえもウリにしていて「やられたぁ!」と思いましたw

      こういう攻めた企画を近年の任天堂には求めていたので、発表映像を見て嬉しかったです。

  20. kamome03 より:

    素晴らしいコンセプトですね〜。
    大人が子供をだしに買いそうな予感w
    自分もその1人になりますw

    あとは耐久性と組み立ての手軽さ次第で爆発的に売れるか決まりそうですな。
    何はともあれ発売が楽しみです♪

    • kentworld より:

      kamome03さんも購入しそうな感じですかw

      こういう時にお子さんがいるとうれしいですよね♪

      売れるのか売れないかも含めて楽しみな製品です。

  21. 腰痛持ちジーパン より:

    自分も初めてpvを見た時、ビックリしました。
    スイッチの機能も100%出してますし、すごいと思いました。
    面白いですねぇ。
    ただこれだけ攻めてる商品、どれだけ売れるか見物ですね。

    • kentworld より:

      Switchの機能をこう活かしてくるのか!?と驚きました。

      売上も含めて楽しみな製品です♪「Wii Fit」「Wii Sport」のようになるか!?

  22. むぐお より:

    これは驚きましたね!
    VRとちがうとこから体感させるって発想が任天堂らしくて素敵です!
    値段は結構するんであまり手はだせないですが、子供がやるにはすごくいいと思います。
    とはいえちょっとやってみたいなーとおもいますね。
    ダンボールじゃなくて大人向けにプラモキットとかにしてほしいですw

    • kentworld より:

      むぐおさんも惹かれる感じなんですね。

      オフ会する機会があったら持っていけたら良いなと思っていますよ。

      もし、参加することがあったらよろしくお願いします!

  23. sparrow より:

    コンセプトだけでも手に取ってみたいと思わせる面白いデバイスですね。
    いままでなかったタイプのデバイスです。
    これに近いのはWiiのレッツタップぐらいで、ほかはあまり思いつくものはないですね。メモリーカードをデバイス化したものならいくつかありますが。

    • kentworld より:

      過去にあまり事例がなかったデバイスですよね。

      そこはSwitchの取り外せる仕様を上手く活かしてきたなと思います。

  24. グリグラ より:

    手足にセンサーを付けて何台ものカメラを使った体感ゲームが出回る中で、段ボールと紐だけで体感ゲームを作っちゃう任天堂。発想力が意味わかんないですよ。
    こういう工作キットって子どもはすごく憧れますよね。夏休みの自由研究を狙って第2段が発売しそうw
    周辺機器って使用頻度がどうしても少なくなるので使わなくなった時の処分に困るんですが、段ボールにすることでこの問題は解決できますね。
    そういえば2008年にレッツタップという段ボールとWiiリモコンを使ったゲームがありましたが、やはりあの企業は時代を先取りしすぎるのか。

    • kentworld より:

      他社の体感ゲームと比べたら発想の根底が間逆ですよねw

      そこが任天堂らしいと個人的には思います。

      シリーズ化しそうな気配もあるので、夏商戦には別の方面で攻めてきそう。

      セガは時代を先取りしすぎて失敗してしまう事が今回改めて浮き彫りになったと思いますw

  25. そらとろぼ より:

    最近ゲームに疲れてプラモデルにハマっている身としては結構興味をそそる商品ですね。

    組み立てる工程そのものが娯楽と化す事と完成時の達成感とラジコンのように遊べる点も魅力的に感じます。

    YouTuberたちが興味持ちそうなので動画サイトでも注目を浴びそうですね。

    • kentworld より:

      最近はプラモデルにハマっている感じですか。そうなるとグッドタイミング?

      ゲームで達成感って大切ですもんね。ニンテンドーラボではゲームを始める前から味わえるとは。

      YouTuberがどのように楽しむのかも注目だと思います。

  26. MGMの名無しさんforSwitch より:

    こんなの頭が固くなってしまった我々大人には予想出来る訳がないwww
    良いですねこういうの、僕も見ていてワクワクします。

    子供は身近な物から「あそび」を作ってしまう天才ですからね!そこに着目した点はおもちゃ屋ならではの視点かと。
    なにより2つで1つにも2つのコントローラにもなり、色々な操作方法が楽しめるジョイコンだからこそ実現したアイデアですね!!

    一方で「一部のゲームにありがちな専用コントローラーも今後はダンボールで作れるかも」なんて意見も他の掲示板で見ましたw
    確かに釣りゲームなんかはラボのアレでも代用出来そうな感じはありますね。

    自分は買うのかと言われると・・・プレイしてる所見られたら恥ずかしいので微妙ですw
    子供の頃に欲しかったなあ。今の子供は幸せですね。

    • kentworld より:

      そうですね、僕も少し前、2018年のゲーム業界を予想していましたが、このアプローチは予想できませんでした。

      やられたぁ!って感じですよw

      子供の発想力は柔軟性がありますよね。あの柔軟性を取り戻したい・・・

      このようなコントローラがアリなら自作でも出来そうと言うことで、なんだかゲーム業界に新たな定義を生み出したような気がしてなりません。

      僕は羞恥プレイも含めて楽しみたいと思っていますw

  27. かにくず より:

    なんか…toioに似てるな

  28. さやまる より:

    いやぁ〜最初仕事の昼休みにチラッとだけ見てえ?なにこれは…?と思っちゃいましたが
    動画を見たらひゃ〜!!ロマン!ロマンの塊や!!!ってなりましたw
    いやぁ〜これは任天堂だから出来ること、そしてSwitchだからやれた事ですね!シンプルながら発想が凄い!

    ちょっと気になる所もありますけどね!ロボットのやつはJoy-Con何個もいるのか?とか、段ボールという事は故障とか劣化も早そう?とか
    ただとりあえずそんなの置いといてとても気になります!てか買います!!楽しみだなぁ〜♪
    作って遊んで原理も分かるってのはとてもいいですね!なんか工作とかの感じで懐かしい感じがしますw

    • kentworld より:

      さやまるさんも買ってしまいますか~。

      そうそう、ロマンの塊なんですよ。今回の発表で新たな定義を生み出した事になる訳ですから、次から次へと新しいアイデアが生まれてきそう。

      他社も追随すると思うので、任天堂がどれだけ早く矢継ぎ早に第2弾、第3弾と展開していけるのかも注目ですね!

      • さやまる より:

        これは本当に全部買ってしまうかもしれません…w何かこう普通と違った遊びがやれちゃうってのがどうにも気になるw

        やろうと思えば段ボールを工夫すればいいって感じですからねぇ…
        今までWiiとかでもやっていた、ぽい動きで操作、ってのを段ボール一つで、専用コントローラー的な物を自ら創り出してから本当の動きにしちゃうってのは本当に凄いと思いますね〜

        ですね!これはアイデア勝負な所もあるでしょうから、いかに早く面白く作るか!って感じもありますね〜

        そういえば気になる所の話でロボットのやつはJoy-Con何個〜とか言ってましたけど、あれは勘違いですねwちょっとJoy-Conが4個位あるように見えてしまってましたw

        • kentworld より:

          ぜひ、全部購入してください!家がダンボールだらけになってしまいそうだw

          技術的に難しいことをしている訳ではないので、今回のはアイデア勝負で早い者勝ちだと思います。

          先に思いついたもん勝ちなので、任天堂はまた状況を有利に持っていきましたね。

          Joyコンの件は安心しましたw

  29. Awaken より:

    なんて天才的な発想!
    それに紐と絡めることでジョイコン2つで出来る感覚操作の幅を広げるなんて!!

    あとは、ピアノが弾けるということは多ボタンコントローラーが作れるということですから、既存のスタイルのゲームでもLABO対応して遊び方を増やすなんてことも出来るのかも知れませんね

    • kentworld より:

      この発想は常人には思い付きませんw

      何度やられたぁ!と思ったことか。

      そうそう、今回の発表で可能性が大幅に広まった事になるので、延長線上のアイデアが大量に出てきそう。

  30. コルチカム より:

    また予想外すぎるのが来ましたね〜。
    これはゲームに厳しい親御さんの心にも響きそうです。
    NXと呼ばれてた頃の「全く新しいコンセプト」はこれのことだったのかも。
    それにしても任天堂は突然の発表ばかりでブロガー泣かせですねw

    • kentworld より:

      以前から任天堂はSwitchの異質な商品について話されていましたが、その正体の1つが今回明らかになったものなのかもしれませんね。

      今回は事前に告知があったのでまだ良かったですが、前回は本当に急だったのでまさにブロガー泣かせですw

  31. Ryou より:

    先のニンダイミニで発表されたものに4月発売のが無かったから今回の発表は
    4月発売だろうなとは予想してましたが、ニンダイミニとわざわざ分ける程の
    ものなのかなと思ってたら、こりゃまた想像の斜め上のゲームがきましたな。
    立ち位置としては1-2 Switchに続く流れか。

    ニンラボは新作タイトルというよりブランド名じゃないかなと感じましたね。
    バラエティキットはToy-con01、ロボットキットはToy-con02と振り分けられ
    てますから。シリーズ化も視野に入ってるのかも?個人的には今回のライン
    ナップにはあまり惹かれませんが、今後の展開が気になる提案ではありますな。

    • Ryou より:

      【追記】
      今回の件で、バンナムあたりがアップを始めそうですな。太鼓とか一向に
      情報出ないのはまさかこれと関係していたり?

    • kentworld より:

      そう言えば4月のタイトルは含まれていませんでしたもんね。マリオテニス辺りは流れ込んできそうですが。

      ニンラボは今後、シリーズ化しそうな気がしています。アイデア次第ではいくらでも展開できそうですから。

      第1弾、第2弾の手応えを見てからでは遅いので、水面下で第3弾、第4弾が動いていると良いなー

  32. にぼし より:

    Switch本体の発表も含めて,ここ数年の発表で一番感心してしまいました.
    1,2スイッチ以降余り活用されて来なかった,IRカメラやHD振動を使ったゲームはいつか来るとは思っていました.が,
    IRカメラで,鍵盤の動きを検知してピアノにしたり,紐を使ってモーションセンサー代わりにするというのは百歩譲って思いついたとしても,HD振動を利用してトントン相撲の要領でダンボールを動かすという発想は天才的ですね.

    つい先日学研とコラボしてIRカメラの説明(https://topics.nintendo.co.jp/c/article/06bba8b4-f5ca-11e7-86dc-063b7ac45a6d.html)をしていましたが,これは学研の教材に専用のダンボールがついてくるフラグだったんですかね?
    ダンボールならコロコロコミックなどの雑誌の付録にも付けれますし,子どもたちの間でブームになりそう!

    • kentworld より:

      >IRカメラやHD振動を使ったゲーム

      どんな形で出してくるのかなー?と思っていたらこう来ましたか!?

      凡人では絶対に思いつかない発想ですよねw

      まさか、次は学研とコラボするのか!?

      コロコロコミックの付録もあり得そう。任天堂がまた強力な味方を手にしようとしていますね。

  33. にゃしょーば より:

    これは・・・ほかのを差し置いても買ってしまいますよ。
    公式サイトの動画を見ましたが、かなり複雑な構造になっているのに、Switchで動画を見ながら組み立てができるところもまた細かな心遣いを感じられますね。

    正直、にぼしさんのコメント見るまで、ピアノの音鳴らしたり、リモコンが動いたりする構造がわからなかったです・・・

    • kentworld より:

      にゃしょーばさんにとってもかなり優先順位の高い商品になりそうですね。

      そうか・・・動画を見ながら組み立てかぁ。

      それだったら伝わりやすいですし、電子機器の利点も活かせるので上手いと思った。

  34. 隣の飼いケルベロス より:

    任天堂がまた、素晴らしいおもちゃを開発してきましたね…!
    こんなの絶対に子供の情操教育に良いじゃないですかw
    友達とはもちろん、親子でも一緒に楽しめそうですし、
    本当に素晴らしいという感想しか出てこないです!

    • kentworld より:

      隣の飼いケルベロスさんも大絶賛のようですね!w

      今回発表された製品を遊ばれている方は笑顔になっていることしか想像出来ませんw

      笑顔。これはゲームで大切な要素ですよね。

  35. AVC-M370 より:

    公式ライセンスな周辺機器をダンボールにしただけだがね。
    まあそれとて自社に中古対策や関連企業の開発時も消費者の管理にとメリットもある。
    まあ虫が湧く前に処分は忘れない様にしなければならないがね。
    中氏は敷居を下げる意味で方向性を示していたな。

    所でこれは設計図あるのならば3Dプリンター等で作れば普通に耐久性上がるのでは?

    • kentworld より:

      実を言うとそこまで凄いことはしていないんですが、発想力に驚きました。

      普通の人はこんな発想はしないだろうなーと。

      ゲームソフト単品で売ってダンボールはユーザーに自作してもらうという構想もあるみたいですね。

  36. 匿名 より:

    ダンボール人形がJoy-Conに押しつぶされたシーンで、Switch本体画面はゲーム操作というよりも動作回路図みたいになっていました。
    「つくる・あそぶ・わかる」と銘打つところの「つくる」は組み立てるだけではなく動作設計も含まれているかも、とすると「あそぶ」は動作検証で、「わかる」は動作解析という、機械・回路の開発フローですね。
    プログラミングの第一歩は「Hello World」と画面に表示する、電気回路の第一歩はブザーを鳴らすのは定番ですが「ふーん・・・で?」とつまづかないよう任天堂は、子供達にアクチュエーター(HD振動)とセンサー(IRカメラ・加速度センサー)の使い方を教えようとしてるのかもしれません。勿論ダンボール駆動部も。いずれ歯車とかカムなんかも出てくるかも?!
    知育のその次、そう、開発は遊びになる。そりゃあHPで学研とヒミツについて調べてみるわけですよ。

    • kentworld より:

      「つくる・あそぶ・わかる」をそこまで詳しく解釈されたんですね。

      Switchの機能がどのような構造で動いているのかは理解していたほうが教育になりますので、それを知りたくなるよう誘導しているのであればさすがと言った感じです。

      • 匿名 より:

        半月あまりも前のレスに恐縮です。ニューヨークで行われたイベントでのIGNのプレビューを見るに、おおよそ考えが当たっていたのでドヤ顔しにきた次第であります。
        もう一度、書きます。入り口は子供にもキャッチーに遊び・知育っぽさを感じさせつつも、本質は開発者への階段なのだと思います。大人でも心を揺さぶられるのはココでしょう。
        もし興味が湧いてLabo関連を買われたのなら、レビュー読みにきます。

        • kentworld より:

          Labo関連のレビュー記事は書きたいと思っています!

          ですので、期待していただければ嬉しいです♪

          開発者への階段と言うのも作ってみて確かめてみたいですね。

  37. 桜子 より:

    これは大人の男性を意識したゲームかもしれませんね。私たち中年世代は子供の頃、ダンボールで色々作ったりしたから童心に返りそうです♪
    耐久性に難有りかもしれないですが、『作り組み立てる』作業工程を楽しむのが目的なので意外に大ヒットしそうな予感がします!

    • kentworld より:

      ダンボールと言えばずーっと前から存在するおもちゃ(?)ですもんね!

      今回の新作は組み立てそのものがゲームになっていそうで、老若男女が面白さを共有出来るものだと思います。

  38. totomaru より:

    この記事、ちょっと意外。
    任天堂のこういう所って、kent氏は嫌いなんだと勝手に思っていました。

    • kentworld より:

      受け止め方次第ではありますが、僕は任天堂の意表を突いた展開は好きです。

      まあ、体感・知育ゲームに関してはゲームの流れさえも変えてしまい、従来型ゲームが疎かになってしまったので、あの時は嫌悪感を持っておりましたが・・・

      今くらいのバランスがベストに感じます。

  39. 匿名 より:

    とんでもないポテンシャルを秘めていると感じます!
    悪魔でゲームモード等のシステム面は任天堂がやるのか、それとも… 開発に開放的にして色んな人達が色んな物を作って…
    ちょっと違うかもしれないけどマインクラフトみたいに広がっちゃうのか!
    みたいなw
    わくわくしてます

    • kentworld より:

      そうそう、マインクラフトみたいな広がりが期待出来ると思うんですよ。

      そう考えると夢が広がりますね~♪

      知育ゲーム以来の発明かも!?

  40. ジョエリー より:

    前日に新しい遊びの発表が予告された時は何かのサービスが開始されるのかなと思ってましたが、予想外の物が出てきましたね。
    体験会の参加条件を見てもファミリー層向けの商品のようですが、大人でも惹かれる人は多そうですね。
    どの程度流行るかは全く想像出来ませんがこういった新しいことに挑戦する姿勢は素晴らしいと思うので、上手くいって欲しいです。

    • kentworld より:

      これは全く予想出来ませんでした!年始の記事ではこういう発表がされることを予測したかったなぁ。

      大人でも恥しいけど触ってみたいという人は多そうですね。個人的にもそんな感じです。

  41. くっぞこ より:

    こんにちは。
    時々出してくる任天堂の変なゲームのテイスト、
    …というかゲームですらないですけど(笑)
    ピアノは「DEEMO」みたいな音楽ゲームでも使えそうですし、
    Wiiで出た「Wiiミュージック」のスイッチ版がでるのかな?
    という期待も出てきますね~
    Wii「ファミリーフィッシング」の釣りコンも
    段ボールで自作出来るみたいですし(笑)
    振動で自動車が動かせるのもすごいですね~楽しみです!

    • kentworld より:

      この任天堂テイストはくっぞこさんもかなり惹かれるものがあるのではないでしょうか?

      久しぶりに「Wii Music」や「ポケットカメラ」の任天堂が帰ってきましたね~。

      ダンボールやJoyコンの機能によってアタッチメント式のコントローラからつりコンなどの周辺機器まで何でもありになってきたと思います。

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

関連記事

戦場のヴァルキュリア4がPS4/Switchで発売決定!スマホ版どうぶつの森の配信日が決定!他ゲーム情報色々
真・女神転生VがSwitch独占で発売決定!ペルソナ5の完全版が海外で発表!他ゲーム情報色々
スーパーマリオくんの作者がファミ通.comに登場!?カービィまんを食レポ!他ゲーム情報色々
大神 絶景版、PS4/XboxOne向けに発売か!?他ゲーム情報色々
PS4ソフトの新作映像「Playin’ Swingin’」が公開!2018年2月の新作、どれを買う?ゲーム情報色々
任天堂が営業益650億円から1200億円へ上ブレ予想!ついにコミットメント達成か!?他ゲーム情報色々
アトラスがファンタジーRPGの制作を発表!閃の軌跡IIIはPS4専用に!他ゲーム情報色々
ベヨネッタ関連のニュースが近々公開?エイプリルフールネタを振り返る!他ゲーム情報色々
ドラクエXIのPS4版ではバトル中もフリー移動が可能に!?ブレスオブザワイルドの小ネタ100連発!他ゲーム情報色々
L.A.ノワール、リディー&スールのアトリエの発売日が決定!12月上旬が激戦区に!?他ゲーム情報色々