2016/11/19/12:00 | M☆G☆Mコラム

ターゲット層から外れた人のレビューも大切!

t

多くのゲームはある程度ターゲット層を絞って開発されています。大人向け。子供向け。ファミリー向け。女性向け。オタク向け。

それぞれパッと見ただけである程度は分かるようになっていますが、だからといってターゲット層から外れた人が買ったらいけないという事はありませんし、レビュー・感想記事をネット上に公開したらいけないという決まりもないでしょう。

まあ、男が乙女ゲーを買って「俺は可愛い女との恋愛を楽しみたいのに、男しか出て来ないじゃねぇか!クソゲー!」みたいな根本からずれた様な意見はどうかと思いますけどねw

そうではなくて、根本を理解しつつ、その先にあるものをどう感じたのか書かれたターゲット層から外れた人のレビュー・感想記事は貴重ですし、どんどん読んでみたいと思います。

そういうターゲット層から外れた人のレビュー・感想記事って絶対に読んでいると新しい発見があると思うんですよ。ターゲット層にハマった人はここばかり見てあれこれ語っているのに、そうでない人はこんなところに目が行く物か!?って感じでね。目から鱗が出るような、面白い記事になると思います。

・フォールアウト
・シュタインズ・ゲート
・ゼノブレイド
・デモンズソウル

ネット上で評価が高いタイトルを挙げてみました。確かに検索してみると絶賛レビューばかりになりますが、これらのタイトルはいずれも老若男女が楽しめる訳では無く、ある程度楽しめる層は限られています。

ネット上で転がっている絶賛意見はターゲットにハマった人のものが大半でしょうから、完全には参考にならないと思うんですよ。

また、これらのタイトルがメディアでのスコアが満点になるのはまだしも、ユーザーの平均スコアが限りなく満点になる事は実はおかしい事だと思います。「ここは受け入れて当然」みたいな、ある程度前提とした部分がありますから。

個人が武器になるのはフットワークの軽さです。周りが絶賛しているから。ターゲット層から外れているからといって感想の発信を躊躇せず、自信を持って言えば良いと思います。根本を理解したうえですけどね。

あと、自分がどういったタイプの人間なのかも明示しておくと話が早くて良いと思います。そういう意味でレビューをまとめたサイトって説明不足だと思う。

単に感想をまとめているだけでそれぞれの人間がどういったタイプなのかほとんど説明していませんし、そもそも、沢山の人が書き込み過ぎて1人1人調べる気になれませんからね。

この辺りはどんな人間なのかしっかり明示出来る機会に恵まれた個人ブログの強みかな。

※これまでに公開したコラム記事の一覧はこちら

※何か分からないゲーム用語を見かけたらこちら をご覧ください。

↓人気ブログランキングに参加中!
1日1クリックしてくれると「M☆G☆M+etc…」の順位がアップします!

↓Twitterで更新通知をしています。
Twitterやっている人はフォローよろしくお願いします。

A52

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

内容をご確認の上、送信してください。

この記事の反響

  1. y.crash より:

    ターゲットではない人や好みじゃないゲームジャンルで、もしもそのゲームをほめたらかなりすごいですからね。もちろんターゲット層からの評価も大事です。けど、それ以外の人の意見も重要ですからね。客観的意見とでもいうべきでしょうか?

    例えば芸能人に対するツイート等を見るとファンの人はさん付けをしてますけど、ファンじゃない人はさん付けをしてない人が多いです。もちろん全員ではないですけどね。ファンじゃない人から褒められれば少なくとも贔屓じゃないですからね。

    自分がどういうタイプかですか、そうですね・・・。
    まずかなりの短気ですねw かつて行列10分待ちってだけで何度も「他にするか」ってすぐ諦めますからねw ロード時間が長いとイラつきますね。
    ゲームの遊び方としては一つのゲームをとことんやってしまうタイプですね。
    そのため浅く広くではなく深く狭くですね。ゲームジャンルが全体的に偏ってるのとシリーズものを結構集めてしまいますね。
    クラッシュバンディクーは日本で発売されたシリーズ全部持ってますし、メタルギアも外伝以外は基本全部w カービィもほぼ網羅してますねw
    好きなジャンルはアクション、レースゲーム、シューティングゲーム(スクロール系)、TPS。
    苦手なジャンルはRPG、アドベンチャー、格闘ゲームですかね。

    • 伯爵 より:

      私の好きなジャンルは音ゲー、
      リズムゲー、リズムアクション。
      好きなゲームはprojectDIVA、ミクさん、みっぱいです!!

    • kentworld より:

      例えばアクションゲーム好きの人がRPGタイトルを絶賛したりとか、
      そんな流れになったら凄い事だと思うんですよね。
      誰にだって好き嫌いはあります。その壁を乗り越えて高評価だったら価値のあるタイトルだと思うんです。

      改めて自己紹介、ありがとうございますw
      コメントを読み続ける事でその人の趣向は大体分かるもんですが、
      そうやって明示してくれると今後の感想をどのようにして参考にするべきなのかわかってきます。

  2. ホロウダイン より:

    ゲームは、自分で操作してシステムを理解してクリアしていくメディアなので、他のメディアより楽しめる層が限られてしまう宿命を持ってると思います。3Dアクションだとうまく動かせないとか酔っちゃうとか、難しいゲームシステムを覚えられないとか。ジャンルが違うと操作方法や遊び方も異なりますし。ネットでゲームの感想書く人ってゲームが好きである程度うまい人ばっかでしょうから、ゲームをあまりやらない人や苦手な人の意見は貴重ですよね。

    • kentworld より:

      そうだと思います。僕もある程度の好みはありますが、
      一般人からしたらゲーム出来る方だと思うので参考にしきれないところがあると思うんですよね。
      特に激しい3Dアクションゲームはバンバンやりますし。

  3. マージ より:

    この話と違うかもしれませんが、昔、スーパーファミコンのセーラームーンを、妹にやらせてもらったら、ゲームとして面白くてビックリしました!!

    • kentworld より:

      女性向けタイトルでも意外と面白かったりしますもんね。
      そのセーラームーンのゲームは知りませんが、アクションゲームだったら僕でも意外と楽しめるかも。

  4. エンタメ最高マン より:

    なるほど、確かに別の目線からだと違う感想が出てくるというのは納得ですね。

    たとえば記事に挙がっている中だとシュタゲは知り合いに勧められてプレイしてはまったんですが、最初はあのオカリンの言動が意味不明でwもちろん進めていくうちにむしろ愛着が沸いて、いまでは最高の作品だと思っています。

    しかし私が逆に勧めた友人はあの掛け合いにはじめからどっぷりはまっていました。はじめは癖があるから我慢してねと注意していただけにビックリしました。

    それから関係ないかもですが、好きでないジャンルは厳しく見てしまう傾向がある気がします。
    私自身の例だとRPGやADVなどはゆるく、横スクロール系や2D系のアクションは厳しめに評価してしまっているように思いますね。

    • kentworld より:

      そうなんです。だから、あえてターゲット層から外れた人にゲームをやらせたくなる時もあるんですよね。
      例えば両親に最先端のゲームをやらせるとか。
      シュタゲを抵抗なく入れるって凄いなぁ。確かにあれは最初の癖が強過ぎますもんねw

      好きでは無いジャンルは、まず面白いと感じる機会が少ないですもんね。
      結局のところ面白いか面白くないかが一番重要なので、僕もそう言うところはあります。

  5. むぐお より:

    なるほどターゲット層にむけたゲームで評判いいのはちょっとマニアックですもんね
    やる人はやるけどやらない人は手をつけない
    ダクソ系はあえて女の子とか普段ゲームやらない人にやらせてみました
    普段アクションもやらないような人がガスコイン倒して倒した!!
    なんてやられると、ドラマですよ、ほんとw
    結構信者のマンセーゲーもおおいですからね
    実際俺はfpsがとても、苦手で唯一コールオブデューティのwiiu版ははまりましたが
    あれは2画面対戦の恩恵が強かったです
    まあ、たまには普段やらないジャンルをやるのはいい刺激になります
    まあ一個人の俺でも不思議とサウンドノベルははまるのにアドベンチャー苦手だったりするから
    多種多様ですよね

    • kentworld より:

      ダークソウルなどはほぼ100%ゲーム好きの男性に向けて作られていますもんね。
      ですのでそのような人達がプレイする事前提に語られるところがあると思います。
      ガスコインを倒した女子とか目近で見たいですよ!w

      Wii UのCoDは僕も買いました。
      2012年にゲームパッドだけでCoDのマルチが出来るのは最高でしたね!
      ただ、パフォーマンスはもう少し頑張って欲しかった。おしかった。

  6. 叉坐庵 より:

    とりあえず作品の表層部分がちゃんとゲームしていさえすれば、ターゲット外のユーザーからもそれなりに良い評価は得られると思います
    マニアやコア、ヘビーなファン層はそこから掘り下げられた中層や下層、更にはその下に用意してある要素までしゃぶり尽くすことになると思いますが、そこのバランス取りが中途半端だと表層がちゃんとゲームしていても苦情が出ることも多いかも知れませんね
    自分は大体中層部分までをメインに楽しみ、更に下の層に関しては一部を遊ぶ程度のプレイヤーですかね
    基本は、STG、PZL、テキストADV以外のゲームは遊ぶ方だと思います
    その上で、以前のコメントで話しました「SNS」「回顧」「グッズ」「オシャレ」「解り易さ」「自由さ」「クリエイティブ」の内、最も重視するのは「自由さ」で最も軽視するのは「グッズ」かも知れませんw

    • kentworld より:

      そうですね、表面部分がちゃんとゲームしていれば多少ターゲット層からズレていても楽しめるというのはあります。
      ファン向け作品でも、ゲームとして良く出来ていたら僕は細かい事を気にせず楽しめてしまいますもん。
      そう考えると層を絞った作品でもしっかり作るべきだと思いますね。
      トレンドで重視・軽視する要素は僕も同じような感じかも。

  7. A・T より:

    自分の好みに合わなかったという人の意見は貴重ですね。
    賛辞の言葉だけではなく、否定的な意見も取り入れていくことによってより作品の完成度が高まっていくので、別の目線から見た批評も大事ですね。

  8. ヨウタイガ より:

    デモンズソウルは、ネットでは絶賛の声で各レビューでも高評価ですが、アクションの上手い人からも高難易度と言われると、たとえ「繰り返しプレイして乗り越えた時の達成感」という素敵な評価を聞いても、アクションがあまり上手くない僕は尻込みしてしまいます。ただ、自分の向き不向きを考えた上では、すごいゲームだとは感じているます(実は触りだけプレイしてます‥)。
    僕は自分に合うか不安な時は、「ゲームの名前」➕「初心者」で検索しています。これだと結構参考になることが多いですね。
    ケントさんのレビューは向き不向きが書いてあるので参考にしやすいですね。また、長くブログを読んでいるとゲームの好みも見えてくるので、より参考にしやすくなって来ます。

    • kentworld より:

      デモンズソウルは高難易度アクションゲームと言うジャンルとして売りだされていますからねw
      実際、世の中に出回っているゲームの中ではかなり難しい方だと思います。

      ゲームの名前+初心者ですか。それはやった事がありませんでした。
      有名タイトルだったら該当する記事がヒットするのかな?
      向き不向きはある程度客観を抑えてレビューしたいので書いています。

  9. グレイ より:

    確かにターゲット層から外れた意見とか合わなかった意見も結構参考になるものがありますね。つっても普段偏ったゲームしかしてないんで中々見る機会は無いんですけどね……
    自分がどの立ち位置なのかを明示することは感想とかレビューとか書く上では重要だと思いましたが、そうすると前置きがやけに長くなったりでその辺の兼ね合いも難しい問題だと思いましたねー。文章からなんとなく見え透けるものはステキなんですけどねー。
    ちなみに自分のタイプとしては、気にいったゲームは偏執的にやるけどそれ以外はほどほどに、3Dだと酔うから出来れば2Dが良いくらいですかね。ジャンルだと大破壊大暴走が出来るゲームに加えてSTG(演出系、弾速系、弾幕系、リーマン系、パズル系)、RPG(RPGアドベンチャーも含む)、ACT、野球バラエティ。あんまりやらないのが格ゲー(ベルトスクロール系も含む)、テキストADV、スポーツ、ほとんど無縁なのがMMORPG、RTS、苦手意識があるのがエロい絵ですかね。美少女ゲームみたいなそういう意図があって作られたものは全然平気なんですけど、それ以外はどーも苦手気味です。あっさりしたセクシーシーンは結構好きなんですけどねw

    • kentworld より:

      うちの場合、レビュー記事の一覧に管理人の趣向をまとめたような記事のリンクを貼りました。
      確かにいちいち管理人がどんな立ち位置なのか明示すると面倒ですもんね。
      記事に別記事のリンクを貼れるブログって便利だなぁと改めて思います。

      話を聞いた感じだと、最近の国産メーカーが得意とするタイプのゲームは苦手そうですね(^_^;)
      最近は美少女ゲームじゃなくてもセクシー要素を取り入れたゲームは多いですから・・・
      本質を捉えた古典的なゲームが好きそうなイメージです。
      そうなるとダウンロード系、レトロ系の方が相性は良さそうですね。

  10. 黒詩★紅月 より:

    ターゲットを絞って、その層が楽しめる出来にならないと、ほかの人でも無理ですね
    「(ジャンル)の代表作の一つで!」「このジャンルに興味がある人にオススメしたい!」と聞いたら、興味がないはずがないですw
    でも本当に見たいのは、ファンとして、欠点をちゃんと説明してくれるレビューです
    だから、最初は欠点から見るか、「(タイトル) つまらない」でグーグルすることが多いですw

    完璧無欠のものがないから、ちゃんと説明してください!
    そういうことで、神レビューは思わず欠点を書いてしまうことが多かったです
    ほぼ削りましたが

    • kentworld より:

      なんてネガティブな検索の仕方なんだw
      ファンから見た不満というのが一番参考になるかもしれませんね。
      結局のところファンが一番手を出す率が高いでしょうから。

  11. トモフミ より:

    私も中高生の頃にそういったレビューまとめサイトによく騙されてました(笑)全てとは言いませんがmk2などのレビューサイトのマイナータイトルのページは要注意です。全体評価がメジャーなもの程(ドラクエ、ポケモンなど)評価が低く、何かとは具体的に言いませんがPSハード系のマイナータイトル程、評価が高かったことがあり私はよく鵜呑みにし、あんまり面白くないと思ったことが多々ありました。ネットのまとめサイトでは万人向けじゃないものがやたら寛大に持ち上げられていることがあるのでそれに惑わされず見極めることが大事ですね。kentさんのレビューも完全に鵜呑みにしているわけではないですが、毎回こういう捉え方があるかとかこの点は自分と一緒だと思いながらいつも楽しく読んでいます(^^)

    • kentworld より:

      ネット上では玄人ユーザーが多い印象です。自分がマイノリティである事を誇りに思っている人も多く、「俺だけの良作」を抱えている人も多いのですよ。僕もそう。そこを理解しつつ、レビューなどを読んだ方が良い時もありますね。

  12. シロマ より:

    これは俺にも当てはまるかもしれないがファン層は前作でよかったと思った所も続編で変えたりすると認めないで過剰に批判する所があって必ずしも説得力のあるレビューを書けるとは限らないのでダーゲットとは違う層からのレビューも確かに大事だと思うます。

    • kentworld より:

      そうそう、ファン層は前作とやたらと比較してしまいますもんね。
      初心者は逆に気にならないから素直な感想を聞けます。そう言う意味でも価値はありますね!

  13. ウユニ より:

    好きなジャンルかぁ。
    自分の場合はRPG、ARPG、アクションADV、インタラクティブADV、狩ゲー、ノベルゲー、音ゲー…
    アカン雑食系としか言えないw
    基本的に好奇心が強いから多趣味だしその中でもそれぞれ守備範囲広いんですよね笑
    とはいえ一気にジャンル広がってるからなんだかんだRPGが根本かも知れないですが。
    kentさんとは非常に近いところにいる気はしますが自分の方がストーリー贔屓でレトロが苦手、
    作業ゲー耐性が強いのと読書好きからのノベルゲーに興味津々、って感じですかね。
    ひょっとして伯爵さんとの方が近いのか!?笑

    挙げられてたゲームではフォールアウトが合わなかったですねぇ。
    寧ろ好みそうなタイプのゲームだと思ったんだけど自分でも意外でした。
    なかなか分からんもんですねw

    • kentworld より:

      確かに傾向を挙げてみると近いところにいるとはいっても全く同じではないですもんね。
      それは伯爵さんも同じで、重視しているところは微妙に違うと思います。
      実際に伯爵さんと近いのかどうかは本人に確かめてみましょう!w
      ここで彼の趣向を下手に語るとなんか言われそうなのでw

      フォールアウトは僕も断念してしまいましたが、いつかリベンジを果たしたい気持ちがあります。
      個人的に好みのゲームデザインだけど、作りの粗さが気になったんだよなぁ。

コメントする

内容をご確認の上、送信してください。