2017/08/29/12:00 | ゲームレビュー

WHITEDAY~学校という名の迷宮~【レビュー・評価】国産のギャルゲーに見せかけた最恐の韓国ホラーゲーム!


WHITEDAY~学校という名の迷宮~/PS4

2017年8月に発売されたPS4「WHITEDAY(ホワイトデー)~学校という名の迷宮~」を今回はレビューします。

PS4「WHITEDAY(ホワイトデー)~学校という名の迷宮~」は呪われた高校からヒロインたちと脱出するホラーゲームです。

良いところ

守衛さんが怖い!

ぎゃぁぁぁぁぁぁぁ~見つかったぁぁぁぁ~!

ホラーゲームと言えば恐怖ですが、本作は今までプレイした作品の中でもトップクラスの怖さがありました。

僕はホラー描写に強く、ちょっとした事ではビクともしませんが、このゲームではビビりまくりましたからね!

一番の恐怖は学校内を警備している守衛さん。守衛さんはこちらを見つけると全力で追いかけて殴りかかってきます。

殴られまくるとゲームオーバーになってしまい、前回セーブしたところかチェックポイントまで戻されてしまうので、本作最大の強敵なんですよ!

こちらは攻撃出来る手段がないので見つかったら全速力で逃げてトイレの個室などに隠れるしか方法がなく、見つかった時は焦ります。

厄介な事に難易度ノーマル以上だと守衛さんのいる場所は近付くと大きくなる奇妙なBGMや小さな物音で判断するしか方法がありません。

なので、学校内を探索している時は常に守衛さんの事を頭に入れないといけないんですね。

面白いのが、明かりの要素。電気を付けた状態だと守衛さんに見つかってしまうので近付いてきた時は消さないといけないんですが、そうなるとアイテムを拾う事が出来なくなります。

明るさによってメリットとデメリットが混在するので使い分けていく必要があり、それがステルス要素を面白くしていると思いました。

思わずパンツを汚してしまうホラー描写

守衛さん、怖い、怖いよぉ。

どこにいるかな?どこにいるかな?

バァァァァァァ~!!!!!

本作最大の恐怖は守衛さんですが、それ以外にも思わずパンツを汚してしまうホラー描写が満載です。

ただでさえ守衛さんの事を頭に入れながら不気味な学校内を探索するだけでも怖いのに、時々、ストリングスを使用した奇妙なBGMが鳴ったり、窓音が激しくなったりしてビックリします。

極めつけは稀に出てくる幽霊!

学校内を探索していると稀に幽霊が近づいてきて当たると物凄い叫び声が聴こえて一瞬、画面が覆われます。

この演出が最高に怖く、さすがにビビりました。1回だけならよくある事ですが、2回目、3回目以降もビビったから相当な事ですよ。

学校内では基本的にBGMは鳴らず、環境音だけなので、そんな中で画面が幽霊で覆われて叫んできたらビックリしますよ!

大変心臓に悪く、思わず力んでしまってパンツを汚してしまうほどです。
※何色で汚したのかは想像におまかせします。

それ以外にも無限ループの迷宮内を彷徨わせて奇妙な声で童謡を歌ってきたりとか、和製ホラーの恐怖を突き詰めていて油断できません。

探索や謎解きが面白い

探索や謎解きは面白く感じられました。

学校内はとても広く、沢山の部屋が存在します。しかし、多くの部屋にはがかかっていて、最初は入れないんですね。

現在、入れる部屋を探索してアイテムや文書を見つけ、文書に書かれているヒントを頼りに謎を解いていくのが基本的な流れですが、「バイオハザード」みたいで面白いです!

謎解きの難易度は全体的に高く、何度も何度も同じところをぐるぐる回る必要があって大変ですし、守衛さんの事も意識しないといけませんが、だからこその面白さがあると思いました。

↑時には入手したアイテムを様々な角度から眺めないといけません。こんなところも「バイオハザード」そっくり!

癒しになる恋愛アドベンチャー要素

ゲームに華を添えている女子高生。彼女たちとは学校内を探索していると何度か遭遇して選択肢ありのイベントシーンが挿入されます。

非常に怖い本作では大変重宝する要素で、癒しになりました。

どの娘も見た目が可愛く、声やしぐさも良い感じなので本当に有り難い。

彼女たちの好感度は選択肢によって変化し、ストーリーも変わっていくので、本当に恋愛シミュレーションゲームをプレイしているかのようです。
※ゲームの8~9割は学校内を探索するホラーアドベンチャー要素で構成されていますが。

幅広い難易度設定

実はこのゲーム、かなりストイックで高難易度だったりします。

ゲームクリアのフラグ立てをするには隅々まで探索しないといけないし、攻撃も出来ない。

セーブ回数は有限。ゲームオーバーになったらセーブポイントからやり直し。それまでに入手したアイテムはロスト。

守衛さんの位置を判断するのは音だけ。謎解きは高難易度。一人称視点で視界が悪い。

このように制限が多く、探索難易度も高いので、挫折する人が続出してもおかしくはありません。

しかし、ゲーム開始時に難易度選択が可能で、イージーや激イージーも用意されているんです!

こちらを選択する事で主人公の体力が大幅に増え、守衛さんに近付くとお知らせしてくれる機能が追加されて携帯電話にヒントメールが送られるようになります。

個人的にはイージーや激イージーが一般的なゲームレベルの難易度に感じられたので、最初はこちらを選択するのがおすすめです。

2周目以降はアイテムの位置や謎解きの答えが分かっているので、マルチエンディングですし周回を重ねるごとに難易度を上げていけば良いと思います。

高難易度にすると新たな幽霊が出現するようになるので、さらに恐怖を味わえますぞ~!

日本のゲームとしか思えないほど素晴らしいローカライズ

八城高校に転校したばかりの2年生、山本勇人くん。

彼はベンチに座っていた美少女、四宮しずくちゃんに一目惚れをします。

日本の学校で、日本人たちが恋愛をするホラーアドベンチャーゲーム。

それがWHITEDAY~学校という名の迷宮~!

なんてのは仮の姿!

本当は韓国の学校が舞台で、登場人物もすべて韓国人なんです。

と言うのも本作は韓国産タイトルで、日本向けにローカライズされているから!

ゲーム中では常に日本という設定ですが、元々は韓国向けに作られています。

その観点で本作を見ていくと、あまりにも自然過ぎるローカライズにビックリしました!

テキストは完全に日本語訳がされていますし、ボイスも日本語ですからね。

さらに学校内の掲示板や文字が描かれたのオブジェクトもほとんどすべて日本語に訳されていて、相当な手間がかかっていると思いました。

古電話の受話器を取ると韓国語が聴こえたり、日本人からしてみると少しだけ学校内の構造に違和感を持つなど僅かに違いを感じられる事はありましたが、上手いこと国産タイトルとして擬態しています。

個人的にはいっそのこと開き直って韓国産であることをアピールし、舞台やキャラクターを韓国名にしてゲーム進行に差し支えのない部分のテキストはハングル文字にしても良いと思いましたけどね。

スポンサーリンク

個人的に合わない&気になったところ

操作性が悪い

操作性は良いとは思えませんでした。

一人称視点なのはまだしも、オブジェクトに触れるときは画面中央に表示されるマーカーをオブジェクト付近に表示されるマーカーに合わせてボタンを押さなければならず、やりにくいんです!

問題なのが、オブジェクト付近に表示されるマーカーが小さい事。

そのせいで照準を合わせるのが大変だし、小さすぎて見落としてしまい、思わぬところで詰まってしまう事が何度かありました。

元々、パソコン向けに展開されていた作品なので無理もありませんが、この辺りはコンシューマー向けにアレンジして欲しかった。

PS4にしては粗いグラフィック

グラフィックはPS4基準で見ると粗いです。

背景は暗いため誤魔化しが効いて粗さを感じませんが、人間キャラクターは全体的に粗く、PS2ソフトをリマスター化しているかのようでした。

実際、本作は2001年に発売された作品をリメイクしたような感じなので、そう考えると無理もないんですけどね。

あたかも新作かのように売り出しているので、まっさらな状態でプレイすると粗さを感じると思います。

個人的にはPS2時代を彷彿させるようなCG調のモデリングで嫌いじゃないんですけどね。

全体のまとめ

恋愛アドベンチャー要素が大きな特徴となっていますが、ホラーアドベンチャーとしては最高峰の恐怖と謎解きを楽しめました。これは海外でカルト的な人気を誇るのも納得です。

操作性に難ありで難易度によっては不親切に感じられてグラフィックも粗いので人によっては酷評するかもしれませんが、舞台も日本に見せかけた韓国で見どころは多く感じられました。

国産のギャルゲーに見せかけた最恐の韓国ホラーゲーム!

こんな人には特におススメ。
・ホラーゲーム好き。
・韓国好き。

こんな人にはおススメできない。
・ホラーゲームが苦手な人。
・心臓が弱い人。

WHITEDAY~学校という名の迷宮~/お気に入り度 ★★★★★★☆☆☆☆ 星6個
プレイした時間・・・約10時間


 

タグ , ,

おすすめ記事

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(12)

  1. marumax より:

    昨年からホラーゲームに飢えていたのですが、このゲームも面白そうですね!
    自分は余りゲームは上手くないので、幅広い難易度設定は嬉しい!
    これも、今後のホラーゲーム購入の選択肢に入れておこう。

    • kentworld より:

      この記事を読んで興味を持ってくれたらうれしいです!

      難易度は激イージーがおすすめです。
      それでも十分に歯ごたえを味わえると思いますので。

  2. ノブ より:

    人柱覚悟で買ったのですがwなかなかどうして結構良作でビックリですw 個人的に今年の夏には深夜廻かWHITEDAYで正解な気がします 心臓とか弱い人はやっちゃ駄目ですがw ローカライズも細かくてすごいです

    • kentworld より:

      僕も予想以上に楽しめています!

      まさか夏の終わりに最恐ホラーゲームをダブルで楽しめるとはなぁ。

      夏といえばホラーなので、良い思い出作りになりました♪

  3. Kiyoppy より:

    ホラーは僕の守備範囲外ですが、所見はモデリングが古臭いという印象ですね。
    しかしそれも2001年のゲームと考えれば妥当ですね、その頃はPS2が現役の頃だったと思います。
    ホラーはバイオハザードが限界なので、なかなか敷居が高いです。

    • kentworld より:

      2001年頃はこんなモデリングのゲームがそこら中にありましたもんね。
      現代の水準で見るとクオリティは高くありませんが、2001年としてみると最高峰です。
      このゲームは下手をしたらバイオハザードよりも怖いですよ!!!

  4. ナギ より:

    それだけローカライズされているのに韓国好きにオススメなのか(笑)

    僕も韓国設定のままでもいいんじゃないかなと思いますね
    人種が近いからキャラモデリングし直さずに出せて好都合なのかもしれませんが

    ヨーロッパ同士でのローカライズだとその辺どんな感じで行ってるのでしょうかね?

    セーブが有限なのは僕にとってはマイナスだなぁ
    探索系は心行くまで漁りたいので加減きかずに守衛さん見つかりそうですし‥

    でも、敵が一種類のみなのはイマドキでは珍しいかもですね〜ロープライスだから、ですかね?

    • kentworld より:

      一応、韓国の学校が舞台で面白い構造をしていますのでw

      韓国設定のままだと売上に響くのかな?
      個人的にはそれはそれで興味を持ちますが・・・

      向こうの話も気になるところですね。
      どうしても日本に住んでいると現地の話はあまり聞けませんので。

      セーブ回数は探索をじっくりして行くと丁度よい数になりました。
      小刻みにやりすぎたら不足する丁度よいバランスです。

      敵の種類は気になりませんでした。
      一応、守衛さん以外にもボスはいますよ~

  5. ほにょ より:

    15年越しで移植されるだけの意味はあったということですね。

    僕がやったことのあるの韓国製のゲームというと、以前に名前を出した「青い涙」が思い当たります。異世界ものの要素もある典型的な2Dのギャルゲーで、「加奈~いもうと~」が発売中止になったためにXBOX最後の大型ギャルゲーになったタイトルでもあります。だから遊んだ印象は日本の当時のギャルゲーと変わらないし、たぶんいま遊んでも違和感は感じないと思います。ある一点を除いては…。

    その一点が何かというと、スクリプト。文章表現が独特なのです。なんていうか、すっごく詠嘆調なの。学校で漢文の授業に出ている気分。主人公の独白もめちゃめちゃ感受性豊かで、あんた学生のふりして若ぶってるけど、ほんとは李白かなんかだろ!?と突っ込みのひとつも入れたくなります。白鬚三千丈、鉄鍋天津飯。国が云々じゃなくこのシナリオの作風なのかなとも思うのですが、「マグナカルタ」や「西風の狂詩曲」もけっこうクセがあったような…。

    というわけで、そういうお国柄の部分をきっちり直していくうちに、だったらいっそ舞台も日本にしちゃえばいいじゃないということになったんじゃないか…そんな感想を持ちました。学校の時間割にこういう行書体のフォントはあんまり使わない気がしますけどね。

    • kentworld より:

      はい!こんなゲームを2017年に発売するのは大きな意義があったと思います!

      青い涙、パッと見は確かに国産のギャルゲーっぽいけど、
      じっくりプレイすると細かな違いを感じられるんですね。

      やはり、出身国が違うと似せようと思ってもどこかで違いが生まれてしまうんだなぁ。
      そういうのを探すのも好きなので、興味深い話です。

      文章表現って人によって変わってくるから面白い。
      日本語も奥が深いものですね。

      確かに時間割のフォントは不思議な感じがしました。
      こんなところも韓国産の影響が現れているのかな?

  6. 黒詩★紅月 より:

    敵は守衛?wの時点でスルーしたが、そこまでですか!?(; ・`д・´)

    幽霊みたい全画面来てくるホラーはちょっと好きじゃないかな
    一発来るのより、雰囲気で怖い系が好きです
    でも『魔女の家』は一発来る系の演出がすごかったですよw
    オススメ(笑)

    日本舞台ローカライズは少々惜しいですね
    ゲームというものはほかの国の文化を少し体験できるに良いエンターテインメントです
    変わりすぎるのは困るかもしれないです

    そのうちにプレイしたいと思います
    韓国はこれから多くのコンシューマーゲームを出ると良いですよね

    • kentworld より:

      これはアジア系ゲーマーの紅月ちゃんはプレイするべし!

      もしかしたら親近感が持てるかもよ?

      日本にローカライズされているけど、韓国の学校と思ってプレイしてみよう!
      和式トイレの向きとか、学校内の構造とかで紅月ちゃんは違和感持つのか気になるw

      韓国の会社が作ったコンシューマーゲームは貴重です。

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

関連記事

影牢~ダークサイドプリンセス~【レビュー・評価】面白いが、まだ洗練はされていない
Kick & Fennick(キック&フェニック)【レビュー・評価】惜しくも良質2Dアクションにはなれなかった
レゴシティ アンダーカバー【レビュー・評価】万人向け箱庭3Dアクション!
ロックマンゼロ2【レビュー・評価】前作を改良しつつ、コアゲーマー向けにパワーアップ!
マリオスポーツ スーパースターズ【レビュー・評価】1万円以上の価値はある良質なオムニバススポーツゲーム
ギアーズオブウォー【レビュー・評価】TPSの進化系
黄金の太陽~開かれし封印~【レビュー・評価】エナジーシステムが面白いドラクエ型ゼルダの序章!
くるくるくるりん【レビュー・評価】まさに回転するイライラ棒!
デッドスペース3【レビュー・評価】ややパワーダウンしているが、十分な良作
Halo 5: Guardians【レビュー・評価】色々変わって進化しても破綻のない良質なFPS!