2017/11/18/12:00 | M☆G☆Mコラム

ゼノブレイド2のブレイド同調システム&演出で感じた無料キャラクターガチャの可能性

12月1日に発売されるSwitch期待の大作RPG、「ゼノブレイド2」。

本作は戦闘に加担する仲間キャラクターを無料ガチャで入手出来るシステムを取り入れています。

その名もブレイド同調システム!

本作では「コアクリスタル」というアイテムを使ってブレイドと呼ばれる仲間を増やす事が出来るそうです。

このシステムに大きな可能性を感じたので、今回の記事ではその辺りについて触れていきます。

良い意味でスマホゲーのガチャシステムっぽい!

コアクリスタルを使ってのブレイド同調は、実にスマホゲーのガチャシステムにそっくりだと思いました。

まず、ブレイド同調時の演出。

いかにもスマホゲーのガチャシステムを意識しているかのような演出で、魅力的なキャラクターが台詞を放ってポーズを決めていきます。

入手出来るブレイドの外見や能力値は全く異なるようなので、仕組みとしてもスマホゲーのガチャにそっくりです。

しかもレアブレイドの場合、異なるイラストレーター、声優を起用していて、凄く気合が入っています。

ランダムで仲間になるキャラクターとは言え、非常に魅力的で誰かに見せびらかしたくなってきます。

SNSでの拡散に最適なシステム!

このシステムを取り入れる事で期待出来るのが、SNSでの拡散です。

今の時代、SNSを活動の中心に据えている方は非常に多く、興味の対象はSNSで流れてくる情報に限定されているケースが増えてきているんですね。

インターネットサーフィンの流れも大きく変わってきていて、特定のサイトに居座るのではなく、SNSで流れてくるリンクを踏むことで見られるサイトの記事しか読まない人が増えているという話も聞きます。

それだけ人々の中でSNSが深く侵食していて、無視出来ない存在になっているんですね。

その点、スマホのソーシャルゲームはSNSの特性をフルに活かしていて、その代表例がキャラクターガチャのシステムと演出なんです。

魅力的なキャラクターをガチャで引いた時の喜びを共有したくて入手時のスクリーンショットをSNSに貼り付けている人は沢山見かけました。

ガチャの結果を共有するんだったらネタバレの心配もないですし、同じゲームをプレイしている人がフォロワーにいたら気軽にコミュニケーションを取ることが可能なので、理にかなった仕組みだと思います。

しかもそのやり取りを見て別の人が新しく同じゲームを始めるケースも多く、ガチャの結果を共有する事で自然と輪が広がっていくのだから一度に乗ったタイトルは加速度的に広がっていくんですね。

Switch「ゼノブレイド2」で期待したいのが、この流れを少しでも良いから再現してくれないかって事です。

Switchにはスクリーンショット撮影機能とSNSへの投稿機能が搭載されており、「ゼノブレイド2」には前述の無料ガチャシステムを取り入れているので、流れは出来ていると思います。

ゼノブレイド2でブレイド同調という名のガチャを開始!

スクリーンショットを撮影!

結果をSNSに投稿。

フォロワーが反応。あわよくばゲームソフトを購入。

こんな流れが生まれないかな~と期待しているんですね。

当ブログでも発売後は関連記事を書いてみようかと思っているくらいですから。

発売直後はSNSで「ゼノブレイド2のガチャをやってみた!」なんて見出しの投稿が続出すると思います。

そのうえで「ゼノブレイド2面白い!」なんて声が各地で聞こえてゲーム内容について熱く語っている人が続出したら感化されて衝動買いする人が増えること間違い無し!

発売週の売上はもちろん、それ以降の売上も高水準をキープして大作RPGとしては珍しい売れ方をする可能性だってありえると思います。

ガチャの面白さは伝統的

コンシューマーゲーム好きの中にはガチャと聞くだけで拒否反応を示す方もいると思います。

無理もありません。各地で悪いニュースばかりが聞こえてきますから。

でも、ガチャの面白さ自体は伝統的だと思うんですよね。

よくよく考えてみるとビックリマンチョコやライダースナックなど、かつて流行っていた食玩と面白さの根底は同じなんですよ。

ランダムで入手出来る物がどれも魅力的だからこそみんなに見せびらかしたくなってしまう。

スマホのソーシャルゲームで見られるキャラクターガチャ周りの仕組みは、そんな人間の心理を上手い具合に突いてきた伝統的なエンターテイメントなんですね。

問題なのは、射幸心を煽る売り方をしてきたり、課金を促進するために水で薄めたようなゲームプレイにさせる極端なゲームバランスです。

その点を何とかしてくれたらハック&スラッシュ要素を取り入れたに過ぎませんから、ゲームを面白くする役目しか果たさないと思います。

Switch「ゼノブレイド2」の場合は買い切り型ゲームで課金要素は存在せず、ただの無料ガチャになっているので本当に良い部分だけを切り抜いてきたと思います。

スポンサーリンク

課金でのガチャはパンドラの箱

個人的にSwitch「ゼノブレイド2」のコアクリスタルを使ってのブレイド同調システムには大きな可能性を感じています。

おそらく、今後似たようなシステムを取り入れたコンシューマー向けの作品が出てくるでしょうね。

そうなってくると懸念されるのが、そのうち課金でガチャの権利を入手出来るようにしてこないかってことです。

それだけは絶対にやめて欲しい!

何故かと言うと、いずれ課金ありきのゲームバランスになるかもしれないからです。

最初の頃は時短の役割を果たせて良いかもしれませんが、作品を重ねる毎に課金を促進するためレアキャラクターの入手確率を下げていき、ガチャの権利を入手出来る機会を減らすかもしれないですからね。

それに加えてソーシャル要素を強化して長く遊んでもらうために水増しステージを大量に盛り込んでくるかもしれないので、コンシューマーゲームとスマホゲームの境界線がなくなってしまう恐れがあります。

コンシューマーゲームの買い切り型タイトルでガチャの課金はパンドラの箱です。

開けてしまったら最後。いずれは課金ありきのゲームバランスになる可能性が高まっていくでしょうから。

コンシューマーゲームは最初に沢山のお金を払うからこそ至高の体験を味わえるものであることを開発者は理解して欲しいです。

『Star Wars バトルフロント II』発売日にしてゲーム内課金の一時停止を発表。ユーザーの激しい抵抗に対し騒動の根源をテコ入れ(AUTOMATON)

最近、PS4/XboxOne「スター・ウォーズ バトルフロントII」のガチャ課金が大きな問題になりました。

キャラクターのアンロックに膨大な時間がかかる点などが複合的に絡んだ問題ではありますが、買い切り型のゲームに有料ガチャの要素を入れたからこそ起きた面も大きいと思います。

それだけ、コンシューマーゲームユーザーは課金にナーバスなんですね。

Switch「ゼノブレイド2」は現在、賞賛ムードですが、「コアクリスタル」を課金で購入出来るなんてアナウンスがあったら即座に叩かれるでしょうね。

ガチャの面白さ自体はハック&スラッシュに近いものだと思いますので、無料で挑戦出来る分には良いと思います。

固有キャラクターがいるうえでのキャラクターガチャ

もうひとつお願いしたい点を挙げるとするならば、固有キャラクターがいるうえでのキャラクターガチャであって欲しい事です。

ガチャで出て来るキャラクターを中心に据えてしまうとランダムで入手出来る故に計算されたストーリーを展開するのが難しくなってしまいますから。これは、特にRPGでは致命的だと思います。

Switch「ゼノブレイド2」には固有キャラクターも沢山いるのでお馴染みの計算されたストーリーが展開されるとは思いますが、今後、フォロワータイトルが発売される際は気を付けて欲しいです。

ユーザーは買い切り型ゲームだからこそ出来る計算されたストーリーも求めていると思いますから。

※補足:お金が掛からない抽選システムは、正確には新井式廻轉抽籤器(福引での”ガラガラ”や”カラポン”)と呼ばれる。



タグ

おすすめ記事

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(27)

  1. マージ より:

    なぜ、写真がモンスト?
    先程引いたばかりだ…(笑)

    コンシューマーでガチャというのは、あまりなかった発想かもしれませんね。

    これで取ったキャラクターをアップするとかで、コミュニケーションのきっかけになっていくと良いですね☆

    課金ガチャは、熱くなりすぎず、自分の運試しだと思って、ゲーム内でもらえるオーブで回すのがポイントです。

    • kentworld より:

      記事で使用しているソーシャルゲームの画像は代表的な作品をチョイスしました。
      分かりやすさを意識しているだけで、特に意味はありません。

      ゼノブレイド2はソーシャルゲームのコミュニケーション要素を上手く切り抜いてきたと思います。

  2. 匿名 より:

    無料ガチャのオフラインゲームは結構ありますよ、おっしゃる通りハクスラみたいなもんですし
    ただし売れないことにはまったくもって話題にならないので諸刃の剣でもあります
    ゼノクロの時とは違って発売前からCMを見たので任天堂も自信を持ってるとは思います、しかし任天堂の後押しがないフォロワーは意味ないんじゃないですかね
    気軽に手に取れることがそういうシステムとがっちり嵌ってるんであって、ハード必要です、ソフト代必要です。はなかなか難しいかと

    • kentworld より:

      無料ガチャのオフラインゲーム。3DSのモンストなどですかね?

      言われてみるといくつかありましたが、
      スクリーンショット撮影やSNSに投稿する機能を搭載している。
      レアキャラにはイラストレーター、声優をそれぞれ起用している。
      SNSに投稿したくなるような派手な演出を盛り込んでいる。

      これだけの条件を満たした作品は殆ど無いんじゃないかと思います。

      フォロワーとは言っても、完全なオリジナルタイトルとは限りませんよ?
      FFやドラクエ、ペルソナ、メガテン、テイルズの次回作に搭載するかもしれませんから。

      基本プレイ無料のスマホゲーほど恩恵は味わえないかもしれませんが、可能性を感じます。

  3. ジャンル より:

    自分はプラントvsゾンビ ガーデンウォーフェアのガチャシステムは面白いと思いました
    課金通貨は無くゲーム内マネーのみでパックを買いキャラや武器をアンロックしていく形ですが、初期キャラがかなり強く使いやすいのでキャラや武器が中々手に入らなくてもイライラせずに楽しめました。
    また消費アイテムが手に入るパックは格安で買えるのでマッチング中に数パック買って暇をつぶしたりと、ガチャシステムを上手くゲームに組み込んでる作品でした。

    • kentworld より:

      プラントvsゾンビ ガーデンウォーフェアは少しプレイしましたが、
      痒いところにも手が届いた作品でしたね。
      探してみると、こういったユーザーに優しいシステムを取り入れたゲームはまだあるかもしれません。

  4. エンタメ最高マン より:

    これは全面的に同意ですねー!
    ガチャそのものは昔ながらの純粋なゲームシステムであって、私も嫌いじゃない、というよりむしろ好きです。それを底無しの課金の手法にしまったりするから悪いイメージがついてしまったのだと思います。(もちろんスマホゲームでも良心的なガチャのゲームはありますけどね。)

    このような売りきり型の作品でガチャを取り入れるのは作品にさえ合っていれば歓迎したいです。

    こんなレアブレイドが当たった!といったSNS投稿や記事はわかりやすいアピールになりそうです。ハクスラ要素的な楽しみ方もできそうで、とてもいいアイディアだと思いますね。

    • kentworld より:

      同意見、ありがとうございます!

      ガチャそのものは多くの方が楽しんでいる古典的な遊びですよね。

      なので、ガチャそのものが悪いなんてことはなくて、
      ゲームデザインのメインに据え、課金ありきの極端なゲームバランスにするのが問題だと思います。

      ゼノブレイド2の場合は程良い位置付けで安心しても良さそうです♪
      発売後はSNSの投稿で盛り上がってくれることを期待しています!

  5. トミマル より:

    俺もガチャは否定しないです。
    というのもこの前モンストに一万課金しました笑笑。
    結果惨敗でした笑笑。
    課金無しの方が当たりました笑。
    でもはぁーとはなりますけどまぉパチンコや競馬みたいなもんなんで自分が良ければ良いかなと。

    • kentworld より:

      1万円の課金したんですか!笑
      しかも納得がいかなかったようで・・・
      まあ、僕も昔、似たような経験がありますw

  6. 隣の飼いケルベロス より:

    ガチャというより、基本無料でダウンロードのハードルを下げ、
    その後で際限なく課金させるというシステムそのものが異常ですよね…
    買い切りのスーパーマリオランが高すぎるとライトユーザーから非難されたこともありましたし、
    スマホゲーム市場はあまりにも異質すぎますよね

    スマホ市場は、ニンテンドーeショップで売ってる300円とか500円とかの
    安価な買い切りゲームで盛り上げていくべきだったと思ってます

    • kentworld より:

      スマホ市場では買い切り型ゲームがどんなにコストパフォーマンスが良くても受け入れられなくなっていますね。

      まずは無料で楽しんでもらい、ハマり出したところで課金を促進させるゲームバランスにするという流れが定着してしまいました。

      いきなり大量のお金を払いたくないユーザーの心理を上手く突いていると思いますw

  7. 街毛 より:

    そうですね。キャラクター要素含むコレクション要素で楽しませるってのは全然ありなんですけど、問題は投資とその結果が完全に運しかないってことなんです。家庭用ゲームで経験値とか仲間になるキャラクターが運で変わるって基本聞いたことがありませんね。

    ゼノブレ2はあまり情報収集してなかったのですが、また面白い試みをしてますね。最近の任天堂はスマホの要素を家庭用に落とし込むことを目指してる気がします。

    • kentworld より:

      今回のゼノブレイド2で取り入れた新システムは、
      課金ガチャの何が悪いのかを改めて考えるきっかけが出来ました!

      僕もあまり情報収集をしていなかったんですが、
      重い腰を上げて先日のダイレクトを見て様々な発見があったんですね。

      以前から任天堂はスマホとの付き合い方を試行錯誤している印象で、
      今回もその一環なんだと思いました。

  8. tanu より:

    SNS的な広がりのためにはブレイドの数が重要になると思うのですがどれくらいいるんですかねぇ
    あとは発売後の追加とかSレアブレイドやSSレアブレイドなんかも必要かとw
    でもブレイドにリソース取りすぎてると本編が疎かになってないか心配にもなってきます

    • kentworld より:

      ブレイドの種類でしょうか?
      あんまり多すぎるようだと沢山のイラストレーターや声優さんを起用しないといけないので、大変そうですよね。
      仰る通りガチャありきのゲームデザインではないと思うので、そちらにばかりリソースをかけられないですし。

  9. トモフミ より:

    ゼノブレ2のブレイド同調は言われてみなくても近年、流行りのガチャをうまく取り入れてますよね(^^)
    早くブレイド同調で女子ブレイドを集めたいです(๑˃̵ᴗ˂̵)
    無料かつあくまでもストーリー進めるうえでは関係ないおまけのようなものだと思っているのでそこは信頼してます。一応、任天堂ブランドの一角ですし。
    詳しくは知りませんがバトルフロントⅡにはスマホのような永続的な課金システムがあるようでそれはがっかりだし、フルプライスのゲームではやるべきではないと思います。ああいうものは基本料無料だからこそ暗黙で許されているようなものだと思います。

    • kentworld より:

      女子ブレイドを集めてハーレムパーティを組むつもりですか!?このこの~笑
      これまで明らかになった情報を見た感じ、
      ブレイド同調の要素はそこまで大きな位置付けではなさそうですね。
      これを中心に据えるようだとまた印象が変わってきそうですが。

      バトルフロントIIはアンロックが非常に大変です。
      ですので、課金ガチャを促進しているんじゃないかと邪推されてしまっても無理は無いんですよね。

  10. 匿名 より:

    言っちゃ悪いですがソシャでは当たり前の課金要素をコンシューマーにそのまんま取り入れたらどうなるかは、某ジョジョゲーがその身をもって証明し(てしまい)ましたし今後も絶対に無いと思います。
    未だにツイッターのトレンドに定期的に上がる位ですし、ゲーム業界としてもユーザーとしても、決して忘れてはならない事例だという意識は強い様に見えますから。二の舞をやるゲームなど現れていいはずがない。

    • kentworld より:

      あのゲームは炎上しましたよね~。
      あとはブレイブリーデフォルトの完全版でも騒ぎになっていました。
      他にも思い当たるものがいくつかあって、
      コンシューマーに課金要素を安易に入れたら大変なことになるのを開発者は理解して欲しいです。

      • 匿名 より:

        あ、そうそう。プレビューによればコアクリスタル課金なんてのは存在しないそうです。つまり完全無料。

        じっちゃん「ブレイドはコアクリスタルがたまってる分だけ無料で同調できちまうんじゃ!!」

        なんて事にはならないみたいなので安心ですw

  11. 叉坐庵 より:

    ゲームのガチャ要素というのは古くはトレハン(ハクスラ)系のレアアイテム出現率とほぼ同しじゃ無いのかな?と思います😉
    国内産ゲームでの有名どころでもPSOのレア出現率やアイテム鑑定が有りますし、MHの剥ぎ取り報酬や護石も有る意味ガチャに近いシステムでしょう😌
    しかし、それらの要素を「ガチャ」と呼んだ記憶も呼ばれてるのを聞いた記憶も無いんですよね…😓
    そういう意味ではゼノブレ2のブレイド同調も前述のPSOやMHと同じシステムの採用だと思っていますので「ガチャ」と呼ばれることには違和感ががが😣

    • kentworld より:

      皆さんに伝わりやすいよう、ガチャという表記にしました。
      ガチャは便利な言葉になってきているんですね。時代も変わっているんです。

      • 叉坐庵 より:

        “ガチャ”と云うと矢張りソシャゲの”コンプガチャ”が思い浮かべられてギャンブル性が高く感じられてしまうんですよね😣
        “ガシャポン”や”カチャポン”、”ガチャガチャ”や正式名称の”カプセルトイ”だとそうは感じないんですけど…😓
        と云うか、お金が掛からない抽選システムって”新井式廻轉抽籤器”(福引での”ガラガラ”や”カラポン”と呼ばれるもの)の方が適切な気がします😋

        • kentworld より:

          そうですね、適切かと言われたらそちらのほうが適切だと思います。
          しかし、沢山の人に分かりやすく伝える場合、
          多少意味合いが違っていてもそうした方が良い場合もあるんですね。
          叉坐庵さんは納得が行っていないようなので、記事の最後に以下のような文面を追加します。

          ※補足:お金が掛からない抽選システムは、正確には新井式廻轉抽籤器(福引での”ガラガラ”や”カラポン”)と呼ばれる。

          これでどうかお許しを。

          • 叉坐庵 より:

            態々の対応有難う御座います😁
            何か難癖付けたみたいで申し訳ない…😓
            ただ、ガチャと云うとどうしても今では「有料」というイメージが付いてしまうと思いまして😖
            近頃は「解り易いけど間違ったイメージをさせてしまう可能性が有る表現」と「適切にそのものをイメージさせられる表現」との乖離が、皆の共通認識の中からイメージが近いもので出来るだけキャッチャーな表現をするために話題性が高いものを使ってしまうという結果から生まれる時代なのかも知れませんね…😑

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。