2018/01/02/20:00 | 年末年始特別企画

2017年マイベストゲームランキングTOP20~大豊作だった2017年に最も楽しめたゲームを大発表!~

新年恒例の大型企画!マイベストゲームランキング!

今回は2017年に発売されたパッケージゲーム限定で個人的な上位20タイトルを発表したいと思います!

対象となるのはこちらで紹介したタイトルです。それでは20位から発表していきます!

関連記事:2016年マイベストゲームランキング
関連記事:2015年マイベストゲームランキング
関連記事:2014年マイベストゲームランキング
関連記事:2013年マイベストゲームランキング

20位

Switch「マリオカート8 デラックス」

人気レースゲームシリーズの最新作。

Wii U版の完全版ではありますが、単に要素を追加しただけではなく、細かいバランス調整によって印象が一気に良くなりました!

近年の「マリオカート」はしっくり来ないことも多かったんですが、久しぶりに「これだ!」って思いましたね。

色んな人と対戦する機会にも恵まれて楽しめました。

マリオカート8 デラックス【レビュー・評価】従来型マリオカートの決定版!

19位

PS4/XboxOne「アサシン クリード オリジンズ」

オープンワールド型ステルスアクションゲームシリーズの最新作。

ステルスアクションゲームとは言いますが、今作はアクションRPGみたいな感じでしたね。

そこが良くもあり、悪くもありましたが、超広大なフィールドを快適に移動できるような気配りは大変感じられ、快適な作りだからこそ生まれてくる中毒性もあって楽しめました。

アサシン クリード オリジンズ【レビュー・評価】RPG要素の強化でマンネリ打破に成功した新生アサクリ!

18位

PS4「The Surge(ザ サージ)」

SF世界が舞台の高難易度アクションRPG。

「ダークソウル」シリーズのフォロワーですが、単なる亜流ではなく、世界観に合わせたゲームシステム・用語が満載でオリジナリティは強く感じました。

また、フィールドの作りは本家を超えるほどの複雑さで、「ダークソウル」シリーズで地図なきフィールドを探索する事に楽しさを見出していた者としてはその点も気に入っています。

The Surge(ザ サージ)【レビュー・評価】探索とハクスラ要素を強めたダークソウルに見せかけた3Dのメトロイドヴァニア!

17位

PS4「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」

人気RPGシリーズの最新作。PS4版は最先端のグラフィックを採用しながらも古典的なゲームシステムを取り入れているところが良かった!

映像を綺麗にしたらゲームシステムもそれに合わせて作るのが当たり前の流れになっていますが、あえて逆を行くことで生まれてくる良さもあるんですね。

ドラゴンクエストXI(PS4)【レビュー・評価】10年後の8月、また出会えるのを信じて出会えたTHE・JRPG!

16位

3DS「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」

そして16位には3DS版を置きました。3DS版で好きなところは2Dモードのテンポの良さです!

戦闘からフィールドの移動までサクサク進める事が可能で、それでいてノスタルジーにも浸れるところが良かった。

イベントシーンが具体的に描写されないことで生まれてくる想像する楽しさもお気に入り♪

ドラゴンクエストXI(3DS)【レビュー・評価】過ぎ去りし時を求めた元ゲーマーが現役復帰するための特効薬

15位

PS4「アンチャーテッド 古代神の秘宝」

人気アクションアドベンチャーシリーズの最新作。

「海賊王と最後の秘宝」の追加エピソード的な位置付けではありますが、大型ダウンロードコンテンツとしてみても大ボリュームな内容で、もう少し長ければフルプライスゲームとして売り出せるくらいでした。

これが「海賊王と最後の秘宝」の初回限定版を買えば無料で貰えてしまうんだから凄いですね。

内容の方は異次元のグラフィック&洗練されたゲームシステムだった「海賊王と最後の秘宝」を良い意味で踏襲しており、過去作品のオマージュ満載でした。

アンチャーテッド 古代神の秘宝【レビュー・評価】追加エピソードながらもオマージュが満載なシリーズの集大成!

14位

PS4/XboxOne「ウルフェンシュタインII:ザ ニューコロッサス」

海外で人気が高いFPSシリーズの最新作。

今作はコメディ路線に振り切ったおかげで強烈な印象を生み出していました。

ゲームプレイもスピード感ある物にパワーアップ!

10時間の中に濃厚過ぎるゲーム体験が詰まっていて、普通のFPSから一皮むけた体験を味わえます。

ウルフェンシュタインII:ザ ニューコロッサス【レビュー・評価】ぶっ飛びすぎてリアル系からコメディ系FPSに進化!

13位

PS4「龍が如く 極2」

人気アクションアドベンチャーシリーズの最新作。

今回は「2」のリメイクになりますが、評判通りストーリーが素晴らしかったですね。感動的だった「0」の後日談も思い出を汚さず大満足。

あとは戦闘システムやゲーム展開がもっと進化してくれたら言うことなしです。

龍が如く 極2【レビュー・評価】韓国マフィアと恋愛要素を絡めて深みをもたらした良質な極道ドラマ。「0」の後日談も満足。

12位

PS4「クラッシュ・バンディクー ブッとび3段もり!」

PS1時代に発売されたシリーズ3作をリマスター化したコレクションパッケージ。

リマスターとは言いますが、リメイクと言っても良いくらいグラフィックが大幅パワーアップして驚きました。

その一方で初見殺しで高難易度なステージ構成は変わっておらず、オリジナル版をクリアしていながらも夢中で楽しんでしまいましたね。

時間がある時にでもタイムアタックなどをやり込もうと思っています。

クラッシュ・バンディクー ブッとび3段もり!【レビュー・評価】PS1の名作を違和感なくPS4に落とし込んだ理想的なリマスターコレクション

11位

XboxOne「PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS」

最大100人でバトルロイヤルを繰り広げていくゲーム。

プレイするまでは「よくあるマルチプレイ型FPS/TPSなのかな?」と思っていましたが、実際に触ってみるとバトルロイヤルに特化した事で生まれてくる面白さを感じました。

このゲームをプレイしたことでハイスペックなマシンパワーを活かし、特定の方面に特化する事で今までにない楽しさを生み出せるんだと希望が持てましたね。

ハイスペック路線でも斬新なゲームはまだまだ生み出せます。

PUBG(XboxOneプレビュー版)【レビュー・評価】粗削りながらも力技でマルチプレイの常識を打ち破った歴史的に残る作品。

スポンサーリンク

10位

PS4/XboxOne「サイコブレイク2」

刑事セバスチャンが主人公のサバイバルホラーアクションゲームシリーズ2作目。

今作はプチオープンワールドマップでの探索が面白かった!

高難易度モードでプレイすると敵が非常に強く、逆に主人公は弱くなるんですが、そんな圧倒的に不利な状況の中で弾薬を節約しながらプチオープンワールドマップを探索するのがスリル感あってハマりました。

ホラー要素もありきたりなものが目立ってはいましたが、理不尽に感じさせないようバランス良く調整されている印象で、完成度は前作よりも確実に増しています。

サイコブレイク2【レビュー・評価】前作の問題点を徹底的に潰したプチオープンワールドサバイバルホラーゲーム!

9位

PS4/PSV「ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期」

人気アドベンチャーゲームシリーズの最新作。クリアした今となっては最後の印象が強烈過ぎたw

なので、それまでの記憶が薄れてしまいがちですが、どのシナリオも展開が二転三転してこの先どうなるのか予測するのが困難でしたね。

クリア後のおまけも大充実で、「2」から「3」までのインターバルが長かっただけの充実感はあります。

最後の展開は賛否両論だけど、個人的には良いと思ったし、「ダンガンロンパ」スタッフによる次回が楽しみです。

ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期【レビュー・評価】看板タイトルまで育ったのに自らぶち壊す衝撃作!

8位

Switch「スプラトゥーン2」

人気アクションシューティングゲームシリーズの最新作。

今作は前作とは比べ物にならないくらい色んな人と対戦する機会に恵まれたので、それもあって前作よりも印象が良いです。

対戦する機会に恵まれたのはオンラインでのフレンド対戦をする機会が多かったのもあるし、今作から追加された協力プレイのサーモン・ラン、そしてローカルプレイが大きいです。

アップデートによってゲームバランスや印象が大きく変わるので、今後も飽きずに楽しめそう!

スプラトゥーン2【レビュー・評価】完全体スプラトゥーン、ここに現る!

7位

PS4「New みんなのGOLF」

人気ゴルフゲームシリーズの最新作。

こちらも色んな人と対戦する機会に恵まれて楽しかったですね~。

オンラインプレイはもちろん、ローカルプレイも盛り上がりました!

ゴルフゲームってハードルが高くて人を選ぶ印象ですが、今作の場合はハンデキャップが充実しているので意外とそんなことはありません。

初見でも上級者とある程度は対等に戦う事も可能で、そこが個人的な印象を良くしています。

New みんなのGOLF【レビュー・評価】細部まで作り込み、遊びの幅が広がった”本物”のゴルフゲーム

6位

Switch「ゼノブレイド2」

人気RPGシリーズの最新作。「ゼノブレイド」シリーズは今までの作品をすべてプレイしていますが、個人的には今作がシリーズの中で一番楽しめました!

Wii「ゼノブレイド」、Wii U「ゼノブレイドクロス」の良いところを取り入れつつつ流行りのハクスラ要素やコメディ要素を盛り込み、キャラモデリングの大幅改善を行っていたので個人的に過去作品で気になっていた部分がだいぶなくなっていたんですよ。

まだ粗削りな部分も多いですが、それを補って余りあるほどの良さがあって2017年にプレイしたRPGでは最も楽しめました!

ゼノブレイド2【レビュー・評価】深夜アニメを見ながら壮大な冒険が楽しめるテイルズ オブ ゼノブレイド!

5位

Switch「スーパーマリオ オデッセイ」

人気3Dアクションゲームシリーズの最新作。

15年ぶりの箱庭マリオ。キャプチャーシステムを活かした仕掛け。近年のマリオでは掟破りな仕掛け。魅力的なロケーションなどトピックが非常に多く、それでいて初心者への救済措置が満載でスーパーマリオが抱えていたあらゆる問題を解決させた素晴らしい作品でした。

全方位に受け入れられるように作っているところがあるのでまだ丸さも感じられますが、今の時代に3Dマリオを出すのであればこれが正解なんだと思います。

スーパーマリオ オデッセイ【レビュー・評価】マリオの問題点をほぼすべて解決した非の打ち所がない傑作!

4位

PS4/XboxOne「バイオハザード7 レジデント イービル」

人気ホラーゲームシリーズの最新作。

数多くの新星によって「バイオハザード」がホラーゲームの過去形になっていたところ、今作の発売によって状況は一転しました!

やっぱりホラーゲームの金字塔はバイオハザードだと。

それだけ今作はプレイヤーを怖がらせる事に特化した作りで、特にプレイステーションVRを装着しての恐怖感はもっと多くの人に味わってもらいたいくらいです。

バイオハザード7 レジデント イービル【レビュー・評価】すべてのホラーゲームを過去の物にする最恐のホラー体験が待っている!

スポンサーリンク

3位

PS4「ホライゾン ゼロ ドーン」

人類文明が崩壊してから1000年後の世界を舞台にしたオープンワールド型のアクションRPG。

この作品は戦闘がとにかく面白かった!色んな攻略法が用意されているので同じ敵でも何度も戦ってしまいたくなったし、現時点では最高のグラフィックと迫力がゲームの面白さを強めていると思いました。

ストーリーも意外なくらい作り込まれていて、オフラインのシングルプレイ専用ゲームとしては非常に理想的な作りになっています。

昨年秋に配信された大型ダウンロードコンテンツも素晴らしかった!

新しい機獣を作ればまだまだ新しい遊びを生み出せそうなので、今後の展開にも期待しています。

ホライゾン ゼロ ドーン【レビュー・評価】戦闘と映像美が素晴しい男のロマンが詰まった最高のオープンワールドRPG

2位

PS4「仁王」

コーエーテクモが贈る高難易度アクションRPG。

最初は「ダークソウル」の亜流と舐めていましたが、本家をベースに独自のアレンジが上手い塩梅になっていて意外なくらい楽しめました!まさか、本家よりも楽しめるとはね。

あまりにも面白かったので、2回くらい夜が明けるのを見てしまいましたもん。

ダウンロードコンテンツはまだプレイしていませんが、いずれやってみたい!

仁王【レビュー・評価】コーエーとテクモが力を合わせて生み出したダークソウル越えの傑作!

1位

Switch「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」

そして1位はこの作品!

この1年間、何度も何度も本作を絶賛したのでもはや意外性0だと思うし、多くの方が大絶賛しているので今更感ありますが、やっぱり凄い作品なんですよ!

昨年は例年以上に色んな作品に手を出しましたが、累計プレイタイムが100時間を超えたのは本作だけです。

これだけプレイしてもまだまだやり尽くしているとはいえず、もっと楽しみたいと思っているのだから相当ですね。

コログの実はもちろん、ダウンロードコンテンツによって追加された宝箱をもっと集めたいと思っています。

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド【レビュー・評価】最先端から遠ざかっていた任天堂の復活を予感させる歴史に残る名作!

全体のまとめ

以上!2017年マイベストゲームランキングでした!

なんと、上位4タイトルは上半期から全く動いていませんw

それだけ上半期にプレイした上位4タイトルが強力だったということですね。

じゃあ下半期は不作だったのかと言われるとそうではなく、Switch「スーパーマリオ オデッセイ」など良作以上が盛り沢山でした。

その証拠にTOP20中14作が下半期のタイトルだったりしますからw

全体的には昨年弱かった任天堂が一気に盛り返し、TOP10に4作もランクインしているのが印象的。

PS4は引き続き傑作揃いで2017年も元気でした。XboxOneは「PUBG」の移植が伏兵でしたね~。

仁王 Complete Edition 初回限定版 - PS4
コーエーテクモゲームス (2017-12-07)
売り上げランキング: 228



コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(48)

  1. y.crash より:

    2017年のマイベストゲームはクラッシュ・バンディクーですwww
    うおおぉぉぉ!クラ(くどいので略www)

    • kentworld より:

      いえいえ、挙げてくださってありがとうございます!
      1位は納得ですね!
      なので、2位以下がどんな感じなのか気になってきましたw

  2. そらとろぼ より:

    ゼルダはやはり任天堂にて最強・・・!
    ゲーム的な意味のないエリアにまで全部シナリオや世界観にまつわる設定が散りばめられているのが凄まじい造り込みで圧巻ですね。

    大企業だからこそできる物量作戦ですが必要ない工程を極力省いて効率的に制作しているのが日本的というか職人技でありながら製品としての美しさすら感じるレベルです。

    あれ以上コンテンツを増やしてもボリューム過多なので次回作や別の作品にリソースを割くのが正解だと思います。

    それだけ単体で満足感高い傑作でした。

    • kentworld より:

      こちらでもゼルダを一番にしてしまいましたw
      今回のゼルダ、普通にプレイする分にはストーリーの主張は控えめだけど、
      能動的にプレイすると新たな発見がいろいろあってそういう意味でもやり込みたくなってきます。
      プレイしていてこんな見せ方があったのか!?と驚きましたよ。
      ゲーム性としてはもちろん、ストーリー性に関しても個人的な評価は高まるばかりです。

  3. nuwer より:

    ドラクエはPS4版をメインにプレイしている印象だったので、3DS版が上なのはちょっと意外でした。

    あ、明けましておめでとうございます!

    • kentworld より:

      実は3DS版の方がちょっとだけ好きだったりします。
      テンポ良く遊べたのが個人的に良かったんですよね♪

      あけましておめでとうございますm(_ _)m
      今年もよろしくお願いします。

  4. すこーる より:

    ランクインしているどの作品も好みの問題はあるにしてもいずれも多くの人達が楽しめるだろう良作ばかりで、改めて去年の良作率は高かったんだなーと思いますねー。
    1位のゼルダは当然分かっていたとして、2位の仁王の2回くらい夜が明けるのを見たって…2日連続徹夜したんですか?w

    • kentworld より:

      全体の水準は去年よりも増していました。
      まず、TOP10にランクインしているタイトルはお気に入り度90%を超えていますからね~。
      仁王はどんな感じだったのか忘れましたが、2回は徹夜しましたw
      個人的にはそれだけ熱中できたんですね~

  5. Koji より:

    自分の2017トップ3は
    ●3位 ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド(スイッチ)
    SFC神々のトライフォース以来の、クリアまでプレイしたゼルダ。四英傑とともに戦う最終決戦は熱かった。
    ●2位 ドラゴンクエスト11(PS4)
    ゲームクリアまで一度も全滅しなかった初のドラクエでした。その後プレイしたドラクエ2の鬼畜さに「落差ありすぎだろ」と泣きました。
    ●1位 アサシンクリード オリジンズ(PS4)
    RPGに寄せた事で、凄い自分好みのゲームに生まれ変わりました。マップ広すぎ。ワニに2017一番憎かった敵キャラ大賞を差し上げます。はやくDLCでレベルキャップの解放をしてくれぇ!

    • kentworld より:

      挙げてくださってありがとうございます!
      おお!ゼルダが3位に入っている!やったー!
      ドラクエXIは当然の高評価だと思っていましたが、アサクリがさらに上を行くとは!?
      kojiさんがアサシンクリードシリーズを追いかけていることは長年のコメントでご存知でしたが、ついに大化けしましたね!
      アクションRPGへのジャンル変更はkojiさんにとっては大正解だったようで。

  6. Ryou より:

    kentさんのマイベストランキングきたも!★10だったソフトは
    当然ながら上位ですかも。アレだけ大絶賛してたゼルブレだから、
    開く前から首位だろうなと思いましたも。残念ながら大逆転2は
    やはり間に合わなかったもorzまあ、kentさんの場合1からやる
    必要ありますから、致し方ないも。因みに自分のマイベストは
    今週中にでもこの記事にカキコ予定ですも。

    • kentworld より:

      はい!毎年恒例ですが、今年も公開しました。
      ここでゼルダが2位以下だったら大波乱ですよw
      大逆転裁判はすみません・・・確かに1も通してプレイするのはなかなか厳しいところがありまして。
      おそらく、ある程度プレイしてからは光の速さで進めそうですけどね。
      Ryouさんのランキングもお待ちしております!

  7. のろし より:

    私にとって昨年の1位はメトロイドでした。地下深くを探検し、自分の手で(時にはエイオンを使いながら)マップを開拓していくのは面白かった。そして強いボスの存在が闘争心に火をつけてくれました。
    とはいえまだまだやれてないゲームが僕にはありますね。例えば真・女神転生DSJとか…

    • kentworld より:

      メトロイドも面白かったですね!
      ランクインしていませんが、20位より少し下の位置に入れました。
      このラインでもお気に入り度80%に達しているので昨年はレベルが高すぎましたねー。
      僕も未プレイの関係でランクインさせたかったのに出来なかったゲームが数多く存在して、
      そういうゲームは今年プレイしていきたいです。

  8. ごりら より:

    ブレスオブワイルドは、偶然ユーザーが発見したと思ってることが
    実は全部、誘導されていたっていうのがすごい。
    塔から降りるときに見えるものとかで
    さりげなく、次の場所を示してるし。
    無限に回復できたり、ざっくりした難易度は微妙かな

    • kentworld より:

      インタビュー記事を読んでも分かるように、
      ユーザーが発見した珍現象を開発者が想定していたのは驚きました。
      どうやらまだ見つかっていないネタも少しあるようで、それが何なのか凄く気になっています。

  9. kamome03 より:

    ランキングお疲れ様です!

    とりあえず自分は今年42本プレイしてますが、旧作も結構あったので今年発売の作品で言うと

    10位マリオカート8
    9位ニーアオートマタ
    8位キングダムハーツHD1.5+2.5
    7位ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド
    6位バイオハザード7
    5位アンチャーテッド 海賊王
    4位アサシンクリードオリジンズ
    3位スターウォーズバトルフロント2
    2位ドラクエ11(PS4)
    1位ホライゾンゼロドーン

    ですね。
    今年も去年と同じ位プレイ出来ればと思いますw

    • kentworld より:

      ありがとうございます!
      kamome03さんのランキング、密かに気になっていたんですよー。
      ゼルダの順位はおもったよりも高い!
      そして3位は意外です。何だかんだで大ハマリしたようですね。
      そして1位はやっぱり!笑
      ゼルダとほぼ同時発売でしたが、こちらも素晴らしい作品でしたよね。
      2018年のランキング発表も期待しております!

  10. マージ より:

    1位は予想外だ!!
    なわけわなく、予想通りでした☆

    ケントさんに限らず、色々な方が絶賛しています!!

    僕も、早くプレイしてみたいです!!

    でも、その前にオカリナとムジュラをクリアしないとなぁ。

    • kentworld より:

      1位の作品はゲーム熱を高める特効薬ですぞ!
      オカリナとムジュラも非常に素晴らしい作品ですけどね。
      マージさんは未プレイでしたっけ?
      当時は猿のようにプレイしておりました。

  11. トモフミ より:

    僕も勝手に2017年の新作ゲームベスト10を発表します。良いポイントはなるべく簡潔に説明♪

    10位 メトロイドサムスリターンズ
    辛口だけど久々の本家探索アクション!

    9位 ファイアーエムブレム無双
    (個人的に)最もとっつきやすいキャラクターたちが集結したボリューミーな無双アクション!

    8位 マリルイ1DX
    マリオRPG20年の集大成!最も遊びやすくておもしろいマリオRPG!

    7位 ファイアーエムブレムエコーズ
    覚醒やifとは一味も二味も違うまさにファイアーエムブレム外伝!ファイアーエムブレムスタッフが送る新しいSLG!?

    6位 ゼノブレイド2
    もっともとっつきやすい幽波紋型オープンワールドRPG!本作でシリーズを(特に1作目)見直しました(*^▽^*)

    5位 ゼルブレ
    任天堂ルネサンスの記念すべき第1弾!まさに根本からアタリマエを変えた新生ゼルダ!!

    4位 エヴァーオアシス
    3DS終盤に出た聖剣伝説や3Dゼルダ、RFのよいところをとことん抽出した誰にも嫌われることのない決定的良ゲー!!!

    3位 ポケモンウルトラサン
    これを遊ぶと前作がクソゲーになる(割とマジで(笑))3DSポケモンの正に集大成!!できることなら20周年記念に本作を出して欲しかった(泣)

    2位 ドラクエXI(3DS)
    現代に蘇った王道RPG決定版!!
    3Dと2Dどっちで遊んでも面白い!

    1位 スーパーマリオオデッセイ
    3Dマリオの最高傑作!!“あの頃“のなんでもありマリオが帰ってきた!!箱庭マリオからみてもいままでのマリオが遊べなくなるほど、完成されてます!もうスーマリサンシャインのリメイクor移植は結構です(爆)

    ほんとに今作は傑作が多くてびっくりな1年でした。とにかく任天堂ルネサンスな1年だった。その勢いは個人的にクラッシュがトップ10圏外になるほどです。今年はちょっと落ち着いた1年がいいかな(^_^;)ったく、スイッチのせいで大出費だぜ…っといいつつも来年?あたりにでるポケモンにあわせて、2DSポジションの安価なスイッチがもし出たら買いたくなっちゃうダメな人です(*_*)

    • kentworld より:

      10位まで挙げてくださってありがとうございます!
      トモフミさんのランキングも気になっておりました。
      見た感じ、下半期が豊作だった感じですかね~。
      次から次へと暫定1位が塗り替えられていったのを覚えております。

      そんな中、やはり1位はマリオでしたか。
      今作は初心者から上級者まで楽しめるよう様々な配慮がなされていましたよね。
      あの幅広さはなかなか真似出来るレベルではありません。
      安価なSwitchはいずれ発売されそうな気がします。
      発売されるとしたら2019年以降かな?

      • トモフミ より:

        個人的には下半期に手軽かつクセになるゲームが毎月発売されて正直アップアップになりました(笑)これが積みゲーというやつか!?3年ぶりにそういう状態になりました(笑)

        マリオデは本当に期待以上の出来ですごかった!

        安価なスイッチは2019年あたりなら確実に出てそうですよね。一方で2019年あたりならバージョンアップ版のスイッチも出そうな気がしますね。

        • kentworld より:

          3年ぶりに積みゲーが出てくるような状況が生まれたとは凄い!w
          それだけ興味のあるゲームが多かったということなんでしょうね。

          安価なSwitchは出せると思います。
          液晶パネルにしてもあのサイズじゃないとダメとは限りませんので。

  12. nasturtium より:

    ランキング作成お疲れ様です。僕もパッケージソフト上位20作あげますね。長文失礼しますm(_ _)m

    20位 PS4「Horizon Zero Dawn」
    圧倒的なグラフィックと戦略性の高い戦闘が魅力的でした。ただアクティビティの量の割には広過ぎるマップや、回復アイテムの獲得が面倒だったりと気になる部分が多かったのも事実です。やり込んだらもっと評価が変わりそうなので、近いうちに再度プレイしたい。

    19位 Switch「マリオカート8デラックス」
    現時点でのマリオカート決定版。現状Switchのパーティゲームが意外と少ないので、我が家でのコミュニケーションツールとしても活躍しています笑

    18位 PSVITA「ノラと皇女と野良猫ハート」
    特筆するようなところはあまり無いのですが、全方位で笑わせに来るコメディパートや拘りを感じる演出がツボでした。最近ご無沙汰だった恋愛アドベンチャーゲームへの意欲も復活しましたね。

    17位 PSVITA「ISLAND」
    所謂タイムリープ物ですが、それを逆手に取った驚きの仕掛けと先の読めない二転三転する展開には感嘆しました。やや人を選びそうな内容ですが、シュタゲなどが好きな人には是非一度プレイしてほしい作品です。

    16位 PS4「アンチャーテッド古代神の秘宝」
    圧倒的なグラフィックとこれまでのシリーズを総括するようなにくい演出の数々が素晴らしかった。個人的にアンチャシリーズって自分の中でそこまで地位が高くなかったんですが、今作は本当に楽しめました。最初から最後まで楽しめたアンチャは初です。

    15位 Xbox One「PUBG」
    バトルロイヤル制による初心者から上級者まで楽しめるシステムが最高です。今後の正式版の導入にも期待大。

    14位 Switch「スプラトゥーン2」
    前作ほどはプレイしていませんが、安定度抜群の面白さでした。新モードサーモンランもかなりの完成度ですし、定期的なアップデートで長期に渡って楽しめそうです。

    13位 PS4 「大神絶景版」
    PS2時代の作品らしく古典的な部分も多いけれど、今でも通用するゼルダライクなアクションアドベンチャーとして大満足な出来でした。随所にゼルダイズムを感じながらも、筆しらべや独特な絵作りなど個性的な部分が多いのも魅力的。

    12位 PSVITA「VA-11 HALL-A」
    レトロなアドベンチャーゲームとサイバーパンクならではのテイストがうまく融合した独特な世界観・システムとカクテルバーでの客との「らしい」会話が魅力的。世界観にあった音楽を自分の好きに選べるのも素晴らしい。

    11位 PS4「シャドウ・オブ・ウォー」
    アサクリみたいなステルスアクションだと思ったらオークとの掛け合いを楽しむゲームに変わってました笑
    ゲーム自体はやや単調な部分もありますが、自由度の高い戦略システムや自身のプレイでオークの地位やセリフが変化したりする独特なシステムがツボでした。

    10位 PS4「ドラゴンクエストXI」
    国民的RPGとしての地位を不動のものにするだろう傑作でした。シリーズにあまり触れていない身としては、意図的なクラシック感のあるデザインがややマイナスに働く部分もありましたけれど、徹頭徹尾楽しめたのは間違いなく、他のナンバリング作品にも興味が持てましたね。

    9位 PS4「サイコブレイク2」
    オープンワールド風の探索パートとリニアなパートのバランスが絶妙でした。特に探索パートが非常にツボで一気にプレイしていましたね。前作を序盤で投げてしまったのでストーリーがやや理解できなかったのが本当にもったいなかった。なので前作も必ず再プレイしようと思います。

    8位 PS4「バイオハザード7」
    とにかくPSVRでの圧倒的な恐怖感が素晴らしく新しいゲーム体験が出来ましたね。単純に一人称ホラーシューターとしても完成度がズバ抜けて高い印象です。

    7位 PS4「この世の果てで恋を唄う少女YU-NO」
    個人的に残念な部分はあれど、稀代の名作を極力原作のプレイ感を損なわず、今のユーザーにもギリギリ通用するゲーム性にまとめてくれたのが、とにかく嬉しかったです。

    6位 PS4「仁王」
    ハクスラ要素や爆速のロード時間などによりとにかくリプレイ性の高い死にゲー。亜流として楽しめるかな位の気持ちでしたが、今までプレイしたことのあるソウルシリーズ作品よりも楽しめるとは思わなかった。コーエーらしい和風な世界観も素晴らしいですね。個人的に難易度がやや低く感じたのだけが惜しい。

    5位 Switch「スーパーマリオオデッセイ」
    3Dマリオにつきまとっていた初心者救済の問題やマンネリ感を打破する事に成功しながらも、マリオらしいテイストを残しつつ新しい魅力満載のゲーム性が素晴らしい。クリアまではやや低めの難易度なのにクリア後は牙を剥いてくる絶妙な難易度バランスも流石でした。

    4位 PS4「クラッシュ・バンディクーブッとび3段もり!」
    今更ながらのシリーズ初プレイでしたが、職人的な面白さが詰まったアクションが3作も楽しめ最高でした。特にシンプルに難しい1が楽しめましたね。個人的な評価は1>3>>2です。

    3位 XboxOne「Wolfenstein II: The New Colossus」
    前作以上のぶっ飛んだストーリー演出と魅力的なキャラクター、より洗練されたシステムやシューターとしての面白さ。個人的にはいままでプレイした中で最高のFPSです。

    2位 Switch「ゼノブレイド2 」
    従来の荒削りな部分は残りながらも今の時代のJRPGとしての完成形といっても過言でないくらいストーリー、ゲーム性共に非常に楽しめました。追加コンテンツも楽しみ。

    1位 Switch「ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド 」
    真の意味で自由度の高いゲームという物を見せつけてくれた名作。普通にプレイしたらわからないほどの恐ろしく緻密な導線の張り方や、空気感まで感じるようなフィールドメイクなど挙げればキリがないくらい素晴らしかった。今年は傑作に本当に多く出会えましたが、個人的なベストはこの作品以外には考えられません。

    以上です。今年は本当に豊作でしたね!上半期が傑作ばかりでハードルが上がりまくっていましたが、蓋を開ければ下半期も傑作だらけでした笑
    アサクリとかスーパーラッキーテイルとか龍が如くとか入れられなかったけれど例年なら余裕で入っている気がします。個人的に2017年は旧作をあまりプレイできなかったので今年はもう少しその辺を意識したいと思っています。一応今年プレイした旧作だとタイタンフォール2がナンバーワンです。BTが格好良すぎでした。

    • kentworld より:

      おお!20位まで挙げてくださってありがとうございます!
      このコメントだけで1つの記事が成立してしまいますよw
      1つ1つ触れられなくて申し訳ないですが、
      さすが幅広くプレイされているnasturtiumさんのランキングだけあって様々なジャンルのゲームがランクインされていますね。
      興味深く拝見させていただきました。

      アサクリ、スーパーラッキーテイル、龍が如く、それとARMSが辺りが入っていない辺り、
      20位のラインでも十分に良作クラスになるのかな?
      本当に昨年はレベルが高かったですよね~。

      1位はやはりゼルダでしたか!?
      これだけそうそうたるラインナップの中で1位は凄い!

      旧作ではタイタンフォール2が1位になる感じですか。
      僕はギリギリ昨年のランキング上位に入れられましたが、確かに素晴らしい作品でした。
      新作・旧作共にバランス良く楽しまれたようで、
      いかに昨年がnasturtiumさんにとって熱い一年だったのかよく分かります。
      今年も熱を保てるよう、ブログを通じてバックアップしていきますよー!

      • nasturtium より:

        kentさんの返信を見るまでARMSのことすっかり忘れてました笑

        まあ今考えると当時の一瞬の盛り上がりだったようにも思うので20位にギリギリ入らない位ですね。

        • kentworld より:

          購入タイトルが多いと忘れてしまうタイトルがありますよねw
          僕は時間をかけて取りこぼしがないようリスト化しておりました。
          ARMSは当時、周りの熱気が凄かったなぁ。

  13. 青雲スカイ より:

    2017年はkentさんにとって大豊作の1年だったみたいですね。

    自分も上位5本を挙げたいと思います。
    ゼノブレイド2はまだ中盤辺りまでしかプレイしていないのでランキングの対象外です。

    5位 この世の果てで恋を唄う少女YU-NO Vita
    10代の頃にオリジナルをやって衝撃を受けた作品のリメイク。
    現代基準で見るとアレな部分も色々あるものの、やはり名作は名作だと感じました。

    4位 ドラゴンクエスト11 3DS
    8以来、久しぶりに心から楽しめたドラクエナンバリング新作でした。
    Switch版かPS4版を数年後にリメイク作品をやっている感覚を味わいながら遊びたいと思います。

    3位 アライアンス・アライブ 3DS
    今年最大のサプライズソフトでした。
    ワールドマップ、多くの街が存在する近年はあまり見かけなくなったタイプのRPGで、意外にも、と言っては失礼ですが、ゲームバランスがしっかりしていて世界観、キャラクター、カスタマイズ、戦闘等が作り込まれている良作でした。

    2位 ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド Switch
    圧巻のスケール、自由度で、その世界に実際に入り込んでいる感が凄かったです。
    変わり過ぎて戸惑う部分もあったものの、変わっても紛れも無くゼルダでした。

    1位 スーパーマリオオデッセイ Switch
    3Dマリオ新作に望んでいた全ての要素が詰まったような作品でした。
    最初はやや複雑な操作やジョイコン両手持ちでのジャイロ操作がしっくりせずに戸惑った事もあり、あまりピンと来なかったんですが、操作に慣れてからは尻上がりに面白さが増していった結果、今年1番と言える作品になりました。

    DL専用タイトルではVitaのソルトアンドサンクチュアリとSwitchのスチームワールドディグ2の2つが同率1位です。

    • kentworld より:

      5位まで挙げてくださってありがとうございます!
      4位までのタイトルはよく名前を挙げられていたので納得ですが、5位にYU-NOは少々意外でした。
      アライアンス・アライブはドラクエXI越えとは凄い!

      昨年夏は3DSのRPGが充実していましたよね。
      アライアンス・アライブは3DS末期の名作といった感じでしょうか?
      僕もいずれプレイしたいなーと思っています。

      1位がマリオになるとはファーストインプレッションの事を思うと意外だったのではないでしょうか?
      最終的には楽しめたようで本当に良かったです。

      ダウンロードタイトルは2作ともプレイしましたが、
      非常に入り組んだマップを探索するのが楽しい作品でしたね!
      ただ、それぞれ難易度の調整が対極で比べてみると面白いです。

      • 青雲スカイ より:

        正直言って、YU-NOは思い出補正がかなり入った上での評価になっていますね。
        それを抜きにするともっとランキングは落ちると思います。

        ドラクエはクリア後要素で個人的に減点した部分が無ければゼルダと競る位の評価になっていたかもしれません。

        マリオで久しぶりに3Dの純粋なアクションゲームをやったんですが、自分の操作等の覚えの悪さに年齢を感じましたよw
        マリオ64の頃の自分だったらもっとすんなり馴染めて、ゲームをより楽しめたんだろうなと。

        ソルトアンドサンクチュアリはボリュームや歯応えがあって1周で十分に満足出来る感覚で、スチームワールドディグ2は気楽に楽しめてボリュームも程よい感じでまた遊びたくなる感覚で、同じ2Dの探索型のゲームですが、確かにかなり異なるプレイ感覚でした。

        • kentworld より:

          思い出補正を含めての上位ランクインなんですね。なるほど・・・

          ドラクエは惜しかったですねぇ。

          マリオは良い練習にもなったのではないでしょうか?
          この調子でまた3Dアクションゲーム熱が高まってくれたら良いんですが。

          ソルトアンドサンクチュアリとスチームワールドディグ2って
          ゲームジャンルが似ていることを忘れてしまうくらいそれぞれ個性が強いですよね。
          メトロイドヴァニアも多様化してきたなーと思います。

  14. コルチカム より:

    私の2017年ランキングは上半期からあまり変わらんとです…
    というのも下半期はずっとペルソナ5、世界樹と不思議のダンジョン1・2をやっていて、プレイ時間は3作で計250hでした。
    アトラス作品は今後は年に1作までにしよう…

    まあでも1位は私もブレスオブザワイルドで揺るぎないです。
    2017年どころか過去5年間でプレイしたゲームの中でもダントツの面白さで、追加コンテンツの分も含めて祠をコンプリートしてしまいましたもん。(プレイ時間180h)
    kentさんも100時間超えたとはいっても、祠コンプしてる割には短すぎて不思議でなりませんw

    • kentworld より:

      アトラスのゲームはボリューム満点ですもんね。
      毎回、息切れせずあれだけのボリューム感を出せるのは本当に凄いことだとは思いますが、
      僕も年に1作くらいが良いのかなーと思っていますw

      ブレス オブ ザ ワイルドは過去5年間で1番ですと!?
      それは凄いですね!でも、僕も同じような感じかもしれません。

      コルチカムさんと比べてプレイタイムが短いのは、
      コログの実を100個ちょっとしか集めていないからかも!?
      300超えのデータを見て見習わないとなーと密かに思いましたw

  15. チキ より:

    ゼルダは以前、kentさんにやらせてもらった時に好感触だったから積みゲー崩しが落ち着いたら買います。
    オープンワールドゲームは好きなので広大なフィールドの探索が楽しみだし、色んなオブジェクトに干渉できて攻略に使えるのが面白いです。焚き火の上昇気流とかね。
    祠の攻略はいくつかやり方があるから間口が広くて良いですよね。

    僕の2017年マイベストゲームランキングです👇
    ⚫︎23位 ニーア:オートマタ(PS4) ★7
    ⚫︎22位 PUBG(XB1) ★7
    ⚫︎21位 スター・ウォーズBF2(PS4) ★7
    ⚫︎20位 ユーカレイリー(XB1) ★8
    ⚫︎19位 Hyper Light Drifter(PS4) ★8
    ⚫︎18位 COD:WWⅡ (XB1) ★8
    ⚫︎17位 ホライゾン:ゼロドーン(PS4) ★8
    ⚫︎16位ゴーストリコンWL(PS4) ★8
    ⚫︎15位 デウスエクスMD ★8
    ⚫︎14位 ダンガンロンパ1(PS4) ★8
    ⚫︎13位 サイコブレイク2(XB1) ★8
    ⚫︎12位 Super Lucky’s Tale(XB1) ★8
    ⚫︎11位 ギアーズ4(XB1)★9
    ⚫︎10位 アンチャーテッド:古代神の秘宝(PS4) ★9
    ⚫︎9位 RUINER(XB1) ★9
    ⚫︎8位 ダンガンロンパV3(PS4) ★9
    ⚫︎7位 A Hat IN Time(XB1) ★9
    ⚫︎6位 マリオオデッセイ(Switch) ★9
    ⚫︎5位 クラッシュバンディクー3段もり(PS4) ★10
    ⚫︎4位 ダンガンロンパ2(PS4)
    ⚫︎3位 バイオハザード7 (XB1) ★10
    ⚫︎2位 ディスオナードDotO(XB1) ★10
    ⚫︎1位 ウルフェンシュタインⅡ(XB1) ★10

    A Hat in Timeは箱庭ゲーとしてよく出来てるし、ラッキーズテイルに欠けていたキャラクター性やストーリーがしっかりしていたので僕の中では高評価です。
    ユーカレイリーやラッキーズテイルのボス戦は避けゲーでしたが、A Hat in Timeはヒット&アウェイの駆け引きを楽しませてくれる死に覚えゲーだったから良かったです。
    音楽は名曲揃いですが中でもチャプター4のBGMは雄大なフィールドにピッタリの曲で耳に残ります。
    本作のメインコンテンツと言っても良いステージで、仕掛けが満載だし明るくて雰囲気も最高です。
    きっとkentさんも好きだと思います。

    2017年はユーカレイリー、マリオデ、ラッキー、A Hat in Timeとポップな3Dアクションの当たり年でしたね。
    まるでN64時代にタイムスリップしたみたいだw
    マリオデはエンディングまでは進めましたがムーン500個集めた後の裏面はやってないので、それをクリアしたら評価が上がるかも?

    ウルフェンシュタインⅡはkentさんがコメディ系と言うのも納得のぶっ飛んだストーリーでしたw
    キャラクター描写が生き生きしていてリアリティがあるから超展開があっでも素直に受け入れられて楽しめましたよ。
    舞台設定も魅力的でしたね。
    特にマンハッタン、ロズウェル、ニューオリンズの雰囲気が最高でワクワクしました。
    メトロ:ラストライト以上に冒険している感を味わえるFPSでしたね。
    僕にとってはPS4/XboxOne世代の中でもNo.1のFPSです!

    • kentworld より:

      今年もマイベストゲームランキングの発表をありがとうございます!毎年、楽しみにしているので順位とランク付けをありがとうございます!
      20位からのボーダー、チキさんも高いですね!あのユーカレイリーがその位置になるとは!?
      ちなみに僕は国内未発売なので選外にしてしまいました・・・。
      国内発売された年に加えたいと思います。

      マルチプレイで評価爆上げのギアーズ4がTOP10に入れないとはなんという激戦区。
      ダンガンロンパはどれも上位ランクインで凄い!
      今年最大の番狂わせだったのではないでしょうか?
      まさか1年でシリーズ3作プレイするほどハマるとはなぁ。

      A Hat in Timeの順位もビックリ。
      ユーカレイリー越えですか!?ううう、早くやりたいよぉ。
      確かにユーカレイリー、ラッキーの戦闘は避けゲーでしたもんね。
      A Hat in Timeはその辺も力を入れているようで、
      それ以外の部分が一定の水準に達していたらそのまま加点されそうだ。
      あとはキャラクター性とストーリー性がどうなるのか気になります。

      1位はやっぱりそうですよね!笑
      僕で言うゼルダみたいな位置付けだと思うので、
      チキさんの1位はウルフェンシュタインII以外あり得ないと思っていました。
      それにしても、PS4/XboxOne世代でNo1のFPSですか!?
      毎年塗り替えられることからもこのジャンルの成長はまだまだ期待出来る事が伺えますね。

      ゼルダは機会があればぜひ!
      かなりパワーが要るゲームですが、
      プレイしていると引き込まれてしまう魅力はありますので。

  16. ジョエリー より:

    自分のマイベストゲームランキングは

    20位 スターウォーズ バトルフロントⅡ
    19位 太鼓の達人(PS4)
    18位 COD WWⅡ
    17位 マリオカート8 デラックス
    16位 シャドウオブウォー
    15位 アサシンクリード オリジンズ
    14位 龍が如く極2
    13位 V勇者のくせに生意気だR
    12位 スプラトゥーン2
    11位 New みんなのゴルフ
    10位 アンチャーテッド 古代神の秘宝
    9位 バイオハザード7
    8位 ニーア オートマタ
    7位 大逆転裁判2
    6位 スーパーマリオ オデッセイ
    5位 仁王
    4位 グラビティデイズ2
    3位 ドラクエⅪ (PS4)
    2位 ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド
    1位 ホライゾン ゼロドーン

    こんな感じです。3位〜6位までが95/100で1、2位が満点になります。

    ホライゾン ゼロドーンはマイベストオープンワールドゲームになるくらい好きなゲームになりました!あのオープンワールドとしては最高峰のグラフィックとかっこい機械獣がいる世界観で、迫力のある多彩な戦闘が出来るのは最高すぎました。

    ゼルダの伝説は最初は主に頑張りゲージ関連が合わなかったですが、強化出来てからは自由度が高く探索がとても楽しいゲームとしてプレイすることが出来ました。謎解きや戦闘もやり甲斐があって面白かったです。

    ドラクエⅪはどのキャラも魅力的で味方キャラは全員好きになれたしストーリーもどんでん返しがあり面白かったです。明るい世界観で様々な村やロケーションがあったのも良かったです。

    グラビティデイズ2は確かにゲーム部分だけならステルスなどの欠点はありましたが、世界観が歴代でもNo.1になるくらい好きでした。あの世界を重力を操り自由に移動できるなんてもう最高過ぎます!

    仁王はソウルシリーズが合わなくて最初は楽しめるか心配でしたが、日本を舞台にしたストーリーと様々なステージ、妖怪は自分の好みにピッタリでアクションゲームとしての出来も良く、ボスを倒せた時の達成感は凄かったです。

    スーパーマリオ オデッセイは正にマリオを動かしているだけで楽しい、つまりアクションが豊富なのでとにかくキャラを動かしていて気持ち良いんですよね。それぞれのステージもバラエティに富んでいて、探索するのが楽しかったです。

    去年は本当に豊作で面白いゲームがたくさん発売されて嬉しかったです。特に上位6作品は一昨年だったらどのゲームも1位を取れるくらいの面白さでしたね。今年も期待作は多いので、楽しみです。

    • kentworld より:

      20位まで挙げてくださってありがとうございます!
      ジョエリーさんのランキングはどんな感じになるのかな~と思っていましたが、首位はやはりホライゾンでしたか!

      ゼルダが2位とは!?
      かなりハマっていた印象のドラクエXIよりも上になるとは驚きました!
      TOP10にランクインしているタイトルはいずれも絶賛コメントを頂いていたので、
      この1年間は相当濃いゲームライフを味わえたのではないでしょうか?

      1位、4位、10位、11位と何気にSIEが強い!
      でも、昨年はSIEも良作を連発していましたよね。
      ホライゾン以外はイマイチ目立っていないので惜しいなぁと思います。

  17. グリグラ より:

    1位は予想するまでもなく予想どおりでしたね。
    自分のマイベストランキングも発表します。

    20位 アサシンクリード4 ★2
    バグ
    19位 魔女と百騎兵 revival ★4
    プレイしていて非常にストレスが溜まりました。
    18位 世界樹の迷宮V ★5
    冗長すぎるダンジョン・仕掛けが全く合わなかったです。
    17位 ボンバーマンR ★6
    あまり良い点が見つからないゲーム。パーティーゲーなら他に面白いものがありますし。
    16位 魔女と百騎兵2 ★6
    前作よりは遊べる。しかし尖った部分が削られ面白味は無かったです。
    15位 1.2switch ★7
    任天堂らしいゲームというよりツール。車酔いしやすい人も車内で遊べるのは思わぬ利点でした。
    14位 みんなでチョキっとスニッパーズ ★7
    おすそわけプレイをこのソフトで初体験しました。ライトユーザーとも遊びやすいと思う。
    13位 FEエコーズ ★8
    久々にFEのストーリーとシュミレーションを楽しめました。このくらいシンプルなシステムの方が好きですね

    マップは少しアッサリ過ぎたのでそこは次回作に期待です。
    12位 タイタンフォール2 ★8
    シングルプレイは5時間ほどでしたが、ジェットコースターのように濃密なストーリーとガンアクションが楽しめました。だけど定価で5時間はやっぱりちょっと短いです。
    11位 ドラゴンクエストXI ★8
    久々のナンバリングドラクエ。先の気になるストーリーと程よくサクサク進められる戦闘、探索のバランス、完成度は素晴らしかったです。
    ただ、個人的にはかなり複雑な作品になりました。発売時期がスプラ2、クラッシュに挟まれ最悪だったこともありますが、難易度が低すぎたため能動的に遊ぶ気になれなかったこと(1回も全滅しなかったためレベル上げしようと思えなかった)やクリア後のストーリーが好きになれなくて途中でやめてしまったこと(Life is Strangeの時も言いましたが、積み重ねた今を捨てるという展開が大嫌い)もあり自分がドラクエに抱いていた思い出補正という幻想がこの作品で無くなりました。ドラクエはもう最先端じゃないんですね。
    10位 マリオカート8DX ★8
    初めてのネット対戦は非常に楽しかったです。スプラトゥーンもそうですがネットを介して大人数でプレイするゲームは中毒性が高いですね。そういう意味でPUBGはすごくやってみたいです。
    9位 エヴァーオアシス ★8
    基本お使いをこなしながらストーリーやオアシス経営を進めるゲームですが、小さなイベントが連鎖的に発生するのでこれだけやってしまおう→小さなクエスト発生→ついでにこれもやってしまおうのループが生まれて止められなくなってしまいました。また、3DSというハードの制約の中で多くのフィールドが用意されていたのでボリュームもなかなかありました。どのフィールドも他にない個性があったので行ってみたくなる世界観を感じられました。
    ダンジョンはまさにプチゼルダと表現できるものでしたね。ただ、本家並みに面白いものは終盤ごろになってからでしたので、もっと早い段階から楽しみたかったです。
    8位 ゼノブレイド2 ★8
    いやーかなり尖ったゲームでしたね。その尖った中でもこの作品において最も優れていると思うのはフィールドの作り方、魅せ方ですね。フィールドの魅力でこのゲームの右に出るものはいないでしょう。はるか彼方まで広がっていそうな草原の先に巨神獣の頭が動く姿や、薄暗く広大な洞窟にも思える中に鮮やかに咲く桜のような木が点在しているなど、息を飲むような景色を眺めながら探索できるのは最高でした。
    ただ尖っている分イマイチだったところも気になるもので、戦闘も楽しんでいましたが、レックス覚醒後はちょっとチートすぎて面白くなくなってしまいました。ずっとレックスばかり使ってたので変えたくもなかったですし。
    それとストーリーの消化不良が多いのも残念です。ストーリー、戦闘とどちらも楽しんでいただけにどうしても気になってしまいますよ。
    7位 アライアンス・アライブ ★8
    今年のRPGで一番面白かったのはこれ。ゲームバランスはUI面も含めしっかりしていますし、世界観も良く練られており、キャラクターは掛け合いの多さもあり非常に魅力的で、戦闘面はサクサクでストレスフリーと歯ごたえを見事に両立しています。
    自分がRPGで何を重視しているのか最近わかったのですが、仲間内での会話、掛け合いのようです。これが魅力的で種類も多いほどキャラへの愛着も沸きますし、ストーリーもより楽しめるようです。
    アラアラはこの点においても一番でした。
    6位 ARMS ★9
    この作品は一時期ものすごい熱中しましたね。実際に腕を振って操作するので一体感と没入感がまさにハンパネーでしたw
    この前久々にプレイしたらあんまり熱中できなかったので、一瞬のブームだったようです。
    5位 クラッシュ・バンディクー 3段盛り ★9
    もちろん有名なタイトルなので知っていましたが、こんなに面白いとは思わなかった。
    まさにPS版ドンキーコングという感じで高い難易度から生まれる中毒性にドハマリしてやり込みも含め一気にプレイしてしまいました。タイムアタックの中毒性は違法レベル。
    動かす気持ちよさ、派手なアクション、明るい世界観、奇妙で面白いキャラクター等いい意味で任天堂っぽさもありつつ独自の世界観も構築しており、世界で人気があるのも納得です。何でSIEはこのソフトの宣伝に力入れないのかなぁ。
    ちなみに好きな作品の順は2→3→1です。完成度は3の方が高いけど、難易度的に2がちょうど良い感じでした。
    4位 仁王 ★10
    記憶がだいぶ薄れてしまっているのであまり語れませんが、戦国末期という自分の大好物な世界観と人物を舞台にハラハラドキドキの剣戟アクションはたまりませんでした。大蝦蟇との死闘は今でも記憶に焼き付いています。
    3位 スーパーマリオオデッセイ ★10
    待ちに待っていた3Dマリオの最新作。箱庭マリオの良さはムーンやスターを探す中でフィールドを隅々まで探索することで生まれる制圧感のようなものですね。ジャンプや帽子投げのアクションはいつもながら触り心地が良く、完成度という点では今年No.1でしょう。ニュードンクのフェスと最後のキャプチャー。月の裏の裏は強く記憶に残っていますよ。
    少しインパクトが足りなかったのはボスが軒並み弱かったこと。特にクッパは毎回大苦戦していたのですが、今作は1回で倒せてしまった。ムーンを集めて戦える強化版クッパも2回で倒せてしまいました。
    2位 スプラトゥーン2 ★10
    今年はこのゲームに狂わされたと言っても過言ではない。一時期はこのゲーム以外に何もやりたくないほどの気分にさせられました。
    あと1戦だけあと1戦だけという呪いの言葉に誘われて、気づけば5分どころか5時間経過なんて当たり前。
    次ゲージが割れたらやめようなんて言っていつのまにか3段階ランク落ちなんて当たり前。
    ガチマッチの5分という時間設定が絶妙過ぎて、勝ったら次負けるまで。負けたら次勝つまでという無限ループから抜け出せず何度朝を迎えたことか。
    このゲームを語りだすと止まらなくなる自信があるので、一つだけ。連射力のある武器で敵を倒す時の効果音。これ世紀の発明だと思います。敵に当てることで、風船に刺激を与えるような音が連続で鳴り響き、倒すと同時にパンッ!!と爽快な破裂音が鳴り響く。この音を聞くだけで脳汁が溢れ出て気持よくなって止められなくなってしまいますよ。
    1位 ゼルダの伝説Bow ★10
    今年はこのゲームに狂わされたと言っても過言ではない。(あれ?さっきも言ったような)
    もう自分の貧弱な脳ミソでこのゲームを語るのは無理なので他人の言葉を借りますが、「3Dゲームが登場してもフィールドの移動は従来の平面移動の延長線上でしか無かったが、ゼルダBowは真の意味で自由な移動を実現した」(うろ覚え)。
    要するにゼノブレイド2をプレイしたことで、壁移動の素晴らしさを改めて実感しました。
    いずれ必ずマスターモードもプレイしてクリアしたいですね。

    • kentworld より:

      今年も20位まで非常に詳しいコメントをありがとうございます!
      下位はなかなか辛口ですねw
      TOP10に入った辺りから良作ラインに突入といった感じでしょうか?
      コメントでもよく見かけたタイトルがランクインしています。

      エバーオアシス、実は積んでいるんです・・・
      終盤から本家並みに面白いダンジョンが出てくるのかぁ。

      ゼノブレイド2は相変わらずの尖りようでしたね。
      僕も欠点ばかり目についた時は微妙な印象もありましたが、
      それ以上に楽しい時間を過ごせたので総合的には高評価です♪

      ARMSにハマられていた頃のグリグラさんは凄かったですね!で
      も、一過性の物だったか(^_^;)

      クラッシュは予想以上にハマったようですね。
      スーパードンキーコングが好きだと高確率で楽しめる作品だとは思いますが。
      仁王といい、グリグラさんも高難易度なアクションゲームが合う肌なんじゃ!?

      スプラトゥーン2にハマっていた頃はどんな生活を送っていたのか気になってしまうくらいの勢いでしたねw
      危うくこのブログの存在まで忘れられそうだったので焦りましたw

      >連射力のある武器で敵を倒す時の効果音。

      これはよく分かりますよ!
      普通、TPSであんな音を鳴らすという発想はないと思いますw

      ゼルダへのハマりっぷりも凄かったですねぇ。
      僕のゼルダ熱も軽く上回っていたんじゃないでしょうか?
      昨年のグリグラさんはとにかく勢いが凄かったです!
      今年は昨年ほどじゃないにしてもまたグリグラさんの元気な姿を見たいですね~。
      コンシューマーゲームをここまで楽しまれている方は今の時代、貴重ですので。

      • グリグラ より:

        高難易度のゲームが合うのは間違いないですね。
        ドラクエとマリオでも述べていますが、難易度の低さが気になるようになりました。
        昨年はそんなこと無かったので、おそらく仁王の影響を受けていますよ。
        後でコメしますが、DLソフトの1位も高難易度ゲームでした。

        • kentworld より:

          スッカリゲーマー気質になってしまいましたなぁ。
          難易度の低さが気になってしまうとはw
          仁王の影響は相当だったようですね。
          ダウンロード専売の1位は一体、何になるのだろうか?
          楽しみにしております。

  18. nicond より:

    ゼルダが1位なのは意外性ないですが、てっきりマリオと争うものだと思っていたので、ベスト4が上半期から変わっていないのは意外でした。

    1.Horizon Zero Dawn
    2.ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド
    3.アサシンクリード オリジンズ
    4.龍が如く0 誓いの場所
    5.スーパーマリオ オデッセイ
    6.ブラッドボーン、アサシンクリードIV ブラックフラッグ、DOOM
    9.戦国BASARA4 皇、スプラトゥーン2
    昨年は新作も旧作もいろいろ楽しんだので、新旧合わせたトップ10にしました。

    1位2位は同率1位にしてもいいくらいです。それくらいどちらも素晴らしい作品でした。

    新作を追いかけていた中でも、龍が如く0は強く印象に残りました。新旧合わせた理由のほとんどがコレですw

    新しいジャンルに挑戦した年でもありました。特に高難易度アクションに触れたのは、今後ゲームの選択肢を広げてくれると思います。

    Basra’s は今やったら楽しめないと思っていたので、予想以上にハマって、驚いてしまいましたw前後に何もなかったら100時間以上やってたかもしれませんw

    トップ10には入りませんでしたが、みんゴルやSWBFは一人でやるよりも何倍も楽しめました。

    トップ10のうち半分はkentさんと出会わなかったらやっていなかったかもしれないゲームです。昨年はkentさんに感謝の1年でしたね。きっかけをくださり、ありがとうございます。m(_ _)m

    • kentworld より:

      ゼルダ、マリオの1・2フィニッシュの方が僕には相応しいかもしれませんが、
      2位、3位、4位のタイトルも相当なものだったので、マリオは5位になってしまいましたw

      ランキング、紹介ありがとうございます!
      nicondさんのランキングも気になっていたんですよね~。
      どんな感じになるのかと思ったら同率が多い!w
      それだけ楽しめた作品が多くて甲乙付け難った感じかな?

      1位と2位は3月上旬の2大オープンワールドですか!?
      改めてこの2作がほぼ同時に発売された事実に驚いております。
      アサシンクリードも順位が高い!
      かなり気に入られていた龍が如く0を上回ってくるとは!?
      と言うか、オープンワールドがTOP3を独占しているところがnicondさんらしいです笑

      BASARAも楽しめたようでよかったw
      思い出は綺麗なままで残りそうですね。

      昨年は僕の影響を大きく受けたようで、こちらとしても嬉しいです!
      今年もnicondさんのゲーム熱を高められるよう頑張るぞー(^o^)

  19. Ryou より:

    予告どおりkentさんから見たら意外なランキングかもw
    まだ満足にプレイしてないゲームは除きましたも。

    ■2017年マイベストTOP5 100点満点
    ●1位 大逆転裁判2 95点
    今年文句なしのマイベスト1はやはり本作ですかな。前作の投げやりENDで今作はどう纏め上げて
    くるのか気になって進めてきましたけど、3話以降の怒涛の展開はまさに鳥肌モノで見事なまでに
    タイトル通りの大逆転として盛り返してくれました!個人的に最終話の共同推理はシリーズ最高峰
    の名シーンとして今後語り継がれるだろう。
    ●2位 メトロイド サムスリターンズ 92点
    一部ボス戦もこれ無理じゃね?と思う所もあったけど攻略法もしっかり存在する点が最高!
    最後の最後でアイツが出て凄まじい緊張感に襲われながら戦い抜きましたよ。因みにアイツは
    3度目で撃破しました。その前の奴のが最も苦戦したかな。しかしながらリメイクでココまで
    良質なACTに変貌するのも本当稀だと思う。
    ●3位 ゼノブレイド2 90点
    プレイ時間100時間超で現在第9章ですも。一部、黒い任天堂要素はあるものの、王道シナリオは
    継承されていて見た目で判断されるのは勿体無いと思ったも。戦闘もアーツの使用が時間性から
    攻撃回数性になったりと、細かな改善で遊びやすくなった点がポイントも。
    ●4位 スーパーマリオオデッセイ 88点
    ●5位 ゼルダの伝説 BREATH OF THE WILD 86点

    以下はFE無双、セカダン2。ラジアントPC、ドラクエ11(3DS版)、ロストスフィアと続くも。
    いずれも100点中80点以上ではあるのですけど、上位が強すぎたも。末期には良作が生まれ
    やすいと言われるけども、大逆転2やオモロイドはまさにそれですも。

    • kentworld より:

      さっそくありがとうございます!
      確かに少し意外なランキングかもしれません。
      ゼルダ、マリオを上回ってメトロイド、大逆転裁判2とは!?
      年明けの段階ではこうなるとは予想出来なかったのではないでしょうか?

      大逆転裁判2はその絶賛具合を見ると、僕のレビューに期待してしまうのも分かります笑
      そのうちプレイしたいなーとは思っていますが、なかなかきっかけが・・・

      メトロイドは予想以上に楽しまれたんですね。
      ゼノブレイド2はだいぶ進めたじゃないですか!そこから色々と凄いですよーw
      6位以下も挙げてくださってありがとうございます!
      昨年は良質なRPGが色々生まれましたよね。

  20. シロマ より:

    俺の2017年のマイベストランキングは
    10位鉄拳7
    久しぶりの鉄拳だけど意外と敷居が低くて簡単にダメージを与えられたり、レイジアーツで一発逆転が出来て面白いけど、メインストーリー意外の各キャラクターのストーリーが手抜きで微妙なのと初期のオンライン環境が最低なのがストレスでした。
    9位 スーパーロボット大戦V
    上に同じく久しぶりにプレイするスパロボですが据え置き作品のスパロボにしては良質なクロスオーバーが多めで個人的に好きな作品の一つの機動戦艦ナデシコのファンサービスが良かったです。
    8位 ゴーストリコン ワイルドランズ
    1人プレイはやや淡白な所がありましたがボリビアを観光している気分を味わえる程の広大なフィールドやミリタリーごっこ感覚でプレイするのが楽しかった。
    そして何よりkentさん達と数回に渡っての協力プレイが思い出に残る作品でした。
    7位 バイオハザード7 レジデント イービル
    シリーズ初デビュー作品ですが恐怖も味わえて程よいボリュームで満足度の高い作品でした。
    6位Wolfenstein II: The New Colossus
    前作の良さであるステルスと銃撃戦の両立にゲームスピードが上がり敵を倒す爽快感が更に増し、ストーリーもよりインパクトがあり全てが前作を超えた名作FPS
    難易度ノーマルでも難しく歯応えがあるのも良かった。
    5位 アサシンクリードオリジンズ
    こちらもシリーズデビュー作で戦闘もなかなか面白く、ステルスアクションは自由度が高くて良かった。
    広大なフィールドで古代エジプトを旅している気分も味わえるのも良かった。
    4位 ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期
    今作も期待通りの出来で賛否両論のラストは前作以上に終着点がわからなくて非常に楽しめました。
    強いて欠点をあげるなら学級裁判で起こる一部のミニゲームが今ひとつな出来な所。
    3位 ホライゾン ゼロ ドーン
    グラフィックはPS4でトップでオープンワールドゲームではアクションも面白くて凄くハマりました。
    大型の敵やクエストにも攻略法がいくつかあって自由度も高かったですね。
    ストーリーも良く出来ていて楽しめました。
    2位 DOOM
    敵を倒す爽快感と広いフィールドを素早く駆け回るスピード感が最高のFPS。
    オンラインも楽しかったし非の打ち所がないゲームでした。
    2017年に発売したゲームでは無いのでこの順位
    1位 仁王
    フォロワーの枠に留まらないソウルシリーズに匹敵する面白さのこの作品が一位です。
    1日のプレイ時間が最も多かったゲームでした。

    • kentworld より:

      色々挙げてくださってありがとうございます!
      シロマさんのTOP10は個性があって良いですね~。
      他の方が挙げていないタイトルもいくつかあって新たな発見があります。

      ゴーストリコンはシロマさんと初めてボイスチャットをした記念すべきタイトルになりますもんねw
      今思うと感慨深いです・・・

      シロマさんもウルフェンシュタインIIを上位に入れますか!?
      これで少しでも注目を集めたら良いのですが。

      TOP3は高難易度なゲームがランクインされていて、シロマさんらしい顔ぶれだと思います。
      仁王はプラチナトロフィーの入手を頑張っていましたもんね。
      やはり、1日のプレイタイムは相当なものだったか・・・お疲れ様ですm(_ _)m

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

関連記事

桜井 梨穂子、腐川冬子、不来方夕莉、他2014年マイベストゲームヒロイン
2015年を振り返る!個人的に今年印象に残ったゲームニュースTOP20
IA、シャンティ、クワイエット、アリーシャ、シオカラーズ、他2015年マイベストゲームヒロイン
こんな時代でも前年から大幅アップ!2015年に購入した新作ゲームを振り返る!
携帯機版PS4が発表される?休眠IPの復活はまだ続く?2018年のゲーム業界を大予想!
2017年の当ブログを振り返って~記事を書く時の心境が大きく変化した1年~
2018年期待のインディーズゲーム~2018年も伏兵が続々!?~
2016年マイベストインディーズゲームランキング~みんなが知らなかった良作ゲームばかり!~
2017年のベストアクションゲーム、RPGなどを大発表!~kent Game Award 2017~
発売延期や卒業ラッシュ。任天堂、SIEのスマホ参入など2016年に印象的だったニュースTOP20