| 特集

2019年期待のインディーズゲーム10選!~2019年下半期も伏兵が続々!?~

おはっく~!KENT(@kentworld2 )です!

年々、注目度が高まってきているインディーズゲーム。

ぼくの中でも注目度がどんどん高まっていて、特に最近はBitSummitの影響で常にプレイしていないと気が済まなくなってきましたw

本記事では2019年下半期に出ると思われるインディーズゲームの期待作を挙げていきます。

※インディーズゲームは前情報の量が少ないので期待度は表記していません。

Hollow Knight Silksong(ホロウナイト シルクソング)/PS4/Xbox One/Switch

大ヒットした探索型2Dアクションゲーム「Hollow Knight(ホロウナイト)」の続編。

今回はホーネットが主人公となっており、アクション周りを中心とした変更がなされているそうです。

前作はめちゃくちゃ楽しめたので、個人的なインディーズゲームの大本命。

今回もパソコンとSwitch向けに先行発売されるそうなので、Switch版を購入することになりそう。

オバケイドロ!/Switch

ケイドロを題材にした非対称マルチプレイゲーム。

「デッド バイ デイライト」のフォロワータイトルになりますが、良い感じにデフォルメされているので違った良さがありそう!

配信されたら是非フレンドとプレイしたいです♪

何だか「スプラトゥーン」や「オーバークック」の後釜的な存在になりそう。

Lonely Mountains: Downhill(ロンリーマウンテンズ:ダウンヒル)/Switch

オフロードのコースを自転車で下っていくゲーム。

BitSummitでプレイした感じではトライ&エラーが熱い自転車アクションゲームに感じました。

道なき道を進んでいくハラハラ感は病みつきになりそう!

難易度調整が気になるところですが、ハマりそうな予感がしています。

Super Meat Boy Forever/PS4/Xbox One/Switch

高難易度2Dアクションゲーム「スーパーミートボーイ」シリーズの最新作。

今作はランアクションでキャラクターが勝手に動きますが、「BitSummit Volume 6」にてプレイしてみたところ相変わらずの中毒性でした!

発表されてからだいぶ経っていますが、ようやく今年配信されそうなので楽しみです♪

ジラフとアンニカ/PS4/Switch

アニメのようなグラフィックがゲームを特徴的な3Dアドベンチャーゲーム。

パッと見は「ゼルダの伝説」シリーズっぽいんですが、アクション要素薄めのアドベンチャーゲームだったりします。

でも、アニメのような世界観やボス戦で発生するリズムアクション要素が気になるんですよ。

2~3時間程度で終わってしまうようですが、短編作品として楽しみたいです。

天穂のサクナヒメ/PS4/Switch

稲作と2DアクションRPGを融合させたようなゲーム。

昨年「BitSummit Volume 6」にて2DアクションRPGパートのみプレイしましたが、予想以上に爽快感がありました!

世界観も惹かれますし、これは期待!

未プレイの稲作パートはどんな感じなのかな~?

Death’s Gambit/PS4

2Dダークソウル系アクションRPG。

メトロイドヴァニアの要素もあるようなので、PS4/PSVITA/Switch「ソルト アンド サンクチュアリ」に近い作品だと思われます。

特徴的なのが、滑らかに動くドット絵。

動画を見た時は静止画とのギャップに驚かされましたよw

ダークソウル×メトロイドヴァニア好きとしては外せない一本。

ピコンティア/Switch/PC

レトロチックなグラフィックで楽しめるサンドボックスゲーム。

「フェアルーン」のスキップモアが手掛ける新作ですが、あのゲームボーイカラーみたいなドット絵には惹かれるものがあるのですよ。

スキップモアがサンドボックスゲームをどう料理するのか楽しみ♪

現時点ではSteam版のみしか発表されていませんが、いずれはSwitch版も出るでしょう。ぼくはSwitch版待ちかな。

トランシルビィ/Switch

スキップモアが手掛ける探索型2Dアクションゲーム。

こちらは明るい世界観でレトロチックなメトロイドヴァニアとして期待しています。

アクションは爽快感があり、謎解きやパズル要素もあるようで、個人的にドツボな作品になっていそう!

主人公がサイボーグの少女というのも惹かれますw

胡蝶の夢/Switch

ステージクリア型の探索型3Dアクションゲーム。

見た感じだとまんま3Dの「ゼルダの伝説」になっていそうなので、これまた触れられずにはいられない作品ですw

天空都市のような世界観にも惹かれるものがあります。

Yooka-Laylee and the Impossible Lair/PS4/Xbox One/Switch

ユーカとレイリーが主人公のアクションゲーム。

前作とは違って横スクロール&見下ろし型アクションの二部構成になっています。

箱庭形式だった前作の方が個人的な琴線に触れますが、これはこれで「スーパードンキーコング」や「ゼルダの伝説 神々のトライフォース」のオマージュが見られそうなので楽しみ♪

今作でも往年のレア社テイストを味わえないか期待です!

スポンサーリンク



目次へ戻る

全体のまとめ

以上!2019年下半期に期待しているインディーズゲーム&ダウンロード専売ゲーム10+1選でした!

インディーズゲームは急に配信日が決まるので、ここで挙げたタイトルは注意深く観察していきたいです。

それ以外にも意外な伏兵が配信されると思われるので、2019年下半期もインディーズゲームには目が離せません!

※「これに注目するべし!」と言えるようなインディーズゲームがあったらコメント欄にて解説付きで教えてください。

Sponsored Link



Amazonギフトカードにチャージする

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)コメントは出来る限り返信していきますが、しない場合もあるのでご了承ください。

コメント広場の住人(14)

  1. ホンマ?トモフミ より:

    僕はシルクソング、ユカレリ2、ハット イン タイム、リバーシティガールズが楽しみかな。

    でもこの記事を読んで、「ジラフとアンニカ」「サクナヒメ」「トランシルビィ」の3作も気になってきました!

    インディーズって期待作多いのですが、発売日をぜんぜん教えてくれないクセに出るときはいきなりでやがりますので発売前はあまり期待を寄せず出たときに「あ?出たんだ、やってみよう」ってノリで今後も応援していきたいと思ってます。

    • kentworld より:

      そう、出る時はいきなり出るんですよ。なので、このような趣旨の記事は書きにくかったりします。インディーズゲームは配信前から期待すると言うよりは配信後に存在を知ってハマるパターンが多いです。

  2. 匿名 より:

    サクナヒメはSwitchでも出ることになりました
    今年後半ということなら(日本ではまだ未発売という意味で)bloodstainedとGigawreckerを上げておきます
    あと先日OPアニメが公開されたシャンティ5も要注目ですね!
    kentさんの好きそうなメチャ面白そうなプラットフォーマーのtimespinnerが日本未発売(日本語には対応済)なので今年後半には移植してくれると勝手に期待しています

    • kentworld より:

      そうでしたね!表記にSwitchを追加しておきますー。

      シャンティ5、挙げるのを忘れていた。

      timespinnerはSFC後期を彷彿させるゲームですね!これは気になるなぁ。最近はこういった雰囲気のゲームが普通に出るようになったので嬉しい♪

  3. コアーズ より:

    steamではもうありますがDEAD OR SCHOOLがCSで出るのでこれは買いたいです。ハクスラのようなので注目してました

    • kentworld より:

      DEAD OR SCHOOL調べてみました。面白いシチュエーションですね!コンシューマー向けにも出るとのことなのでマークしますw

  4. つぐみ より:

    インディーズはいきなり発売されるので読めないからなぁ(笑)
    とりま、2019はMinoriaとバイオミュータント待ちなんですが、いつ発売されるやら(笑)
    あとMax and Maya Cat simulatorという、猫を操作してゾンビと戦うオープンワールドゲーに仄かに期待してます。

    • kentworld より:

      インディーズゲームに関してはつぐみさんの情報を頼りにしています!

      Minoriaとバイオミュータント。この辺りはどうなるんですかねぇ。

      是非、日本のコンシューマーゲーム機にも出してほしいところですが。

  5. Conker the Squirrel($皿$)💵 より:

    Yooka-Laylee and the Impossible Lairが楽しみです。
    発売が待ち遠しいです。

  6. けだまあつめ より:

     アクションゲームはkentさん達にお任せするとしまして、それ以外を…。

    ●Coffee Talk
     バリスタ版ヴァルハラと言われまくっている、現代舞台でも登場人物はエルフドワーフオーガなんてファンタジーの住民達相手にバーテンダーならぬバリスタやるゲーム。ついついヴァルハラフォロアー扱いしてしまってますが、開発者当人達は「ヴァルハラ知ってから作った訳じゃねえし」と言い張っているようなので、その差も楽しんでいきたいと思っています。
     秋リリース予定なので大渋滞の9月に被ると辛いかなーすぐにやらなくてもいいかー。

    ●Graveyard Keeper
     Steam版既に出てますけど「汚い牧場物語」だの酷い言われようですw 墓守スローライフ……本当かなあ…?みたいなゲームのようです。題材や描写がなかなかセウトでいて直接的なグロ要素は無さそうなので、割と自分のストライクゾーンかなと。
     夏リリース予定なので割といきなり発表されそうです。

     とは言えインディーズはセールを待った方がお得だったりしますし、速攻で落とす事は無いかもしれません。あらかじめDL対応かつ値引き掛かってるゲームも最近は多いですが…。

    • kentworld より:

      Coffee Talkありましたね!どうしてもヴァルハラのフォロワーとして見られがちですが、開発者がそう仰るのであればどれだけ違うのか興味が出てきます。10月配信だったら丁度良いかな?

      Graveyard Keeperは「牧場物語」「スターデューバレー」という土台はあるものの題材が凄いw 墓守スローライフってww Steamではお馴染みですし、いきなり配信は有り得そうです。

  7. 110ito より:

    Hollow Knight Silksongは買い確定ですね。ただ、もう42連戦は勘弁‥笑 
    ちなみに、PS4/XBOX ONE での発売は確定してましたっけ?

    Death’s Gambitも日本語版嬉しいですね。(レベルや豊富な装備武器要素のある)2Dソウルライクは、Salt and Sanctuary 以来なんで、楽しみです。

    それにしても、Switchはインディーズゲームと相性がいいんですかね?
    ここにあるのは8割型Switchに出てますね。

    • kentworld より:

      Hollow Knight Silksongは外せません!42連戦はお疲れ様でしたw オフ会ではもっとそういう話を聞いてみたかったです。PS4/XboxOne版も出ると思いますが、Switch先行のようです。

      Death’s Gambitは昨年夏に海外では配信されたようなので、そろそろ日本語版に期待したいところです。

      インディーズゲームはSwitch版が圧倒的に売れるようで、最近はSwitch先行のパターンが増えてきました。

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)コメントは出来る限り返信していきますが、しない場合もあるのでご了承ください。

関連記事

神ゲーを連発しているSIE製PS4ソフトを大特集!何気にとんでもない打率だった!?
こんなにもある!?マリオカートのソックリさん達
「ゼルダの伝説信者にありがちな9つの癖」を考えてみた!
何が面白いの?各ゲームジャンルに含まれている「魅力・醍醐味・面白さ」を分かりやすく紹介!
【特集】中にはパクリっぽいのも!?「ゼルダの伝説」にそっくりなゼルダライクゲーム27選!
いつでも1,000円以下で購入出来るPSストア/eショップ販売のおすすめソフトを紹介!
ゲームを1日10時間集中してプレイ出来る5つのコツ!
こんなに偉大な人だった!?任天堂の山内前社長を名言集から振り返る
SEKIRO(隻狼/せきろ)で苦戦した強いボスランキングTOP20!1位になったのは果たして!?
Switchとビジュアルノベルの相性が最強である5つの理由。こりゃSwitchにノベルゲーが集まる訳だ!w