| 年末年始特別企画

KENTが選ぶ2019年のベストゲームランキングTOP30~ハイレベルな争いを制したのは!?~

どうも!KENT(@kentworld2 )です!

本記事ではぼくが選ぶ2019年のベストゲームを発表します。

対象となるのはこちらの記事で挙げたタイトルになります。

果たして1位になったタイトルは何になるのでしょうか?

では、30位から発表します!

30位

デビル メイ クライ 5/PS4/Xbox One

スタイリッシュアクションゲーム「デビル メイ クライ」シリーズのナンバリング5作目。

ナンバリングタイトルとしては11年ぶりの新作だけあって「4」とは比べ物にならないくらいあらゆる部分が進化していました!

特に印象的だったのが、ゲームパートのぶつ切り感を排除していること。

反面、シリーズの集大成を意識したストーリーによってイベントシーンの比率が高まっている印象で、もう少しサクサク楽しみたい気もします。

関連作のレビュー記事

目次へ戻る

29位

CODE VEIN(コードヴェイン)/PS4/Xbox One

「ゴッドイーター」の開発チームが贈る探索型アクションRPG。

「ダークソウル」のフォロワータイトルですが、βテストの段階ではもう少し下位になると思っていました。

ところが実際にプレイしてみると意外と面白く、個人的な良作ラインにランクインしています。

「それでこの順位?」と突っ込まれそうですが、全体の水準が高いので29位でも十分に高評価なんですw

関連作のレビュー記事
バンダイナムコエンターテインメント

目次へ戻る

28位

新サクラ大戦/PS4

セガサターンなどで好評を博したドラマチックアドベンチャーゲームシリーズの最新作。

ぼくは今作でデビューしたんですが、今どき珍しいくらい王道なストーリーで素直に楽しめました。

ご都合主義で突っ込みだしたらキリがありませんが、キャラクターが良い味を出しているのですよ。

特に主人公の神山隊長には色んな意味で感情移入してしまいました。

粗削りなアクションパートを改善し、彼らのその後を描いた続編が発売されることを楽しみにしています。

関連作のレビュー記事

目次へ戻る

27位

ヨッシークラフトワールド/Switch

ヨッシーが主人公の2Dアクションゲーム。

今作でもほんわかした世界観が印象的でした。

プレイしたのが超高難易度の「SEKIRO」直後だったので、どれだけ癒やされたことかw

やり込み要素は人によってはクドく感じそうですが、すべての隠しステージをプレイする分にはそこまでやり込まなくても良いのは助かりました。

様々な刷新によってシリーズ全体に感じていたマンネリ感も薄れていたので、今後の発展が楽しみなシリーズ。

関連作のレビュー記事

目次へ戻る

26位

オーバーライド 巨大メカ大乱闘/PS4

巨大ロボットが大乱闘を繰り広げる対戦アクションゲーム。

実質インディーズゲームなので安っぽさを感じるところがありますが、本作の場合はそこが味になっていました!

何よりも最大4人での対戦・協力プレイが熱かった!

シングルプレイはイマイチですが、友達が4人集まった時にプレイするPS4ソフトとしては最高の作品。

関連作のレビュー記事

目次へ戻る

25位

トライアルズ ライジング/PS4/Switch

ステージクリア型のバイクアクションゲーム。

今作は様々な世界が舞台になっているのが印象的でした。

大量のチェックポイント&爆速リトライのコンボによる中毒性も建材で、大安定の内容です。

相変わらずマンネリ感が強いので、もう少し新要素を強化してほしかったところですが。

関連作のレビュー記事

目次へ戻る

24位

メトロエクソダス/PS4/Xbox One

荒廃した世界を舞台にしたオープンワールド型のFPS。

シリーズ3作目になりますが、セミオープンワールド形式のマップが追加されたことでより没入感の高いゲームとなっていました!

リアリティを重視したシステム・アクションはストレスとの隣り合わせでしたが、没入感を高めるうえでは正解に感じます。

関連作のレビュー記事

目次へ戻る

23位

スター・ウォーズ ジェダイ フォールン オーダー/PS4/Xbox One

「スター・ウォーズ」を題材にしたアクションアドベンチャーゲーム。

ソウルライク×メトロイドヴァニアを組み合わせたようなゲームなので、ぼくにとってはドストライクな作品!

と言いたいところですが、これらのジャンルに「スター・ウォーズ」ならではのストーリー性が絡むと意外にも噛み合わせが悪いことに気が付かされました。

なので、残念ながら1+1=2のような作品には感じていません。

それでも戦闘周りは楽しめたので比較的高い順位にしました。

関連作のレビュー記事

目次へ戻る

22位

Days Gone/PS4

ゾンビに支配された世界を舞台にしたオープンワールド型のアクションアドベンチャーゲーム。

題材・ジャンル共に有り触れているうえゲームプレイに突出した部分がないので第一印象は微妙でした。

しかし、中盤以降はストーリー・ゲームプレイ共に見せ場が多くなり、最終的には良作と感じられたので序盤と終盤のギャップが凄い作品w

実はプラチナトロフィーを狙っていたんですが、進行不能バグで取れなくなってしまいましたorz

アップデートによって忘れた頃にプレイしたら取れたりしないかな?

関連作のレビュー記事
ソニー・インタラクティブエンタテインメント

目次へ戻る

21位

ルイージマンション3/Switch

ルイージが主人公のアクションアドベンチャーゲーム。

ナンバリングタイトルとしてはこれで3作目になりますが、個人的にはシリーズ最高傑作になります。

これまでに発売された作品は欠点が気になりすぎてしまい、高く評価出来なかったんですが、今作はそれらを改善していたのですよ。

とは言え完全には改善しきれていないので、まだ伸びしろを感じられます。

屋敷探索というシチュエーションの作品をこれ以上出すのは無理を感じますが、彼が活躍するアクションアドベンチャーゲームをまたプレイしたいです。

関連作のレビュー記事

目次へ戻る

スポンサーリンク

20位

十三機兵防衛圏/PS4

様々な時代が舞台のSFアドベンチャーゲーム。

この作品は緻密なストーリーラインが凄かった!

13人の主人公はみんな魅力的ですし、ストーリーものとして見たら優れた作品に感じます。

正直なところ、ぼくはヴァニラウェアの作品を世間ほど楽しめたことはありません。

そんなぼくでも今作は楽しめました。

ヴァニラウェアって魅力的なグラフィックやストーリーを生み出すことに長けている開発スタジオだと思うんですよ。

今作はアドベンチャーゲームという性質上、グラフィックやストーリーに特化出来るので、同社の特性とマッチしているように感じます。

関連作のレビュー記事

目次へ戻る

19位

ポケットモンスター ソード/シールド/Switch

人気育成RPG「ポケットモンスター」シリーズの最新作。

育成RPGと書きましたが、個人的に今作はストーリーRPGとして高く評価しています。

ポケモンのストーリーって「8ヶ所のポケモンジムを制覇する」という目的がある関係上、テンプレ化しやすく感じるんですが、今作はそんなことはありませんでした。

とにかく登場キャラクターの描写が素晴らしく、まるでアニメを見ているかのよう。

この辺りは対応ハードが3DSからSwitchになり、表現面がパワーアップした恩恵を感じられました。

ポケモンと言えば育成RPGのイメージが強くなっていますが、今作はストーリーメインのRPGとしてもおすすめしたいです。

関連作のレビュー記事

目次へ戻る

18位

RAGE 2/PS4/Xbox One

荒廃した世界を舞台にしたオープンワールド型のFPS。

本作をプレイする前に前作をプレイしたんですが、快適性を高めたことで別ゲーになっていたから驚きました!

クリアまでのプレイタイムが短いので悪く言われがちな作品ですが、個人的にはサクッと楽しめたのでお気に入り♪

爽快感重視の戦闘や各地の探索が最高に楽しかった。

関連作のレビュー記事

目次へ戻る

17位

ライアン・マークス リベンジミッション/PSVR

アクション映画の主人公を体感出来るFPS。

VR専用のFPSは数あれど、ここまで自分にフィットする作品は今までありませんでした!

何が良いのかと言うと、銃撃戦以外にも様々なアクション要素を体感出来るからです。

おかげでどのチャプターも飽きずに楽しめました。

シューターとしても面白いので、やり込みプレイをしてプラチナトロフィーを獲得してしまったw

関連作のレビュー記事

目次へ戻る

16位

キングダム ハーツIII/PS4/Xbox One

スクウェア・エニックスが贈るアクションRPGのナンバリング3作目。

前作から相当な月日を経て発売されただけあって気合の入れようが凄い作品でした。

その気合の入れようは到るところで「これがスクエニの底力だ!」なんて心の声が聞こえてくるほどで、開発に時間が掛かってしまうのも納得の作品。

ただ、終盤に広げすぎた風呂敷を一度に畳み過ぎてしまったことで尻すぼみな印象を持ってしまいがちなのが惜しかった。

その辺りはダウンロードコンテンツに期待しましょうか。

関連作のレビュー記事

目次へ戻る

15位

コールオブデューティ モダン・ウォーフェア/PS4/Xbox One

人気FPSシリーズの最新作。

ぼくが本シリーズを本格的に触れたのは「~ブラックオプスII」以来になりますが、久しぶりにハマりました!

久しぶりに触ってみて思ったのが、よりリアルな現代戦を描くことに注力しているということ。

例えばPS4版の場合、タッチパッドを押さない限り目的地マーカーが表示されません(キャンペーンモードでの話です)。

普通に移動する分にはHUD表示が全く無いので、より現実的な体験を味わうことが出来ました。

ぼくの場合、PSVRを装着しながらプレイしたんですが、没入感が凄かった!

本作をプレイしてFPS熱が再燃したので、過去作品のキャンペーンモードをPSVRのシネマティックモードで片っ端からプレイしたいなぁ。

関連作のレビュー記事

目次へ戻る

14位

LEFT ALIVE/PS4/Xbox One

「フロントミッション」と世界観を共有したステルスアクションゲーム。

なんと、世間では歴史的な低評価を食らった本作が「キングダム ハーツIII」よりも上にランクインしましたw

でも、個人的にはそれだけ楽しめたんですよ。

確かに理不尽な部分もあると思いますが、攻略の糸口を探そうと夢中でプレイしてしまい、2日でクリアしてしまいましたからw

強化要素&プレイヤースキルの向上によって2周目をプレイする頃には1周目とは比較にならないほどサクサク進められるのも気持ちよかった。

関連作のレビュー記事

目次へ戻る

13位

東京クロノス/PSVR

360度映像で楽しめるアドベンチャーゲーム。

VR映像でのノベルゲームってどんなものかと思いましたが、これが予想以上に素晴らしい!

没入感が増すことで画面内の文字がスッと頭に入るので、よりストーリーを楽しめました。

加えてミステリーものとしての完成度も高く、引き込み具合は数あるアドベンチャーゲームの中でもトップクラスに感じます。

こんなにも先の展開が気になるゲーム、そんなに無いですよ!

関連作のレビュー記事

目次へ戻る

12位

ファイアーエムブレム風花雪月/Switch

人気シミュレーションRPG「ファイアーエムブレム」シリーズの最新作。

「え?これがあの『ファイアーエムブレム』なの!?」

なんて声に出さずにはいられないほど過去作品から大きくパワーアップしていたので驚きました。

とにかく作り込み具合が半端ない!

本来ならグラフィックに力を入れている分、ボリュームが不足するハズなんですが、むしろ大幅に増えていますからw

それでいて「ファイアーエムブレム」シリーズで大切な戦略性やキャラクター性も失われておらず、非常に完成度が高い作品に感じます。

時間がなくて1.5周しかプレイ出来ていないけど、全ルートプレイしていたらもっと上位になっていたかも!?

関連作のレビュー記事

目次へ戻る

11位

ニンテンドーラボ VRキット/Switch

ダンボールによるVRゴーグルを使って楽しむ工作キット。

Switchで楽しめる初のVRゲームになりますが、その割には色々と詰め込んでいるのでお買い得感が凄い作品でした。

特に印象的だったのが、VRゲームを自作出来てしまうこと。

シュールな演出といい、我が青春の「マリオアーティスト タレントスタジオ」を彷彿とさせてくれる作品です。

本作の発売に合わせてSwitchの人気タイトルがいくつかVRゴーグルに対応してくれたのも嬉しかった。

関連作のレビュー記事

目次へ戻る

スポンサーリンク

10位

Summer Pockets/Switch

男子高校生が島の生活を楽しむ恋愛アドベンチャーゲーム。

コメディとシリアスな描写の配分が上手く、世界観やBGMが秀逸なので、完全クリアする頃には「あぁ、良いなぁ」と思えるようになりました。

余韻に浸ることが出来るので、夏にプレイするにはピッタリな作品。

keyのゲームは泣きゲーと言われていますが、確かにこれは泣けますw

実は本作、上半期の時点では「キングダム ハーツIII」や「ニンテンドーラボ VRキット」の下に入れていました。

ところがクリアしてから半年が経つことでジワジワと評価が上がっていき、年間でもTOP10入りを果たすことになったんです。

本作をプレイしてゲームにおけるストーリーやBGMのパワーを再確認しました。

ストーリーやBGMはその人の心に響けば時間が経つ毎に価値が増していくと。

関連作のレビュー記事

目次へ戻る

9位

クラッシュ・バンディクー レーシングブッとびニトロ!/PS4/Switch

「クラッシュ・バンディクー」のキャラクターが集結したレースゲーム。

全体的に玄人向けの作りになっているんですが、個人的にはそこがハマりました!

対戦プレイは同じくらいの腕前の人とやったら白熱しますし、何よりも歯ごたえ抜群のおはなしモードがツボだった!

1位にならないと先に進めないので、何度もムキになりながらプレイしてしまいましたよw

本作の元となった作品からは色々と改変されているのでそこがファンの間で評価が分かれてしまいそうですが、面白いゲームであることは間違いありません。

関連作のレビュー記事

目次へ戻る

8位

バイオハザード RE:2 Z Version/PS4/Xbox One

1998年に発売されたPS「バイオハザード2」のリメイク作。

オリジナル版からガラッと変わりましたが、「7」以上に探索要素が強く、周回プレイが楽しい作品でした。

新旧の要素を盛り込んだ「バイオハザード」としてはこれ以上ないくらい絶妙な調整をしているんじゃないでしょうか?

「5」や「6」の頃に迷走していたのが嘘のよう。

もう少しやり込めばプラチナトロフィーを獲得出来そうなので、いずれは取っておきたいところです。

関連作のレビュー記事

目次へ戻る

7位

The Surge 2(ザ サージ2)/PS4

SF世界を舞台にした高難易度アクションRPG。

これでシリーズ2作目になりますが、面白さの面で言うなら今作の方がワンランク上に感じます。

特に面白いと思ったのが、敵に攻撃をすることで回復アイテムをチャージするシステム。

このシステムによって体力が少ない時にあえて攻撃するという手段が加わったことになるので、戦略性が増しています。

それ以外にも細かな改良点が多く、今作に慣れた後に前作をプレイするとサビ抜きの寿司を食べているかのようw

関連作のレビュー記事

目次へ戻る

6位

ゼルダの伝説 夢を見る島/Switch

1993年にゲームボーイで発売されたアクションアドベンチャーゲームのリメイク作。

「これ以上理想的なリメイク作はないだろう」

そう言いたくなるほど名作を理想的な形で蘇らせています。

何よりも白黒のドット絵で構成された世界をジオラマ風にアレンジするセンスが素晴らしい!

不便だったシステムも良い感じに改善されていて、あらゆる点がオリジナル版を上回っています。

もし、リメイク版かオリジナル版のどちらをプレイするべきか訊かれた場合、ぼくは断然リメイク版を推すことでしょう。

関連作のレビュー記事

目次へ戻る

5位

Gears 5(ギアーズ 5)/Xbox One

人間と地底生物の戦いを描いたアクションシューティングゲーム。

本作を簡単に表すと、「ぼくが好きな『ギアーズ』が帰ってきた!」ですw

「4」と比べてアトラクション的な仕掛けが多く、最後まで飽きずに楽しめましたから。

ストーリーはファンサービスを盛り込みつつも終盤には思い切った展開が発生するので、良くも悪くもプレイヤーの感情を揺さぶる作品でした。

今は「6」の発売が楽しみでなりません。

おそらく次世代Xboxで発売されるのでしょうが、もし、そうなら「ギアーズ6」のためだけに本体を買っても良いですよ。

そもそも、Xbox Oneを購入したのも「ギアーズ」シリーズの存在が大きいのですから。

今作もオンオフ問わず協力プレイを楽しめるので、機会を見つけて誰かと周回プレイをしたいです。

関連作のレビュー記事

目次へ戻る

4位

リングフィット アドベンチャー/Switch

リングコンとレッグコンを使って楽しむフィットネスゲーム。

「Wii Fit」とは違ってストーリーモードを収録しているのが特徴となっていますが、予想以上に作り込みが凄かった!

クリアまでのプレイタイムは50時間を優に超えますし、先に進めていくほどRPGとしての戦略性が高まりますから。

見た目がカジュアルな雰囲気なので侮っていましたw

それでいてフィットネスゲームとしても有能で、10分でもプレイすると汗をかいてしまいます。

無酸素運動器具としてはもちろん、有酸素運動器具としてもおすすめしたい作品。

特に冬だと自宅からスポーツセンターへ行くのが億劫なので、とても重宝しています。

関連作のレビュー記事

目次へ戻る

3位

デス・ストランディング/PS4

コジマプロダクションが贈るアクションアドベンチャーゲーム。

オープンワールドマップの中で荷物運びを行うゲームですが、全体のゲームデザインや肉付けが素晴らしい作品でした。

やっていることが地味なので動画だけを見たり話を聞くだけだと「つまらないゲーム」に感じるかも知れませんが、実際にプレイしてみると予想以上に楽しい!

転倒しないようデコボコな道を避けて進んだり、他のプレイヤーが建てた施設を活用したり・・・。

「荷物運び」と一言で片付けるのが勿体ないくらい様々な要素が詰め込まれています。

コジマプロダクション特有のやり過ぎな演出は苦手な部分もありますが、本作をプレイして感じたことは数年経っても忘れることはないでしょう。

関連作のレビュー記事
ソニー・インタラクティブエンタテインメント

目次へ戻る

2位

スーパーマリオメーカー2/Switch

2Dアクションゲーム「スーパーマリオブラザーズ」のコースをクリエイト出来るゲーム。

今作は新パーツの追加によって前作で感じたモヤモヤを晴らせました!

それでいてシングルプレイの強化やマルチプレイの追加によって遊び要素が大幅に増している印象で、末永く楽しめそうな気がしています。

あまりにも完成度が高いので次回の2Dマリオはどうするのか心配してしまうレベルw

また、個人的な事情で今作は忘れられない作品になってしまいました。

具体的には書きませんが、ぼくと縁のあるとあるコース職人さんのコースをプレイしていると楽しかった頃の思い出が蘇ってきて泣けてくるのですよ。

コース自体がとても良く出来ているので尚更。

関連作のレビュー記事

目次へ戻る

1位

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE/PS4/Xbox One

そして1位になったのがこちらのゲーム!

和風の世界を舞台にしたアクションアドベンチャーゲームですが、フロムならではの味付けが最高にツボでした!

相手の動きをよく見ないと倒せないガッチガチなゲームバランス。

「弾き」「体幹」「忍殺」によって生まれる戦闘のスピード感。

忍者らしい縦横無尽なアクション。

これまでぼくはアクションバトルではヒット&アウェイ至上主義でしたが、本作をプレイして価値観が変わってしまいましたよw

あまりにもハマってしまったので、一時期は体調不良になるくらいでしたw

関連作のレビュー記事

スポンサーリンク

全体のまとめ

以上!KENTが選ぶ2019年のベストゲームランキングでした!

1位は多くの方が予想出来たと思いますが、それ以下の並びは興味深かったのではないでしょうか?

毎度のことながらも昨年も数多くの良作に出会えたので、ここで挙げた30本はすべて良作ラインに入ります。

本記事を読んで興味を持ってくれたら嬉しいです。

目次へ戻る

最後にKENTが選ぶ2019年のベストゲームランキングを再度掲載

1位 SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE/PS4/Xbox One
2位 スーパーマリオメーカー2/Switch
3位 デス・ストランディング/PS4
4位 リングフィット アドベンチャー/Switch
5位 Gears 5(ギアーズ 5)/Xbox One
6位 ゼルダの伝説 夢を見る島/Switch
7位 The Surge 2(ザ サージ2)/PS4
8位 バイオハザード RE:2 Z Version/PS4/Xbox One
9位 クラッシュ・バンディクー レーシングブッとびニトロ!/PS4/Switch
10位 Summer Pockets/Switch
11位 ニンテンドーラボ VRキット/Switch
12位 ファイアーエムブレム風花雪月/Switch
13位 東京クロノス/PSVR
14位 LEFT ALIVE/PS4
15位 コールオブデューティ モダン・ウォーフェア/PS4/Xbox One
16位 キングダム ハーツIII/PS4/Xbox One
17位 ライアン・マークス リベンジミッション/PSVR
18位 RAGE 2/PS4/Xbox One
19位 ポケットモンスター ソード/シールド/Switch
20位 十三機兵防衛圏/PS4
21位 ルイージマンション3/Switch
22位 Days Gone/PS4
23位 スター・ウォーズ ジェダイ フォールン オーダー/PS4/Xbox One
24位 メトロエクソダス/PS4/Xbox One
25位 トライアルズ ライジング/PS4/Switch
26位 オーバーライド 巨大メカ大乱闘/PS4
27位 ヨッシークラフトワールド/Switch
28位 新サクラ大戦/PS4
29位 CODE VEIN(コードヴェイン)/PS4/Xbox One
30位 デビル メイ クライ 5/PS4/Xbox One
歴代のマイベストゲームランキング
2008 2009 2010
2011 2012 2013
2014 2015 2016
2017 2018 2019

Sponsored Link



Amazonギフトカードにチャージする

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)コメントは出来る限り返信していきますが、しない場合もあるのでご了承ください。

コメント広場の住人(14)

  1. 匿名 より:

    マリオメーカーが他を押しのけて二位なのは驚きましたが一位は予想通りセキローでしたね
    今年はなかなかPS勢が頑張ってた感じ
    ハード末期になっていよいよこなれてきたってトコでしょうか
    来年辺りはSwitchも円熟期に入るでしょうしより一層期待したいところです

    • KENT より:

      マリオメーカー2は個人的に忘れられない作品になってしまいました。近々、理由を明かします。

      PS4は円熟期に達したので、完成度が高い作品が目立っていましたね。

  2. まーちゃん より:

    僕の2019ベストゲームランキングは8位英雄伝説閃の軌跡Ⅲ、Ⅳ(PS4)、7位アライアンスアライブ(スイッチ)、6位遊戯王LOTD(スイッチ)、5位スーパーロボット大戦V(PS4)、4位フェアリーフェンサーエフ(PS4)、3位戦場のヴァルキュリア4(PS4)、同着一位でゼノブレイド2(スイッチ)、東京ザナドゥeX+(PS4)という結果になりました!全体的に発売日に買ったゲームがあまり奮わず中古で買ったゲームが主力になった年になりました。とはいえ今年初めて発売日に買う龍が如く7は本当に珍しいAAAタイトルのコマンドRPGなので今からとても楽しみです!

    • KENT より:

      これは興味深いランキングです!

      同率1位にゼノブレイド2と東亰ザナドゥex+ですか!?

      まーちゃんさんの好みがよく現れていて楽しめました。

      確かに龍が如く7は今どき珍しいAAA級のコマンドRPGですねw

  3. ?トモフミ? より:

    1位と3位は予想通りでしたけど、2位はちょっと意外でした。
    僕は20位、30位とランキングはつけられませんが、ベスト10は
    10位 ヨシクラ
    9位 マリメ2
    8位 ルイマン3
    7位 ゼルダ 夢島リメイク
    6位 AI ソムニウムファイル
    5位 リングフィット
    4位 FE 風花雪月
    3位 逆転裁判123
    2位 ドラクエXIS
    1位 ポケモン剣盾
    という感じになりました。
    任天堂タイトルがハンパなく強い!(≧∀≦)

    ほんとに去年は、神な1年でした。
    今年は、まずポケモン新作とファミ探やゼノブレに期待かな。

    • KENT より:

      何故、マリオメーカー2が2位なのかは近々挙げます。

      トモフミさんのランキングもお待ちしておりました!

      やはり、1位はポケモンですか。かなりの勢いでプレイされていましたもんね。2位はFEかと思っていましたが、それだけ上位の壁が厚いのですね。

      リングフィットの順位が予想以上に高いw

  4. koji より:

    自分の2019ベストタイトルはFE風花雪月です。いま4周目の途中で止まっているんですが、追加シナリオの配信に合わせてプレイ再開する予定です。発売後しばらくは「我が名はフェルディナント・フォン・エーギル!」の幻聴に悩まされました。
    2位がペルソナ5R。
    ペルソナ5は2周半くらいやってたので、いまさら完全番を楽しめるかどうか不安だったんですが、特に問題なかったです。やはりモルガナは可愛かった。まだ本格的な追加要素までプレイしていないので、本番はこれからです。
    3位がロマサガ3。
    トロコンまで2年ほどかかるかなと予想していたら、2ヶ月もかかりませんでした。ロマサガ2よりもはまった気がします。

    • KENT より:

      追加シナリオはこの春に配信予定なので楽しみですね!一体、どんな内容になるのかなー?

      ペルソナ5Rは無印版から色々改善されているようですが、時間の問題で手を出せなかったのが心残りです。

      ロマサガ3は早くもトロコンですか!?それだけの勢いでプレイされていたということですね。

  5. グリグラ より:

    ほほう。サマポケは前半より順位が上がったのですか。確かに思い返す度、ああよかったなぁと浸っていた気持ちが思い出せますからね。

    隻狼はともかくスターウォーズとサージ2。同じソウルライクでも評価が大きく離れてますね。自分はストーリーがしっかりしてる方が楽しそうに感じますが、いずれプレイしてみるのが楽しみです。

    kentworld評でもリングフィットの評価高いですね。自分はあくまで現時点の評価になりますが、クリアしたらさらに1段上がりそうな気はしてます。

    自分が今年クリアした新作は17本。少ないと思うかもですが、1本あたりにかけた時間がとても多いのですよ。

    特別枠 スーパーマリオメーカー2
    今作は個人的な思いも絡んで評価しづらいので特別賞のゲームとします。コースを作らなくても遊べる一人用モードの充実が良かったですね。

    16位 デモンエクスマキナ(Switch)
    最下位ですが十分に良作でした。アクション面はやや磨きが足りませんが、ロボを動かす爽快感やカスタマイズの面白さなどロボゲーとしてのツボをしっかりと押さえたいいゲームです。

    15位 ワンピースワールドシーカー(PS4)
    ゲームの流れはやや単調なお使いゲーでしたが、漫画チックにデフォルメされたフィールドを飛び回れるだけで楽しく満足でした。

    14位 ポケットモンスター ソード(Switch)
    新しいポケモンとの出会いと各所で盛り上がりを見せる演出の数々が印象的でしたね。手持ちポケモンをどのポケモンにしようかとても迷いましたがたのしかったです。

    13位 デビルメイクライV(PS4)
    スタイリッシュアクションの名に恥じない爽快で気持ちのいいアクションはさすがです。ネロが使用感とビジュアル含めお気に入りでした。リプレイ性の高さもよかったですよ。

    12位 Nintendo LABO VRkit(Switch)
    VRに任天堂らしい遊び心あふれる仕掛けや工夫が施された、いい意味でゲームらしくないゲームした。もっと本格的なゲームで遊びたかったですね。

    11位 ASTRAL CHAIN(Switch)
    さすがプラチナ製のアクションゲーム。今までに体験した事のないアクションに見事な爽快感をしっかりプラスしていました。操作パートも含め全体的にクオリティが高かったです。

    10位 ドラゴンクエストⅪS(Switch)
    今作はハードモード追加により、敵との戦闘が楽しくレベルアップする意義をしっかりと感じられたのが特に良かったです。3DS版では挫折した過ぎ去りし時を求めた後の世界はやや蛇足には感じましたが、長い歴史をもつドラクエだからこそのあのエンディングには心から震えて感動しました。

    9位 ルルアのアトリエ(Switch)
    この作品で携帯機とアトリエシリーズの相性の良さを実感しました。すべてのキャラエンドを見るくらいにはハマりましたよ。

    8位 リングフィットアドベンチャー(Switch)
    もっとランク高くてもよかったけど現時点ではこのくらい。ゲーム内の主人公と自分がこんなにも一体となるゲームもなかなか無いでしょう(笑) RPGとしても面白いですし、運動がこんなに楽しいと感じられるのは今までありませんでした。

    7位 ゼルダの伝説 夢をみる島(Switch)
    2Dゼルダは好きな部分と嫌いな部分がハッキリわかれていましたが、今作は3Dゼルダに劣ることなく全部が楽しく好きになれました。謎解きも探索も行けなかった場所に行けるようになる嬉しさも、さすがはゼルダ!と言えるクオリティでした。

    6位 ファイアーエムブレム 風花雪月(Switch)
    圧倒的なボリュームでありながら細かな作り込みまで手を抜かなかった点は素晴らしいです。ハードモード以上で感じたあと歯ごたえと育成の楽しさ、キャラへの愛着は蒼炎の軌跡を思い出させるのに十分でした。

    5位 十三機兵防衛圏(PS4)
    13人+αの人物たちが4つの時代を又にかけて絡み合う、とてつもなく複雑な群像劇を粗を探すのが難しいほどにキレイに締めくくったある意味で怪作でした。アーカイブの充実ぶりも素晴らしく、クリア後は真相を理解しようと何度も見返してしまいましたね。

    4位 DeathStranding(PS4)
    オープンワールドゲームは数あれど、世界がシームレスにつながることに意味を持たせたゲームはゼルダBotw以来でしたね。配達中は常に気を配り、リスク管理を気にしながら無事に荷物を送り届けた時の達成感は病み付きになりましたね。

    3位 Summer Pokets(Switch)
    keyの作品は泣きゲーと言われる所以をこのゲームで感じることができました。普段のコメディな日常をしっかり描くことで、後半のシリアスな物語があれだけ心に強く刺さったんですね。このゲームのおかげでノベルゲームがすっかり自分の一部となってしまいました。

    2位 隻狼-SEKIRO-(PS4)
    剣戟アクションという革新的なシステムを生み出したことがなによりの凄さでしょう。ヒット&アウェイが当たり前だったアクションゲームに、攻撃は最大の防御という言葉を体現した剣戟アクションは新鮮かつ大変に面白いものでした。

    1位 ライザのアトリエ(Switch)
    「面白さ」だけで評価するなら隻狼が1位だったでしょうが、「好き」も加えると今年の新作パッケージベストはライザでした。シンプルながら作れるアイテムが次々に繋がっていく中毒性ある調合システム。リアルタイムに動く中でゲージ管理が楽しい戦闘。ライティングに力を入れたグラフィック。そして王道的なひと夏の思い出を作るシナリオの良さ。新しい試みが見事に面白さへと昇華されていました。まだまだ磨けばもっとよくなる点もあるので続編がとても楽しみです。

    2019年の新作はすべて良作以上のハイレベルな年でした。

    ちなみに旧作ランキング
    12位 ぐるみん3D
    11位 ドラクエ3
    10位 ルイージマンション
    9位 ドラクエ1
    8位 GOD OF WAR
    7位 塊魂 アンコール
    6位 ドラクエ2
    5位 オーディンスフィア レイヴスラシル
    4位 斬撃のレギンレイヴ
    3位 うたわれるもの 散りゆく者への子守歌
    2位 スーパーマリオギャラクシー2
    1位 ウィッチャー3

    以上となりました。

    • KENT より:

      はい!上半期のランキングを発表する段階ではサマポケはクリア直後でしたが、それから時間が経ってジワジワと上がっていきました!

      昨年はソウルライクゲームを色々プレイしましたが、お気に入り度はバラツキがあります。どれも高水準なんですが、各要素を上手く融合出来ているのかどうかで感じ方が変わってきます。ぼくとしてはソウルライクシリーズって考えるより感じるストーリーの方が合っているような気がしています。

      リングフィットは今までプレイしてきたフィットネスゲームの中では最も良く出来ています。Wii Fitからのノウハウをこんな形で活かしてくるとは!?

      グリグラさんはスーパーマリオメーカー2を特別賞に挙げますか・・・。彼が手掛けたコースだけでも元が取れる作品でしたよね。2020年も定期的にプレイしていきたいと思っています。

      こうして2019年に発売されたタイトルのランキングを見ていると、どれも楽しめている印象があります。

      最下位のデモンエクスマキナも楽しまれていましたよね。こうしてみると「これが下位!?」と感じるタイトルも多いので、相当レベルが高いのではないでしょうかw TOP5に入ると神の領域なんじゃないかと思うくらい楽しめている印象でしたので。

      そして1位はライザでしたか!?SIKIROを上回ってくるとは恐るべし!

      こういうランキングって「面白い」よりも「好き」を重視した方が後々しっくり来るので、それで良いと思いますよ。昨年は個人が持つ「好き」の力強さを実感した一年でした。

      旧作ランキングもありがとうございます!マリギャラ2が早くも2位に入っている!w ドラクエのロト三部作も昨年プレイされていましたね。懐かしいタイトルが色々と含まれていて興味深いランキングです。今年も旧作のプレイ報告を楽しみにしています!

  6. nicond より:

    1位 デス・ストランディング
    2位 SWジェダイ フォールン オーダー
    3位 ゼルダの伝説 夢を見る島
    4位 FE風花雪月(途中)

    2019年のランキングはこんな感じです。
    1位のデスストは圧倒的でしたが、他は良い意味でそれほど差はなく、少数精鋭の年でした。FEをクリアしてたら順位が違ってたかもしれませんがw近いうちにクリアしたいです。

    • KENT より:

      ありがとうございます!

      1位はデス・ストランディングが圧倒的でしたか!?

      FE風花雪月はどこまで進めているのか分かりませんがクリア頑張ってください♪ 第2部を迎えたらブーストかかりますよ~

  7. ジョエリー より:

    SEKIROの1位は予想通りでした!近接戦闘の楽しさは過去最高でしたね。その他も中々順当だと思いますがやはりレフトアライヴ だけ異質な感じですね笑
    自分はヴァンツァー戦が突破出来なかったり気分が乗らなかったりで結局2019年内にはクリア出来なかったですね…。今後はモチベが上がれば再挑戦したいと思います。

    個人的なランキングで
    1位 SEKIRO
    2位 デスストランディング
    3位 キングダム ハーツⅢ
    4位 CONTROL
    5位 デイズゴーン
    はコメント付きで既に挙げたのでその他のタイトルを書きたいと思います。

    6位 Star Wars:Jedi Fallen Order
    多彩で派手なやりごたえある戦闘とフォースを駆使した謎解き探索がとにかくよく出来ていたゲームでした。スターウォーズの世界観も素晴らしかったですね。

    7位 ゼルダの伝説 夢をみる島
    ジオラマ風の世界観の中で島のあちこちを行ったり来たり探索したり謎解きしたりするのがとても自分好みでした!

    8位 バイオハザードRE2
    ゾンビや怪物が蔓延る狭い屋敷や施設の中を探索・謎解きをするのが緊張感があって楽しかったです。

    9位 東京クロノス
    まるで自分もその場にいるような錯覚をしてしまう程没入感の高いノベルゲームでした!終盤のストーリーで少し納得のいかない部分はありましたが全体的には不気味で緊張感があって楽しめました。

    10位 新サクラ大戦
    頻繁に挟まれる上にキャラが豊かに反応してくれる選択肢に魅力的なキャラクター、熱い演出などアドベンチャーパートやストーリーはとても楽しめました!次回作があるなら戦闘の完成度向上に期待したいです。

    11位 A Plague Tale: Innocence
    中世のフランスを舞台に大量のネズミから逃れるパズル要素や人間の敵から逃れるステルス要素を楽しめました!蠢く大量のネズミは比較的に楽しいですしストーリーも姉弟愛を強く感じられました。

    12位 アストラルチェイン
    レギオンを使った戦闘は斬新・爽快で探索や捜査なども間に挟まれるので中弛みなく最後まで楽しめました!その分テンポは少し悪かったかも。

    13位 デビルメイクライ5
    今までのシリーズに比べても全体的にテンポが良くなって純粋に進化したスタイリッシュアクションを楽しめました。ストーリーも集大成感があって良かったですね。

    14位 アッシュと魔法の筆
    絵心がなくてもある程度形になるのでどんどん街を彩ったりかわいい怪物を生み出せるのが楽しかったです!VRモードの3Dに絵を描けるステージはVRを持っている人全員に体験してほしいです。

    15位 プロ野球スピリッツ2019
    今年一番プレイタイムが長く結構楽しめてはいますがまだまだ物足りない!システム関連はこの際良いのでとにかくモーションを強化してリアルの動きに近づけてほしいです。

    16位 ANTHEM
    全体的に単調でしたが銃・魔法を組み合わせた戦闘とホバーを使って飛び回る移動は爽快でした。過疎のせいでほとんどソロでプレイしましたがイージーならあまり問題無かったですね。

    17位 ライアンマークス リベンジミッション
    アクション映画の主人公になった気分で銃撃戦や鍵開けなどを楽しめました。個人的にはもう少し銃撃戦の割合を下げた方が好みだったかも。

    18位 ワンピース ワールドシーカー
    細かい不満点は多いものの明るいワンピースの世界観の中でワイヤーアクションを使って飛び回るのは楽しかったです。

    他にイース8 廉価版と逆転裁判123リマスターを購入したので今年は20タイトルになりました。毎年言ってる気がしますが全体的にレベルが高くて良かったですね。

    去年プレイした旧作の中ではカオスチャイルドが特に良くて新作の中に混ぜても2位になるほど心に残る物語でした。エンディングも久しぶりに心にくる感じでクリアした時の喪失感が大きかったですね。KENTさんも積んでるとのことなので時間はかかりますが良ければ是非プレイしてみてください。

    • KENT より:

      こちらにも書き込みをありがとうございます。

      SEKIROの1位は予想通りですよねw 発売当時は凄い勢いで記事にしてしまいましたw

      レフトアライブは惜しくもTOP10入りにはなりませんでしたが、2日でクリアするくらいにはハマりました。今、思うとよくやれたなぁって思いますw

      ジョエリーさんのランキングもコメント付きで参考になりました。6位以下の感想も気になっていたんですよー。

      こうしてみると、ぼくがプレイしたゲームも多いけど、並びは全然違っていたりして興味深いです。

      A Plague Tale: Innocenceはタイミングが悪くてプレイ出来ていませんが、楽しめたようですね。大量のネズミから逃げるパズル要素。文字だけだとゾクッとしますw

      プロスピは発売されたのは良かったものの惜しい作りみたいですね。今作はヒットしたので次回作の開発費に生かしてほしいのですが。

      ANTHEMは今プレイすると当時とは印象が変わっていそうですね。発売当時は常に4人プレイが出来ました。マルチプレイだと自分のペースでプレイ出来ないのが辛かった(^_^;)

      カオスチャイルドは相当楽しめたようですね。恥ずかしながらも3年くらい積んでしまっています(^_^;)

      エンジンが掛かれば一気に進めそうなのですが・・・。

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)コメントは出来る限り返信していきますが、しない場合もあるのでご了承ください。

関連記事

実はあのゲームも購入していた!?2018年に購入した旧作のパッケージタイトルを全部挙げます!
2017年印象に残ったゲームニュースTOP20を大発表!Switch発売、モンハンワールド発表etc…
総額○○万円超え!?2019年に購入した新作ゲームを全部挙げます!
2016年に発売されたタイトルで個人的に期待を下回ったゲーム
ドラゴンクエストXIの対応ハードは何になる?2015年のゲーム業界を大予想!
ニンテンドースイッチの発売日は3月18日?年内に180万台を販売?2017年のゲーム業界を大予想
密かにこんなゲームもクリアしていました!2016年にプレイした旧作ゲーム
【2020年抱負大発表】次世代PS/Xboxに合わせて4kテレビを新調!他サイトへ記事の寄稿も!?
2017年のベストゲームキャラクターを決めよう!~kent Game Character Award 2017~
1位になったのはあのタイトル!2012年マイベストゲームランキング