2019/10/07/20:00 | 特集

【特集】2019年のクリスマス/お正月向け売れ筋ゲーム15選!プレゼントにはこれがおすすめ!

おはっく~!KENT(@kentworld2 )です!

だんだんと涼しくなりゲーム業界の年末商戦もやってきました。

そこで!本記事では2019年の年末に発売される話題作をピックアップしていきたいと思います。

一体、今年の年末は何が売れるのか?

本記事でバッチリ語っていきます。

Switchのクリスマス向け売れ筋タイトル

ポケットモンスター ソード/シールド

人気育成RPG「ポケットモンスター」シリーズの最新作。

完全新作としては「ポケットモンスター サン/ムーン」以来3年ぶりの発売となる今作は対応ハードを3DSからSwitchに一新。

それに伴いグラフィックが大幅に強化されHD画質になりました。

一方、登場するポケモンは限定され、一部では批判的な声が出てきています。

その辺りは気がかりですが、ポケットモンスターシリーズと言えば毎回300万本以上を売り上げるキラーコンテンツ。

今作も圧倒的な売上を記録して年末商戦を制するのは間違いないでしょう。

売れ筋ポイント
  • 圧倒的な人気を誇る「ポケットモンスター」シリーズの最新作。
  • 完全新作としては前作となる3DS「サン/ムーン」は383万本を販売。
  • Switch向けとしては前作となる「ピカブイ」は193万本を販売。

ルイージマンション3

ルイージが主人公のアクションアドベンチャーゲーム。

完全新作としては3DS「ルイージマンション2」以来6年ぶりとなる今作は対応ハードを3DSからSwitchに一新。

グラフィックが大幅に強化されたほか、最大8人で楽しめるパーティモードも収録されています。

ルイージと言えばマリオの弟ですが、前作は100万本以上を売り上げるという予想以上のヒットを記録しました。

今作も人気のSwitchでの発売&ハロウィンに合わせた発売日ということでかなりのヒットが期待出来ます。

売れ筋ポイント
  • マリオの弟となるルイージが主人公の人気シリーズ。
  • パーティモードも収録されているのでクリスマスやお正月向けのゲームとしても最適。
  • 前作は100万本以上を販売。

リングフィット アドベンチャー

付属の「リングコン」と「レッグバンド」にJoy-Conを取り付けて楽しむフィットネスゲーム。

「Wii Fit」の流れを組むゲームですが、今作はストーリーを進めていくアドベンチャーモードを全面に押し出しています。

TVCMには新垣結衣さんを起用。各地で大反響となりAmazonランキングも急上昇しています。

「Wii Fit」と言えば350万本以上を販売したメガヒットタイトル。

当時ほどの大ブレイクは無理でもかなりのヒットが期待出来ます。

売れ筋ポイント
  • 任天堂が贈る新感覚のフィットネスゲーム。
  • 新垣結衣さんを起用したTVCMが大反響。
  • 「Wii Fit」は350万本以上を販売。

マリオ&ソニック AT 東京2020オリンピック

マリオとソニックが共演を果たしたスポーツゲームシリーズの最新作。

2~3年置きに発売されるのが恒例となっていますが、今回は我が国で開催される「東京2020オリンピック」が題材。

それもあって気合の入れようが半端なく、ファミコン風のモードや多数のミニゲームを収録しています。

まだ開催まで1年近くがあるとは言え前作以上の販売を記録するのは間違いないでしょう。

売れ筋ポイント
  • マリオとソニックが「東京2020オリンピック」で夢の共演。
  • マリオもソニックも登場しないPS4/Switch「~The Official Video Game」は6万本以上を販売。
  • 前作の3DS「マリオ&ソニック AT リオオリンピック」は15万本以上を販売。

東北大学加齢医学研究所 川島隆太教授監修 脳を鍛える大人のNintendo Switchトレーニング

2000年代後半に大ブームとなった「脳トレ」シリーズの最新作。

今回はJoy-Conの「モーションIRカメラ」を活かしたトレーニングが大きな特徴となっています。

パッケージ版の価格はタッチペン付きで約4,000円とお求めやすく、当時の勢いが残っていたら今回も大ヒットするかも知れません。

懸念点としてはブーム沈静後に発売された3DS「ものすごく脳を鍛える5分間の鬼トレーニング」が21万本程度しか売れなかったことですが・・・。

売れ筋ポイント
  • 2000年代後半に社会現象を巻き起こした「脳トレ」シリーズの最新作。
  • 最大のヒット作「もっと脳トレ」は500万本以上を販売。
  • ただし3DS向けに発売された「鬼トレ」は21万本まで減少。

ディズニー ツムツム フェスティバル

スマートフォンで人気を博した「ディズニー ツムツム」のSwitch版。

単に移植しているだけではなくSwitch向けのパーティモードも収録されています。

「ツムツム」と言えば国内だけで3,500万以上もダウンロードされた超人気アプリ。

そのためかSwitch版は本体同梱版を発売するほど気合いを入れて売り出そうとしています。

売れ筋ポイント
  • 人気の「ツムツム」をSwitch向けにアレンジ。
  • オリジナルデザインの本体同梱版も発売。
  • スマホ版は3,500万以上のダウンロード数を記録。

Switchの売れ筋ソフト発売スケジュール

※赤文字は特に注目のタイトル。青文字は注目のタイトル。緑文字はやや注目のタイトルになります。
※販売本数の期待値が低いタイトルは掲載していません。

2019年10月

発売日 タイトル
10/10(木) ディズニー ツムツム フェスティバル
10/10(木) 妖怪ウォッチ1 for Nintendo Switch
10/10(木) アライアンス・アライブ HDリマスター
10/17(木) 牧場物語 再会のミネラルタウン
10/17(木) ウィッチャー3 ワイルドハント コンプリート・エディション
10/18(金) リングフィット アドベンチャー
10/24(木) Bloodstained: Ritual of the Night
10/31(木) ルイージマンション3

2019年11月

発売日 タイトル
11/1(金) マリオ&ソニック AT 東京2020オリンピック
11/7(木) 映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ ゲームであそぼう!絵本の世界
11/11(月) ロマンシング サガ3
11/15(金) ポケットモンスター ソード/シールド
11/28(木) SDガンダム ジージェネレーション クロスレイズ

2019年12月

発売日 タイトル
12/5(木) 妖怪ウォッチ4++(ぷらぷら)
12/5(木) スターオーシャン 1 -First Departure R-
12/19(木) 無双OROCHI3 Ultimate
12/25(水) アトリエ 〜黄昏の錬金術士 トリロジー〜 DX スペシャルコレクションボックス
12/27(金) 東北大学加齢医学研究所 川島隆太教授監修 脳を鍛える大人のNintendo Switchトレーニング

スポンサーリンク

PS4のクリスマス向け売れ筋タイトル

コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア

人気FPS「コール オブ デューティ」シリーズの最新作。

毎年発売されるのが恒例となっていますが、今回はブレイクのきっかけとなった作品のリブート版。

タイトルが似ているのでややこしくなっていますが、原点回帰したシリーズ最新作という捉え方で良さそうです。

売れ筋ポイント
  • 人気No1 FPSシリーズの最新作。
  • ブレイクのきっかけとなった「モダン・ウォーフェア」シリーズのリブート版。
  • 前作の「コール オブ デューティ ブラックオプス4」は60万以上を販売。

DEATH STRANDING

「メタルギア」の生み親である小島秀夫監督が贈る新規のアクションアドベンチャーゲーム。

荷物運びが大きなテーマとなる新感覚のアクションアドベンチャーゲームとしてアピールされています。

小島秀夫監督と言えば4年前にコナミを退社しましたが、今回は独立後初となる完全新作。

そのためか世界中のゲーマーから熱望されてされています。

新規タイトルなので不利な部分もありますが、逆に今作から入る人も多そうで「メタルギアソリッドV ファントムペイン」の売上を越えるかも!?

売れ筋ポイント
  • 世界的に人気が高い小島秀夫監督が贈る最新作。
  • 主人公にノーマン・リーダス氏を起用。
  • 「メタルギアソリッドV ファントムペイン」は65万本以上を販売。
ソニー・インタラクティブエンタテインメント

ペルソナ5 ザ・ロイヤル

人気RPG「ペルソナ」シリーズの最新作。

今回は2016年に発売された「ペルソナ5」のバージョンアップ版になります。

完全新作ではありませんが、相当な数の新要素を盛り込んでいると半年前からアピールしています。

2018年にはTVアニメが放送されたということで認知度も上昇傾向なので、今作からデビューされる人も多そうです。

売れ筋ポイント
  • 2016年に発売された「ペルソナ5」から大幅に要素を追加。
  • TVアニメの放送によって認知度が上昇傾向。
  • 前作のPS4/PS3「ペルソナ5」は55万本以上を販売。

新サクラ大戦

セガサターンなどで人気を博した「サクラ大戦」シリーズの最新作。

本編としては実に14年ぶりの発売となる今作はキャラクターデザインからゲームシステムまですべてを刷新。

キャラクターデザインには久保帯人氏を起用し、戦闘パートはシミュレーションからアクションにリニューアルされています。

超久々の発売ですが、セガ社内の総力を結集して開発するほど力を入れているそうです。

2020年にはTVアニメも放送されますし、セガがこの冬に最も気合を入れて売り出すタイトルの1つと見ても良さそう。

売れ筋ポイント
  • かつて人気を博した「サクラ大戦」シリーズの最新作。
  • キャラクターデザインには久保帯人氏を起用。
  • 2020年にはTVアニメも放送開始。

SDガンダム ジージェネレーション クロスレイズ

人気シミュレーションRPG「SDガンダム ジージェネレーション」シリーズの最新作。

今作は4つのガンダム世界の物語を追体験出来ることをアピールされています。

セールス的にはジリ貧が続いているシリーズですが、それでも前作は20万本以上を売り上げました。

今作も前作越えは無理でも安定したセールスを記録しそう。

売れ筋ポイント
  • 「SDガンダム ジージェネレーション」シリーズ3年ぶりの完全新作。
  • 早期購入特典としては「SDガンダム ジージェネレーション モノアイガンダムズ」移植版を用意。
  • 前作の「SDガンダム ジージェネレーション オーバーワールド」は20万本以上を販売。

スター・ウォーズ ジェダイ:フォールン・オーダー

人気映画「スター・ウォーズ」を題材にしたアクションアドベンチャーゲーム。

「スター・ウォーズ」のゲームとしては珍しくシングルプレイメインとなっています。

ゲームジャンルとしては「ダークソウル」「アンチャーテッド」「ゼルダの伝説」「メトロイド」などを参考にしているとのこと。

2019年12月19日には映画「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」が公開されるので相乗効果が見込めるかも!?

売れ筋ポイント
  • シングルプレイをメインにした「スター・ウォーズ」のゲーム。
  • 2015年に発売された「スター・ウォーズ バトルフロント」は約20万本を販売。
  • 2019年12月19日には映画「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」が公開。

無双OROCHI3 Ultimate

2018年に発売された「無双OROCHI3」のバージョンアップ版。

新キャラ・ストーリーなどを順当に追加しているそうです。

無印版購入者もDLC「アップグレードパック」を適用することで「3 Ultimate」と同等の内容で楽しむことも出来ます。

そのため本作自体のセールスは低めになってしまうかも。

売れ筋ポイント
  • 「無双OROCHI3」に様々な新要素をプラス。
  • 前作の「無双OROCHI3」は20万本を販売。
  • 前作購入者向けのDLC「アップグレードパック」も同日に配信。

シェンムーIII

人気アクションアドベンチャーゲーム「シェンムー」シリーズの最新作。

前作の「II」から実に18年ぶりの新作となります。

シリーズ1作目はギネス記録を更新するほど開発費を掛けたことが話題になりました。

さすがに今作はそこまでの作り込みは期待出来なさそうですが、発表から発売まで実に4年もの歳月が経っているだけにファンの待望感は半端ないでしょう。

売れ筋ポイント
  • 「シェンムーII」から実に18年ぶりの新作。
  • クラウドファンディング開始後「最も短時間で100万ドルを集めたビデオゲーム」としてギネス記録を更新。
  • 2018年に発売された「シェンムーI&II」は5万本を販売。

十三機兵防衛圏

1980年代の日本を舞台にしたSFアドベンチャーゲーム。

開発は「ドラゴンズクラウン」「朧村正」などで知られるヴァニラウェアが担当。

ここの開発会社は固定ファンが多く、新作を出す度に累計売上を伸ばしてきています。

「ドラゴンズクラウン」以来6年ぶりの完全新作となる今作もかなりの売上が期待出来そうです。

売れ筋ポイント
  • 開発元のヴァニラウェアは固定ファンを多く抱えた開発会社。
  • 2016年に発売された「オーディンスフィア レイヴスラシル」はリメイク作ながらも15万本以上を販売。
  • 完全新作としては前作となる「ドラゴンズクラウン」は30万本以上を販売。

PS4の売れ筋ソフト発売スケジュール


※赤文字は特に注目のタイトル。青文字は注目のタイトル。緑文字はやや注目のタイトルになります。
※販売本数の期待値が低いタイトルは掲載していません。

2019年10月

発売日 タイトル
10/4(金) ゴーストリコン ブレークポイント
10/10(木) アライアンス・アライブ HDリマスター
10/18(金) エーペックスレジェンズ ブラッドハウンドエディション
10/18(木) エーペックスレジェンズ ライフラインエディション
10/24(木) Bloodstained: Ritual of the Night
10/25(金) The Outer Worlds
10/25(金) コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア
10/31(木) ペルソナ5 ザ・ロイヤル

2019年11月

発売日 タイトル
11/8(金) DEATH STRANDING
11/8(金) Need for Speed Heat
11/11(月) ロマンシング サガ3
11/12(火) 初音ミクVR
11/15(金) スター・ウォーズ ジェダイ:フォールン・オーダー
11/19(火) シェンムーIII
11/28(木) SDガンダム ジージェネレーション クロスレイズ
11/28(木) 十三機兵防衛圏

2019年12月

発売日 タイトル
12/5(火) 妖怪ウォッチ4++(ぷらぷら)
12/5(木) スターオーシャン 1 -First Departure R-
12/5(木) DOOM ETERNAL
12/5(木) お姉チャンバラ ORIGIN
12/5(木) シタデル:永炎の魔法と古の城塞
12/12(木) 新サクラ大戦
12/12(木) CONTROL(コントロール)
12/19(木) 無双OROCHI3 Ultimate
12/19(木) The Surge 2(ザ サージ 2)
12/25(水) アトリエ 〜黄昏の錬金術士 トリロジー〜 DX スペシャルコレクションボックス

スポンサーリンク

全体のまとめ

以上!2019年の年末に発売される売れ筋の新作ゲームをまとめてみました!

Switchは今年も任天堂のキラータイトルが多数控えている一方、PS4は安定したセールスが期待出来る中堅タイトルが多数控えています。

揺れ幅はSwitchの方が大きく、PS4の方が小さいと言えそう。

Sponsored Link



Amazonギフトカードにチャージする

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)コメントは出来る限り返信していきますが、しない場合もあるのでご了承ください。

コメント広場の住人(14)

  1. 🎄トモフミ🎍 より:

    今年の12月はクリスマスの決め手となるタイトルが少ないなと感じましたが、先月と先々月の10,11月の間で注目作がたくさん出るので杞憂でした。
    むしろ年末年始はセールが恒例化してますからいいのかな。

    ポケモン剣盾はノイジーマイノリティに負けずに売れてほしいところです。
    そもそもポケモンのメインターゲットはお子様ですからね。

    ルイマン3は前作までの雰囲気で地味な感じがするけど、割とコープモードやパーティモードなどが充実しててクリスマス商戦に勝負する気満々ですね。初代GC時代の物足りなさが嘘みたい(^^)

    脳トレに関しては前作の鬼トレは正直とっつきが悪かったので今回はそれよりはヒットすると信じたい。

    Switchの売れ筋タイトルで見ると妖怪シリーズが結構ブーストをかけてますねwww
    妖怪4を複雑に感じて敬遠する人に向けて、果たして妖怪1は受け皿になるのか?

    こうやってみると11月はポケモンしか買うものがないですよ〜。
    余裕があれば、「ダスクダイバー」買おうかな〜。ケントさんは購入予定でしたっけ?もしレビューされる場合は楽しみにしてますよ。

    12月はスターオーシャンと妖怪4のDLCで決まりになりそう。

    PS4のソフトは基本、個人的にはあまり興味を持たないのですが、P5Rや新サクラ、シェンムーⅢ、SW新作となかなか「おおっ!」となるものがあります( ̄▽ ̄)

    • KENT より:

      確かに今年は10月11月に一通り役者が揃っている感がありますね~。

      大型タイトルになると北米メインになるので、国際化を考慮に入れると11月辺りに全世界同時発売をした方が良いのかも。

      ポケモンはノイズが気になるところですが購入予定です。

      ルイージマンションは作品を重ねる毎に豪華さが増していますねw

      鬼トレは確かに腰が重かったw

      妖怪はこの年末に2タイトル出ますが、果たしてどれだけ存在感を示せるか・・・。

      11月はぼくの場合、PS4の期待作で忙しいですw ダスクダイバーは他のタイトルとの兼ね合いでちょっと様子見かな。

  2. Kiyoppy より:

    今年も話題作が多いですが、やはりCoDですよ。新エンジンで生まれ変わったCoDが爆売れする未来が、見える私にも見えるぞ❗は、ないとして、デスストが楽しみです。ですが、いつ購入するかが問題です。CoDの出来がダメっぽいなら、速攻買います。
    ポケモンもGOと連動したらモチベーションが上がって購入しそうです。

    • KENT より:

      今回のCoDはぼくも期待しています。デス・ストランディングは期待度が凄いことになっていますね。発売時の盛り上がりが楽しみ♪

      ポケモンGOはあれだけ人気ですから、上手く本編と連動してほしいです。

  3. Ryou より:

    10月はIGAキュラ、バイオトリプル、11月はポケモン剣、
    12月は黄昏DX、脳トレといった感じになるかな。
    11月末のFLOWERSもちょっと興味ありますね。
    所々購入予定に空白できる所は積みゲー崩しに充てます。

    セールス的には未知数だったけれどリングは
    この分だと年末に向けた商材としてヒットしそうやね。
    自分はどうしてもバカゲーに見えてしまうけどw

    鬼トレは難しいイメージが付いてたので原点に立ち返る
    のは正しい判断だと思う。それでも以前のようなヒット
    は厳しいだろうけれど、自分は買います。

    • KENT より:

      年末までの予定も大体は決まった感じですか。

      リングフィットアドベンチャーは少し前まで売れるのかやや懐疑的でしたが、今は十分に主力タイトルとして売り出せそうな気がしてきました。

      鬼トレは難しさで敬遠された層はやっぱり多いのかな?Switchの勢いを借りての原点回帰は正解に感じます。

  4. 匿名 より:

    何処も話題になってないのですが、今月4日から新色のjoy-conが発売されました。それに際しマイニンテンドーストアのスイッチのjoy-conのカスタマイズが、追加されていました。一般発売されてないjoy-conが買えるようになりました。これを機に、2台目のスイッチを、バッテリー長持ち版で購入しました。2つ共ネオンパープルにしました。

    • KENT より:

      それは見落としていました。Joy-Conのカスタマイズは良いですね。カラフルなので見ているだけで気分がウキウキしてきます♪

  5. 匿名 より:

    2019年が、2018年になってますよ。

  6. 匿名 より:

    脳トレは話題に乗れば大きく伸びそうですが、ソフトの性格的にDL版に集中しそうな気はします
    DL版累計で考えないと需要が読めないですよね…

  7. JIN より:

    自分はP5Rを買うんですけど、現時点でオリジナルの
    P5の時より予約数がすでに上回ってるようで嬉しい限りです。
    これをキッカケにシリーズのバリューが上がって
    いずれはDQやFFに並ぶようなJRPGの代名詞になってくれたら
    ・・・と思うのは流石に夢見すぎかな?(笑)

    • KENT より:

      そうなると、ペルソナ5の初動は越えられそうですかね?個人的には6割も売れたら御の字だと思っていますが・・・。

      RPGの中ではドラクエFFポケモンに次ぐ4番手になった気はします。

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)コメントは出来る限り返信していきますが、しない場合もあるのでご了承ください。

関連記事

【特集】この10年間に大きく認識が変わったゲーム用語7選!洋ゲーやJRPGはもはや蔑称ではない!
神ゲー満載で絶対おすすめ!PS4のインディーズゲーム45選!【2019/9/14更新】
【特集】中にはパクリっぽいのも!?「ゼルダの伝説」にそっくりなゼルダライクゲーム27選!
ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルドが影響を受けたと思われる作品を大特集!
ニンテンドースイッチに出てほしい任天堂ソフト。これを望んでいるんだよ!
祝!レア社30周年!レア社の思い出を語ってみた
【時のオカリナ】11月21日は任天堂の日!この日に発売されたゲームソフト・ハードを振り返ってみた!【スーパーファミコン】
歴代ゼルダシリーズランキング【決定版】ブレスオブザワイルドは何位?
SOULS-Like(ソウルライク)ゲーム23選!高難易度アクションRPG(ダークソウル系)はこんなにもあった!?
【特集】大人向けのおすすめSwitchソフト20選!ニンテンドースイッチでも大人向けゲームはこんなにもある!?