2019/03/03/7:00 | ゲームレビュー

毛糸のカービィ【レビュー・評価】任天堂らしい手触り感溢れるデジタル玩具!

M☆G☆M+etc...
毛糸のカービィ/Wii / 3DS

おはっく~!kentworld(@kentworld2 )です!

今回は2010年10月に発売されたWii「毛糸のカービィ」のレビューをしていきます。

本作は毛糸の世界を舞台にした2Dアクションゲームですが、任天堂らしい手触り感溢れるデジタル玩具でした!

え?言っていることがよく分からないって?

本作はゲームジャンル的には2Dアクションなんですが、本質はそこではないと思ったんですよ。

「毛糸のカービィ」の本質、それはデジタル玩具です!

とにかくゲーム的な駆け引きよりも手触り感を重視していて、触っていると心が温かくなってきます♪

プレイしている時はまるで手触り感のあるおもちゃを触っているかのようでした。

そんなWii「毛糸のカービィ」の良いと思った点からまずは書いていきます。

※2019年3月には追加要素を加えた3DS「毛糸のカービィ プラス」が発売。

▼このゲームを3行で説明すると?

・ステージクリア型の2Dアクションゲーム。
・毛糸を使って敵を倒したりギミックを動かしながら先に進んでいく。
・一部のエリアでは様々な乗り物に変身することも出来る。

良いところ

手触り感溢れるグラフィック

今作の舞台となっているのは毛糸の世界!

と言うことで今作のカービィは「毛糸」で描かれており、これまでの作品とは違って”吸い込み”が出来ない代わりに毛糸を使ったアクションが可能になっています。

今作ではこのアクションを使って先へ進む感じになっていますが、ステージの至る所に毛糸の世界ならではの手触り感溢れる演出・ギミック用意されていました!

例えば毛糸をボタンに引っ掛けると背景をめくることが出来たりして。

温かい雰囲気のBGMといい、プレイしていると優しい気持ちになれます。

ぼくはフォトリアルで硬派なゲームもよくプレイするので、本作を触っている時は良い息抜きになりました!

アトラクション性を強調させるギミック

ステージの中にはカービィが変身して先に進むエリアもありますが、良いアクセントになっていると思いました!

何故なら2Dシューティングゲームのように目の前の敵をガンガン倒すことが出来るから!

通常のエリアは爽快感よりもギミック重視の作りなので、2Dシューティングエリアは緩急が取れています。

それ以外にもWiiリモコンの傾き操作やポインター操作を使って進む場合もあり、通常のステージとは異なる駆け引きを楽しめます。

手触り感溢れる演出といい、通してプレイするとまるで1つのアトラクションを体感しているかのようです。

任天堂は手触り感を非常に大切にしていますが、本作はその究極体に達しているようにも感じられました。

開発はグッドフィールですが、任天堂イズムを随所に感じられて「これぞ任天堂のゲーム!」と声を大にして言いたくなってしまいます。

素晴らしい初心者への配慮

カービィと言えば初心者への配慮!

今作ではある意味、究極体と言えるほど初心者への配慮がバッチリでした!

なんと、今回のカービィは穴に落ちたりダメージを受けてもミスにならず、ステージクリア時の評価対象になる「ビーズ」を落とすだけなんです!

そのためゲームが苦手な人でもストレス無く楽しめると思います。

操作方法が描かれた看板が沢山設置されたチュートリアルステージも健在ですし、アクションゲーム初心者にこそおすすめしたい作品です。

やり込み要素が満載!

毛糸のカービィはヌルゲー?

確かにクリアだけならヌルゲーですが、豊富なやり込み要素によってゲーム好きもある程度の遊び応えを感じられるようになっています。

以下、本作に存在するやり込み要素です。

・各ステージには3つの宝箱が隠されている。
・ステージクリア時に金・銀・銅・木の4段階で評価されるシステムを採用。
・ビーズを使ってアイテムを購入出来る。
・アイテムは部屋に飾ることが出来る。
・全5種類・100ステージのミッションを収録。

このように本作はやり込み要素が数多く存在します。

なので、全ステージの高ランククリアを目指したり、全ミッションクリアを目標にプレイしたらそれなりに長く楽しめました!

協力プレイにも対応!

「毛糸のカービィ」はどのステージも2人で一緒に冒険出来ます。

なので、家族や友達とプレイすることも出来るんですね。

個人的におすすめしたいのが、恋人と一緒にプレイすることです。

ロマンチックな演出が満載なので、聖なる夜に相方と一緒にプレイしたら素敵な時間を過ごせるかもしれません。

相棒は毛糸に絡めて持ち上げることも出来るので、たまにちょっかいを出してみるとさらに盛り上がるかも!?

アカン、妄想してしまった

スポンサーリンク

個人的に合わない&気になったところ

ミッションのバリエーションが少ない

ミッションは大きく分けて5種類存在し、全100ステージ用意されています。

が、バリエーションが少ないためこれだけを集中的にやると少し単調に感じてしまうかもしれません。

ミッション数はそのままにもう少しバリエーションを増やしてほしかった。

また、男性ゲーマーとしてはミッションクリアのご褒美が部屋に飾れる「ぬの」だとあんまり嬉しくないw

Wii「ワリオランドシェイク」のご褒美といい、グッドフィールはもう少しプレイヤーが貰って嬉しいものを考えてほしいな~。

全体的にメリハリがない

全体的に音楽がおとなし目で、アクションゲームにありがちな派手さをあまり感じられませんでした。

爽快感重視のゲームではありませんし、基本難易度も低いので、いきなりドカーンと面白くなるゲームではないと思います。

これはゲームのコンセプト上、仕方が無いことだと思いますけどね。

お姉さんが絵本を読む演出が恥しい

本作のストーリーは絵本を読むような感じで進んでいきます。

が、お姉さんが絵本を読むように喋る演出が含まれているので、当時、お兄さんだった僕はとても恥ずかしい気持ちになってしまいました。

プレイしているところを後ろから見られたら恥ずかしくて穴に潜ってしまいます///

僕はこのように感じたので、当ブログのメイン層(20~30代男性)がプレイしたら同じように感じてしまうかもしれません。

全体のまとめ

ゲーム的な駆け引きよりも手触り感を重視した作品。

ぼくが任天堂好きな理由の一つに手触り感というものがあるので、本作をプレイしている時は「あぁ・・・任天堂好きだなぁ」と常に感じていました。

ただ、「星のカービィ」ファンには微妙かもしれません。

何故なら本家シリーズとは違って爽快感がなく、コピー能力によって生まれる攻略の自由度もないからです。

「星のカービィ」というIPを使用していますが、その先入観でプレイすると物足りなく感じてしまうかも?

個人的には「星のカービィ」シリーズとは割とフラットな付き合い方をしているのでそこは気にならなかったんですけどね。

どちらかと言うと「星のカービィ」シリーズファンよりも手触り感を重視している任天堂ファンや多感な子供の方がおすすめです!

任天堂らしい手触り感溢れるデジタル玩具!

こんな人には特におススメ。
・アクションゲーム初心者。
・癒しを求めている人。

こんな人にはおススメできない。
・恥ずかしがり屋さん。
・クリアしたら満足してしまうタイプのゲームファン。
・カービィで爽快感を求める人。

毛糸のカービィ /お気に入り度【80/100%】
プレイした時間・・・約20時間

▼ハードメーカー別レビュー記事リスト

PS Nintendo
Xbox その他


, , , ,

 

匿名 にコメントする コメントをキャンセル

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(30)

  1. MMB. より:

    思い出したかのようなレビューありがとうございますw
    毛糸のカービィはとにかく丁寧な作りが好印象で、至るところにプレイヤーへの愛を感じるのですが、優しさが易しさに変わっている場所も多く、やり込みの面では物足りなさを感じる部分もありますね
    パーフェクトを目指すと結構難しいのですが、一方でパーフェクトを取るメリットが特にないなどモチベーションの維持をプレイヤーに委ねるあたりは不親切だなぁと思いました

  2. より:

    僕もこのゲームは持っていて、YouTubeで曲もほぼ全曲持ってます。サウンドテストには載っていないアミーボ・ロボの曲もまともに聴けました。僕はこのゲームに駄目な所は一つもありませんでした。このゲームをやっていて思ったのは「今の時代の「可愛さ」には無い、素朴で優しい可愛さがある」という所でした。曲もはっきりしていて聴いてて気持ちがいいものが多いし、自分が普段から求めている表現がそのままこのゲームには出ている感じです。大山版のドラえもんか、楽しいムーミン一家のような。
    いよいよ明後日、本編カービィ久々に発売ですね。DSのあつめて!はありますか?

  3. totomaru より:

    毎回、丁寧なレビューで、凄いですね。よく内容を覚えているなぁ。
    ミッションの「ぬの」は確かにモチベーションの維持という点では今一歩でしたね。意外にミッションもめんどくさいとこもありましたからね。
    ただ、間口の広い、かなりの良作だとおもうのに、顧客を広げるなにかが足りなかったのかなぁ。
    このゲームをやり終えた後、ドンキーコングをやったので、任天堂は「軟」と「硬」を何気なく織り交ぜてリリースしてくるなぁと、思った記憶が。

  4. Ryou より:

    ■毛ービィ
    やりこみ含めても簡単な上ゲームオーバーが無いと緊張感に欠けますね。
    ドロッチェ的な位置付けとしてみてます。でも、音楽は良かった。癒しも分かります。
    ■厨二の方(お姉さんが絵本を読む演出に耐えられません)。
    吹いたw別に気にならなかったですがね。あの声の主はカービィの声優だったと思います。
    ■星のカービィWii
    お先に失礼します(`・ω・´)

  5. kentworld より:

    >MMB.さん
    そうですね。ゲーマーだったら
    やり込みはやるものでしょ。
    といった感じの作りはどうかな?と思いました。
    もうちょっとやり込むことでのメリットは欲しかったです。
    その辺の配慮がない点が惜しいなぁ。

  6. kentworld より:

    >星さん
    愛がたくさん詰まったコメントをありがとうございます。
    わざわざYou Tubuで聴くのもあれなので、
    サウンドトラックが出れば良いのにねー。
    あつめて!カービィは未プレイなんですよ。ごめんなさい。
    星のカービィWiiは発売日に購入予定で、
    発売日にすぐファーストインプレッションをする予定です。

  7. kentworld より:

    >totomaruさん
    ありがとうございます!
    毛糸のカービィは良作であることは
    間違いないんですが、何か足りないものがあるため
    良作止まりな印象です。
    グッドフィールが作るゲームは
    いつもそんな感じの作品が多い気が。
    良作を沢山作っているという点では評価したいんですけどね。
    最近の任天堂は初心者と上級者の
    住み分けがどんどんうまくなってきている印象です。
    これから任天堂の大作ラッシュが始まりますが、
    そのあたりが1年たってどれだけ
    上手くなったのかも楽しみですね!

  8. kentworld より:

    >Ryouさん
    >■毛ービィ
    Ryouさん的には今作は物足りなかった?
    畜生ステージ的なものは欲しかったかもしれませんね。
    >■厨二の方(お姉さんが絵本を読む演出に耐えられません)。
    これ、気にならない人は気にならないのかな?
    でも背伸びしたい年頃の子に
    あの演出は厳しいと思いますよー。
    そういうものを未だに持っている僕は、
    あれを聴いてちょっと顔に縦線が入ってしまいました^^;
    >■星のカービィWii
    ええー!もうやっているのー!
    僕は明日から買ってやります!

  9. より:

    前回の毛糸のカービィの曲に関するコメントに、MP3を自分のUSBにほぼ全曲持っているという事を書き忘れました。すみません…。変換ツールさえあれば音楽再生ファイルに変換出来るんです。
    あつめて!カービィは僕はミッキーと共に購入しました。でも、少しずつプレイしている感じです。
    スマブラ、Wii Uで新作出ますけど、ご存知ですか?

  10. kentworld より:

    >星さん
    いえいえ。そういえばその2作は同時発売でしたよね。
    スマブラの件はもちろん知っていますよ。
    こういう形式のブログを書いている関係で、
    ゲーム関係のある程度大きなニュースは
    大抵耳に入ってきます。
    色々書いていますので、よろしければ
    他の記事もご覧になってくださいねー!

  11. より:

    スマブラでマイキャラは何ですか?僕は全作品でカービィ、二番目のマイキャラは作品毎に違います。64ではプリン、GCではピカチュウ、Wiiではオリマーです。Wii Uと3DSではスタフィーが是非とも出て欲しいなと思います妹スタピーも。他、ディクシー、ルーイ、バンダナをつけたワドルディ、フラッフ、デイジー、他女性キャラ数人、等がいいですね、僕は。

  12. kentworld より:

    >星さん
    基本的にドンキーですね。
    パンチを溜めれるのが癖になります!
    スタフィーはスマブラ向きの
    キャラだとは思うので、
    スポットに当たるためにも出てきてほしいですね!

  13. ホンマ☆トモフミ より:

    このゲームはもともと「毛糸のフラッフ」というタイトルを売り上げのためかカービィに置き換えた「ヨッシー ウールワールド」の前身のようなタイトルですよね。

    個人的には本作が出たときに当時ずっと開発が進められてた「星のカービィ(仮称)」(GCからWii)の企画が完全になくなって本作に置き換わったので「星のカービィWii」が出るまではずっとショックでした(-_-)

    肝心のゲームも当時の僕は中3および高校生ぐらいなのでナレーション付きのムービーや世界観でプレイして30分で投げましたよ?
    ケントさんは幅広い年齢層とおっしゃいますが、今作は基本的に子どもや女性向けのゲームだと思いました。シャイなティーンの男子にはできませんよ(^_^;)ましてや、母に見られたらバカにされます…
    でも当時、5歳か6歳くらいの弟には本作がめっちゃ楽しめたようで、弟の中では良ゲーとして語り継がれております(笑)

    • kentworld より:

      当初はカービィのゲームではなかったようですね。この点に関しては賛否両論でしたな~。

      カービィWiiが本作になったとも思われていたので、ファンであればあるほど当時は複雑だったと思います。

      トモフミさんも本作はプレイしていて恥ずかしくなってしまいましたかw

      でも、1周した今だったら変な先入観を持たずにプレイ出来るのではないでしょうか?

      任天堂らしい遊びココロが詰まった素晴らしい作品でしたよ♪

      弟くんは当時、キレイな心で本作を触れたようですね。今だったらちょっと恥ずかしくなってしまうかな?w

      • ホンマ🧶トモフミ より:

        1周回って、毛カビ+の体験版をやってみましたが、やはり爽快感が足りないと感じましたよ。

        カービィのシリーズでいったら、「3」や「64」の路線の究極系だと思いました。でも個人的にはそっちよりは「スパデラ」路線の爽快感重視のカービィの展開の方が好きなのでそこでもイマイチに感じてしまいました。

        弟が「毛糸のカービィ」として本作が好きになったのは、先入観のない良いタイミングだったからだと思います。
        カービィといえば、「吸い込み」や「コピー能力」などと思ってるところがあると楽しみにくいでしょうね。

        あと今だと「ヨッシーWW」や「ヨシクラ」とより手作り感を極めた後継作があるので、ちょっと物足りないと感じます。

        • kentworld より:

          ぼくも改めてプレイしても爽快感はないと思いました。

          まあ、このゲームはギミックを楽しむタイプの2Dアクションゲームなんですね。

          そういう意味では海外の2Dアクションゲームに近いかも(LIMBOとか)。

          カービィの先入観として吸い込みやコピー能力はありますね。

  14. y.crash より:

    毛糸はカービィの中じゃ難易度低いって言われてますけど
    コンプリートとなると普通に難しいですよねw まあ簡単な方ではあるけどw
    独特の表現はすごいですよね。
    あとBGMが癒し系で好きですよ~。

    ただ、あの世界感はなんか好きじゃないんですよね・・・。
    アニメのデデデとゲームのデデデは別って考えなので。
    ゲームの方は旦那、アニメの方は陛下って呼んでる自分でしてwww

    • kentworld より:

      コンプリートを含めてプレイしたらそこそこ遊び応えがありますよね。激ムズってほどではないですが。

      BGMは癒し系なので、疲れた時にプレイするのが良いと思います。

      世界観はあまり好きではない感じですか・・・ゲームシステムといい、カービィとしてみると色々思うことが出てしまう感じかな?

  15. KA より:

    少しだけ気になってますけとまだ未プレイです。WiiUでDL版が配信されてるらしいのでいずれか落としてプレイしてみたいです。最近のWiiUはWiiFiT専用機に戻ってしまったのでVCやWiiDL版ソフトメインだけどまだ稼動していきたいです。

    • kentworld より:

      Wii Uも購入したからにはまだまだ稼働させたいですよね。僕もまだWii Uはテーブルラックにあるので何かしら購入して稼働させたいです。

  16. 匿名 より:

    3DS版をより楽しみたいので若干記憶が曖昧だけど、ゲームギミックへの手芸的要素の当て嵌めが巧みだったと思う。
    上から天井が迫るギミックをロールスクリーンか何かで表現してるのを見たときは思わず膝を打った。

    難易度について、ミスしたときにばらまくビーズの性質上、ボス戦でどれだけ被弾してもほとんどビーズをロストせず、簡単に最高評価がとれてしまうのはちょっと気になった。
    崖が多く1ミスでほぼ全てのビーズが奈落に消える後半の通常ステージと比べると尚更。
    ここに手が加われば本家同様にボスの動きを一つ一つ見極める面白さが出ると思うので期待してる。

    でもなにより外せないのはワドルディの仕草。お昼寝してるの超カワイイ。触ってもお互いにダメージ無いし。
    この頃の作品からゲーム内でもそれまでのスカキャラの代名詞から明らかに立場が変わったと思う。これがWiiでの主役四人への大抜擢や、TDX等における画面奥での裏方的活躍。小説やグッズ展開での定番化に繋がったのかもと考えると今作でワドルディを手掛けたスタッフはマジでGJ。

    • kentworld より:

      >ゲームギミックへの手芸的要素の当て嵌めが巧みだったと思う。

      仰る通りです!

      あぁ・・・ボス戦は仕様上、駆け引きを味わいにくくなっていましたね。

      3DS版では改善されていたら良いのですが。ワドルディもいつの間にかキャラ立ってきましたもんね。

      いつから立ってきたのか考えていませんでしたが、今作辺りになるのか。

  17. ししむら より:

    これは当時カービィファンからは賛否両論でしたね~
    初心者向け過ぎること、世界観がコアなファンの求めるものではなかったこと、そしてなにより当時は数年間本編の横スクロールACTのカービィが出てなかった冬の時代だったことが主な要因でしょうねw
    自分は夢の泉のおとぎ話のような世界観が好きだったのと、手触りがしっかりしてた所で結構ハマれました。
    流石グッドフィールってところですね、ワリオランドシェイクも操作性抜群でしたし。
    ボス戦の演出も普段とは別方向に凝ってて中々痺れました。
    ストーリーは特別起伏の無いものでしたがラストステージがあそこって所とそこでおなじみの曲の素朴で優しいアレンジを聞けたときは胸が熱くなりましたよ!

    • kentworld より:

      ゲーム自体は良く出来ているので、色々と不幸なタイトルだったと思いますw

      いっそのことキャラクターをオリジナルに差し替えたバージョンを出したら再評価されるかな?まあ、売上には響きそうですがw

      そう言えば終盤にはファンサービス的な要素もありましたね。

      そこはちゃんとカービィしていました。

  18. より:

    トトリ「…まさか、私とカー君が一緒になるなんて、この当時は思わなかったなー。」カービィ「うん。僕もだよ。トトリと一緒に居れるようになるなんて思わなかった。」トトリ「そうだね。あの頃の私達は、それぞれ集めている人のタイプが違うから一緒になれると思ってなかったものね。」カービィ「今じゃ共同作業で、色んな人達を集められてるよね。僕や君だけじゃない。弟子のメルルも、先生のロロナも。」トトリ「だよねー。最近はドラちゃんも来てくれたし、ますますこの遊び場が賑やかになりそうだね。」

  19. 匿名 より:

    私もカービィファンとして当初はおや?と思った口ではあったけど、遊んでるうちに雰囲気に浸っていきましたね。
    操作性の良さや様々なギミックの発想でしっかり作られたゲームだとも感じられましたし。
    難易度は低いどころか癒やされるだけのダメージすら無いモードが欲しいと思ってますわ…w

  20. KA より:

    全ステージ金でクリア&ステージ中の収集アイテム入手でプラスでミッションや追加されたモードをある程度プレイしました、毛糸のグラフィックに穏やかなBGMに癒されます。

    ゲームとしては変身アイテムやホバリング不能、吸い込みではなく糸で掴むといったアクションでウールワールドを先にプレイしたせいかカービィと言うよりはヨッシーアイランドをプレイしている感じがしました、プラスで追加されたかわかりませんがコピー能力に相当するアイテムもありカービィらしさも残ってましたが種類も少なく初期の作品みたいにシンプルな操作でした。ただクリアだけなら簡単でしたがビーズを集めて金を目指そうとなるとそこそこ歯ごたえがでてきました。

    デビルモードの追加の敵はジュゲムみたいに定期的に復活してくる奴が妨害してくる感じでそれだけだとインパクトは弱めですがデビルモードだとライフ制になっていて残りのライフによってご褒美が増えていき全ステージノーダメージでクリアとなると文字通りデビルモードに相応しい難易度になりそうです。

    デデデとメタナイトを操作するモードはwiiのチャレンジモードに近い感じでした。このモードで集めたビーズとスタンプで家具を作れるようで本編のインテリアとしても飾れるようです。

    確かにストーリーの読み手を聞きながら見ていくのは恥ずかしい、スキップ出来て後で観るのも可能ですから落ち着いたところで見直すのがよさそうかも。

    • kentworld より:

      おお!やり込んでいますね~!

      3DS版の感想は全く聞いたことがないのでとても参考になりました。3DS版ルイージマンションの時といいありがとうございます!

      ヨッシーアイランドをプレイしている感じがしましたか。なるほど・・・もしかしたら任天堂もそれを見込んでグッドフィールにヨッシーウールワールドを作らせたのかも知れませんね。

      デビルモードは難易度の上げ方が好み分かれるように感じました。ジュゲムって苦手な人が多いですからね~。ぼくもいずれはデビルモードでやり込みますよー!

      追加モードはWiiのチャレンジモードに近い感じなんですね。これは気になってきました!

      お姉さんが読み上げてくるシーンはやっぱり恥ずかしいですよねw

匿名 にコメントする コメントをキャンセル

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

関連記事

リンクの冒険【レビュー・評価】尖りに尖った異端児過ぎるゼルダ
チャリ走VR【レビュー・評価】×ボタンがクソゲー化防止となった首振り変態スコアアタックゲーム!
バトルスポーツ めく〜る【レビュー・評価】気軽に対戦出来る良質なポストボンバーマン
METRO EXODUS(メトロ エクソダス)【レビュー・評価】徹底したコダワリによって前2作以上に好みが分かれる半オープンワールドFPS!
聖剣伝説3【レビュー・評価】マルチストーリーを採用したSFC後期の力作
バテン・カイトス 終わらない翼と失われた海【レビュー・評価】ユニークなシステムとストーリーが素晴らしい隠れた良作RPG
閃乱カグラ SHINOVI VERSUS -少女達の証明-【レビュー・評価】ただのセクシーゲームと思いきや、かなりの力作
ルイージマンション2【レビュー・評価】大幅にボリュームアップした前作の類似作!
インファマス2【レビュー・評価】触って楽しいが追求された海外ゲーム!
ゲーム&ウォッチコレクション2【レビュー・評価】原作の2ゲームはDSじゃ無くても遊べるのでは?